ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

学校の家庭科教材です。2枚閉じになっているコースターの素材に刺し子をして模様をつける場合、2枚重ねて刺して、縫い目は裏にも出すのでしょうか。それとも、裏表が違う模様になるように、1枚ずつに裏目が出るようにして、2枚重ねて縫わないものでしょうか。

A 回答 (1件)

そのようなキットを販売している手芸店で、完成品の見本を見た範囲では・・・



>2枚重ねて刺して、縫い目は裏にも出す

というのは見たことがあります。

一枚の状態で縫った後2枚閉じにした場合で、
片面(表面)に縫い目による模様があり、もう一方(裏面)にはなにも刺されておらず模様がない状態の物も
見たことがあります。

しかし、

>裏表が違う模様になるように、1枚ずつに裏目が出るようにして

というのは見たことがありません。

私は一度だけ、刺し子のふきんを作ったことがあるのですが、迷いに迷った末、
片面(表面)に縫い目による模様があり、もう一方(裏面)にはなにも刺されておらず模様がない状態にしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。自由にやることにしました。

お礼日時:2003/10/09 09:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刺し子の縫い始め & 縫い終わり

刺し子を始めてみようと
今日、さっそく初心者用キットを買ってきました。

が、

いざ刺繍糸を針に通して縫い始めようとしたのですが
玉を作らずに縫い始めて良いものか、わかりません。
キットですので説明書も入っていますが、
その事については何もかかれていません。
・・・常識なのでしょうか・・・

縫い終わりも玉止めをしなくてもいいのでしょうか?
かぶせ縫い、すくい縫いというのをすれば
「玉」はいらないのでしょうか?

超初心者です、子供に教える気持ちで教えてくださ~い!

今年の秋の夜長をこの刺し子で過ごそうと思っています。
ミシンのように音がしないので、静かに過ごせそうです・・・。

Aベストアンサー

さし始め  かぶせ縫い
さし終り  すくい縫い で玉止めにはしないのが
普通だと思います。

玉止めをすると、どうしても玉止めがごろつきます。

目の大きさにもよるともいますが、普通の縫い目で
あれば、これで解けることはないと思います。

参考URL:http://www.agf.co.jp/5_hiyaka/life/5_4sewing/main06.html

Q刺し子

刺し子のキットでふきんを作ろうと思っています。
そこで・・・回りを縫ってから2枚あわせて縫いますか、それとも一枚で刺し子をしてから回りをぬいますか・・・

Aベストアンサー

2枚あわせて縫います。裏の針目も気をつけなくてはいけませんがそのほうができあがったときにしっかりするからです。

Q洋裁 ダブルガーゼ 洗濯

洋裁初心者です~。よろしくお願いします。
ダブルガーゼで初めてお洋服を作る予定です。
作る前に洗濯機にかけると、生地がかなり縮んでしまいました。
ダブルガーゼを使用するさい、裁断するまえに生地を洗うのは正しいのでしょうか。
また洗い方のコツがあればお教えいただけないでしょうか。
そのあとはもちろんアイロンをかけて準備おっけ~なのでしょうか。

本当の洋裁初心者です;
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

洗濯機を回してしまいましたね?裁断する前の生地は、「洗濯機にかけてはいけません。」端がほつれるし、しわしわになるし、その後の作業を考えると、良いことはありません。
お店で洗濯機で、、、と聞いたと思いますが、それは『水通し』のことです。洗うのではなく、水に浸すことです。

綿や、麻など天然素材で、直接肌に触れるものの場合、あるいは、作った後、自宅でじゃぶじゃぶ洗って着用する場合など、生地についている「のり」を落として肌なじみを良くしたり、縮み分を裁断前に縮ませてしまうことにより、縫製後の歪み、変形を少なくするためにします。綿でガーゼでしたら、縮みがでますが、それは縮んでよかったのです。
ただし生地によっては風合いがかなり変わります。お店ではシャキッとしていたものが、「のり」が落とされて、想像以上にソフトになってしまうことがあります。「のり」は悪者ではなくて、縫いやすくするために加工しています。

水通しの方法:
洗面器、洗濯機、お風呂など水の貯められるところに、水、またはぬるま湯をはります。生地がつかるだけで十分。生地の大きさによって変える。洗剤は入れません。

生地屋さんで畳んだ状態のまま(厚ければ、たたみを開きます。)はった水の中におろします。生地が水を吸ってゆっくり落ちていくのを待ちます。

完全に浸かるだけの水があるか確認したら、そのまま30分ほど放っておきます。たたまれた奥まで水が入るのを待ちます。
ガーゼはすぐでしょうが、パンツ用など、固かったり、厚いものは時間がかかります。たたみを開いてみて、水のいってない部分があれば、畳み直したりして全体に水が入るようにします。

しばらく放っておいて大丈夫です。完全に水が入ったら脱水しますが、これは脱水機で良いです。これもたたまれた状態のまま脱水します。ただし、回しすぎないこと、水分残ってるかな、だけど、したたるほどでは無いなくらいの加減です。水分が多すぎると、重みで生地が強く下に引っ張られ、変形して干しにくいですから、加減してください。

干す時は、洗濯バサミだと跡が残るので、ポールにかけて干します。ポールにかけるとついポールのところだけ横に引っ張りがちですから、生地がまっすぐになっているかチェックしてください。大きく広げて乾かします。

なんとなく水分残っているかな?くらいの時にドライアイロン(スチームを入れないアイロン)で乾かします。水分が残りすぎているとアイロンで変形させてしますので、ほとんど乾いてる状態でいいでしょう。あるいは、忘れて完全に乾いちゃったらスチームアイロンで整えます。
以上。

何色も生地を買った場合は、別々に水通ししないと色移りしますので注意。デニムなどは、かなり色落ちする可能性があるので、色が気に入っているなら、水通ししなくていいでしょう。そのかわりスチームアイロンをまんべんなく十分にかけて縮ませちゃいましょう。(明らかに縮んだなというほどは縮みません)

洋裁初心者さん、応援します。

洗濯機を回してしまいましたね?裁断する前の生地は、「洗濯機にかけてはいけません。」端がほつれるし、しわしわになるし、その後の作業を考えると、良いことはありません。
お店で洗濯機で、、、と聞いたと思いますが、それは『水通し』のことです。洗うのではなく、水に浸すことです。

綿や、麻など天然素材で、直接肌に触れるものの場合、あるいは、作った後、自宅でじゃぶじゃぶ洗って着用する場合など、生地についている「のり」を落として肌なじみを良くしたり、縮み分を裁断前に縮ませてしまうことに...続きを読む


人気Q&Aランキング