こんにちは(^_^)

うちの会社の上司なんですが・・
「近々」を「キンキン」と読みます。
で、取引先に電話して
「キンキン伺いますもんで~」「キンキンやるつもりですもんで~」「キンキン電話しますもんで~」
ってな感じでキンキンを連発しています。

私は「近々」は「ちかぢか」と読むのが大多数だと思って今まで生きてきたので、「キンキン」というのが不自然に聞こえてしかたありません。
「キンキン」は一般的な読み方なんでしょうか?

また「キンキン」と「ちかぢか」の使い分けが有るのでしたらそれも教えて下さい。

宜しくお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

どっちもありですね。


私もどっちかというと「ちかぢか」派ですが、「キンキン」でも違和感はありません。両方使われます。

gooの辞書を見たところ(「近々」ではヒットしません。「近近」で検索してください)、時間的に近い場合は両方使いますが、距離的に近い場合(滅多に使わないとは思いますが^^;)は「ちかぢか」としか言わないようです。

ご参考まで。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。

「キンキン」違和感ないですか?私も最近は慣れましたが、最初は「何言ってんだー??」って感じでした。

距離的にも用いられる言葉なんですね?始めて知りました。
どうも有難うございましたm(__)m

お礼日時:2003/10/08 15:34

日本語が本来、文語なのか口語なのか・・・と考えると、日本語として確立したのは文語が先ですので、キンキンが 読みとしては正しいです。



参考URLにある、大石内蔵助、「断りの手紙」では、キンキンと読むのが正しいです。
少なくても、正統派の歴史ドラマで候文を読み上げるところでは、キンキンと発音しております。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/~petronius/kana/saura …
    • good
    • 3

こんにちは(^o^)丿



「きんきん」って・・・(^^ゞ
その人はきっと天然な人で近々という漢字ほ初めて見た時音読みしてしまったのでは無いでしょうか?

パンダじゃあるまいし・・きんきんって・・・(笑)

あまりそんな言葉は私はききませんので変に聞えてしまうのでしょうか?

でも”きんきん”で変換すると近々になるので本当はその読み方が正式なのでしょうかね?

まだまだ知らない言葉がたくさんあるな・・・と感心しました。

その上司さんは以前ご相談されていたちょっと変な上司さんの事ですか??(^^ゞ

毎日大変ですね・・・頑張って面倒を見てあげて下さいね。
    • good
    • 1

「きんきん」なんてはじめてききましたよ。


たいへん参考になりました。
私は「近々」と発音します。


(もしかしてその上司、「愛川欣也」さんに似てません?)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ちょっと吹いてしまいました(笑)
私もこの会社に入って初めて聞きました。
最初は「このひと間違ってるの?」と思い、調べてみたりしていましたが、言葉としてはちゃんと存在するみたいでしたので・・。他の皆さんはどんなんかいな~と質問させていただきました。

愛川欣也さんには似てないです(^_^)
どっちかっていうとケロンパに似てるといいたい所ですが、実際は森田健作さんをちょっと不細工にして汚くしたような感じです(笑)

どうも有難うございました。

お礼日時:2003/10/08 15:18

話し言葉は訓読みの「ちかぢか」正解です。


訓読みは日本の言語で意味の解る読み方です。
「キンキン」は音読みで意味が伝わりにくいこともあるので口語読みでは避けています。
    • good
    • 1

一応、自分の会社生活を通して培った常識感に自身があるので、自身ありとさせていただきます。

でも、あくまで個人的で感覚的な回答です。

私の感じでは、キンキンというと、”すぐやります!”的な、相手に対するアピールを含んだ表現として使われる場面が多いように思います。チカジカは、単に”近いうちにアクションを起しましょう”と言ってるだけで、急いで欲しい相手には不安感を与えるかも。

でも、あんまり連発されると、私も違和感を持つかもしれないです。

関係ないけど、「ぜんぜん」の使い方について。

通常は、ぜんぜんは否定文で使われるのが常識とされている面がありますが、夏目漱石は小説の中で肯定文に使っているし、強調表現として両方に使う事ができる、というのが言語学的な見解であるようです。

何が言いたいかというと、言語は生き物であり、時代によって意味や使われ方が変化するものであり、ある人にとって違和感のある使われ方も、アリであるケースが結構ある、という事でした。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『らんま1/2超無差別決戦!電影対影像音楽編』の値段を教えてください

こんばんは。
『らんま1/2超無差別決戦!電影対影像音楽編』というCDの値段がわかりません。
色々検索してみたんですが、値段が出てる所が見つからなくて…(検索の仕方が悪かったかもしれませんが…)

