なぜ、ダイヤモンドには電気が流れないのかを教えてください。

A 回答 (3件)

絶縁体でも導体でも物質は原子からできており、その原子はさらに多くの電子を含んでいます。

電子を含んでいるのでどちらも電気が流れそうなものですが、ご承知のように絶縁体では電気は流れません。

電子には自由に動ける電子(自由電子)と動きにくい電子(価電子)があるためです。金属は自由電子を多く有するために導電性をもちます。一方絶縁体には自由電子がほとんどない(全くのゼロではない)ために電気が流れません。

ダイヤモンドは極めて多くの炭素原子が整然と並んでできているものですが、原子の最外殻にある4つの電子すべてが隣の炭素原子と結合するために使われて勝手にそこから抜け出すことはできません。このためにダイヤモンドには自由に動ける電子がごくわずかしかなく、実質的に電気が流れないのです。

同じ炭素でもグラファイトになりますと電気が流れるようになります。結合のために使われる価電子のうち3つは強い結合で動けませんが、残りの一つは弱い結合(π結合)で、この電子はグラファイトの層に沿ってかなり自由に動けるためです。

どの程度説明すればよいか不明だったのでエイヤで書きましたが、こんなところでいかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2001/05/01 01:44

自由に動ける(この表現は本来語弊がありますが)電子がない



では、ダメですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/01 01:45

電流がなぜ流れるのか、簡単に答えると、自由電子が電圧によって運ばれるためです。

この自由電子はどのようにできるのかと、いうと結晶中での価電子がそうなります。ここで問題とされているダイヤモンドは元素記号は炭素(C)ですよね。パウリの排他律により、ここで、決定される価電子4個であるため、結晶中ではこの炭素が互いに共有結合をして、結晶でのエネルギー状態が安定するため、理論上、価電子がない状態になり、結果として電流が流れません。
 この分野は奥が深いためどこまで説明すればよいかわかりませんでしたが、質問内容からして、中学生程度ほどにとどめて、説明しました。
自分もこの分野を勉強中の身なので、まちがっているところ、説明不足のところがあるかもしれません。
 もし、何かありましたら、補足に書くこんでいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/01 01:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1組の電線で双方向に電気が流れるのは、なぜですか

一般家庭で太陽光発電などでできた電気を売る電線は、既存の買電の電線と共用できるそうですが、理論を教えてください

なぜ双方向に電気が流れることができるのでしょうか

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

双方向には流れてません
電線上の売電している近隣が使っている電気を
電力会社の代りに供給しているだけです

必要に応じて売電するときに電圧を上げることにより
キルヒホッフの法則に従って近くの何処かに電流が流れます
(近くという表現は正確ではありませんが、他に上手く言い難いのでご勘弁ください)

Q理解 電気回路 カとキで、キの方が長い時間電流が流れるのはなぜですか? 電球が少ない方が省エネに思え

理解 電気回路

カとキで、キの方が長い時間電流が流れるのはなぜですか?
電球が少ない方が省エネに思えるのですが…
解説よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>電球が少ない方が省エネに思えるのですが…

電球の「明るさ」が同じならそうです。
でも、2つ直列につなぐと、電流は 1/2 になり、1個あたりの電圧も 1/2 になって、各電球で消費する電力は 1/4 ずつになってしまうのです。当然、明るさも「1/4」になります。

ということで、2個合わせても、1個のときの「1/2」の電力しか消費しないので、電池は長持ちします。

もし、電球2個を「並列」に接続すると、「電圧は1個のときと同じ」で、「1個あたりの電流は2個になっても変わらない」ので、各電球の明るさは1個のときも2個のときも同じです。ということで、電球2個だと1個の2倍の電力を消費します。

家の中の電球や電気コンセントは、「並列」になっています。つまり電気器具を「並列」につないでいるのです。(なので、どの電気器具にも「100V」の電圧がかかります)
たくさんの電気器具を使うほど、消費電力は大きくなります。

「直列」と「並列」の違いが分かりましたか?

Qダイヤモンド、チタンはなぜ硬いのか?

鉄と比べて、ダイヤモンド、チタンはなぜ固いのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

ダイヤモンドが硬いのは、炭素の結合状態に理由があります。
炭素原子が密集して配列されており、
しかおその相互の結合が非常に強いからです。
もし東京にお住まいでしたら
上野の国立科学博物館に炭素の結合模型が置いてありますよ。

Qリミットスイッチに、電圧があるとかないとかあるんですか?変な話、回路を開くならb側に電気は流れてる

リミットスイッチに、電圧があるとかないとかあるんですか?
変な話、回路を開くならb側に電気は流れてるはずです。回路を閉じるならa接点側に電気は流れてるはずです。
となるとこれは有電圧接点なんですか?

Aベストアンサー

リミットスイッチそのものには電圧はありません。
「リミットスイッチ」に「電源」と「負荷」を接続しますと、回路
(接点)構成により、常時閉端子に接続した負荷に電流が流れ負荷
が動作します。
また、常時開端子に接続した負荷は、動作せず待機状態になります。

この状態から「リミットスイッチ」が働きますと常時閉端子に接続
した負荷は電流が切れますので負荷が停止します。
また、常時開端子に接続した負荷は、動作することになります。

「リミットスイッチ」と「電源」と「負荷=補助リレー(例)」を
接続した状態の図を貼りつけましたので、参考にすると良いでしょう。
なお、接続図は初期状態を書いてあります。

制御回路を勉強する時に参考書の他に実際の動作を理解するために
市販品(補助リレーやリミットスイッチ、端子台、配線類、必要に
より電池・テスターなど)を購入して用意します。
この部品類を参考書の接続例に合わせて接続し、実際にどのように
動作しているのかを確認すると理解が深まると思います。

Q電気の流れ、呼称

就業数ヵ月の電工です。
事前に勉強したことと職場で教わったことの食い違いから、現在大変混乱しており、確認させてただけないかと思い、質問させていただきました。

1、電気はプラスから流れ、電子はマイナスから流れる。

2、第二種電工試験で出てきた接地側(N)とはマイナス極のこと。

3、送り=一次側=プラス=二種試験でいう非接地側(L)。返り=二次側=マイナス=二種試験でいう接地側(N)

で合ってますでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
電気関係の仕事しています。
質問文からはなにがどのように混乱しているのかわからないので質問になるべく端的に解答します。

>1、電気はプラスから流れ、電子はマイナスから流れる。

このとおりです。
電気はプラス極からマイナス極に流れることにしようと決めた後から電子がマイナスからプラスに流れているのがわかったのです。

>2、第二種電工試験で出てきた接地側(N)とはマイナス極のこと。

Nはマイナスではなくニュートラル(中性)のNと思ったほうがいいですよ。
もちろん、他の方の回答のとおり交流ですので(+)(-)はあまり考えないほうが、、、

ですので、タンブラ(片切り)スイッチは器具のL側に入れます。N側に入れると器具がスイッチを切っても充電されたままになってしまいます。

>3、送り=一次側=プラス=二種試験でいう非接地側(L)。返り=二次側=マイナス=二種試験でいう接地側(N)

少し違います。
一次側、二次側とは本来、変圧器などの場合、電圧の高いほう(電源に近いほう)を一次側、電圧の低いほうを二次側と言います。
そこに遮断器や断路器、ブレーカーなども同じように電源に近いほうを一次側、電源から遠いほうを二次側と慣例的に呼んでいます。
器具の電源に近いほう くらいの意味です。


質問について 背景がわかるように書き込んでもらうとこちらも回答がしやすいです。
また、カテゴリーですが、物理と言うより 社会>エネルギー>電力 のほうが近いかな?
またはビジネス>資格>その他の資格 あたりのほうが

こんにちは
電気関係の仕事しています。
質問文からはなにがどのように混乱しているのかわからないので質問になるべく端的に解答します。

>1、電気はプラスから流れ、電子はマイナスから流れる。

このとおりです。
電気はプラス極からマイナス極に流れることにしようと決めた後から電子がマイナスからプラスに流れているのがわかったのです。

>2、第二種電工試験で出てきた接地側(N)とはマイナス極のこと。

Nはマイナスではなくニュートラル(中性)のNと思ったほうがいいですよ。
もちろん、他の方の回...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報