ハローワークの求人に「三年以上の経験者」と必要な経験等と記載があります。会社によって違いはあると思いますが、一般的に、三年以上の経験者とはどういうことができる人をいうのでしょうか?というのも、三年以上の経験者でも、会社は営業なら一人で直ぐに全てできる人を求めていて、結局破談になったと聞きました。よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>ハローワークの求人に「三年以上の経験者」と必要な経験等と記載があります



会社により、3年とか未経験可とかありますよね。
これは、その会社の人事担当者の人が、その担当者自身の経験や知識から、何年くらいあればうちの会社で雇えるだろう。というおおよその目見当で設定しているものです。確固たる基準はない。このように思います。
だから、同じ職種でも、ちがってきます。

>一般的に、三年以上の経験者とはどういうことができる人をいうのでしょうか?

求人票をみて、そこでどんな業務をするのかですかね。ひととおりなのか、最低限の知識でよいのか。
なにを要求されているのかは、個別の検討になるでしょう。

まえの方もおっしゃていますが、職種によりけりでしょう。

公的な資格のからみで設定しているかもしれませんし。


>三年以上の経験者でも、会社は営業なら一人で直ぐに全てできる人を求めていて、

営業の仕事は、しゃべって売る・契約する ことなので、その段取りや接触の仕方などが、自分で自己完結できることではないでしょうか。
こまかい社内でのルールや慣習があるでしょうから、郷に入っては従えで、柔軟に対応していけばいいわけで。
また、商品知識は入社してから覚えても間に合いますから。
    • good
    • 0

あくまで参考マデ。



 厳密な定義などはないと思います。会社によって違うでしょう。

 私がイメージするのは、イチイチ指示せずともやるべきことを理解してわからない場合のみ指示を仰ぎ、イチイチ言わなくても報告・連絡・相談をするくらいの人ではないでしょうか。経験があるということはあまり手のかからない人だと思います。
    • good
    • 0

「石の上にも三年」ってことわざがあります。


三年間も石の上に座ってれば、石もあったかくなる。
三年間頑張ってれば、何かしらの実績は残るとかって意味で、

> 三年以上の経験者でも、会社は営業なら一人で直ぐに全てできる人を求めていて、

そういう事で、ある程度の実績、能力や業務経験が求められているんだと思います。

その業種固有の用語や作業手順なんかは直ちに分からないにしても、一通り引き継ぎを行えば、一応の戦力として使えるとか。
    • good
    • 0

職種によって大きく異なります。


質問の仕方をしっかりと工夫すべきです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q代表者の意味について…

以下の文章で「代表者」とありますが、それは「取締役」と同じ意味になるのですか?

「株式会社ABCの代表者をT氏とした.」または「株式会社ABCの代表者をT氏に組織変更を実施した.」

こ の場合、その会社の取締役の事を意味しているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般に、
代表者 ⊆ 取締役
ですから(取締役からなる集合の方が
代表者からなる集合よりも大きいか等しい)、
その会社に取締役が1人しかいなければ

>「代表者」とありますが、それは「取締役」と同じ意味になるのですか?

これは正しいと思います。

取締役が複数存在する会社では、
その人たちの中から代表者(代表取締役社長とか代表取締役会長とか)を
定めることが一般的でありましょう。

Qハローワーク求人について、若年者等、中高年齢者トライアル雇用併用求人

ハローワークの求人に応募しようと思っていますが、
若年者、中高年齢者トライアル雇用併用求人ですが
この場合、通常応募と若年者、中高年齢者トライアル
では採用に差がでますが、それとも公平でしょうか?

Aベストアンサー

「若年者、中高年齢者トライアル雇用併用求人」とは、平たく言えば、就職が決らない40歳未満の若年、及び45歳以上の中高年齢の求職者を、トライアル的に短期間(原則3ヶ月)雇用し、その期間中は政府が給料の一部を負担する形で、雇用安定化を促進させようとする試みです。

対象者は、
 ■ 45歳以上の中高年齢者(原則として雇用保険受給資格者又は被保険者資格の喪失日の前日から起算して1年前の日から当該喪失日までの間に被保険者であった期間が6か月以上あった者)
 ■ 40歳未満の若年者等
 ■ 母子家庭の母等
 ■ 季節労働者(厚生労働大臣が指定する地域・業種に従事する者であって、各年度の10月1日以降に特例受給資格者として離職した65歳未満の者)
 ■ 中国残留邦人等永住帰国者
 ■ 障害者
 ■ 日雇労働者・住居喪失不安定就労者・ホームレス
などです(下記参照URLより抜粋)。

~参照URL~
 ■ トライアル雇用【厚生省】: http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/c02-1.html
 ■ 試行雇用奨励金【厚生省】: http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/pdf/10.pdf
(この資料では、若年者の定義を35歳、中高年齢者を45~65歳としていますが、H20年12月1日から改定されています)


この施策を利用するかしないかは、企業側の判断に委ねられるので、デメリットがあるとすれば、若年者にも中高年齢者にも当て嵌まらない40歳~44歳が微妙なポジションの方々に対して適用外のため、企業側は一時的な補填(奨励金)を手にすることがでしょうか。

企業の財政状況、その企業の離職率、企業の年齢構成など、色々な要因があると思います。個人的には、最終的な候補者が二人おり、評価結果が全てにおいて同一であるが年齢だけが異なる場合、当該施行対象の年齢層の方が有利だと思います。
しかしながら、上記の様な例は稀であり、実際には、企業の将来を見据えた人材を採用されるので、求職者次第だと思います(つまり、公平だと思います)。

「若年者、中高年齢者トライアル雇用併用求人」とは、平たく言えば、就職が決らない40歳未満の若年、及び45歳以上の中高年齢の求職者を、トライアル的に短期間(原則3ヶ月)雇用し、その期間中は政府が給料の一部を負担する形で、雇用安定化を促進させようとする試みです。

対象者は、
 ■ 45歳以上の中高年齢者(原則として雇用保険受給資格者又は被保険者資格の喪失日の前日から起算して1年前の日から当該喪失日までの間に被保険者であった期間が6か月以上あった者)
 ■ 40歳未満の若年者等
...続きを読む

Q言葉の意味としての”障害者”、”邪魔物”

おはようございます。 
ふと、疑問に思ったことがあります。
 
”障害者”という言葉は、身体障害者や知的障害者のこと(方?)を意味するようです。 
しかし、漢字でみると障害者=障害となる者=邪魔者という意味にも感じ取れました。 
 
障害者を邪魔者と置き換えて使うのは用法として間違いなのでしょうか?
 
者を物に変えると、障害物、障害となる物、邪魔物です。 
障害者(身体障害者など)と障害物(障害物リレーなど)では対象となるものが違う気がします。 
 
また、障害物=邪魔物っておかしいでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
面白い発想ですね。
私も小中学生の頃、同じようなことを考えたことがあったような気がします。

>>>障害物=邪魔物っておかしいでしょうか?

おかしいです。

その論理でいくと、世の中の言葉には違う意味に取れる言葉はたくさんありますから、事件です。

たとえば・・・
・読書 = 読み書き
・亡命 = 死ぬこと
・早世 = 早く世に出ること、早く出世すること
・父兄 = お父さんとお兄さん
・物色 = 物体の色


以上、ご参考になりましたら。

Q就活中で今日ハローワークの紹介状等の応募書類入れて求人依頼の会社に郵送しましたが

就活中で今日ハローワークの紹介状等の応募書類入れて求人依頼の会社に郵送しましたが
しかし!その会社はに選考結果「20日後・書類到着後10日」と返事の期間意味が分かりかねますが・・
 最大20日とした場合長すぎます・・それで、現在、他にも気に入っている会社があり、いまのところ「ハローワー紹介状」はいらないみたいです。
 なので、その会社の求人の申し込みをする場合・・実は「二股かけています。」
とは言えないですよね・・・本命の会社から20日後不採用の通知が来た場合20日間が無駄
になり、かなりの損失です・・・
どうしたらいいでしょうか・・・よろし個お願いいたします。

Aベストアンサー

企業によっては、普通の仕事と人事を掛け持ちでしている所もあります。
書類到着後10日は、その間に選考すると言う事です。新入社員を取るときは、履歴書等を重役に見せて
稟議にかけます。そして、この人ならと思う人をピックアップして面接、筆記試験の案内を出します。
ですから、大きな企業によってはそれくらいかかります。(希望人員もおおいですから)
企業としては、二股かけても何とも思いません、二股かけるのは当然と言う考えですから。
どうしてもその企業に入りたければ20日間は無駄ですが、待たないと仕方ないですね。

Q既婚者男性又は文章力又は心理学関係の方に質問です。この文章の意味が良く

既婚者男性又は文章力又は心理学関係の方に質問です。この文章の意味が良く分りません。どういう意味ですか?

タイトルは「気抜け」ですが

『私が結婚して以来、16年という歳月が流れているのに燃え尽き感が 抜けないのです』

彼(既婚者)からのメールなのですが、どういう意味なのかよくわかりません。
ちょっと本人にも聞き辛く(私の立場として)、良い意味なのか?悪い意味なのか?
どういう意味・または心理なのでしょうか?

私達の今後の事に関わる・・・かもしれない内容なので よろしくお願します。

Aベストアンサー

社会科学系が得意なおっさんです。

質問者様が悩むのも当然で、良い意味にも悪い意味にも解釈が可能な文章ですね。

「燃え尽き感」と言う言葉の誤用(?)と、短い文章の中に、「流れているのに」(逆接)と「抜けない」(否定)と言う、反語的な表現を繰り返した結果、極めて判りにくい文章になっています。

反語表現を減らし、文字通り普通に解釈すれば、下記の様な文章です。
「私が結婚して以来、16年という歳月が流れていますけど、未だに達成感・充実感が継続しているのです。」
これを意訳すれば、「私は未だに奥さんにゾッコン!」と言う様な文章です。

しかし、タイトルが「気抜け」でしょ?
上の文章解釈と正反対の印象になってしまいます。
おまけに、上の様な理解をすれば、質問者様にとっては意味不明と言うコトですよね?

この2点から考えますと、普通は「燃え尽き感」と言うのは、上記の様に「達成感」などと理解すべきかと思いますが、そうでは無く「不完全燃焼」みたいな、ネガティブな意味合いで使用している様な気がします。
即ち、「燃え尽き感」という言葉の一般的な用法に対しては、誤用と言うコトになってしまいますが。

もしそうであれば、
「私が結婚して以来、16年という歳月が流れているにも関わらず、不完全燃焼の様な状態が継続しているのです。」
となりますね。
即ち、「私は奥さんに16年間ず~っと、満たされていない気持ちだ」と言うことになります。

質問者様がしっくり来る方で解釈して戴くか、あるいは、直接的に意図を聞かなくても、「燃え尽き感って、具体的にはどういうコト?」等、ソコだけ問い合わをせすれば、『燃え尽き感』を、ポジティブに使用しているのか、ネガティブに使用しているのかが判りますので、相手の意図・真意の特定が可能かとは思いますヨ。

この文章から予想が出来る心理は、このメールは相手に伝わりにくい文章ですから、発信者さんの頭の中が、かなり「こんがらがった状態」で作成されたのかな?くらいです。
あるいは心理では無いですが、失礼ながら、やや言語能力・言語感覚に、若干の問題があるのかも知れません。

社会科学系が得意なおっさんです。

質問者様が悩むのも当然で、良い意味にも悪い意味にも解釈が可能な文章ですね。

「燃え尽き感」と言う言葉の誤用(?)と、短い文章の中に、「流れているのに」(逆接)と「抜けない」(否定)と言う、反語的な表現を繰り返した結果、極めて判りにくい文章になっています。

反語表現を減らし、文字通り普通に解釈すれば、下記の様な文章です。
「私が結婚して以来、16年という歳月が流れていますけど、未だに達成感・充実感が継続しているのです。」
これを意訳すれば、「...続きを読む

Qハローワークの求人票記載の応募書類

お世話になります。
昨日初めてハローワークを利用し、いくつか求人票をもらいました。
気になる数社に応募することにしたのですが、本命の一社以外は
応募に必要な書類として履歴書と職務経歴書の2点があります。
朝一で郵便局へ行くつもりですが、ミスはしたくはありません。
記載されている書類以外は送らない方がいいでしょうか?
また、何か挨拶文などは添えた方がいいでしょうか?

ハロワを利用して就職したことのある知人と昨晩話すことがあって、
挨拶文などナシに書類だけで構わないと言っていました。
実際人事の方は挨拶文などの手紙を付いているか付いていないか
気になさるものでしょうか?

ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

あぁ・・・
もう書類を提出された後かも知れませんね。
でも、今後の参考の為に私の意見を書かせていただきますね。

ご友人の方は、挨拶文(送付状といいます)はいらないとおっしゃった
との事ですが、これはビジネスマナーの一つです。
「履歴書」と「職務経歴書」を郵送する場合は「送付状」もセット
で郵送するのが通常です。

企業によっては、送付状がないだけでビジネスマナーがない人と
とらわれるかも知れません。
ただ、中小企業や人事担当者にそういった知識がない方は
特に気にとめないかも知れませんが、今後は送付状を同封するべきです。

私が転職活動の時に書類を送った方法は、
送付状・履歴書・職務経歴書・紹介状等の順にクリアファイルに
入れ、クリアファイルが入る封筒で郵送しました。

Q教えて!gooの質問投稿者/回答者の、IDの前の 顔の表示の色は何か意味がありますか❓

教えて!gooの質問投稿者/回答者の、IDの前の
顔の表示の色は何か意味がありますか❓

Aベストアンサー

>教えて!gooの質問投稿者/回答者の、IDの前の
>顔の表示の色は何か意味がありますか❓
意味はありません。
表示される顔の色はランダムで決められているみたいで、
自分自身で顔の色を変更することはできません。

もし気に入らない色になってしまった、とかであれば、
マイページの編集で何かしらのプロフィール画像にするくらいしかないですね。

Qハローワークの求人カードの不明な点と、2つの求人のうちどちらの求人が良

ハローワークの求人カードの不明な点と、2つの求人のうちどちらの求人が良いのかについて。

ひとつの求人が、雇用期間の欄が『臨時(4ヶ月以上)22年9月1日~23年3月31日』と記載されていて、更新ありという記載が無い場合、来年の3月31日までの雇用という意味なのかわからない。
また、こちらは退職金や育児休暇や再雇用有となっていますが臨時でも適用されるのでしょうか?
それとも正社員の場合はという意味で書いてるものなんでしょうか。
この求人での不明な点は以上の2つです。
給料はもう一つの求人よりいいです。賞与の欄も年2回3か月分と数字の記載があります。


もう一つの求人が、正社員の常雇となっていますが退職金や育児休暇や賞与の欄は空欄で給料も上の↑求人よりだいぶ低いんです。この求人の不明な点は、退職金や育児休暇や賞与の欄が空欄でも入社してみたら有る場合もあるのかということです。

どちらも勤務時間は同じです。
どちらに応募しようか迷っています。


この二つの求人の不明な点と、どちらが安定していて安心して長く働いていけるように見えますか?
意見を聞かせてください。

ハローワークの求人カードの不明な点と、2つの求人のうちどちらの求人が良いのかについて。

ひとつの求人が、雇用期間の欄が『臨時(4ヶ月以上)22年9月1日~23年3月31日』と記載されていて、更新ありという記載が無い場合、来年の3月31日までの雇用という意味なのかわからない。
また、こちらは退職金や育児休暇や再雇用有となっていますが臨時でも適用されるのでしょうか?
それとも正社員の場合はという意味で書いてるものなんでしょうか。
この求人での不明な点は以上の2つです。
給料はもう一つの求人よりい...続きを読む

Aベストアンサー

>臨時(4ヶ月以上)22年9月1日~23年3月31日
 ・基本的に上記の期間の雇用
 ・それ以後更新があるかないかはケースバイケース・・現時点では不明
>退職金や育児休暇や再雇用有となっていますが
 ・会社として、その様な制度があります・・の意味
 ・臨時雇用の方に適用されるかどうかは、また別の問題・・会社の規約による

>正社員の常雇となっていますが退職金や育児休暇や賞与の欄は空欄で
 ・その様な制度がないという事
 ・求人する上では、有利な制度は記入する物(前述の臨時の場合がそう)
  あえて記入していないのは、その様な制度、実績がないから

Q「経験者」の意味

 いつもお世話になっております。「教えて!goo」の回答欄の「どんな人:」のところに、「経験者」と書いてありましたら、どう意味なんでしょうか。
 質問者に質問されたことを身をもって経験したことがある人それとも質問者に質問された分野の知識に詳しい人という意味なんでしょうか。
 日本語を何年間も勉強していますが、まだまだ文章がうまく書けません。質問文の中で不自然な表現がありましたら、それも併せて指摘していただければ助かります。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「経験者」は、

・給与応談、経験者優遇します!
・△△の経験者募集

など、技能系人材の雇用条件によく使われています。
経験者と似た言葉に「体験者」があります。どう違うのでしょうか。

体験者 = その人個人の経験した内容そのものに焦点がある場合
経験者 = その人が経験を通して得た応用のきく知識・技術に焦点がある場合

戦争体験者という言い方はよく聞きますが、この場合は通常、その方からは体験談を聞くだけであって、戦争についての問題を考えてもらったりすることは含まれません。戦争経験者という言い方はあまり聞きませんが、もしこの語が、戦争体験者と対置して用いられたのだとしたら、戦争に役に立つ技能をその人から教えてもらおうという意味になります。

ということで、読んで字の如くの「経験シタコトノアル者」は、むしろ体験者という感じです。
経験者は「知識・技術の提供者」で、字面以上の意味をもつ言葉として使われているようです。ただし、常にそうかというとそうでもなく、単に体験者としての意味で使われることもあります。「買い物に出掛けて財布を忘れたことのある人、はい、経験者の方、手をあげて」というように。
以上が「経験者」の一般的な意味です。


ご質問の「教えて!goo」での用法はと言いますと、Q&Aサイトでこのような分類を設けているケースは、私の知る限り(それは本当に狭い範囲ですが)の他所では見たことがないし、当サイトさんの独自なスタイルではないでしょうか。つまり、一般的な解釈というものがないということです。もしかしたら、サイト運営側がどこかに定義めいたものを置いているかもしれないですね。(私は関心ありませんので、そこは調べていません)

それで、結局どちらなのかといえば、「当該分野の知識に詳しい人」寄りのことでしょう。
(あるいは、カテゴリーが、教育系のときは専門家を、生活・娯楽系のときは経験者を、と各々の自主管理で使い分けるものかな?)

---

> 質問文の中で不自然な表現がありましたら

・「経験者」と書いてありましたら、どう意味なんでしょうか。
たらの辺りが不自然です。「ありますが、どう意味なんでしょうか。」です。
他には「~とありますが、~と書かれて(い)ますが、~書いて(あり)ますが」。
過去にしようとしたのかなと予測しますが、書いた時ではなく、今もあるから現在で言うのかな。今はなくなったが、以前はそうだったという本当に過去のことをいう場合は、
「(~ありましたが、)~いましたが、どういう意味だったのでしょうか」になります。

・質問者に…(中略)…なんでしょうか。
読点がなくて読み辛いです。それと、文が「A、それとも、Bという意味なのでしょうか」となっています。「それとも」の両側がつりあっていません。
「Aという意味なのでしょうか、それともBという意味なのでしょうか」
「Aという意味なのか、それとも、Bという意味なのか、どちらなのでしょうか」
「Aなのか、それとも、Bなのか、どちらの意味なのでしょうか」
「Aなのか、それともBなのか、(或いは他に……一体これは)どういう意味なのでしょうか」
とかが定型です。

「経験者」は、

・給与応談、経験者優遇します!
・△△の経験者募集

など、技能系人材の雇用条件によく使われています。
経験者と似た言葉に「体験者」があります。どう違うのでしょうか。

体験者 = その人個人の経験した内容そのものに焦点がある場合
経験者 = その人が経験を通して得た応用のきく知識・技術に焦点がある場合

戦争体験者という言い方はよく聞きますが、この場合は通常、その方からは体験談を聞くだけであって、戦争についての問題を考えてもらったりすることは含まれません。戦...続きを読む

Qハローワークの求人でいつも同じ会社が募集している

ある法律系の資格をとるために、それ系の個人事務所に転職しようと思っています。
ハローワークを夏ごろから見てるのですが、いつも同じ事務所しか載っていなく11月の今の時期になってもずっと掲載しています。
これは、法律系の事務所だからいわゆる普通の企業とは違うので人が入ってこない、その事務所自体に何かしらの問題があるので人が入ってもすぐ辞める、若しくは最初から人を採る気がない、どれかだと思うのですがみなさんはどう思いますか?
ちなみにハローワークをネットで見ると会社名を公開しているとこと公開していないとこがありますが、やはり公開していないとこのほうがいわゆるブラック企業が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

私が経験した事を元に書きます。
ハローワークの求人でいつも同じ会社が募集している理由として、
(1)労働環境が劣悪、最初の時と条件が違うなど何らかの理由により
 その会社の離職率が非常に高い
(2)行政指導が入るなどダークな事をしているか何らかの理由で応募
 してくる求職者が少ない
(3)応募者は多数いるのですが、採用側が妥協できず、結局応募者全員を
 不採用にする
 (こういう会社はハローワークの職員にどういう基準で採用してるのか
  我々としても理解できないと言われますが)

(1)もしくは行政指導が入るような職場は気をつけておいた方がいいと
思います。
あとネットで会社名を公開・非公開かどうかで、ブラック企業かどうか決めるのはリスキーです。
理由として非常に優良企業でありながら会社の都合により意図的に
非公開としている会社があります。
(少なくとも私の職場の取引先の会社でそういう会社があります)

あくまで参考にしておいてください。


人気Q&Aランキング