融資を受ける際に必要な「創業計画書」を作成しておりますが、
画像の赤い部分の「資本金」で質問があります。

私は、今年平成23年3月1日に個人事業主として開業した映像制作者です。
開業前(平成20年など)に購入した三脚やカメラなどの機材があるのですが、
これらの機材を資本金に含めることはできるのでしょうか?

そもそも機材を資本金として考えることはできないのでしょうか?

また、赤い部分「資本金」の隣に、意味不明な「会社設立(予定)の場合」とあるため、
余計にわからなくなっています。

どうぞよろしくお願いします。

「融資の際の資本金について(個人事業主)」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

"会社設立の場合は"とあるわけですから、法人設立の予定がないのですからければ空欄で問題ありません。


ちなみにこれから会社を設立されるのであれば、時期によるかもしれませんが開業前に購入した機材等は普通、資本金には含められないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、了解です。ありがとうございます !

お礼日時:2011/04/23 00:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資本金の減額(減資)について

資本金の減額(減資)について

利益剰余金の合計(=利益準備金や別途積立金や繰越利益剰余金の合計)
がマイナスでは無い場合、
欠損は無いといってよいのでしょうか?

欠損がない場合でも、
資本金の減額(減資)は出来るのでしょうか?


欠損が無く、
以下の2つ(不等号)の場合、減資可能というか、
関係ないでしょうか?
・利益剰余金の合計>資本金
・利益剰余金の合計<資本金

Aベストアンサー

>(利益剰余金合計はプラスであっても)
繰り越し利益剰余金がマイナスの場合は、そちらへ組み入れる事も可能なのですか?

利益剰余金合計はプラスということは、別途積立金とか配当平均積立金とかの残があるということでしょうね。

この場合はまず積立金を取り崩し、繰越利益を相殺します。それでも繰越欠損金が消えない場合は、まず普通は資本剰余金を取り崩し、次に減資という順序でしょう。これが無難な方法ですが、会社法では株主総会で決議すればいきなり減資もできますという話です。

Q個人事業主 マイホーム購入 ローン審査夫が建築系の個人事業主になって2年目になります。年収300

個人事業主 マイホーム購入 ローン審査

夫が建築系の個人事業主になって2年目になります。年収300万、去年は確定申告の時に、領収書を確定申告に出して税金を安くすむようにしています。
そこで質問なのですが、
2017年にマイホーム購入を考えています。
今年も3月に確定申告をする予定なのですがその時に、領収書を確定申告に出さない方が、マイホームを建てる時借りられるお金やローン審査が通りやすいと聞いたのですが、やはり税金は去年より払う事になるけどローン審査を通る為には領収書を切らずに年収だけ出す方がいいのでしょうか??

ローン審査が通るのであれば
フラットでもJAでもいいのですが。。
素人過ぎる質問すみません。分かる方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 税金を安くすむようにしています。
つまり、収入を少なくしているという事。

3000万円を借りたいという人が3人居て、それぞれの年収が1000万円・500万円・300万円とします。

誰が問題なく返せそうで、誰が一番返せない可能性が高いかを考えると、年収が多い方が返してくれる可能性が高いと思うのが普通の事になります。

> 借りられるお金やローン審査が通りやすいと聞いた
上記を考えればそのとおりと思いません?
質問者がどう思うかは関係なく、一般的にそうなっているのですね。

なので、ローンを考えるなら、収入額が多くなるようにしたほうが通りやすいです。

Q株式会社の資本金の減資について

株式会社の資本金を減資して、減資額を資本剰余金に振替えることは会社にとってなにがメリットになりますか 

Aベストアンサー

>資本金を減資して、減資額を資本剰余金に振替えることは会社にとってなにがメリットになりますか 

<メリットの一例>
 ○欠損金の補填のために資本金を取り崩す場合
   減資をおこなうと、資本の欠損の填補によって余剰金の配当が可能となります
   (会社に対する新たな出資の誘因となり、資金調達がしやすくなります)
 ご質問のような、名目上の減資(無償減資)の場合は欠損金を補填する(赤字が
 見えなくなる)メリットが一番大きいと思われます。
 もしも欠損金が無いのであれば、特段のメリットは思いつきません。

このほかに、減資により資本金が1億円以下となると、交際費の一部が損金と
して認容されます。

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/sy200430/200430l.htm

例 資本金1億円以下の会社が、400万円の交際費を使用した場合は、
    400万円×90%=360万円 が損金となります。
   税率を仮に40%とするならば、144万円税金が少なくなります。
   (資本金1億円以上の会社との比較)

>資本金を減資して、減資額を資本剰余金に振替えることは会社にとってなにがメリットになりますか 

<メリットの一例>
 ○欠損金の補填のために資本金を取り崩す場合
   減資をおこなうと、資本の欠損の填補によって余剰金の配当が可能となります
   (会社に対する新たな出資の誘因となり、資金調達がしやすくなります)
 ご質問のような、名目上の減資(無償減資)の場合は欠損金を補填する(赤字が
 見えなくなる)メリットが一番大きいと思われます。
 もしも欠損金が無いのであれば、特...続きを読む

Q創業融資において、日本政策金融公庫(国金)と信用保証付きの融資制度を同

創業融資において、日本政策金融公庫(国金)と信用保証付きの融資制度を同時申請できる(結構やってらっしゃる方は多いとか?)との事ですが、同時“申請”はできても、もし両方から許可が下りた場合はどうなるのでしょう?
例えば必要資金500万円として、念のため両方に500万円の申請をしてそれが認められれば計1000万円借りちゃうことになるのですが。
この場合
1)素直に両方から借りて、予定通り返済していく。
2)審査が降りるまで両機関の間に多少の時間差があると仮定して、先に1つが認められた場合、もう1つのほうは何かしら理由をつけて断る。

のどちらかになるのかなと思うのですが、どちらがいいんでしょう??
両方から借りた場合、いずれ決算書か何かでバレそうですし、断るにしても担当者もしくは担当機関の印象を悪くして、今後の融資に影響を及ぼすとかあるのでしょうか??

よろしければお教えください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

NO2の補足です。

申し込み段階で、2つに申し込むと言うのは、
経営者のリスクヘッジとして重要なことです。

正直、担当者への印象はよくありませんが。


実際に2つ融資がおりることになれば、
保証付き融資制度は決算書を提出しなければならないので、
分かってしまいます。

それほど大きな問題にはならないと思います。

私は政策公庫で500万円融資を受けましたが、
1年以内に都の保証付き制度融資から融資を問題なく受けました。


政策公庫の担当者も制度融資の方も、
融資を実行するとう成果を求めているのも事実です。
サラリーマンですから。

Q資本金の無償減資の科目

現在の資本金1億2千万円から1億円に減資することを検討しています(外形標準課税が非課税になるように)。
仕訳ですが、例えば今回、2千万円を減資すると、借方は資本金ですが、貸方はどんな科目を使えばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

仕訳は次のとおりの資本取引となります。
(借方)
資本金 20,000,000

(貸方)
減資差益 20,000,000

この減資差益は純資産の資本剰余金として決算書に表示されます。

Q個人事業の融資について。

私の家は自営業です。帳面等は私がつけているのですが、経理に関しては初心者なので教えて下さい。

ある銀行から200万円融資を受けようと考えているのですが、
事業者ローンとしてお金を借りようとしています。

事業者ローンの場合は帳簿上にのせるのが正しいと思いますが、
その事業者ローンを生活費のほうに回したいと考えています。

そこで質問なんですが、事業者ローンを生活費のほうに回してもいいのでしょうか?
生活費に回してもいい場合は帳面上は、借入金としてのせたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

これは貸す側からすれば、持ち逃げになると思います。
税理士がいるカテで聞いた方が良いです。

Q資本金3500万円の会社です。減資出来ますか?

資本金3500万円の会社です。1000万円の資本金に減資したいのですが
できるのでしょうか?
ちなみに、会社は少しの利益は出しています。
又、株主は理解しております。

Aベストアンサー

4月に商法が改正されています。今までより減資しやすくなっています。
最新の情報は司法書士が持っていますので1度ご相談に
なった方がよいでしょう。
減資には株主総会の決議だけでなく債権者にたいする催告、公告(官報で)が必要です。

Q融資相談銀行に融資を相談にいくとき無担保ですが昨年度の計画書や報告書 企業情報を持ち込んだら

融資相談

銀行に融資を相談にいくとき
無担保ですが
昨年度の計画書や報告書 企業情報を持ち込んだら
どんなローンなど融資相談が可能か
教えてくれたりしますか?
申請書 もらえたりしますか?
もらえたら持って帰ったりできますか?

Aベストアンサー

聴覚に障害ある場合は?  

=逆に用事がある時は普段どうされてるのですか?  

特定非営利活動法人の場合は?

=非営利にお金は投資しません。収益あげるならそもそも営利団体です。

Qシャープ資本金大幅減資

シャープが資本金を、現在の約1200億円から1億円に減資するという。
シャープは経営不振に陥り経営再建中だが、”経営破綻倒産”したわけではない。
これだけの大幅な減資をすれば、株式の価値がなくなり株主は経営陣に対し、株主代表訴訟を起こすのではないのか?
なぜシャープは、これだけの大幅減資をするのだろうか?

Aベストアンサー

多くの損失を抱えている企業の資本金が、1218億円のままで良いのかと言う考えだと思います。
資本金を1億円に減資し、この資金を損失の穴埋めにあてて財務を強化する。これによりシャープは資本金1億円の中小企業となり、税金面で優遇を受けられるようにもなり、再建への第1歩にしたいのではないでしょうか。
99%の減資と言うと、99%の損をするように思われがちですが、帳簿上のことだけなので特に影響は無いとされています。100%の減資は問題ですが、それ以外の減資ならば特に問題は無いとされているのです。
確かに1株当たりの価値は何ら変わり有りません。しかしこれも帳簿上の事だけです。イメージが悪くなりますよね。普通は減資と増資がセットで行われることが多いので、減資をした後に増資を行うと、ここで初めて1株当たりの価値が下がります。
これを嫌う投資家がいても不思議ではありません。そうなれば売りに出るでしょうから、株価は下がると言うことになります。
反対にこの再建法を評価する投資家がいれば買うでしょうから、株価は上がっていくことになります。
どちらになるかは、週明けの市場が判断すると思います。

多くの損失を抱えている企業の資本金が、1218億円のままで良いのかと言う考えだと思います。
資本金を1億円に減資し、この資金を損失の穴埋めにあてて財務を強化する。これによりシャープは資本金1億円の中小企業となり、税金面で優遇を受けられるようにもなり、再建への第1歩にしたいのではないでしょうか。
99%の減資と言うと、99%の損をするように思われがちですが、帳簿上のことだけなので特に影響は無いとされています。100%の減資は問題ですが、それ以外の減資ならば特に問題は無いとさ...続きを読む

Q事業失敗者が融資を受けることは出来ますか?(不動産担保)

事業をやっていた友人が、仕事に失敗をし
国金や保証協会の借金については、月々わずかな額での返済で
相手に承諾してもらえたのですが
消費者金融や商工ローンにも手を出していて、そちらはどうしようもない
ようなのです(国金も含め、借入はすべて無担保)。

家族名義の不動産があるのだが、それを担保にしても、
融資をしてくれる金融機関(消費者金融を含む)がない。
自己破産などは避けたいから、私(個人。ふつうのサラリーマン)に、
不動産を担保に金を貸してくれないか?と言ってきました。

長年付き合いのある友人ですし、以前、私が助けてもらったこともあります。
話にウソがないのであれば、担保云々などは言わず
借用証だけで融資をしてもいいとさえ考えています。

お聞きしたいことは、不動産などがあっても、
このような状況の人物に、金融機関は融資をしないものなのでしょうか?

この友人のお兄さんは、大手企業に勤めるサラリーマンなのですが、
その方の借入として(担保をつけて)融資を申し込んでも
なかなか良い返事がないそうなのです。

アドバイスをいただけましたら幸いです。

事業をやっていた友人が、仕事に失敗をし
国金や保証協会の借金については、月々わずかな額での返済で
相手に承諾してもらえたのですが
消費者金融や商工ローンにも手を出していて、そちらはどうしようもない
ようなのです(国金も含め、借入はすべて無担保)。

家族名義の不動産があるのだが、それを担保にしても、
融資をしてくれる金融機関(消費者金融を含む)がない。
自己破産などは避けたいから、私(個人。ふつうのサラリーマン)に、
不動産を担保に金を貸してくれないか?と言ってきました。
...続きを読む

Aベストアンサー

金融機関はいくら家族の為と言っても転貸資金には融資をしません。その方のお兄さんが大手企業なら社内融資制度があると思います。まだ、その方が可能性があるかもしれません。しかし、ご本人の事業状況からしてその資金も無駄になると感じます。それに担保名義が家族の誰のものなのでしょうか?その方はその担保物件が最悪なくなってもかまわないという確認は取っているのでしょうか?もちろん、他の回答者がおしゃっているように担保価値があるのが前提です。消費者金融や商工ローンへの返済に資金を作るつもりなのでしょうね、資金使途的に問題ですから、お兄さんもその借金は自分が返すつもり借入をすべきですね。消費者金融や商工ローンにまで手を出しているなら自己破産で精算するのが他の人へ迷惑を掛けずに済むと思います。消費者金融や商工ローンはやっかいですからね、もし、あなたがこの資金をその担保で貸してあげることになると担保所有者とも問題になると思います。いっそ、その担保物件を購入する方が懸命だと思います。もし、自宅であれば賃貸で貸してあげるのも方法です。その際も物件に関しては専門家(司法書士か信頼のできる不動産屋)に相談すべきですね。あなたが購入するなり、お兄さんが購入するなりする方が懸命です。消費者金融や商工ローンがいづれ家族の物件も取上げることに動く前に手を打つべきでしょうね、もし、それがとりそこねたら、お兄さんにも兄弟としての責任的見地から請求をしてくることも考えておくべきです。お兄さんが物件購入なら借入の可能性は金融機関でもあると思います。親族間売買になるので価格的には専門家に相談してやらないと税務の問題も絡んできますので注意してください。整理すると(1)自己破産を考える。(2)家族名義の所有者の承諾が取れるなら売却で考える。その際、お兄さんかあなたが買い手と考える。(3)物件購入のための借入なら金融機関からの借入も可能性がある。

金融機関はいくら家族の為と言っても転貸資金には融資をしません。その方のお兄さんが大手企業なら社内融資制度があると思います。まだ、その方が可能性があるかもしれません。しかし、ご本人の事業状況からしてその資金も無駄になると感じます。それに担保名義が家族の誰のものなのでしょうか?その方はその担保物件が最悪なくなってもかまわないという確認は取っているのでしょうか?もちろん、他の回答者がおしゃっているように担保価値があるのが前提です。消費者金融や商工ローンへの返済に資金を作るつもり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報