地層を見るとき全体を見る理由って何ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 そういう答えを期待していらっしゃるのかどうかわかりませんが、地層って、よく新旧、上下がひっくりかえっているからではないですか?



 左右からかかる力の加減で、ぐーんと、瘤のように下の地層の一部が盛り上がっていって、一番上の砂などの層を切り裂いて、さらに盛り上がっていって、やがて重力に耐えきれずパタンと倒れると、一番新しい砂の層の上に、古い地層が乗ることになります。

 上にある層は下にある層より新しい、とは言えませんよね。じゃ、どっちが新しいのだ、ということは全体(長い距離)を見ないと分からない、ということなんじゃないでしょうか。

 あるいは、単純に地層(土・砂などの層)だけではなく、地層に含まれている動植物の化石とか、粒の大きさとか、そういう物まで見て、判断しないとダメだよということか、と思います。
    • good
    • 0

地層を見るとき全体を見る理由って何ですか?


 ~~~~~~~~~~~~~
地層は地域の一部だからだと思います。
逆に考えると、全体を見ないといけないのがわかります。
 
例えば、ある場所から、縦1m・横1m・厚さ5cmに地層を切り取ってパネルにはめ込んで、これを観察する状況を考えたらどうでしょうか。
中国地方か、東北地方か、どの地域の、どの場所にあったのか、周りはどのようになっていたのかが不明のパネルでは、得られる情報は限られてしまいます。
 
下記のPDFには次のように観察の目的を説明しています。
http://rika.el.tym.ed.jp/cms/57305b66/57305b6630 …
【ねらい】露頭に見られる地層を観察し、地層のでき方、富山の歴史、地球の歴史を考えさせる。
【観察・実験の方法】露頭を詳しく調査することが、大地の成り立ちを考える上での第一歩になる。
(1) 離れた位置から露頭全体を見渡す。(そのポイント略)
(2) 露頭に近づいて、次のことを観察する。(そのポイント略)
(3) 地層をスケッチする。・地層をくわしく見るためにスケッチする。
(4) 標本(サンプル)を採取する。
 ~~~~~~~~~~
 
現状が丘陵の崖なのか、海岸の崖なのか、あるいは何かのトレンチか、平地や盆地などの道路工事・地下鉄工事・土木工事現場で地層が見える状態になったのか、地形図でその地域の地形を確認しながら、実際に露頭を観察した方が、イメージが立体的になります。 その付近あるいは遠方にある火山や河川、海岸との距離はどうなっているのか、過去の研究などでどのような地質や構造がわかっているのかなどの知識もあれば、現場での観察もより充実したものになると思います。
 
知識や経験が十分にあれば目前の露頭やサンプルだけでも相当なことがわかるでしょうけれども、それでも、なるべく広い視野でより多くを観察し、観察できた情報を検討するようにした方が、はるかに実のある成果が得られると思います。
 
地層を細かく見て、メータで測ったり、柱状図を描いたり、スケッチしたり、ルーペで見たりするほかに、大きく周囲を眺め全体を写真に撮り、地形図や地質図上で場所を確認するのだけでも、成果は違うと思います。もしも、その地層やその付近の地層、観察したのと同じ地層があると言われている遠くの場所ところの観察の記録を見せてもらうことができれば、学習の効果は数倍になるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

私の場合は、傾きの確認です。



あまり詳しくはあれ(長くなり興味を失う)ですが、たとえば
南上がりの地殻変動の様子が現れていれば、早田層と断定しますし。

この回答への補足

詳しくお願いします

補足日時:2011/04/20 17:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地層をとおってうまい水が生成されるしくみ

地層をとおってうまい水が生成されるしくみがわかりやすく図やイラストで示されているHPをしりませんか?なかなかさがしだせなくて困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

余りありませんね。
自信がありませんが、下記のページはどうでしょうか。

http://www.izuhakone.co.jp/guide/asp/topix/misima/unagi/mizu_unaagi.htm

http://www3.ocn.ne.jp/~mizukiyo/daich/daich1.htm

http://www2.odn.ne.jp/~cbq19960/

Qこれ(写真)は地層ではないですよね? 何ですか?

地学系の知識が殆ど無いのでご教示ください。
上信越道長野IC近くの写真ですが
縦に割れている?のは何故なのでしょうか?
なんとか節理というやつですか?

Aベストアンサー

上信越道長野ICの北側または東側の斜面ですか。
輝石安山岩の露頭と思われます。
まさしく柱状節理ですね。

Q地層について

私は今大学生なのですが、高校の時に選択科目で
地学を専攻していました!
そのとき「地層」がどうやってできるかはということは
習いましたし、分かるのですが「地層」が存在する意味
って一体何なんでしょうか…。
根本的なところでひっかかってて…。。
教えて下さい。「地層」の存在するわけや「地層」がもたらした
影響、「地層」の役割を!
宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

なんだか、とんでも無く難しい質問のような気がしますが、とりあえず回答しておきます。

地層が存在するわけは、地球の様々な活動の名残です。もう少し具体化してしまうと、地層断面上存在する各層は、例えば関東ローム層であれば、富士山や浅間山の噴火による噴出物の名残ですし、古東京湾層であれば、新生代第三期の水面下降(氷河期)中に河川が運んだ堆積物の名残です。

これらの地層を分析することで、過去の地球活動について理解が促進され、過去の環境やこれからの環境変化についての知見が得られるのです。

少しだけ話を増やしておきますと、地層面上に生じる亀裂が断層と呼ばれるものです。これについても、地層を分析することで、活動の時期が分かります。この調査資料に基づき活断層マップなどが作成されているのです。

Q氷河期に地球全体が寒くなる理由は?

こんにちは。
ネットで調べていたのですがこれと言った明確な説明が探し出せなくてこちらに投稿しました。
地球は周期で氷河期が来ますよね。
今は正確には氷河期(間氷期)と聞いたことがあります。
氷河期が地球に起こる原因は何でしょうか?
太陽との正対する角度で冬が寒くなる(すみません。うろ覚えです。。)ような明確な理由があるんでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

wikiを読むとまだ解明されていないようですね。
大気の成分が変わる。地球の軌道が周期的に変化する。大陸の配置が変わることにより大気の運動が変わる。
他にも調べると色々と説が出てきます。
明確な説明が探せないのではなく、まだ解明されていないのではないでしょうか。

Q地層で判断

中学生なんですが、地層からその地点が陸地であった最低限の回数を求めるにはどうすればいいのでしょうか。地層から考えてみようと思ったのですがよくわかりません。その近くの地層とも関係があるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
 A・B・Cという3つの層からなっている地点があるとします。Aが堆積後そこが隆起して陸地になり、その後再度沈降してBとCが連続して堆積しました。現在その現場では下の図のように見えます。
-------
   C
-------
   B
~~~~~~~不整合面
   A
-------
A層が堆積後この場所は陸地化してますので、A層とB層の間には時間的隔たりがありますね。このような関係は不整合であるといい、AとBの境界を不整合面といいます。B層とC層の間にはほとんど時間的隔たりはないのでこういう関係を整合と呼びます。
 さて、陸地になった=不整合面が作られた、というためにの証拠です。A層が一度陸地になったことによりA層は一度河川などにより浸食されています。よってB層中にA層の岩石がレキ岩にレキとして入ってきます。もしこのような礫岩がB層、とくにB層のA層との境界部分、に見つかればA層とB層は不整合であるといえます。よってその地点が陸地になったといえるでしょう。また化石などからA層とB層の間にかなりの時間的隔たりが見出せれば同様に不整合といえるのでA層堆積後B層が堆積するまでに陸地化していたといえると思います。
 中学校レベルだとこのぐらいの判断材料でOKだと思います。

こんばんは。
 A・B・Cという3つの層からなっている地点があるとします。Aが堆積後そこが隆起して陸地になり、その後再度沈降してBとCが連続して堆積しました。現在その現場では下の図のように見えます。
-------
   C
-------
   B
~~~~~~~不整合面
   A
-------
A層が堆積後この場所は陸地化してますので、A層とB層の間には時間的隔たりがありますね。このような関係は不整合であるといい、AとBの境界を不整合面といいます。B層とC層の間にはほとんど時間的隔た...続きを読む

Qいま空を見たら横長の雲があるんですがこれって地震雲ってやつですか?

いま空を見たら横長の雲があるんですがこれって地震雲ってやつですか?

Aベストアンサー

地震雲と言われる物に関しては、科学的に確立された定義がありません。
一部で言われて居る岩盤が割れる際に発生する電磁波説がありますが、四方八方に拡散する電磁波でこの様な雲を形成する
事は有りませんし、雲を形成すると為れば相当なパワーが必用ですので地上の電子機器に必ず影響が出ています。
従って写真の雲は単に飛行機雲が風で流されてきたのか、上空での風の流れによって偶然形成された巻き雲の一種なのかも
知れませんし。

Q地層のでき方

地質時代などの特定に地層の堆積を調べるそうですが、堆積というのはどこからきた土がどこに堆積したものなのでしょうか?今後も地層は形成されていくのでしょうか?いつか土地が平坦になってこれ以上新しい地層ができないということは起こるのでしょうか?
以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは.古生物学を研究している者です.

>地質時代などの特定に地層の堆積を調べるそうですが、

地層中の産出化石から,相対年代(後述)が判明します.
地学に『地層累重の法則』と言うのがありますが,
まず地殻の岩石は,
地上であれ水面下であろうと,化学・物理的な作用で崩壊を続けます.
いわゆる風化です.その風化によってできた土や礫が,
風や水流によって低地まで運ばれ貯留堆積します.

時には風化とは関係ない物質も加わる場合があります.
すなわち地表面に広範囲に降り注ぐ火山噴出物である火山灰なども,
落下堆積し地層中に単層として含まれている場合が多々あります.
それらが堆積する際に,「必ず地面の下から上の空に向かって堆積する」と,
考えられるのは,物理的な面から考えても簡単な道理であり当然です.

つまり,『地層累重の法則』とは,
「地層が堆積構成される際には,
下部から沈積が始まり順次上に向かって重なって層状を示している」と言う事です.
言い換えると,一度の豪雨で単層が構成されるが,
その後の豪雨では先の単層の上に重なるように層を成し,
この様に順に地面の下から上の空に向かって堆積してゆくと言う法則です.

フィールドで岩盤むき出しの崖の断面を観察すると,
体積時間差を示す,いわゆる何枚にも層状に単層が重なって見えるのが地層です.
一般的に地層は水平な場合より様々な角度で広がりを持った層がみられます.
それは基盤となる岩盤が押し合う結果,褶曲や断層を伴い傾いた結果です.

この様な場所で地層の上下関係を示す情報,
例えば地層中の一枚の層の中で,粒度の違いによっても上下が判定できます.
泥流中では,比重の大きい粒子(砂)の方が,
先に水底に積もり,その後比重の軽い粒子(泥)が堆積するので,
一枚の地層を詳細に観察すると,その堆積当時の上下判定に利用できます.

研究者は調査地点の層序を調べ,柱状図を作成しますが,
その柱状図を用いて世界各地の他の地点と比較することで,
地質年代を判断します.
参考に手持ち論文の柱状図の画像を添付しておきます.

地質年代を推定する場合,産出化石によって『相対年代』が判明します.
これまで,世界各地で地層から産出する化石を整理し,
特定の地層からだけ産出する化石(示順化石)が判明しています.
現在はそれらの化石が年代順に整理されていますので,
容易にそれらの化石から地質時代が理解されるのです.

この様に化石から年代判定をしているのを『相対年代』と言い,
採集地ででも産出化石から容易にできる,簡単・便利な年代判定手段です.

他方の手段が,地層中の鉱物(放射性同位体の半減期)を利用した『絶対年代』です.
詳細は長くなるので省略します

>堆積というのはどこからきた土がどこに堆積したものなのでしょうか?

火山の噴火や,マントル対流を基にした造山運動などで,
海水面より高い位置に隆起した所の岩石が,
歳月をかけた風化作用によって小さく砕かれできた砂や泥などが,
水流によって運搬され流速が遅くなった所で,比重にあわせ沈積します.
なお,湖など陸地の水中や,さらに広い海水中でも,
同じように風化~運搬~堆積現象は起こっています.

この場合水流速度によって,
比重の大きな物から小さな物まで順次沈積していきます.
そのために,地層中の礫の大きさで当時の古環境での流速が推定できます.
この沈積作用でできた岩石を,『堆積岩』と言います.
その際に生物の遺骸などが地層中に挟まっていると化石化します.

堆積する場所は,水流がある場所ならばどこでも可能です.

>今後も地層は形成されていくのでしょうか?

大地や海(水)がある限り地層形成は物理的に行われます.
現在の月の様な空気や水の無い惑星などでは地層は発達しません.
岩石化(固化)するのには,
圧力だけでなく水による科学的な固化作用が必要ですが,
水分が存在しないために接着が起こらないからです.

>いつか土地が平坦になって,
>これ以上新しい地層ができないということは起こるのでしょうか?

我々が生存している間には,その可能性はありません.
地球は星の年齢にすると,青年期の若い星に分類されています.
地球内部に現在存在する地球生成(誕生)当時の熱がある限り,
地球物理的な現象として,畜熱された熱を宇宙空間に放出するために,
当然『熱対流』が起こります.

地球の場合,内部から外部に熱を運ぶ作用を持つ,『マントル対流』の結果として,
地球表層にできた地殻の割れ目から左右に分かれ拡大し,
新しい地殻が形成され続けています.

つまり,プレートテクトニクスで言う所の,
プレートの移動によってプレート同士がぶつかりあう作用が起こり,
山(ヒマラヤなど)や浅い海底の隆起(宮崎平野など)が引き起こされます.
さらに火山による噴出物による山体(富士山など)の拡大も含むことができるでしょう.

地球全体から見ると,
この様に比重の軽い地殻が常に生成・補充され続けています.
いわゆる『陸地:大陸』が形成され続けると言う事です.
つまり陸地が隆起し岩石が風化する場所が必ずできるので,
当然今後も地層は形作られる事になるでしょう.

冗長な回答になりました.お役に立てたでしょうか?
仕事の合間にお役に立てばと急いで書き綴りました.
ついには読み直す時間がありません.
表現不足や誤字脱字が考えられますが,その場合はご笑納ください.

この回答が,ご質問者さまの疑問解消の一助になれば幸いです.

こんばんは.古生物学を研究している者です.

>地質時代などの特定に地層の堆積を調べるそうですが、

地層中の産出化石から,相対年代(後述)が判明します.
地学に『地層累重の法則』と言うのがありますが,
まず地殻の岩石は,
地上であれ水面下であろうと,化学・物理的な作用で崩壊を続けます.
いわゆる風化です.その風化によってできた土や礫が,
風や水流によって低地まで運ばれ貯留堆積します.

時には風化とは関係ない物質も加わる場合があります.
すなわち地表面に広範囲に降り注ぐ...続きを読む

Q東京で地層が場所見えるか?

東京都内で露頭の地層が見える場所がありますか?
できたら世田谷区、港区、目黒区周囲がいいです

Aベストアンサー

「東京都内」ということですので,奥多摩地域(西多摩郡,あきる野市,青梅市)あたりを歩けば,たくさん見つかります。
また,多摩ニュータウン近辺にも時々あります(昔はもっとたくさんありました)。たとえば,京王多摩線の稲城駅の南方には関東ローム層のみえる大きな崖があります(ただかなり崩れてきて,下半分は土砂に埋まっていますが)。

世田谷区といえば,等々力渓谷が有名です。
東急大井町線の等々力駅を出て,南方向に歩いてすぐです。
参考URLのページもご覧下さい。

ちなみに,地層といっても見えている岩石の種類や年代は様々ですが,どういう地層でもいいのですか?
また,見てどうしたいのですか?
それによっても,アドバイスの仕方は違ってきますので,よかったら補足して下さい。

それと「露頭の地層が見える場所」は日本語として変です。「地層が見える場所」のことを「露頭」と言います。

参考URL:http://home.catv.ne.jp/dd/ohmura/,http://www.chemie.org/geo/02fw02r.htm

Q地層を手軽に見たい!

地層を見てその地層についてでき方などを調べたいのですが、都内で手軽に見学できるスポットを教えてください

Aベストアンサー

手軽に見られるのは等々力渓谷ですね.不動の滝右の露頭で武蔵野台地の基盤地層が観察できます.
http://www.youga.net/02/yazawa/todoroki-keikoku.html

都内ではないんですが,こちらのページも参考になると思います.
http://ksm.keins.city.kawasaki.jp/Library/CHISO/index.html

Q中学受験 地層の問題

息子に聞かれて分からないことがあります。
添付画像の問題があります。

(6)次のア~オをおきた順番に並べなさい。
(注:選択枝内の(1)(2)は添付画像の図のマル1、マル2です)
ア (1)の地層群ができた
イ (2)の地層群ができた
ウ (2)の地層群全体が曲がった
エ あ面ができた
オ い面ができた

答え:イ→ウ→エ→オ→ア

ここで質問があります。

この問題は答えは合っていましたが、ウとエが逆では成り立たないのか?と息子から聞かれました。すなわち断層ができてからしゅう曲がおきても同じようになるのでは無いか?ということです。
確かに息子の言っていることは分かる気がします。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「日本列島のインバージョンテクトニクス」佐藤比呂志
http://topo.earth.chiba-u.jp/afr/backnumber/No15/15%E5%8F%B723%E4%BD%90%E8%97%A4.pdf

この論文はアジア大陸の縁が分裂して日本海が出来たときに、
日本列島、特に東北地方には正断層ができて、大陸地殻が引き伸ばされたことで浮力が減り沈降したあと、
東西の圧縮場に変化して過去の正断層が逆断層として動いて、
現在の奥羽山脈などが形成されているというものです。
その西側の新潟には第4紀褶曲帯が形成されています。

産総研のページに分かりやすい図がありました。
参考にしてください。
http://www.aist.go.jp/aist_j/aistinfo/aist_today/vol04_12/vol04_12_topics1/vol04_12_topics1.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報