『縦の長さが6m、横の長さが8mの地面に、一辺10cmの正方形の形をしたタイルを隙間なく敷き詰めた。敷き詰めた後、地面の対角線上に一本の線を引いた。この直線は何枚のタイルを通過するか。』という問題があるのですが、この問題の解答が全く何をいっているのかわかりません。。。


・「通過するタイルの枚数は、直線がタイルの辺を横切る回数と1:1で対応する」とあるのですが、どういうことですか?
・解答では、縦3枚、横4枚に置き換えて解いているのですがなぜ3、4にするのですか?

いろいろ疑問があるのですが、このような問題はどのように考え、解けばいいでしょうか。

A 回答 (2件)

縦6m、横8mの地面にタイルを並べると


縦に60枚、横に80枚になりますよね?
この地面に引いた対角線は
縮小して
6枚 x 8枚のタイルを並べた地面に引いた対角線と同じ角度になるのはわかりますか?
絵を描けば簡単にわかるのですが、
例えば
2x2のタイルの対角線は45°ですよね。
4x4はどうですか?これまた45°です。
つまり縦横のタイルの枚数に同じ数をかけた場合対角線の角度は同じになるのです。

そこで、この問題では
簡単な3 x 4のタイルで考えた後に、
両方を20倍にして60 x 80 のタイルの場合の数にしています。
相似ってやつですね。

で、3x4の場合はどうかと考えてみると・・・
3x4のタイルの対角線は6枚のタイルを通過します。(絵を描くとすぐわかります)
なんで、60 x 80のタイルの場合は6 x 20 =120枚のタイルを通過することになります。

3x4の絵を描けばわかると思いますが。
対角線があるタイルから隣のタイルに行くためには必ずタイルの辺を超えますよね?
1回超えると隣のタイルに行って、また1回超えるとまた隣のタイルへ・・・
逆に辺を通過しなければ隣のタイルには行けないってことですね。
つまりこれが「タイルの辺を横切る回数=通過するタイルの枚数」となる理由です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもよくわかりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/01 00:41

縦600枚、横800枚だと数が多くて考えにくいので、もっと少ない枚数で考えてやろうというわけです。

その時に縦横の比率が元の地面と同じになるように、縦3枚、横4枚にしています。つまり縦30cm、横40cmですね。この長方形の対角線は元の地面の対角線と一致するので数えやすいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/01 00:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の問題です。(複数のルート、分数)写真の通りになります。答えは2番なのですが、解き方がわから

数学の問題です。(複数のルート、分数)

写真の通りになります。答えは2番なのですが、解き方がわからないので、解説をお願いいたします。


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(√2 + √3 - 1)/(√2 + √3 + 1)

答えは2番・・??
3番でないの・・!?

(√2 + √3)をひと塊と見ると計算がいくらか楽になるかも!?
先ず分母有理化をする
→(√2 + √3 - 1)^2/(4 + 2√6) = (6 + 2√6 - 2(√2 + √3))/(4 + 2√6)
分母分子に共通因数2があるので約分すると
→(3 + √6 - (√2 + √3))/(2 + √6)
もう一回分母有理化
→(√6 - 2)(3 + √6 - (√2 + √3))/2
= (√6 - 2)(√6 + 2 - (√2 + √3 - 1))/2
= (2 - (√6 - 2)(√2 + √3 - 1))/2
= 2 - (2√3 + 3√2 - √6 - 2√2 - 2√3 + 2)/2
= (√6 - √2)/2

Q正方形の対角線の長さと一辺の長さはどのような関係がありますか?

正方形の対角線の長さと一辺の長さはどのような関係がありますか?

Aベストアンサー

正方形の対角線の長さの求め方は、1辺の長さ×√2です。
正方形以外では成り立たないので注意してください

Q方程式の解き方(ルート含む)

数学のルートを含む比率の式の解き方を教えてください。
1:√3=X:10
です。これをとくと、10=X√3になって・・・
わかりません。教えてください。

Aベストアンサー

普通に移項して、
X=10÷√3 じゃだめですか?

Q直角三角形以外の三角形の辺の長さ

現在中学生ですが、三平方の定理を学校で習いました。直角三角形以外での求め方はないのだろうかと、いろいろ考えてみましたが、ぜんぜん分かりません。高校で習うのかもしれませんが・・・・。二等辺三角形の場合だけとか、そういった限られた場合でもいいので、そういう辺の長さを求める定理があるならば教えてください。
ついでに・・。今いろいろやって、二等辺三角形の辺の長さを求めるのをやってたら、
底辺以外の辺の長さをxとした場合、それぞれ頂角が30°,120°なら、底辺の長さが x(√2+√6)/2, x√3になったんですけどあってますか?

Aベストアンサー

三角形の辺や角度を求めるものに、
正弦定理と余弦定理というものがあります。(URL参照)
高校生になったら普通に習うと思います。

正弦定理:http://www.kwansei.ac.jp/hs/z90010/sugaku1/sankaku/seigen/seigen.htm
余弦定理:http://www.kwansei.ac.jp/hs/z90010/sugaku1/sankaku/yogen/yogen.htm

Q数学の方程式の解き方を教えて下さい!

5+1/2ルート100+r=11
この時のrを求めて下さい。
※100+rはルートの中に入ってます。

学生時代にやったはずなのに、長く数学と触れ合わなかったので忘れてしまって…。

申し訳ないですが、解き方を教えて下さい。
特にルートの外し方が分からず、解けなくなっている状態なので、その部分を詳しく教えていただければ幸甚です。

Aベストアンサー

#1ですが補足です。
√とは「二乗すればその数になる」ということなので√x=yならx=y^2(yの二乗)です。
√4=2です。
つまりルートを外すには右も左も二乗するということになります。

Q二等辺三角形の底辺の長さを弦、辺a+辺bの長さを弧とした場合の高さの求

二等辺三角形の底辺の長さを弦、辺a+辺bの長さを弧とした場合の高さの求め方を教えてください。ペーパークラフト作りの為です。

Aベストアンサー

久しぶりに楽しい問題に出会いました。

底辺の長さも測れるものとします。これをcとします。
円この半径をr、中心角を2tとすると
2辺の和が円弧になるので
a+b=2tr (1)
円の中心をO,底辺の両端をA,Bとすると?OABにおいて
c=2rsint (2)

(1)/(2)より

sint/t=c/(a+b)

この右辺はa,b,cが解っているので既知、これをpとおく。すなわち

sint/t=p (3)

この問題の面白いところはこれが解析的には解けないところです。

ではどうするか。もちろん近似計算。
近似計算とバカにしてはいけません。十分な精度で答えが出ればものは作れるのです。
方法はテーラー展開

sint=t-t^3/6+t^5/120-....  (4)
正しくは無限に続きますが、5次の項まで取ります。

(4)を(3)に代入して整理すると

t^4-20t^2+120(1-p)=0

これはt^2に関する2次方程式、よって解けて
t^2=10-√(120p-20)
t=√(10-√(120p-20))

精度の確認のための例題
a=50, b=35, c=75 のとき
p=0.882353
t=0.8556646
sint=0.75522323
sint/t=0.8827172

(3)よりこれはp=0.882353に等しいはず。3桁まであってます。

tが決まれば(1)より
r=(a+b)/2t (5)

r,tが決まれば求める高さhは
h=r-rcost (6)

先ほどの例題では
r=(a+b)/2t=85/(2×0.8556646)=49.669
cost=√(1-sint^2)=√(1-0.75522323^2)=0.655467675
h=49.669-49.669×0.655467675=17.1126

久しぶりに楽しい問題に出会いました。

底辺の長さも測れるものとします。これをcとします。
円この半径をr、中心角を2tとすると
2辺の和が円弧になるので
a+b=2tr (1)
円の中心をO,底辺の両端をA,Bとすると?OABにおいて
c=2rsint (2)

(1)/(2)より

sint/t=c/(a+b)

この右辺はa,b,cが解っているので既知、これをpとおく。すなわち

sint/t=p (3)

この問題の面白いところはこれが解析的には解けないところです。

ではどうするか。もちろん近似計算。
近似計算とバカにしてはいけません。十分な精度で答...続きを読む

Q中学数学の問題です。 解き方を教えてください。よろしくお願いします。

中学数学の問題です。 解き方を教えてください。よろしくお願いします。
中学数学の問題です。
解き方を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2 です。

>(2)について
>出発点以外で)最初に6cmになるのはQが周回遅れのPに追いついたときです。
>とのことですが、なぜ、周回遅れでちょうど追いついた時に、AEの位置にPQがいるとわかるのでしょうか?
>また、途中でPQ間が6CMになる可能性はなぜ、排除できるのでしょう?


回答内容をちゃんと読んでください。どこにもそんなこと書いてないでしょ。

Pは上の長方形ABCDを周回し、Qは下の長方形EFGHを周回しています。
2つの長方形は直方体の上面と底面なので平行であり、直方体の高さはAEの6cmで与えられているので、PQの最短距離はこれに等しい。したがって、PQが6cmになるのはAEと平行、すなわちPがQの真上にある時です。(それ以外ならPQは必ず6cmより大きくなります)
以上の条件が成り立つならPQがどこにあろうと関係ありません。

Q正方形の一辺の長さについての問題

正方形の中に、四分円が3個、等円が2個あります。等円は四分円と正方形に接しています。
(1)円の直径が1cmのとき、正方形の一辺の長さは何cmになりますか。

条件が少なすぎて、どうやって解いたらよいのか分かりません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

[(R+0.5)^2]=[(R-0.5)^2]+[(R/2)^2]

2R=(R^2)/4

2=R/4

R=8 。

Qルートの入った方程式の解き方

ルートの入った方程式が解けません。どなたか、次の方程式の解き方を教えて頂けませんか?
√(x-4)2乗+10の2乗 + √(x-10)2乗+90の2乗 = 100.5442
環境学で、遮音壁の高さを計算するのに必要なのですが、数学を忘れてしまい、行き詰っています。

Aベストアンサー

(x-4)2乗+10の2乗や(x-10)2乗+90の2乗は、√の中にあるんでしょうか?

だとしたら次のようにしてみてください。(途中まで解いたのですが係数がすさまじい数字になって、間違いなく計算ちがいしているので具体的数値は書きません) A=100.5442とします。また、10^2=100、90^2=8100

両辺を2乗する。 (x-4)^2+100+2√((x-4)2乗+100)√((x-10)2乗+8100)+(x-10)2乗+8100=A^2

√のついていない項を右辺へ移項  2√((x-4)2乗+100)√((x-10)2乗+8100)=A^2-(x-4)^2+100-(x-10)2乗+8100

これの両辺を2乗すると√が消え、整理すると4次の項が消えて3次方程式に成ります(ひょっとすると2次方程式?)。

カルダノの公式を使うか、数値的に解くことになるでしょう。数値的にとくなら最初からエクセルのゴールシーやかソルバーを使った方が簡単かもしれません。

あと、2乗を2回もしているので無縁の根が混じるでしょう。検算を忘れずに行なってください。

(x-4)2乗+10の2乗や(x-10)2乗+90の2乗は、√の中にあるんでしょうか?

だとしたら次のようにしてみてください。(途中まで解いたのですが係数がすさまじい数字になって、間違いなく計算ちがいしているので具体的数値は書きません) A=100.5442とします。また、10^2=100、90^2=8100

両辺を2乗する。 (x-4)^2+100+2√((x-4)2乗+100)√((x-10)2乗+8100)+(x-10)2乗+8100=A^2

√のついていない項を右辺へ移項  2√((x-4)2乗+100)√((x-10)2乗+8100)=A^2-(x-4)^2+10...続きを読む

Q方程式で正方形の1辺の長さを

正方形があります。その縦を3cm長くし、横を5cm短くして長方形に直すと、面積は84cm2になります。元の正方形の1辺の長さを求めなさい。
という問題で、
元の正方形の1辺の長さをXとすると
(X+3)×(X-5)=84
ここまでは分かるのですが、Xの求め方が分かりません。数学の苦手な私に救いの手を。。。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず二乗の定義を復習すると・・・。
Xの二乗が4の時Xは2になり、9の時は3になるわけです。すなわち今は一般的な事例しかあげていませんが、抽象的に言えばXの二乗がNの場合はXはルートNになるわけです。
~ルートの説明について~
ルートはある数を二乗して、ルートの中の数になると考えればOKです。なぜならば例えばルート4は?と考えると二乗して4になる数は2なのでルート4は2です。


さてこの問題を考えて見ましょう。
(X+3)*(X-5)=84
と成っていますね?(便宜上掛け算の記号を*で、表します。)
これを公式展開をしましょう。
まず
X*XーX*5+3*X-3*5=84が成り立ちますね?
これがわからない場合は、公式展開が詳しく書いてある本を見ましょう。
これが成り立つので
Xの二乗ー2X-15=84
これで次に
Xの二乗ー2X-99=0と成るわけです。
ここまできたらもうわかりますね?
解の公式を使うならルートの概念が必要だし、たすきがけで式を組み立てるならもうゴールは目前です!!
数学は文章題を正しく事象(問題が聞いてること)を理解すれば、かなり楽になると思います。

とりあえず二乗の定義を復習すると・・・。
Xの二乗が4の時Xは2になり、9の時は3になるわけです。すなわち今は一般的な事例しかあげていませんが、抽象的に言えばXの二乗がNの場合はXはルートNになるわけです。
~ルートの説明について~
ルートはある数を二乗して、ルートの中の数になると考えればOKです。なぜならば例えばルート4は?と考えると二乗して4になる数は2なのでルート4は2です。


さてこの問題を考えて見ましょう。
(X+3)*(X-5)=84
と成っていますね?(便...続きを読む


人気Q&Aランキング