企業などの商品やサービスの供給者が、利益(原材料や人件費や利子以外)を求め、また得て世の中が回っているのが、腑に落ちません。
そういうものだろと思うのですが、納得できる考え方にいまだに出会えていません。(読書不足・・・)
消費者が、提供された物やサービスの金額よりも価値があるという時に買うっていう考え方が突破口になる気がするのですが・・・。
供給者の殆どが利益を求めてるのに、社会や消費者が不利益をこうむらないのか??
詳しい方、ご教授お願いします。
わかりやすく解説していただけると幸いです。
参考文献などありましたら助かります。

A 回答 (3件)

>供給者の殆どが利益を求めてるのに、社会や消費者が不利益をこうむらないのか??



経済学では価値には、使用価値と交換価値の2種類があると考えます。
このうち、交換価値というのは要するに価格です。
使用価値というのは消費者がそれを買って使うことにより得る利益です。
ですから、
「消費者が、提供された物やサービスの金額(交換価値)よりも(使用)価値があるという時に買うっていう」
わけです。

消費者はいろいろな価値観を持っています。同じ商品であっても、その使用価値は消費者の価値観によっていろいろです。
供給者が利益を増やそうとして価格を上げると、少しぐらい価格が高くなっても使用価値はもっと高いと感じている消費者もいますが、これ以上価格が高いんだったら使用価値に見合わないから買わない、という人もいます。その結果、価格を上げると販売量が減少してしまいます。そして、その結果利益は増えるかもしれませんし減るかもしれません。

結局、ある価格の時に利益が最大となります。それより価格が高くなると、商品1個当たりの利益は増えるけれども、買う人が減るため、利益総額は減ってしまい、それより安いと買う人は増えるけれども商品1個当たりの利益が減るために利益の総額は減少してしまいます。
これが市場均衡という考え方です。

完全競争市場では、市場の均衡が達成されたときに、社会全体が得る利益が最大になります。これを調べるのが余剰分析という理論です。

ミクロ経済学の入門書をお読みになるといいと思います。


ところで、No.1の回答者へのお礼欄に

1:供給者が儲ければ社員は給料がもらえます。
儲けなくても固定費として人件費があるのだから、粗利ではなく利益は回らない気が

と書いていらっしゃいます。企業が固定費として人件費を払うのは、その人件費によって人材を動かし、仕事をさせて利益が得られるからです。企業は粗利の中から人件費を支払うのですが、その結果当期利益がゼロになったらどうなるでしょう?

粗利から人件費や光熱費その他の固定費を払った残りがゼロということは、新規開発が出せないということです。
その商品がどんなに優れた商品であったとしても、永久に売れ続けるわけではないので、次の商品を開発しなければ、企業はつぶれてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ミクロ経済学は入門中の入門を読んだのですが、理解してなかったみたいです。
難しいですね・・・。

開発、技術革新をして成長するってことですね。
成長をしない場合はどうなるのでしょうか・・・。
産業革命前とか・・・。

お礼日時:2011/04/14 20:46

完全市場を想定した場合、全てのコストを考慮すれば必ず利益はゼロになります。


質問者氏の質問では利益がプラスになっている、ということですが、それは完全市場ではないか、或いはコストが全て考慮されていないかのいずれかになります。


まずコストに関して。

> 供給者が利益を求めているのに世界は回る

さて、この「利益」ってなんでしょうか。
質問分から察すると、
  利益=売上-(原材料費+人件費+利子)・・・(1)
という形のようです。

二つの点で、ここで言われている「利益」は必ずプラスにならなければなりません。
一つは、自己資本の取り分です。
資本は借入資本と自己資本に大きく分けられます。簿記の世界では、負債の部が借入資本、資本の部(純資産の部)が自己資本をイメージすれば大体良いです。借入資本に利子を払うのと同様に、自己資本にも利子を払わなければなりません。この部分は(1)式の費用には含まれておらず、したがって利益に含まれます。

もう一つは資産の減耗などです。
物質的に工場などが古くなってしまった場合、新しい工場を建てる、機会を更新するなどをしなければなりません。また、使っている技術が陳腐化した場合、より新しい技術を導入するなどをしなければなりません。
といったことに起因する費用は(1)式の費用に含まれておらず、この点もやはり利益に含まれます。



次に完全市場が妥当かどうかに関して。
多くのものは、寡占になっています。例えばパソコンのcpuは事実上インテルとAMDしかありませんし、航空会社から携帯電話から、かなり多くが寡占市場です。このような寡占市場の場合には企業に(全ての費用を考慮したとしても)超過利潤が生じる余地があることが知られています。
これらは人為的に寡占になる場合もありますが、自然独占といって放っておくと必ず独占・寡占状態になる場合もあります(電力などはそうです)。

> 供給者の殆どが利益を求めてるのに、社会や消費者が不利益をこうむらないのか??

経済は総量が決まっているものを取りあうゲームではありません。
双方とも利益になる場合も当然にしてあります。もちろん、社会や消費者が不利益を被るケースも存在します。
こういったことはケースバイケースですが、社会や消費者が不利益を被るケースは、通常は例えば公正取引委員会など政府が規制をかけることが多いです。
    • good
    • 0

供給者と消費者は別物ではありません。



1:供給者が儲ければ社員は給料がもらえます。
2:給料がもらえれば社員は消費者となります。
3:消費者がお金を多く持てば供給者は消費者に物を買ってもらえます。
4:1に戻る

そして
>消費者が、提供された物やサービスの金額よりも価値があるという時に買うっていう考え方が突破口になる気がするのですが・・・。

それは資本主義ってやつですね。
金額と比べて良いものを出せばほかの供給者よりも売れます、
なので供給者は良いものを作ろうと努力します、そのおかげで
消費者はより良いものを選択することができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
1:供給者が儲ければ社員は給料がもらえます。
儲けなくても固定費として人件費があるのだから、粗利ではなく利益は回らない気が
2:給料がもらえれば社員は消費者となります。
納得です。消費が少なくなると不況になりますもんね。
3:消費者がお金を多く持てば供給者は消費者に物を買ってもらえます。
納得です。
4:1に戻る

企業は価値のずれで利益を得ているのでしょうか?

お礼日時:2011/04/13 15:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q需要(者)と供給(者)の意味と使い方について

恥ずかしながら、この使い方が理解できていません、説得力ある回答がいただければ、うれしく思います。

ケーススタディとして、電力の供給者は誰なんでしょうか?、需要者はそれに対する方となると思うのですが??。(東電と利用者とした場合)
供給不足が心配・・・・とあると供給者は東電に思うのですが・・その対語は利用者になるのかと。
需要者とか、被供給者とも・・表現していないと思われますし、また、単に需要と供給となると・・その逆になるように思えてしまいます。
うまく、表現できなくて、恐縮ですが、お願いします。

Aベストアンサー

<例>の場合、

供給者は「電気を発電し、顧客に提供する」側ですから、
電力会社です。

で、電力会社が作った電気を使う側のことは「需要者」ではなく「需要家」という言葉を使います。

ですから、「供給者」と「需要家」となります。

Q国内利子率>世界利子率のとき・・

『国内利子率が世界利子率より、少しでも高ければ、資金の移動に費用がかからないから、資金の借り手は海外からの資金を調達しようとするので資金が流入する』
のだそうですが、利子率の低いほうから資金を借りようとするのは納得いくので、
「資金の借り手は海外からの資金を調達しようとする」ということはわかるのですが、「資金の移動に費用がかからないから、」の部分の意味がわかりません。

なぜ、国内利子率>世界利子率のとき、資金の移動に費用がかからないですか??

Aベストアンサー

「資金の流出・流入には費用がかからないものとする」と仮定されているからです。

一般的に言えば、「資金」はグッズのように物流コストがかかりません。手数料等は通常の資金調達の規模に比較すれば僅少だから「費用がかからない」と無視できる程度だと言えるためかもしれません。

Q【通貨供給量】の持つ意味

【通貨供給量】・・・9月は736兆円  とあります。


「この数字の持つ意味は何ですか」


と、聞かれた時、どのように答えたらよいものでしょうか?

