ArFエキシマレーザーは4準位系で

基底状態…2Ar+F2
励起状態…2Ar*+F2
エキシマ状態…2Ar*F
エキシマ発光をした直後…2ArF

の4つである。と私は解釈しています。
これらは、↓図でいうとどの位置になりますか?

「ArFエキシマレーザー」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基底状態が一番下のレベル、最初にアルゴンがエネルギーをもらって飛び上がる励起状態が一番上のレベル、フッ素分子が解離エネルギーを得て解離し、結合エネルギーを出してアルゴンとともに励起二原子分子Ar*Fを形成するエキシマ状態がその下、発光直後のアルゴンフロライドArFがそのまた下、となります。



レーザ発振周波数は図における発光バンドギャップエネルギーを反映した値となり、発光したのち、不安定なArF分子は直ちにアルゴンとフッ素に分離して、一番安定な(すなわち一番低い)基底エネルギーレベルに落ち着き、アルゴンがまた励起されてエキシマ状態になる、という過程をたどることになろうかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ところで、
上の図での準位2・準位1の間で発光しているのはわかりますが、他の間のエネルギーはどうなるのでしょうか?
(例えば、一番上から準位2へ下がったとき)
やっぱり熱になるのですか?

お礼日時:2011/05/05 05:48

#1です。

補足回答致します。

発光過程以外の緩和過程は熱損失(非発光過程)となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、熱損失になるのですね
わかりました

的確でわかりやすい回答をしていただきありがとうございました。

お礼日時:2011/05/05 23:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報