人身傷害(相手の過失分しかもらえません)
 ご契約のお車に搭乗中の方(運転者を含む)が、自動車事故で死亡、後遺障害またはケガを負った場合、過失割合に関わらず保険金額を限度として実際の損害額に対して保険金をお支払いします。なお、記名被保険者やそのご家族については、歩行中などの自動車事故についても保険金をお支払いします。また、相手方との面倒な示談交渉にわずらわされることがありません

というどなたかのコメント見ました。相手の過失分のみ????ですか?事故について自分の過失分もカバーできるのではないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>相手の過失分のみ????ですか?



「自分の過失分」との記載ミスでしょう。

人身傷害保険は、車両保険の対人賠償版です。
任意保険では対人・対物賠償ともに、「相手の損害額」×「被保険者の過失割合」が保険金として支払われます。
賠償を受ける側から見れば、「自分の過失割合分」が削減されるわけです。これをカバーするのが、対人賠償では人身傷害保険、対物賠償では車両保険となります。

もちろん、自分が100%過失の事故(追突事故など)や単独事故(電柱と衝突など)では、相手からの賠償がありませんから、人身傷害保険、車両保険でカバーすることになります。

対人賠償と対物賠償での違いは自賠責保険の存在で、自賠責保険の加入が義務付けられている車両との事故の場合、被害者(けがをした人)の100%過失でなければ(厳密には自賠法3条但し書きの免責要件に該当しなければ)、加害者の自賠責保険から賠償を受けることができ、しかも傷害の場合、被害者過失が70%未満であれば過失割合に関係なく自賠責基準で算定した損害額が全額賠償されます。

なお、自分の過失分のみの「のみ」は誤りです。
人身傷害保険は、人身傷害保険支払い基準で算定した損害額が実際に賠償を受けた額より多ければ差額が支払われます。
つまり、追突事故のように被害者過失0%の事故で、加害者側から全額賠償を受けたとしても、その額が人身傷害支払い基準で計算した額より少なければ、人身傷害保険から支払いがあります。(しかも、人身傷害保険金のみの支払いはノーカウント事故なので、割引等級が進行します)

ちなみに、私が追突事故被害に遭ったとき、加害者の代理店社長と懇意でしたし、保険会社の担当者とも面識がありましたので、保険会社の提示通り13万円ほど(治療費別)で示談したところ、私の人身傷害保険から3万円余の支払いがありました。

また、初期の人身傷害保険では、裁判で損害額が2億、被害者過失30%となったが、人身傷害基準で損害が1億2千万円であった場合、保険会社によっては賠償額1.4億円>1.2億円で人身傷害保険金0円とか、1.2億円×30%=3600万円などということがありましたが、現在では各社約款を改定し、判決または裁判上の和解の場合には、「人傷基準損害額」を「訴訟基準損害額」と読み替えることとしていますので、被害者過失として減額された金額が、人身傷害保険契約額を上限に支払われることとなっています。
    • good
    • 0

少し表現が反対ですね・・・



こちらの過失分が差し引かれて相手から賠償を受けた場合に
その削減されたこちらの過失分を補完するものです。

人身傷害補償のその他の支払いに関しては記述の通りです。
なお、契約車両搭乗中のみを対象にするものと、車外での自動車事故
交通事故を補償するものとがあります。

最近は交通事故よりも範囲の狭い自動車事故のみを対象にする
傾向にありますので、この場合には電車事故、航空機事故、
自転車事故などは適用外となります。
(自転車と自動車との衝突は対象ですが・・)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相手が任意保険未加入だった場合、物損→人身への切り替えは意味がある?

1週間前に追突事故に遭いました。(当方は過失0)
ところが相手は任意保険が適用されず(年齢制限のため)、当方の車の修理費は保険ではなく相手が自腹で支払うことになりました。
事故直後は怪我もなかったので物損事故扱いにしてもらったのですが、今日になって首周辺が痛むので医者に行き、「頚椎捻挫(全治1週間程度)」と診断されました。

そこで物損から人身に切り替えるか迷っています。
もし相手が保険に入っている場合ならば、人身に切り替えないと治療費や休業損害が保険からでないので人身に切り替える必要があると思うのですが、今回のように相手の保険が適用されない場合、別に人身に切り替える必要はないのではないかと思うのですが・・・。
人身に切り替えることによって相手に減点、罰金などの刑罰が科せられてしまうことを考えると少し気の毒に思ってしまいます。
でも、人身にしておかないとのちのちなにか当方に面倒なことが起こったりする可能性があるのではないかと心配でもあります。
(ちなみにやりとりは一応双方の保険会社を通しています)

ご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

年齢制限のために任意保険が適用されないだけです。

強制保険は年齢制限はありません。
なので人身にすれば、通院のために会社を遅刻早退
欠勤して給料減らされればその分休業損害として
補償されます。
でも会社が休みの日や会社帰りに通院して、給料減
らされなければ休業損害はもらえません。

有給使って通院すれば休業損害がもらえます。

あとは通院1日に月8400円慰謝料がもらえます。

だから、
「今回のように相手の保険が適用されない場合、別
 に人身に切り替える必要はないのではないかと思
 うのですが・・・。」
というのは間違いです。
あくまでも適用されないのは任意保険だけです。
強制保険は車両に掛けられるので運転者が誰でも
保険は適用されます。

Q人身傷害と搭乗者傷害 過失割合は関係ありますか?

自動車保険の人身傷害補償、搭乗者傷害保険は過失割合によって支払われる金額はちがってくるのでしょうか?
たとえば過失割合が0の時に補償される金額が1000万円の場合、過失割合50:50なら半分しか支払われないなどあるのでしょうか?

Aベストアンサー

過失割合が発生した場合、自分の過失分は自己負担になり相手からは受け取れない。
その自分の過失分を補うのが人身傷害保険です。

搭乗者傷害は過失割合に関係なしに後遺障害などに対して満額支払われますので、
「生命保険における傷害特約」みたいなもの。
ただし、最近は大半が「部位症状払い」なので大した金額は出ないと思います。
日数払いであれば、通院日額1万、入院日額1.5万などになりますから
受取り額はそれなりに膨らんでいきます。

Q物損事故から人身事故への切り替えを依頼したが・・

はじめまして。
どうかお知恵をお貸しください。

2ヶ月ほど前に交通事故にあいました。過失割合は相手が90:私10の見込みです。
(詳細に書けず申し訳ありません。)

今回お聞きしたいのは、
1、物損事故から人身事故への切り替えについて。
事故当初、物損事故で届けました。事故後すぐ病院に行っています。
(相手方に泣きつかれ、私も混乱していた為です。今では後悔しています。)
その後、怪我が大きかったため、10日程後に人身事故に切り替える為警察に行き、診断書を提出、調書をとりました。
そのまま人身事故への切り替えが行われたと思っていましたが、最近警察に連絡したところ、人身事故になっていないことを知りました。
既に警察に診断書を提出し、切り替えをお願いしてから二ヶ月近くたっています。
診断書を提出し調書をとったのに、切り替えていないなんてケースはありえることですか?
警察の担当者と連絡が取れるのが数日後で不安で仕方ありません。

2人身事故証明入手不能理由書とは物損事故を人身事故の対応にする為の書類だと聞きます。
人身事故の扱いを望む場合は書類を書かないほうがいいのでしょうか?
また、この書類を提出すると、被害者側にデメリットはありますか?


周囲に頼れる方がいない状態で不安ばかり大きくなるので、状況を細かく書けず申し訳ありませんが、一般論等、どうかアドバイスをお願いいたします。

はじめまして。
どうかお知恵をお貸しください。

2ヶ月ほど前に交通事故にあいました。過失割合は相手が90:私10の見込みです。
(詳細に書けず申し訳ありません。)

今回お聞きしたいのは、
1、物損事故から人身事故への切り替えについて。
事故当初、物損事故で届けました。事故後すぐ病院に行っています。
(相手方に泣きつかれ、私も混乱していた為です。今では後悔しています。)
その後、怪我が大きかったため、10日程後に人身事故に切り替える為警察に行き、診断書を提出、調書をとりました。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

1
人身事故に切り替えるには、診断書と調書、質問者様と相手も交えて、事故現場で検証された調書と言う事でしょうか?
単に診断書を警察に持って行き、その場の書類は調書ではありませんよ。
相手が拒否してるのか?警察の怠慢なのかはわかりませんが、警察に診断書を提出した証明は出来ますよね?

最終的には県警本部に掛け合う事になるでしょうね。


2
質問者様は人身事故にし相手への処罰を希望するのか?怪我に対する治療費・慰謝料・給料損害等の補償がされれば人身事故自体に拘らないのか?どうでしょうか?

補償さえしてくれれば良いんだよ、っと言う事であれば保険会社に補償されるんですよね?っと確認した上で人身事故証明入手不能理由書を提出されれば良いかと思います。

怪我があれば何でも人身事故で無いと任意保険の補償が受けれないと思い込んでる人が多いですが、そうでは無いのですよ、数回程度の通院なら保険会社も契約書を守らねば成りませんから、人身事故にしなくても保障されるケースは多いです。
顧客に行政処分・刑事処分を受ける手続きしないと補償しないと言う保険会社は国内損保ではありませんからね、海外の通販型は融通が効かない。


相手の保険会社の人身事故に拘って居ないが、怪我に対する補償(治療費・慰謝料・給料損害等)がされるのであれば、それで良いのでのあれば伝えれば良いと思いますよ。

1
人身事故に切り替えるには、診断書と調書、質問者様と相手も交えて、事故現場で検証された調書と言う事でしょうか?
単に診断書を警察に持って行き、その場の書類は調書ではありませんよ。
相手が拒否してるのか?警察の怠慢なのかはわかりませんが、警察に診断書を提出した証明は出来ますよね?

最終的には県警本部に掛け合う事になるでしょうね。


2
質問者様は人身事故にし相手への処罰を希望するのか?怪我に対する治療費・慰謝料・給料損害等の補償がされれば人身事故自体に拘らないのか?どうでしょうか...続きを読む

Q人身傷害補償加入なら搭乗者傷害は必要ない?

まもなく自動車保険の更新です。人身傷害補償(3~5千万の予定です)加入なら搭乗者傷害は必要ないように感じるのですが、何か弊害はあるのでしょうか。又、これらの補償金額はいくらが適正でしょうか。詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

人身傷害補償は自分を含め家族だろうが他人だろうが降りますよ。

人身傷害補償と搭乗者傷害保険の大きな違いは、人身傷害補償は実損払いで、搭乗者傷害は定額払いということです。

ですから、人身傷害補償に加入していれば、万が一のときに実質的な負担はなくなりますので、搭乗者傷害保険はいらないという考え方もありです。
あくまで傷害保険なので、万が一のときにお小遣い程度の補償があるという認識でかまわないと思います。

Q人身事故への切り替えついて。

今月4日の夜、交通事故を起こしてしまいました。交差点で、相手は黄色の点滅信号、私は赤の点滅信号だったのに私が直進してしまいました。保険屋さんの話では、8:2くらいでこちらの過失になるとのこと。相手の方も同乗の方も怪我はなく、その場は物損事故として警察の方に処理してもらいました。しかし、後日、私の方が頭をぶつけていたようで保険屋さんの薦めもあり病院に行きました。

1.相手が無傷だとして、私のみが怪我をした場合で、物損から人身事故へ切り替えた場合、私への減点についてですが、免停経験はなく、今現在の減点数はスピード違反1点のみです。この事故で新たに2~3点の減点になると考えてよいですか?

2.具体的に罰金の金額はどのくらいになりますか?事故の状況によって変わるのでしょうか?とりあえず、私の安全運転義務違反にはなると思います。

そして、病院で健康保険が効かないので一時金として2万円支払ってきました。この分は、人身事故に切り替えたら、保険屋さんから全額支払ってもらえるわけですが、病院に行ってなんともなかったこともあり、今は人身事故にするべきか悩んでいます。

3.被害者が自分のみの場合で、人身事故に切り替えしない場合、後から(万が一何かあった時に)人身事故に切り替えることもできるのでしょうか?私は2万円くらいなら、保険屋に支払ってもらわなくてもいいけれど…と思っています。事故経験者の方、専門家のご回答宜しくお願い致します。

今月4日の夜、交通事故を起こしてしまいました。交差点で、相手は黄色の点滅信号、私は赤の点滅信号だったのに私が直進してしまいました。保険屋さんの話では、8:2くらいでこちらの過失になるとのこと。相手の方も同乗の方も怪我はなく、その場は物損事故として警察の方に処理してもらいました。しかし、後日、私の方が頭をぶつけていたようで保険屋さんの薦めもあり病院に行きました。

1.相手が無傷だとして、私のみが怪我をした場合で、物損から人身事故へ切り替えた場合、私への減点についてですが、...続きを読む

Aベストアンサー

結論から言いますと、あなたのお怪我が再発しないということであれば、人身事故に切り替える必要はありません。

人身事故に切り替えるのは、警察に診断書などを届け出て行うわけですが、事故現場での現場検証をしたり、調書をとったりと、かなりの手間と時間がかかります。
人身事故に切り替えたときの「業務上傷害罪」を心配されているようですが、これは、あなたの車の同乗者を含め、あなた以外の方がお怪我をされた場合に限られます。自分のみがケガをしたというなら、あなたが業務上過失傷害罪で罰せられることはありません。

交通事故でも健保は当初から適用できますが、病院が自由診療で手続きしてしまっていますから、遡って健保にというのは、病院が応じてくれないと思います。

あなたがかけている保険で、人身障害保険と、搭乗者傷害保険が対象になりますが、原則としては「人身事故」でないとダメといわれると思いますが、お願いすれば搭乗者傷害は支払われる可能性はあります。事故で保険を使うと、無事故割引の権利が逆戻りしたり、停止したりして、来年以降の保険料のことを考えると保険を使わない方が良かったということもあるわけですが、搭乗者傷害保険はそういうことに関係ありません。

あなたが支払った医療費は、あなたが掛けている自動車保険の人身障害からの回収は、少し難しい(対人事故になっていない)ことと、無事故割引が停止する可能性がありますので、お勧めできません。
相手のかけている自賠責保険(物損の事故証明でも、証明証に保険会社名と証明書の番号は記載されています)に、あなたが請求すれば、問題なく回収できます。自賠責保険では、怪我をしているかどうかを判別するために、当初医療機関の診断を受けた場合の費用を支払うという運用がなされており、物損事故のままでもOKですし、相手の保険を使うのですが、相手にことわる必要も、承諾を受ける必要もありませんし、無事故割引の進行などは無関係です。

結論から言いますと、あなたのお怪我が再発しないということであれば、人身事故に切り替える必要はありません。

人身事故に切り替えるのは、警察に診断書などを届け出て行うわけですが、事故現場での現場検証をしたり、調書をとったりと、かなりの手間と時間がかかります。
人身事故に切り替えたときの「業務上傷害罪」を心配されているようですが、これは、あなたの車の同乗者を含め、あなた以外の方がお怪我をされた場合に限られます。自分のみがケガをしたというなら、あなたが業務上過失傷害罪で罰せられ...続きを読む

Q人身傷害と搭乗者傷害

ここでも「人身傷害」と「搭乗者傷害」の事がよく話題になりますが、まだわからない事があるので教えてください。

例として
対人:無制限、人身傷害:5,000万円、搭乗者傷害:1,000万円(部位症状別)
で加入しているとして事故を起こしたとします。

その際に
責任割合  50:50
自分の治療費:100万円(入院あり)
掛かったとします。

この場合、100万円のうち、相手の対人賠償から50万円が出ますようね。残り50万円ですが

(1)人身傷害で50万円+α(休業損害等)支払われ、その上で搭乗者傷害が支払われる。

(2)搭乗者傷害が支払われ、50万円からの差額だけ人身傷害で支払われる。

のどちらなのでしょうか。以前、保険屋さんから、「搭乗者傷害は自賠責みたいなもんですよ」と説明を受け、
その時はなんとなくわかったつもりだったのですが、やっぱり混乱してきました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

搭乗者傷害は自分の方の保険会社から支払われる単なるお見舞金と
考えれば分かりやすいと思います。
これは相手からの補償や人身傷害とは全く別個のものです。

なお、相手からの補償と人身傷害は相関関係にあります。
人身傷害は相手からの補償を補完するものであり、相手から
全額補償をしてもらえば、人身傷害は受領できません。

こちらの過失分の補償が受けられないなら、人身傷害でその分は出ますし、
任意保険未加入で、相手側が全く支払ってくれなければ、人身傷害
の加入金額を限度に、約款で規定された保険金が出ます。

Q対物から人身への切り替えに際し

事故に遭い、過失割合が相手8自分2の対物事故として扱われました。そこで、質問なのですが

1.人身への切り替えの際にもおなじような過失割合が適用されるのでしょうか?

2.人身へ切り替えた場合、過失割合に応じた行政処分があるそうですが、2割の過失を持つ私はどのような処分が一般的に下されるのでしょうか?

Aベストアンサー

行政・刑事処分に過失割合という考え方はありませんので民事の過失割合は関係ありません。
事故状況と事故の原因により、あなたにも相応の原因があれば行政処分も刑事処分もありえます。

行政処分は診断書日数がわからないと回答できませんので
あとは参考URLを見て判断して下さい。

参考URL:http://rules.rjq.jp/jinshin.html

Q人身傷害と搭乗者傷害の保険料

自動車保険の人身傷害保険と搭乗者傷害保険を付帯した場合の保険料について質問があります。
例えば「人身傷害3000万・搭乗者傷害なし」の場合と、「人身傷害なし・搭乗者500万」の場合とでは、保険料はどのくらい違うのでしょうか?
教えていただければと思います。

Aベストアンサー

人身傷害保険と搭乗者傷害保険を付帯はできれば最高額に入られてたほうが良いです。事故のときに保険料数百円をケチり持ち出しが出るような事を回避されて契約をされたほうが良いです。
私のは人身傷害保険5000万と搭乗者傷害保険1000万で契約してます。
7等級なのでまだまだ高いですね。
その他の割引で使用者限定で割引を行うとか、車両に入らないとか(自分のはは入れないんで契約してません)、優良運転者割引みたいのもあったかな?
対人、対物、人身傷害、搭乗者傷害以外で安くなる方法を考えたほうが良いです。
今は各社でいろいろな組み合わせで保険を組めるようになってますので、月づきまたは年払いの予算を決めてから選ぶのもひとつの方法かと。
求めてるのとは違いますが人身が絡んだ場合の経費を考えれば安いものだと思います

Q人身事故に切り替えての現場検証について

遠方で事故に遭い、過失ゼロの純粋な被害者です。遠方と言うことで人身事故に切り替える場合、現場にもう一度行かなければいけないのですが、相手の保険会社の方にその旨をお伝えすると、遠方の方の場合は何かを提出すれば現場検証に行かなくても大丈夫のようなことを言われました。運転者や別の被害者も遠方なら現場に行かずに人身に切り替えられる物なのでしょうか?またもしそれが可能なようであれば、行ったときと行かないときとで不利になるようなことはありませんか?教えてください。

Aベストアンサー

特に不利になる事はないと思いますが、診断書は早く取った方がいいです。
あまり時間が経過してから取った診断書は警察は受け付けてくれません。
手続きについては、最初に事故を取り扱った警察に電話をして詳しく聞いたほうがいいと思います。
警察が人身事故にしたがらない様な場合があり、加害者と揃って来る様に言うときがありますが、遠方で行けない旨を伝え、その上で人身事故に切り替えたいと伝えれば何らかの指示があるはずです。
行けない場合は加害者立ち会いで現場検証をやるはずです。
警察はあくまで、相手の処罰の希望があるかが重点で、保険請求が目的ではないので後から人身事故に切り替える(軽症の事故)と露骨にめんどくさそうな態度を取る場合があります。最悪、行かないと人身事故に切り替えが出来なかったり、期間が経過しすぎて切り替えが出来ないなどの場合、警察の処理は物損事故でも、保険会社同士で話し合い人身事故として治療費や慰謝料などだしてくれる場合があります。
警察に連絡したのちに、自分の方の保険会社にその旨連絡して相談してみてください。

Q自動車保険の人身傷害と搭乗者傷害

自動車保険(任意)の加入に際しての相談です.
補償額の設定に関するものです.

自動車保険には対人対物,搭乗者,車両の3つのテーマがあり,
・対人対物・・・人を引いたり物を壊したりしたときの補償.場合によってはとんでもない高額を賠償する必要があるので,無制限か.
・車両・・・中古車で,特に補償も必要ないと考え,補償なしとするか.
と考えております.

搭乗者保険ですが,これがよく分からないのです.
インターネットを見ると,「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償保険」があるようですが,この区別がよく分かりません.
搭乗者傷害・・・運転中または乗車中の方が事故により死傷された場合に、保険金を支払う
人身傷害補償・・・運転者自身や同乗者が事故でケガを負ってしまった時に、その治療費用などを補償するもの。搭乗者傷害保険に上乗せして保険金を支払う
まずこれらの違いがよく分かりません.同じ補償内容な感じがします.

それとこの項目,誰の補償を目的としているのかがよく見えません.
ある保険会社では,搭乗者障害:死亡時2000万円,人身傷害補償:死亡時1億円が上限でした.
搭乗者保険は同乗者に対する保険で,業務用でない限り同乗するのは大抵(1)家族,(2)友人のはずです.自分自身の過失が100%を想定すると,
(1)家族に対しては,怪我は健康保険と高額医療費の控除(72300円?)があり,死亡時は個人の生命保険があるので,対人対物のように億を越えるとんでもない高額な支払をすることはない.
(2)友人ならば,怪我の場合は健康保険が使えますが,死亡時は補償するものがありませんので,対人補償と同じレベルの請求,すなわち億を超える支払の可能性があります.
これら(1)(2)の対象が全く違う保険を1つにしているものがよく分かりません.

多分私が誤解していると思うのですが,どなたかご教授いただきたく,よろしくお願いいたします.

自動車保険(任意)の加入に際しての相談です.
補償額の設定に関するものです.

自動車保険には対人対物,搭乗者,車両の3つのテーマがあり,
・対人対物・・・人を引いたり物を壊したりしたときの補償.場合によってはとんでもない高額を賠償する必要があるので,無制限か.
・車両・・・中古車で,特に補償も必要ないと考え,補償なしとするか.
と考えております.

搭乗者保険ですが,これがよく分からないのです.
インターネットを見ると,「搭乗者傷害保険」と「人身傷害補償保険」があるようです...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。

同乗者の友人は対人賠償で保障されます。

http://jidousha.hoken.cc/hoken_shurui/taijin.html

>カバーする内容としては、文字通り「人」に対する補償です。歩行者や同乗者、相手の車の人が亡くなった場合や、けがを負った場合です。

とのことです。

人身傷害を無制限にしないのは、これは私の推測ですが、事故により怪我をしてしまっても、ある程度は相手の対人賠償が受けられるからそんなに高額でなくても大丈夫だし、最悪死亡してしまった場合も身内だから生命保険が降りると考えているからではないでしょうか。

私の場合は独身ですので、家族は自分だけ。
つまり無制限が必要になるのは自分が死ぬ時だけなので、安くても大丈夫かなと思っています。自分が死んだらいくらお金もらってもしかたないですからね。

以上、非常に私見ですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報