【中小企業診断士試験 2010年度 企業経営理論 第13問】
 あなたがコンサルタントとしてアドバイスしている家庭用品メーカーA社には、
以下のような特徴がある。これを読んで下記の設問に答えよ。

 A社は40年の歴史があり、主力事業は既に成熟期に入っていて、
その事業を展開する部門では安定的な利益率を確保していた。
社員は部品レベルでの品質改善に取り組んでおり、皆忙しいと言っているが、
市場シェアはほとんど変わらない。全体的に現状に満足している社員が多く、
職場は比較的和気あいあいとしている。
 社長が主力事業部の従業員を活性化しようと、工場やマーケティング部門に権限を委譲し、
生産コストや市場シェアによって評価する人事管理システムを導入した。
しかし、(1)「その結果、市場シェアは増大したが、歩留りが悪化し、利益率は低下してしまった。」
 その一方で、トップマネジメントは新規事業に対して積極的に取り組むことを指示したが、
部門管理者たちは最初は綿密な計画を立てるものの、実行段階になると業務がスムーズに
運ばなくなり、いつのまにか撤退を余儀なくされてしまうことを繰り返してきた。

(設問1)
 文中の(1)のような結果は、なぜ生まれたのか。
考えられうる可能性として最も適切なものはどれか。

 ア この事業部が扱う家庭用品市場がすでに成熟しており、
   価格競争でしかシェア拡大が難しくなっていたため、
   コスト削減をトップが指示した可能性があるから。
 イ 事業部によって異なる目標管理制度が導入されたため、
   当該事業部の従業員が公平性を欠くと認識しこれに反発した可能性があるから。
 ウ 市場シェア目標やコスト管理目標が、事業部の投資利益率目標とは連携していても、
   A社全体の利益率目標と合理的に連携していなかった可能性があるから。
 エ 市場シェア目標を達成するために、マーケティング部門は価格を低く設定し、
   その結果、販売数量が増加し、生産部門はコスト管理を徹底したために品質を
   犠牲にすることになった可能性があるから。
 オ 市場シェアや生産コスト管理のような、成果主義による管理方針に対して、
   従業員が反発した可能性があるから。

=============================================================================

正解はエなのですが、おかしいように感じます。
「生産部門はコスト管理を徹底した」のであれば、歩留まりは悪化しないのではないでしょうか?
コスト管理を徹底したのに、歩留まりが悪化しているのはどうしてでしょうか?
どなたか、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

悪化させないコスト削減だってあるのにね


設問者が質問者さんより無能なだけですよ
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング