市役所の資産税課から新築の家屋の固定資産税の評価額を算出するために、家屋内を見せて欲しいと言われています。内装の資材などを評価するため、と言われていますが、これは書類で分かる事、という訳には行かないものでしょうか?2-3人で家の中を見ると言われていますが、見知らぬ他人に家財を含め、家の中を全て見せなければならない、というのはプライバシーや防犯の観点からも如何なものか、という気がします。法律上これは仕方のない事でしょうか?どうかよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

固定資産税の基準になる建物評価額は、当該建築物の再建築価格の50~70%といわれています。


評価の定まっていない物件については、再建築価格の70%になるか近隣にある類似建物と同等の評価となるようです。

税金を集める側からすれば少しでも多く徴収したいわけですから、相手のいいなりで支払うと高くなる傾向にあります。
家屋調査を行ったからといって50%の評価になるとは限りませんが、行わない場合は最大値である70%になる可能性が高いと思われます。

家屋調査を行わずに高い評価額になったとしても再調査を申し出ることは出来ません。
3年後の評価替えまでは高い評価額のまま固定資産税額が算定されることとなります。

プライバシーを重視するのであれば、最高額を支払うので宅内への立ち入りを遠慮して欲しいといえば、家屋調査は実施されないと思います。

少しでも安くしたいのであれば、調査に積極的に協力し調査員に好印象を与えたほうが良いでしょう。
基本的には調査基準が定まっているため大きな違いはありませんが、調査員も人ですから「なるべく安くして下さいよ~」と笑顔で言えば、少しくらいの融通は利かせてくれるかもしれません。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

詳細な情報を有り難うございました。とても参考になりました。プラスに考えた方が良いという事ですね。そうしたいと思います。

お礼日時:2011/04/14 22:37

書類での提示は、悪意がある場合があるので、現状を把握しないと正確な査定が出来ないのでやむを得ないと思いますよ。

    • good
    • 0

専門家紹介

山田哲雄

職業:住宅アドバイザー

一人で工務店を営み、25年になります。
現在はリフォームを中心に活動しています。

良心的価格と誠実さがモットーです。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

0790-63-0860

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

市役所の資産税課の人は慣れたもので、さっさとチェックをしてくれます。


私も嫌だと思いましたが、キョロキョロジロジロという感じではありません。
防犯の観点からも一人で来ず、複数で来るのだと思います。

私個人としては、評価に来ていただいてよかったと思っています。
不動産取得税や固定資産税が高いと困るなぁと思っておりましたが、
予想に反して、期待はずれなほどお安い評価額になりました。
従って、長期優良住宅の控除分を引くと、取得税は0円です。

市職員に説明を受けたところでは、木造2階建てとか鉄筋3階建てとかで先ず評価し、
次に外装内装などをはじめとした仕様をチェックして算出するそうです。
よほどよい資材を使っていてもさほど高い評価にはならないようです。
実際にはかなりの金額をHMに注ぎ込んでありますが、
お高いHMでも安価なHMでも、評価額にあまり差がないことが分かりました。

私の経験では、書類上で高い評価をされなくてよかったと思いました。
市役所が日程を伝えてきますので、拒否できるか確認するとよいと思います。

質問の回答になっていませんね、すみませんでした。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご丁寧な説明を有り難うございました。拒否する大きな理由がある訳ではないので、調査をしてもらいます。高く評価されない方がよい、というのは分かる気がします。どうなる事やら分かりませんが、やってみます。有り難うございました。

お礼日時:2011/04/14 22:40

必須です


拒否できないこともありませんが、拒否すれば推定で算出します

役所相手にプライバシー云々は無意味です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。確かに役所相手に拒否しても良い事はないですね。調査をしてもらいます。

お礼日時:2011/04/14 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお稲荷さんについて。

お稲荷さんについて。

実家にお稲荷さんを祭っているんですがそのお札?には正一稲荷大神(庵)と読めます。曾祖父の代からあるようなんですが何処から来たのかルーツがわかりません。お稲荷さんの詳しい情報を知りたいと思ってます。このまま大切にしていければと思ってます。

