いちごをプランターに4株植えています。
そのうち2株の茎とランナーに白いカビのようなものがついています(写真)。
こちらは、カビか何かの病気でしょうか?

病気の場合、どのような対策をとったほうがいいですか?
ちなみに、花は1株は咲いていて、もう一株は咲いていません。

葉っぱには白いカビのようなものは今のところついていません。

「いちごの茎にカビ?」の質問画像

A 回答 (1件)

うどんこ病だと思います。


窒素肥料が多いと発生しやすいようですよ。
防除は、薬が一般的です。
参考までに、http://www.savegreen.co.jp/info/teck/teck_powder …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速ホームセンターで薬を購入しようと思います。

お礼日時:2011/04/28 11:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシクラメンに白カビのようなものが・・・

茎の根元に白いカビのようなものが出来てしまいました。影響を受けた茎はすべて取り除きましたが、完全にはカビを取り除くことが出来ません。取り除いた茎の残りの部分と球根との間の狭い所にもまだ残っているようです。
 湿っていると良くないと思い、日中は葉を広げカビの影響を受けた所に日差しが差すようにしていますが、朝になってその部分を見るとやはりカビが少しだけ成長しています。見つけては取り見つけては取りの日々です。どうしたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

現状を見たわけではないので、詳しいことは言えないのですが、
かび系の病気のようですね。
灰色かび病かな…。白いかびだと…う~ん。違うかも…。

簡単に出来る対処法として、
発病部(かびた部分)をピンセットなどで丁寧に取り除き、
球根に残った傷跡に、薬用石鹸液や、中性洗剤などを塗って、
傷口を日光に当てて乾かすというのがあります。

ひどい場合はTPN水和剤とかキャプタン水和剤とか、薬剤を使うしかないかも知れません…。
(商品名は書いてないですが、↑の言葉で検索すると出てきますよ。
植物名・病気名で検索しても対処法が見つかるかも。)
ホームセンターの家庭用農薬コーナーで探してみてください。
説明書に適用植物と病害虫、使用方法・頻度などが書いてあるので、
よく読んで、お使いください。

自分で病気が何なのか、ある程度しぼりこめるように、
病害虫に関する本を一冊持っておくといいかも知れません。
特定が出来なくても、症状を照らし合わせて、病害虫の名前から、
ネットなどで対処法を探せますし。
(…私のように素人の道楽になっても困りますが。)

カビはよく発生しますよね。
株元を分けて見たら、うわぁ…って…。
でも、かび系の病気なら、早くに手を打てば、
枯死まで行くようなことはあまりないので、
大丈夫ですよ。
細菌(軟腐病とか)やウィルスの病気だとまずいですが…。
夏越しさせる予定があるのなら、予防もかねて、
植え替えの前に殺菌剤を散布するといいかも知れません。
かく言う私も、まともに夏越しさせた経験がないので、
そこまでしたことがないですが…。

予防法として、(これはご存知かと思いますが)
水遣りの際に、球根部分や葉・茎に出来るだけ水がかからないようにする。
傷口が乾ききらないうちは、そこに水をかけない。
それと、
老け花・老化葉は病気の温床になりかねないので、
早めに摘み取る。
(摘み取るときはくるくるポン、と茎の部分から…。)
ぐらいでしょうか…。

それから、
奇形花や葉も出来れば摘み取る。
種が出来そうな(花びらの部分がポトンと落ちてさやだけになったやつ)のも種を取る予定がないなら摘み取る。

一日に一回ぐらいは葉っぱに積もったほこりや花粉を、
やさしく払いながら、出来るだけすべての葉に日が当たるように葉を組み直します。
傷つけないように…。
あんまり触りすぎてもストレスがたまるので、
加減が難しいですが…。

水の与えすぎ・乾かしすぎにも要注意。根が傷みます。
肥料の与えすぎも花持ちが悪くなるので注意。
温度は、なれさせればかなり低くても(5℃くらいまで)耐えられますが、
暖房のきいた部屋で暑すぎるのは…。(20~25℃くらいが適)

シクラメンって、意外と匂いが良い事に気付き、
見直しつつある今日この頃。
(香りがないのもありますが…。)
水遣り・身繕いの度に深呼吸して、香りを楽しみます。

質問者さまのシクラメンも、元気になると良いですね。

現状を見たわけではないので、詳しいことは言えないのですが、
かび系の病気のようですね。
灰色かび病かな…。白いかびだと…う~ん。違うかも…。

簡単に出来る対処法として、
発病部(かびた部分)をピンセットなどで丁寧に取り除き、
球根に残った傷跡に、薬用石鹸液や、中性洗剤などを塗って、
傷口を日光に当てて乾かすというのがあります。

ひどい場合はTPN水和剤とかキャプタン水和剤とか、薬剤を使うしかないかも知れません…。
(商品名は書いてないですが、↑の言葉で検索すると出てきますよ。
...続きを読む

Qイチゴの葉が巨大化しています。

今年初めてイチゴの苗を植えました。一応花も咲き実もつかましたが3株で5粒という有様でした。花自体が少なかったので咲いた分については結実したように思います。実がなる前から葉がどんどん大きくなり今も見たことないくらい大きな葉がついています。ランナーが出始めていて新しい葉は今のところ大きくはありませんがこのままにしておいていいのでしょうか?新しい株を育てるときは(定植ではなく今)赤玉土などでいいのでしょうか?肥料はいりますか?花が少なく葉が大きすぎるというのは肥料のかたよりのせいなのでしょうか?土は園芸用のはじめから肥料の入ったものを使いプランターで育てました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葉が小さいよりは、大きい方が良いです。
小さいのが、いけない理由は
1.肥料不足。
2.何年か作っていると、まず間違いなしにアブラムシの媒介で株にウイルスが
入って全体的に株が萎縮します。
これがひどくなるにつれ、いわゆる玉のびがせず、収穫量が段々下がります。
ですから、農家は2-3年に一度は健全な苗を購入しています。
3.それと面倒な病気でイチゴ萎黄病あります。
これは土壌伝染性の病気で、罹病した苗などからうつります。
ただし、家庭菜園では連作が少ないのであまり見かけません。
葉が少し黄色で、三つ葉の左右の大きさが違います。

さて、貴方が植えた物ですが、肥料が多すぎた事もあるかもしれません。
植えられたのが、去年の秋でしょうか?それとも今年の2-3月でしょうか?
もし、今年になって買って植えたのであれば、その時には勝負が決まっていました。
イチゴの花芽分化は品種によって違いますが、ある温度以下の蓄積で起こります。
すなわち、今年なら、もう花芽の数は決まっていたと思います。

今年なら、そして価格が300円以上する物でしたら、親苗用に育てられた物かも
しれません。
ウイルスフリー苗と書いてあったら、それはウイルスに犯されていない親苗用です。

ランナーを走らせるのには地植えが良いです。
イチゴは苗の出来で花芽が決まりますので、ランナーとて、赤玉土のような肥料分が
少ない土ではダメです。
特にランナーを仮植えする場所は、堆肥や腐葉土が沢山入っている事が絶対的な条件で、
ヒゲ根よりは2mm位の長い根が多くある苗を目標にして頑張ってください。

ランナーは3-5枚くらいの葉があり、老化現象の茶色の根がない物を選んで、
遅くとも9月の初めに、仮植え床に植え替えて下さい。
仮植えは深植えしないこと、枯れ葉は順次とる事。

葉が小さいよりは、大きい方が良いです。
小さいのが、いけない理由は
1.肥料不足。
2.何年か作っていると、まず間違いなしにアブラムシの媒介で株にウイルスが
入って全体的に株が萎縮します。
これがひどくなるにつれ、いわゆる玉のびがせず、収穫量が段々下がります。
ですから、農家は2-3年に一度は健全な苗を購入しています。
3.それと面倒な病気でイチゴ萎黄病あります。
これは土壌伝染性の病気で、罹病した苗などからうつります。
ただし、家庭菜園では連作が少ないのであまり見かけま...続きを読む

Qいちごが枯れてしまいます

いちごが枯れてしまいます。

ホームセンター等でいちごの苗が販売される時期に毎回買っているのですが、どうしても写真のようになってしまい実をならすことができません...
原因としては何が考えられますか?

Aベストアンサー

根が傷んでいるんじゃないかと思います。
原因は、ポットから植え替える時にいじりすぎたか、
根っこにダメージを与える虫(コガネの子とか)が土中にいたか、
水の過不足か、肥料のやりすぎあたりだと思います。

> 水は朝夕とやっていました

この時期に、ですか?
多分、やりすぎだと思いますよ。
いちごは乾燥を嫌うけど、過湿も大嫌いです。
うちは20年前に植えたいちごが世代交代しつつまだ生きているけれども
この時期の水やりは1週間に1回です(東京で一般的な長い園芸用のプランター使用)。
真夏でも、3日に1回くらい(それ以上やるとキノコが生えてしまう・・・)。

もし、中心に新芽が残っているのなら、しばらく放っておいてはどうかと思います。
もうだめかもしれないけれども、焦ってあれこれやると、余計に悪くなるばかりです。


人気Q&Aランキング