出産前後の痔にはご注意!

子供が上記の検査を受けました。

言語性IQ 121
動作性IQ 101
全検査  113

群指数
言語理解 120
知覚統合 90
注意記憶 106
処理速度 136


下位検査

知識 12
類似 11
算数 14
単語 16
理解 14
数唱  8

完成 10
符号 17
配列  5
積木 10
組合  9
記号 16
迷路 13

という結果が出ました。

そこで、よくわからないのですが、いろいろな項目の「差」大きいらしく、低い項目に支援をと言われました。

処理速度が速いと言われるのですが、だからどうなのでしょうか?
配列の項目が低いので「因果関係」を具体的に支持するようなことを言われました。

その後、世の中には仕方がないことが多いってことを覚えようと先生に言われただけで終わったのですが・・・

SSTの本などで足りない部分を補うような感じでしょうか?
また、上記の結果で「アスペルガー」と言われたのですがそうなのでしょうか?


 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

臨床心理士で、大学の教員です。



お子様がアスペルガーという診断を受けられたということで、さぞご心配なことと拝察いたします。

私は、発達障害の子どもたちの認知的な特徴や、知能検査を用いたそれらのアセスメント、そのアセスメント結果に基づいた支援計画の作成などを専門としていますので、今回の結果について、若干のご説明を書かせていただきます。

まず、受検された検査ですが、正しくは、“WISC-III(ウィスク・スリー)”です。(Kではなく、Cです;正式な名称が、Wechsler Intelligence Scale for Chiildren third edtionですので、その頭文字をとって、通常、WISC-IIIと呼ばれています)。
医療機関や児童相談所で、もっともよく使われている子どもの知能診断検査です。
今年(2011年)1月に、この改訂版であるWISC-IVが出版されましたが、WISC-IIIもまだ広く使われています。

WISC-IIIを用いたアセスメントは、日本版の著者によって、かなり体系化されていますので、以下、その方法に沿って、ご説明します。

1.知能指数(IQ)
ある年齢集団の中で、お子様の知的な水準が相対的に見て、どのくらいかを示します。いずれの指標も、平均的な能力がある場合に、100となるように統計学に基づいて作られた指標です。IQ90~109になる子どもが、全体の50%になるように検査結果から換算します。
お子様の場合、全検査IQ=113ですので、「平均の上」というレベルですので、全体的な知能の高さとしては、とくに問題はありません。

言語性IQが、121と「優れている」範囲に含まれますが、動作性IQ=101(これも平均の範囲ですから、数値としては気にする必要ありません)に比べ、20ポイントの差があります。統計学的に見て、これは、意味のある差(有意差)と考えられ、お子様の場合には、言語的な能力の方が、動作的な能力よりも高いと考えられます。

ただし、このIQについての言語性と動作性との区別は、最近になって、理論的な根拠や、実証的な根拠には乏しいと考えられるようになっていますので、参考程度としてご理解ください。むしろ、次に述べる「群指数」を重視してください。

2.群指数
この指標は、WISC-IIIから導入され、その後の研究の進展で、言語性-動作性の区別よりも、理論的、実証的な根拠が明確であり、子どもたちのそれぞれの能力をかなり的確に捉えることができていると考えられるようになりました。指導計画を考える上でもとても有効な結果であるとされます。
数値の意味は、IQと同じく、平均的な能力がある時に100となるように作られていますし、90~109が平均的な範囲です。

お子様の場合、4つの指標とも平均の範囲かそれ以上の数値ですので、いずれも平均以上の能力をお持ちと考えることができます。

ただ、説明があったように、数値のばらつきがやや大きく、得意・不得意の差がかなりあると考えられます。統計的な有意差を考慮しますと、
処理速度>言語理解>注意記憶>知覚統合
という順で能力が高く、2つずつのペアを作って比べても有意差が認められます。

それぞれの群指数は、次のような能力を測定しています:
処理速度……反応の速さ、視覚的な短期記憶の能力、視覚的な情報を記号化する能力
言語理解……言語の意味の理解力、言語的知識の豊富さ、言語表現能力、言語を用いた推理(思考)能力
注意記憶……注意の範囲(一度にどれくらいの量の情報を短時間、記憶できるか)、聴覚的な短期記憶能力、聴覚的な系列化(聴覚的な情報を、順番に処理する能力)、聴覚的な情報の記号化能力
知覚統合……視覚的刺激・情報の統合能力(関連性を理解する能力)、言語によらない推理・思考能力

言語性IQの方が、動作性IQよりも高かったのですが、それは、言語理解や注意記憶が得意であるのに対して、相対的に知覚統合が低いという点と一致した特徴と考えられます。
その意味で、今回受けられたWISC-IIIの結果は、信頼性、妥当性も高いと考えられます。

さて、ここまでの結果で、お子様の支援を考えますと、低い能力を補う、支持するということも考えられますが、まず優先したいのは、高い能力、つまり得意な能力を生かして、新しい知識やスキルを獲得するという「長所活用型」の指導です。
すなわち、お子様の場合、
・ことばで説明や、定義づけを行う
・一つずつ順を追って説明する
・頭の中だけで考えさせず、形の理解、空間関係の理解に関わることがらでは、具体物を使って始動する
ということになります。

身近な例を出せば、初めてのところに出かける際には、地図を見せるだけでなく、高等で道順を説明するとよりわかりやすいというタイプでいらっしゃるように考えられます。

3.下位検査の得点パターンからみた特徴
「知識」以下の下位検査は、群指数やIQを求める元となった、個別の検査課題の結果を示しています。
これらは、「評価点(SS)」といい、平均的な成績を取るとSS=10になるように作られています。
評価点は、7~13が平均的な範囲と考えられますので、お子様の場合には、「絵画配列」が低いと思われる以外は、平均かそれ以上の能力をお持ちといえます。

さて、この下位検査の評価点の見方については、誤解が多くなされています。
つまり、一つひとつの下位検査の評価点を問題にする前に、複数の下位検査に共通する得意・不得意のパターンがないかを検討する必要があるのです。これは、プロフィール分析と呼ばれる分析方法ですが、WISC-IIIを実施される検査者でもご存じない方があります。
お子様の結果からは、次のような特徴をお持ちではないかと考えられます。ただし、これらは、あくまでも今回のWISC-IIIの結果から想定された、いわば「仮説」ですので、学業成績や、日常生活の場面で、ここにあげた特徴と共通するものがあれば、それはお子様の持つ能力である確率が高まります。

・学習能力はあり、いったん獲得した知識やスキルはきちんと身につく
・とくに言語的な面では、この特徴がみられる
・それに対して、空間認知、図形の認知、ことばによらないで考える問題(数学でいえば、図形問題;地図の読み取りなど)、複数の視覚刺激の関連性の理解などは、苦手である
・意味のある刺激や情報の理解が悪い時がある
・興味や好奇心はかなりある
・柔軟性に欠ける印象があったり、自信がないときには答えるのを迷ってしまう傾向がある
・込み入った刺激や情報を示されると、本質的なものや、大切な情報を区別できにくい

*さらに、「IV.個別の下位検査に基づくアセスメント」もありますが、煩雑になりますし、ここまでの分析では特徴が見いだせないときに用いますので、今回は割愛します。

以上が、お子様のWISC-IIIの結果から考えられる、認知、知能面の特徴です。
ご両親からご覧になった特徴や、学業成績、学校での様子などと一致するものがありましたでしょうか。
もしそのように、検査と普段の行動で一致する特徴があれば、それはお子様の特徴であると、かなり自信を持ってみなすことができます。そういう特徴のうち、すでに述べましたように、「得意な能力」をうまく生かして、学習や生活がスムーズに行くよう援助することをお考えください。
苦手な部分については、反復練習して克服するよりも、それをカバーするようなやり方を考えたり、得意なやり方で教えたり、理解できる方法がないかをまずはお考えください。

最後にもう一つ重要な点を書かせていただきます。
残念ながら、知能検査の結果だけでは、アスペルガーや、LD、自閉症などの発達障害の診断を下すことはできません。
これらの診断は、この頃は、アメリカ精神医学会のDSM-IV-TRなどの診断基準に基づいて行われることが普通ですが、その際、各発達障害に当てはまる心理・行動の特徴が列挙されており、それらに該当するかどうかという、「状態診断」が行われます。
知能検査の結果は、その際に補助的に用いるデータという位置づけですので、誤解のないようにお願いいたします。

今回のご質問では、お子様の心理、行動上の特徴についてはお書きになっていらっしゃいませんので、アスペルガー症候群に該当なさるかどうかは判断できません。
ただ、アスペルガーなど、いわゆる広汎性発達障害、もしくは、自閉性スペクトラム障害の範疇に含まれるお子さんの場合、わかりやすく書きますと、「融通が利かない」という特徴を持つことが多いと思います。
今回の先生が、「世の中には仕方がないことが多いってことを覚えよう」とおっしゃったのは、この点と関連するのではないかと推察します。悪い意味でご理解になるのではなく、日常生活をスムーズに送る上での知恵とか、対人関係の持ち方などについては、単純に理屈では割り切れないことが多いのですが、それらについては、市販されています本などを参照されて、具体的な場面で、対応を教えて行かれることが重要かと思います。
たとえば、相手のことばを額面通りに受け取ってしまうと、うまくいかないことが多いといったことは、具体的な場面を通して説明し、理解してもらって行かざるを得ないということをおっしゃりたかったのではないかと思います。

以上、ずいぶん長くなってしまい、お読みになりにくいかと思いますが、印刷していただいて、繰り返し呼んでみていただければ幸いです。その中で、多少とも参考になることがあれば、幸いに存じます。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。

こんなに詳しく・・本当に感謝いたします。

おっしゃる通りです。ゲーム等友達とやっているときは初めてのものには手を出さず、練習してから仲間入りします。

現在、学校の授業のスピードがゆっくり過ぎて無駄と言い、不登校になっています。
実技教科は僕にとって得になるものはないと言います。
学力は確かに高め(今は)ですが、内申点というものが取れません。授業態度、興味の無いものに対しての完璧な無関心、運動能力の低さ、美術のセンス、などなど・・・点が取れるの5教科のみです。

そんな子でも、いつかは「職」につかないといけない訳で・・

現在は科学技術系の高校に行きたいと言っているのですが不登校状態で入れるか分かりません。
処理速度、言語を生かした職業を探したいです

お金に対してはすごい執着心です。何か目標ができたらドンドン行くタイプだとは思いますが、今は反抗期も重なりひどい状態です。

わがままかアスペルガーかが良くわかりません。はたから見ればわがままの何物でもありません。
困っています。

本当にありがとうございました。

クリニックの先生に聞いてもあまり良くわかりませんでした。
感謝いたします

また、vzb04330さまのような先生に会えるのは精神科、児童精神科、等の病院に行けばいいのでしょうか?心療内科とかとは違うのでしょうか

お礼日時:2011/05/16 10:04

No.1です。



ご丁寧な御礼を頂戴し、恐縮に存じます。

また、私の分析結果も、大筋では妥当なものであったようで、安心いたしました。

さて、アスペルガー症候群かどうかは別として、御礼の文章を拝見して、多少とも、それに類似した傾向はお持ちのように感じました。
学力的には高いものをお持ちですので、今回の知能検査に現れた特長を生かした将来設計画は、可能であろうと思います。

といいますのも、いわゆる進学高校などでも理系のクラスには、お子様に似た特徴を持つ子どもたちはけっこう在籍しているようです。
また、最近は、高校でも「特別支援教育」の考え方が理解され始め、実際の取り組みが進んでいるところもあります。
可能でしたら、そういう情報も含めて、進学先を検討されることをお勧めします。

大学におきましても、近年は、発達障害を持つ学生が増えてきたことや、それに対しての支援策や方法が具体的に検討され、実際に実施されてきています。
たとえば、富山大学のサイトで検索されると出てきます。

大学でもやはり、理系に、発達障害を持つ学生はたくさん在籍しています。

職業選択につきましては、たとえば、コンピューター関係のプログラマ、エンジニア(いわゆるSE)などであれば、営業職や、対人関係のスキルなどが必要なものよりも適性があるように思います。

具体的に、日常生活でどのようにスムーズに生活していけば良いかにつきましては、最近、一般向けにも、アスペルガー症候群や、各種の発達障害を持つ人たちについての支援方法、日常生活をスムーズに送ることができるような工夫やヒントが解説された本がたくさん出版されています。
たとえば、
1.榊原 洋一(著)、「ササッとわかるアスペルガー症候群との接し方 (図解 大安心シリーズ) 」、講談社、\1,050
2.佐々木 正美(著)、「アスペルガー症候群(高機能自閉症)のすべ... (健康ライブラリーイラスト版) 」、講談社、\1,260
などは、イラストも多用されていてわかりやすいと思います。
ネット書店でも入手できますし、ご近所の大きめの書店でも心理学か、健康関係の棚に並んでいると思います。

お子様自身も、将来設計に希望が持てることをおわかりになると、また普段の生活態度も変わってくるかと思います。
単に「がんばれ」と励ますだけでなく、具体的にどういう職種が考えられ、それを実現するにはどういう手立てが具体的に必要かを示して差し上げられれば、きっと実際のご努力にも結びつくものと思います。

知能検査の詳しい分析や、将来設計を含めた支援に関しましては、公的な機関としては、都道府県や政令市が設けています「発達障害者支援センター」に相談なさるということが可能です。
また、自治体の教育センター(教育研究所など)の関係機関、あるいは、民間でもNPOなどでこういった支援を行っているところがあると思います。

大学では、臨床心理士養成コース大学院をもつところには、心理相談室があり、比較的低料金で相談に応じてくれます。
教育学部の関係や、教員養成学部のある大学では、教育心理学専攻や、特別支援教育専攻の研究室に在籍していらっしゃる教員、院生で、学校心理士、特別支援教育士という資格をお持ちの先生であれば、相談に乗っていただけるかと思います。

お近くの大学のホームページで、「教員紹介」や、「研究者情報データベース」が公開されており、専門分野や、お持ちの資格、可能な社会貢献内容が公表されていますので、そういうものを手がかりに調べていただくこともできると思います。

以上、整理されないまま書き綴ってしまい、お読みになりにくいかも知れませんが、ご参考までに。

なお、大学での自閉性障害を持つ学生への支援につきましては、参考URLにあります、拙ブログに記事が載せてありますので、ご覧ください。

参考URL:http://ogasawara.cocolog-nifty.com/ogasawara_blo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に本当にありがとうございます。

大学の方も調べてみます。

また、PTSDについて疑問が出ましたのでお知恵いただけたらと思います。http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6749772.html

お礼日時:2011/05/20 00:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWISC4の結果の表の見方

先日 かねてから気になっていた息子小学2年生の 発達障害の診断 テストを受けて
専門医からの 説明を受けてきました。
診断名は『発達障害』であるということ・・・。
ADHDとか 自閉症とかアスペルガーとかではなく 発達障害であると・・。
まず これ自体 認定されてるのでしょうか?
診断書をとるとしたなら 診断名『発達障害』と明記されるのでしょうか?
それとも 健常者扱いなのでしょうか?
そして 診断結果の用紙 3枚をみながら ざーっと説明を受けたのですが
わからないところも たくさんありました。
学習能力に 障害が あるので ある程度勉強面は 『すてる』『あきらめる』ほうがよいと言われました。 やらせばやらすほど 劣等感ばかりになると・・。
運動能力も 本当に なく 鬼ごっこをするといつまでも タッチできません。
球技は(ドッチボール サッカー バトミントン)とても反応が遅く ぎこちない動きで
ついていけません。
手先が不器用ではさみ コンパス ひもを結ぶなどが上手にできません。
集中力も長く続きません。
こちらの指示も さっと理解するのは無理で 何度もゆっくり指示をださねばなりません。
今 通常クラスで学校に行ってますが 
著しく遅れてくると 支援学級にいくことも考えたほうが良いと言われました。

そしてこのWISC4の結果が どの機能がどの程度遅れてて それが どのような時に
症状として現れるのかなど 教えてほしいです。

それにより こちらがどうしてあげればよいかわかりますし
改善策を練れますので・・。
詳しいかた 教えて下さい。お願いします。



・全検査IQ(FSIQ):85
・言語理解指標(VCI):88
・知覚推理指標(PRI):85
・ワーキングメモリー指標(WMI):82
・処理速度指標(PSI):96
<下位検査の評価点>
・言語理解指標(VCI)
 類似:6
 単語:7
 理解:11
 知識:7

・知覚推理指標(PRI)
 積木模様:7
 絵の概念:9
 行列推理:7
 絵の完成:5

・ワーキングメモリー指標(WMI)
 数唱:9
 語音整列:5
 算数:

・処理速度指標(PSI)
 符号:9
 記号探し:10
 絵の抹消:


このような結果になっております。

そろばんに行かせて半年ほどですが 2桁のたしざん引き算がどうしても理解できないようで
『先生の説明がわからない』と・・。
たして10になるパターンを覚えれないんです・・・とほほ・・・
この学習障害は訓練や何度も繰り返しすることでも 改善されないのでしょうかね?
不憫でたまりません。
3.4年になるともっと ついていけなくなるでしょうね・・。
長くなってしまいましたが とにかく このWISC4の結果の見方 どうとらえて
対処していけばよいか 詳しく 教えていただければありがたいです。
よろしくお願いいたします。

先日 かねてから気になっていた息子小学2年生の 発達障害の診断 テストを受けて
専門医からの 説明を受けてきました。
診断名は『発達障害』であるということ・・・。
ADHDとか 自閉症とかアスペルガーとかではなく 発達障害であると・・。
まず これ自体 認定されてるのでしょうか?
診断書をとるとしたなら 診断名『発達障害』と明記されるのでしょうか?
それとも 健常者扱いなのでしょうか?
そして 診断結果の用紙 3枚をみながら ざーっと説明を受けたのですが
わからないところも ...続きを読む

Aベストアンサー

支援学校教員です。

お子さんを直接見たわけではないので、あくまで「一般論」として回答します。

各指標が82~96と言うことで、差は14と「一応、有意差とは言えない」数値なので、全IQの85は「ほぼ彼を表している」と言えるかと思います。

で、小学校2年ですよね。う~ん。

>まず これ自体 認定されてるのでしょうか?

うちの生徒でも「発達障害」の診断名の子はいます。療育手帳も所持していたりしていなかったり。

>学習能力に 障害が あるので ある程度勉強面は 『すてる』『あきらめる』ほうがよいと言われました。やらせばやらすほど 劣等感ばかりになると・・。

う~ん。「やり方」にもよるのですが。「褒める」ことを第1に、苦手な事を繰り返し学習するのではなく、得意な部分を見つけ、得意な事で苦手な事をカバーする学習を行えばいいのです。

そろばんは「苦手」な部類に入るのではないでしょうか?

運動能力は「足が遅い」だけではなく、「反応が遅い」のならば「視機能の問題も持っている」かもしれません。ビジョントレーニングなどを試されてはいかがでしょう?

http://www.joyvision.biz/

上記はオプトメトリストの北出氏のサイトです。信頼できるサイトです。

>集中力も長く続きません。
>何度もゆっくり指示をださねばなりません。

「記号さがし」や「理解」は高い方なので、「図などを添えた3語文の指示」を「常に見えるように」して「NGの例も添えて」その「違い」が明確になるように指示を出してあげてください。

例えば「リボン結び」は、下記のサイトの図で説明されてはいかがでしょう?

http://ameblo.jp/aries0330-calceolaria/entry-11300413463.html

そして、文章は「1) リボンを巻きます。右のリボンを上にする。

2) 右のリボンを左のリボンの下に通す。右のリボンが上に飛び出す。

3) 左のリボンを右へやる。折りたたんで、左に戻す。わっかになる。

4) 上に出したリボンを、右のあるわっかに一周半巻き付けます。

5) 右の2個目のわっかを、1個目のわっかに通す。

6) 両方のわっかと端を掴む。左右に引っ張る。」でいいかと思います。

言葉はできるだけ平易に。図も全て並べずに、1枚に1つぐらいで。

また、言葉だけの指示も「1つづつ」にしてあげてください。

>今 通常クラスで学校に行ってますが 
>著しく遅れてくると 支援学級にいくことも考えたほうが良いと言われました。

そうですね。環境次第ですね。「優しい子が多い学校」ならば「通常クラス」でもいいのですが、「厳しい子がいる学校」ならば「支援級」と「通常クラス」を上手に利用されてもいいかもしれません。「得意な事は通常クラス。苦手な事は支援級」など。

また、学校によっては「加配教員」はつくことがあります。

>この学習障害は訓練や何度も繰り返しすることでも 改善されないのでしょうかね?

通常の学習方法(できない事をできるまで繰り返すだけ)では、難しいでしょう。「出来ないこと認め、できる事でカバーする」学習ならば、改善される可能性はあります。

>3.4年になるともっと ついていけなくなるでしょうね・・

学習内容自体よりも、周囲の子が「厳しくなる」ことで「つらくなる」ことが多いです。

以前受け持った子は、小学校時分に「足の遅い○○がいるから、うちのチームは勝てない」と言われたことがありました。その時に、担任は「強い人」で「ならば、何でチームメイトがカバーしてあげない」と同じチームの子たちを叱り飛ばしました。「その後、うちの子のチームは優勝ばかりでした」とお母さんは教えてくださいました。

支援学校教員です。

お子さんを直接見たわけではないので、あくまで「一般論」として回答します。

各指標が82~96と言うことで、差は14と「一応、有意差とは言えない」数値なので、全IQの85は「ほぼ彼を表している」と言えるかと思います。

で、小学校2年ですよね。う~ん。

>まず これ自体 認定されてるのでしょうか?

うちの生徒でも「発達障害」の診断名の子はいます。療育手帳も所持していたりしていなかったり。

>学習能力に 障害が あるので ある程度勉強面は 『すてる』『あき...続きを読む

QWISCの結果を見て、親としてできることは?

小四の息子のことで、お力を貸してください。

幼稚園時代から担任の先生に手に負えないと責められてきました。
理由は、指示を聞かない。自分勝手。すぐに手が出る。同年代の子と合わない。
小学校に入っても同じことを指摘されました。
親はずっと「ちっともいうこと聞かない子だなー」と思ってました。
そして、怒られてる時なんかも自分がどう思うのかをいっさい答えてくれないし、どんな風に何を考えているのか、どうにもわかりにくくて、扱いにくいと感じてきました。

発達障害のどこかに当てはまるだろうと学校と相談して、2年生の時心理士さんにWISC検査してもらいました。
IQが大体125から135くらいで分布している中で、処理速度だけが95で大きなアンバランスがある。符号だけが極端にできてなくて、組み合わせが少し低かった、他は抜群に高いという結果で、非常に大きな困難を抱えているお子さんなので、適切な支援が必要ですよと言うことでした。

勉強は大好きで読書も好きなので、知的に高いんだろうと言うのは想像していたのですが、極端に低い部分があってアンバランスというのは本人にとってどんな生きにくさを意味するのでしょう?
本人はいつも自分は正しい、と思ってて自信もあるみたいで、難関中学に行くと言っています。二次障害に注意と聞きましたが、今のところ自己評価は非常に高いです。
日常生活では、自分勝手のために親も先生もクラスメイトもあれこれ注意してきてうるさいけど、本人は気にしてない風です。(兄弟やクラスメイトとのトラブルは多くて毎日怒鳴られてるのに)
もしかしたら自分の気持ちというものを自覚してないのかなと思ってしまいます。

この子の抱える困難をどういう風に理解すればいいですか?
私はそれに対し、どんなことに気をつけ、具体的にどんな支援をしてやればいいのでしょう?
もしかすると中学受験のときに初めて大きな挫折を経験するのではと思っています。

小四の息子のことで、お力を貸してください。

幼稚園時代から担任の先生に手に負えないと責められてきました。
理由は、指示を聞かない。自分勝手。すぐに手が出る。同年代の子と合わない。
小学校に入っても同じことを指摘されました。
親はずっと「ちっともいうこと聞かない子だなー」と思ってました。
そして、怒られてる時なんかも自分がどう思うのかをいっさい答えてくれないし、どんな風に何を考えているのか、どうにもわかりにくくて、扱いにくいと感じてきました。

発達障害のどこかに当てはま...続きを読む

Aベストアンサー

結論をまず書きますと、専門的な判断をするには、情報が足りません。WISCの結果につきましても、ごく一部しか書かれておりませんし、検査時の行動観察所見なども見ないと何ともいえません。また、日常生活についても、もう少し詳しい様子を知る必要があります。

したがって、検査をしてくださった心理士さんに、改めてもう一度ご相談になるか、そのWISCの詳しい結果をいただいて、児童精神科、小児神経科の専門医にきちんと相談されることをお勧めします。

医療機関にかかるほどでなければ、あるいは、「そこまではちょっと」と思われるようでしたら、児童相談所や、各自治体にある教育相談の機関(教育センター、教育相談所)などで、専門家(臨床心理士、学校心理士、特別支援教育士などの資格を持った方)に相談されることをお勧めします。

文面に書かれた範囲で考えられることは、次の通りです:
1.知的なレベルは、高く、知能全般の障害は、まず考えられません。
2.ただし、知能を構成する因子の間での得手・不得手のアンバランスがあると考えられます。
3.不得手な部分(これは、あくまでもお子さん自身の内部で、ということであり、他の方が書いておられるように、世間一般のレベルから見れば、普通の能力をお持ちです)は、視覚的な記憶や、視覚運動協応(視覚と運動(行動)がうまくかみ合うことが必要な能力、つまり細かい作業をしたり、手元をよく見てする必要のある課題などをこなす力)であろうと考えられます。
4.行動の様子からは、自己評価が高い割に、対人関係や、社会的ルールの理解が十分できていないことが窺えます。相手の気持ちの理解が十分できていない可能性も考えられます。
5.従って、知的には問題がないものの、集団生活、社会生活を送る上で、トラブルを多発し、うまく適応できていかなくなる可能性が考えられます.これが、おそらく「二次障害」として指摘されたところでしょう。
6.あえて診断を付ければ、軽度発達障害と呼ばれるものの範疇に含まれる診断がつくかも知れません。
7.日常生活においては、具体的な場面をとらえて、どのように行動することがよいか、相手の気持ちはどうか、あるいは、相手の気持ちを思いやり、それも尊重することで、スムーズな対人関係が気づけることなどを、家庭、学校の双方で指導することが必要ではないかと考えます。

以上、後半部分は、ご質問として書かれたことをもとに、私の臨床経験や、一般的な知見を踏まえて述べましたので、そのままお子様に当てはまるとは限りません。
はじめに書きましたように、検査結果をお持ちになり、学校や家庭での生活、行動の特徴を整理された上で、専門家にご相談になることをお勧めします。

結論をまず書きますと、専門的な判断をするには、情報が足りません。WISCの結果につきましても、ごく一部しか書かれておりませんし、検査時の行動観察所見なども見ないと何ともいえません。また、日常生活についても、もう少し詳しい様子を知る必要があります。

したがって、検査をしてくださった心理士さんに、改めてもう一度ご相談になるか、そのWISCの詳しい結果をいただいて、児童精神科、小児神経科の専門医にきちんと相談されることをお勧めします。

医療機関にかかるほどでなければ、あるいは、「そ...続きを読む

QWISC(知能検査)について。。

こちらの部屋の方が分かる方が居ると思いこちらに質問させていただきました。
小学生の姪っ子2年生が1年の頃から担任に「勉強がかなり遅れている」と指摘され今現在の担任も指摘されています。
そして今週WISCのテストを受けさせたいと担任から言われ了承しました。
今現在の姪っ子の学力ともうしますとまず1年の頃の感じも半分以上掛けない。1から100までが正確に数えられない。時計も全く読めない。宿題をし終わるのに3.4時間かかる。なにしろ集中力が0に等しいというほど全く集中力がなくやる気も有りません。
そして悪いことをして怒られても「にやにや」と笑い「悪いことをした」という判断はすぐに出来なく大人がかなり怖い顔をして怒ることにより分かるようです。そして2年生にも関わらず未だに幼児言葉ともうしましょうか例えば「だから」と言う言葉が「らたら」になってしまったりしています。
こちらは姪っ子は注意欠陥障害や学習障害を疑っていますが担任は「こちらでは判断出来ませんので」と言うばかり。しかしそういう割には
WISCを受けさせようとする事は多かれ少なかれ担任も知能にもんだありと考えているのではないでしょうか?

WISCという知能検査は姪っ子の場合この病気を疑って行う物なのかそれともあくまでも知能を調べるだけの物なのか・・・・
担任曰く「○○ちゃんにどのように勉強を教えていけばこれを受けることで分かるようになるために受けさせてみたい」と言うことです。
上記のみで何か分かる方居ましたら教えてください。

こちらの部屋の方が分かる方が居ると思いこちらに質問させていただきました。
小学生の姪っ子2年生が1年の頃から担任に「勉強がかなり遅れている」と指摘され今現在の担任も指摘されています。
そして今週WISCのテストを受けさせたいと担任から言われ了承しました。
今現在の姪っ子の学力ともうしますとまず1年の頃の感じも半分以上掛けない。1から100までが正確に数えられない。時計も全く読めない。宿題をし終わるのに3.4時間かかる。なにしろ集中力が0に等しいというほど全く集中力がなくや...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
養護学校の教員をしています。

担任から知能検査実施の申し出があったとのこと。

疑問に思っていらっしゃるのは、
・担任はお子さんの知能に問題を感じているかどうか
・WISCで何が分かるのか(障害の有無が分かるのか?)
・その他、分かることがあれば
ということでよろしいでしょうか。


>今現在の姪っ子の学力ともうしますとまず1年の
>頃の感じも半分以上掛けない。1から100まで
>が正確に数えられない。時計も全く読めない。宿
>題をし終わるのに3.4時間かかる。なにしろ集
>中力が0に等しいというほど全く集中力がなくや
>る気も有りません。

というのは確かに、軽度な知的障害があるか、LDやADHDといった軽度発達障害が疑われる状態でしょう。ただ小学校低学年のうちは、障害がなかったとしても、集中力がなかったり勉強に興味がもてずに漢字が書けないことも可能性としては否定できません。発達障害のあるなしで、指導の方針(配慮点)は異なります。例えるなら、しかめ面をしている子供が、怒っているのか胃が痛いのかによって対策が異なるように。

なぜ、できないのか。
その原因を探るために、知能検査は有効なのです。

内臓疾患があったとしても、聴診器や触診だけでは症状の有無があるかどうか、どの程度の症状かは、詳しくは分からないでしょう。やはり血液検査などの、客観的で詳しい状態を探ることが、正確に診断し治療方針を決める上で必要なのです。

知的発達の詳細を知ることで、発達障害の有無を診断する助けにもなりますし(大抵の医師は診察時に知能検査をします)、担任が知能検査の結果を分析できる方(もしくは分析できる人に助けてもらえる方)なら、実態を把握し指導方針を決定する際の助けにもなります。

>WISCという知能検査は姪っ子の場合この病気
>を疑って行う物なのかそれともあくまでも知能を
>調べるだけの物なのか・・・・

というのは、どちらにも活用できるということです。
やはり客観性のある詳しい検査結果をもとに、お子さんを理解していくことが必要な時期なのでしょう。お子さんにとっても、上記のような状態で学級にいることは、時間の無駄になりますし、必要な学習ができなければ苦しくなってきます。


教員として経験があるといっても、発達障害を持つ子の教育についての専門的な知識や経験がなくては、素人同然といってよいでしょう。また、ADHDは医師の診断により決まることなので、「LDじゃないか?」「ADHDじゃないか?」と言うことは、教員が勝手に決め付けることになりますから、何らかの障害を疑っていたとしてもストレートに言うことはないでしょう。
実際に、不注意な教員が「~が疑われる」と言ったことで家族が猛反発し、一切の検査や受診を拒否し、お子さんに有効な手立てが講じられなくなったというケースもあります。一番困るのはお子さん本人であり、そのお子さんが適切な教育をされないまま手に余る状態で成長してから困りはてるご家族の方たちなのですが…。

>こちらは姪っ子は注意欠陥障害や学習障害を疑っ
>ていますが担任は「こちらでは判断出来ませんの
>で」と言うばかり。しかしそういう割にはWISC
>を受けさせようとする事は多かれ少なかれ担任も
>知能にもんだありと考えているのではないでしょ
>うか?

質問者の方がお書きになった状況を前提にすれば、何らかの問題があると十分に想定できます。ただ、担任の方は、思い込みで語るような不注意な方ではないと思われるとよいのではないでしょうか?


一番大事なことは、「障害の有無」ではなく、「どう支援すれば効果的か」を明らかにすることです。

例えば、ADHDのお子さんは「集中力がなくやる気がない」と見られがちです。しかしそうではなく、自分の興味のあること「だけ」に「強烈に」集中している状態だと考えられます。やりたいことなら、「どこまでも」やる気を見せます。つまり、ADHDのお子さんは自分の興味あることに集中しすぎるので、他に目が行かなかったり、気がとられてしまうのだという特性があるのです。視野が極端に狭いというか。そういう実態が分かれば、集中できるように情報量を整理するとか、教材を工夫するとか、実態に応じた工夫をすることができるわけです。
あくまで、これは一般的な例ですが…検査をすればもう少し細かい配慮点も分かってきます。

そういうことを学校としても取り上げていきたい、という意思表示なのではないでしょうか。
私が感じたのは、こういうことでした。

以上、失礼します。
よりよい連携ができることを願っています。

はじめまして。
養護学校の教員をしています。

担任から知能検査実施の申し出があったとのこと。

疑問に思っていらっしゃるのは、
・担任はお子さんの知能に問題を感じているかどうか
・WISCで何が分かるのか(障害の有無が分かるのか?)
・その他、分かることがあれば
ということでよろしいでしょうか。


>今現在の姪っ子の学力ともうしますとまず1年の
>頃の感じも半分以上掛けない。1から100まで
>が正確に数えられない。時計も全く読めない。宿
>題をし終わるのに3.4時間かかる。...続きを読む

QWAIS-IIIプロフィールの結果の見方について

自分は、発達障害で精神障害者手帳3級を持っている20代後半の女です。
WAIS-IIIのテストや問診の結果、手帳を出されたのですが、
実は結果については見たことも無く、ほとんど内容について聞いたことも
ありませんでしたが、この度、病院を変わることになり、紹介書と一緒に
入っているのを勝手に見てしまい、ショックを受けています。

私は8か月半で生まれ、2000グラムほどの未熟児でした。
乳児期に熱性痙攣をよく起こし、その際、脳波の乱れもあったため
知的障害を疑われた時期もあったらしいのですが、小学校入学前の
検査では特に問題は無く、普通に入学しました。
そして、その後は、かなり変わった子でありましたし、できない教科は
かなりできなかったのですが、田舎の学校では上位の成績で卒業し
それなりに名前が通った私立の大学に入学し、その後、大手の会社に
入社しました。
・・・が、そこからがダメダメで、「相手の気持ちになって考えろ」とよく
怒られ、また人をイライラさせるのが得意なダメダメぶりでした。
ストレスにも非常に弱く、24歳でまつげが完全に白髪になるほどでした。
その後、その大手の会社から転職した職場で、完全に心身ともに
おかしくなり、幻覚を見るレベルになったため、精神科通いとなり
発達障害を疑われ、検査を受けた流れとなります。

検査の結果、発達障害と診断され、手帳も取得しました。
その際、検査結果は見せていただけませんでしたし、内容についても
記憶力は高い。図形の回転などは非常に低いといった、簡単な
結果としか教えてもらえませんでした。

その後、私は就職し、未だにダメ人間で、いつ首になるか分かりませんが
仕事につき、自分で働いたお金で一人ぐらし6年目ほどになります。

今回、引っ越しする関係で病院を変わることになり、勝手に見てしまいました。
結果を。。。


言語性    92
動作性    82
全検査    86 

言語理解  97
知覚統合  77
作動記憶  88
処理速度  102


下位検査としては
単語 7
類似 8
知識 13
理解 9
算数 7
算唱 8
語音 9

配列 8
完成 6
積木 6
行列 7
符号 10
記号 11
組合 6

今まで、知能は高いと言われていましたし、子供のころも学校の
成績としては高いほうだと自分では思っていたので、ショックでした。
総合で、86って平均よりも低いですよね・・・
平均である100を超えているのも1つしかないし、自分の知能は
低かったんだと、改めて知り、鬱傾向が悪化しています・・・

私ができないことはたくさんあるのですが、
コミュニケーション力はかなり低いです。
方向音痴・音楽音痴・運動音痴でもあります。
一方的に話される長時間の話を聞くのは苦手で、かなり虫食い状態になります。
(学校の授業でも聞き取れていませんでしたが、教科書と黒板を写していたら
何とかなっていました)
長文が話せないので、基本会話は短い。
メールで文章を書くのは得意だが、話すとボロボロ
聴力は悪くないですが、会話を聞き取る能力は低く、早口や文法の
流れが悪い人の会話は、かなり聞き取れません。
人の顔を覚えることができない。名前は覚えられる。
自分が納得できないと、素直に行動に移せない。
基本的に他人にも、流行にも興味が無い。(ニュースを見るのは好きです)
喜怒哀楽はかなり乏しい。怒は全くなく、喜・楽もほぼない。基本的に普通のみ。
しっかり睡眠をとっていても、基本的にいつも眠たく、あくびばかり
人にはっきり意見を言い過ぎるらしい

子供のころ、暗闇の中で目を開けると、様々な色のキラキラ光る粉が
空や天井から舞い降りる映像が見えていました。
みんな見えるものだと思っていたのに、私にしか見えないと気が付いてから
見えても見えないふりをしていたら、いつの間にか見えなくなりました。6~7歳ごろ

鬱傾向が強くなった頃、入眠時幻覚という、夢遊病のような幻覚が見え始め
意識が無い状態で、歩いたり、電話したり、字を書いたり、着替えたりといった
行動を起こしていました。 電話の内容は、かなりやばいです。

やっぱり、脳の構造が人とは違うんでしょうね。

書いていたらキリが無いので、もう終わりますが、できないこと
ばかりです。

仕事は事務職です。
臨機応変な対応が求められ、正直向いていないと思います。

自分は、発達障害で精神障害者手帳3級を持っている20代後半の女です。
WAIS-IIIのテストや問診の結果、手帳を出されたのですが、
実は結果については見たことも無く、ほとんど内容について聞いたことも
ありませんでしたが、この度、病院を変わることになり、紹介書と一緒に
入っているのを勝手に見てしまい、ショックを受けています。

私は8か月半で生まれ、2000グラムほどの未熟児でした。
乳児期に熱性痙攣をよく起こし、その際、脳波の乱れもあったため
知的障害を疑われた時期もあったらしいのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

心理士です。

いろいろな状況でお困りのことと拝察します。

まずは、WAIS-IIIの結果について、簡単に説明を書かせてもらいます。
ただ、No.1の方もおっしゃるように、本来は、検査を実施した心理士の方に説明をしてもらうのがもっともよいことです。
医師も、おおよそのことは分かると思いますが、結果の詳しい分析や、検査の時の質問者様の様子も合わせて理解することが必要ですので、心理士さんにお聞きになるのがよいのです。
また、このように、誰でも見られるネットに詳しい検査結果をお示しになるのは、プライバシーの観点からあまりよくありませんので、お気を付けください。

IQや、群指数の点数は、質問者様の年齢で、平均的な成績を取ったときに100になるようにつくられています。
また、IQ、群指数ともに、90~109の範囲に50%の人たちが含まれます。
85~114の範囲に広げますと、約68%の人たちが入るようになっています。

全検査IQが86でしたが、測定誤差も含めて考えますと、質問者様のIQは、90%の確率で、81~88の範囲にあると考えられます。
この値から、質問者様の知的なレベルは、「平均の下」と判断され、「低い」とはいえません。

言語性IQと、動作性IQは、最近の研究によれば、あまり意味のある区別ではないことが分かってきていますので、気になさる必要はありません。
むしろ、質問者様の知的、あるいは、認知的な能力は、4つの群指数を見ることで、その特徴がよく分かります。

質問者様の場合、言語理解=97(92~103)と、処理速度=102(95~108)は、測定誤差(それぞれ括弧の中に示しました)を考えても、まったく「平均」のレベルです。
これに対して、作動記憶=88(83~95)は、誤差も考えますと、「平均」か、「平均の下」のレベルです。
また、知覚統合=77(72~86)は、「平均の下」から「低い」に含まれます。

これら群指数の数値は、それぞれの能力を示していますし、数値の差は、質問者様の能力の「個人内差」を示しています。
「個人内差」というのは、他の人と比べた差ではなく、質問者様の中での得手・不得手を示すものです。

質問者様の個人内差は、次のようになります。
1.言語理解と処理速度には、有意差はありません。
2.言語理解は、知覚統合、作動記憶よりも有意に高い。
3.知覚統合は、作動記憶、処理速度よりも有意に低い。
4.作動記憶は、処理速度よりも有意に低い。

それぞれの群指数が表しているのは、次のようになります:
言語理解……言語理解だけでなく、言語による表現や、言語を用いた思考力
知覚統合……視覚的な情報処理や、認知、ものとものとの関係を理解する能力、言語によらない思考力
作動記憶……言語的な聴覚的短期記憶(聴覚から入った情報を、数秒~数10秒記憶しておく能力)、短期記憶に保存した情報を用いた計算、意味の理解など心的作業を行う能力
処理速度……視覚的な短期記憶(視覚から入った情報を、数秒~数10秒記憶しておく能力)、書字など心理的作業のスピード

つまり、言語による理解、表現、思考や、視覚的な短期記憶、心理的作業のスピードは、平均的な力があり、質問者様の中では得意な能力です。
これに対して、聴覚的な短期記憶や、聴覚から入った情報を短期的に記憶しておいての作業は苦手と思われます。
また、視覚的な情報処理、とくに空間認知のような図形、地図の理解、いくつか同時に入ってくる情報の間の関係の理解、折り紙、展開図など図形的な思考の問題は苦手と考えられます。

コミュニケーション能力が低いのは、言語的な能力のためではなく、作動記憶がやや苦手なため、たくさん話されると、記憶しきれないことが影響しているように思います。
「一方的に話される長時間の話を聞くのは苦手で、かなり虫食い状態になります」というのも、同じことが背景にあると考えられます。
この点については、メモを取る、ICレコーダ(最近では、ケータイ、スマホも使えるかも知れません)で録音する、キーワードや数値など大切なことは、繰り返してもらうなどの対策で補えるところがあるでしょう。

「話すとボロボロだが、メールでは文章は書ける」というのは、言語表現力自体は低くないことを意味しています。

「方向音痴・音楽音痴・運動音痴」は、いずれも、知覚統合の弱さが関係しているといえます。
方向音痴は、図形や地図など空間的な認知が苦手なことによります。
おそらく、「道順を聞く」という方法の方が、あるところに行くのには、やりやすいのではないでしょうか。
音楽は、リズムや和音などが含まれますが、この音痴は、同時に入ってくる複数の情報の関係、関連性を捉えることが苦手なために生じていると思います。
運動音痴も、たぶん、複雑な動作になると、複数の動きをコントロールしなければなりませんが、その辺りがうまくいかないことによるのではないでしょうか?
ただし、処理速度は平均的な能力があり、質問者様としては得意ですので、運動に関しては、反復練習で改善する余地はあるように思えます。

人の顔を覚えるのにも、知覚統合の能力が影響しますので、それが苦手というのはこの結果からよく分かります。

「学校の授業でも聞き取れていませんでしたが、教科書と黒板を写していたら何とかなっていました」という点は、処理速度が、個人内差としては優れている点と一致します。
これによって、学校で学ぶような知識(とくに、社会、理科系統)は身につけられ、WAIS-IIIの知識で、評価点が13と高かった(下位検査の評価点は、平均が10)のだと考えられます。

このように見てきますと、群指数に表れた質問者様の結果は、文章で書いていらっしゃる特徴と良く一致していると思われます。
「うつ傾向がある」と書いておられますので、検査の際に、質問者様が本来お持ちの能力が十分に発揮できたかどうか、疑問なところもありますが、個人内差の特徴はかなり良く反映されているのではないでしょうか。

さて、一応、この結果が質問者様の特徴を反映しているとして、大切なことはこれからどうするかということになります。
どうしても、苦手な点、弱いところが誰しも気になりますが、それらをたとえば、訓練で改善するのはとても難しいものがあります。
つまり、なかなか成果が上がらず、むしろ逆に、意欲や自信を失うことにつながりかねません。

そこで、弱点については、上の説明でも少し触れましたが、他の手段で補うこと(メモや、録音の利用など)を考えたり、それを使わないで済むよう、うまく回避できないかということを考えましょう。

むしろ、質問者様が得意な、言語理解(たぶん、聞いて理解することはさておき、書かれたものを読んで理解するとか、文章を書くというのは得意でいらっしゃいませんか?)や、処理速度の能力をうまく活かすことを優先してお考えください。

ここで詳細について説明する余裕はありませんが、最近では、書店に一般向けの本で、発達障害や、そういう傾向をお持ちの方が、ご自身の認知的なバランスの悪さにどのように対応したら良いかを分かりやすく説明した本がたくさん売られています。
一度そうした本をご覧になるとよろしいかと思います。
1冊だけ例を挙げますと、
星野仁彦(著)「発達障害に気づかない大人たち<職場編>」祥伝社新書、\780+税
があります。
著者自身、ADHDの精神科医で、ご自身の経験や、長年の臨床経験から具体的な対処方法があげられています。

もう一点。
質問者様が発達障害かどうかの診断は、医師にしかできませんので、ここでは触れることは避けます。
ただ、WAIS-IIIなど知能検査の結果は、診断に当たっては、あくまでも参考のデータとして用いられますから、知能検査の結果だけで発達障害の診断は下されません。
また、発達障害か、そうではないかは、明確に区別されるものではなく、いわゆる「普通の人」であっても、いくらかはそういう傾向を持っている人もたくさんいます。

大切なことは、自分の認知的な傾向を理解し、長所を活用し、短所は補うなり、回避するなりという対処を採ることです。
それによって、質問者様が困っていらっしゃるような、うつ傾向など、いわゆる「二次的な障害」に悩まされないようにすることです。
可能であれば、職場でも、周囲に協力を求めることも、一つの方法です。
長所活用+短所回避を意識されることで、日常生活が少しでも楽に送れるようになると良いかと思います。

長くなりましたが、参考になれば幸いです。

心理士です。

いろいろな状況でお困りのことと拝察します。

まずは、WAIS-IIIの結果について、簡単に説明を書かせてもらいます。
ただ、No.1の方もおっしゃるように、本来は、検査を実施した心理士の方に説明をしてもらうのがもっともよいことです。
医師も、おおよそのことは分かると思いますが、結果の詳しい分析や、検査の時の質問者様の様子も合わせて理解することが必要ですので、心理士さんにお聞きになるのがよいのです。
また、このように、誰でも見られるネットに詳しい検査結果をお示しになるのは、プ...続きを読む

QWISCーIIIの結果について

知能指数(IQ)63
言語性(VIQ)67
動作性(PIQ)66
群指数
言語理解68
知覚統合67
注意記憶76
処理速度92
下位項目評価
言語性:知識4
     類似5
     算数5
     単語5
     理解5
     数唱7
動作性:絵画完成4
     符号6
     絵画配列5
     積木模様5
     組合せ6
     記号探し11
という結果でした。
 軽度精神遅滞と判断されました。

この結果は息子(14さい)のものです。
このテストをやり終わってからの一言が
「俺は幼稚園生かよ」という言葉でした。

彼なりに真剣にやったとはおもうのですが、
聞き取りの問題などは何をいってるかわからなくてわからなかったと言っています。
このテストは真剣にやったか、いい加減にやったかで変わるものなのでしょうか?

事情があり2箇所の病院で見てもらいました。

1箇所目はカウンセリング+学校での様子まとめてもらった(先生目線)書類+わたしの小さい頃からの子供の様子を話し、ADHDではないかとの判断で、少し攻撃性があるので落ち着かせるためにコンサータを服用していました。

後に大学病院での検査(WISC-III)で上のような数値が出ました。

わたしはADHDじゃないか?とおもっていたので・・・
知的障害となるともっと難しい問題になってくるのでしょうか?

検査をして診断してくれた病院では結果を言われるだけで今後どうしたほうがいいとか言われませんでした。
わたしももうパニックというか何を聞いていいやら放心状態で・・・

学校の先生にはADHDということで対応してもらっています。
普通のクラスですごしてきました。

今後も特別クラスへの変更はしないでいいという先生の意見で、普通クラスで通わせようと思っています。
なぜなら今の息子を特別クラスにつれていったら「俺は普通なのになんで?」となって自尊心も失う恐れがあるということです。

1対1なら理解できるとこのことで本当は特別クラスの方がいいとおもうのですが・・・

わたしは今後どうしたらいいのかなど、結果をみてどのような状態であるか(息子が)わかるからいたら詳しく教えてほしです。

知能指数(IQ)63
言語性(VIQ)67
動作性(PIQ)66
群指数
言語理解68
知覚統合67
注意記憶76
処理速度92
下位項目評価
言語性:知識4
     類似5
     算数5
     単語5
     理解5
     数唱7
動作性:絵画完成4
     符号6
     絵画配列5
     積木模様5
     組合せ6
     記号探し11
という結果でした。
 軽度精神遅滞と判断されました。

この結果は息子(14さい)のものです。
このテストをやり終わってからの一言が
「俺は幼稚園生かよ」という言葉...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

早速の御礼、ありがとうございました。

ご要望に応じて、以下に簡単にそれぞれの下位検査の説明を書かせていただきます。
ただし、ことばだけでの説明となりますので、少々分かりにくいかも知れません。

特別支援教育コーディネーターの先生なども、この検査についてはご存じだろうと思いますので、お尋ねになるとよろしいかと思います。

なお、出版社のページに小さいですが画像と、説明があります:
http://www.nichibun.co.jp/kobetsu/kensa/wisc3.html

また、公立図書館へいらっしゃり、心理学の教科書、心理テストの専門書や、特別支援教育関係の参考図書をご覧になると説明が載っているかと思います。


1)言語性下位検査
知識……日常的なことがらや場所、歴史上の人物等、一般的な知識に関する問題にことばで答える。
類似……共通点または共通の概念を持つ2つのことばを口頭で示し、その共通点や、共通の概念を答える(例えば、犬とライオンはどこが似ているか?)。言語理解力、とくに言語的な概念、言語表現力、抽象的言語概念、本質的な部分を見つける力を測る。
算数……算数の問題を口頭で呈示され、紙や鉛筆などを使わずに暗算で制限時間内に答える。
単語……単語を口頭で示し、その意味を答える。制限時間はない。
理解……日常的な問題の解決策や、社会的なルールなどについての質問にことばで答える。言語理解力、言語表現能力、言語的な因果関係の理解、社会的な常識の理解などを調べる。
数唱……検査者がことばでいう、決められた数字(数列)を、一度聞いただけで、それと同じ順序(順唱)、また、逆の順序(逆唱)で、その数字をいう。注意力、集中力、聴覚的短期記憶、数処理能力、順に情報を処理する能力を測定する。

2)動作性下位検査
絵画完成……絵カードを見せて、その絵の中で足りない重要な部分を指さし、または、ことばで答える。
符号……数字と対になっている簡単な記号を書き写す。機械的作業の処理速度、視覚運動協応(器用さ)、視覚的短期記憶、モデルを模写する能力を調べる。
絵画配列……短い物語を書いた何枚かの絵カードを、物語の順序とは異なる所定の順番に並べて呈示されるので、それらを制限時間内に物語の順になるよう並べ替える。
積木模様……積木またはカードで示されたモデルにならって、所定の数の積木を用いて、同じ模様を制限時間内に完成する。問題によって制限時間は異なる。視覚認知、視覚運動協応、モデルを模写する能力、非言語的な概念(解法の規則性など)形成を調べる。
組合せ……ピースを特定の順序で並べて示し、所定の時間内にそれを組み合わせて、具体物の形を完成する。視覚認知、視覚運動協応などを測定する。
記号さがし……検査用紙左側に示された見本の記号が、右側の記号グループの中にあるかどうかを判断し、回答欄の「ある」「ない」に○をつけることで答える。できるだけ速く、たくさん回答する。機械的作業の処理速度、視覚運動協応、視覚的短期記憶を測定する。
迷路……迷路の中央にある人のマークから始めて、袋小路に入ったり、壁を突き抜けたりしないように出口まで鉛筆で線を引く。見通し能力、空間の走査能力を調べる。ただし、今回は、実施していないようです。

以上、補足させていただきます。

No.2です。

早速の御礼、ありがとうございました。

ご要望に応じて、以下に簡単にそれぞれの下位検査の説明を書かせていただきます。
ただし、ことばだけでの説明となりますので、少々分かりにくいかも知れません。

特別支援教育コーディネーターの先生なども、この検査についてはご存じだろうと思いますので、お尋ねになるとよろしいかと思います。

なお、出版社のページに小さいですが画像と、説明があります:
http://www.nichibun.co.jp/kobetsu/kensa/wisc3.html

また、公立図書館へいらっしゃり、心理...続きを読む

QWISC-IIIの結果とLD(学習障害)

小学3年生の娘がLDの疑いがあり、WISC-IIIのテストを受けてきました。
1年生の頃から、とにかく漢字が苦手で、ずっと怪しいなとは思っていました。嫌にならないように少しずつ繰り返し練習しても、半分も覚えていない。さっきまで練習していた漢字が書けない。線が1本足りないとか、ひどい時は全然違う漢字を自信マンマンで書いたりもします。練習中は集中してやっているのにです。
そんな状況なので、母親の方から学校に相談し、教育センターへ行ってきた次第です。
WISC-IIIの結果が出て、センターの先生は…出来るものと出来ないものの差が大きいから、それが違和感として感じられるけど、全然大丈夫ですよ~、安心してくださ~い、と言われ帰されました。小児精神科の先生も予約していたのですが、WISCの結果を見て、必要ないからとキャンセルされました。
その後、結果を持って学校側に報告に行ってきら、LDの可能性が高いと言われました。IQが高いのに、みんなと同じようにできないから余計にLDの可能性が高いというのです。教育センターは普段の様子を直接見ているわけではないから、話しを聞くだけではそこまでは分からないと言われました。確かにそうなのですが、センターと学校で言う事が180度違うので、混乱しています。
学校側としては、漢字の宿題の出し方を変えてみたり、どうしたら出来るようになるのか模索していく形で支援していくと言われました。
センターからは問題ないと放り出され、専門医も紹介してもらえず、でも学校側からはLDだと言われ…。
じゃあ、これから私たち親子はどうしていけば良いのでしょうか?親として何をしていけば良いのでしょうか?
WISC-IIIの結果は下記の通りです。これからどのような事が分かるのでしょうか?
自分でも本を呼んだり少しずつ勉強してみていますが、どんな小さな事でも良いので教えて下さい。宜しくお願いいたします。

WISC-IIIの結果

IQ/群指数
言語性 124
動作性 121
全検査 125
言語理解 129
知覚統合 118
注意記憶 97
処理能力 120

下位検査評価点
知識 12
類似 14
算数 10
単語 16
理解 17
数唱 9

絵画完成 11
符号 14
絵画配列 19
積木模様 9
組合せ 12
記号探し 13
迷路 11

この検査結果から分かること、これから私たち親子ができること、すべきことなど、何でもよいので教えて下さい。宜しくお願いいたします。

小学3年生の娘がLDの疑いがあり、WISC-IIIのテストを受けてきました。
1年生の頃から、とにかく漢字が苦手で、ずっと怪しいなとは思っていました。嫌にならないように少しずつ繰り返し練習しても、半分も覚えていない。さっきまで練習していた漢字が書けない。線が1本足りないとか、ひどい時は全然違う漢字を自信マンマンで書いたりもします。練習中は集中してやっているのにです。
そんな状況なので、母親の方から学校に相談し、教育センターへ行ってきた次第です。
WISC-IIIの結果が出て、センターの先生は…...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。

補足していただいた内容を元に、もう少しだけ考えられることを書かせていただきます。

1つは、興味や関心の有無が、多少は影響している可能性もあると思います。

もう1つは、こちらの方がポイントになりますが、担任の先生がおっしゃるように、「他のクラスメイトと比べても漢字の間違い方がおかしいと感じて」いらっしゃるという点です。
この「間違い方」に何か、一定の法則性、規則性があるかないかをよくご覧になると、対応やご指導のヒントが得られるのではないかと思います。
何か法則性、規則性があれば、それが何によって起こっているかを推測できますし、場合によっては、視機能に問題があるのかどうかももっとはっきりしてくると考えられます。

もし、法則性、規則性がないとなりますと、興味、関心の問題や、気分のムラ(これは、例えばとして、書いております)によるのかも知れないということになります。

担任の先生に間違い方についてお聞きになるとともに、親御さんからご覧になって、何か、間違い方の共通点、規則性がないかをよく見てみられることをお勧めします。

QWISC IQは体調具合でどのくらいかわりますか?

先日WISCIIIを受けた13歳の息子がIQ74でした 又絵画完成と迷路は6歳程度で 知識は年齢相応との事でしたが 現代いじめで不登校で 過睡眠 摂食障害になり 当日も普段なら寝ている時間の為 終了後の診察もまともに話せない位で 眼鏡も忘れていましたし そんな状態での信憑性はどのくらいでしょうか?
専門家程最後迄試験を受けているし信頼区間から見ても知的障害と発達障害があると思うとの事
でも息子を知っている人程信じられないと言われたりで対応に困っています
考え方はしっかりしていて 情緒不安もなく落ち着いているが工作などは苦手で成績も中より下です
普通学級では無理なのでしょうか?
教えて下さいお願いします

Aベストアンサー

心理士です。

いじめや不登校の問題などもあり、お困りのことと思います。
WISC-IIIを受検された経緯がよく分かりませんが、ご質問文に書かれた範囲と、そこから推測可能な限りで書かせていただきます。

1.体調でWISC-IIIのIQが変わるか
これについては、客観的なデータを示した研究はありません。
常識的に考えて、心身の両面について、体調がよくない時には、本来もっている知的な水準や、特徴(長所、短所)などを正しく測定できていない可能性は高いでしょう。
すなわち、本来の実力よりも、低い測定結果になっているということは、十分に考えられます。
ただし、IQ=74という数値が、実際にどのくらい低く出ているのか、逆にいえば、ご子息の本来の知能の高さはどれくらいかについては、「分からない」というのが、正直な回答になります。

同時に、信憑性が何%くらいかという点についても数値で示すことは非常に難しいものがあります。

2.ご子息の知的水準と、「知的障害」という診断について
IQ=74という数値が、全検査IQ(FIQ)だとしますと、90%信頼区間(真のIQが、90%の確率で存在すると考えられる区間)は、70~81となります。

なお、上述のように、IQ=74がご子息の知能水準を正しく測定していない可能性がありますが、「仮に、この数値が正しい」と考えて、以下の説明を書かせていただきます。

知的障害と診断されるIQの数値の目安は、WISC-IIIの場合、70未満です。
IQ=70~79は、「境界線クラス(低い)」という分類に相当しますし、IQ=80~89は、「平均の下」とされます。
したがって、ご子息の知能について、IQという数値だけからみて、「知的障害」とはいえません。

知的障害(精神遅滞)の診断は、
1)明らかに平均以下の知的機能(IQが70未満)
2)適応機能の結果または不全がある
3)発症は、18歳未満
という診断基準で行われます。

ご子息の場合、この基準1)にまずは該当しませんので、知的障害ではないと考えられます。
ちなみに、診断基準2)は、13歳という年齢相当の、生活習慣が身についていなかったり、身辺処理ができなかったりということがあることを意味します。

一般にIQの値は、知能検査で、同年齢の子どもたちの中で平均的な成績を取った場合に100になるようつくられた、相対的な数値です。
また、IQ=90~109(この範囲を「平均」と分類しています)に、同年齢の子どもたちの50%が含まれるようにつくられています。

ご子息が、「成績は中より下」ということから考えますと、全くの推測にはなりますが、知能水準は、「平均の下」に含まれるか、「境界線クラス」の高い辺りではないかと思います。
この推測が正しければ、今回のIQ=74という数値は、やはり多少低く出ているように思われます。

3.発達障害の診断について
発達障害の子どもたちの多くでは、WISC-IIIや、その改訂版であるWISC-IVの結果に、認知能力のアンバランスが見られます。
しかし、発達障害の診断は、詳しい生育歴を確認した上で、一定の心理・行動上の特徴に当てはまるかどうかによって、下されます。
WISCのような知能検査の結果は、診断に必須ではなく(学習障害の場合や、高機能自閉症などといわれる場合を除きます)、知能検査の結果はあくまでも、参考データとして位置づけられています。

ご子息の場合、言語性IQや動作性IQ、また、群指数の結果が分かりませんが、「絵画完成と迷路は6歳程度で 知識は年齢相応」ということですから、全体でのIQよりもさらに詳しく結果を見た場合、認知能力にアンバランスがあった可能性は高いと思います。

「工作などが苦手」とありますが、これと絵画完成の得点が低いことを考え合わせますと、「知覚統合」という群指数によって表される、「空間認知能力」(図形や地図の理解、視覚的な情報の理解)や「視覚-運動協応能力」(手先の器用さ)などは、苦手ということがあるかも知れません(ただし、これは、推測です)。

したがいまして、ご質問文にある内容だけから考えますと、発達障害の可能性も否定でいない、というのが妥当な結論かと思います。

4.知能検査の理解、解釈について
WISC-IIIを医療機関で受験されたとしますと、検査を実施した心理士から説明をお受けになったかと思いますし、「報告書」を受け取っておられるかと思います。
もしそうであれば、もう一度、落ち着いて、その報告書をお読みになることをお勧めします。

そうなさっても、疑問点や、不明な点が残ると思います。
その場合には、もう一度受診なさり、疑問点や、不明な点(たとえば、上記の“普通学級では無理か?”や、“知的障害か?“などについて、改めて説明していただくことを強くお勧めします。
場合によっては、これらの疑問点、不明点は、箇条書きで構いませんから、メモにして行かれた方がよいでしょう。

なお、知的障害の診断については、ご質問文にある内容から考える限り、間違っていると、私は考えます。
発達障害については、可能性は否定できないといえます。
この辺りについても、主治医がいらっしゃれば、もう一度ご確認ください。

5.普通学級での修学について
これについては、いろいろな要因、条件が関わりますので、判断はきわめて難しいものがあります。

ご子息自身の条件としても、知的水準、認知的なバランス、これまでの学習内容の積み重ねができているか、学習に対する意欲や、自信がどの程度保たれているかなどが関わってきます。
また、学校側の条件としても、中学校ですと教科担任制ですので、ここの生徒の特徴にどれくらい配慮がしてもらえるか、通学していらっしゃる学校で、特別支援教育のシステムが実際にどの程度きちんと取り入れられているか、などが、関わってきます。

6.今後の進め方
知能検査の結果はもちろん気になるところですが、それ以前に、いじめや不登校の問題がありますし、日常生活においても過睡眠、摂食障害がおありということですから、解決が必要な問題がたくさんあり、それらが複合していると思われます。

私としては、今回のWISC-IIIの結果だけにとらわれてしまわないで、学校での担任の先生や、特別支援教育コーディネーターの先生、また、医療機関を継続して受診していらっしゃれば、そこでの主治医や心理士などによく相談なさって、必要な支援を受け、課題を解決し、生活リズムを整え、睡眠や摂食障害などの症状を改善し、きちんと登校できることを目指して行かれることが大切ではないかと思います。

親御さんとして、また、ご子息ご自身が信頼できる方を「キーパーソン」としてお願いして、その方を中心に複合している問題、課題を解決して行かれることをお考えになった方がよろしいかと思います。

心理士です。

いじめや不登校の問題などもあり、お困りのことと思います。
WISC-IIIを受検された経緯がよく分かりませんが、ご質問文に書かれた範囲と、そこから推測可能な限りで書かせていただきます。

1.体調でWISC-IIIのIQが変わるか
これについては、客観的なデータを示した研究はありません。
常識的に考えて、心身の両面について、体調がよくない時には、本来もっている知的な水準や、特徴(長所、短所)などを正しく測定できていない可能性は高いでしょう。
すなわち、本来の実力よりも、低い測定結果に...続きを読む

Q不登校の中学生を持つ親です。私自身ノイローゼ(うつ病)になりました。

中学3年生の子供が不登校になり、ひきこもりになりました。
家族の中に流れる空気が非常に重苦しいものになっていまして、
私も抑うつ状態になりました。
最近心療内科とカウンセリングに通いはじめました。
不登校の子供を持つ親で、私と同じように
精神的にうつ状態になってしまった人はいませんか?
子供も人間不信と劣等感で精神的にダメージを受けている状態です。
その上、私まで心労のあまりノイローゼになりました。
子供の不登校の解決の問題もそうですが、
私自身、ここでノイローゼでダウンするわけにもいきません。
しばらくは心療内科医やカウンセラーに指示を仰ぐだけでいいでしょうか?

Aベストアンサー

私も同じ不登校の中3の子供を持つ母親です。
やはり同じ境遇でないとわからない部分がかなりあると思います。
私も自分を責めたり、やり場のない怒りをどこにぶつけたらいいのかと
本当に悩み続けました。
特に、不登校になり始めの頃は子供も親もどうしたらいいのかわからず
ぶつかることもあり、その度に子供が心を閉ざし 親子関係にも溝が深まってきました。
なかなか誰にでも相談できることではないので、私は不登校関連のサイトを利用して相談したり 地域にある児童相談所で話を聞いていただいたりしました。
でも、1番良かったと思うのは他に興味を持つ事だと思います。
仕事でも、趣味でもなんでもいいです。
子供だって親以上に悩み、いろいろ考えているはずです。
そこへ親がごちゃごちゃ言ったら、余計に混乱するのではないでしょうか?
それに、子供は親が暗い顔してたら 自分のせいだとさらに自分を責める。
だから、私はなるべくアホな母を目指してます。
アホなことばっかり言ってたら、明るい家庭が戻り 子供にも笑顔がでるようになりました。
上を見たらキリがないし、長い人生たった数年じゃないですか。
生きていてくれてるだけで良し。
だけど、うちもまだ解決はしていないので 正直不安はありますが
長い目で子供を見守っていきましょう。

私も同じ不登校の中3の子供を持つ母親です。
やはり同じ境遇でないとわからない部分がかなりあると思います。
私も自分を責めたり、やり場のない怒りをどこにぶつけたらいいのかと
本当に悩み続けました。
特に、不登校になり始めの頃は子供も親もどうしたらいいのかわからず
ぶつかることもあり、その度に子供が心を閉ざし 親子関係にも溝が深まってきました。
なかなか誰にでも相談できることではないので、私は不登校関連のサイトを利用して相談したり 地域にある児童相談所で話を聞いていただいたり...続きを読む

Qアスペルガー 中学生 不登校原因

中学3年のアスペルガーの男子がいます。

現在、学校に行かれない状態です。
原因を色々考えていました。

本人は授業が無駄。1問を50分も掛けて解説する・・といい、それが原因のように言っています。
が、それだけが理由で中2まで皆勤で通っていた学校を登校拒否するのかと疑問に思っています。

ひとつ考えられるのは中2の冬に学校で事件があり、先生たちに取り囲まれた際、パニックを起こしたことがあります。
詳しく書くと特定されてしまうかもしれませんが、
登校途中に落ちていたマッチを拾い、先生に渡そうと思っていたところ忘れてしまい、友達に「これ拾っちゃった」と見せたところ友達が火を付けてしまいそこに担任が教室に入ってくる。
本人を別室に連れて行きたくさんの先生に囲まれ色々言われ防衛のため喋りまくりパニックになったということがあります。「すぐに先生に渡すのを忘れたのは悪いと思います。でもマッチを持っているだけで犯罪ですか?」など異常なくらい泣きながら喋りまくったと聞きました
これはおかしいと担任から呼び出されました。

そこで、こういうことがトラウマになり、大げさですがPTSDというものになっているということはあるのでしょうか?
そんなことくらいではPTSDにはなりませんか?

アスペルガーはトラウマになりやすいと聞いたことがあります。またPTSDといのは後から症状が出るとも聞いたことがあります。時期的にはぴったりなのですが・・
もし、これが学校に対しての拒否反応の原因だった場合は(診察を受けるつもりです)学校側に伝えるべきでしょうか?
伝えたところで「すいません」くらいで終わってしまうかもしれませんが・・・

アスペルガーだと伝えていたにも関わらず、パニックを起こすまで責め立た責任は学校側には無いのでしょうか?
原因がはっきりわからない不登校なので・・

このくらいでトラウマ、PTSDになる可能性はあるのでしょうか

中学3年のアスペルガーの男子がいます。

現在、学校に行かれない状態です。
原因を色々考えていました。

本人は授業が無駄。1問を50分も掛けて解説する・・といい、それが原因のように言っています。
が、それだけが理由で中2まで皆勤で通っていた学校を登校拒否するのかと疑問に思っています。

ひとつ考えられるのは中2の冬に学校で事件があり、先生たちに取り囲まれた際、パニックを起こしたことがあります。
詳しく書くと特定されてしまうかもしれませんが、
登校途中に落ちていたマッチを拾い、先生に渡そ...続きを読む

Aベストアンサー

vzb04330です。

PTSD(post traumatic stress disorder、心的外傷後ストレス障害)は、広くマスコミや一般の方々の間でも使われることばとなっていますが、かなり誤解されているといいますか、本来の意味からはかなり広いものを含む形で流布してしまっています。

始めにきちんとした説明を述べさせていただきますと、精神医学的、心理学的には、次のように定義されています:

自分自身や他人の死、重篤な傷害に至る恐れのある事件を経験するといった「外傷体験」によって発症し、激しい恐怖感や無力感などを症状に含む不安障害の1つです。具体的には、戦争、地震、津波、火災、交通事故などを経験したり、テロ、強盗殺人、レイプなどの犠牲者になるといったことをきっかけとして発症します。

元々は、ベトナム戦争帰りのアメリカ兵に見られた不安神経症の症状から概念化されたものです。今回の東日本大震災で、地震や津波の被害に遭われた方の中には、PTSDの症状を呈される方も、たくさんいらっしゃると思います。

PTSDの方が示される症状には、
1)悪夢やフラッシュバックによって外傷的出来事を繰り返し再体験する
2)外傷的出来事と関連した刺激を持続的に回避しようとするか反応性の鈍麻を示す、さらには感情が萎縮し、極度のうつ状態をきたしたり未来に対して展望をもつことができなくなる
3)睡眠障害、易怒性、集中困難、過度の警戒心・驚愕反応・生理的反応など、覚醒の持続的な亢進を示す症状が認められる
という3つが中心となります。
これらの症状は非常に耐え難い苦痛を伴いますので、平穏な日常生活は破壊され、対人恐怖、性的困難、離婚、失職、アルコール依存、自殺などのさらなる障害や不都合をきたすことも珍しくありません。
約半数の方は、3カ月以内に回復するといわれますが、予後不良な場合も多くみられます。そういう方に対しては、薬物療法や支持的な精神療法だけでは十分な効果が得られないこともありますが、特異的な症状に焦点を当てた行動療法、認知行動療法などが有効なこともあります。

こうしたストレス障害につきましては、出来事が生じてから1ヶ月以内で収まる急性ストレス障害(ASD、acute stress disordder)と呼び、1ヶ月以上続くPTSDと、区別します。

さて、長々と説明をしてしまいましたが、お子様の場合、ここにお書きいただいたエピソードからは、PTSDの症状は呈していらっしゃらないと考えられます。
むしろ、自分の力だけでは、どう対処したらよいか分からない場面に出遭ってしまい、その意味で、普通に言われる「パニック」を起こしたというご理解でよろしいと思います。

ただし、お子様が示された反応は、アスペルガーなど発達障害の傾向をもつ方には特徴的な反応とは思いますが、それをご存じない方にとっては、「奇妙な反応」であるとか、「大げさな反応」であると捉えられてしまった可能性が高いのでしょう。

その後、現在に至るまでの間に、お子様がこの件について繰り返し思い出したり、夢に出てきたりするなど、苦しんでいらっしゃるようなことがなければ、PTSDではないとお考えになってよろしいと思います。
また、これが原因で不登校になったというのも、考えにくいように思われます。むしろ、お子様が言っていらっしゃるように、「授業が無駄。1問を50分も掛けて解説する・・」ということが、お子様には納得できないのだと思います。
これは、先だって拝見した、知能検査の結果からも、お子様は高い知能水準をお持ちでしたが、それをあわせて考えても、このように理解した方が、合理的かと思います。

このことで、診察をお受けになっても構わないと思いますが、不登校との因果関係の有無についての判断は難しいのではないかと思います。
学校側の対応の仕方は、確かに適切ではないと思います。アスペルガー症候群の子どもさんの特徴を踏まえていない対応であると私も思いますが、そこまで理解を求めるのは、現状ではなかなか難しいものがあるように考えられます(学校側を擁護しているわけではありません。あくまでも「現状では」ということで、申し上げています)。
むしろ、学校としては、「非行」と捉えて、過剰な反応を示したのではないでしょうか。

親御さんとしては、納得のいかない、配慮の足らない学校側の対応と思われることは、よく分かります。アスペルガーについて、よりいっそう、よく理解してもらうような申し入れはなさる必要があるとは思いますが、あまりに過剰にはならない方がよろしいかと思います。

それよりも、必要なことは、お子様自身に対して、親としては、お子様のなさることはよく分かっていることをきちんと伝え、お子様を心理社会的にも守ってあげることがきちんと伝わるような言動をなさること、さらには、知能検査のご質問の際にお答えしましたように、お子様の能力を認め、それを活かす道があるということを示して差し上げ、お子様がご自身で、将来に向かって動き始めることができるような方向付けをなさった方が、私としては、はるかによい状況に向かう道が開けるものと考えています。

つまり、お子様の将来に向けた関わりを第一にお考えになった関わりをされた方が、親御さんとしても心理的な負担が少なく、努力の甲斐が見込めると思うのです。

vzb04330です。

PTSD(post traumatic stress disorder、心的外傷後ストレス障害)は、広くマスコミや一般の方々の間でも使われることばとなっていますが、かなり誤解されているといいますか、本来の意味からはかなり広いものを含む形で流布してしまっています。

始めにきちんとした説明を述べさせていただきますと、精神医学的、心理学的には、次のように定義されています:

自分自身や他人の死、重篤な傷害に至る恐れのある事件を経験するといった「外傷体験」によって発症し、激しい恐怖感や無力感などを症...続きを読む

Q思春期 高機能広汎性発達障害 行き詰まりです

中学3年の息子ですが、発達検査ののちアスペルガーと診断されています。病院・薬・発達障碍者支援センター・療育・カウンセリング・家庭教師・個別の療育と行けるところはほとんど行きましたが、いきなり何もしたくなくなったり自分にいらいらしたりする子どもの性格・特性のためか、どれもうまくいきません。

子どもはますます落ち込み、自尊心を無くし、周りのサポートも諦めムードになっていますし、将来を悲観するばかりの子どもを前に、こちらは3年前から親子二人の生活でどうしてもしっかり支えてやることができず、ときどき倒れそうになります。

まわりが提案することをすべて拒否し、寄りそうにも自分でいらいらする原因もわからないと荒れていきます。うまくいっている例ばかり目につきますが、実際希望が持てません。

他人のいうことに耳を向けられないため、ますます誰もよりつかなくなってしまう感じがします。どうしたらいいでしょう。いろいろな相談場所もひと月に一度相談できれば良い方で、今困ったことがあっても3週間後しか聞いてもらえないことになります。支援センターが最終相談場所のようによく言われますが、最初に支援センターでは何についてどうしたいかと聞かれ、そのポイントだけに絞った関連する支援機関を3つ紹介してもらえましたが、そこも子どもが拒否するため行くこともできず、それではもう紹介できるところはないと言われました。

現状をなんとか前向きにと必死に頑張ってきましたが、どうにも好転などせず、好転どころかどんどん悪くなっていっています。学校もできるだけのことはしてくれているとのことで小さなことはありがたいと思うことも多々ありますが、現状本人は救われないようでどうしてやったら良いのでしょう。常に「大丈夫ですよ、なんとかなります」で2年以上経ちました。希望が持てず、ときどき崩れそうになります。

中学3年の息子ですが、発達検査ののちアスペルガーと診断されています。病院・薬・発達障碍者支援センター・療育・カウンセリング・家庭教師・個別の療育と行けるところはほとんど行きましたが、いきなり何もしたくなくなったり自分にいらいらしたりする子どもの性格・特性のためか、どれもうまくいきません。

子どもはますます落ち込み、自尊心を無くし、周りのサポートも諦めムードになっていますし、将来を悲観するばかりの子どもを前に、こちらは3年前から親子二人の生活でどうしてもしっかり支えてやること...続きを読む

Aベストアンサー

>ただ、現実的でない希望に何度もうちのめされるのではなく、他の家族とはちがうのだということを、もっともっと親子で受け止めていかなくてはならないと思っています。

ええと、確かに感性はことなりますし、歩む道筋は異なりますが、山に登るための道は表街道だけではありません。 珍しい貴重な動植物を見かけたりするのは、少ない人のみが歩く道だったりいたします。

現実的ではない希望~具体的に何をお考えなのかはわかりませんが・・・・・・。

中学校の時に大きな不適応症状から数か月の入院を何回も繰り返したようなAS者であっても、成長後にはそのような以前の様子を信じることができないぐらい、のびのびと生活をなさっている方々も多くいらっしゃいます。
混乱期である「今」の様子で、将来を絶望しないでください。

もしも、「高校」という短期で考えたら現実的ではないことも、「生涯」という視点だと結構 実現可能な目標の可能性もありますので、希望を持ち続けて下さい。

医師の中に、ご自身が発達障害傾向を強く持っていることを公言なさっている方は結構いらっしゃいますよね?
弁護士にしても、研究者にしても、アスペルガー傾向を強く持つ方々は、数多くいらっしゃいます。
(もちろん、普通の会社員・主婦なども沢山いらっしゃいます。)

アスペルガー者は、五感の感性の全てが多数派である典型発達者とは異なるので、中学・高校時代が、一番「集団生活」を強要されるので過ごしにくい時期なのです。

光、音、匂い、味・・・・・・ すべてが、脳への信号のありかたで、多くの方と異なる部分があってもおかしくないのです。
過敏な部分と、逆に過鈍な部分とが入り混じっているうえに、自分では「普通」を全く知りませんから「何に困っている」かを、知るための手段を持たないし、訴えることもできないのです。

ですから、ひとつひとつ、自分にとって快・不快を認識し、快適な状況を意識して増やし、耐えられない状況なら回避する~そういう選択が可能になり始めると、ぐっと生活に安定が出てきます。
少し先のことに目を向けるには、
大人の生活完全ガイド―アスペルガー症候群 From 保健同人社
http://astore.amazon.co.jp/aspergersocie-22/detail/4832706489
などに目を通してみるのも良いかもしれません。

自己を客観視できるような成長(数年間の時間)が必要になります。
気持ちの上では、今の数年間が一番苦しいかもしれません。

さまざまな方が書かれているブログのリンク集
メンタルヘルスブログ村 http://mental.blogmura.com/asperger/
も、参考になさって下さい。

吉田友子医師の著書はご本人(ご子息)が読みやすいかと思います。
http://www.i-pec.jp/

コンサータ以外の抗精神病薬についても、主治医の先生にご相談になっても良いかもしれません。
直接的な治療薬はありませんが、困っている症状を和らげるお薬に関しては、何種類かありますから。
http://d.hatena.ne.jp/iDES/20080531/1212214836

親が全てを支えようと思わないで良いのです。 

他のお子さんとは道筋も早さも異なるかもしれませんが、きちんとお子さんなりに成長していきます。
お子さんご自身のなかに、自分で成長していくものを持っています。

(「普通」を知るスベを持っていないことは、意識してあげましょう。~意識して、普通の人の物事の感じ方・考え方を知識として教えていくことを丁寧に積み重ねて下さい。)

愚痴を言い、共感を得られる「親仲間」を探して見つけ出して下さい。
~ADHDやLDまで範囲を広げれば、きっと見つかると思います。
カナータイプの方も、その特性に関してはアスペルガーと共通していることもお忘れにならなければ自閉症協会でも探すことが可能かもしれません(地域によって、運用が違います。)

焦らず、(必要ならご自身も服薬をしながら)、無理をせず、お過ごしください。
(なお、共依存にならないようにご注意ください。)

>ただ、現実的でない希望に何度もうちのめされるのではなく、他の家族とはちがうのだということを、もっともっと親子で受け止めていかなくてはならないと思っています。

ええと、確かに感性はことなりますし、歩む道筋は異なりますが、山に登るための道は表街道だけではありません。 珍しい貴重な動植物を見かけたりするのは、少ない人のみが歩く道だったりいたします。

現実的ではない希望~具体的に何をお考えなのかはわかりませんが・・・・・・。

中学校の時に大きな不適応症状から数か月の入院を何回も繰...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング