KENWOODのDP-8010というCDプレイヤー(1988年製)が故障し、新しいCDプレイヤーの購入を検討しています。DP-8010は当時の定価79,800円で、重量もあり、かなりカッチリと手抜きなしで作られていたように思います。一方、この20年でCDPの性能は劇的にアップしたとも聞きます。そこで質問ですが、現在の入門機クラス(DENON755、マランツ6003、ONKYO S5、YAMAHA S-700あたり)は軽量級ですが、これらに買い替えた場合に、音質的には現在よりも良くなりますか?悪くなりますか?私としては少なくとも現状維持であれば全く問題ないと考えています。ご意見頂戴できれば幸いです。ちなみにアンプSONY 333ESX2、スピーカー パイオニアS55TWINです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

御質問に


「この20年でCDPの性能は劇的にアップしたとも聞きます。」
とあります。
残念ながらCDーDAフォーマットでは「劇的」な性能アップはしていません。
性能面では事実上停滞、細部の詰めが細々と行われているにすぎません。
20年前のような物量投入機は現在の10万円未満の製品では見る影もありません。
DP8010に採用されていたアルミダイキャスト・ピックアップベースなどは夢のようです。
候補の4機種はミニコンよりはだいぶマシですが
DP8010と比べた場合は「う~~ん!?」です。
もしかしたら「細部の詰め」で「DP8010よりも音質が向上」というよりも、
より「貴方の好みに合う音質」になっているかもしれません。
予算が限られているようですので
候補の4機種を店頭で試聴して好みの音を探すのがベターと思います。

できればもう少し増額してワンランク上の機種、
1500SE、8003、S-1000あたりを候補にしてほしいですが
無理かな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、そういう意見もありますね。
S-700なら辛うじて候補にできそうですが・・・

お礼日時:2011/04/21 16:43

重量級、軽量級というのはほとんどは電源回路と回転機構の重量の差ですね。


まずドライブは、デジタル処理の場合はデータが読めるか読めないかの違いしかないと思えば良いでしょう。信号はゼロと1しかないのでこれが識別できればそれ以上はまったく関係ありません。
したがって重量級ドライブというのは飾り物としては意味があるというだけです。
音質のほうはほとんどDACで決まるといえます。

したがって私は安価なドライブに高価なDACを接続することを薦めています。
もしあなたがデジタル端子のついたDVDやブルーレイレコーダーをお持ちならば、ドライブはそれを流用して、浮いたお金で高めのDACを買うことができます。
DACは今はそれこそピンからキリまであります。一度買えばめったに故障しないので長く使えます。CDの故障の大半はドライブの故障だからです。

これ以上は実際に店で現物を見て、聞いてお決めになったらよいでしょう。
でも電子回路ですから、20年間には確実にコストパフォーマンスはあがっていると思います。

一度ためししてみませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、DACというのも面白そうですね。
安いプレーヤーを買っておいて、物足りなくなったら
DACを買うのも有りかもしれませんね。

お礼日時:2011/04/24 22:32

現状維持以上が望みであるならば、修理して継続使用ですね。



オーディオを日本で造っていた時代(当時)と
家電を海外で生産させている時代(現代)の違いがあります。

今の予算では消耗品の部類に入るものしか手に入りませんから
「音は普通」でokなんです。

音質に拘っていた頃の記憶を現代に求めるのであれば、
当時以上の金額を出さないと無理だと言うことを理解し、
修理が可能であれば現行機を使った方が満足出来ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、20年で音質の向上は特にないという意見ですね。
参考になります。

お礼日時:2011/04/24 22:29

私も、1年位前に質問者様と同じ様な考えを持っていました。



現在の手持ちのCDプレーヤーがそろそろ壊れる。また、修理不可能と思いまして、現在発売のCD(SACD)プレーヤーを借り自宅で同じアンプ、スピーカーで試聴しました。

現在の手持ちプレーヤーは、フイリップスのLHH800R及びマイクロのMD-2です。 お借りした物は、最新型の50万程度のプレーヤー(ここでは、メーカーや型式は割愛します)です。

感想としては、現在の機器は帯域は広く感じますが、平べったい音に感じます。 音を聴くには良いのですが、音楽を聴くには疑問です(音疲れがします) 手持ちのプレーヤーは、音楽を聴いている(心よち良い音)、楽器1つ1つが浮きあがりが感じます。

要するに、音質(音楽)はスペックではないと結論がでました。
中古市場の値打ちを見ると(オークション含む)良い値段がつく物は、それなりの造りや音質がありす。

故に、私なら修理を検討します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり音の厚みとかふっくらした感じは、昔のものも良いですね。
DP-8010は中古市場で値打ちがあるかは微妙なところですが、迷います。

お礼日時:2011/04/24 22:28

質問者様が、DP-8010を(音質も含めて)どの程度気に入っているのかにもよりますが、修理という選択肢はなしですか?


故障がどのような状態なのかわかりませんが、ケンウッドは部品がある限り、修理は引き受けてくれる感じを受けます。
ただ、年数経過品ですから、修理に出すならオーバーホールとして依頼したほうがよさそうですけどね。

私の話になりますが、1993年製のミニコンポを修理ついでにオーバーホールとして依頼し、すっかり良くなって戻ってきました。
家電量販店経由で修理に出したのではなく、ケンウッドの修理窓口に直接持ち込んだのですが、自分が把握していた故障箇所はすべて直りました。
オーバーホールとして依頼したので、今は症状が出ていないが、部品の劣化が進んでいるところがあったようで、そこも交換してもらいました。
ただ、部品がなくて交換できなかったところもあり、そういった点についても、すべて説明がありました。
個人的には、非常に満足のいく対応をしてもらえました。

質問者様にとって、DP-8010がお気に入りの製品であれば、修理をして使う(部品があればの話ですが)という方法もありかなと思い、回答を書いてみました。
No.5様が「20年前のような物量投入機は現在の10万円未満の製品では見る影もありません。」と書かれていますが、DP-8010も、今となっては貴重な1台かと思います。
ちなみに私は、ケンウッド製品だとDP-7040も持っており、こちらも不具合なく使えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ケンウッドに症状を電話して聴いたら、見積もりに1575円(まあ、これはいいのですが)と、
修理はもしかしたら2万くらいかかるかも!と言われたので、安価な製品なら買い変えたほうが、
いいかもと思ったのがキッカケです。3~4万クラスの現行品よりDP-8010のほうが
明らかに上であれば、修理という選択肢もありなのですが。迷います。

お礼日時:2011/04/22 11:20

いや~皆さん良い耳をお持ちでうらやましいですね。



私はヤマハCD-3(1985年)、ヤマハCDX-2200(1986年)とマランツのCD6003持っていますが、スピーカーで比較する限りは、ほとんど差が判らずブラインドテストされれば、まず聴き分ける自信はありません。

なんとかヘッドフォンを使うと微妙な「差」が判り、自分の好みで行くとCDX-2200>CD-3=CD6003の順になりますでしょうか。

なので、スピーカーで再生する場合は、iPod接続出来るCD6003が非常に便利(CDの入れ替えがほとんど不要)なので、もっぱらCD6003で聴いています。

出来れば視聴されて、ご自身の好みに合う機種を選ばれるのが一番と思います。
そして私と同じ様に、価格の安い製品と高い製品に「差」が見出されないエコノ耳ー(笑)であれば、安い製品を購入されて差額分でCDなどの音楽ソフト購入につぎ込むと言うのはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね。エコノ耳という可能性も大いにあります。
DP-8010で音質は満足なので、
それより一聴して落ちるのは嫌だな~といった程度です。

お礼日時:2011/04/22 11:17

2です。

マランツ6003はオススメ商品の機種に入っています。下記の所にアドレスを書いておきます。

http://www.yoshidaen.com/ 

お店に予算を話して、今のアンプと組み合わせで相性はどれが良いかなど、質問された方が良いと思います。メールでも電話でも専門店の方が的確で素人よりもずばりな回答がきます。そして、オススメされた機種を聞くのが一番良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/21 16:44

これからも20年使い続けるか分りませんが、


もう少し奮発しては。。

PD-D6Mk2:http://review.kakaku.com/review/K0000034822/
(純粋な?CDプレーヤ)

DCD-1500SE:http://kakaku.com/item/K0000100539/
(iPodと連携できる)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうなんですよ。その価格帯なら、確実に良いのは分かっているのですが。
悩むところです。

お礼日時:2011/04/21 11:56

音質的には現状よりは音は良くなると思います。

マランツ6003やONKYOのc-S5などがアンプに相性が良いと思います。ただ、好みの問題もありますので視聴されてから購入された方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2011/04/21 11:55

>音質的には現在よりも良くなりますか?悪くなりますか?



こればかりは実際に聴いて本人に判断していただくしかありません。

物理的な性能と音質との関係は既にとうの昔に「物理性能の向上が音質変化として耳に聞こえる」レベルを凌駕していますので、性能が良くなったからと言って音質が良くなったかどうかは判断できないものです。

また 1988 年当時の CDP と現在の入門機クラス CDP とでは使用している DAC (デジタル・アナログ変換 IC チップ) の形式や増幅段の違い (トランジスタ・アンプと IC アンプの違いなど) がありますので、こうしたことからもカタログ性能値だけで音質を判断できないものがあります。

物理性能上は極めて不利な真空管式アンプの音を良い音と感じる人もいれば物理特性上は極めて高性能な IC アンプの音を良い音と感じる人もいるのがオーディオであり、多種多様な製品を多種多様な環境で使うオーディオの世界では KENWOOD DP-8010 の音はこれだと言い切れるものでもないという点でも回答に苦しむ御質問です。

是非、愛聴の CD と愛用のヘッドフォンをショップに持ち込んで DP8010 とヘッドフォン再生音がどう違うかを御自分の耳で御判断ください。(安価な機器でのヘッドフォン再生音はアンプを介してスピーカーから出てくる音とは異なる場合が多いものなのですが、それでも設計者が意図したであろう基本的な音色の傾向はある程度つかめるのではないかと思います。私はこの方法で十数機種の CDP を試聴して初めての CDP に Marantz CD80 を選んで以来、間違いはなかったです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
DP-8010はもう故障しているので、ヘッドフォンで聴きようがないんです。

お礼日時:2011/04/21 11:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDからCD-RWにコピーする前のCDからのファイルコピーの方法

CDからCD-RWにコピーする前のCDからのPC上へのファイルコピーの方法が分かりません。

Aベストアンサー

CDのバックアップでしょうか。
バックアップなら、付属のライティングソフトでできるはずです。
その場合は、お使いのライティングソフト(B's Recoderとか)を教えてください。

単体のファイルコピーでしたら、対象のファイルをコピー先にドラッグアンドドロップで大丈夫です。
それから、ライティングソフトでCD-RWに書き込んでください。

Qレコードプレイヤー DIATONE DP-EC5MKII について質問です。

DIATONE DP-EC5MKII <http://www.audio-heritage.jp/DIATONE/player/dp-ec5mkii.html

を所有しているのですが、調整ねじについて質問です。

正面から見て、アームの奥と手前に二つ、調整用のねじがあります。

奥のものは、よくあるアームのリードイン調整用のねじと思うのですが、手前のねじはいったい何を調整するねじなのでしょうか。

試しに少しづつ動かしてみたのですが、何が変化したのかいまいちよく分かりませんでした。

どなたかご存知の方、教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

余り自信がありませんが、アームを上げる際の高さの微調整をするネジかもしれません。

違っていたらすみません。

Qフォルダの写真をCDRやDVDRにコピーする方法

Vistaを使用している初心者です。
ピクチャの中のたくさんあるフォルダの中から、好きなフォルダを1つ選んで
そのフォルダをCDRやDVDRにコピーして保存する方法があると聞いたことがあります。
残しておきたいデジカメの写真などあるので、CDRやDVDRに保存する方法を教えて下さい。
又、CDRやDVDRには何枚位の写真が残せるのでしょうか?
そもそも一般的にはどちらにコピーするのが普通なのでしょうか?
(カメラ屋さんではCDにコピーしてた気がするのですが・・・?)
全くの素人です、できればPCの専門用語をさけて教えていただけるとうれしく思います。
どうぞよろしくお願いします。
(1)フォルダ内の写真をCDRやDVDRにコピーする方法(簡単な言葉でお願いします)
(2)CDRやDVDRには何枚位の写真がコピーできるか
(3)CDRとDVDR,どちらに残すのが一般的か

Aベストアンサー

(2)
CD-Rは700MBで650MB程度
DVD-Rは4.7GBで実質4.4GB程度

写真の画素数により違います。DVDで4GBでは1200万画素で約635枚、1000万画素で約765枚、800万画素で約955枚
CDは約1/6

(3)
ふつう、写真はCD-Rへ、動画の保存はDVD-Rへ。(ご自分の好みでどうぞ)
CD/DVDはSDカード、USBメモリーより信頼性は高いですが、傷や紫外線に弱いので、定期的にバックアップ(複製作成)した方がよいでしょう。
また、海外製より日本製が信頼できます。
ちなみに以前海外製CDを大量に購入した時10枚の内1~2枚程度は不良品でした(最近はかなりよくなっていると推定)

書き込み方法にもよりますが、書き込み終了時「ファイナライズ」しないと他のPCなどでは見えません。

Q年式の古いアンプと現行品の比較

ラックスマンのプリメインアンプL-570Z'sを中古で購入したのですが、定価は50万もしましたが、年式は1991年頃で古いです。
技術革新とかで安いのでも現行品のほうが音質がよかったりするものでしょうか。

Aベストアンサー

まったく関係ないです

アンプは特に確立された技術を使います
新しい技術なんでありません

高い安いはどう違うが

回路が省略してコストを落とす
部品の精度を落としてコストを落とす
基盤の品質を落としてコストを落とす
ノイズ対策のコストを落とす
振動対策のコストを落とす
などなど

超高級品は
回路を省略しません
部品の精度は高いです
すなわち 回路のバラつきが殆ど無い
基盤はコストが掛かってる
 良いのは測定器みたいにアース層がありノイズが少なくなる
 銅の厚さが違います
銅のシャーシを使い誘導対策している
電源は余裕がある
回路も余裕がある物を使う

などなど 

上げれば切がないです

遥かに昔の高級品の遥かに音が良いですよ


昔 Lー570持ってましたね
  A級アンプは暖まるまで音がドリフトするんで面白いかったですよ
  暖まるまでに約2時間かかる

 このアンプ 低域非力
       高域は綺麗です
 A級だからS/N悪いですがね

 

QCD から PC にコピーする方法。

初歩的な質問ですみません。
旧パソコン(Win98)でバックアップしたCDを新パソコン(WIN XP)にコピーする方法をご教示下さい。

マイコンピューターをクリック→CD-RWをクリック→My
Documentsのフォルダが表示される。
このMy Documentsを一度にまとめて新パソコンにコピーする方法です。

Aベストアンサー

ただのコピーなら
(1)マイコンピューターをクリック→CD-RWをクリック→MyDocumentsのフォルダを表示
(2)もう一度マイコンピューターをクリックして別窓を開き
コピーしたいフォルダを開く

(1)→(2)にフォルダーをドラッグ&ドロップ

これでコピーできないでしょうか?

QCDプレーヤー CDP-X5000 の異音について

SONY CDプレーヤー CDP-X5000  を10数年前ですか?  新品を購入しばらく使用していましたが、そのままお蔵入り、久しぶりに聞こうと思い電源を入れました。
CDを入れる時に、ふたをスライドすると、センターピンが移動する時、ガーと言った音が発生します、この音はこの機器専用か、又は異常音なのが判断がつきません。
買った時には、この音が出たのか出なかったのか記憶が有りません、その他は正常です。
知っている方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

多分・・です。
相当期間使用しないでいると、可動部分の油分、特にホワイトグリースのような柔らかいものは徐々に揮発して固くなってしまいます、定期的に動かしていればスライドレールに柔らかい油膜が残りますが、この薄い油膜が乾いて重くなりスムーズなトレー、あるいはピックアップユニットのスライドができなくなり、プラスチックギアが逃げを起こして「ガー」という音を発しているのだと思われます。

Q動画ファイルのコピー(CDR)でエラーを回避する方法

はじめまして。

少々教えて頂きたいのですが、
CDRに保存しておいた動画がコピーする方法はないでしょうか?
コピーすると「循環冗長エラー」が出てしまうのです。

因みに、
・著作権保護CDではありません。
(デジタルビデオで撮った風景を他のパソコンでMPEG化したものです)
・CDRは汚れ傷等もありません。
・動画は最初から最後まで再生できます。

色々試した結果、
・ライティングソフトで他のCDRにコピーしてみる⇒可能
・仮想CDで見てみる⇒閲覧可能
・仮想CDにしたファイルをコピー⇒同じエラーが出る

どうにかして、動画をHDDにコピーする方法はないでしょうか?
方法は良くわかりませんが、
著作権保護CDと同じと考えて、リッピングするとか・・・?

過去にも同じような質問が出ていますが、動画自体が見れますので、質問させてください。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は「巡回冗長エラー」だと思っていたのですが、
循環・・・でも同じCRCエラーのことなのかな?

どちらにしても、ファイルなどをコピーする際に、
エラーを検査するシステムのことでしょう。
http://www.dlmaster.com/other/crc.html

予想としては、動画を観るのには問題ない程度かも
しれないが、ファイルの一部が破損している
・・・と見るのが普通ではないかと思います。

駄目かも知れませんが、動画閲覧可能であれば、
以下URL参考に、コマンドラインからxcopyなどで
吸い出せば出来るかもしれません。

ただ、これでコピー出来たとしても、そのデータが
完全である保証はありませんが。

回答がついていないようなので、分かる範囲で書きました。
もう少し詳しい方がいるといいんですが・・・。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/268filecopy/filecopy.html

Qアンプ、CDPのリアル路線とは?

演奏会、LIVEに近い音、雰囲気をSPから出したい場合は
元副会長様の推奨される
”「リアル路線」(カラーリングの少ない音)のアンプやプレーヤーとしてはSOULNOTEやNmodeの製品が挙げられます。あるいはESOTERICとかPRIMARE、NU-FORCE、安価なところではONKYOでしょうね”
を選択するのが宜しいでしょうか?

Aベストアンサー

質問文2行目以降の引用(?)部分の趣旨が分かりかねますが...

言葉の定義にもよりますが、一般論としては、「演奏会、LIVEに近い音、雰囲気」と「リアル路線(カラーリングの少ない音)」とは別物と考えるべきです。

ハイファイ(高忠実度)オーディオの目指すべきところは、「音源に記録された情報を余すところなく、脚色せず、忠実に再生し、聴取すること」にあります。そのためには、適切に設計されたリスニングルームで、ノイズや歪みの少ないプレーヤー、アンプ、スピーカーを使うことが必要条件になります。その意味で、「音源に対してリアル(=ほんもの)」でなければなりません。

(ちなみに、「real=本物」ですが、いくらきれいにコピーしても「モナ・リザ」の本物はルーヴル美術館に展示されているそれ1点であって、ほかはすべて偽物です。音でいえば、録音された時点ですでにそれはリアルではありません。つまり、ハイファイオーディオの目標を「本物の楽器の音を出すこと」に求めるのは、そもそも不可能を要求するものです。したがって、オーディオにおけるreality=真実性は、録音物に記録された情報に対して求めるべき性質のものだといえます。)

他方、「演奏会、LIVEに近い音、雰囲気」は、必ずしもこの限りではありません。そもそも、一般的なCD等に記録された音は、「なんとかホールの2階席最前列の何番の席の音」ではありません。ゆえに、その席での音を求めるなら、一定の脚色が不可欠だといえます。優れたライブ録音などでは、その会場の興奮が伝わってくるような場合もありますが、それは「録音が優秀」なのであって、それを再現するためには上記の意味でハイファイでなければなりません。

脚色が不可欠ということは、もはや前記の意味でのハイファイとは両立し得ないことを意味しています。もちろん、オーディオも趣味の1つなので、みんながみんな上記の意味でのハイファイを目指さなければならない訳ではありません。「そこそこハイファイで、そこそこ雰囲気のある音」を目指すのも、もちろんありだといえます。

質問文2行目以降の引用(?)部分の趣旨が分かりかねますが...

言葉の定義にもよりますが、一般論としては、「演奏会、LIVEに近い音、雰囲気」と「リアル路線(カラーリングの少ない音)」とは別物と考えるべきです。

ハイファイ(高忠実度)オーディオの目指すべきところは、「音源に記録された情報を余すところなく、脚色せず、忠実に再生し、聴取すること」にあります。そのためには、適切に設計されたリスニングルームで、ノイズや歪みの少ないプレーヤー、アンプ、スピーカーを使うことが必要条件になりま...続きを読む

QCD-ROMのデータをCD-Rへコピーする方法

WINDOWS XPの機能で、CD-ROMの内容をCD-R(CD-RW)へコピーできると聞いていいますが、方法を教えてください。

Aベストアンサー

はじめに確認して置きますが、著作件とかライセンスとかその辺の問題は大丈夫ですか?
不正コピーは犯罪、法律違反です。
コピーの方法は簡単。
マイコンピュータを開き、CDドライブを右クリック。
コピーを選択して、適当なHDDドライブを開いて右クリックで貼り付けを選択。
CD内のデータがコピーされます。
次はCDドライブにブランクCDを入れます。
マイコンピュータを開き、先程作成したHDD内のフォルダを開き、全部選択。
ドラック&ドロップでマイコンピュータ内のCDドライブのアイコンまで持っていって落とす。
これだけでは書き込まれませんので、CDドライブを開き、書き込みのタスクを実行します。

Q5万円以下でCDPをさがしてます。アドバイスおねがいします。

あたらしくCDPを買いたいと思うんですが、一般に中古のDCD-1650AZと新品のDCD-755AEではどちらがいいんでしょうか?六年前のものと新品ではクラスの差はちじまるんですか?

Aベストアンサー

その2機種なら圧倒的にDCD-1650AZの勝ちでしょう。
アンプとスピーカが良ければ良いほどその差は実感出来るはずです。

DCD-755AEはもちろん当時のモデル(DCD-735あたりでしょうか)より進化していますが
CDプレイヤーというジャンル自体が6年前に既に完成の域まで達してますからね。
2クラス上の製品を追い抜くほど進化する余地はありません。

その2つでどちらかという話しだったら、私なら迷わずDCD-1650AZを選びますね。
(回転メカは劣化するので状態の良いことが前提ではありますが)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報