東京都世田谷区一戸建て在住です。
7年前(だったと思います)に電波障害が起きてCATVを無料で引き込まれていたおかげでアナログも地デジもきれいに見えていました。その前までは、普通にアンテナで視聴していました。
この度地デジ化に伴い、電波障害の補償を打ち切るので、有料でCATVを利用するか自分でアンテナを立ててください、というお知らせがありました。
CATVは地上波再送信のみという契約はないので、月5000円ほどかかるということでした。
どうせCATVのチャンネルは見ないので、アンテナを立ててみたのですが、(25素子全チャンネル型)NHKはちゃんと映りますが、フジテレビは時々ブロックノイズが発生します。アナログで電波障害を起こしておいてデジタルになったところで、同じ東京タワーからの電波です。なぜこの状況で補償が打ち切られるのか納得がいきません。せめて、スカイツリーになるまでは補償してほしいです。
地デジ化のページを見ても私の住んでいるところは要調査になっています。
私ができることは、以下の2つだと思うのですが、(1)が成功する可能性はあるでしょうか?また(2)の結果映りが改善される可能性はあるでしょうか?
(1)スカイツリーになるまでCATVを続けろと交渉する
(2)もっと高利得のアンテナ(低周波数帯に限定された高性能アンテナ)に変えてみる

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>なぜこの状況で補償が打ち切られるのか納得がいきません


東日本大震災の影響が考えられます。今回の震災で、スカイツリーになるまで続ける余力を失い、このタイミングで補償が打ち切るのが妥当と判断した可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
納得はいかないのですが、あちらの言い分としては、アナログ放送に対して障害がでたので、それに対する補償であって、デジタルに対しては新規なので補償の対象外になるそうです。
でもって補償対象であったアナログ放送が終了するので自動的に補償も打ち切りになるという理論です。
結果としてデジタルが見えれば文句は言わないのですが、かなりな高性能アンテナにしないと受信できないのも事実なんですけどね。スカイツリーになると例えビルの陰になっても既存のビルでは補償の対象外なので、移行すると結構問題になるでしょうね。

お礼日時:2011/04/30 18:33

あともう一つ。


今地デジ難視聴地域向けに衛星で地デジを放送しています。
特別なB-CASカードが必要です。
総務省に申請してみる手があります。

この回答への補足

結局高性能アンテナに変えたところ全チャンネル映るようになりました。
20素子でも高性能なほうがいいようです。

補足日時:2011/04/29 17:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーむ、なかなか奇抜なアイデアですね。果たして総務省が23区内に対して発行してくれるものでしょうか?
実はお隣さんとそのお隣さんも地デジがダメなのです。あちらはフジではなくNHKがだめなそうです。
私はアンテナの向きをNHKで最適化してしまったので、フジがだめになってしまったのでしょう。

調べてみましたが、難視聴地域向けB-CASカードは、世田谷区は対象外ですね。残念。

お礼日時:2011/04/26 22:50

アンテナ工事は何処で?


ブースターは取り付けましたか?
アンテナの方角・高さ色々変えて工事をされましたか?

地D信号は送信所方向からでは無くても一定水準の受信レベルが確保できればゴーストの無い綺麗な画像が見えます。
なので「電波障害の補償を打ち切る」のです。
受信障害地域でのアンテナ工事には受信側で色々変化を与えて最良な方向・高さを模索する必要が有るかと思います。
業者さんはそこまで面倒を見て工事をしてくれませんでしたか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
アンテナは自分でつけました。というのもアンテナの馬は、7年前のものが残ってましたので。
25素子というのは、この地域としてはあり得ないくらい大きいものです。
まぁ調整は方角のみで高さは気にしませんでした。

お礼日時:2011/04/26 22:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビの受信障害の対応で困っています

現在、築20年以上の自宅を木造3階建てに建替え工事中です。
隣家と又隣からテレビの受信障害の苦情を受けてます。
ハウスメーカーより事前に障害の可能性を聞いており、苦情に際してはアンテナの高上げ等の工事の対応で問題ないと言われていましたが、実際に工事を申し出たところ断られました。
メーカーが引き続き間に入って交渉をしていますが平行線で話がまとまりません。

隣家の要求は、
・そもそも障害が起こるような建物を建てるのが間違っている
・アンテナをうち(当方)に立てる

アンテナをうちに立てるというのは、施主である弟が、維持費やメンテナンス等、今後もめる元になるので受け入れたくないと申しております。
実はうちと隣家では、受信障害の前に隣家の排水管の水漏れでもめました。
今回の工事の際に、自宅駐車場のコンクリートを取り払った際に隣家の排水管の水漏れが明らかになり、修理をお願いしたところ、うちの工事の振動のせいで壊れたとの一点張りで、
逆に日当たりの件で工事差し止めの請求をするとか言い出されたらしく、結局工事の工程に支障が出るために、こちらの負担で直してしまったのです。
築20年以上ですので、原因は劣化だそうなんですが…(業者談)
ちなみにうちや裏隣などは既に修理しておりました。
(弟は隣ともう今後付き合いを続けていきたくないらしいです)

又隣は障害が出てるのは1チャンネルのみなので、一度アンテナの向きを調整してみるらしいですが、
一応、隣家への対応と同じでいいというお返事です。

隣家は暗にCATVの加入を希望しているようです。
うちとしてはアンテナ工事をしても障害が残るようなら、それも考えますが、隣と又隣の2軒分は相当な負担です。
このような場合、費用はどこまで負担するべきなのでしょうか?

現在、築20年以上の自宅を木造3階建てに建替え工事中です。
隣家と又隣からテレビの受信障害の苦情を受けてます。
ハウスメーカーより事前に障害の可能性を聞いており、苦情に際してはアンテナの高上げ等の工事の対応で問題ないと言われていましたが、実際に工事を申し出たところ断られました。
メーカーが引き続き間に入って交渉をしていますが平行線で話がまとまりません。

隣家の要求は、
・そもそも障害が起こるような建物を建てるのが間違っている
・アンテナをうち(当方)に立てる

アンテナを...続きを読む

Aベストアンサー

建築の元監督です
実は、住宅のテレビの受信状態を保障する法律は日本にはありません。(関東電波管理局の話)
法律の保障する「文化的な最低限必要な生活」にテレビの受信は含まれないからです。
つまり、トコトン喧嘩するつもりなら、受信障害は無視できます。

では、なぜ受信障害でもめるかというと、いわゆる「NHK法」があるからです。国営放送は設備設置により受信料が発生するからです。
そこで、まず電波の受信出力確認をNHKに依頼しましょう。調査員が現地にきます。無償調査です。
(この調査に「応じない」と言わせれば、ここで騒動は終わりです。法的根拠の調査を放棄したのですから。)
この調査で、実際に電波がどのくらい届いているか確認してくれます。地上波については全局調べてくれます。
首都圏の場合は、全て東京タワーですので1~2局だけ悪いというなら、隣の建物が理由とはなりません。(その他の地域の場合は、その調査員に電波方向を尋ねて下さい。)
また、受信状態の改善についての助言もしてくれます。但し、この調査は障害発生の理由を確定する調査ではありません。ご注意下さい。

私の自宅はこの調査の結果、原因不明の障害が有ったのでNHK受信料は請求されていません。(実際NHKが映ってないので)

建築の元監督です
実は、住宅のテレビの受信状態を保障する法律は日本にはありません。(関東電波管理局の話)
法律の保障する「文化的な最低限必要な生活」にテレビの受信は含まれないからです。
つまり、トコトン喧嘩するつもりなら、受信障害は無視できます。

では、なぜ受信障害でもめるかというと、いわゆる「NHK法」があるからです。国営放送は設備設置により受信料が発生するからです。
そこで、まず電波の受信出力確認をNHKに依頼しましょう。調査員が現地にきます。無償調査です。
(この...続きを読む

Q電波障害によるCATV無料化について

皆様のご意見よろしくお願いします。

10年前に新築で家を購入した際、地元のケーブルテレビ局と契約を結びました。
テレビ、インターネット契約です。

5年前に近所に中学校ができ、それを機に私のお隣さんがテレビの電波障害があり、ケーブルテレビを無料で見れている事を最近聞きました。

不公平感を感じ、そのことをケーブルテレビに問い合わせしたところ、以前から契約しているものに関しては無料化にならない。
また、これから新築する家もならない…。なぜなら電波障害の原因となる中学校ができたあとに家を建てたからだ・・・という理屈です。

どうしても納得がいかないものですからご質問させていただきました。

専門家の方、ご経験者の方、ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

他の回答にもありますが、そもそもあなたの家で受信障害があるのですか?
補償というのは、保有している権利を侵害されたものに対して権利を侵害したものが行うものなのですから、あなたの家で受信障害が起きていないのならあなたに何かを補償する義務は誰にもありません。お隣は受信障害を受けたので仕方なくCATVをいれることになったため、その原因になっている中学校の管理者である自治体が料金を負担しているのです。
もちろんCATVに入っていなければあなたの家も受信障害という被害を受けたかも知れませんからお気持ちは判りますが、現実に自発的にCATVに入ってしまったことで何の受信障害も受けていないのですから、侵害された権利がどこにも存在しないのです。侵害されたものがないのだから補償もない、というのが回答です。

>また、これから新築する家もならない…。なぜなら電波障害の原因となる中学校ができたあとに家を建てたからだ・・・という理屈です。

これも当然ですね。
都心では多くの家庭が高度成長期以降近隣の高層マンションの影響で受信障害を被り、その結果その原因となった建物側が費用を負担してCATVや共用受信などの設備を整えました。その多くは昨年の地デジ移行に際して補償の義務がなくなったとして費用負担を終了し、それまで無料で見ていた人たちは新たにCATVと契約して有料でテレビを見ることになりました。原因となった建物が建った後で始まったサービスにまで責任を負う法的義務はないのです。

結果的にあなたは損をしたのかも知れませんが、受信障害を受けなかった、ということをメリットと考えるしかありませんね。

他の回答にもありますが、そもそもあなたの家で受信障害があるのですか?
補償というのは、保有している権利を侵害されたものに対して権利を侵害したものが行うものなのですから、あなたの家で受信障害が起きていないのならあなたに何かを補償する義務は誰にもありません。お隣は受信障害を受けたので仕方なくCATVをいれることになったため、その原因になっている中学校の管理者である自治体が料金を負担しているのです。
もちろんCATVに入っていなければあなたの家も受信障害という被害を受けたかも知れ...続きを読む

Qマンションの電波障害、後住者への対応は?

はじめまして。現在マンションの理事をしており、良い解決案があればと思い書き込みました。
私の住んでいる7階建てのマンションの電波障害地域へ新しく住宅が13戸建ちました。
既存の住戸へは共同アンテナより引き込み済みですが、今回の住宅へ追加して引き込むには容量が足りず、新たに幹線より近くまで分岐してくる工事が必要になりました。
今回建築会社より幹線から分岐部までの引き込み工事代を請求されています。
法的には後住者への義務はなさそうですが、全く”NO”というのも道義的に良くないとの意見もあります。
いくらぐらいが妥当なのか?あるいはこのようなケースについて経験のある方、お考えのある方のご意見を伺いたくよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の回答が非常に良回答ですね。質問で1点気になったところを補足します。

>今回建築会社より幹線から分岐部までの引き込み工事代を請求されています。

これは新築13戸の建築会社からの請求ですね。一般的にはこういう場合はマンション側で施工(依頼)し所有するものなので、(施工費用およびメンテナンス費の按分は別問題として)建築会社が見積もって施工し、お金チョーダイはおかしいような気がします。

障害補償共聴の運営については、2通りあると思います。

1,障害起因者が施設を構築し、補償対象者で構成する「共聴組合」を設立し、向こう数十年(20年くらいが妥当かな?)のメンテナンス費を一括で組合に支払い、施設所有も組合とするもの。(要するに、後は知らん状態)

2,障害起因者が施設を構築し、メンテナンスも行うもの。(ダラダラのナーナーになりやすい)

公共施設などの場合は[1]が多いですが、民間のビルなどの場合はほとんど[2]になると思います。この件も受信点(アンテナ)がマンションの屋上でしょうから、[1]のように施設を移管することは出来ませんね。

今回の場合、恐らく[2]のパターンで管理されていると思いますが、後のメンテナンスのことも考えると施設の設計・設置は当初工事をした会社に依頼した方がいいです。

また、
>法的には後住者への義務はなさそうですが、全く”NO”というのも道義的に良くないとの意見もあります。
おっしゃるとおりです。道理から言えば、建築会社から
「このたび新築13戸を建てまして、テレビが映らないので共聴施設として電波を供給いただけないでしょうか?」
とお願いに来て、
「費用に関しては建設会社が負担します」
もしくは
「新築入居者の負担でお願いします」
が本来妥当でしょう。また、メンテナンスも
「メンテナンス費を払いますから、電波供給してください」
というのが普通だと思います。

まあ、妥協点として施設を構築するからメンテナンス費を払ってね、でいかがでしょうか?

メンテナンス費は10年で施設構築費となるくらいに設定したらどうでしょうか?

「高い!じゃあいらん。独自に共聴を作る」と言われるかもしれません。それはそれでいいと思いますし。恨まれる理由はないんですが。

谷間に作った造成地などでは山に向かって「補償しろ」って言うんですかねえ。似たような話と思うのですが。

ついでのおせっかいで、ダラダラのナーナーにならないために、重要な点をまとめました。

3,メンテナンス対応
映りが悪いとか、機器の故障時の対応窓口

4,メンテナンス費の捻出
一般的には管理費から出るのでしょうが、場合によっては高いものになります。
落雷、停電、ケーブル切断、電柱移動など色々とあります。

5,補償期限
いつまでも使える施設でもないので、20年くらいの補償期間を設定するのが妥当と思います。
補償期間後の施設再構築時には継続利用希望者(及び障害起因者)全員でお金を出し合うなどの確認もしたほうがいいかもしれません。

6,責任分界点
家の増改築に伴うケーブル移動費用とか、画質補償内容などの確認。

7,補償内容
地上はデジタルについてどうか、衛星放送とかを含むかどうか、とか。

これからの対象世帯だけでなく、今現在の対象世帯ともある程度確認した方がいいと思います。

No.1の回答が非常に良回答ですね。質問で1点気になったところを補足します。

>今回建築会社より幹線から分岐部までの引き込み工事代を請求されています。

これは新築13戸の建築会社からの請求ですね。一般的にはこういう場合はマンション側で施工(依頼)し所有するものなので、(施工費用およびメンテナンス費の按分は別問題として)建築会社が見積もって施工し、お金チョーダイはおかしいような気がします。

障害補償共聴の運営については、2通りあると思います。

1,障害起因者が施設を構築し、補償対...続きを読む

Q隣家の電波障害。うちの責任ですか?

現在新築を建設中です。
もうすぐ完成というところで隣家から
テレビの写りが悪くなったと連絡がありました。

状況説明
・土地は平地
・隣の家との間は5mぐらい
・2階建て(うちも隣も)
・うちも隣も屋根は平です
・屋根の高さはうちの方が約10~20cm高い
 (土盛りをしました。約20cm)
・躯体を組み始めてからテレビの調子が悪くなった
 (この時連絡はありませんでした。足場が
  無くなれば直ると思っていたらしい)
・足場が取れても直らない
・うちが建て始めるまではきれいに見えていた
・画面は白いのがチラチラしているらしい
・UHFのみ写りが悪い
・隣は引っ越して1年ぐらい
・連絡は隣のハウスメーカーではなくまず最初に
うちのハウスメーカーに連絡が来た

現在分かっているのは以上です。
電波障害はあとから建築した施主が責任を取る
と聞いたのですが同じ2階建てで電波障害は起きる
ものなのでしょうか?
今回は屋根の形は平ですが山の形の屋根にしたら
もっと高くなると思います。その時に電波障害が
起きてもうちの責任なのでしょうか?

これから一生隣と付き合っていかなければならない
のでかなり悩んでいます。
教えてくださいよろしくお願いします。

現在新築を建設中です。
もうすぐ完成というところで隣家から
テレビの写りが悪くなったと連絡がありました。

状況説明
・土地は平地
・隣の家との間は5mぐらい
・2階建て(うちも隣も)
・うちも隣も屋根は平です
・屋根の高さはうちの方が約10~20cm高い
 (土盛りをしました。約20cm)
・躯体を組み始めてからテレビの調子が悪くなった
 (この時連絡はありませんでした。足場が
  無くなれば直ると思っていたらしい)
・足場が取れても直らない
・うちが建て始めるまではきれいに見えて...続きを読む

Aベストアンサー

特別背が高い家を建てている分けでもないのですから、お互い様で、何とかならないか、話されてはどうですか?
通常アンテナは、屋根の上に立てますので、現在も屋根の上にお隣がアンテナが立っているなら、障害物は、無いと言う事になりませんか?
そうであるならば、原因は、他にあると思います。
また、その原因を探るのも、隣の方でしょう。
近所付合いも大切ですが、現状、建物も立ってしまっていますし、永久的に、隣のテレビの写りを保障するなんて出来ないでしょうから、ハウスメーカーに、やんわり言ってもうらうしかないように思います。
まあ、実際は、どちらがお金を持つかは分かりませんが、隣の屋根に登って、アンテナの向きを再調整したり、ブースターを付ければ、解決するような気がします。

Qテレビ電波障害について

標記の基本的条例の構成・内容を簡単に教えて下さい。

現在住んでいる住宅と東京タワーの間に
高層ビルが建ち、テレビ受信状態が悪化すれば
何らかの対策をビル側に求められる事ができるようですが、
逆に、高層ビルが既に建ってあり、
そのビルの影響によりテレビ受信状態が悪くなっているエリアに
新しく住宅を建てたい場合はどうすれば宜しいでしょうか?
何らかの対策をビル側に求める事は可能でしょうか?

回答と法的根拠の証明を、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして

私も法的根拠は証明できませんが、

テレビ等の受信障害に関しては、既得権を補償する原則があります。
(ビルが出来たことにより、電波到達空間をふさぎ、先に住んでいた人が自分で設置したアンテナでの受信の恩恵を受けれなくなる補償)

よって、障害となるビルが先に建っており、後に土地を購入し住宅を建設されても、ビル側は補償する義務は生じないと思います。

たとえば、山が障害となって、アンテナで直接受信できない世帯が日本全国にたくさんあります。
山があることを知っていて、土地を購入し建物を建てたと考えると分かりやすいと思います。(障害物があることを承知で購入する)

あとは、ご自分でケーブルテレビを導入するか、ビル側の好意で分配してもらうかだと思います。(分配工事費は自分持ち)

残念ながら、受信障害について法的根拠を求めると、後住者には勝ち目はないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報