明の末期には、日本をのぞいて海禁が解除されたそうですけど、その理由は「日本が倭寇の根拠地と見なされていたから」というものだったそうです。

参考:帝国書院「最新世界史図説タペストリー」七訂版 31ページ


【疑問1】
明が日本をのぞいて海禁を解除した背景には、どういう事情があったのですか?
私はとりあえず「日本銀・メキシコ銀による活況が原因だった」と理解していますけど、活況が起こると、なぜ政府が海禁を解除するといったことになるのでしょうか?


【疑問2】
やがて清や江戸幕府の時代になると、長崎での日清貿易が黙認されるようになりました。
そのあいだに中国では王朝交代がありましたけど、どういう経緯で日本にたいする海禁が解除されたのですか?

とくに清が台湾にのがれた鄭氏と抗争していたとき、台湾には海禁をおこないましたけど、そのとき日本はどういう扱いだったかを知りたいです。(日本は台湾と同列に扱われて海禁の対象だったのか?それとも、すでに貿易が黙認されていたのか?)


【疑問3】
「海禁のもとでは密航者がたくさんいた」ということですけど、彼らが現在東南アジアにいる華僑の先祖となっているのでしょうか?
また、合法的に渡航できる時代に比べて、きびしい海禁を敷かれていた時代には、渡航者は大幅に減りそうですけど、実際の数はそんな減少したわけではなかったのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

そんなに詳しくないので、大雑把に。



当時、中国国内は経済発達に伴い、貨幣に使う銀が足りなくなってしまいました。

銀の需要が伸びる
→銀を国内に運べばいくらでも捌ける
→よーしパパ海外に船出しちゃうぞー♪

ってことかと。
質問者さんのおっしゃる「銀の活況」というのもこのことかと思います。

お金のためなら多少危ない橋を渡るのが人間です。
当時取り締まり側だった役人が、
「取り締まってもキリがないので、免許を付与して海外渡航を解禁にしたほうがよい」
と進言したそうですから、沿岸部のひとヤマ当てたい人達は相当やりたい放題だったんでしょうね。

華僑については、旅行先でガイド等を見る限り、現在チャイナタウンとしてはっきり残ってる所は清時代の海禁解除以降の移住が多いようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海禁と華夷意識について

海禁と華夷意識について


現在では研究が進み「鎖国」に代わって「海禁」という言葉が使われていますが、「海禁」と「華夷意識」にはどんな関係があるのでしょうか?

よかったら教えてください。

Aベストアンサー

 ご参考までに。

http://members2.jcom.home.ne.jp/mgrmhosw/minaosu08.htm
 

Q鎖国や海禁のネガティブな影響

何が思い当たりますか??

多様性がなくなるなど…。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

(1)どのような国の支配者たちも、自らの権力の「維持」「強化」を目指すものであり、海外との交渉で諸問題が発生するよりも、「閉ざされた社会」の方が「管理」をしやすい。

(2)当時の諸外国と言えども、中国や朝鮮でも同様に「閉ざされた社会」であり、例えば、明にしても、朝貢以外を排除し、中国人の海外渡航を禁止している。

(3)幕府としては、「開国」することにより、日本の諸藩が貿易による「財力」や「兵力」の拡大を強く恐れた。

(4)ただし、こうなると、諸外国の「情勢」が何も見えなくなって、いわゆる、「独裁国家」になるため、幕府権力だけでは日本を「独裁的」に統治する力は、まだ「完全」とは言えず、とは言っても、幕府権力という独裁的立場を確立するために、「布教活動をしない」という約束のもとで、長崎の出島のみでのオランダとの交易を許可した。
そこには、日本の諸藩を介入させず、幕府だけが「富」と「情報」を独占するためであった。
しかし、幕府の力が、まだまだ弱いことを印象付けたのは、寛永14年(1637)10月25日より発生した「島原の乱」では、幕府軍は苦戦をし、オランダに依頼をして、海上から原城への砲撃をさせています。
また、「鎖国」と聞くと、まずは、長崎の出島だけでの交易が思い描かれると思いますが、「四口(よつのくち)」と呼ばれる方法で、鎖国時代(江戸時代)でも、海外との交易の路は開かれていました。
1.中国から琉球へ、そして、薩摩藩を通じて幕府への路。
2.中国から朝鮮へ、そして、対馬を通じて幕府への路。
3.中国やオランダから長崎(出島)へ、そして、幕府への路。これが、一般的に知られる鎖国時代の正規のルートと、多くの人に知られている路です。
4.蝦夷地(アイヌ)から松前藩を通じて幕府への路。

(5)「鎖国」をする・・・と、言うことは、とりもなおさず、国家の中だけで「自給自足」をすることになるわけですが、秀吉の頃からは、日本国内でも「灌漑」「治水」事業が発達して「新田開発」なども盛んになった、また、「農業技術」や「農機具の発明」などで徳川幕府としては、「国内生産」「国内消費」だけでも統治できる・・・と、考え「鎖国」に踏み切った。

(6)やがて、幕府権力も充実してくると、海外との戦いでも、必ずしも「最新の兵器」だけで勝てるわけもなく、「兵力数」や「食料の補給路」で、さらには、戦国時代としう戦いにおいての「戦略」や「戦闘技術」では、幕府は諸外国に対抗できる・・・と、考えた。
これには、秀吉が朝鮮出兵で「補給路」を絶たれて敗北した経験が、そうした考えとなった。
従って、徳川幕府としては、「鎖国」をすると同時に「海外進出」には一切目を向けていない。
寛永12年(1672)6月25日、幕府評定所の話し合いで酒井忠勝は、
「我々は、他の人の奉仕を受けることができるかぎり、日本の船を国外に渡航させる必要はない」
との諮問が出されている。

(7)幕府は、一気に「鎖国」をしたわけではなく、徐々に発令していった。
*慶長17年(1612)、キリスト教禁止令を出す。
*寛永10年(1633)、奉書船(渡航が許可された船)以外の海外渡航を禁止。
*寛永12年(1635)、日本人の海外渡航と帰国を禁止。
*寛永14年(1637)、島原の乱。
*寛永16年(1639)、ポルトガル船の来航を禁止。
*寛永18年(1641)、オランダ商館を平戸から長崎の出島へ移転。

「鎖国」という言葉について:
(1)ドイツ人のエンゲルベルト・ケンペルが江戸旅行をして、帰国後に書いた「日本史」(1712刊)の中にある、
「日本国において自国人の出国、外国人の入国を禁じ、また、此国の世界諸国との交通を禁止するにきわめて当然なる理」
と、いう一文を、蘭学者である志筑忠雄(しづきただお)が享和元年(1801)「鎖国論」において初めて使用した「造語」である。

(2)しかし、嘉永2年(1849)に成立した「徳川実記」では、寛永12年(1635)の措置を「海禁」と書かれている。

(3)近年、「鎖国」という言葉は、研究者の間でも使われなくなってきており、学校の教科書などでも、山川出版「新日本史」では、本文中には一切「鎖国」という文字は出てきていない。

(4)著者の東大教授藤田覚氏によると、
「幕府は、最初から鎖国を意図したわけではない。その状態が、たまたま200年ほど続いたから『なんとなく鎖国』だった」
と、考えた方が自然ではないか・・・とコメントしている。

少しでもあなたのお役にたてれば・・・。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

(1)どのような国の支配者たちも、自らの権力の「維持」「強化」を目指すものであり、海外との交渉で諸問題が発生するよりも、「閉ざされた社会」の方が「管理」をしやすい。

(2)当時の諸外国と言えども、中国や朝鮮でも同様に「閉ざされた社会」であり、例えば、明にしても、朝貢以外を排除し、中国人の海外渡航を禁止している。

(3)幕府としては、「開国」することにより、日本の諸藩が貿易による「財力」や「兵力」の拡大を強く恐れた。

(4)ただし、...続きを読む

Q日本の祝日の海の日って山川海の海じゃなくて旧日本軍

日本の祝日の海の日って山川海の海じゃなくて旧日本軍の海軍の日を意味するって本当ですか?

旧日本軍の軍神の広瀬中佐って海軍ですか?

Aベストアンサー

ウソですよー

海軍の日は5月27日

広瀬中佐は海軍です。

Q今の東京の土地は昔はどのくらいが海だったのですか?

TVで今の東京の土地の多くは、特に湾岸に近いところや、今では東京湾からもかなり離れているところでも、昔は海だったと聞きました。
特に江戸時代?くらいに埋め立てられたと紹介されていましたが、

今の東京で何区あたりが元は海で埋め立てられた土地なのでしょうか?
教えてください。(うる覚えですが、TVでは港区とか、葛飾区とかも江戸時代以前は全部海だった、ような気がします。間違っていたらすみません。)

あと、その大々的な埋め立て事業はいつ行われていたのかとかも教えてください。
もしリンクなど知っていらっしゃったら貼って頂けると嬉しいです。。
お願いします。。<m(__)m>

Aベストアンサー

東京湾の埋め立ては、家康の江戸入府(1590年)直後から始まっていますが、最初は江戸城の築城工事に伴う堀の掘削土で埋め立てが行われました。当時江戸城の東側は海に面しており、この時に埋め立てられたのが今の丸の内、八重洲地域です。 その後1603年から江戸城北部の台地を切り崩して、日比谷入り江の南部一帯が埋め立てられました。 今の日本橋、京橋、新橋、築地地区です。 大体今の国道15号線がそれまでの海岸線でした。 因みに江戸が大都市に変身するとともに、多くの生活ごみが排出されるようになりましたが、1655年に江戸市中でのごみ処理例が出され、今まで適当に捨てられていたごみを、全て墨田区左岸河口の永代島に集めるようになりました。 その後の江戸湾の大々的な埋め立ては、その永代島に集められたごみが使われるようになったとのことです。

Q台湾と台湾人について質問です(外省人・内省人の件)

2つ教えて頂きたいことがあります。

台湾では蒋介石を尊敬している人がいるそうですが、
理由が分からず李登輝友の会に電話で質問しても、
日本人スタッフによると詳しい理由は分からないということでした。

(1)台湾人で蒋介石を尊敬している人がいるのは何故でしょうか。

台湾には現地人(内省人)の他に外省人がいますが、
日本人には外省人を鬱陶しがる人がいると思います。
実際に日本人による外省人が出て行くことを希望する書き込みとか見ました。
ところが日台ハーフで40代のパパだという人によると、
外省人・内省人という差別は好ましくないうえ、
日本人から外省人を悪く言われることが台湾人にとって辛いと書いてありました。
80歳になろうとしている金美鈴先生は外省人が大嫌いみたいですが、
70~80歳くらいの方と40歳くらいの方では外省人・内省人について考えが違うのでしょうか。

(2)内省人・外省人という差別が好ましくなく、日本人に悪く言われるのが辛いのは何故でしょうか。

Aベストアンサー

台湾で仕事をしています。

(1)
日本人に「虐殺を繰り返した織田信長が好きな人がいるのは何故ですか?」と聞くようなものでしょう。
人間には良い点があり悪い点もあります。何千万人も人口が居る台湾ですから、好きな人もいるでしょう。

(2)
この問題は台湾人にとっては日本における「琉球問題」や「在日韓国人問題」「アイヌ問題」に近い他国人に言われたくないデリケートな問題です。
外国人に「パキスタンのように琉球独立派だけで一島与えて独立させてあげたら?」とか「朝鮮系は大阪府兵庫県京都府を国家として分離独立したらいいのに」と言われたらどう思いますか?無遠慮な外国人だなと感じないでしょうか?
他国の事をとやかく言うのは日本人にとっても美しくない事ですし、自分が言われて嫌なことは相手に言わないというのは日本人の美徳の一つのはずです。

悪意無く日本人よりも平均的に少し口が悪くプライベート意識の低い(=良い意味で日本の田舎の人のような感じ)台湾人ですので、「あの人は外省人だよ」とかは良く聞きます。ですが、それがこちらで問題になることはありません。

台湾にとってはもっと他の問題の方が大きいのです。
ほぼ一民族しか住んでいない日本人にとってはわかりにくいかもしれませんが、台湾には「山の人」と呼ばれる原住民・「客家人」・「内省人」・「外省人」大きく分けてこれだけの民族が居ます。それに、昨今増えているベトナム・タイ・フィリピン・中国からの移民などが入り混じって今の台湾を形成しています。また、台湾南部には西洋人との混血の方が多いです。

さらに宗教上の問題もあります。
キリスト教信者から道教徒、地元の神様を信仰している方や創価学会、新興宗教も多いです。

また、台湾人のほぼ全ての仕事で中国大陸人との付き合いがあります。
これだけサラダボウル状態になってくるとイデオロギーの差の方が大きいのです。

理解を深めるため、今台湾人の平均的なペルソナとして「李さん一家」というのを作成してみるとします。

李さん一家は内省人の一家で爺さん65、婆さん60、父45、母40、娘18、息子8とします。全て内省人で道教徒です。
爺さんは台湾語と少しの日本語しか話せませんが徒歩圏内で暮らしているため問題ありません。
彼は北京語しか話せない外省人や若い台湾人が苦手です。
最寄のスーパーの経営者は外省人です。ほぼ毎日買いに行くのでビニール袋代をサービスしてくれます。
婆さんが最近足が悪くなってきたためメイドを雇い入れました。タイ人の彼女は三軒に雇われるメイドです。
父は客家人のメーカーで働いています。会社には中国工場があり三ヶ月に一度駐在します。
母は日本企業で働いており、朝息子を学校に送った後出社し、5時に退社して息子を迎えに行きます。
娘の彼氏は外省人です。これは付き合い始めた頃に彼の家の宗教・年収まで含め家族に伝えています。
息子は学校→塾→帰宅後宿題の毎日です。友人の一人はキリスト教徒ですが新年はカウントダウンイベントで一緒に祝いました。
毎週末弟家族が家に来ます。弟家族も全て内省人ですが、弟の奥さんは台南出身のためヨーロッパの血が入っていて西洋人に似ています。

このような家庭が台湾の平均です。
フランス人が経営者になった程度で「ゴーンショック」などと言っている日本人とは人種に対する許容度が全く違うのです。
理解しにくいとは思いますが、「郷に入れば郷に従え」というのが、グローバル時代でも正しいやり方です。

参考になれば幸いです。

台湾で仕事をしています。

(1)
日本人に「虐殺を繰り返した織田信長が好きな人がいるのは何故ですか?」と聞くようなものでしょう。
人間には良い点があり悪い点もあります。何千万人も人口が居る台湾ですから、好きな人もいるでしょう。

(2)
この問題は台湾人にとっては日本における「琉球問題」や「在日韓国人問題」「アイヌ問題」に近い他国人に言われたくないデリケートな問題です。
外国人に「パキスタンのように琉球独立派だけで一島与えて独立させてあげたら?」とか「朝鮮系は大阪府兵庫県京都府...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報