こんにちは
先日、多走行車のエンジンマウントを交換すると
乗り心地が劇的によくなるとききました

10万kmあたりで交換するといいと聞きましたが
1年1~1.2万kmとして8年から10年ほど
期間がありますよね
新車で買った車のパーツ(今回はエンジンマウント)は
8~10年と長い期間があってもディーラーに(もしくはメーカー側に)
在庫はあるのでしょうか?
心配性なもんで・・・

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 部品の入手性はそのクルマを何年前に買ったか?ではなく、そのクルマがいつ生産終了となったか?によります。



※走行の安全性維持にどうしても必要な保安部品(制動装置とか操舵装置とか)は、生産終了後10年間製造者(=自動車メーカ)に部品を供給する義務があります。これは法規なので、どの自動車メーカでも一緒です。(この期間を『8年』とする話がネット上などで時々見られますが、それは家電の部品供給義務期間であり、クルマは10年です。)
 勿論、10年以上製造が継続されているクルマでは、初年度の年式が10年以上経過していても部品は供給されます。10年間という部品供給期間は、あくまでも『その車型の生産終了後』の話です。

※自動車メーカでは部品の管理コストの削減を目的として、生産終了後10年以上経過した車型の部品を定期的に廃棄しています。故に生産終了後10年経過したクルマで、急に部品供給がストップするのはよくある話です。
 ただ、10年経過したら即廃棄ではなく、10年以上古い車型の部品を定期的に見直し、一括して廃棄しています。また保安部品は新しい車型にも流用されることが多く、当然そういう部品は廃棄されません。故に生産終了後十数年経過したクルマの部品でも、注文するとアッサリ出てくることもあるワケです。

※一方、走行に直接関係ない部品には、10年間の供給義務はありません。具体的には内外装部品など(ボディパネルやメーカ設定のエアロパーツ、ダッシュボード、シート、ドア内張り、カーペットなど)ですが、これらはその車型の生産終了までにある程度まとまった数をリペア用として生産し、在庫部品として保管します。
 リペアパーツの極端な例は各種オプションパーツで、これはロクに作りだめもせず、クルマの生産終了に合わせ即生産を停止するのが普通です。
 これら内外装やオプション部品は、当然生産終了後10年を待たずに欠品となります。

※在庫部品が無くなっても、注文がまとまれば部品だけ製造するメーカもありますが、この追加製造は不定期であり、今すぐ部品が欲しい場合にはあまりアテには出来ません。

・・・さてエンジンマウントですが、これは普通は保安部品には入りません。また他車型への流用部品にもなり難いので(エンジンマウントは車体の振動モードに応じて防振性能をチューニングされており、車体が変わるとエンジンマウントも変わるのが普通です)、生産終了後10年以上経過していなくても、生産終了車型であれば入手は困難になると予想されます。
 もし10年を超えてそのクルマを維持し続けようとお考えならば、早めに部品だけ確保しておく必要があるでしょう。

 ところで余談ながら。

>先日、多走行車のエンジンマウントを交換すると
乗り心地が劇的によくなるとききました

 効果は車型によってマチマチですが、総じて古いエンジンマウントを新品に交換すると、乗心地が改善されます。
 ただ、ここでいう『乗心地』とは路面の凹凸に応じた直接的な振動によるものではなく、フロアやコラムシャフト経由で室内に伝達される、比較的高周波数帯の振動に由来するものです。誤解される可能性があることを承知で官能面での効果を書きますと、『乗り味がマイルドになる』『高級感が出る』といった感じです。実際欧州車では、この種の性能維持の為に、エンジンや変速機のマウントを『定期交換部品』としているクルマもあります。

 但し・・・10年10万km程度では、あまり効果が体感できないかもしれません(日本製防振ゴムの耐久性をナメてはいけません)。また上述した様に、エンジンマウントの交換による乗心地改善は官能面での効果が大きいので、ユーザ様の評価能力によっては費用対効果で納得出来ない結果となる可能性も十分あります。(エンジンマウント交換ではエンジンを車体から一旦『浮かせる』必要がある為、工賃が¥1000~2000で終わる様な軽作業ではありません。)
    • good
    • 0

