AもBも大学指定の教科書だったのものですが、

(A)生化学的半反応の標準還元電位の「表」より。(⇔は、→と←を重ねた記号の代わりです)
NAD(+)+H(+)+2e(-)⇔NADH  -3.15(v)

(B)NADPH2⇔NADP+2H  ΔG°’=+17.2kJmol-1
NADPをNADに置き換えてもそれが関与する反応のエネルギー値に大差がないので、NADを代わりに用いて、(と本文中で計算など話を進めていきます)
NADH2+(1/2)O2=NAD+H2O ΔG°’=-218kJmol-1

この大差ないという前提を受けて私は、ΔG°’の正負と、標準還元電位の正負は、NADPとNADとで、同じになる(それぞれに関して同じ様な性質)と考えているのですが。

ΔG°’が負の時と、標準還元電位が正の時、反応が(自然に)進みやすいという事で、

AではNADの方が安定で、
BからはNADHの安定、
ということになるのでしょうか。それともAの方は還元電位だからその還元反応が自然には進みにくいというだけの情報でしかないのでしょうか。
基本的なことですが、ΔG°’からも、標準還元電位からも、エネルギー的にどちらの物質が安定かを評価してもいいのでしょうか。その結果は、一般的に同じになると把握しておいていいのでしょうか。

NADとNADHとではどちらがエネルギー的に安定しているのでしょうか。

A 回答 (2件)

教科書に単純に NAD と NADH の安定性がどうのと書いてあるなら,その教科書は捨てた方がいいんじゃないですか.


酸化還元反応なのだから,ペアとなるものとの組み合わせでしかΔG云々は出しようがないのは最初に書いたとおり.
標準酸化還元電位は,SHE をペアの酸化還元対に取ってるというだけです.

この回答への補足

回答ありがとうございます。私は出題者ではないので、質問文の不備に対する反論をお願いしているのではなく、質問者が言わんとする疑問が解決するかどうかなのです。出来た当時から一貫して、このサイトはそういうところですよね。たとえば当たり前の事を更に分かり易く書くとか。



質問文にある「(B)NADPH2⇔NADP+2H  ΔG°’=+17.2kJmol-1」や「NADH2+(1/2)O2=NAD+H2O ΔG°’=-218kJmol-1」で反応が進まない、進むという議論をするのはいいのでしょうか。このΔG°´の「ペア」は水素電極ということですか。ΔG°’の正負を使って、出てもいないΔGの話をしているということになるのでしょうか。



No.1にある「酸化的な環境ではNADが安定です.還元的環境ではNADH」とは具体的にどういうことでしょうか。


質問者と違って回答者さんの方は納得済みの話となるのは当然の関係ですよね。

補足日時:2011/04/26 12:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このたびはありがとうございました。
また関連質問するかもしれません。
よろしくお願いします。

お礼日時:2011/05/02 18:18

質問自体が無意味です.


NAD と NADH はそれだけで相互変化しません.つまりそれだけではΔG も考えられないし,平衡も成り立たないわけで,安定も何もありません.
NADとNADHは酸化還元対の関係にありますが,相互変化には必ず電子の授受を行う第三者が必要です.そしてその第三者の条件によって (本質的には反応に関与する電子の電気化学ポテンシャルがどうなるかによって),どちらが安定になるかが決まります.
たとえば酸化的な環境ではNADが安定です.還元的環境ではNADH.

この回答への補足

回答ありがとうございます。
そういう話の枕を使うと矛盾されますよ。無意味ではないですよ。例えば、あなたが場合分けされて答えているではないですか。

この式自体を持ち出して論説しているのは私ではなく教科書です。質問者には厳しいようですが、
教科書が酸化的な環境、還元的な環境を指定していませんが、教科書ならいいということですか。
それが元なんですが。

環境は真逆に変らない訳ですから、おそらく化学反応を大別して、およそ教科書どおりに言えるということでしょうね。
つまり環境的な常識を知らない人にとっては、判らないとか無意味とかになるということでしょうか。ちなみにΔGではなく、ΔG°’の具体的数値を与えられている上での標準的な話なのですが。
お蔭で大分、判りましたよ。感謝します。

補足日時:2011/04/24 19:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。一般には不人気の化学の利便性を見出したいと思っています。
ご説明していただき、ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/26 13:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNADH

NADHとNADPHとNADH2の違いを教えてください。

Aベストアンサー

NADやNADPは脱水素酵素の補酵素です。
NAD(ニコチン酸アミドジヌクレオチド)は好気呼吸や嫌気呼吸などの異化で使用され、NADP(ニコチン酸アミドジヌクレオチドリン酸)は光合成などの同化で使用されます。
これらは、脱水素酵素が基質から脱水素した水素の受容体としてはたらきます。
つまり、水素受賞体としてはたらいているので、水素を受け取るとNADH(「H」は水素)となるのです。これは、NADPHに関しても同様です。
NADH2は水素が2個NADについていることを示します。
このような補酵素として、FAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)などもあり、同様にFADHなどの形になります。

QΔG>0ではとうやっても反応は進行しないのでしょうか?

基礎的な質問です教えて下さい。
ギブスの自由エネルギーΔGがプラス、つまりΔG>0ですと、どうやっても反応は進まないのでしょうか?(一応不可逆反応でいいです)
例えば温度とか触媒とか圧力とかで進ませることはできるのでしょうか?
ΔHがマイナスでもプラスでも、ΔGが<0でないと自発変化はしないとありますが・・・自発でなければよいのですよね?
そうなるとどうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ΔGが正ということは,平衡状態では平衡が反応系に偏っているというだけのことです.生成物が「ない」という意味ではないことに注意.つまり,反応はおこっているのですから,たとえば生成物をどんどん取り除いていけばいいのです.

> 例えば温度とか触媒とか圧力とかで進ませることはできるのでしょうか?

温度を変えればΔGの値自体が変わり,符号が変わるかもしれません.
触媒は平衡位置に影響を与えないので無意味.
圧力は意味のある場合もない場合も.

> 自発でなければよいのですよね?
> そうなるとどうしたらよいのでしょうか?

エネルギーを与えれば反応するかもしれない.たとえば光合成.

QNADHの当量関係について

宿題が出て、NADHなど用語は図書館で3日間調べてわかったのですが以下の当量関係が難しくわかりません。
触媒サイクル1周あたり1当量のNADHを還元剤として消費する。なぜNADHが必要なのか?またどの原子が反応全体として形式的に還元されるのかもしお詳しい方ご面倒ですが、お願い致します。

Aベストアンサー

酵素(この場合は酸化還元酵素)は反応の遷移状態を安定化することにより反応を触媒します。ところが、酸化還元反応には電子の授受が必要だが、酵素自体にはその機能がありません。そのため電子を授受する補酵素が必要になります。もし、酵素自体に電子を授受する機能があれば、一回反応しただけで失活してしまい、触媒としての機能を果たせません。

反応する場所はNADH (nicotinamide adenine dinucleotide) のニコチンアミドの部分です。ニコチン骨格に酸化型と還元型が存在します。ちなみにタバコのニコチンとはぜんぜん違う物質です。たばこは毒ですかNADHは栄養素です。

QΔGとΔHを教えて下さい

ΔH=ΔG+TΔSということは知っています。
しかし通常反応エネルギーはΔHで表しますよね。
しかしΔHがプラスで吸熱でもΔGがプラスの場合は発熱反応なのでしょうか?
そもそも反応に必要な熱量はΔHですから、よく分かりません。
例えばエタノールの部分酸化反応では
CH3CH2OHg + 0.5O2→ 2CO + 3H2
ΔH=13.66KJ/mol
ΔG=-106KJ/mol
です。これは発熱反応?吸熱反応?
教えて下さい

Aベストアンサー

>> 発エルゴン反応は発熱反応に相当し,
> もしかしてエルゴンを熱としてはいけないのでしょうか?

相当というのが何を指すのか曖昧ですが,同義と捉えたのでは何のために「エルゴン」なんてものを引っ張り出したのか,まったく意味がなくなると思いますけどね.

> ΔSはJ/K・molで系の温度が上昇するに従い高くなる。

完全な誤解.

> アンモニアの合成(1/2N2+3/2H2→NH3)の場合、800℃で
> ΔH=-53.7ΔG=38.8なので、発熱反応なのに高温高圧が必要なのは

アンモニアの合成は低温かつ高圧ほどアンモニア生成系に有利.
高温にしなくてはならないのは反応速度を稼ぐためであって,平衡論的には高温にしてはいけない.

> もしかしてエントロピーがマイナス?

エントロピー自体はマイナスになることはありえません.エントロピー変化とエントロピーをごっちゃにしないように.
アンモニア合成反応は,エントロピー変化は負です.
あと,標準ギブズエネルギー変化とかとある反応条件での実ギブズエネルギー変化とかをごっちゃにしないように.

>> 発エルゴン反応は発熱反応に相当し,
> もしかしてエルゴンを熱としてはいけないのでしょうか?

相当というのが何を指すのか曖昧ですが,同義と捉えたのでは何のために「エルゴン」なんてものを引っ張り出したのか,まったく意味がなくなると思いますけどね.

> ΔSはJ/K・molで系の温度が上昇するに従い高くなる。

完全な誤解.

> アンモニアの合成(1/2N2+3/2H2→NH3)の場合、800℃で
> ΔH=-53.7ΔG=38.8なので、発熱反応なのに高温高圧が必要なのは

アンモニアの合成は低温かつ高圧ほどアンモ...続きを読む

Qquantitation と quantification の使い分け

学術的な文章中、quantitation と quantification の使い分けはありますか。ある場合、どのように使い分けられますか。

Aベストアンサー

No.3です。確かに google では沢山出て来ますね。医学/生物学分野の用語のようですね。

"quantitation versus quantification" をキーワードにして google 検索し、一つだけ出て来る文献(PDF file)には同義であると記されています。

Q半電池 NAD+ CH3CHO

ある教科書に
「NAD+/NADH系は生体内における酸化還元反応に深くかかわっている。
その系がかかわるつぎの2つの反応について考える。
CH3CHO+2H++2e-→CH3CH2OH・・・(1)
NAD++H++2e-→NADH…(2)
教科書の表に示した生物学的標準電位よりE(CH3CHO/CH3CH2OH)=-0.197VおよびE(NAD+/NADH)=-0.320Vである。その起電力が正の値を取るように化学電池を構成する。その結果、NAD+/NADHおよびCH3CHO/CH3CH2OHから成る半電池がそれぞれ陽極(負極)および陰極(正極)となる。
この化学電池の生物学的標準起電力E=-0.197ー(-0.320)=0.123V」
とあるのですが、ここで一つ疑問があります。
陽極(負極)はe-を出す極、陰極(正極)はe-を受け取る極であるから、
CH3CHO+2H++2e-→CH3CH2OH・・・(1)
NAD++H++2e-→NADH…(2)     の反応では、どちらもe-を受け取っているので、どちらの反応も陰極(正極)での反応に思えるのですが
なぜ教科書の記述では(1)は陰極(正極)での反応で、(2)は陽極(負極)の反応なのでしょうか?
返答よろしくお願いします。

ある教科書に
「NAD+/NADH系は生体内における酸化還元反応に深くかかわっている。
その系がかかわるつぎの2つの反応について考える。
CH3CHO+2H++2e-→CH3CH2OH・・・(1)
NAD++H++2e-→NADH…(2)
教科書の表に示した生物学的標準電位よりE(CH3CHO/CH3CH2OH)=-0.197VおよびE(NAD+/NADH)=-0.320Vである。その起電力が正の値を取るように化学電池を構成する。その結果、NAD+/NADHおよびCH3CHO/CH3CH2OHから成る半電池がそれぞれ陽極(負極)および陰極(正極)となる。
この化学電池の生物学的標準起...続きを読む

Aベストアンサー

困ったな.
酸化電位とか還元電位とかいうと方向がどうのとか符号がどうのってのが混乱するようになるので,これらの言葉をやめて「酸化還元電位」に統一したんですよ.
符号は,単に電極の電位を+の方向にすればするほど,酸化がおこりやすくなるはず,という,いわば直感的な方向に合わせた結果,かつての還元電位と同じ取り方になった,ということなんですけどね.
電流の方向も,基本はそういう考え方.

んで,質問については,半反応式が矢印で書いてあるからひっかかるので,=で書くべきだ,と思うと.
で,半反応式の両辺にある酸化体と還元体の活量が等しい条件での半電池電位が標準酸化還元電位ということ.
電池を組んだ場合,標準電位同士で比較したとき,より+(貴) にある方の電極は,相手方によって-方向に引っ張られるように反応がおこるべきであり,これはつまり還元体を増やして酸化体を減らす方向を意味する.つまりこちらでは還元がおころうとする.これが陰極,カソード,正極の意味.反対の極ではもちろんこの逆.

QNADH

ウィキペディアでNADHを検索すると『ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド』が出てきます。
某試薬メーカーで製品検索でNADHを検索すると『NADH, Disodium Salt β-ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド二ナトリウム還元型』が出てきます。
この2つは同じ物質なのでしょうか?

またNADHの物性(特に何に溶けるか)がわかる方がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Nic-O-P(=O)(-OH)-O-P(=O)(-OH)-O-Ad
のナトリウム塩になっているのです。
Nic-O-P(=O)(-ONa)-O-P(=O)(-ONa)-O-Ad

水に可溶かと思いますが、ナトリウム塩のほうがより易溶です。

Q90°剥離試験と180°剥離試験につきまして

カテゴリー違いかもしれませんが、質問させていただきます。
フィルム基材、粘着物、セパレーターの計3層からなる粘着テープの剥離強度を測定したいと思っているのですが、90°剥離試験と180°剥離試験のどちらで試験すればよろしいでしょうか。測定方法も簡単に説明していただけると助かります。JISの剥離試験のページを呼んだのですが、わかりませんでした。あと、90°剥離試験と180°剥離試験の使い分けも知りたいです。
いろいろとお願いをして申し訳ありませんが、本当に困っているので、回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

粘着テープを非着物に貼り付けて、所定時間後に所定の剥離速度で引き剥がしながら、そのときの抵抗力を測定する試験が剥離試験ですよね。
どれだけの力で貼り付けて、何分後に剥がすかはJISで決められていますが、唯一、1種類の条件に限定されているわけではなかったと思います。
また、剥離角度も180°や90°があります。
まず、試験目的によって方法が変わります。
粘着物の品質管理のために測定するのならば、過去のデーターとつきあわすことが出来る方法にしなければなりません。
90°剥離に比べ、180°剥離はフィルム基材の厚さや弾性率の影響を受けます。つまり、構成材料全体の影響を受けます。
90°剥離は、基材の影響が小さく粘着剤のみの評価を行いやすい特徴があります。
しかし、治具が複雑になります。
測定値のばらつきも90°剥離試験の方が小さくなります。
なお、フィルムを同じ速度で引っ張ると180°剥離の剥離速度は90°剥離の半分になってしまうことに注意する必要があります。
なお、接合物用の粘着物選びを目的とした場合は、剥離試験だけで粘着物の評価を決めるのは危険です。
剥離試験にて求めた数値の荷重がその剥離方向にかかれば、剥離試験と同じ速さで剥がれてしまうことを意味しますが、実際はそんな速さで剥がれることはありません。
リサイクルなどで、そのくらいの速さで人が剥がしたいときに、強いと作業が行いにくいから、その強度を測るというのでしたら、大切な数値になるでしょうね。

粘着テープを非着物に貼り付けて、所定時間後に所定の剥離速度で引き剥がしながら、そのときの抵抗力を測定する試験が剥離試験ですよね。
どれだけの力で貼り付けて、何分後に剥がすかはJISで決められていますが、唯一、1種類の条件に限定されているわけではなかったと思います。
また、剥離角度も180°や90°があります。
まず、試験目的によって方法が変わります。
粘着物の品質管理のために測定するのならば、過去のデーターとつきあわすことが出来る方法にしなければなりません。
90°剥離に比べ、...続きを読む

QNADH染色について

NADH-TR染色の簡単な染色原理について簡単に教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

ミトコンドリアを染色する方法ですね。
NADH→NADの反応が電子伝達系で行われますが、その時に発生するHで基質が還元されて発色するものだったと思います。TRというのはtetrazolium(この染色で用いる基質の名前) reductionの略ですから。

Qsp3混成軌道をとって結合している分子は、どれも軌道のなす角は、109.5°となるのでしょうか?

sp3混成軌道をとって結合している分子は、どれも軌道のなす角は、109.5°となるのでしょうか?

構成する原子によって、角度が、例えば10°とか、大幅に変わることはあるのでしょうか?

構成する原子にかかわらず角度がほぼ変わらないとしたら、私にはとても不思議に思えます。

Aベストアンサー

そりゃそうです。・・・(結合する前の)混成軌道であって結合軌道ではない。
・・
結合したら、そこにある原子核や孤立電子対がかかわって角度が変わる。

水は、sp³混成軌道のうち、二個は孤立電子対だけですが、残り二つは水素原子が入ったシグマ結合になる。孤立電子対は負電荷ですので反発するから、その影響で水素-炭素-水素の結合角は105度程度に歪んでしまう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報