NaH2PO4(0.1mol)50mlと
Na2HPO4(0.1mol)100mlの緩衝溶液のpHを求めたいのです。
pH = pKa + log(Cs/Ca)
を使えばいいのだと思いますが、体積比が違うのでどうもわかりずらく計算できません。

また、この緩衝液20mlに水100ml加えたpHってどうやって計算するのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

NaH2PO4(0.1mol)50mLとは、


NaH2PO4 0.1 molを溶かした50 mL溶液という意味でしょうか?
NaH2PO4 0.1 mol/Lの50 mL溶液という意味でしょうか?

いずれにせよH+ + [HPO4]2- -> [H2PO4]-のpKa = 7.20からpHを求めるのであれば:

Ka = [H+]*[HPO4(2-)]/[H2PO4(-)] = 10^-7.20
[H+]*[OH-] ≒ 10^-14
C = [HPO4(2-)] + [H2PO4(-)]
[H+] + [Na+] = [OH-] + 2*[HPO4(2-)] + [H2PO4(-)]
[Na+] = C (NaH2PO4の場合) or 2*C (Na2HPO4の場合)

を解く必要があります。

せっかくですので実際に解いてみましたが、

1). 0.1 M NaH2PO4の場合、pH = 4.10
[H+] = 7.94 x 10^-5 M
[HPO4(2-)] = 7.94 x 10^-5 M
[HPO4(-)] = 0.0999 M

2). 0.1 M Na2HPO4の場合、pH = 10.10
[H+] = 7.95 x 10^-11 M
[HPO4(2-)] = 0.0999 M
[HPO4(-)] = 1.26 x 10^-4 M

3). 0.1 M NaH2PO4 + 0.1 M Na2HPO4 (1 : 2)の場合、pH = 7.50
[H+] = 3.15 x 10^-8 M
[HPO4(2-)] = 0.0667 M
[HPO4(-)] = 0.0333 M

4) 0.1 M NaH2PO4 + 0.1 M Na2HPO4 (1 : 2)の6倍希釈液の場合、
pH = 7.50(緩衝液は、多少薄めてもpHは同じ)
[H+] = 3.15 x 10^-8 M
[HPO4(2-)] = 0.0111 M
[HPO4(-)] = 0.00556 M

これらの値はNa+が100%解離していると仮定していますし、
温度依存性も無視していますし、
活量の見積もりもしていません。
緩衝液のpHは、よほど実測した方が正確です。

私はリン酸緩衝液を使ったことはありませんが、
恐らくNaH2PO4 0.1M, NaH2PO4 0.1M溶液の混合比に
対するpHは既知でしょうし、
何らかの表になっているのでしょう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベロナール緩衝液について

今度の実習で、電気泳動をするのでベロナール緩衝液を作らなければいけないのですが、作り方が良く分かりません。
というか、pH8.6、μ(イオン強度)=0.06のもの1リットル作るのに、先生はバルビタール(5,5-ジエチルバルビツール酸)2,24g、バルビタールソーダ(5,5-ジエチルバルビツール酸ナトリウム)12.37g必要と言うのですが、私はそれだと、pH8.12、μ=0.072になる気がするんですが…納得いきません。私が間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

ベロナール緩衝液はというより緩衝液の作製方法においてpH調整がメインとなります。
私は0.06MのpH8.6のベロナール緩衝液を作製する時はバルビタールナトリウムを12.37gを蒸留水で約990mlで溶解し、塩酸でpH調整し、調整後に全量を1Lとしています。
確かに先生のいう通りに調製するとイオン強度が違うように思います。

Q0.2mol/Lの酢酸水溶液10mLと0.1mol/Lの酢酸ナトリウム

0.2mol/Lの酢酸水溶液10mLと0.1mol/Lの酢酸ナトリウム水溶液20mLの混合水溶液の[H+]は何ですか?

Aベストアンサー

溶液の電解質濃度が結構大きいから、実測しないと正確なpHは分からない。

Q電気泳動のゲル

電気泳動の基礎的なことですが,質問させてください.
単純に考えると,電気泳動は電荷を持った粒子に電界中において移動させるものと思っております.このとき粒子が電気泳動する媒体(アクリルアミドゲルなど)は絶縁体なんですか?それとも導体とか電解質とかなんですか?
キャピラリー電気泳動なんかで,もしゲルが絶縁体だったら,キャピラリーがくねくねしていると電界が掛からないだろうし,導体だったら電流が流れてしまうし,電解質だったらゲル自体が電気泳動してしまうんじゃないかと思いました.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

ゲル担体は電気的に中性と考えてよいです。
ゲルを満たしているバッファーは電導性です。

ゲル担体は「ふるい(篩)」として働きます。電荷によって移動する物質を、ふるいの通り抜けやすさで分離しているのです。分子量が大きいほどふるいの網目を通り抜けにくくなり、立体構造が網目に引っかかりやすいほど通り抜けにくくなります。

核酸の電気泳動、タンパク質のSDS-PAGEでは、分子量と電荷が比例するので、ゲル担体(ふるい)がなければ分子量にかかわらず同じ速度で移動します。
ゲルというふるいがあり、分子量が大きいほど通り抜けにくくなるので、分子量に応じた分離ができるわけです。

Q水100mLとエタノール100mLを混合したときの体積%

水100mLとエタノール100mLを混合しても200mLにはなりません。仮に190mLになるとして、そのときのエタノールvol%は何%とすれば良いのでしょうか?

例えば,100/(100+100) = 50% とすると,実際には200mLになっていないので良いのかどうか分かりません.
一方、100/190 = 53% とすると,水も同様に53%になり,合計が100%を超えてしまいますが、良いのでしょうか?

これらをwt%やモル分率にすれば万事OK(?)ですが、体積%にこだわりたいです。

Aベストアンサー

>仮にエタノールだけを取り出したとして,つまり純エタノールだけを取り出したのであれば,体積は元に戻り結果的に50mL取り出したことになると思うのですが.

 違います。190mLの混合液からアルコールだけを取り出せば、100mLあるはずです。比例式から、100mlの溶液からなら約52.6mLアルコールは取り出せるはずです。
 もちろん、水について考えると、190mLから100mLの水が取り出せるので、50mLからなら52.6mL取り出せます。
 そして、いずれも残りは52.6mLの水ないしアルコールが残るはず。

 なんら矛盾はありません。

 このようなことはたくさんあって、水に固体の食塩を溶かしても同様な現象が起きますね。液体に限らず固体--合金--等でもしばしば見受けられる現象で、体積が増えたり減ったりします。
 

Q緩衝液と純水の緩衝能の比較

緩衝液と純水の緩衝能の比較

緩衝液(フタル酸塩緩衝液・中性リン酸塩緩衝液・水酸化ナトリウム溶液)と純水に
0.02mol/Lの塩酸を1mL添加、次に0.02mol/Lの塩酸を2mL添加後の緩衝能の比較を教えて欲しいです。

Aベストアンサー

>緩衝液(フタル酸塩緩衝液・中性リン酸塩緩衝液・水酸化ナトリウム溶液)
これらの「濃度」と「体積」が分らないと何も言えません。
緩衝液とて万能ではないのです。

Q化学 0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか

化学

0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか?

解き方教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

0.25 mol/Lの硫酸溶液200 mLの中に含まれる溶質の硫酸の物質量は、
0.25 mol/L×(200/1000) L = 0.05 mol
です。
これが溶液となって、体積が500 mLとなるので、そのモル濃度は
0.05 mol / (500/1000) L = 0.1 mol/L
となります。

硫酸は2価の酸なので、規定度の数値はモル濃度の2倍になります。
したがって、
0.2規定(0.2 N)
となります。

Q電気泳動は何のためにするのでしょうか

米の品種判別実験でDNA抽出精製してからPCRをかけその後電気泳動するのですが、PCRはDNAが複製するんですよね、コレをやり電気泳動をすることで何がわかるのでしょう、また電気泳動は何をするため使われるんでしょうか

Aベストアンサー

例えば、農薬Aに対して、それを分解することで耐性を持つ品種を作るとすると、その品種が農薬A分解酵素を作るようにしてやればいいですよね。
そこで具体的には、農薬A分解酵素をコードした遺伝子を組み込んでやります。

上で組み込まれた遺伝子が増幅するようにプライマーを作ってPCRをすれば、改良された品種ではその部分が増幅されます。これに対して、その他の品種では何も増幅されないか、あるいは非特異的な増幅が起こります。
よって、PCR産物を電気泳動したときに、ある決まった長さ(プライマーデザインからあらかじめ分かっている長さ)のPCR産物が確認できれば、農薬Aの耐性を持つように品種改良されていることが分かります。

Q塩の加水分解について0.40mol/Lの酢酸水溶液100mLと0.40mol/Lの水酸化ナトリウム水

塩の加水分解について0.40mol/Lの酢酸水溶液100mLと0.40mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液100mLを混合した水溶液のpHを求めよ
ただし、酢酸の電離定数Ka=2.0×10^-5mol/L
水のイオン積を[H+][OH-]=1.0×10^-14(mol/L)^2とし、log2.0=0.3、log1.62=0.21とする

自分なりに計算してみたのですが、解答はpH=9.0とのことです。
どこが間違っているのかわからないです・・・ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 溶液全体で200mlだからと言う理由で間違いないでしょうか⁇( T_T)

はい。そうです。その理由で間違いないです。

Q緩衝液の選択

 実験で様々な緩衝液を使っています。
しかし何故、その緩衝液なのか?
ということが分かりません
例えば酵素を使う実験の際に最適pH近辺で
緩衝能が最大になるように緩衝液を選択するのは
分かります。しかし、数ある緩衝液の中から
選択される緩衝液の種類には偏りが
あるように思うのですが、どうゆうことでしょうか?
緩衝能やpKaが数種類あるなどが理由になっているので
しょうか?

Aベストアンサー

緩衝液の選定には、緩衝能力と緩衝液の成分との相互作用を考える以外に、「安い」ということもポイントになります。研究室のほとんどのものが、毎日使うものですから費用もバカにはなりません。

 学生時代は、貧しい研究室だったのでほとんどリン酸緩衝液でした。
 卒業後に、リン酸緩衝液は、不純物として金属が多いので、その影響を避けるために、Tris-HClにした測定を考えました。そのときに、「Trisは値段が高い」と聞いていた学生時代の記憶で、50mMにすることができず、中途半端な30mMの緩衝液で測定するようになってしまいました。

Q1molをmlになおすと100mlであってますか?

ある化学の計算で100ml=1molなら
計算があうんです!でもあっているか
わからないので、教えてください

Aベストアンサー

問題の溶液が10〔mol/L〕ならば、
100mLに含まれている溶質の物質量が1molになります。

物質量(分子やイオンの数)である〔mol〕と
体積である〔mL〕は根本が違う単位ですので、モル濃度〔mol/L〕
のような、これらを関連させる値がないとわからないのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A