私は平成元年の(当時のナンバー1)超人気車を日々使用しておりますが


全く部品がありません。

本当にありません。
もはや代用品もなくお手上げです。

驚くほど大切な部分の部品がありません。
サービスキャンペーンの部品さえとっくにありません。

部品は生産中止から10年が限界です。
しかも新車用品と呼ばれる物は
生産中止と共に無くなると考えて下さい。
    • good
    • 1

乗り心地が向上するというのは、ダンパー(ショックアブソーバー)の交換だと思います。

エンジンマウントの交換はエンジンの振動を抑えるには効果的ですが、乗り心地には直接関係ないです。ダンパーはタクシーでも10万キロを目安に交換しています。20万キロ時にはスプリングも一緒に替えるといいでしょう。ディーラー内には在庫はないですが、メーカーの部品センターに在庫されていて、すぐに取り寄せできます。
    • good
    • 2

国産車なら15年も経ってなければあると思います。



しかし、資産の棚卸等で年々3月頃に不人気車種(現存車等の台数は把握している様ですが・・・)等は
新品部品が廃棄されますので世の中から消えます。

回答にはなっておりませんが、ご査収ください。

尚、裏ワザでセ●シオ・ア●スト等は
アメリカの部品商を購入すると送料含めても安い場合がありますし海外の方が豊富です。
    • good
    • 0

エンジンマウントの交換は乗り心地に直接は関係しない。



エンジンの振動に対する制御パーツなので、アイドリングでハンドルにプルプルと振動が伝わる様なら効果があるかもしれないが、乗り心地(走行状態)には影響は殆ど無い。

パーツの在庫は20年位は心配ない。
    • good
    • 0

機械類の補修パーツは、本体の発売終了から8年は製造保有することになっています。


車だと、現実的には10数年は大丈夫です。

ところで
>先日、多走行車のエンジンマウントを交換すると乗り心地が劇的によくなるとききました
これはどこで聞いたのでしょうか?
「劇的に」なんて言い過ぎです。
乗り心地を新車の頃に近づけたかったら、足回りの交換をオススメします。
ダンパーとブッシュ類を交換したほうが、劇的に良くなりますよ。
    • good
    • 0

普通に新車登録から20年くらいは有りますよ

    • good
    • 0

自動車の部品は、その車種が生産を終了した時点から10年間は、「部品保管期間」として保管しておかなければならないと法規により定められています。



なので、仮にモデルチェンジ直後に新車で購入して、6年後に次のモデルにフルモデルチェンジした場合なら、トータル16年間は部品の心配なく乗る事が可能です。

ただし、自動車の走行機能に直接影響ないもの(ウェザーストリップ、ガラスなど)や、意匠に関するもの(内装、シート、ボディの外板、灯火類など)は、保管パーツに含まれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフィッシュコラーゲンの利点を教えて下さい。

フィッシュコラーゲンの利点を教えて下さい。

最近、様々なメーカーのフィッシュコラーゲンを試しています。

製品によって、豚由来の物と魚由来(フィッシュコラーゲン)がありますが、私はフィッシュコラーゲンを選んでいます。それは、フィッシュコラーゲンの方が優れていると以前テレビで放送されていた為です。

ですが、具体的にどの当たりで優れているのでしょうか。

Aベストアンサー

質問者さんが言っているように、フィッシュコラーゲンの方が以下の点において優れています。

・吸収率(フィッシュコラーゲンの方が、豚由来の物と比べて7倍高い)
・脂肪等の不純物が少ない。
・アレルギー反応も殆どないといわれている。

http://www.fishcollagen-wiki.com/
(こちらにフィッシュコラーゲンについて解説してありました)

尚、フィッシュコラーゲンの中でも、「ウロコ」や「皮」などの部位によって、品質が変わるようですよ。(コラーゲンの抽出の容易さで、皮のコラーゲンが優れているようです。)

参考URL:http://www.fishcollagen-wiki.com/

Q乗り心地について

以前改造車の保険について聞いた者ですが今回も改造車について聞きたいと思います!
改造車はスポーツカーの改造車限定です!
初心者な質問ですみませんが改造車は乗り心地が悪いと言われてますがっていうか実際悪いんですけど考えられる理由としてなにがありますか?
やっぱり車高調が原因ですか?