Aベストアンサー

>家にお稲荷さんがいる所って少ないんですかね?? にお答えします
 通常は家屋内に神棚を祀りますが、稲荷は眷属が狐である事から外に祀る場合多いです。それに元々米倉の神様なので住いの外に置くのです。商売をしている、或いは以前商売をしていた家では多いです。なかにはビルの屋上に祀っている人も居ます。都内などの古いデパートで見れます。
ビルの屋上に祀るには、正しくは塩ビ管などに土を詰めて、祠の下まで通じさせます。これは社を地に付ける為です。土地の神様ですから。
 また稲荷は宅配便の祖先でもあります。伏見か豊川か忘れましたが、費用を納めて申し込むと御神体が飛脚で送られてくるというシステムを作りました。これにより爆発的に数が増えたそうです
 江戸時代には町内ごとにある事が多かったです。長屋では大家や地主が長屋の一角に設けていました。東京に意外に稲荷が多いのはそのためです。。
 大きな家では稲荷を外部に向けて一般者でも参拝できるようにしている所もあります。我家の近くの縁日も個人の地主の家の稲荷の例大祭(12日)に開かれたものが起源でした。銀座にはビル屋上に神殿を置き1階に拝殿を設けている所もあります、スピーカーで屋上の本殿に聞こえるそうです。
ちなみに、伏見稲荷は平安朝廷から別格として正一位の位を授かったため、全国の分社も正一位を掲げています。

このほか様々な情報があるので下記(伏見稲荷Q&A)を参照、このほか稲荷の好きな人が様々なサイトを開いていますので、探すとかなり楽しめます。
http://inari.jp/h_qa/

>家にお稲荷さんがいる所って少ないんですかね?? にお答えします
 通常は家屋内に神棚を祀りますが、稲荷は眷属が狐である事から外に祀る場合多いです。それに元々米倉の神様なので住いの外に置くのです。商売をしている、或いは以前商売をしていた家では多いです。なかにはビルの屋上に祀っている人も居ます。都内などの古いデパートで見れます。
ビルの屋上に祀るには、正しくは塩ビ管などに土を詰めて、祠の下まで通じさせます。これは社を地に付ける為です。土地の神様ですから。
 また稲荷は宅配便の祖...続きを読む

Q新築家屋の固定資産税評価方法

この度新築し、来週固定資産評価員がやってくるのですが、何か気を付けることってありますでしょうか?
新築家屋の固定資産評価は、その時の再建築価格にいろいろな補正係数を掛けて決定するということですが、設計図などからその家に使った材料などを網羅して、市の方で再見積もりするような形で決定されるのでしょうか?それとも今回実際にかかった建築費用を参考にして決定されるのでしょうか?
またエコキュートや外溝部分などの費用は評価額に含まれないように注意した方がいいと聞いたことがあります。車庫、照明器具などもそうでしょうか?他に除外すべきものはあるでしょうか?
とにかく初めてのことで何もわかりません。
どなたかよく知っている方、教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

調査は、図面(間取り、立面図、矩計図)と実際にお部屋を拝見して、内装等を見ていきます。これを固定資産評価基準という総務省がだす点数表に当てはめていきますので、ご質問のように「再見積」に近いものと言えなくもありませんね。来年は基準年度なので、平成20年建築の建物ですと、平成21年度基準表によって評価する事になります。設備でいうと、ユニットバス・システムキッチン、洗面ユニットは、主にサイズによる補正(標準より大きいか小さいか)ユニットバス等の給湯器は、追い炊き機能があるか無いかで大きく点数が違います。またインターホンは、白黒モニターかカラーモニターか、録画機能があるかによっても補正されます。外構工事や調度品は含まれません(これは明確にされています)。天井裏収納庫やベランダなどは、「その他の工事」という評点項目で、プラスαの要因になります。あとは、屋根・床・壁・天井の素材ごとで1m2あたりの点数が決められているので、この仕上材を見極めていきます。断熱材の有無も要素となります。調査時に、これらをきちんと見ているかは、立会い時に確認してください。また質問に丁寧に答えることが、評価補助員(調査の権限のある職員)の説明責任ですから、遠慮なく質問されてよいと思います。4月には縦覧制度があって他の家との評価額の簡単な比較はできますので、押えておくと良いと思います。

調査は、図面(間取り、立面図、矩計図)と実際にお部屋を拝見して、内装等を見ていきます。これを固定資産評価基準という総務省がだす点数表に当てはめていきますので、ご質問のように「再見積」に近いものと言えなくもありませんね。来年は基準年度なので、平成20年建築の建物ですと、平成21年度基準表によって評価する事になります。設備でいうと、ユニットバス・システムキッチン、洗面ユニットは、主にサイズによる補正(標準より大きいか小さいか)ユニットバス等の給湯器は、追い炊き機能があるか無いかで...続きを読む

Qお稲荷さんについて

実家の庭にお稲荷さんがあります。特にお稲荷さんを信仰しているわけでもなく、なぜあるのか親に聞いてもよく分かりません。自分がいづれはこの家を継がなくてはならなないと考えたとき、お稲荷さんをどうしたらいいのかと考えるようになりました。庭にお稲荷さんがあるというのはあまりいい気がしません。処分をしたいと考えているのですが、どのようにしたらよいのでしょうか?それとも一生守っていかなければならないものでしょうか?

Aベストアンサー

お稲荷さんをお稲荷さんとして祀りしてあるとは限りません。風水的な用法か何かの鎮めとして、お地蔵さんかなにかでもよかったのを、お稲荷さんにやってもらっているかもしれません。

つまり、信仰が目的ではなく、一種の災いよけという可能性もあれば、いろいろ考えられます。しかし、宅地造成やら、区画整理などが入るとどうしてもその災いよけに手を入れないといけない可能性があります。

それと、同時に、お稲荷さんの眷属(お使いのようなもの)が、いわゆる狐さんで、これが災いを起こすとも信じられています。

あえて差しさわりがなければ、そのままという選択もいいでしょうし、なにか逆に祀りをしないことで、粗相があるといけないと考えられるなら、大手の稲荷神社などに相談されるのもいいでしょう。

なぜそこにお稲荷さんがあるのかというのが実際はこの問題の解決のヒントになるのでしょうけど、庭にお稲荷さんがあることで、「あまりいい気がし」ないということ自体が一種のシグナルかもしれません。

土地の古老か、親戚の方などに来歴を聞かれてもいいでしょう。それでもわからず、かつ、どうしてもいやだという場合は、筋を通して、稲荷さんにどこかの神社にお帰りいただくことです。その方法は、言及しましたように、大手の稲荷神社か近所の稲荷神社にきかれてください。ひょっとするとお寺系の稲荷さんかもしれません。

お稲荷さんをお稲荷さんとして祀りしてあるとは限りません。風水的な用法か何かの鎮めとして、お地蔵さんかなにかでもよかったのを、お稲荷さんにやってもらっているかもしれません。

つまり、信仰が目的ではなく、一種の災いよけという可能性もあれば、いろいろ考えられます。しかし、宅地造成やら、区画整理などが入るとどうしてもその災いよけに手を入れないといけない可能性があります。

それと、同時に、お稲荷さんの眷属(お使いのようなもの)が、いわゆる狐さんで、これが災いを起こすとも信じられて...続きを読む

Qリフォームした時の家屋の固定資産税評価額

いつもこちらではお世話になっております。
固定資産税について色々調べてみたものの、よく分からなかったので
質問させてください。

現在、築34年の一戸建てを購入して、内外装の全面改修、耐震改修をしている真っ最中です。

金額にして改修費が約1300万程です。
屋根や構造等は変更なしで、増築もありません。

この場合の家屋にかかる固定資産税についてなのですが・・・

改修でもおよそ建築費用の7割に1.4%の税金がかかると考えて良いのでしょうか?

単純計算で固定資産税が約12万上乗せになるということでしょうか?


ちなみに現在はほぼ家屋の税額はゼロに近い状態らしく内訳が手元に資料がないため分からないのですが、固定資産税が土地と家屋で4万を切る額だそうです。



以上、お教え頂ければ嬉しいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

家屋を新築、増改築すると、翌年度から固定資産税が課税されます。

http://www.agui.jp/ka/zeimu/contents/koteisisanzei/sintikuzoukaitiku.html
増改築と言ってますね。
改築のみでも
地方税法上
課税は課税はできますが
建築基準法上
改築のみで
確認申請を提出する人はいません。

おもに確認申請で
新増築を行政は把握しますので
改築のみは把握できない場合のが多いのです。
と言うことになると
公平性に欠けますので
課税しない
と言うことになります。

最終的には
あなたの行政の税務課に
改築は課税するのかどうか確認しましょう。
市町村の決め事です。

Q購入した住宅の敷地内に、お稲荷さんの祠があります。

購入した住宅の敷地内の隅に南向けで、お稲荷さんの祠が荒れ放題で放置されています。この土地に古くからあるもので、前の家主さんは気にせずに放置しておいたとのことでした(その前の家主さんにも尋ねてみてもらいましたが、いつ、誰がお祀りしたのかわからないそうです。ただ60年以上前からはあったとのことでした)。とても可哀想なかんじで、祠も半分潰れたようになっています。

せっかくご縁があって購入した土地に最初からお祀りしてあるお稲荷さんですから、以後、祠もキレイに自力で直し、掃除をして土地の神様といったかんじで「おあげ」をお供えしたり、水を代えたりして一緒に楽しく生活していきたいと思っていますが、この土地の子孫でもない私がお祀りするのはお稲荷さんにとっては迷惑なことなのでしょうか?ちなみに私の出自はこの土地には全く縁もないものです。また稲荷信仰もこれまでの人生には微塵も関係のないことでした。

また、歴史的に宗教的にこれまで「願掛け」の神様として激しく信仰の対象となっていたお稲荷さんを、このような気軽な態度でひきうけるというのは、失礼にあたることなのでしょうか?一通り、お稲荷さんの歴史を調べてみましたが、仏教や様々なものと絡み合い複雑、かつ、もともとこのお稲荷さんの出自がわからなくては、どの稲荷大社に戻して良いのかもわかりません。

個人的には祠のまわりは開けていて明るく、近寄ると新しい家族のような心地よい気分を感じます。さほど信仰心のない私ですが、なによりお稲荷さんに嫌な思いをしてほしくないので、できるかぎり善処したいと思っています。是非、皆さんの意見をお聞きしたく思いす。よろしくおねがいたします。

購入した住宅の敷地内の隅に南向けで、お稲荷さんの祠が荒れ放題で放置されています。この土地に古くからあるもので、前の家主さんは気にせずに放置しておいたとのことでした(その前の家主さんにも尋ねてみてもらいましたが、いつ、誰がお祀りしたのかわからないそうです。ただ60年以上前からはあったとのことでした)。とても可哀想なかんじで、祠も半分潰れたようになっています。

せっかくご縁があって購入した土地に最初からお祀りしてあるお稲荷さんですから、以後、祠もキレイに自力で直し、掃除をして...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
お稲荷さんの専門家じゃないですけど。m(__)m

お稲荷さんはそもそも土地にいるものです。
そして、その土地に住んでる人たちの中に信仰として伝えられるものです。

質問者さんが、近寄ると心地よい気分を感じるのは、そこにお住まいのお稲荷さんも親近感を持ったのでしょう。

壊れかけた祠を綺麗に新調し、お稲荷さんとしてお祭りすれば、お稲荷さんはご家族一同に感謝して福をもたらすでしょう。

どうしても作法などが心配でしたら、最寄のお稲荷さんを祭ってある神社で指導を受ければいいわけですが、そんな格式ばる必要もありません。

そもそもお稲荷さんは、伊勢神道とは違って、自然信仰の中の一つの神様です。
敬意を持って質問者さんが祭りたいようにお祭りすればそれでいいのです。

Q不動産取得税と固定資産税の評価額の違い?

お世話になります。
平成18年の1月末に念願の新築住宅が完成し、同3月に家屋の登記完了(私の名義です)、同5月に特例適用住宅の軽減申請をしました。それに伴い、同7月には、平成17年に取得し納付していた土地の減額措置が受けられ(土地は妻が購入し登記も課税も妻名義です)、還付金を受け取りました。土地についてはなんの疑問もないのですが、家屋について腑に落ちないところがあるので教えていただければありがたいです。
家屋については平成18年の秋に家屋調査が終了し、今年度から固定資産税が課税され、固定資産税の評価額は1121万円程で、3年間の軽減措置を受け先日納付しました。
昨日、不動産取得税の納税通知書が送られてきたのですが、不動産取得税の評価額が1650万円となっています。そこから、住宅特例控除1200万円が引かれ、450万円の3パーセントが課税されたのですが、
1.固定資産税の評価額と不動産取得税の評価額がなぜ530万円も違うのかわかりません。(家屋調査は市町村の担当の方がこられました。県の方からは一度も来られていません)
2.土地の平成18年度の固定資産評価額が530万円程なのですが(端数まで計算すると19000円ほどの差がありますが)、県が間違って土地の分も含めて課税してしまったのでしょうか。
3.家屋調査が終わってから、子供部屋にロフト風にベッドをつけました。そのため、この後、また調査に入られるのは勘弁して欲しいです。
4.市町村で評価を安くつけてくれたのでしょうか?登記上の床面積のうち、50m2ほどは屋根裏を利用した物置で、床も壁も柱もむき出しで端の方は高さが30cmほどしかないため、家屋調査の方がその旨、記しておくとおっしゃっておりました。
5.どこに問い合わせるべきでしょうか?それにより再度調査が入ったり、固定資産の評価が高くなってしまったりすることはあるのでしょうか(やぶ蛇になるなら黙って一度だけの不動産取得税を払ってしまった方がよいでしょうか)?
不動産取得税がほとんどかからないか安くすむときき、急いで新築しました。固定資産税の評価額なら、控除額の1200万円以内になり、税金がかからないのですが・・・。ボーナスの残りもなく困っております。よろしくお願いいたします。

お世話になります。
平成18年の1月末に念願の新築住宅が完成し、同3月に家屋の登記完了(私の名義です)、同5月に特例適用住宅の軽減申請をしました。それに伴い、同7月には、平成17年に取得し納付していた土地の減額措置が受けられ(土地は妻が購入し登記も課税も妻名義です)、還付金を受け取りました。土地についてはなんの疑問もないのですが、家屋について腑に落ちないところがあるので教えていただければありがたいです。
家屋については平成18年の秋に家屋調査が終了し、今年度から固定資産税が課税され、...続きを読む

Aベストアンサー

固定資産税評価額 = 再建築費評点数 × 経年補正 × 1点価格 × 需給率
という計算式があります。
取得税評価額 = 再建築費評点数×1点価格
で計算されます。
経年補正は1年目は0.8になりますので最低でも20%は取得税の
評価が高くなることになります。
しかし今回の場合はそれ以上の差があるので理由がわかりません。
都道府県税事務所にその理由を聞いてください。
考えられるのは・・・
(1)需給率がかけられている
(2)固定資産税評価額が新築軽減を控除した後の額である
(3)屋根裏50m2分が固定資産税は控除されている
(4)どちらかが計算ミス・・・考えにくいですが。
再調査などはないと思います。
ただし屋根裏が考慮されているのが原因ならその部分については
再調査があるかもしれません。
ロフトを追加しても価格に影響はでないと考えられます。

Qお稲荷さんの正しい参拝のしかた?

近所のお稲荷さんに参拝しようと思いますが、
神社の「二拝二拍手一拝」のような正しいやり方があるのでしょうか。

またお稲荷さんの行事というのにはどんなのがありますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お稲荷さんには「神道系」「仏教系」などいろんな流れがあり、
それぞれお参りの仕方が違うので、
お参りするところで尋ねられた方が良いと思いますよ、

それとお稲荷さんにお願いして、
願いがかなったら「お礼参り」をしなければならないとなっているところも多いようですね。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/NatureLand/4775/jiten/inari.html

Q固定資産税評価額の相場

新築の固定資産税の相場を教えてください
役場の人が鑑定していったんですが、それが安いか高いか適切なのかよくわかりません。
細かい計算はあるらしいのですが相場として今回の件はどうなんでしょう。
木造2階建て36.5坪土壁
大工さんが作ったので柱とか太いのもあるんですが、評価額はこんなもんですか?
建築費は2300万
今回の固定資産税評価は780万でした。

Aベストアンサー

>役場の人が鑑定していったんですが、それが安いか高いか適切なのかよくわかりません。
ご近所など、同じ自治体内で去年新築された物件を知っておられますか?
知っておられたら、その所在地番が判るなら、役場の固定資産税担当課で他人の物件であっても縦覧する事ができます。
本当に気になるのなら「縦覧制度」を利用下さい。

別の回答で法務局云々の話が出ていますが、関係ありません。
新築住宅で固定資産税評価額が決まるまでの間に使われる額で、木造の居宅なら、高級注文住宅も、木造系プレハブも、住宅も同じ単価になっていますので、何の参考にもなりません。