M2+CD 、、、 
貨幣乗数、、、

といった用語をできるだけ避けて、直感的に理解できる説明が、もしもあれば、ありがたく思います。

Aベストアンサー

景気がいいときは企業が設備投資を増やし、銀行からお金を借り入れます。それにより銀行から世の中にお金が流れ、マネーサプライが上昇します。ただ、あまりお金の量が増えすぎるとインフレを引起こし物価が高くなる可能性があります。
不況の時はその逆になります。

Q供給曲線と生産者余剰の導出について

2点質問があります。

(1)企業の行動は利潤最大化であり、
max π=px-(wL+rK)
s.t. x=f(L,K)
の解で求められると思いますが、コストは wL+rK の部分なのに計算すると p=c'(x) とxの関数になるのはなぜでしょうか。

(2) p=c'(x) は MC であり AVC より生産量の多い状況で供給曲線になりますが、生産者余剰を求めるとき c'(x) は逆供給関数であるので、「便益」という曖昧な考え方から「利潤最大化」の考え方にシフトすることができると思います。
 すると c'(x) は供給関数であり、逆供給関数でもあるということでしょうか。関数と逆関数が同じである、ということに違和感があります。解釈が間違っているのでしょうか。

長文となり申し訳ありません。何か理解しづらい文がありましても教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)
生産関数と要素費用関数から導かれる利潤最大化条件は
要素価格比(w/p)が限界生産物(MPL)に等しいというものです。
max π=px-(wL+rK)
s.t. x=f(L,K)
のケースでは、pMPL=w,pMPK=rという条件になります。
生産関数については
dx=(Δx/ΔL)*dL+(Δx/ΔK)*dK
dx=MPL*dL+MPK*dK
要素費用関数については
dTC=(ΔTC/ΔL)*dL+(ΔTC/ΔK)*dK
dTC=w*dL+r*dK
ここで利潤最大化していれば
dTC=pMPL*dL+pMPK*dK
dTC=p(MPL*dL+MPK*dK)
dTC=p*dx
p=dTC/dx=c'(x)=MC
これで、費用関数による利潤最大化条件p=MCのできあがりです。
このとき、供給関数は見かけ上x=f(p)になります。
でもちゃんと書いたらx=f(p,w,r)です。

(2)
私は数学の基本がないので、供給関数と逆供給関数の違和感はよくわからないんですが、とりあえず生産者余剰とは「利潤+固定費用」のことです。
書くとすれば生産者余剰={インテグラルp0-p}x(p,w0,r0)dp
p0は短期平均可変費用の最低点,pは今の価格,w0,r0は定数の意,
x(p,w0,r0)は供給関数
{ }はインテグラル記号でp0からpの意味。
これでは解決しないかもしれませんが、ご参考まで。

(1)
生産関数と要素費用関数から導かれる利潤最大化条件は
要素価格比(w/p)が限界生産物(MPL)に等しいというものです。
max π=px-(wL+rK)
s.t. x=f(L,K)
のケースでは、pMPL=w,pMPK=rという条件になります。
生産関数については
dx=(Δx/ΔL)*dL+(Δx/ΔK)*dK
dx=MPL*dL+MPK*dK
要素費用関数については
dTC=(ΔTC/ΔL)*dL+(ΔTC/ΔK)*dK
dTC=w*dL+r*dK
ここで利潤最大化していれば
dTC=pMPL*dL+pMPK*dK
dTC=p(MPL*dL+MPK*dK)
dTC=p*dx
p=dTC/dx=c'(x)=MC
これで、費用関数による利潤最大化条件p=MCので...続きを読む

Q需要と供給の意味

例えば、
八百屋さんに行って野菜を買う人(お客さん)は、「需要」で、野菜を売る人は「供給」ですか?

あってますか?

Aベストアンサー

その通りです。需要と供給とが交わる所で「価格」が決まります。だから「需要と供給と価格」をワンセットで理解することから始めましょう。この三者の交流の場が「市場」です。「例」は、野菜市場のお話でした。

Q売上、経常利益、純利益の違い分かり易く教えて下さい。

売上、経常利益、純利益の違い分かり易く教えて下さい。
※難しい言葉ではなく、例えを用いて教えて下さい。

Aベストアンサー

NO1さんが、丁寧に説明していると思いますが、補足情報という位置付けで聞いてください。
何か利益がやたら出ている、何だこれらは、っという感じではないでしょうか?
これを理解するには、これらが並んでいる順番は、基本的な商売の流れから発生する費用を考えながら見ると分りやすいです。
まず、企業の利益をもたらすものは、売上げですから、売上げが一番最初に来ている。売上げは、商品を引き渡したり、サービスを提供したりすると、その値段で計上できます。車を100万で売った。その車を客に引き渡した。引き渡したら、引き渡した時点か、その後、代金が払われてきますので、代金を払ってもらう前でも、売上げを計上していいんです。
次に、売るための車を仕入れないと商売になりません。80万円で仮に仕入れていたとしましょうか。それを売ったので売上原価として、80万円を計上します。100万から80万を引いた、20万円が、粗利益です。しかし、この車を仕入れただけでは、売れません。広告を出したり、営業マンに売ってもらってはじめて売れますので、彼らに給料を払ったり、広告業者に代金を払わないといけません。これらが、売るための費用、即ち、営業費用です。では、この営業マンの給料を誰が計算するのか?というと、経理担当の人です。経理担当の人を採用したのは誰でしょうか?総務の人です。総務の上司には重役もいます。管理職もいます。管理職の人がいるビルの家賃や光熱費も掛かります。これらの経費は、っというと、一般管理費として一くくりにします。そうすると、先ほどの、粗利益から、営業費と一般管理費を引くと、営業利益というものが出てきます。しかし、会社が借り入れをしていたり、また逆で、投資をしている場合、利息収入や利息費用が発生します。これらが、営業外(さっきの車を売る活動と直接関係ない、金融的な損益)が出てきます。この金融的なものは、やっぱり商売に不可欠ですし、商売をやっている間、大体発生してきます。これの収支をさっきの営業利益に足すと、経常利益が出ます。経常の意味は、毎期発生する、常日頃でる利益ぐらいの意味です。あー、今期、1億の経常利益出たなら、前期のそのぐらいあり、来期も、同じぐらいだろうなー、っと想像できます。
しかし、企業経営には、イレギュラーも付き物です。地震や火事で工場が壊れました。いらない資産を売却しました。株が暴騰したので、たまたま儲かりましたなどです。これらが特別損益項目と呼ばれるものです。これらを先ほどの、経常利益に足し、企業は最終的に税金を払わねばならないので、税金を払った後、最終利益が出ます。長々と書きましたが、商売(本業)から近い順番から費用を計上し、売上げから差し引く、各段階で、利益を出す。もう一度復習すると、大体流れがつかめます。暗記はしない方がよいです。

NO1さんが、丁寧に説明していると思いますが、補足情報という位置付けで聞いてください。
何か利益がやたら出ている、何だこれらは、っという感じではないでしょうか?
これを理解するには、これらが並んでいる順番は、基本的な商売の流れから発生する費用を考えながら見ると分りやすいです。
まず、企業の利益をもたらすものは、売上げですから、売上げが一番最初に来ている。売上げは、商品を引き渡したり、サービスを提供したりすると、その値段で計上できます。車を100万で売った。その車を客に引き渡し...続きを読む

Q言葉の意味

「需給が逼迫している」という言葉の意味を教えてください。
「逼迫」という意味を調べると「行き詰まって余裕のなくなること。事態が差し迫ること」と出てきました。「需給」は需要と供給のことだと思います。
では「需給が逼迫している」というのは供給が需要に追いつかないという意味なのでしょうか。それとも需要と供給のバランスがあっていないということなのでようか。
どなたかご教示下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

平易に言えば、「供給が需要に追いつかなくて大変だ」というニュアンスなので、本当は「供給が逼迫する」という表現が正しいように思えます。
しかし、この表現では、需要量とは関係なく供給能力自体(設備等)に問題があるように解釈される可能性もあります。もちろん、「需要が逼迫する」という表現は、論理矛盾になります。
結局は、あくまで需要と供給の関係において、そのバランスが崩れていることが前提になるという意味で「需給が逼迫している」という表現になるわけです。

Q高付加価値商品・サービスと聞いて思いつくものは?

今授業で、高付加価値商品について学んでいます。
例えば、コンタクトレンズなんかは良い例だといいますが、
他に高付加価値商品(またはサービス)って、
どんなものがあるでしょうか?
原価はすくないけれど、高値で売れる価値のあるものって、
なかなかありそうで思いつかなくて困っています。

Aベストアンサー

医療用医薬品...開発費は高いが利益率が高い
OTC(一般医薬品)...利益率が高い
スイッチOTC(医療用医薬品を一般医薬品にしたものザンタックなど)利益率が高い
後発医薬品...利益率が高い
風俗全般...身ひとつ?
全部 中付加価値?

コンタクト以上思いつきません。何方かにバトンタッチm(__)m

Q【ミクロ経済学】供給曲線と需要曲線の定義

今年から経済学の勉強を始めたのですが、
勉強すればするほど、「供給曲線」と「需要曲線」の意味が分からなくなってきました。

◆質問1
供給曲線と需要曲線のそれぞれについて、意味の定義や式の定義はあるのでしょうか?
例えば、価格P=f(X)みたいな式で表すと決まっている、とか。
あるいは、縦軸には△△を、横軸には○○を使って表すと決まっている、とか。

◆質問2
質問1とも関連しますが、完全競争市場の
「価格P=平均収入AR=限界収入MR=限界費用MC」
という式は、供給曲線と呼んでいいのですか?
「供給曲線とは、価格Pが式に入っていて、生産者の供給量を決める式」
だと私は勝手に思っているのですが、仮に上記の式からPを削除して、
「平均収入AR=限界収入MR=限界費用MC」
としたら、この式は供給曲線と呼んでいいのですか?

どなたかご教授頂けると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たとえば、物理学では
F=MA
という運動方程式があり、重力の大きさは
F=-GmM/R2
という式で決まり、太陽を原点とする座標系で表すと地球の軌道は楕円になって・・・

というように、基本となる式があってそれによってどういう運動をするかが計算されます。

しかし、経済学のグラフは、これとは全く意味が異なります。

◆質問1

市場にはいろいろな供給者がいます。
「オレんとこは、少しぐらい価格が安くなってもびくともしないぞ」
という企業もあれば、
「ええ、こんな安くちゃやっていけないよ。もうやめようかな。」
という企業もあり、
「うちの会社は社会に必要なものを作っているんだから、少しぐらい赤字でもやめるわけにはいかんのだ。」
と言って赤字でも頑張る企業もあります。

こういった企業がいる結果、市場全体としては、価格が高くなると、供給者が供給しようとする量が増え、価格が安くなると、供給者が供給しようとする量が減ります。この価格と供給量の関係をグラフにしたものが供給曲線です。
多くの、それぞれが自分の都合で作る量を増やしたり減らしたりする供給者がいる結果、ある量が供給される、というだけですから、決まった公式などはありません。

需要曲線も同じです。
高くても欲しいという消費者もいれば、そんなに高いんならいらない、という消費者もいます。その結果、ある価格になった時の市場全体の需要量が決まり、これを価格と需要量とを軸にしたグラフにしたものが需要曲線です。ですから、これも当然、決まった公式などあるはずがありません。

慣例として、縦軸は価格、横軸は供給量または需要量とすることになっています。


◆質問2

価格と供給量の関係を調べて、ある商品の価格が1000円の時に市場全体で供給量はどれだけか、1001円の時の供給量はどれだけか、1002円の時は、1003円の時は、というように調べてグラフ用紙にプロットして出来上がるのが供給曲線です。

「価格P=平均収入AR=限界収入MR=限界費用MC」

という式はグラフではありませんよね。ですから供給曲線ではありません。

上にも書きましたが、市場にはいろいろな供給者がいます。安くてもいいから売ろうとする人もいれば高くなきゃ売りたくないという人もいます。
もし供給業者が、自社の利益を最大にするために最も合理的な方法を取ろうとしたら、どういう供給量で販売するでしょうか?
完全競争市場は、商品の差別化が存在せず、価格のみで勝負をする市場です。売り上げを増やすためには、他者より安く売る以外に方法がない、というのが完全競争市場の前提条件です。しかし、価格を下げすぎると、利幅が少なくなりますから、売り上げは増えても利益は少なくなってしまいます。どのくらいの価格で何個売ったら利益が最大になるでしょう?
この条件が
「価格P=限界費用MC」
という式です。
生産量が少ないうちは、生産量を増やすと数の経済性が働き、高率が良くなってゆきます。ですからたくさん作った方が儲かります。しかし、生産量が増えすぎると数の不経済が生じるようになり、たくさん作ると利益が減るようになります。その境目で利益が最大になります。それが上の条件です。価格P=限界費用MC となるような生産量の時に利益が最大になるわけです。

たとえば、物理学では
F=MA
という運動方程式があり、重力の大きさは
F=-GmM/R2
という式で決まり、太陽を原点とする座標系で表すと地球の軌道は楕円になって・・・

というように、基本となる式があってそれによってどういう運動をするかが計算されます。

しかし、経済学のグラフは、これとは全く意味が異なります。

◆質問1

市場にはいろいろな供給者がいます。
「オレんとこは、少しぐらい価格が安くなってもびくともしないぞ」
という企業もあれば、
「ええ、こんな安くちゃやっていけないよ。...続きを読む

Q現在の株価異常で利益を上げている企業や人は存在するのですか。

連日株価のことで多くの報道がなされていますが、誰でもひどいことになったと言って、逆に得をしたとか儲かったとか言っている人や企業が出てきません。しかし素人考えでは損をした人がいれば逆に得をした人がいるはずだと思うのですが、本当のところはどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

得をした・・・ですか.
サブプライムバブルで不動産投資をしてそこそこ儲けてバブルがはじける前に投資を打ち切った人は利益を得たともいえますね.

リーマンブラザーズの経営破綻に端を発した経済危機では儲けた人はこの世に誰もいませんね.今のところはですが
現在欧米の企業と比べて,それほど不利益を被らなかった日本の金融機関などは資金援助の形で海外の大手金融業社などの買収を始めています.買収と聞いて悪い印象を受けるかも知れませんが,野村証券が桁の違う企業であるリーマンブラザーズの株の大部分を握れたのもリーマンブラザーズからの援助要請があったらです.ヨーロッパの企業も失った資金をうめるために世界中の資金のある所へ融資を願い出ています.この援助をうまく利用すれば後々得を得ることができますが,利益が出るまで数年待たなくてはなりません.それよりまえに世界経済恐慌からなる世界大戦が起きれば全て御破算ですから,結局のところやはり”現在得をしている”ところはいない状態ですね.
ついでにいえば今東証が下がりまくっていますが,これはほとんど外国人が企業の傷を塞ぐために日本に温存していたお金を現金化しているために売られているわけで,日本企業への信頼がなくなったわけではありません.でも影響は凄まじく物流は滞りこのままいけば失われた10年に匹敵する恐慌に合う可能性は十分あります(それでも日本はましなほうですアイスランドは企業どころか国家が破綻しかけてます).
これは私ごとですが・・・こんな状態で総選挙としか言わないあの人達は頭がおかしいとしかいえません.イギリスの野党とは天と地です.

得をした・・・ですか.
サブプライムバブルで不動産投資をしてそこそこ儲けてバブルがはじける前に投資を打ち切った人は利益を得たともいえますね.

リーマンブラザーズの経営破綻に端を発した経済危機では儲けた人はこの世に誰もいませんね.今のところはですが
現在欧米の企業と比べて,それほど不利益を被らなかった日本の金融機関などは資金援助の形で海外の大手金融業社などの買収を始めています.買収と聞いて悪い印象を受けるかも知れませんが,野村証券が桁の違う企業であるリーマンブラザーズ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報