KENWOODのDP-8010というCDプレイヤー(1988年製)が故障し、新しいCDプレイヤーの購入を検討しています。DP-8010は当時の定価79,800円で、重量もあり、かなりカッチリと手抜きなしで作られていたように思います。一方、この20年でCDPの性能は劇的にアップしたとも聞きます。そこで質問ですが、現在の入門機クラス(DENON755、マランツ6003、ONKYO S5、YAMAHA S-700あたり)は軽量級ですが、これらに買い替えた場合に、音質的には現在よりも良くなりますか?悪くなりますか?私としては少なくとも現状維持であれば全く問題ないと考えています。ご意見頂戴できれば幸いです。ちなみにアンプSONY 333ESX2、スピーカー パイオニアS55TWINです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

御質問に


「この20年でCDPの性能は劇的にアップしたとも聞きます。」
とあります。
残念ながらCDーDAフォーマットでは「劇的」な性能アップはしていません。
性能面では事実上停滞、細部の詰めが細々と行われているにすぎません。
20年前のような物量投入機は現在の10万円未満の製品では見る影もありません。
DP8010に採用されていたアルミダイキャスト・ピックアップベースなどは夢のようです。
候補の4機種はミニコンよりはだいぶマシですが
DP8010と比べた場合は「う~~ん!?」です。
もしかしたら「細部の詰め」で「DP8010よりも音質が向上」というよりも、
より「貴方の好みに合う音質」になっているかもしれません。
予算が限られているようですので
候補の4機種を店頭で試聴して好みの音を探すのがベターと思います。

できればもう少し増額してワンランク上の機種、
1500SE、8003、S-1000あたりを候補にしてほしいですが
無理かな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、そういう意見もありますね。
S-700なら辛うじて候補にできそうですが・・・

お礼日時:2011/04/21 16:43

重量級、軽量級というのはほとんどは電源回路と回転機構の重量の差ですね。


まずドライブは、デジタル処理の場合はデータが読めるか読めないかの違いしかないと思えば良いでしょう。信号はゼロと1しかないのでこれが識別できればそれ以上はまったく関係ありません。
したがって重量級ドライブというのは飾り物としては意味があるというだけです。
音質のほうはほとんどDACで決まるといえます。

したがって私は安価なドライブに高価なDACを接続することを薦めています。
もしあなたがデジタル端子のついたDVDやブルーレイレコーダーをお持ちならば、ドライブはそれを流用して、浮いたお金で高めのDACを買うことができます。
DACは今はそれこそピンからキリまであります。一度買えばめったに故障しないので長く使えます。CDの故障の大半はドライブの故障だからです。

これ以上は実際に店で現物を見て、聞いてお決めになったらよいでしょう。
でも電子回路ですから、20年間には確実にコストパフォーマンスはあがっていると思います。

一度ためししてみませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、DACというのも面白そうですね。
安いプレーヤーを買っておいて、物足りなくなったら
DACを買うのも有りかもしれませんね。

お礼日時:2011/04/24 22:32

現状維持以上が望みであるならば、修理して継続使用ですね。



オーディオを日本で造っていた時代(当時)と
家電を海外で生産させている時代(現代)の違いがあります。

今の予算では消耗品の部類に入るものしか手に入りませんから
「音は普通」でokなんです。

音質に拘っていた頃の記憶を現代に求めるのであれば、
当時以上の金額を出さないと無理だと言うことを理解し、
修理が可能であれば現行機を使った方が満足出来ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、20年で音質の向上は特にないという意見ですね。
参考になります。

お礼日時:2011/04/24 22:29

私も、1年位前に質問者様と同じ様な考えを持っていました。



現在の手持ちのCDプレーヤーがそろそろ壊れる。また、修理不可能と思いまして、現在発売のCD(SACD)プレーヤーを借り自宅で同じアンプ、スピーカーで試聴しました。

現在の手持ちプレーヤーは、フイリップスのLHH800R及びマイクロのMD-2です。 お借りした物は、最新型の50万程度のプレーヤー(ここでは、メーカーや型式は割愛します)です。

感想としては、現在の機器は帯域は広く感じますが、平べったい音に感じます。 音を聴くには良いのですが、音楽を聴くには疑問です(音疲れがします) 手持ちのプレーヤーは、音楽を聴いている(心よち良い音)、楽器1つ1つが浮きあがりが感じます。

要するに、音質(音楽)はスペックではないと結論がでました。
中古市場の値打ちを見ると(オークション含む)良い値段がつく物は、それなりの造りや音質がありす。

故に、私なら修理を検討します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり音の厚みとかふっくらした感じは、昔のものも良いですね。
DP-8010は中古市場で値打ちがあるかは微妙なところですが、迷います。

お礼日時:2011/04/24 22:28

質問者様が、DP-8010を(音質も含めて)どの程度気に入っているのかにもよりますが、修理という選択肢はなしですか?


故障がどのような状態なのかわかりませんが、ケンウッドは部品がある限り、修理は引き受けてくれる感じを受けます。
ただ、年数経過品ですから、修理に出すならオーバーホールとして依頼したほうがよさそうですけどね。

私の話になりますが、1993年製のミニコンポを修理ついでにオーバーホールとして依頼し、すっかり良くなって戻ってきました。
家電量販店経由で修理に出したのではなく、ケンウッドの修理窓口に直接持ち込んだのですが、自分が把握していた故障箇所はすべて直りました。
オーバーホールとして依頼したので、今は症状が出ていないが、部品の劣化が進んでいるところがあったようで、そこも交換してもらいました。
ただ、部品がなくて交換できなかったところもあり、そういった点についても、すべて説明がありました。
個人的には、非常に満足のいく対応をしてもらえました。

質問者様にとって、DP-8010がお気に入りの製品であれば、修理をして使う(部品があればの話ですが)という方法もありかなと思い、回答を書いてみました。
No.5様が「20年前のような物量投入機は現在の10万円未満の製品では見る影もありません。」と書かれていますが、DP-8010も、今となっては貴重な1台かと思います。
ちなみに私は、ケンウッド製品だとDP-7040も持っており、こちらも不具合なく使えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ケンウッドに症状を電話して聴いたら、見積もりに1575円(まあ、これはいいのですが)と、
修理はもしかしたら2万くらいかかるかも!と言われたので、安価な製品なら買い変えたほうが、
いいかもと思ったのがキッカケです。3~4万クラスの現行品よりDP-8010のほうが
明らかに上であれば、修理という選択肢もありなのですが。迷います。

お礼日時:2011/04/22 11:20

いや~皆さん良い耳をお持ちでうらやましいですね。



私はヤマハCD-3(1985年)、ヤマハCDX-2200(1986年)とマランツのCD6003持っていますが、スピーカーで比較する限りは、ほとんど差が判らずブラインドテストされれば、まず聴き分ける自信はありません。

なんとかヘッドフォンを使うと微妙な「差」が判り、自分の好みで行くとCDX-2200>CD-3=CD6003の順になりますでしょうか。

なので、スピーカーで再生する場合は、iPod接続出来るCD6003が非常に便利(CDの入れ替えがほとんど不要)なので、もっぱらCD6003で聴いています。

出来れば視聴されて、ご自身の好みに合う機種を選ばれるのが一番と思います。
そして私と同じ様に、価格の安い製品と高い製品に「差」が見出されないエコノ耳ー(笑)であれば、安い製品を購入されて差額分でCDなどの音楽ソフト購入につぎ込むと言うのはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですね。エコノ耳という可能性も大いにあります。
DP-8010で音質は満足なので、
それより一聴して落ちるのは嫌だな~といった程度です。

お礼日時:2011/04/22 11:17

2です。

マランツ6003はオススメ商品の機種に入っています。下記の所にアドレスを書いておきます。

http://www.yoshidaen.com/ 

お店に予算を話して、今のアンプと組み合わせで相性はどれが良いかなど、質問された方が良いと思います。メールでも電話でも専門店の方が的確で素人よりもずばりな回答がきます。そして、オススメされた機種を聞くのが一番良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/21 16:44

これからも20年使い続けるか分りませんが、


もう少し奮発しては。。

PD-D6Mk2:http://review.kakaku.com/review/K0000034822/
(純粋な?CDプレーヤ)

DCD-1500SE:http://kakaku.com/item/K0000100539/
(iPodと連携できる)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうなんですよ。その価格帯なら、確実に良いのは分かっているのですが。
悩むところです。

お礼日時:2011/04/21 11:56

音質的には現状よりは音は良くなると思います。

マランツ6003やONKYOのc-S5などがアンプに相性が良いと思います。ただ、好みの問題もありますので視聴されてから購入された方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2011/04/21 11:55

>音質的には現在よりも良くなりますか?悪くなりますか?



こればかりは実際に聴いて本人に判断していただくしかありません。

物理的な性能と音質との関係は既にとうの昔に「物理性能の向上が音質変化として耳に聞こえる」レベルを凌駕していますので、性能が良くなったからと言って音質が良くなったかどうかは判断できないものです。

また 1988 年当時の CDP と現在の入門機クラス CDP とでは使用している DAC (デジタル・アナログ変換 IC チップ) の形式や増幅段の違い (トランジスタ・アンプと IC アンプの違いなど) がありますので、こうしたことからもカタログ性能値だけで音質を判断できないものがあります。

物理性能上は極めて不利な真空管式アンプの音を良い音と感じる人もいれば物理特性上は極めて高性能な IC アンプの音を良い音と感じる人もいるのがオーディオであり、多種多様な製品を多種多様な環境で使うオーディオの世界では KENWOOD DP-8010 の音はこれだと言い切れるものでもないという点でも回答に苦しむ御質問です。

是非、愛聴の CD と愛用のヘッドフォンをショップに持ち込んで DP8010 とヘッドフォン再生音がどう違うかを御自分の耳で御判断ください。(安価な機器でのヘッドフォン再生音はアンプを介してスピーカーから出てくる音とは異なる場合が多いものなのですが、それでも設計者が意図したであろう基本的な音色の傾向はある程度つかめるのではないかと思います。私はこの方法で十数機種の CDP を試聴して初めての CDP に Marantz CD80 を選んで以来、間違いはなかったです。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
DP-8010はもう故障しているので、ヘッドフォンで聴きようがないんです。

お礼日時:2011/04/21 11:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q20年前のCDプレーヤーを使い続けているのですが。

 現有機種 プレーヤーKENWOOD D-3300P, アンプDENON PMA-2000, スピーカーspendor S1。
 どれも発売ごろ新品で買ったものですが、もうずいぶん前なので、使い始めて10年から20年経っていることになります。
 それと5年位前にDVDレコーダ東芝RD-X1を購入し、録画やDVD鑑賞をしています。
 D-3300Pで、トレイの開閉ができない、演奏途中にディスプレイが消えるなどの不具合が続いていたため、DVDレコーダを買うとCD鑑賞もRD-X1で行うようになっていたのですが、先日何気なくD-3300Pで鳴らしてみると、びっくりするくらい良質の音がでるのです。5年間気付かないままRD-X1で聴いていた自分が馬鹿に思えます。時間を無駄にした気分です。
 最近はD-3300Pでもう一度CDを聴きなおしているのですが、なにぶん古い上に5年間も倉庫に眠らせていたため、5枚に1枚くらいは上手く読めません。全く読めなかったり、何度かプレイボタンを押しなおして、やっと読めたりします。ピックアップにがたが来ているのだと思います。
 でも古い機種なので修理が無理なら、買い換えようかなと思っています。
 そこで質問なのですが、
1.修理は可能でしょうか。(田舎なので県内にオーディオ専門店がないと思います)
2.買い替えの場合、当然今より音質を落としたくないのですが、そうなるとやはり価格的にはD-3300P(定価160,000円)と同程度かそれ以上のものにしなければなりませんか。(そうなるとアンプやスピーカーとバランスがとれず、ちょっともったいないような気もするのですが。)
 なお、音楽のジャンルはクラシックです。

 現有機種 プレーヤーKENWOOD D-3300P, アンプDENON PMA-2000, スピーカーspendor S1。
 どれも発売ごろ新品で買ったものですが、もうずいぶん前なので、使い始めて10年から20年経っていることになります。
 それと5年位前にDVDレコーダ東芝RD-X1を購入し、録画やDVD鑑賞をしています。
 D-3300Pで、トレイの開閉ができない、演奏途中にディスプレイが消えるなどの不具合が続いていたため、DVDレコーダを買うとCD鑑賞もRD-X1で行うようになっていたのですが、先日何気なくD-3300Pで鳴らしてみると、...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして♪
 古いとは言っても 専用機の音質が違う事に気づかれたのは 大変良い事ですね。

普通にメーカーサービスに問い合わせたら かなり古いので「部品がありません」と あっさり断られそうですが、調整等で多少でも延命出来ませんか? と 食い下がってみるのも良いかもしれません。 もっとも、往復の送料と手数料だけ取られて 改善無しの場合も有りますので、機種へのこだわりに どこまで予算を投入出来るかが 問題ですね。

新規に専用機購入でしたら、16万とか20万程度などと 価格で考えますと、非常に選択肢が狭くなってしまいます。 おおむね5万~20万で探す事をお勧めしたいと思います。
 #1様のご推薦以外にも、マランツやTASCAM(ティアックのプロオーディオブランド)等もあります。

オーディオ専門店も激減しましたが、家電量販店でのオーディオ売り場もこだわった製品はどんどん見られなくなってしまいましたので、ネットでじっくり探すのが 田舎の私の唯一の楽しみでもあります(苦笑) プロ用機器の場合は 楽器店やPA機器、JD機器やレコーディング機器を扱うWEBショップで良く見かけます。
 それでも CDレコーダーや専用プレーヤー デッキ等と言う分野は パソコンを利用する場面が多くなったせいか 徐々に機種は減って来ています。

ぜひ いろいろなキーワードで探してみてください。 当時とは全く違う現状が御理解いただけるかと思います。

はじめまして♪
 古いとは言っても 専用機の音質が違う事に気づかれたのは 大変良い事ですね。

普通にメーカーサービスに問い合わせたら かなり古いので「部品がありません」と あっさり断られそうですが、調整等で多少でも延命出来ませんか? と 食い下がってみるのも良いかもしれません。 もっとも、往復の送料と手数料だけ取られて 改善無しの場合も有りますので、機種へのこだわりに どこまで予算を投入出来るかが 問題ですね。

新規に専用機購入でしたら、16万とか20万程度などと 価格...続きを読む

Q最高に音の良いCDプレーヤーはなに?

実際にお聞きになられた中で最高に音の良かったCDプレーヤーはなにでしょうか?

Aベストアンサー

一体型プレーヤーならば、思い浮かぶのがCH PrecisionのD1です。
http://www.zephyrn.com/products/ch/01_d1a.html
聴感上の物理特性もさることながら、無機的なところがまったく見当たらず、コクのある音像が展開されて、いつまでも聴いていたい気にさせてくれます。

ただし価格は360万円です。ほとんどの人は買えません(笑)。それと外観はセンスは良いとはいえ、見た目はそんなに高価な機器とは思えません。また電源スイッチが後面に付いていたりして、使い勝手も良いとは言えないでしょう。

トランスポートとDACとの組み合わせならば、47研究所のModel 4704/04 CD Transport “PiTracer”( http://www.47labs.co.jp/4704.html )とMARANTZのProject D-1( http://audio-heritage.jp/MARANTZ/etc/projectd-1.html )とのコンビを挙げたいです。ショップのスタッフ曰く「この音を聴いたら、誰でもSACDなんか不要だと思うでしょう」とのことでしたが、それも頷けるほどのハイ・クォリティなサウンドです。

ただし、Project D-1は今は生産していないので、組み合わせるDACはSOULNOTEのsd2.0B( http://www.soulnote.co.jp/lineup.html )でもいいと思います。

あと、そんなに高価格ではないけど印象に残っている機器として、MICROのCD-M2があります。
http://audio-heritage.jp/MICRO/player/cd-m2.html
アナログプレーヤーの専門メーカーとして知られていたMICROが出したCDプレーヤーで、高解像度よりも芳醇で味わい深いタッチを狙った音作りで、さすがと思ったものです。

一体型プレーヤーならば、思い浮かぶのがCH PrecisionのD1です。
http://www.zephyrn.com/products/ch/01_d1a.html
聴感上の物理特性もさることながら、無機的なところがまったく見当たらず、コクのある音像が展開されて、いつまでも聴いていたい気にさせてくれます。

ただし価格は360万円です。ほとんどの人は買えません(笑)。それと外観はセンスは良いとはいえ、見た目はそんなに高価な機器とは思えません。また電源スイッチが後面に付いていたりして、使い勝手も良いとは言えないでしょう。

トランスポート...続きを読む

QCDプレーヤーの価格の違いは音質にも影響あるのでしょうか?

オーディオ初心者です。お尋ねしたい事があるのですが、CDプレーヤーの価格の高低は直接、音質に大きな違いが出るのでしょうか?私は、CDプレーヤーよりも、アンプ・スピーカーを重要視した方が良いと思っておるのですが、間違った認識でしょうか?
同じアンプ・スピーカーに価格差のあるCDプレーヤーを繋いで聞き分けた場合、音質に大きな差はでますか?
私が所有するアンプはマランツA級有りでスピーカーはDENON。共に単品では8万クラスの物です。
宜しければ、簡単でいいので回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 私は、CDプレーヤーよりも、アンプ・スピーカーを重要視した方が良いと思っておるのですが、間違った認識でしょうか?

合ってると思いますよ。


大雑把で感覚的な話ですが、仮に「単品100万のSP・アンプ・CDP・ケーブルの音質をそれぞれ100点とした場合」に、単品10万円の各機器の音質(の点数)はどれくらいになるかというと・・・

SP:20~40点
アンプ:50~70点
CDP:80~90点
ケーブル:90~100点

みたいな感じになるはずです。
つまり(上記が正しいとすれば)、SPに+90万つぎ込めば音質は60~80点分も向上するが、CDPに+90万つぎ込んでも僅か10~20点分しか向上しない・・・

だから「CDプレーヤーよりも、アンプ・スピーカーを重要視した方が投資効率が良い」し「同じアンプ・スピーカーに価格差のあるCDプレーヤーを繋いで聞き分けた場合、価格差の割には音質に大きな差は出にくい」はずだ、と思います。


しかし、そんな理屈は実はどうでも良くて、とにかく「貴方がそう感じる」のであれば、それが「貴方にとって」は正しいことなのです。
(他人に決めてもらうことではないと思います)

> 私は、CDプレーヤーよりも、アンプ・スピーカーを重要視した方が良いと思っておるのですが、間違った認識でしょうか?

合ってると思いますよ。


大雑把で感覚的な話ですが、仮に「単品100万のSP・アンプ・CDP・ケーブルの音質をそれぞれ100点とした場合」に、単品10万円の各機器の音質(の点数)はどれくらいになるかというと・・・

SP:20~40点
アンプ:50~70点
CDP:80~90点
ケーブル:90~100点

みたいな感じになるはずです。
つまり(上記が正しいとすれば)、SPに+90万つぎ込めば音...続きを読む

Qお奨めのCDプレイヤーを教えてください。(特に80年代~90年代オーディオ最盛期の製品・中古)

もともと、SONY党で今迄3台使ってきました。
その間でDENONも一台使ったことがあります。(但し、メカが弱くトレイが開かないことが度々で、音もあまり好きではなかった・・・)
いずれの機器も当時価格(80年代後半~90年代後半)で79800円~98000円といったところです。勿論、全てDAC内蔵(この価格帯では当然ですが・・・)で、新品で購入しました。

一応、一番のお気に入りはSONY CDP-XA5ESです。
低域~高域まで、まとまりのある上品な音でダイナミックさもあります。いわゆるソニー・トーン。
本当は上位機種7ESが欲しかったのですが予算上これが限界でした。
今でも大切に使っており操作性(トレイ全体がせり出す光学系固定式)、音質共に満足しています。

ところで、最近はネットオークションの普及で当時、高くて手が出なかった機器が比較的廉価で買えますよね?
そこで、他で特にPIONEERやYAMAHAに限定し、操作性・音質が素晴らしい製品をご推薦頂けないでしょうか?
尚、落札相場というか予算的に厳しくて上限2万円くらい(最大3万円)で入手可能の製品をお願いします。
 

もともと、SONY党で今迄3台使ってきました。
その間でDENONも一台使ったことがあります。(但し、メカが弱くトレイが開かないことが度々で、音もあまり好きではなかった・・・)
いずれの機器も当時価格(80年代後半~90年代後半)で79800円~98000円といったところです。勿論、全てDAC内蔵(この価格帯では当然ですが・・・)で、新品で購入しました。

一応、一番のお気に入りはSONY CDP-XA5ESです。
低域~高域まで、まとまりのある上品な音でダイナミックさもあります。いわ...続きを読む

Aベストアンサー

操作性・音質が素晴らしい製品を・・・。
これについては、質問者さんがどう感じられるかで、たぶんオークションでは視聴も出来ませんでしょうから何とも言えませんが、そこを一つご了解頂いた上でお勧めを。

で、何をお勧めするかと言うと、現在も私のシステムで1986年からずっと現役のYAMAHA CDX-2200はいかがでしょう。
今まで一度の故障もありません。ただトレイの駆動用ゴムベルトが伸びてすべり開閉が出来なくなります(一定期間経過すると大体同じ症状が現れるみたいです)でも、適当な輪ゴムで代替ができ、交換自体も高度なスキル無くても素人で交換可能で修理に出す事も不要。

オークションでトレイ開閉不可でジャンク扱いの安いものが出ている時もありますが、オークションですから、別の部分が不具合のハズレもあるので覚悟の上でとしか言えません。

ただ、我が家の現役は、CD-Rに焼いたもの(CD-Rメーカーもソニー、マクセル、ビクターどれでもOK)でもまったく問題なく再生してくれてますし、2000年に買ったケンウッドのCDPの方が早く再生不可になってしまい破棄しました。

また、純デジタル式ボリュームが装備されているので、OUTPUTレベルコントロールが可能です。ゆえにパワーアンプへのダイレクト接続も可能ですし、ヘッドホンの音量もリモコンで調整可能です。

ひょっとすると我が家のものは、「当たり」の個体の可能性もありますが、24年間故障無しの実績からこの機種をお勧めしてみます。

操作性・音質が素晴らしい製品を・・・。
これについては、質問者さんがどう感じられるかで、たぶんオークションでは視聴も出来ませんでしょうから何とも言えませんが、そこを一つご了解頂いた上でお勧めを。

で、何をお勧めするかと言うと、現在も私のシステムで1986年からずっと現役のYAMAHA CDX-2200はいかがでしょう。
今まで一度の故障もありません。ただトレイの駆動用ゴムベルトが伸びてすべり開閉が出来なくなります(一定期間経過すると大体同じ症状が現れるみたいです)でも、適当...続きを読む

Qレコード針のMC型とMM型。

レコード針のMC型とMM型について教えて下さい。
僕はレコードについて全くの初心者なので何もわかりません。
できるだけ詳しいてわかりやすい回答をお願いします。

Aベストアンサー

針の違いではなくカートリッジ(発電方法)の違いです。
MC型ムービングコイル型 コイルが動く

針にコイルがついています、その周辺にマグネット(磁石)が固定されています。
針に重いマグネットがないので軽い>針が動きやすい>高音が出やすい>繊細な音が得意
作りにくいので高価なものが多い。
発電量が少ないのでカートリッジ専用プリアンプもしくはトランスが必要。
カートリッジ>専用プリアンプor昇圧トランス>フォノイコライザーアンプ>プリアンプ>パワーアンプ
コイルと針が接着しているので針交換が難しくメーカーに出さないと交換できない。


MM型ムービングマグネット型 針にマグネットが付いています。
カートリッジにコイルが巻いてある。
MC型と双璧です
針にマグネットがついているので重い>低音が出やすい。
ダイナミックな音が特徴
作りやすいので価格が安い。
針交換が容易(自分でできる)。カートリッジ専用のプリアンプが不必要

カートリッジ>フォノイコライザーアンプ>プリアンプ>パワーアンプ。
シュア- V15TYPE(4) TYPE(5) あたりがお勧め。

針の違いではなくカートリッジ(発電方法)の違いです。
MC型ムービングコイル型 コイルが動く

針にコイルがついています、その周辺にマグネット(磁石)が固定されています。
針に重いマグネットがないので軽い>針が動きやすい>高音が出やすい>繊細な音が得意
作りにくいので高価なものが多い。
発電量が少ないのでカートリッジ専用プリアンプもしくはトランスが必要。
カートリッジ>専用プリアンプor昇圧トランス>フォノイコライザーアンプ>プリアンプ>パワーアンプ
コイルと針が接着して...続きを読む

Q安くて比較的高音質なCDプレーヤーは・・・?

現在、
プリメインアンプ:DENON PMA-390-3
スピーカー:ortofon Concorde 139
という組み合わせで使用しているのですが、CDプレーヤーは以前ミニコンポを使っていたときチェンジャー用にオークションで買ったSonyのCDP-CE515という機種です。
最近音飛びもするようになってきたので買い換えたいと思っているのですが、予算があまりありません。虫の良い話ですが安くて音質がよいCDプレーヤーはないでしょうか?
ちなみに候補はmarantzのCD5400あたりです。

Aベストアンサー

marantzのCD5400・・なかなか良いと思いますよ
かわったところでCECなどいかがでしょうか
マイナーなメーカーですがアナログプレーヤー時代から
ハイコストパフォーマンスな製品を作ることに定評があります。ここのCD3300はおすすめです。
また、情報量と分解能力ならTEACもお勧めです。また
CDレコーダーも兼ねた機種もあります。
価格には多少の差がありますが、実売価格で検討すれば
さほどではないでしょう。

参考URL:http://www.cec-web.co.jp/frame_set.html   http://www.teac.co.jp/av/index.html

Qアンプの基板のクリーニング

使用中のアンプのカバーをはずしたところ、基板の上が埃だらけでした。掃除機と刷毛で丁寧に掃除したのですが、頑固な埃は綺麗に取れません。何かいい方法がないでしょうか。エアーで飛ばしてもだめです。
綺麗な基板にする方法があったらお教えてください。

Aベストアンサー

「サンハヤトHP」
商品名 ハイシャワー
http://www.sunhayato.co.jp/products/details.php?u=560&id=01033

をお使いになってみてはいかがでしょうか。

QデノンとマランツのCDプレーヤーの音質の違い??

デノンとマランツのアンプは
デノン・・・押し出しが強い。中低音の充実。
マランツ・・・きらびやかな中高音。透明感のある音質。
と言われますが、
CDプレーヤーの方は、どういった傾向で
音作りがされているのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも持っていますので大まかな傾向を。

DENONはどちらかというと音像重視。低音の解像度が高く、安物の古い1bit系DACのプレーヤーではただの低音の塊にしか聞こえないのが、DENONだとそれがどんな楽器でどこで演奏しているかまでわかる感じです。
反面、きつい音も平気で出します。
私は主にジャズやロックを聴くのに使っています。

マランツは音場重視で、空間の再現性に優れています。また女性ボーカルの伸びもよいですね。若干押しが弱いです。
女性ボーカル曲やクラシックはマランツを使っています。

おおむね、質問者氏のイメージに合致しているのではないでしょうか。
以上はどちらも中級機で、かつ私の個人的感想ですから、上位機ではまた違ったイメージになるかもしれません。

QAURA VA-100 EvolutionとAura SP-50 15年以上前のアンプ、スピーカーを買っても大丈夫?

15年以上前のアンプ、スピーカーを買っても大丈夫でしょうか?
AURA VA-100 EvolutionとAura SP-50がそれぞれ3~4万円で出ていました。
当時の定価がそれぞれ20万もしたようなのでお買い得かなとも思ったのですが、
ネットで調べてみると、90年代の初めの製品のようなので、
中身が錆びていないか心配です。

スピーカーは古くても、エッジを交換すればまた使えるようなのですが、
アンプは、中古だったら、最近のものを買ったほうがいいのでしょうか。

中古のアンプ、スピーカーを買う際にチェックする点など、教えてください。

また、Aura SP-50について、http://www.omr-lab.com/SP50.shtml 以外、あまり資料が無いようなのですが、ご存知でしたら、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

私も自身のコレクションにAURA VA-40を持っています。
これは同社の処女作だっと記憶しています。

斬新なクロームパネルにVRとセレクターSWだけというシンプルなもので、何と言ってもMOS-FET(HITACHI製!)と高効率の裸のトロイダルトランスを搭載し、内部レイアウトもため息が出るくらい美しく、そして何より音質が素晴らしいです。

この時代のAURAは純・英国製で、確かB&Wの傘下だったと思います。
現在、英国製で状態のいいものはなかなか市場に出ません。マニア諸氏が大切に所有しているので手離さないためです。(かく言う私もですが・笑)

お訊ねの品ですが、アンプは前オーナーが大切に所有していたのであれば、まずコンデンサー、トランジスターの劣化は大丈夫です(もともと設計上からパーツの数も少なく、特にTRは高信頼の日本製。そんなに神経質になる必要なし)。また、錆はパネルがそのままシャーシになっているので表面にポコポコと浮き上がりが見られなければこれも大丈夫。
あと、VA-100はSP端子が大型ターミナルタイプでしょうか。
VA-40はバナナプラグ対応なのでちょっと不便。また、SP保護用リレーもありません。でも、それ以上に製品が放つそれこそオーラ!?に不思議な魅力があります・・・

スピーカーも経年によるエッジ劣化には専門の修理業者(ネットで検索すればあります)がいますので心配いりません。
それより、いずれにしても二度と手に入らない貴重な品々です。
各3~4万円なら間違いなく買い!ですよ。
(ちなみに売価が定価の1/5、1/6だからといって内容や価値もそれに伴うようなものではありません。特にこの時代のオリジナル英国製AURAは希少価値です。プレミアも付くでしょう。また、前オーナーが諸事情・金策等から泣く泣く廉価で手離したケースも多いのでね・・・)

私も自身のコレクションにAURA VA-40を持っています。
これは同社の処女作だっと記憶しています。

斬新なクロームパネルにVRとセレクターSWだけというシンプルなもので、何と言ってもMOS-FET(HITACHI製!)と高効率の裸のトロイダルトランスを搭載し、内部レイアウトもため息が出るくらい美しく、そして何より音質が素晴らしいです。

この時代のAURAは純・英国製で、確かB&Wの傘下だったと思います。
現在、英国製で状態のいいものはなかなか市場に出ません。マニア諸氏が大切に所...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報