参考URL:http://www.athomes.co.jp/pdf/daicho.pdf

Qお稲荷さんに近づくと背筋がゾクゾクした

近くの山歩きコース途中に山寺があります。そこにはお稲荷さんがあります。何ヶ月か前に、そのお稲荷さんを夢で見てたんですが、すっかり忘れていました。
今日、久しぶりに山歩きをして、そのお稲荷さんを見かけたので、なにげなく近づいていきました。すると、急に、背筋がゾクゾクゾクゾクと震えてしまいました。
鳥居をくぐるとスっとおさまったんですが、鳥居に近づくまではガタガタ震えがきてました。
お稲荷さんに御参りして、祠を掃除しましたが、これでもう良いのでしょうか?ほかになにかしなければいけないことや、気をつけたりすることはないでしょうか?
どなたかお詳しいかた、お教えください。お願いします。

Aベストアンサー

基本的に不安になったりする事は無く、それは祟りだとか、そういった事はぜったいに無いですし、心配しないで下さい。

しかし、そんな事を言われても、信じている人もいるのでどうしても気になる。不安だと言うならば、説明します。

鳥居に近づいた時にゾクゾクする胸が詰まりそうになるというのは、昔からあって古くは『おとろし』という妖怪の仕業とされでいました。この妖怪は信仰心がないものが神社にお参りしたり、神社や鳥居などにいたずらした者を鳥居の上から押し潰すという妖怪なのですが、基本的に何かしたとか、負い目がある人が受ける心理状態を妖怪にしたもので、ある意味、正常な現象だと言えます。
そこで、今回のキーワードのお稲荷さんですが、稲荷神社というのは、穀物・農業の神です。もしかすると質問者はその事を昔(もしかすると思い出せないかもしれないですが)聞いていないでしょうか、最近食べ物を粗末にしたとか、思い当たる事があれば、なにかいけない事をしたという負い目の心理状態が夢と『おとろし』を出現させたのかもしれません。

そもそも妖怪とか幽霊は、ものを大事にしろとか、先祖を大事にしろとか、悪いことをするなとか言うことを『妖怪』や『霊』という形に表し、子供でも分る様に後世に伝えたものです。古来から伝わっている妖怪はほぼ全てこれに当てはまります。

ですから、様々な情報で怖がらせている心霊現象とかは、でたらめと思って下さい。

No1の方の場合もこの『おとろし』の心理状態が当てはまると思います。なにか親孝行できなかったとか、亡くなる前にしなくてはいけなかった事があったとか、伝えられなかったとかいう心理状態を表しているものと思います。
昔から大変大勢の人がこの状態に苦しみ、そういった人の不安を取り除くため、昔から恐山のイタコなどがいるのです。オーラとかね。

基本的に不安になったりする事は無く、それは祟りだとか、そういった事はぜったいに無いですし、心配しないで下さい。

しかし、そんな事を言われても、信じている人もいるのでどうしても気になる。不安だと言うならば、説明します。

鳥居に近づいた時にゾクゾクする胸が詰まりそうになるというのは、昔からあって古くは『おとろし』という妖怪の仕業とされでいました。この妖怪は信仰心がないものが神社にお参りしたり、神社や鳥居などにいたずらした者を鳥居の上から押し潰すという妖怪なのですが、基本的...続きを読む

Q固定資産税の評価額の検査?ってどのタイミングできますか?

平成21年3月に千葉県で新築を建てたものです。
マイホームに住み始めて2ヶ月を経つところですが、固定資産税の評価額の検査?って検査員はイツ頃くるのですか?
家を新築した時点で、メーカーさん経由でもう見ているんでしょうか?
まさか、自分で連絡を入れる?
もし見てなかったら自分で連絡をして見てもらう事も可能?

家を建てた時に外構は手をつけていなかったので、自分で石灰砂利をひいたり植木を植えたり、階段を作ったりと(3段ですが)手を少しずつ加えているのですか、知人に「評価額が決まってからの方がいいんじゃない?」と言われ気になり始め、質問させて頂きました。

恐れ入りますが教えてください。

Aベストアンサー

同じ千葉県内で昨年家を建てたものです。

建物を建築したら建物の建築届けや住居の表示を行う等の手続きを行うことになると思うので、市町村役場には建築したことはわかっているかと思います。

我が町の場合、居住後、約1ヶ月位してからで市役所から固定資産税の評価の確認を行う旨のはがきが届きました。
そして都合のいい日時を役所に連絡して確認、となりました。

外溝の固定資産税ですが、登記が必要な屋根付きガレージ等があれば別ですが、そうでなければ特に固定資産税には影響ありません。
真夏の暑くなる前に終わらせてしまった方がいいでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング