今から20年程前に、祖父が、経営している会社を残し突然いなくなりました。
その後、長男である伯父が会社を継いだのですが、その際に私の母を含め、他の兄弟達の名義であった株を、何の承諾もなく、その伯父の妻と、その妻の親族達の名義へ勝手に変更していまったのです。それを知ったのはごく最近の事なんですが、この場合、この20年前の行為に対して、異議申し立てはできるのでしょうか。何かの罪には問えないのでしょうか。どうかお教え下さい。
宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

例え違法な手続きで名義変更したとしても、それから20年経つと


損害賠償の請求権は時効になってしまいます。刑事の時効はもっと
短いです。
ですから、民事で争う事も刑事罰を求めることもできないでしょう。

株式や経営権が横領された可能性もありますが、祖父失踪の後伯父
妻の親族の資金のテコ入れで会社が持ちなおった可能性もあります。
株主名義がなくなれば、株主議決権も行使できませんし20年間わ
からなかったというのも少し妙な感じです。
たぶん経緯があると思いますので予断を入れずに調べてみたらどう
でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難う御座います。当時伯父は社員の一人にすぎなかったのと、伯父の妻の実家は資金提供できるような経済状況ではありませんでした。祖父の失踪理由は、会社の経営に問題があったのではなく、
自宅の家政婦と駆落ちというのでしょうか、祖母の元から去ったのです。
20年間分からなかったのは、その後祖母が会長職に就いていたのですが、祖母は会社の経営には全くかかわっていなっかたのと、他の兄弟は会社の事に口を挿めなかったため、長い間把握できなかったのです。祖母が亡くなってはじめて少しずつ色んなことが分かったのです。調べてみたいのですが、はっきりとした証拠が見つからなければもうどうしようもないということなんですね。しかも証拠があっても時効ということですか。母は人が良いのでこのままにするようですが、私は何だか納得がいかないです。
いろいろとお教え頂き有難う御座いました。

お礼日時:2011/04/18 10:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング