日中戦争の拡大について質問したいです。(#^.^#)
中国の様子として、国民政府(チャンチェシー)と共産党(マオツートン)が対立するのですが、国民政府ってなんですか(・・?
共産党ってなんですか(・・?
チャンチェシーってなんですか(・・?
マオツートンってなんですか(・・?
全然わかりません。
教えて下さい。
あと、説明される時に、色々用語を使われると思いますが、
出来れば、用語を使うよりも、小学生に教えるような説明の方が、わかりやすいです。(#^.^#)
よろしくお願いします(#^.^#)
回答がすごく長い説明でもかまいません。(#^.^#)
できるだけわかりやすくお願いします。(#^.^#)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こういう歴史についてはその国だけ見ていても分からないことがあります。

世界はいろいろ連動して動いているからです。

日中戦争と国民党・共産党の説明の前に、ヨーロッパの話をします。もちろん皆さんが知っているような話です。

ヨーロッパは16世紀になると、世界中に植民地を作り始め18世紀になると蒸気機関などができて産業革命が起きます。そしてこの間に市民革命も起きています。

じつはこの流れは日中戦争もそして現在も続いている歴史の流れの大元にあることなのです。

で、大航海が始まると世界中が植民地になり、植民地の労働者が本国の人々の仕事を奪うということが起き始めました。産業革命が起きるとどんどん工場ができ、農地から人が流出して労働者になりました。そして船がどんどんよくなってくるので、植民地に工場を作る=本国の労働者が職を失う、植民地から人がやってくる=本国の労働者よりも安い賃金で働く、ということが起こるようになりました。
これにより「労働者」の生活がだんだん成り立たなくなっていったのが、20世紀の初頭だったのです。
また市民革命によって、普通の庶民(多くは労働者)も選挙権を持つようになっていましたので、政府に対する不満も多くなっていましたし、貴族時代からのお金持ちや工場や商売で成功したお金持ちなどは、労働者を搾取することでさらに豊かに(労働者はさらに貧困に)なっていたからです。
第一世界大戦は各国のこのような不満を背景にして起きた戦争といえます。

この第一世界大戦の最中に参戦国ロシアで革命が起きます労働者が帝政に不満をもち、帝政を打倒して一気に共産国を作ったのです。共産主義とは資本主義とは違って、労働者が自分たちで国を豊かにするというやり方で、それまでの資本主義(お金がある人が資本を出して工場などで儲け、労働者は賃金で働く経済のやり方)で疲弊したヨーロッパの労働者を見ていたロシアだからできたことでした。

ここで日中戦争に戻ります。
上記の共産革命は第一次世界大戦の後にも続いていくことになります。最初はヨーロッパ各国が中心だったのですが、だんだん植民地にもそれが広がっていきます。中国は帝政でしたので(しかもヨーロッパの言いなり)独立国家にしようという機運がどんどん高まっていきました。
そのときに革命後の国のあり方として共産主義を目指したのが(中国)共産党の毛沢東(マオツートン:もうたくとう)、資本主義(民主主義)を目指したのが国民党の蒋介石(チャンチェシー:しょうかいせき)でした。
このときの中国は日本と戦争状態であり、実質上日本が戦っていたのが共産党と国民党の合同軍だったのです。

そしてだんだん戦争が拡大し日中戦争から太平洋戦争(第二次世界大戦)に突入していき、日本が負けることになります。

このときに見るべきなのは、ドイツの戦後処理(西ドイツ=民主主義、東ドイツ=共産主義)に分かれてしまったことです。日本の戦後処理はソ連と中国を除いてアメリカを中心とした資本主義国で占領することになったのです。

そしてこのころ中国は戦争に勝って独立国を作ることができるようになっていたのですが、共産党と国民党が対立していきます。内戦の結果、国民党は台湾に逃げて中国政府を作り、勝った共産党は北京に中国政府を作ります。最初は国民党政府(台湾)を支持していたアメリカなども共産党の力を認めて、共産党中国を国連の一員にすることに決まりました。
これが今の中国政府であり、国連の常任理事国になっています。

このあと、ソ連や中国の政府は他の国の独立を支援して共産国家を増やそうとしました。もちろん資本主義のアメリカなども資本主義の国(民主主義の国)を増やそうとしました。
その結果、日本から独立したはずの朝鮮は北朝鮮(共産党)と大韓民国に別れ、ベトナム戦争の結果ベトナムは共産主義国になり、カンボジアは1990年代まで内戦が続くことになります。
カンボジアの内戦が1993年に終わるのですが、これはソ連が崩壊し援助を受けられなくなったことが関係しています。北朝鮮が貧困状態なのもソ連の支援がなくなり、中国がなんとか支援していますが中国も政治は共産主義(たとえば土地は国の所有で国民は借りるだけ)で経済は資本主義になり、援助が少なくなっています。

中国だけ見ていると、日本と対立する勢力が二つあるように見えますが、世界中がだんだん二つの勢力に分かれるようになっており、その後ソ連の崩壊まで資本主義対共産主義の冷戦が続くことになったのです。
ちなみに台湾は今でも国民党政府ですが、中国本土があまりにも経済的に発展したため、統一するか独立したままでいるか、国民の間でも意見が対立するようになってきています。
    • good
    • 0

 国民党は辛亥革命で清朝に代わって孫文たちが作った中華民国の政党。

少し遅れて中国共産党が発足。 当時は軍隊を整えたいくつかの馬賊(軍閥)が中国北部(旧満州)に大きな勢力を持っていたため、国民党と共産党が一緒になって(第一次国共合作)北伐(満州の馬賊を討つ)を開始し、馬賊から北平(今の北京)を取り戻した。
 その頃、国民党を作った孫文が死に、没後国民党を率いた蒋介石(チャンチェシー)は反共主義(共産主義に反対する立場)から上海でクーデターを起こし、共産党の幹部の多くをとらえて弾圧。逃れた共産党のメンバーは都市を放棄し、中国南部から西部の辺境を逃走しつつ体制を立て直した。(長征)
 その途中で共産党の実権を握ったのが、毛沢東(マオツートン)
 そのどさくさにまぎれて、日本が満州事変を起こし、中国の正規軍を満州から駆逐し日本の傀儡(あやつり人形)である満州国を建国し、上海事変でさらに中国内に侵攻した。
 当初、蒋介石の国民党は日本と正面戦争を避け、国内統一を優先して、共産党壊滅に躍起となっていた。当時の国民党の内部には北伐の際に党内に取り込んだ軍閥がいくつかあった。その中の一人に関東軍(満州国に駐留していた日本軍)に列車爆殺された張作霖の息子、張学良がいた。
 張学良は自分の故郷、満州を日本に取られ、更に中国国内に侵攻してくる日本軍と戦おうとせずに、共産党としか戦おうとしない蒋介石に業を煮やし、蒋介石を監禁し内戦の一時停止や救国会議を求めた(西安事件)ことで、再び国民党と共産党が手を組んで、今度は日本と戦うことになった。(第二次国共合作)
    • good
    • 0

国民政府は、今の台湾(中華民国)政府の母体となった政府です。

昔は中国全域を支配していました。なお、台湾は沖縄諸島の南にある島です。
共産党は、今の中華人民共和国を作り、現在同国を指導している政党です。国民政府と戦い、中国の内、今の台湾以外の地域を中華人民共和国の領土にしました。
    • good
    • 1

チャンチェシー:蒋介石(しょう かいせき)


マオツートン:毛沢東(もう たくとう)

ですよ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中華民国政府と国民政府

中華民国政府と国民政府は違うのでしょうか????中華民国は1912年孫文を臨時大総統として南京に樹立、袁世凱が北京に遷都、とあり、また、
国民政府は、蒋介石が共産党を追放し南京で樹立、と書いてあって、それからは中華民国政府は国民政府になったのかなぁ~と思っていたのですが国共内戦で蒋介石が台湾へ逃れるときの説明には49年5月、中華民国政府は台湾へ逃れた、と書いてあり、国民政府じゃなかったの??と思い、わけが分からなくなってしまいました。どなたか教えてください・・
また、国民政府の所在地の変遷についてなのですが、問題集には広州→南京→武漢、重慶の順と書いてあったのですが、用語集には上記のように、国民政府は、蒋介石が共産党を追放し南京で樹立と書いてあったのですが広州は含まれるべきなのでしょうか????
乱文及び長文失礼しました。

Aベストアンサー

国名は中華民国です。中華民国を治める政府という意味で、「中華民国政府」という呼び方があります。
また、中華民国を治めていた政党は国民党でしたので、国民党政権、すなわち「国民政府」という呼び方もあります。
両者は実態として同じものですが、時期によって微妙にズレがあります。
袁世凱が支配していたころの中華民国は、国民党政権ではありません。
そのころの国民政府は広州に割拠して、力を蓄えていました。
広州から北伐を始めた国民政府が、南京を制圧したころには、国民政府が中華民国を支配している、と呼んでもいい状況でした。
そこらに質問者様の混乱の原因があるように思われます。

Q中国共産党が国民党に勝利した要因は?

第二次世界大戦終了後、中国では毛沢東率いる共産党と
蒋介石率いる国民党とが内戦をしていたそうです。
どうして共産党が勝利することができたのでしょうか?
貧弱な兵器しかない印象がありますが。
また、ソ連が一時支配していた旧満州地域はどうやって折り合いをつけたのでしょうか?
ソ連が引き下がったのが不思議です。
一悶着なかったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>第二次世界大戦終了後、中国では毛沢東率いる共産党と蒋介石率いる国民党とが内戦をしていたそうです。

正確には、日中戦争以前から内戦がありました。
日中戦争・第二次世界大戦中は、国民党・共産党は「抗日」目的のため停戦していたのです。大同小異・呉越同舟です。
この戦時下、国民党・共産党軍が作成した「抗日プロパガンダ写真」(TIME雑誌等の写真を歪曲修整し、反日意識を高めた)が、現在の抗日資料館に展示している写真です。
(実物写真と歪曲写真を比べると、興味深いですよ)
日本敗戦後、停戦状態が終わり再び内戦になりました。

>どうして共産党が勝利することができたのでしょうか?

先ず、国民の大多数を占める農民・労働者の支持を得る事が出来なかった事でしよう。
中国歴代王朝も、彼らの支持が無くなると滅亡しています。
(歴代王朝滅亡から新王朝樹立間に、各時代1000万人前後が犠牲になっています)
それと、解放軍(八路軍)兵士に農民出身者が多く「思想統一を行った」事です。
貴族・資本家・地主などから搾取された彼らは、共産思想に夢を見た訳ですね。
今までの辛酸を「仕返し」の力と変えたのでしよう。
反対に、自由主義者(有識者)は、「反革命」の下に大量虐殺を行っています。
旧満州国の首都・新京では「八路軍が30万人住民全員を殺害」していますよ。(当時のアメリカの新聞記事及び生存者談)
(現中国の教科書には「無血入城」となっていますが)
「思想的に一致団結した一枚岩の軍隊」と「自由な思想・意見を持った軍隊」では、戦う前に結果が見えてます。
それと、経済的な強烈なインフレでしよう。
戦費調達で、大量に紙幣を発行したので「紙幣は紙屑」になったのです。

>貧弱な兵器しかない印象がありますが。

八路軍は、ゲリラ戦が得意なんです。
ゲリラ戦には、近代兵器は必要ありません。
また、人海戦術が可能でした。
ベトナム解放戦線(ベトコン)もゲリラ戦が得意で、米国・韓国軍を破って(ベトナム戦争に)勝利しましとよね。
※ベトナム人従軍慰安婦と韓国軍人との混血児が、約15000人存在しています(ベトナム政府調査)。
※韓国政府は認めていないので、金大中・ノムヒョンがベトナムを訪問した時に謝罪・賠償を拒否しました。

>ソ連が一時支配していた旧満州地域はどうやって折り合いをつけたのでしょうか?ソ連が引き下がったのが不思議です。

旧満州地区(中国東北部)は、もともと清王朝の領土でした。
ソ連としては、分捕った領土を渡す気持ちは一切ありませんでしたが、米ソ対立の下で中国共産党と争いを避けたかったようです。
同じ共産党政権同士、アメリカに対抗する必要があったのです。

>第二次世界大戦終了後、中国では毛沢東率いる共産党と蒋介石率いる国民党とが内戦をしていたそうです。

正確には、日中戦争以前から内戦がありました。
日中戦争・第二次世界大戦中は、国民党・共産党は「抗日」目的のため停戦していたのです。大同小異・呉越同舟です。
この戦時下、国民党・共産党軍が作成した「抗日プロパガンダ写真」(TIME雑誌等の写真を歪曲修整し、反日意識を高めた)が、現在の抗日資料館に展示している写真です。
(実物写真と歪曲写真を比べると、興味深いですよ)
日本敗...続きを読む

Q共和国とは?日本は共和国?

共和国とは君主をおかず、大統領とかが国家元首となっている国家と聞きました。

このことから、アメリカは共和国と考えてよろしいのでしょうか?
あと、日本も共和国となるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 日本は共和国ではありません。憲法には明記してありませんが、事実上天皇を君主とする立憲君主国(法治国家。絶対君主ではない)です。もし日本が共和国だとすれば、元首は総理大臣となりますが、総理大臣とは君主のいる政治のトップという意味ですから矛盾しますよね。
 共和国・君主国の例
 アメリカは共和国です。大統領がいますよね。お隣、韓国も同じ。しかし北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は名前は共和国ですが、事実上の君主国(立憲君主国とは呼べないようですが)。ロシア(旧ソ連)も共和国。ロシアは、アメリカと違い、共和国の中に共和国(タタールスタン共和国など)を抱えています。中国(中華人民共和国)は実質的は党が国を支配していますが、独裁ではないので共和国と呼べるでしょう。
 イギリス(グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国)は立憲君主制。女王エリザベス二世が君主でブレア首相が政治のトップ。オーストラリアはイギリス連邦の一員であるため元首はエリザベス女王(この場合、形式上オーストラリア女王)。オーストラリア総督が政治を代行します。サウジアラビアも王国。サウード家が政治を行う数少ない絶対王政の国。

 日本は共和国ではありません。憲法には明記してありませんが、事実上天皇を君主とする立憲君主国(法治国家。絶対君主ではない)です。もし日本が共和国だとすれば、元首は総理大臣となりますが、総理大臣とは君主のいる政治のトップという意味ですから矛盾しますよね。
 共和国・君主国の例
 アメリカは共和国です。大統領がいますよね。お隣、韓国も同じ。しかし北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は名前は共和国ですが、事実上の君主国(立憲君主国とは呼べないようですが)。ロシア(旧ソ連)も共和国。...続きを読む

Q紀元前と紀元後をなぜ分けるの?

タイトル通りの疑問なのです。当たり前すぎなことなのかもしれませんが、教えてくださいお願いします。どういういきさつで分ける必要になったのでしょうか?
またいつから分ける様になったのですか?

Aベストアンサー

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれた年を紀元とすることにしました。
これが、現在我々が使っている西暦の始まりです。
何故西暦0年が存在しないかと言うと、西暦が作られた6世紀半ばのヨーロッパは、まだ数学が発達していなかったためか、「0」の概念が無かったのです。
そのため、「西暦0年」ではなく、「西暦1年」から始まったのです。これは平成0年がないのと同じですね。
だから、紀元1年より前の年をあらわすには、0がないので当然ながらマイナスを使えず、「紀元前」とするしかないわけです。
この西暦は、まず教会で用いられ、それがヨーロッパの一般人に定着するのはそれから数世紀経ってからで、 実際に世界的に使われるようになったのは、18世紀になってからです。
日本に至っては、明治以降、つまり19世紀に入ってから、やっと使い始めました。

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれ...続きを読む

Q白樺派、とはなんですか?

久しぶりに小説でも読んでみようかな、と思いました。
中学生の時読んだ、武者小路実篤の「友情」が、
とても好きだったので、実篤について調べたところ、
彼は、白樺派の作家であることが分かったのですが、
その白樺派とはいったいなんですか?
調べてはみたのですが、難しい言葉ばかりで、
ちょっと理解できませんでした。
簡単な言葉で、説明してもらえると嬉しいです。
また、同じ白樺派の同人作家たちの作品は、
実篤の作品に共通するところがあるのでしょうか?
「友情」のような作品に再び出会いたいので、
もし良ければ、本の紹介、してもらえると嬉しいです。
アドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

白樺派は、みもふたもない言い方をしてしまえば、金持ちの子で、いつまでもニート的生活を大学で送っていた、おめでたい人たちの集まりです。だから、彼らの作品は楽観的すぎるとか社会性がないという批判が出てくるのですね。Wikipediaにある、白樺派が「自然主義にかわって大正時代の文学の中心となった」とは、自然主義文学が人間の暗い側面や社会悪などをも描く傾向があるのに対し、白樺派はおおらかな人間賛歌だという対比構造になっていることを指摘しているのです。

白樺派の私小説というスタイルに決定的影響を与えたのは、哲学者ルソーの「告白」。文学と言えば、子供向けの昔話や、英雄物語や、勧善懲悪物や、サロン文化を背景とした甘ったるい恋愛物などしかなかった時代に、突如としてルソーが自伝というジャンルを「告白」で確立、本国フランスでもかなりの物議をかもしました。何せ、人生の中で犯してきた悪行も告白しており、実は露出狂だったとか、生まれた子供を孤児院の前に捨てたとか、そんなことまで書いてあるのです。白樺派はそれを、「そんなことまで告白できるのはすごいことだ」と受容したわけです。

白樺派が好きな人には、「告白」はお奨めです。「告白」こそが、白樺派の私小説というスタイルの原点です。ただし、白樺派は、ルソーが単なる文学者ではなく万能の人であり、フランス革命を支えた社会思想家でもあることは、ほとんど意識しているように見えません。逆に明治までさかのぼると、社会思想家としてのルソーを正当に評価している人もいます。いずれにせよ、ルソーは「告白」を世に放った文学者であり、「むすんでひらいて」を作った音楽家であり、「エミール」を書いた教育論者であり、かつ、フランス革命の理念を作り上げた社会思想家でもあるのです。その影響の一部が、思いもかけないところで白樺派に及んでいるというわけです。

白樺派は、みもふたもない言い方をしてしまえば、金持ちの子で、いつまでもニート的生活を大学で送っていた、おめでたい人たちの集まりです。だから、彼らの作品は楽観的すぎるとか社会性がないという批判が出てくるのですね。Wikipediaにある、白樺派が「自然主義にかわって大正時代の文学の中心となった」とは、自然主義文学が人間の暗い側面や社会悪などをも描く傾向があるのに対し、白樺派はおおらかな人間賛歌だという対比構造になっていることを指摘しているのです。

白樺派の私小説というスタイルに決定...続きを読む

Q各国の山地の割合

小学生の頃、社会の授業で「日本は国土の3/4が山地の山国」とならいました。
たしかに車で高速なんかに乗ろうものなら街中をでてすぐに山がでてきます。

これって他国と比べてどうなんでしょうか?他の国の山地の割合はどの程度なんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

日本では、山地≒森林と考えて間違いではありません。
多雨の気候のために国土の大部分で(北から南まで平地でも山地でも)樹木が育ち、一方、平地は都市や農地として利用される結果、山地≒森林となるわけです。

しかし、世界のどこでもそうだというわけではありません。モンゴルや中央アジアなどの乾燥地帯や、シベリア北部などの寒帯では山地でも樹木が育ちません。また、アマゾンやカナダでは平地が樹林に覆われています。

ですから、国際比較をするとき、山地≒森林と考えると誤解してしまいます。

それでは、各国の山地(森林ではなく)の割合を比較できるデータがあるかというと、残念ながら私は知りません。自然地理の本など調べてみてください。
日本では、国土地理院の地図を解析したデータによると傾斜度8度以上の土地が国土の72%あったと記憶していますが、ネット上でちょっと検索した限りでは出典が見つかりませんでした。

Q世界恐慌って?

1929年の世界恐慌に限って質問です。

世界恐慌って言うのはどういう風にして起こったのでしょうか。
世界までにも影響が波及した理由も兼ねて、分かりやすく、かつ詳しく教えていただけると幸いです。

それと、しってたらなぜ今の不況を世界恐慌といわないのかも教えてください

Aベストアンサー

こんにちわ
理由としては以下のものがあります。

・第一次世界大戦終結によるアメリカの好景気化
 ・工業投資の発展
 ・戦地からの帰還兵による消費向上
 ・自動車工業の躍進

これらによって、アメリカは発展します。しかし同時に
・ヨーロッパの復興によりアメリカ農作物の輸出過剰
・社会主義国の市場離脱(ソ連を代表とする東欧諸国)
により、アメリカ国内では生産過多、供給過剰に陥ります。

当然、商品価格はだぶつきますが投資家筋は長期的に上がると判断し、
投機熱が高まり、資金が異常に市場に流入されました。
市場流入した金が多いということは、市場そのものの価値が下落します。
(モノが大量にあれば希少価値が無くなり値段が下落しますよね)

ここで株価が史上最高値を出したことで株の売りが出だしますが、
下がれば買いが入り、しばらく上がっては下がりの状態を繰り返しました。
そんななかアメリカの国益産業である自動車産業の雄、GMの株がこのあおり
で売られはじめたことで不況の端を発します。
投資家が売り出したことで、他の投資家も「今が売りだ!」とGM株が大量に
売られてしまったのです。この売り誘発で他の銘柄も売りが殺到し、
市場の株が売り一辺倒になりアメリカ恐慌が発生しました。

ちょうど、GMも過剰生産だったので工場縮小などの措置を講じていた背景
があり、投資家に売りを誘発させる材料が整っていたことも大きな要因です。この流れで強烈な経済後退をアメリカ国内で招きました。

これが世界に流れて大恐慌になったのですが、当時はまだ株式市場は影響力
が小さく、被害はアメリカ内部だけにとどまっていました。
大きく世界を巻き込む恐慌に発展した理由として、銀行の倒産が挙げられます。
金融システムが停止し、世界取引の大部分は金本位制に基づく現物だった
ことから信用取引が中心となっており、輸出が激減して信用がなくなった
東欧諸国への取引が停止されます。
これによりオーストリアの銀行が倒産し、隣国のドイツを恐慌が襲い
ドイツの銀行が倒産し、企業の倒産が急激に襲い始めました。
また、第一次世界大戦からやっと復興し、金本位制に戻った各国から
大量の金が流出し、特にイギリスやドイツのヨーロッパ諸国の経済停滞を
招いて価値が急激に下落します。

日本やドイツは産業統制により資源配分を国家が管理することで恐慌から
脱しましたが、政党や軍部の台頭が資本主義先進諸国との軋轢を生み、
他の国々も巻き込んでアメリカ市場経済への報復と、戦争による通貨価値
の上昇が狙われ第二次世界大戦が勃発しました。

現在の不況は当時の世界恐慌とは異なり(この恐慌から学び)、
国政資本を注入して建て直しを図る政策を各国が採っています。
各国が市場経済を導入している現在は、通貨の価値保全を各国が協調し、
一国の不況で計り知れない経済停滞が世界を襲うことを避けるため、
各国通貨や国債を他国が購入し、通貨の安定や外貨、外債を持つ購入国の
発言力が大きくなることでバランスを図っています。

そのため、株価は下落しても通貨自体は大きく変動していないので
通貨の国際的地位は各国とも保全されており、当時の世界恐慌ほどの
停滞とは言えないと思われるからだと考えられます。

簡単に言えば、各国がこれまで貯め込んだカネを放出して経済対策を
講じることが出来るためです。
国際法がしっかりとできあがり、世界的な連鎖恐慌を避ける措置が
図られているためですね。

こんにちわ
理由としては以下のものがあります。

・第一次世界大戦終結によるアメリカの好景気化
 ・工業投資の発展
 ・戦地からの帰還兵による消費向上
 ・自動車工業の躍進

これらによって、アメリカは発展します。しかし同時に
・ヨーロッパの復興によりアメリカ農作物の輸出過剰
・社会主義国の市場離脱(ソ連を代表とする東欧諸国)
により、アメリカ国内では生産過多、供給過剰に陥ります。

当然、商品価格はだぶつきますが投資家筋は長期的に上がると判断し、
投機熱が高まり、資金が...続きを読む

Q地方中枢都市って何ですか? 簡単に説明していただけるとありがたいです!

地方中枢都市って何ですか?
簡単に説明していただけるとありがたいです!

Aベストアンサー

政府・行政の出先機関、各企業の支社などがあり、行政・経済の管理・運営機能が高く、その地方の中心となっている都市です。
この場合、周辺の隣接の数県にも影響を与えています。

札幌、仙台、広島、福岡などです。

地方中核都市という表現が使われることもあります。

参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報