M12=M21という記述をよく見かけますが、これは本当ですか?
1次コイルと2次コイルが同心(同芯?)に巻かれている場合はこれで良いと思うのですが、例えば添付した図のようなトランスを考えたときも成り立つ公式でしょうか。図の灰色部分は鉄心です。
コイルL1を1次コイルとした場合、1次で発生した磁束は全て2次コイルに届きますが、
コイルL2を1次コイルとした場合、1次で発生した磁束は2割ほどしか1次届かないように思えます。
もし本当に2割しか届いていないのであればM12≠M21であり、結合定数kもk12、k21を定義してk12≠k21として考えねばならないのでしょうが、実際どうなのでしょうか?どのようなトランスでもM12=M21なのでしょうか。もしM12=M21なのであればこのトランスの結合定数kはいくらぐらいになるのでしょうか。

解説が出来る方いらっしゃればご回答お願いします。

「トランス(変圧器)について:M12=M2」の質問画像

A 回答 (1件)

M12=M21の為には、L2の作る磁束が全てL1を鎖交する必要はなくて、L2に電流を1流したときのL1の鎖交磁束数ψ12とL1に電流を1流したときの鎖交磁束数ψ21が等しければ良いということになります。


例えば、話を簡単にするためにL1とL2の巻数、磁路長を同じとすると、L2に電流を流したときにできる磁束はL1に流したときの磁束よりも断面積比倍大きくて、その一部がL1と鎖交しているので、ψ12=ψ21が成立して、M12=M21が成立します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
鎖交磁束数という観点からは相互インダクタンスを考えておりませんでしたので勉強になりました。

お礼日時:2011/04/27 00:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基板用トランス(100V->6V) について

100V AC を基板用トランス(PK-06033 0-3V-6V 330mA) とダイオードブリッジ、低ドロップ3端子レギュレータ5V を使って5V DC を作る回路を作りました。

当初は予定通り動いていたのですが、しばらくすると動作しなくなる事が多くなりました。発振かと思い0.1uF のコンデンサを取り替えたり(3端子レギュレータ直近に)、電解コンデンサー(470uF や47uF) を変えたり試行錯誤しています。トランスとの間に置いた電解コンデンサを330uF に変えてから、いよいよ全く動かなくなりました。

オシロスコープで見ると、どうもトランスから出る6Vが全然出ていないようなんです。これはトランスが問題なのか3端子レギュレータが動かないから電気が流れていないのか(でも470uF の電解コンデンサ、0.1uF のコンデンサはある)

ちなみに3.3V のレギュレータの時は問題なかった気がします。ただ5V も十分に使えていました(使用時間にして24時間以上)

一体どういう理屈なんでしょうか?ムリがたったんでしょうか(トランス6V は低かった?)

100V AC を基板用トランス(PK-06033 0-3V-6V 330mA) とダイオードブリッジ、低ドロップ3端子レギュレータ5V を使って5V DC を作る回路を作りました。

当初は予定通り動いていたのですが、しばらくすると動作しなくなる事が多くなりました。発振かと思い0.1uF のコンデンサを取り替えたり(3端子レギュレータ直近に)、電解コンデンサー(470uF や47uF) を変えたり試行錯誤しています。トランスとの間に置いた電解コンデンサを330uF に変えてから、いよいよ全く動かなくなりました。

オシロスコープで見ると、...続きを読む

Aベストアンサー

オシロスコープが有るのなら、「どうもトランスから出る6Vが全然出ていないよう」なんて曖昧な言い方ではなく、「何Vから何Vのリップルが出ている」というように、正確に測定した値を書きましょう。
そこらの値をきっちり測定し、順番に電圧を測定していけば、自分でも解決できるとは思いますが。

まずは回路を切り離して、トランス出力に±8,4VP-Pの交流電圧が出ているのか、ダイオード・電解コンデンサを通った後6×1.4=8,4V程度の直流電圧が出ているのか、3端子レギュレータの出力が5Vになっているのか、順番に調べていけば良いだけです。

Q理想変圧器と変圧器の構造について

お世話になります。
ある参考書の変圧器の原理の説明について、
「二次側解放の状態で一次側に電圧を加えると、鉄心には磁束(共通磁界)が発生する。この磁束を発生するためには、励磁電流が一次側のコイルを流さなければならないが、理想変圧器は磁気抵抗が0なので励磁電流は必要ない」という記載があります。
この説明では、理想変圧器では励磁電流が流れない・・・磁束は発生しない・・・二次側電圧は発生しない?ということになってしまうのではないでしょうか。それともあくまで理想なので、励磁電流は流れないが、磁束は生じるという仮定のもと二次側電圧が発生するのでしょうか。

また、変圧器の構造には大きく内鉄形と外鉄形があります。内鉄形は磁路が1つで巻線が2個ありますので、一次巻線と二次巻線の状態(構造)はわかりやすいですが、外鉄形については、鉄心が2つで巻線が1つしかなく一次巻線と二次巻線の状態(構造)がよくわかりません。変圧器ですので当然両方の巻線を持っているのは確かなのでしょうが、どのような構造になっているのでしょうか。

Aベストアンサー

#4のお礼欄に関連して
「磁気抵抗が0であれば、電圧が印加されるだけで磁束が誘導されるのでしょうか。・・・電圧が印加され電流が流れることで磁束が誘導されるという認識でしたが、現実はそうだが、理想では励磁電流は必要無いと言うことですか。」
電圧があれば、それに相当するだけの磁束があります。

若干余談気味
電気回路(だけじゃないかもしれませんが)
電圧が印加されて→電流が流れて→磁束ができる、
と順番だって考えるよりも、
電圧があれば、それに対応する磁束、電流がある(どれかが先にあって、というものではなくて、ある関係(e=dψ/dt, I=ψ/L)を満足するように同時に存在する)
と考える方が良いかと思います。

というのは、回路の外側の条件で、電圧や電流、磁束がどういう具合に決まる(制限される)か、というのが変わるるので。
たとえば、
コイルに交流電圧源を繋ぐ場合には、
電源に一致するよう電圧がきまる、電圧に相当するように磁束(の時間微分)が決まる、磁束に相当するように電流が決まる、
という具合に決まってゆきますし、
コイルに交流電流源を繋ぐと、
電源電流に一致するように電流が決まる(制限される)、電流に相当するように磁束が決まる、磁束(の時間微分)に相当するように電圧が決まる、
という具合に決まってゆきます。

#4のお礼欄に関連して
「磁気抵抗が0であれば、電圧が印加されるだけで磁束が誘導されるのでしょうか。・・・電圧が印加され電流が流れることで磁束が誘導されるという認識でしたが、現実はそうだが、理想では励磁電流は必要無いと言うことですか。」
電圧があれば、それに相当するだけの磁束があります。

若干余談気味
電気回路(だけじゃないかもしれませんが)
電圧が印加されて→電流が流れて→磁束ができる、
と順番だって考えるよりも、
電圧があれば、それに対応する磁束、電流がある(どれかが先...続きを読む

Qウインカー(6V)

自分はヤマハのRX50に乗っています。
ウインカーが倒したて2つもなくなってしまい、
のりたいのに、乗れない状況でいます・・・
電球に6Vと書いてあったので、6Vとだと思いますが、6Vのウインカーでちっちゃめで割れにくいような(チョッパーウインカーみたいな…)希望のものがなかなかありません><
そこで12Vのやつをつけようと思っています。
6Vなのに12Vのウインカーをつけても大丈夫なんでしょうか??
不具合がありましたら教えて欲しいです。
それと、6Vで、ちっちゃめの(われにくそうな)ものがあったら是非教えて欲しいです。
本当に困っています。
いろいろな通販サイトで探していますが、なかなかみつかりません;;
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

ウインカーの場合は12V用と6V用の違いは
装着している電球が違うだけです。
電球の形状(ソケットの形状)が同じであれば
電球を交換するだけで何ら問題ありません。
 ただ注意したいのは6Vの電球の方が種類が少ないので
12V用のウインカーを買うのなら、同じ形状の電球が
6Vでもあるか確認してから購入して下さいね。

Q変圧器の既約効率を求める式で、出力に皮相電力を使わず有効電力を使う理由を教えて下さい。 変圧器の容

変圧器の既約効率を求める式で、出力に皮相電力を使わず有効電力を使う理由を教えて下さい。

変圧器の容量は皮相電力なので出力も負荷の求める容量を皮相電力とした方が統一できていいと思うのですが…
負荷の求める容量に皮相電力を使えない理由があるのでしょうか

Aベストアンサー

>力率の違う負荷を接続すると何故皮相電力に
>統一できないのかよくわからないです…

AN03に書いたように、皮相電力とというのはエネルギー
とは別物なので、損失との足し算の意味が不明です。

意味不明なもので意味不明の計算をしても意味不明の
結果しか得られません。

Qポケモンダイパー 6vメタモン

友達が「6vメタモンじゃなくて普通のめたモンがきた」といっていましたが6vってなんですかv?

見分けるにはどうするんですか?

Aベストアンサー

ポケモンの強さは種族値、個体値で決められます。
種族値とは、ピカチュウ、リザードン、などその種類のポケモンの強さを表します。

そして、例えば同じピカチュウという種類のポケモンでも
個体によって強さが違うのは、種族値に加えて
個体値というものが各個体に対して設定されているからです。

そして6Vというのは、個体値を表す用語で
HP、こうげき、ぼうぎょ、すばやさ…
全ての能力の個体値がMAXであることを意味します。

つまり、6Vのピカチュウと言った場合、
単純にステータスだけ見れば最強のピカチュウと言えます。

見分け方ですが、ゲーム中でそれを見分ける方法はありません。
捕まえたばかりで一切育成をしていない状態のステータスを
ネット上の個体値計算ツールなどに入力すると判定出来ます。

詳しくは参考URLを見て下さい。

ちなみに、6Vという個体値の出現確立は数万分の1です。
6Vのポケモンなどというものを何体も持っているような人は
ほぼ間違いなく不正な手段を使っていると考えて良いでしょう。

参考URL:http://no3.pic.bz/

ポケモンの強さは種族値、個体値で決められます。
種族値とは、ピカチュウ、リザードン、などその種類のポケモンの強さを表します。

そして、例えば同じピカチュウという種類のポケモンでも
個体によって強さが違うのは、種族値に加えて
個体値というものが各個体に対して設定されているからです。

そして6Vというのは、個体値を表す用語で
HP、こうげき、ぼうぎょ、すばやさ…
全ての能力の個体値がMAXであることを意味します。

つまり、6Vのピカチュウと言った場合、
単純にステータスだけ見れば...続きを読む

Q交流変圧器(トランス)について

次の問題なのですが・・解き方がわからず困っています。解法を教えて頂けませんか?

 一次コイル100回 二次コイル1000回巻きの交流変圧器について次の問いに答えなさい。

(1)一次側に10mVを入力したときの出力電圧

(2)二次側から1Aを取り出すための入力電圧

(3)一次側から1Vを入力し、二次側に100Ωの負荷を接続したときの、一次側に供給される電力

Aベストアンサー

トランスの性質

一次側の巻数 n1
二次側の巻数 n2
とすると、
巻き数比   n1:n2 または n1/n2:1
n1/n2=n とおいて n:1 でも良い。

●一次側の電圧と二次側の電圧は巻数比に比例する。
V1:V2=n:1 または V1/V2=n1/n2 (V1/V2=n)

●一次側の電流と二次側の電流は巻数比に反比例する。
I1:I2=n2:n1 または I1/I2=n2/n1 (I1/I2=1/n)

●一次側の抵抗と二次側の抵抗は巻数比に比例する。
(インピーダンスでも同じ)
Z1:Z2=n1^2:n2^2 または Z1/Z2=(n1/n2)^2
(Z1/Z2=n^2)

●電力は、巻数比に関係なく一次側も二次側も同じ。
P1=P2

------------------------------------

(1)そのまま公式に代入。(V2=100mV)
(2)たぶん問題が、「~取り出すための入力電流」のはず。(I1=10A)
(3)二次側電圧を求めて、電圧V2と負荷抵抗Rから、二次側電力P2を求める。(抵抗の数値が文字化けしてます。)
P2=V2^2/R
電力は等しいので、P1=P2

トランスの性質

一次側の巻数 n1
二次側の巻数 n2
とすると、
巻き数比   n1:n2 または n1/n2:1
n1/n2=n とおいて n:1 でも良い。

●一次側の電圧と二次側の電圧は巻数比に比例する。
V1:V2=n:1 または V1/V2=n1/n2 (V1/V2=n)

●一次側の電流と二次側の電流は巻数比に反比例する。
I1:I2=n2:n1 または I1/I2=n2/n1 (I1/I2=1/n)

●一次側の抵抗と二次側の抵抗は巻数比に比例する。
(インピーダンスでも同じ)
Z1:Z2=n1^2:n2^2 または Z1/Z2=(n1/n2)^2
(Z1/Z...続きを読む

Q6V原付カブでPSPを充電するには?

6V原付カブでPSPを充電するには?

PSPをカーナビとして使うために、原付6Vバッテリーに繋いで充電しながら使用したいと考えています。
AC充電器を見ると5v、1500mAの定格となっていたため、0.6Ωの抵抗を直列に入れてPSPとバッテリーを接続してみましたが充電ランプが点灯しませんでした。
6Vの原付で充電することは出来ないでしょうか?

Aベストアンサー

私もPSPをナビとして使っています。
SONY ナブユー2も持っていますが、PSPの方が使いやすいです。

さて、抵抗を付けて6Vと直結する勇気があるのでしたら、0.5A~1Aのヒューズを直列に取り付けてバッテリーに直結してみて下さい。うまく充電出来たら私も試してみます。

Qトランス(変圧器)のしくみ

はじめまして電気のことが初心者なので教えてください。

1.トランスとはどのようなものですか?
2.トランスのタップとはなんですか?
3.タップ取替えとは、どのようにするのですか?教えてください。

Aベストアンサー

トランスは交流電圧変換作用のみに注目されますが,インピーダンス変換器の役割もあります.即ち1と2という四端子回路をカスケード接続する場合,1の出力インピーダンスZo1が2の入力インピーダンスZi2に等しくない場合にマッチングをとるために中間にトランス(巻き線比n)を挿入します.インピーダンスマッチングするためには,
n=\sqrt{Zi2/Zo1}
のトランスを選択します.この式の証明は簡単ですが四端子回路の本を参考にして下さい.

Q6Vのバイクに12Vのバッテリーをつけられますか?

昔のバイクを持っているのですが、バッテリー6Vは結構高く逆に12Vの方が安く買えたりします。そこでなのですが、12Vのバッテリーをのせて電圧に抵抗をに加えれば、そのままつけられる物なのでしょうか?よく6Vを12Vに改造とか聞きますが、そのまま6Vのままでいければと思っています。
詳しい方いらしたら教えて頂けますでしょうか?もし抵抗(ダイオード?)をつけるとしたらどんな物を付ければいいのでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言うとそのままでは無理です。

昔、YSR50という古いバイクを6Vから12Vに改造しましたが、結果的に電送系をすべて交換することになり大変な作業でした。

まずバッテリーは充電される必要がありますが、元々6Vの車両では12Vのバッテリを充電できるだけの発電が出来ません。発電容量を増やす必要があります。

次にレギュレータやレクチファイヤーなども6V用の為に、12Vに対応(かつ車両に対応した物)した物に交換しないと、すぐに焼けてしまいまともに走行すら出来ません。

そのほかにもウインカー、メーター照明、ヘッドライト、イグニッションコイル、ウインカリレー、ヒューズ、ホーン・・等々、すべて12V用に交換しないと使えません。

気軽に出来る改造ではなく、知識とデータが必要です。

Q水理学の物体の安定不安定について比重0.9の三角柱(B=4m,H=3m,奥行きの長さL=6m)を

水理学の物体の安定不安定について

比重0.9の三角柱(B=4m,H=3m,奥行きの長さL=6m)を比重1.02の水中に浮かべる。その時の安定不安定を検討せよ。

この問題なのですが、自力で吃水が2.82m,を求めたのですが、その後の安定不安定計算がよくわかりませんでした。
h=Iy/V-aの傾心高式を使って物体の安定不安定を求めるそうなのですが 断面二次モーメントや体積はどこのものを指しているのかがわかりません!

長々とすみませんがよろしくお願いします!

Aベストアンサー

Vは、水に沈んでいる容積です。 Iyは吃水面で切断した水平面の断面二次モーメントを重心軸を中心として求めた値です。
aは、重心と浮心の間の距離です。
頂角が下で、吃水が2.82mですから、水面下の面積は、(2.82/3)×4×2.82/2≒5.3㎡、容積は、水面下の面積に奥行きの長さ6mをかければいいので、V=5.3×6=31.8m3となります。
断面2次モーメントIyは、(2.82/3)×4=3.76mの幅で奥行き6mの長方形の中心軸での値になります。 Iy=6×3.76^3/12≒26.6m4
重心位置は、正3角形なので、底辺から高さの1/3の位置です。 したがって、3/3=1mの位置です。
浮心は、頂角が下向きなので、吃水×1/3となります。 したがって、2.82×1/3=0.94mの位置です。
重心と浮心の間の距離a=0.94-(1ー(3-2.82))=0.12mとなります。
h=Iy/V-a=26.6/31.8-0.12≒0.71>0、したがって安定です。


人気Q&Aランキング