このCDの値段がわかる方、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

らんま1/2無差別決戦!電影対映像・音楽篇 なら
¥2,548 (税込)とでてきました
あっていますでしょうか (^^;

Q愛称「~っぺ」「~ちん」「~りん」「~ぼん」

全国の愛称の語尾を集めています!
地域性とかに違いがあるかなと思っているのですけど、
ほんまのところはどないやろか?っちゅうことで、
なるべく、テレビなどに影響されていない、子供の頃に使っていた愛称やと助かります。
「っぺ」=べい=兵衛
「ぼん」=坊
       とかの語源や、
       東西日本の違いなんかがわかればなお良いです!(><

Aベストアンサー

nuohさん、こんばんは。

 ご質問を見て、ふと子供の頃に覚えた「とんとんともだち」の歌詞を思い出しました。著作権上、歌詞を書けませんので、語尾の部分だけを記しますと、

 ちょん・ぼう・やん・んぼ・ちん・ちゃんこ・どんどん

 作詞者はサトウハチロー。本人は東京生まれですが、父が弘前、母が仙台生まれだったため「ボクの血の中には東北のものが流れているから、田舎の詩を書くのに何の苦労もしない」という言葉を残しています。

 だからといって、上に挙げたものが東京もしくは東北地方で使われている愛称だとは、もちろん断言できません。むしろ、リズムを重視して作詞したと考えるのが妥当でしょう。
 というわけで、この歌に関しては地方による違いは分りませんでした。申し訳ありません。

 ちなみに南関東在住の私自身で言うと「ぼう」が一人いただけで、後は「ちゃん」付け、小学校中学年ぐらいからは、ほとんどが呼び捨てでした。気の荒い地域だったのでしょうか・・・

QMBSの「月曜電影座」

こんにちは。
関西ローカルな話かもしれませんが、
昨夜、夜中に、みのもんた司会のバラエティ番組をやっていました。
出演者には、今はあまりメディアに顔を見せない加納典明、今より若い神田うのなどがいました。
なんだか映像が少し古いな、と思ってみてみたら、「半年前の平成10年…」とかいう場面が流れたのです。
そこでやっと、その番組が4年前に作られたものだということを察知しました。
そこでご存知の方におうかがいしたいのですが、
なぜ今ごろそんな昔の番組を再放送しているのでしょうか?
再放送とは、一度放送したのが高視聴率だったから再度流す、というイメージがあるのですが、昨夜みたこの番組は高視聴率が取れるほど面白いとは思いませんでした。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

MBSは、過去に放送されたドラマの第一回のみ、良い、悪いに関わらずシリーズとして深夜に放送していました。
その月曜電影座も、ただ単に再放送してただけではないでしょうか。

Q「~と~を」と「~と~とを」と(?)の使い分け?

どう言うときに,2回目の「と」を入れるのでしょうか?
たとえば,「AとBを比較する」「AとBとを比較する」は
どっちをどういうときに使えば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

歴史的には、二つのものを並列する場合には、奈良時代以降ずっと、
 AとBとをまぜる。
のように、「と」をいちいち下につけるのが原則だったようです。
しかしその一方、下の「と」が省略されて、
 AとBをまぜる。
のような言い方も行われていたようです。
ここまでは、此島正年「国語助詞の研究」を参考にしました。

現代では、「AとBをまぜる」式の言い方のほうが優勢でしょうか。

私自身は、Aにあたる部分、Bにあたる部分がそれぞれ長くなりそうな時、
意識して「AとBと」式を使うようにしています。
例えば、
 (1)太郎と次郎が一緒に作った作品と、三郎が四郎とケンカしながら作った作品を並べる。
 (2)太郎と次郎が一緒に作った作品と、三郎が四郎とケンカしながら作った作品とを並べる。
なら、(2)のほうが誤解を招かないかな、と思うからです。
 

 

Q以前、水曜亜細亜電影で放映された映画のタイトルを教えてください

香港映画(台湾映画・中国映画なのかも)のラブストーリーです。
主人公は寺男で、僧侶とは仲が悪く、一番上の立場の人(たぶん師匠と言っていたと思います。)は寺を追い出そうとしていたと思います。子供の僧侶(めがねのちょっと太めの男の子)とだけ仲が良いです。
主人公が好きになるヒロインは超能力者で、療養所のようなところで生活をしています。
主人公はヒロインに会わせてもらえません。少年僧に助けてもらって、夜に抜け出してこっそり会ってもらいます。少年が主人公を手伝ったことが上の僧侶のばれてしまって、罰で叩かれるところを主人公が止めに入り、代わりに叩かれます。この後、ほかの僧侶と和解したと思います。皆で野球をするところと、師匠の仇との戦いもあります。
ヒロインに施設を替わるよう通知がきます(超能力を何かに使うためだったと)。主人公は、ヒロインが自由になれるように資料をお役所から盗み出して追われる身になります。主人公は撃たれるのですが、ヒロインの超能力ですり替わってもらったかなにかしたと思います。ヒロインは複数の黒塗りの車で護衛されて移動するのですが、途中で店に入ります。そこに主人公が追いついて、銃撃戦になってヒロインを取り返します。
ヒロインは助け出せたのですが、別の施設に行かなくてはならなくなります。主人公が汽車の駅まで見送りにいきます。警察官?の計らいで、汽車の窓越しでだけ再開させてもらえます。主人公はガラス越しにヒロインに指輪(コインだったかも)を渡して、ヒロインは超能力でそれをすり抜けさせて受け取ります。何年か後、ヒロインの超能力が無くなった時に、ヒロインは施設から出ることができます。(この後は思い出せません。)
どなたかお心当たりの方は、教えてください。お願いします。

香港映画(台湾映画・中国映画なのかも)のラブストーリーです。
主人公は寺男で、僧侶とは仲が悪く、一番上の立場の人(たぶん師匠と言っていたと思います。)は寺を追い出そうとしていたと思います。子供の僧侶(めがねのちょっと太めの男の子)とだけ仲が良いです。
主人公が好きになるヒロインは超能力者で、療養所のようなところで生活をしています。
主人公はヒロインに会わせてもらえません。少年僧に助けてもらって、夜に抜け出してこっそり会ってもらいます。少年が主人公を手伝ったことが上の僧侶の...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは!

この映画は94年の香港映画「フル・ブラッド」ではないでしょうか?
(香港だと花旗少林)チョウ・ユンファがでてます。下記サイトに映画の紹介が載っているので確認してみて下さい。

参考URL:http://plaza.harmonix.ne.jp/~skz/m10m.htm

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q台北 「欣葉 食藝軒101」予約と行き方

土曜の夜、19:30に欣葉101を予約しました。
ホテルサントスからタクシーを利用した場合、料金はNT300程度らしいですが
所要時間はどのくらいみておけばよいでしょうか?

地下鉄を利用するのとどちらがお奨めですか?

Aベストアンサー

No.2です。
週末の夜は基隆や九份方向が混むことはあります。
私の経験では九份、夕方の観光後、中山高速公路が基隆方向から大渋滞になったことがあります。
(但し通常の週末ではなく新年1月1日です。)

野柳地区観光からの帰りとのこと。
ホテルに帰れなくても台北101に行けないかも考えておいたほうが良いと思います。
(より近い場所で降ろしてもらう そこからタクシーで向かう等)

あるいは食事の予約時間をもう少し後にできないか考えたいものです。

楽しい台湾旅行になるようお祈りします。

No.3さんは
>台湾人はこの距離でタクシー使いますが日本人なら十分歩くことも可能です。
と書かれましたが・・・6月下旬の暑さを考えると。
またその前の観光の疲れも考えると。
また手に買ってきたお土産類を持っているとしたら・・・
歩くのはきついと思います。タクシー推奨です。
限られた時間の旅では、路線バスは絶対にお勧めしません。迷うだけ損です。
MRTは確実ですね。ただし・・・電車は右側通行です。日本と逆です。方向感覚を間違えないように。
(実は私が地下をぐるぐる歩くうちに勘違いしたことがあります。)
それでもMRTを使わない理由は、乗り換えているうちに時間ロスが多いからです。

No.4さんがおっしゃる運転の荒さ。
これは慣れの問題だと思います。何度も台湾に行くと阿吽の呼吸のように流れている台湾の車の流れに
慣れてきます。 彼らは、車の鼻先が入られたらそれ以上無茶はしません。
なまじっか日本の一部の乱暴運転の車のほうが怖いと思うようになりました。
何度もタクシーに乗っていますが事故にあったことはありません。
日本の雲助タクシーのほうが怖いです。多くの運転手さんは結構親切ですよ。
(右の前にタクシー営業許可証が掲示されていますからよく見ておくと良いでしょう。)

No.2です。
週末の夜は基隆や九份方向が混むことはあります。
私の経験では九份、夕方の観光後、中山高速公路が基隆方向から大渋滞になったことがあります。
(但し通常の週末ではなく新年1月1日です。)

野柳地区観光からの帰りとのこと。
ホテルに帰れなくても台北101に行けないかも考えておいたほうが良いと思います。
(より近い場所で降ろしてもらう そこからタクシーで向かう等)

あるいは食事の予約時間をもう少し後にできないか考えたいものです。

楽しい台湾旅行になるようお祈りします。

No....続きを読む

Q「~していただく」「~して下さる」 の違い

はじめて質問します。

例えば、「もう一度おっしゃっていただけませんか」と「もう一度おっしゃってくださいませんか」という文章は、どちらも正しいように思えるのですが、「~していただく」と「~してくださる」の使い方に違いがあるのかを教えていただけません(くださいません)でしょうか。もし違いはないのでしたら、愚問のほどお許しください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1の方がおっしゃるように「いただく」は謙譲語、「くださる」は尊敬語で、前者は行為をされる側、後者は行為をする側に視点を置いています。参考URLで同様の質問・回答がされていますので参考にして下さい。
どちらも一般に用いられていますが、私は「おっしゃっていただけませんか」の方が正しいと思っています。「おっしゃってくださいませんか」は「おっしゃってください」で(尊敬の対象である)相手に対してお願いをしながら、「ませんか」でやんわりとそれを強要しているような感じがします。使うとすれば「おっしゃってください」でよいと思います。

http://www.alc.co.jp/jpn/com/nndm/q0149.html

参考URL:http://www.alc.co.jp/jpn/com/nndm/q0149.html

Q欣皇「花嬌人艶」??

欣皇「花嬌人艶」??

海外の知り合いから以下の画像の古文(?)に関して解説依頼を受けたのですが、
自分なりに調べたところでは見つからず、質問させて戴きます。


○ゲイシャに関する海外向け(?)の書籍の中の画像だそうです。
○PC検索したところそれらしい物はヒットせず、
 日本ではなく中国の物の可能性が高く思えてきました。
 (しかし読み方が分からず、中国語の辞書等で調べる事が出来ません…)
○最初の二文字・「花嬌(カキョウ)」という名の日本の詩人が存在した事は分かりましたが、
 その方との関係性は不明です。


少しでも手掛かりをご存知の方、お知恵を拝借出来ると嬉しいです。

Aベストアンサー

書き下し風に書けば、「花嬌トシテ人艶ナリ(はな きょうとして ひと えんなり)」ではないでしょうか。
「嬌」も「艶」も、「なまめかしい」という意味です。
「嬌」は体をくねらせてしなをつくる様子ですから、花が風に揺れているイメージもあるかもしれません。
特に出典があるような、由緒ある言葉でもないように思います。
芸者に関する書籍からとのことですし、画像には写っていませんが、花と美人が描かれているのでしょう。

「欣皇」の下の印は「欣皇」と篆刻されているようですので、描いた人の名前だろうというのはいいとして、
「花嬌人艶」は、賛にしては簡単すぎると思いますので、題あたりではないでしょうか。

日本のものかそうでないか、また、欣皇という人については分かりませんので、あしからずご了解ください。

Q「岐阜」はどうして「きふ」ではなくて「ぎふ」と読むのでしょうか?

全くどうでもいい質問をしてすみません!
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=378504
の中でついボヤいてしまっていることなのですが、子どもの頃から疑問に思っていることなんです。

「岐阜」の「岐」の字は普通「き」と読みますよね。
用例=「岐路」 「分岐点」 「多岐亡羊」・・・これらは全て「き」と読みますよね。
例えば普通は「た」と読む「田」の字が、熟語の下に来る場合は「だ」になったりします。
でも「田」の字が熟語の頭に来る場合は、「だ」にはなりませんよね?
「山」の字にしても、熟語の頭に来る場合は「ざん」とは読みませんよね?
それなのに、どうして「岐阜」では「岐」の字が頭にあるにも係わらず「ぎ」と濁るんでしょう?

もしかして浅学非才な私が知らないだけであって、こういう事例は他にも結構たくさんあるのでしょうか?
尚、お礼に数日かかると思いますのでご承知置き下さい。
宜しかったら、冒頭の質問378504にもお答え頂けたら幸いに思います。

Aベストアンサー

#2(No.2)のものです。
(まさか、私、質問の意味を取り違えていないですよね。)

>こういう事例は他にも結構たくさんあるのでしょうか?

語のはじめにあって、濁る言葉と濁らない言葉があればいいのですね。

分解 ぶんかい
分別 ふんべつ

伴奏 ばんそう
伴侶 はんりょ

貧乏 びんぼう
貧富 ひんぷ

次回 じかい
次第 しだい

大事 だいじ
大安 たいあん
(っていうか「大」の場合は、濁るのと濁らないのともっとたくさん言葉があると思います。)

もし、讀み方の書いてある漢字の表(常用漢字表など)が身近にあったら、
濁るのと濁らないのと兩方載っている漢字を見つけて、
それぞれ頭に附いている言葉を見つけるといいと思います。

もっとたくさんあると思うのですが、すみませんがもう寢たいので、これくらいで終わりにさせていただきます。
(^-^)/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング