SSDは、物理的な故障に対する耐久性は非常に高く、書込みによる機能的な耐久性が低いと言われます。そこで、SSDにOS、オフィスを入れて、OSやオフィス、ブラウザなどのすべての一時書込みや保存の書込みをDドライブのHDに保存しようと考えてます。

インストール、アップデート以外の書込みをしないようにしたいわけです。そうすれば、書込みがないので、「半永久的に使える」のではないかと期待してます。しかも速い。さらに、HDの読込&書込が減るので、HDの寿命も長くなる(・・・のかな)。こういう考え方は、正しいのでしょうか?特に、半永久的に使えるという点です。

ちなみにHDは、毎日長時間使っているせいか、前回は5年くらいで、故障・交換しました。デスクトップPCです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

指摘の通りの使用方法であれば寿命は延びると思いますが


SSDのメリットを捨ててまですることではないと思います。

HDDよりランダムアクセスが速いSSDにテンポラリファイルを置くから
使用時に体感できる差が出てくるのだと思います。
HDDに移してしまえばテンポラリファイルへのアクセスが速くなりません。
移すのであれば、SSDより速いRAMDiskへ。

SSDに変えたけどOSの起動が少し速くなっただけと言っている人を
見かけることがありませんか?
そういう人はテンポラリファイルをHDDに移した人なんじゃないかな、と。
実際、私の周りにもいました。

SSDを使用するなら「寿命より速度重視」と割り切って使う。
メリットを打ち消すような使い方をするのであればHDDのままで
充分と私は考えます。
自分で作成するファイルはHDDに保存する程度で良いかと。

もっとも今売っている製品でまともなものであれば、普通に使っても
3年程度は何の問題もなく使えるんじゃないかと。
それ以上はデータが少なくて私にはよくわかりません。
理論上、HDDより寿命は長いと言われていますが。

私の友人がIntel X25-Mを使い始めてそろそろ2年半くらいになるかと
思いますが、普通に使用していて何の問題も起こっていません。

私の環境は寿命について言えるほどの期間使っていないので割愛します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。一時ファイルをHDに入れてしまったら遅くなってしまいますね。これでは意味がないですね。重要なポイントを見落としてました。

メインメモリを4Gくらいに大きくして、一時ファイルをそこにする、とかならいいのかな。

お礼日時:2011/04/16 16:00

SSDで使用されているメモリモジュールはUSBメモリーやデジカメや携帯電話で使用しているメモリカードと同じものです。


フラッシュメモリと呼ばれている物。

フラッシュメモリの寿命の要因になっているのが、電子を閉じ込めておくガラスの容器と電極を隔離・絶縁している膜。
この膜に高電圧をかけることによって閉じ込められている電子を読んだり置き換えたりしているんです。
※だからSRAM/DRAMとは根本的な構造が違います。

書きこまなければ寿命が伸びるというわけではありません。

電子を閉じ込めていると言っても自然消滅もあります。まったく使用しない状態で保管した場合で10年は持つと言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
自然消滅は怖いですね。

お礼日時:2011/04/16 15:06

半導体にも寿命があって、通電している状態では約10年が寿命でしょう。


強いものもありますが・・・・・

さらに立ち上げ、たち下げだけでも、やはり別のところでバックアップしたり、キャッシュしたりなど何かを行うたびに書き換えは起こっています。

したがって、寿命も熱を持ちにくい、非接触、回転しないというだけで、後はハードディスクと同じことが起こっているので、半永久はないとして、ハードディスクの約4~5倍程度とみておいて問題ないかと思います。

何かの組み込み系CPUみたいに一回書いたら書き換え行わないものでも、だいたい10年ほどでしょメーカが出している保障動作時間は。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さすがに半永久とはいかないですか。バックアップ、キャッシュなどの一時ファイルをDドライブに設定したハードディスクにさせることは無理なんですかね。

とはいえ、4倍使えたら、メリット大きいですね。もしこれによって、HDの負荷が減って、HDの寿命が2倍位に伸びたら経済的にもメリットありますね。

お礼日時:2011/04/15 07:44

SSDにしても寿命はあります、ソリッドステートメントドライブと今は呼ばれていますが、RAMなどと同じくシリコン系なので、約10万回以上書き込みのメーカ補償はないと思います。



後は半導体の耐久性がどのくらいあるかだけです。

0と1を何回繰り返したかですが、基本10万回以上の値を公表しているメーカはないと思います。

よってハードディスクみたいな接触型ではないだけで、セルがどのくらいON、OFFできるかなので、寿命も使う頻度で変わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。質問のような使い方の場合、書込みはインストールとアップデートの時のみになるのではないかと考えてるわけです。そうすると、10万回の書込み制限と言うのは、実質、半永久的に使えることを意味するのではないかということです。

他に、半導体の物理的な耐久性の問題ですが、これがどの程度かよく分かりません。

お礼日時:2011/04/15 03:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今後のSSDとHDD価格動向について

私はパソコンを高速化するためにSSDの導入を考えているものです。そこで今後のSSDの価格動向が気になったのでみなさんの意見をお聞きすることにしました。
私は250GBクラスのSSDを購入しようと思っていますがそれ以外の容量に関する意見でも構いません。HDDはタイの洪水で価格が上昇していますがいつ頃下がり始めるでしょうか。

Aベストアンサー

HDDは多くのモデルで2週連続で下がっています。
今後も順調に下がっていくかは不明というのが現状だとは思いますが
既に値下がりが始まっていると考えていいのでは?

HDDとは関係ありませんが、同様に被害を受けたトヨタが年内には再稼働すると
発表していたり、ニコンも11月中に排水作業の完了を予定しているようですし、
他の企業もそれよりも大幅に遅れるようなことは無いのではないでしょうか。

早ければ来年の3~4月、6月頃にはある程度価格も戻っているのではないでしょうか?

Qブロ-ドバンドルーターの耐久性と故障

早速ですが、現在バッファロー製のブロードバンドルーター、
BBR-4MG 有線タイプ を使用しておりますが、
1年も経たないうちに不具合を起こし繋がらなくなりました。
その前はアイオーデータ製のもの(型番は失念)も、
同じように数ヶ月で壊れ、現在のバッファロー製にした経緯があります。

以下、質問です。
1)
ブロードバンドルーター自体、寿命は短いのでしょうか。
確かに、価格の安いものを選びましたが、1年足らずで壊れてしまうほどのものなのでしょうか。

2)
お奨めのブロードバンドルーターはどれが良いでしょうか。
光接続の環境で、2台のパソコンとDVDレコーダーも繋ぎます。
壊れないもので、安価なものをお教え下さい。

蛇足:
保証期間内なので、メーカーへの問い合わせも考えていますが、その間繋がらないのも困るので、どうしようか迷っています。
その辺のアドバイスもありましたら、書き加えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

廉くて壊れにくいのは無いでしょう。

家庭用で経験上比較的調子いいのはLINKSYSですが、それでも五十歩百歩ですから、家庭用で安定しているというと、ヤマハのRT-57iあたりいかがでしょうか?

もし業務用であれば同じくヤマハのRTXシリーズやシスコなども視野に入れるべきでしょう。

http://www.linksys.co.jp/product/router/befsr41cv3/befsr41cv3.html

http://netvolante.jp/products/rt57i/

http://netvolante.jp/products/rtx1000/index.html

http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/product/hs/routers/c1812j/prodlit/1812j_ds.shtml

QSSDの価格について

SSDの価格について質問です。

「330 Series SSDSC2CT120A3K5」と「320 Series SSDSA2CW120G3K5」のスペックと価格を比較したところ下記のようになっておりました。
スペックは(1)の方が良いのに安い、しかも半分の価格というのは一体何故なのでしょうか?
純粋に疑問におもいます。
SATA 6GbpsとMLC NANDフラッシュメモリーという点が原因なのでしょうか?

どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです。
お願いいたします。
----------------------------------------------------------------------------------
(1)330 Series SSDSC2CT120A3K5
SATA 6Gbpsを採用したメインストリーム向けの2.5インチSSD

スペック
容量120 GBタイプ MLC
規格サイズ2.5インチインターフェイスSerial ATA 6Gb/s
読込速度500 MB/s書込速度450 MB/s
設置タイプ内蔵厚さ9.5 mm
1GBあたりの価格¥62.87


----------------------------------------------------------------------------------
(2)320 Series SSDSA2CW120G3K5
25nmプロセスのMLC NANDフラッシュメモリーを採用したメインストリーム向けSSD(2.5inch/120GB)
スペック
容量120 GBタイプ MLC
規格サイズ2.5インチインターフェイスSerial ATA
読込速度270 MB/s書込速度130 MB/s
設置タイプ内蔵厚さ9.5 mm
1GBあたりの価格¥132.25

SSDの価格について質問です。

「330 Series SSDSC2CT120A3K5」と「320 Series SSDSA2CW120G3K5」のスペックと価格を比較したところ下記のようになっておりました。
スペックは(1)の方が良いのに安い、しかも半分の価格というのは一体何故なのでしょうか?
純粋に疑問におもいます。
SATA 6GbpsとMLC NANDフラッシュメモリーという点が原因なのでしょうか?

どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです。
お願いいたします。
----------------------------------------------------------------...続きを読む

Aベストアンサー

はじめの質問については私もNo.1様と同様に思います。

No.1様へのお礼に書かれた件について。

330Seriesの「SATA 6Gbps」というのは
接続インターフェースの仕様ですよね。
旧製品の320Seriesの「SATA 3Gbps」に対して
「ここが進化しました」ということで
宣伝文句にしているのかと思います。

320Seriesの「25nmプロセス」というのは
半導体の上に素子を作るときの微細さを示します。
(330Seriesも25nmです)
微細になると高集積(同面積で大容量)と
低消費電力が期待出来ます。
旧製品の311Seriesの「34nmプロセス」に対して
「ここが進化しました」ということで
宣伝文句にしているのかと思います。

どちらも発売時点では価格的にも機能性能的にも
メインストリーム(主流製品)です。
(廉価製品でも高機能高性能製品でもなく標準的)
320Seriesは今となってはメインストリームとは言いがたいですが、
宣伝文句というのは当初のものが使われ続けたりしますので。

Qハードディスクの物理的故障からの復旧について

外付けのUSBハードディスクが壊れたようです。
IODATAのHDA-iU120という機種で、容量は120GBです。

電源を入れると、USBですので「ピポン!」と音がして
認識しようとするのですが、
「カラカラ」「カタンカタン」という、
いかにもヘッドが行きたい場所に行けないという感じの音がします。
明らかに物理的な故障だと思います。

HDのデータ復旧を業者に依頼すると、
100GBを超えると10万ぐらい取られるようです。
もっと安く回復してくれる方法は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんと重複しますが、HDDの開封修復作業までやって100GBを10万で復旧してくれるのであれば、はっきり言って激安です。

信頼できる会社でその値段だったらメモって掲示板に貼っておきます。

・・・というくらいの金額です(本当)ので、そのくらいの価値がある情報が入っているのでなければ、ダメモトでフリーのデータ復旧ツールを使ったほうがよいですよ。

なお、物理的に壊れた部分のあるHDDは、電源を入れている時間が長ければ長いほど、ヘッドを動かせば動かすほど、壊れた部分が増えていきます。データ復旧の可能性をちょっとでも増やしたいのであれば、データ復旧ツールを使用する「いざ本番」まで、そのHDDの電源は入れないほうがよいです。

Qノートパソコン SSDに代えたら高速化しますか? 価格コムで購入するとき注意点教えてください

ノートパソコン SSDに代えたら高速化しますか?
価格コムで購入する場合の注意点教えてください

寿命は短いのでしたか?HDDより

ウインドウ10でメモリは最低でも8GBは
あるものを購入したほういいですか?

Aベストアンサー

>ノートパソコン SSDに代えたら高速化しますか?
ノートに限らず、HDDからSSDに変えると高速になります。

>寿命は短いのでしたか?HDDより
全体的な耐久性はSSDの方が高いです。
しかし、SSDはHDDと違い、書き込み回数に制限があるので、書き込み続けているとHDDより早く寿命が来ます。

>ウインドウ10でメモリは最低でも8GBは
>あるものを購入したほういいですか?
用途によって変わります。
インターネットブラウジングやOfficeしか使わない程度であれば4GBあれば事足ります。

Q安定性、耐久性の高いUSBのハブがあれば教えてください。

USBを4つ、5つとPCに接続できるよう、USBのハブ(バッファロー BUFFALO BSH5U03BK [USB2.0ハブ 5ポートタイプ ブラック)を買ったのですが、買ってから1か月ほどしか経っていないのに、コンピューターの画面に接続したUSBが表示されたかと思うと、すぐに全部消えてしまう現象が頻繁に起こるようになりました。(全部、消えてからしばらく待つとまた表示されますが、その後も操作の途中で消えてしまったりして不安定です)

USBのハブの問題かどうかは定かではありませんが、安定性・耐久性の高いUSBのハブがあればお教えてください。現在、使っているものは①の商品ですが、差込口が完全に分かれているタイプのものの方が良いのでしょうか?

①http://www.yodobashi.com/%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AD%E3%83%BC-BUFFALO-BSH5U03BK-USB2-0%E3%83%8F%E3%83%96-5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/pd/100000001001400345/

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4-USB-HUB227BK-USB2-0%E3%83%8F%E3%83%96-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B000IB14NS

http://www.amazon.co.jp/dp/B001LF3HSK/ref=pd_lpo_sbs_dp_ss_3?pf_rd_p=187205609&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B000IB14NS&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=0XJBGVDJ8MNMZZJJN8KZ

http://www.amazon.co.jp/ELECOM-電源ケーブル-ACアダプタを4個つなげる-0-2m-T-ADR4BK/dp/B00B5LOOQO/ref=cm_cr_pr_product_top?ie=UTF8

USBを4つ、5つとPCに接続できるよう、USBのハブ(バッファロー BUFFALO BSH5U03BK [USB2.0ハブ 5ポートタイプ ブラック)を買ったのですが、買ってから1か月ほどしか経っていないのに、コンピューターの画面に接続したUSBが表示されたかと思うと、すぐに全部消えてしまう現象が頻繁に起こるようになりました。(全部、消えてからしばらく待つとまた表示されますが、その後も操作の途中で消えてしまったりして不安定です)

USBのハブの問題かどうかは定かではありませんが、安定性・耐久性の...続きを読む

Aベストアンサー

> いずれにしろ、消えるときは接続したUSBの中の1つ、2つではなく、すべてが消えてしまいます。

と言うことであれば、電源不足の可能性が最も濃いと思います。USBメモリでも、以下の製品などは最大消費電流が240mAもあり、こんなものを3つつなげたらもうUSB規格の上限500mAを余裕で超えてしまいます。

http://goo.gl/PlPrfL

ここまで食わないとしても、1つで100mAくらいのものが普通なので、100mAが5つだと規格ぎりぎりいっぱいだし、そもそも500mAの中にはUSBハブが消費する分も含まれているから、5つは無理だという計算になります。

なので対策としては、ACアダプタを接続できるハブを使うことになるでしょう。USB3.0からは供給量上限が900mAまで拡大したため、USB3.0なら足りますが、それでも240mAのを持ってこられたら無理だから、やっぱりACアダプタが安全ですね。

耐久性と言えば、USBのコネクタ部分の耐久性も部品のグレードによりさまざまです。規格上では抜き差し1500回までは支障なく使えることと決まっていますが、毎日何度も使っていれば1500回なんてすぐに到達しちゃうでしょう。耐久性が高い部品は高価ですが、明確に高耐久性をうたっている製品じゃなければ高価なハブ=高耐久性とは限らないため、いっそ安い物を複数買っておいて壊れたら取り替え、みたいな運用の方が良いなんてことも十分あり得ます。

> いずれにしろ、消えるときは接続したUSBの中の1つ、2つではなく、すべてが消えてしまいます。

と言うことであれば、電源不足の可能性が最も濃いと思います。USBメモリでも、以下の製品などは最大消費電流が240mAもあり、こんなものを3つつなげたらもうUSB規格の上限500mAを余裕で超えてしまいます。

http://goo.gl/PlPrfL

ここまで食わないとしても、1つで100mAくらいのものが普通なので、100mAが5つだと規格ぎりぎりいっぱいだし、そもそも500mAの中にはUSBハブが消費する分も含まれているから、5つは無理...続きを読む

QSSDの価格差と信頼性の関係

HDDの場合は統計で価格の高低によって信頼性は変わらないとされてるようですがSSDの場合はどうなんでしょうか。衝撃に強い、とか消費電力が少ない、とか寿命に達するとリードオンリーになる、とかは高価なものやブランド品に限定されたメリットでしょうか?

Aベストアンサー

SSDはHDDほど歴史がないので、寿命に関しては確定的なものはありません。ただ、SLCタイプは高価だけど寿命は長く、MLCタイプは安価だが寿命は短いという分け方はあります。値段もSLCとMLCでは2倍以上違いますし、一般的に流通しているのはMLCタイプばかりです。SLCは大量アクセスが多いサーバや法人向けNAS用などにすみ分けてますね。

MLCタイプで容量、アクセス速度(ベンチマーク)が同じならばそれほど価格差はありません。極端に高い場合は単に価格の改定を行わなかったか、古いままの値段というだけでしょう。また、新しいものはスペックが同じでも幾分高いものです(しばらくすると値落ちして同じような値段になります)

値段がいきなり高い場合はSLCタイプの場合もありますのでスペックを確認しましょう。SLCタイプは理論値でMLCタイプの10倍の寿命といわれています。MLCタイプでも個人用途では数年つかえても、アクセス回数が莫大な業務用サーバ(個人用途では数分に数回でも、業務用DBサーバなら1秒間に数千回以上はざらです)では1~2か月という検証結果(あくまでアクセス回数による換算でSSDで実地検証したわけではないようです)もあります。

値段差はブランドにおける信頼性(SSDにも初期不良・外れ品はありますから)や様々な付加機能でしょうけど、SSDの仕組み自体を変える画期的な機能はまだなかったはずです。ソフト制御で、アクセスが集中する場所を分散させて寿命を少しでも長くする程度でしょうか。

SSDはHDDほど歴史がないので、寿命に関しては確定的なものはありません。ただ、SLCタイプは高価だけど寿命は長く、MLCタイプは安価だが寿命は短いという分け方はあります。値段もSLCとMLCでは2倍以上違いますし、一般的に流通しているのはMLCタイプばかりです。SLCは大量アクセスが多いサーバや法人向けNAS用などにすみ分けてますね。

MLCタイプで容量、アクセス速度(ベンチマーク)が同じならばそれほど価格差はありません。極端に高い場合は単に価格の改定を行わなかったか、古いままの値段というだけでしょ...続きを読む

QDVDドライブが故障しました、書込み性能に優れたお勧めの中付けドライブを教えて下さい。

現在使っている ND-3500AG が再び故障しました。
分解しレンズを無水エタノールで磨きましたがへたれたまま復活せず、
使えるならもう少し使いたいと考えていますが他に試してみる事はありますか?
(こちらは質問本件とは関係ないので無視していただいても結構です)

新しいドライブの購入を考えております。

書込み性能に優れたドライブをご教授いただけると幸いです。
ドライブの最高書込み速度は問いません。
DVD-Rに対しての書込みが可能であればその他の対応メディアは問いません。
予算は送料込みで5000~6000程度を考えております。(予算は多少オーバーしても構いません)
メーカーだけではなく出来れば具体的な製品名をお願いします。

これからベンチマーク結果を載せているサイトなども調べてみるつもりですが
皆さんの意見も聞こうと思いまして、お答えいただけると幸いです、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

やはりパイオニアかNEC、その次にLGでしょうか・・・

Q【今後】 SSDの性能向上、価格下落は?

はじめまして。
現在、サブで使用しているレッツノートR3のHDDをSSDに
換装してみようかと思案中です。
(SATAでなくIDEインターフェイスです)

ただ、現状の製品ではプチフリや、書き込みの遅さなどの
問題もあるようですね。
雑誌等の情報では、今年度中にはそれらの問題も解決して
さらに高速化された製品が登場するであろうと。
しかも、価格相場も下落して安価で入手できるかも。

そう考えると、今はまだ「待ち」の状態かなと思いますが
PC関連に詳しい方のご意見をお伺いしたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

SSDって今一番値下がりの激しいパーツで、おそらく年の単位でこの状況が続くと思います。今からそんな心配をしているようでは、夏まで待って安くなっても値下がりが止まらない、どうせここまで待ったんだし、さらに冬まで待てば…の無限ループに陥るさまが目に浮かびます。

待って安く買うことも重要でしょうが、PCのアップグレード機会を逸してしまうことも考えるべきと思います。PATA接続の製品が見あたらなくなる状況も考えておくべきかも知れません。高速品になればなるほど、SATA接続になるでしょうから。それにもし一年待てば、うっかりするとPCごと変えちゃえなんてことになりませんか?

とは言え、今のSSDには問題がある製品が存在することも事実ではあるため、急いでいないのなら、夏まで待って決断するのも悪くないとは思います。でもそこで決断できない場合は、おそらくもうそのPC用としては買わない予感がしますよ。

Q書込みエラー防止機能付きCD-RWについて

以前のCD-RWは、書き込み中に部屋の電気スイッチをONOFFするだけで、書き込みに失敗すると聞きました。

最近の製品には、書込みエラー防止機能が付いていて、PCで作業しながら書き込みが出来ると書いて有りました。

新たにCD-RWの購入を考えているのですが、実際にPC作業をしながら問題なく書き込みが出来るのでしょうか?

経験者の方の、使用感想等をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

今はどの機種でもバッファアンダーラン防止機能(メーカーによって名前が色々あります)がついているうえ、PC側のスペックも上がっているので特に高負荷の処理をしない限り並行に作業しても問題ありません。


人気Q&Aランキング