こんにちは(^_^)

うちの会社の上司なんですが・・
「近々」を「キンキン」と読みます。
で、取引先に電話して
「キンキン伺いますもんで~」「キンキンやるつもりですもんで~」「キンキン電話しますもんで~」
ってな感じでキンキンを連発しています。

私は「近々」は「ちかぢか」と読むのが大多数だと思って今まで生きてきたので、「キンキン」というのが不自然に聞こえてしかたありません。
「キンキン」は一般的な読み方なんでしょうか?

また「キンキン」と「ちかぢか」の使い分けが有るのでしたらそれも教えて下さい。

宜しくお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

どっちもありですね。


私もどっちかというと「ちかぢか」派ですが、「キンキン」でも違和感はありません。両方使われます。

gooの辞書を見たところ(「近々」ではヒットしません。「近近」で検索してください)、時間的に近い場合は両方使いますが、距離的に近い場合(滅多に使わないとは思いますが^^;)は「ちかぢか」としか言わないようです。

ご参考まで。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。

「キンキン」違和感ないですか?私も最近は慣れましたが、最初は「何言ってんだー??」って感じでした。

距離的にも用いられる言葉なんですね?始めて知りました。
どうも有難うございましたm(__)m

お礼日時:2003/10/08 15:34

日本語が本来、文語なのか口語なのか・・・と考えると、日本語として確立したのは文語が先ですので、キンキンが 読みとしては正しいです。



参考URLにある、大石内蔵助、「断りの手紙」では、キンキンと読むのが正しいです。
少なくても、正統派の歴史ドラマで候文を読み上げるところでは、キンキンと発音しております。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/~petronius/kana/saura …
    • good
    • 3

こんにちは(^o^)丿



「きんきん」って・・・(^^ゞ
その人はきっと天然な人で近々という漢字ほ初めて見た時音読みしてしまったのでは無いでしょうか?

パンダじゃあるまいし・・きんきんって・・・(笑)

あまりそんな言葉は私はききませんので変に聞えてしまうのでしょうか?

でも”きんきん”で変換すると近々になるので本当はその読み方が正式なのでしょうかね?

まだまだ知らない言葉がたくさんあるな・・・と感心しました。

その上司さんは以前ご相談されていたちょっと変な上司さんの事ですか??(^^ゞ

毎日大変ですね・・・頑張って面倒を見てあげて下さいね。
    • good
    • 1

「きんきん」なんてはじめてききましたよ。


たいへん参考になりました。
私は「近々」と発音します。


(もしかしてその上司、「愛川欣也」さんに似てません?)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ちょっと吹いてしまいました(笑)
私もこの会社に入って初めて聞きました。
最初は「このひと間違ってるの?」と思い、調べてみたりしていましたが、言葉としてはちゃんと存在するみたいでしたので・・。他の皆さんはどんなんかいな~と質問させていただきました。

愛川欣也さんには似てないです(^_^)
どっちかっていうとケロンパに似てるといいたい所ですが、実際は森田健作さんをちょっと不細工にして汚くしたような感じです(笑)

どうも有難うございました。

お礼日時:2003/10/08 15:18

話し言葉は訓読みの「ちかぢか」正解です。


訓読みは日本の言語で意味の解る読み方です。
「キンキン」は音読みで意味が伝わりにくいこともあるので口語読みでは避けています。
    • good
    • 1

一応、自分の会社生活を通して培った常識感に自身があるので、自身ありとさせていただきます。

でも、あくまで個人的で感覚的な回答です。

私の感じでは、キンキンというと、”すぐやります!”的な、相手に対するアピールを含んだ表現として使われる場面が多いように思います。チカジカは、単に”近いうちにアクションを起しましょう”と言ってるだけで、急いで欲しい相手には不安感を与えるかも。

でも、あんまり連発されると、私も違和感を持つかもしれないです。

関係ないけど、「ぜんぜん」の使い方について。

通常は、ぜんぜんは否定文で使われるのが常識とされている面がありますが、夏目漱石は小説の中で肯定文に使っているし、強調表現として両方に使う事ができる、というのが言語学的な見解であるようです。

何が言いたいかというと、言語は生き物であり、時代によって意味や使われ方が変化するものであり、ある人にとって違和感のある使われ方も、アリであるケースが結構ある、という事でした。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「近々」って・・・

2週間前に、好きな人から「近々デートに行こう!」と
メールがきました。
この「近々」とは人によって感覚は違うと思いますが
どのくらいの期間を指すのでしょうか?

よかったら皆さんの感覚で結構ですので
教えてください。

Aベストアンサー

>「近々デートに行こう!」
なら、1ヶ月以内かな。
仕事をもっている身なら、土日しか時間取れないので、
次の土日以降の土日が7回以内。

「近々電話する」
なら、1週間以内。
仕事を持っていても、平日電話は出来る。
ということで7日以内。

という感覚でいました。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「急で申し訳ない」というお詫びで失礼のない文章の書き方は?

こんにちは。

現在、自社の行事で他社の方に応援(要は手伝いです)を依頼する文章を書いているのですが、その行事が実は今週末です。
当然「急で申し訳ない」という文章を付け加えないといけないと思っているのですが、その文章がうまく思いつきません・・・(>_<)

前任者の残している依頼文には文末に「ご多用中誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」とあるのですが、これとうまくつながるように「急で申し訳ない」という文意の文章をうまく付け加えるにはどう書いたらよいでしょうか?

教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

・文中に入れる
「ご多用中(急な御願いで)誠に恐縮ですが、ご協力の方よろしくお願い致します」

・文の後
尚、ご連絡が遅くなって大変申し訳ございません。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「参考まで」という言い回しについて

「参考まで」「参考までに」といった言い回しを職場のメール等でよく目にするのですが、自分にはどうも違和感があり、使わないようにしています。そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

<そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?>

正しくないとは言えないと思います。

「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、
「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞
「に」:時を示す格助詞
という働きをしています。

このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。
例:
「にて」「とも」「ども」「ば」など

ご質問文は述部が省略された口語表現です。本来は
「ご参考までに(目を通して下さい)」
といった、動詞句が省略されています。

口語(話言葉)では、リズムやテンポ、語呂を整えるために、わかりきった動詞、長い述部を省略して明確に要件が伝わるようにすることがあります。

例:
「また明日(会いましょう)」
「それではまた(お会いしましょう)」
「お陰様で(元気です)」

また文語(書き言葉)でも、こうした省略が起こることはあります。
例:
「友情のしるしに」
「感謝の気持ちを込めて」
「に」「て」はそれぞれ格助詞・接続助詞ですが、この場合は、テンポというよりは、「粋」な締めくくりを意図しての省略用法になると思います。

以上のように、こうした省略用法は、素早く要件を伝えるため、粋な表現のために工夫された、言葉の便宜上の用途ですから、正しくないとは言えません。「便利な語法」として、TPOや必要に応じて使い分ければいいと思います。

特に敬意を払う相手に対しては、口語での省略表現は失礼にあたることがあるので、語尾まで敬語で修辞した方がいいでしょう。
例:
「ご参考までにお目通し下さい」
「ご参考までにご拝読下さい」

ちなみに、私もこのサイトでの回答の末尾に「ご参考までに」「ご参考になれば」といった助詞止め表現をよく使います。この省略には、一種の謙譲(献上?)の気持ちを込めて使っております。この省略の背後には、「お役に立てるかわかりませんが、ご参考程度にしていただければ幸いです」という謙譲の意味が込められています。ただこのような長い文章をだらだら書いて、余計な装飾文にするのを避けた、一種の配慮と思っております。

以上ご参考までに。(笑)

はじめまして。

<そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?>

正しくないとは言えないと思います。

「までに」は「まで」+「に」の複合助詞で、
「まで」:程度がそれ以上及ばないことを示す副助詞
「に」:時を示す格助詞
という働きをしています。

このような、格助詞や接続助詞で文が終わる表現は、古語の時代から存在します。
例:
「にて」「とも」「ども」「ば」など

ご質問文は述部が省略された口語表現です。本来は
「ご参考までに(目を通して下さい)」
といった、動詞句が...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q『その旨を伝え』という言葉の意味&読み方を教えて下さい・・・・。

よくみなさん、
内容を言ってから、『その旨を伝えて~して下さい』
などと、文章で書いたりしていますが、

『その旨を伝える』という言葉の意味と、読み方がわかりません・・・・。

読み方は『そのむねを伝える』でしょうか?
意味は『その内容を伝える』ということでしょうか?

一度こんな言葉を使ってみたいものです。

すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご理解なさっている内容で間違いありません。

が、もし言葉の読み方や意味で悩んだら、一度辞書で調べてみては、と思います。
ネット上でもyahoo辞書などがあり、十分調べられます。

「旨を伝える」ですが、「伝える」の意味はご存じのようですから、
「旨」を調べてみて下さい。ネットなら読み方が分からなくてもコピー&ペーストでいけますね。
「旨」は(述べたことの)中心や趣旨となります。
単に中心という意味もありますし、質問者様のおっしゃるように「内容」という意味もあります。

ですから、例えば電話を受けていた人が「上司にその旨を伝えます」と言っていたら、電話の相手の言っていた内容を上司に伝えるということですね。

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報