Aベストアンサー

乗り心地の悪さは、タイヤのロープロや、固いバネを入れる、硬いアブソーバを入れる、車高を落とす事によって悪くなりますが。
絶対に車高調が原因ではありません。
NO.2さんのおっしゃる通り減衰力調整の物であれば、アブソーバの硬さを調整出来ますし、バネが硬くても柔らかめのアブソーバであれば、そんなに乗り心地が悪いとは思いません。
自分も色々と足回りを換えて乗っていましたが、最終的に乗り心地も良くロールも抑えれたのは、減衰力調整の普通のアブソーバに、少し固めのローダウンサスでした。
元々は、車高調の減衰力は純正に比べ固めですが、乗り心地が悪くなる程の硬さではありません。
車高調にする事により、車高を下げる事で乗り心地が悪くなるので…
車高を下げれば当然、アブソーバのストローク量が変わって来ます、下げれば下げた分だけストロークしなくなりますから、当然ショックを吸収出来るだけのストローク量を確保出来ないので乗り心地が悪く、硬いバネを入れていれば、そのショックが減衰されずに伝わる訳です。
その為、減衰力付きの車高調という物がある訳です。
車高を落とす事によって、失われる減衰力を調整出来る様にすれば多少ショックを軽減出来るので。

乗り心地の悪さは、タイヤのロープロや、固いバネを入れる、硬いアブソーバを入れる、車高を落とす事によって悪くなりますが。
絶対に車高調が原因ではありません。
NO.2さんのおっしゃる通り減衰力調整の物であれば、アブソーバの硬さを調整出来ますし、バネが硬くても柔らかめのアブソーバであれば、そんなに乗り心地が悪いとは思いません。
自分も色々と足回りを換えて乗っていましたが、最終的に乗り心地も良くロールも抑えれたのは、減衰力調整の普通のアブソーバに、少し固めのローダウンサスでした...続きを読む

Qマグナ250 フィッシュマフラーについて

フィッシュテールマフラーがほしくなり、各ショップのHPを廻っていました。

ある個人HPに、Ds400でのフィッシュ検討についてレポートがありました。比べられていたのはフィッシュテール、バズーカフィッシュ、バズーカロングフィッシュ。の3つで、最初のフィッシュはとても情けない。という風に書いてありました。


マグナ250でも同じなのでしょうか?
近々ER制のフィッシュを購入しようと思っているのですが、ノーマルより低くなかったらやめようと思っています。


ER制のフィッシュどんな感じなのでしょうか?

Aベストアンサー

少なくともEASYRIDERSのマフラーは、メーカー自ら「保安基準不適合」をうたい文句(?)にしてますので、ノーマルよりはそれなりの音になるでしょう。

知人がDS250にフィッシュテール(ER製)つけてます。
ノーマルマフラー時代は一度も白バイに停められたことが無いのに、変えてからはよくお声をかけていただけるとか(笑)・・・。

マフラーの音なんて、それこそ好みが人それぞれです。
参考になさったHPの方と、質問者様の好みも違うでしょうし、どの程度のものが「情けない」ものかも、実際に音を聞いてみないとわかりません。
バイク仲間のハーレーの排気音(カスタムマフラー)は、本人いわく「コレぐらいのサウンドを響かせないと!」などといってますが、自分からすると「バカうるさいだけで下品な音」という評価になりますので。
ノーマルのDS250の排気音なら、誰が聞いても「情けない」部類でしょうが・・・。

Qタイヤによる乗り心地

純正では195/60R14のタイヤがついていました。
現在、雪山に行く関係で195/55R/15のスタッドを履いています。

が、運転している自分は全然気にかからないのですが
同乗者はかなり酔ってしまうようです…

スタッドを履いてるせいなのか、ロードノイズが大きくなったというのは自分でも実感できるのですが、扁平率55と60の違いで乗り心地はかわるものでしょうか?
ちなみに、同じく自分が運転する別の車では、彼らは酔わなかったと言っています。

新たに夏用のタイヤ・ホイールを買おうとしているのですが、55か60かで迷っています。
夏用のタイヤで5%程度の違いで乗り心地がそれほど変わらないというのならば15インチのホイールにしたいのですが、大きくかわるならば60の14にしようかと考えています。

彼らが酔った理由はスタッドレスだったこと・扁平率を大きくしたことどちらが大きいでしょうか?

Aベストアンサー

>扁平率55と60の違いで乗り心地はかわるものでしょうか?
私自身、以前乗っていた車でサマータイヤでですが、純正で185/65R14から195/50R15、
195/55R15へとインチアップした事がありますけど、僅かに乗り心地が固い気がするなぁ、と思うくらいで、
乗り物酔いする程ではありませんでした。

sioisさんが
・今回乗った車
・同じく自分が運転する別の車
とでは、タイヤサイズが違うのでは?
また、同乗者自体の体調も関係するので一概に5%の扁平率の変化だけで
乗り心地が変わるとは私は思えません。むしろ、195/55R15から195/60R14にした時に足回りが
柔らかすぎて乗り物酔いを起こし易いのではないかと思います。
(今回の場合は通常、乗り物酔いしなくなる方向の筈ですよ。)
ただ、195/60R14から、外径がほぼ同じの205/50R15にすると、
最初のうちは、かなり固めの乗り心地になりますが、乗っているうちに慣れてきます。

 スタッドレスタイヤの場合、低温時でもグリップ力が低下しない様に
柔らかいコンパウンド(ゴム)を使用します。
タイヤ全体のたわみに加えて、トレッド部(表面)のゴムのたわみが加わりますから、
乗り心地も「柔らかい」を通り越して、『腰砕け』のような柔らかさだと思います。
ですから、同乗者の方々が酔った理由はスタッドレスタイヤで、若干のエアー不足気味だったのでは?と思います。

夏用のタイヤは
タイヤ195/55R15
ホイールは6.0(6.5)J×15inchの組合せで良いと思いますよ。

>扁平率55と60の違いで乗り心地はかわるものでしょうか?
私自身、以前乗っていた車でサマータイヤでですが、純正で185/65R14から195/50R15、
195/55R15へとインチアップした事がありますけど、僅かに乗り心地が固い気がするなぁ、と思うくらいで、
乗り物酔いする程ではありませんでした。

sioisさんが
・今回乗った車
・同じく自分が運転する別の車
とでは、タイヤサイズが違うのでは?
また、同乗者自体の体調も関係するので一概に5%の扁平率の変化だけで
乗り心地が変わ...続きを読む

Qフィッシュバーガー

マクドナルドで食べるとしたら、フィレ・オ・フィッシュです。たまに、てりやきバーガーです。他のハンバーガー屋でもフィッシュバーガーを一番食べます。
友人に「フィッシュバーガー好きな人は珍しい」と言われましたが、ほとんどのハンバーガーチェーンにあるし、マックでも唯一フルタイムで注文できることから、一番人気の商品では?と思うのですが・・

みなさんはフィッシュバーガー好きですか?嫌いですか?普通ですか?

Aベストアンサー

#5です。

ハンバーガーにはWバーガーなどありますが、
フィッシュバーがのWとか出たら良いのになぁ~っ

よく考えたら、私の家族でフィッシュバーガーを食べるのは私だけでした・・・

ショボ━━(`・ω・´)━( `・ω)━(  `・)━(    )━(・`  )━(ω・` )━(´・ω・`)━━ン…


親も妹も祖母も食べない・・・
以前は誰かがたまに食べていたと思いますが、テリヤキ発売されてから
みんなテリヤキ派になりました。
1個で満足する人たちだから仕方がないかなぁ~っ・・・
ちなみにテリヤキ発売前私が注文するのはフィッシュとビックマックでした。

Qアルミホイールと乗り心地

 車重が軽い(980kg)車のため、道路で比較的跳ねるような乗り心地です。
 トランクに、ホイール付きのタイヤ2つを載せると、フラットでちょうど良い乗り心地になります。
 今は鉄ホイールを履いていますが、アルミホイールにするとバネ下荷重が減りますが、乗り心地は良くなる(上記のようにタイヤを載せた時のように)のでしょうか?タイヤサイズは、基本的に変えないとします。

Aベストアンサー

アルミホイールに変更しても、乗り心地はそう変わりません。
(リム幅が変わるのは別)
空気圧やタイヤサイズ、タイヤ・ブランドを検討する方がいいと思います。
(磨耗タイヤは論外)
根本的に変えるなら、「ばね」や「ショック・アブソーバー」の、
変更になります。

Q18Lの水槽にバタフライフィッシュ、プレコ2尾います。中層が少々寂しい

18Lの水槽にバタフライフィッシュ、プレコ2尾います。中層が少々寂しいのですが、バタフライフィッシュに食べられることなく、中層を泳ぐ魚はいないでしょうか…

そしてバタフライフィッシュがなかなか餌付きません。なにか方法はないでしょうか…

Aベストアンサー

No.1です。
脱腸ですか、、、難しいですね。

・飛び出した腸が壊死し、傷口からの出血が止まらずに死に至ることも多い病気です。
・飛び出した腸が壊死し、菌類が繁殖すると、体調を崩し死に至ることも多い病気です。

・飛び出した腸が壊死しても、菌類が繁殖せずに、傷口が癒着すれば回復することもあります。

菌類の繁殖は、隔離水槽でメチレンブルー浴を行う事で、完全ではありませんが、ある程度抑えられます。
ただ、メチレンブルーでは出血は止められません。

因みに、バタフライフィシュの親戚の体調10cm超えのアロワナだと、濡れタオルの上に寝かし綿棒などで飛び出た腸を押し戻す外的治療も行われています。(小型魚だと無理ですが、、、)

Q車高調の乗り心地に関して

車高調の乗り心地に関してわからないことが
あったのでお聞きします。

以下、2パターンでの乗り心地に関しておわかりの
方がおられましたら、どのような意見でも構いませんので
お答え頂ければ幸いです。

ショックアブソーバーは同じものと仮定し、また
下げる車高も同じものとします。
仕様だけ異なると捉えて下さい。

1.ショックアブソーバーの減衰力が強めですが、
スプリングレートは低め。

2.ショックアブソーバーの減衰力は弱めですが、
スプリングレートは高め。

勿論減衰力やスプリングレートに極端な差があれば
比較することは出来ないかもしれませんが、
例えばどちらも20%程度の違いとして考えた
場合での比較です。

素人の考えで言えば、スプリングレートの高い方が
乗り心地は硬そうだと思ったのですが、以前何かで
乗り心地(硬いか柔らかいか)を決めるのは基本的に
減衰力の強さだと見たことがあります。
ただ、もしかしたら記憶違いかもしれません。

以上ですが、おわかりの方がおられたら御回答宜しく
お願い致します。

Aベストアンサー

最近は長らくいじっていないので、最近のものの性能面がよくわかりませんが。
参考程度に・・・

乗り心地という事ですと、減衰力が高めでレートが低いということで1かと思います。

逆に2ですと、レートは高いのに、減衰力が弱いという事は、程度にもよりますが暴れる可能性もあるかと思います。

またショックは同じと書いていますが、バネは違うメーカーのものという事でしょうか?
同じメーカーでレートが違うだけなら、基本設計が同じだと思いますが、メーカーが変わるとまた違った乗り心地になりますよ。

バネもいいものを使うと、レートが高くても(極端に高いのは別ですが)乗り心地がそんなに悪くならないものもありますし、ショック、バネ、ホイル、タイヤなどすべての要素が関わってきますので、ショックとバネだけでどうこう言うのは難しいかもです。

当然ですが乗り心地を重視すれば、走りでは粘りが無くなったりという事が出てきますので、乗り心地と走りを両立しようと思うのであれば面倒ですが、そのたびに減衰力を変更するなどがいいかと思います。

ただ乗り心地よく車高を下げたいだけという事であれば、エアサスを入れるのが一番かと思います。

最近は長らくいじっていないので、最近のものの性能面がよくわかりませんが。
参考程度に・・・

乗り心地という事ですと、減衰力が高めでレートが低いということで1かと思います。

逆に2ですと、レートは高いのに、減衰力が弱いという事は、程度にもよりますが暴れる可能性もあるかと思います。

またショックは同じと書いていますが、バネは違うメーカーのものという事でしょうか?
同じメーカーでレートが違うだけなら、基本設計が同じだと思いますが、メーカーが変わるとまた違った乗り心地になりますよ。
...続きを読む

Qマウントリングについて

マウントリングについて
エアガンのVSR10にマルイのプロスコープズームをつけたいのですが、それに合ったマウントリングを教えて下さい。

そもそも、エアガンひとつひとつに専用のマウントベース、マウントリングがあるんですか?それもお願いします。

Aベストアンサー

通常のマウントリングは太さが1インチのリングです。レールの幅は20ミリが標準。
スコープによっては太さが1インチを超えたり、下回るものもありますからご確認を。

あとは、マウントベースからリング下までの距離の違い。つまり高さによる違いです。ローマウント、ハイマウントというものです。

ここらあたりは、個人の顔の大きさや好み。フロントレンズが50ミリクラスになると銃に接触するのでハイマウントが必要。実際に取り付けて確認するしかありません。迷うようなら標準的なマルイ純正を選んでおけばよろしいと思います。

Qタイヤの値段で乗り心地は変わる?

235/40/18を履いております。
そろそろ交換時期です。
今はナンカン?というメーカーの激安タイヤです。
これをブリジストン等の一流メーカーのタイヤに変える事で乗り心地、静粛性はよくなるのでしょうか?

私が求めたいのはスポーツ性ではなく静粛性です。

両方のメリット、デメリットがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

元タイヤメーカーの相談室担当者としての意見です。ご参考になれば幸いです。

質問者サンのクルマが何か、現在のタイヤサイズが新車装着時サイズなのかインチアップなのかも不明な状態ですが。

まずタイヤに関して。一般的に静粛性を求めるなら、新車装着サイズ+新車装着用タイヤが、最も静粛性の高い組み合わせとなります。つまりクルマを新車で買った状態が、最もベストであるということです。
理由は、新車の状態=カーメーカーの厳しいテスト基準に合格した状態だからです。
どんなハイテク搭載のクルマであっても、現段階ではタイヤで走ります。路面と接している部分はタイヤしかない訳で、その性能を生かすも殺すもタイヤで決まると言っても過言ではないのです。「走り」を追求したクルマであっても、レースカーなどの特殊なクルマ以外は、「音」や「乗り心地」など静粛性に対するカーメーカーの要求性能レベルは、相当厳しいものです。タイヤメーカー各社は、そのクルマが「最も良い状態」で走れるように、そのクルマのためだけに完全オリジナルタイヤを毎回作っている訳で、サイズさえ合えばどんな車にも装着可能な市販タイヤとは、やはり出来が違うのです。

但し、感覚や嗜好というのは人それぞれ。カーメーカーが一番と思った状態を、必ずしもクルマのオーナーが満足するとは限りません。
音や乗り心地が新車の状態より少し悪くなっても、もっと「しっかり感」が欲しいとか、クルマのパワーに負けない「グリップ力」が欲しいとかいった要求に合わせて、市販タイヤを選んでもらえばよいと思います。そのために、いろんな味付けの市販タイヤが売られているのです。

また基本的に40/45などの低偏平率のタイヤは、見た目でも分かるようにクッションとなる空気の量が少なくなっているので、残念ながら乗り心地は悪くなりがちです。
しかし、同じサイズでのタイヤ履き替えということなら、一般的にお店で売られている国内メーカーの市販タイヤで、「静粛性」を謳っている商品なら大体どれでも、今お使いの商品よりも静粛性だけでなく、基本性能もレベルは上だと思われます。後は、値段やブランドイメージ、デザインなどの面で選んで頂き、空気圧で微調整するようにして頂くと良いのではないでしょうか?

元タイヤメーカーの相談室担当者としての意見です。ご参考になれば幸いです。

質問者サンのクルマが何か、現在のタイヤサイズが新車装着時サイズなのかインチアップなのかも不明な状態ですが。

まずタイヤに関して。一般的に静粛性を求めるなら、新車装着サイズ+新車装着用タイヤが、最も静粛性の高い組み合わせとなります。つまりクルマを新車で買った状態が、最もベストであるということです。
理由は、新車の状態=カーメーカーの厳しいテスト基準に合格した状態だからです。
どんなハイテク搭載のク...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング