昔の人の名前がカタカナの理由が知りたいです。
私のおばあちゃんもカタカナで表記されるので、、、。
回答御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

あるおばあちゃんで「力子」っていう人がいました。


病院の受付で、スグ前にいたおばあちゃんです。
受付の人に「りきこさん」って呼ばれて、はぁい、って言ってました。

変わった名前だな、女に「力」子だなんて、って思って、
おばあちゃんの肩越しに、カルテちら、って見ちゃったんです。

「カ子」←フォントだとわかりにくいんだけど、
カタカナの「カ」に「子」でした。

あ!そーか、そーか…

「子」は「ね」、干支の子年の子、つまり「かね」さんです。
きっと子年生まれなんでしょう。
かな表記がカタカナなのは昔の文章によくありますから、
カタカナの「カ」に生まれ年の干支をつけて「かね」ちゃん。

おばあちゃんに聞いてみたら
「ほんとは『カネ』なんだけど、みんな『りきこ』ってよぶから」だそうでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/30 10:21

なるほど案外わからない物ですね。

本人に聞いてみると良いのではないかと思いますが。

中には漢字を想定できそうもないのもありますよね。フメとかタキとかイス、ミキ、シマ、スマ等々。名前は字義よりもそのサウンド、語感が「おんならしい」とかの決め手なのだと思いますが。
今でも字は当て字で、なんとなく女の子っぽいサウンドだけの名前は女の子の場合多いように思います。(ゆうな、まお、なな、等)

あるいは役場で口頭で言った物をそのとおり役人が書き留めたのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/30 10:21

明治3年(1903年)から昭和20年(1945年)まで続いた国定教科書は、歴史的仮名遣いであり、そこでの漢字音は字音仮名遣いでした。

つまり、その漢字の字音は片仮名で書くことが通則でした。
したがって、「蝶」「光」という名前を仮名でつける場合、今日の現代仮名遣いでは「ちょう」「こう」ですが、当時はそれを「テフ」「クワウ」で登記した訳です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/30 10:20

まあ一概には言えないでしょうが、


農村では特に女性に教育は必要ないと考えられていたからかなと思います。
カタカナだけ覚えておけば充分だと思われていたのでは?

私の祖母もカタカナ2文字の名前ですが、
小学校は数えるほどしか行かなかったそうで、
カタカナ、ひらがな、数字は読めますが、
書けるのはカタカナと数字だけです。
投票もカタカナでするので、
いつも入れたい候補者名をカタカナで書いたメモ持参で
投票所に行くぐらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/03/30 10:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治の女性名はなぜ二文字のカタカナなのですか

明治の女性名はなぜ二文字のカタカナなのですか
明治の女性の名前を見ると、セツとかトセとかコノとかチカとか、カタカタ二文字の名前が多いですが、
何か意味があってカタカナ二文字なのでしょうか。
明治時代に漢字の名前だった女性もいると思いますが、例えばどんな名前でしょうか。

Aベストアンサー

江戸時代から続いた男尊女卑の影響と漢字の読み書きが出来なかった事情があったと思います。
江戸時代の武家は、篤子や雪子のように女の子に漢字を使ってましたが、民百姓(一般人)に苗字はなく、漢字の読み書きすら教育されてませんので、カタカナぐらいしか読み書き出来なかったのです。
男の子には〇左衛門や〇之助のような漢字を苦心して名付けたようですが、女の子の名に漢字は恐れ多いと思う一般人が多かったのだと考えられます。
キンさんギンさんのような名前は、おキンさんやおギンさんのような呼ばれ方をしてました。
しかし、江戸時代に武家に育った親は漢字の読み書きが出来たので、節子や竹子のような名前を付けてました。
医師でもあり文豪でも有名な森鴎外は、長女に茉莉(まり)次女は杏奴(あんぬ)と名付けてます。

Qカタカナを多用していた時代

私の祖母の時代(明治)の女性の名前はほとんどカタカナです。マツとかウメとか。
それでふと思ったのは、そういえばその頃の手紙文もカタカナ(+漢字)をつかっていたような気がするのですが、実際ひらがなよりもカタカナのほうを多用していた時代というのはあったのでしょうか?そうだとしたら理由はなんでしょう?
なんだかあいまいな記憶のもとで質問してしまっていますが、ご存知の方いらっしゃいますか。

Aベストアンサー

「カタカナ」は、漢字の一部を省略したり、簡略化したりしてできました。「阿」→「ア」、「伊」→「イ」など。

「ひらがな」は、漢字の草書体をくずした草仮名が元になっています。現在は「あ」は「安」が元になったものを使っていますが、「安」のほかに「悪」「阿」などからきたものがあります。

ひらがなが現在の形に統一されたのは、明治33年(1900年)の文部省『小学校令第十四号』と『施行規則』によってです。それ以外の仮名は、排除されましたが、「変体かな」として残っています。それまでは、小学校でも「変体かな」を教えていました。当時は、「変体かな」ではなく、それも含めて「ひらがな」でした。
「変体かな」の一覧表でもないかと探したのですが、適当なものが見つかりませんでした。以下のURLに一部ですが載っています。
http://kan-chan.stbbs.net/word/hentai.html
http://www.dx.sakura.ne.jp/~kameno/omikuji/kana.html
「変体かな」は、今でも、「そば屋」の暖簾や看板で見ることができます。

「カタカナ」「ひらがな」とも、明治から戦前にかけての小学校で教えていましたが、より簡潔であった「カタカナ」を先に習っていました。これは、昭和22年に国民学校がなくなり、新しい学制がはじまるまで続きました。
http://s-lib.sap.hokkyodai.ac.jp/shiryou/kokutei/shiryou.html

法令などの公文書は、文語体(漢文調)で書かれ、漢文の訓読に使われて来たカタカナ混じりの文章でした。
新聞も同じ紙面の中で、堅い記事はカタカナで、柔らかい記事はひらがなで書かれていたものもありました。
http://pweb.sophia.ac.jp/~kuwaha-k/jaasi1.htm

参考URL:http://s-lib.sap.hokkyodai.ac.jp/shiryou/kokutei/shiryou.html

「カタカナ」は、漢字の一部を省略したり、簡略化したりしてできました。「阿」→「ア」、「伊」→「イ」など。

「ひらがな」は、漢字の草書体をくずした草仮名が元になっています。現在は「あ」は「安」が元になったものを使っていますが、「安」のほかに「悪」「阿」などからきたものがあります。

ひらがなが現在の形に統一されたのは、明治33年(1900年)の文部省『小学校令第十四号』と『施行規則』によってです。それ以外の仮名は、排除されましたが、「変体かな」として残っています。それまでは、小学...続きを読む

Q昔の人は名前が2つあった?

昭和20年に若くして亡くなっている私の叔母なんですが戸籍上は「節代」
となったいるのですが、もう亡くなった祖母は「節子」と呼んでいた
らしいのです。 父に聞いてみると昔は2つ名前があったといっていますが詳しいことわかる方教えてください。
ちなみにお墓の名前は祖母の呼び名どおり「節子」になっているのですがこれでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 叔母さんは戸籍上の名前がどういうわけか嫌だったんでしょうね。
 あるいは出生時に役場に届け出た節代という名前が、字画とかなんかで縁起が悪いと、後でわかったのかも知れません。
 しかし、名前を変えたいと思っても、戸籍法により役所は簡単に許可してくれません。節代→節子はダメですね。もし嫁入り先に節代という名前の人がいたら変えられますが。
 でも、叔母さんやご家族はどうしても「節子」にこだわって、普段から節子と呼ぶようにしたわけです。そして「節子」が定着して行ったんだろうと思います。
 昔の人には、こういう例は今よりも多かったように思います。今の時代は入学、就職、健康保険証、厚生年金、自動車免許証、預金通帳と戸籍名以外では難しいものが多くなりました。今の時代に戸籍名と通称名と二つ持つとトラブルの元になりますね。

 昔は礼儀上、敬称の意味で女性には「子」の字をつける慣習もありました。たとえば「小泉せつ」という女性に手紙を出すときは、封筒の宛名書きは「小泉節子様」とするのが、教養ある人の心得でした。
 大正から昭和の時代になって、庶民も自分の子供に「子」のついた名前をつけるようになりました。
 叔母さんは何時のお生まれか知りませんが、節代は古臭い名前だと思ったのかも知れません。

 お墓が「節代」の件ですが、一向に差し支えないと思います。ご家族の勝手です。私でもそうします。

 叔母さんは戸籍上の名前がどういうわけか嫌だったんでしょうね。
 あるいは出生時に役場に届け出た節代という名前が、字画とかなんかで縁起が悪いと、後でわかったのかも知れません。
 しかし、名前を変えたいと思っても、戸籍法により役所は簡単に許可してくれません。節代→節子はダメですね。もし嫁入り先に節代という名前の人がいたら変えられますが。
 でも、叔母さんやご家族はどうしても「節子」にこだわって、普段から節子と呼ぶようにしたわけです。そして「節子」が定着して行ったんだろうと思い...続きを読む

Q漢字・ひらがなを故意にカタカナ表記する理由は?

「これが言葉のプロとされるテレビの大人たちのありのままだという。若者の“ヘンテコ”用語を“シノゴノ”言えなくなってくる。」

上の例(“ ”内)に示したように漢字・ひらがなを故意にカタカナ表記するのはどのような効果をねらってのことなのでしょうか?また何か効果があるとするならば何故そのような効果が生じるのでしょうか?

Aベストアンサー

個人的な推察ですが、

・カタカナは外来語に使われることが多い
・意味を持った文字ではなく、音だけの文字である

 などにより、言葉の指す内容が異物化されているように思います。

 その言葉の意味を分かっているのに、敢えて外来語のようにカタカナを使い、「聞き慣れない言葉」であるかのようにして使われることで、効果が生まれてくるのだと思います。 

 言葉を使っている人は、自分がその言葉を知らない体で話します
 それによって聞き手は、自分でその意味を考える必要があります。

 実際、話し手は言葉の意味を知っているし、聞き手もそれを分かっている。つまり「ここが重要です」という話し手から聞き手へのメッセージが暗黙の了解として伝わって、それが強調になるのではないでしょうか。

 またそのようにカマトトぶった白々しい芝居を打つことで、当てこすりや皮肉の効果が生まれます。

 勿論そこまで意識して使われることはないでしょうが、
 感覚としてはそんな感じではないでしょうか。

Q日本人でカタカナの名前どう思いますか?

日本人でカタカナの名前どう思いますか?

Aベストアンサー

文字の生い立ちを考えれば、中国で生まれた漢字の名前だと欧米人が見れば中国人と思います。

その点、純国産のカタカナであれば一目で日本人と分かりますね。

私としては他人から中国人と思われながら付き合うのは嫌なので日本人らしいカタカナの名前が羨ましいです。

実際よく言われます。。。(-_-;)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報