電球を取り換えるだけで家族を見守る

民事訴訟法の「請求の放棄」について教えてください
【問題】
第一審の原告が控訴審において請求の放棄をしたときは、第一審の判決は、その効力を失う。

【答】


解説には

原告が請求を放棄して、その旨が調書に記載されると、
その記載は確定判決と同一の効力を有する(民訴267)ことから、
原告が控訴審で請求の放棄をすると、
係属中の訴訟手続はこれによって終了し、第1審判決は効力を失う。

とあります。

「確定判決と同一の効力を有する」から
””第2審が確定””するから
そのために第1審の効力が失われるということですか!?


的外れな質問かもしれませんが、どうしてもわからなくて
どなたかお教えいただけませんか....

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>「確定判決と同一の効力を有する」から””第2審が確定””するからそのために第1審の効力が失われるということですか!?



 二審で判決がされるわけではないですから、二審が「確定」するということはありません。控訴審において請求の全部又は一部を放棄して、その旨が放棄調書に記載されると、その限度において訴訟が終了します。(訴訟終了効)判決によらないで訴訟が終了しますから、一審判決の全部又は一部も失効することになります。
 一審判決が原告の請求を全部認容する内容であっても、控訴審で一審原告(被控訴人)が請求の放棄をすることは可能です。(処分権主義からの当然の帰結。)控訴審で、請求の全部放棄をしたのであれば、一審判決の全部が失効することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>二審で判決がされるわけではないですから、二審が「確定」するということはありません。

そっか、そうですよね!やっぱり、私は的外れでした....

>一審判決が原告の請求を全部認容する内容であっても、控訴審で一審原告(被控訴人)が請求の放棄をすることは可能です。(処分権主義からの当然の帰結。)

原告が勝訴でも、やっぱり納得いかない部分がある!認めてほしいことがちょっと違ったとかそういう感じなんですね。きっと....。

>控訴審で、請求の全部放棄をしたのであれば、一審判決の全部が失効することになります。

わかりました!ありがとうございましたm(_ _)m



で、テキストに

請求の放棄は、調書に記載されることにより、確定判決と同一の効力を有し、
原告の請求に理由のないことが既判力をもって確定される。

と書いてありまして、

「原告の請求に理由のないことが既判力をもって確定される」のに

「第一審の判決は、その効力を失う。」

んだ!?と思うと、矛盾している気がして....
混乱してきました....

お礼日時:2011/05/20 11:37

>「原告の請求に理由のないことが既判力をもって確定される」のに「第一審の判決は、その効力を失う。



 判決の既判力ではなくて(判決の既判力は、判決が確定しないと生じない。)、請求の放棄の効果(放棄調書に記載された効果)として、原告の請求に理由のないことについて既判力が生じます。(学説上は、「確定判決と同一の効力」に既判力が含まれるか否か争いはありますが。)
    • good
    • 0

「請求の放棄」と言うのは、請求する側(原告)が、請求原因がないことを自ら認めることです。


控訴審で請求を放棄することは、原審で原告が敗訴した場合だけです。
(原告が勝訴しておれば、裁判所が請求原因があったことを認容していることですから。)
そのように、控訴人(原審の原告)が控訴審で請求放棄すれば、被控訴人(原審の被告)が勝訴したことになります。
文面では「第一審の判決は、その効力を失う。」とありますが、一審の判決は「原告の請求を棄却する。」と言う判決だったわけですが「棄却する」との判決を維持しなくてもいいわけです。
(請求の原因がないことを認めたわけですから)
裁判所とすれば、控訴人が、請求原因がないことを自ら認めれば、それ以上審理する必要はないわけです。
なお、民事訴訟法267条では「和解」「請求の放棄」「請求の認諾」と3つありますが、それらがあったものは、わざわざ、判決文としなくても、調書があれば、それでいいと言うわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「 「棄却する」との判決を維持しなくてもいいわけです。 」

↑よくわかりました!


民事訴訟法267条の条文の読み方もあやふやだったので
「和解」「請求の放棄」「請求の認諾」
の3つということが確認できてよかったです!

ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2011/05/20 11:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q請求の放棄

原告相手方が、「請求の放棄」を期日間でしてきました。
この場合、請求の放棄書が裁判所に届いた時点で、裁判は確定するのでしょうか?それとも、次回の弁論準備の日でしょうか?今後、訴訟費用額確定の申立をしたいので、お教え下さい。

東京に7回出張、理不尽な訴訟で、やっと勝てそうだと思ったら、
「取下げ」出してきたので、冗談じゃない、もう直ぐこっちの勝訴判決だと、文句を言ったら、請求を放棄してきました。やれやれ、兎に角、勝った。

Aベストアンサー

>この場合、請求の放棄書が裁判所に届いた時点で、裁判は確定するのでしょうか?

 訴訟終了効が生じるのは、放棄調書に記載されたときですが、その前提となる原告による請求の放棄の意思表示は、口頭弁論期日等(弁論準備期日や和解期日でも良い。)においてする必要があります。
 ただし、原告が、請求を放棄した旨の書面を提出したにもかかわらず、口頭弁論等の期日に欠席した場合には、裁判所はその旨の陳述をしたとみなすことができます。(できるのであって、当然に擬制されるわけではありません。)

民事訴訟法

(請求の放棄又は認諾)
第二百六十六条  請求の放棄又は認諾は、口頭弁論等の期日においてする。
2  請求の放棄又は認諾をする旨の書面を提出した当事者が口頭弁論等の期日に出頭しないときは、裁判所又は受命裁判官若しくは受託裁判官は、その旨の陳述をしたものとみなすことができる。

(和解調書等の効力)
第二百六十七条  和解又は請求の放棄若しくは認諾を調書に記載したときは、その記載は、確定判決と同一の効力を有する。

Q(民事)訴訟の取下げについて

民事訴訟(控訴も含む)で、期日前に原告が訴えを取り下げた場合の流れを教えて下さい。
まず、原告(代理人)が取り下げ書を提出した場合、裁判所がそれを受け取ってから、取下げが確定するまでにはどのような過程を経ますか?
受け取り、書面に不備が無く、受理された時点で確定でしょうか?
民事訴訟法では、被告に送達しなくてはならないとあるようですが、この送達と、その後の2週間の条文は、取り下げが確定するかどうかに関係していますか?
また、裁判所が受理=取り下げ確定、でない場合、原告はその取下げを撤回し、訴訟を維持することが可能ですか?
現在、民事で提訴されており、原告から取り下げるとの連絡を受けました。(第一回期日前です。)
しかし、取り下げ書が提出され、取り下げの送達が来るまでは安心出来ないと思うのですが、送達が来た後ならば、もはやその訴訟は取り下げられたもので、原告が再度提訴に至らない限りは既に訴訟は消滅していると解して良いものか、それとも提出後、または送達後、原告には撤回する猶予が与えられているものなのかが分からず、困っています。
ご存知の方がいらしたら、教えて下さい。
よろしくお願い致します。

民事訴訟(控訴も含む)で、期日前に原告が訴えを取り下げた場合の流れを教えて下さい。
まず、原告(代理人)が取り下げ書を提出した場合、裁判所がそれを受け取ってから、取下げが確定するまでにはどのような過程を経ますか?
受け取り、書面に不備が無く、受理された時点で確定でしょうか?
民事訴訟法では、被告に送達しなくてはならないとあるようですが、この送達と、その後の2週間の条文は、取り下げが確定するかどうかに関係していますか?
また、裁判所が受理=取り下げ確定、でない場合、原告はその取...続きを読む

Aベストアンサー

第一回口頭弁論開始前であれば、取下げに被告の同意は不要なので、手続といっても、取下書を裁判所に出すだけです。取下げ書が提出されると、裁判所はこれを被告に送達し、送達が終れば、裁判所の手続は終わりです。

送達されなくても、取下げの効果は取下げ書の提出で、既に生じており、送達は、被告を手続的に保護する意味合いしかありません。

再度の訴え提起の可能性について述べておられますが、弁論前に取り下げられた場合、既判力は生じておらず、再度、同じ訴えを起こすことも禁じられてはいません。

しかし、何度も同じ訴えを起こしてくることは、将来、同じ訴えを起こされたら証拠として出し、訴えの濫用に基く損害賠償を求める根拠となると思います。

また、取下げの撤回はできません。
取下げには、確定と言う観念はなく、2週間で確定というようなことも考えておられるようですが、これも考える必要のないことです。

裁判所に、取下げ書が出ているか聞かれたら、答えてくれますよ。問い合わせの際には、事件番号を伝えることをお忘れなく。

Q【民事裁判】 再審についてお聞きします

法律に詳しくないので伝わりづらいと思いますが
よろしくお願いします。

平成15年に知人から民事裁判をかけられてしまいました。
内容は詐欺横領です。もちろん私に身に覚えのないことで 第一審から上告まで私が勝訴しました。上告は門前払いでした。(平成17年に終わりました)

裁判が終わってから三年が経ったのですが、裁判に負けた知人が私がウソの証言をして裁判に勝訴したと言い出しました。
裁判中も私がウソの証言をしていると言ってました。
 
私はウソの証言をしていません。
そして知人もウソの証言をしていることを証明するような証拠もなく そんなことを言ってるんです。

 長文になりましたが質問させてください。

 1 もし知人がまた民事裁判を申し立てたら裁判所は受理するのでしょうか。これは再審請求になるのですか?

 2 再審請求をする期限は30日以内または5年以内とあるのですがこの意味がよく理解できません。。私の場合は30日以内5年以内のどちらに当てはまりますか?
 
 3 同じ内容の裁判はできないと聞いたことがあるのですが
   (私の勘ちがいかもしれませんが・・・)
   知人が私がウソの証言をして勝訴したという理由で裁判の申し立てをしたら(証拠はありません。知人の感情的なものです)3年前の裁判内容と全く違う件として裁判所は受理するのでしょうか? 
 

法律に詳しくないので伝わりづらいと思いますが
よろしくお願いします。

平成15年に知人から民事裁判をかけられてしまいました。
内容は詐欺横領です。もちろん私に身に覚えのないことで 第一審から上告まで私が勝訴しました。上告は門前払いでした。(平成17年に終わりました)

裁判が終わってから三年が経ったのですが、裁判に負けた知人が私がウソの証言をして裁判に勝訴したと言い出しました。
裁判中も私がウソの証言をしていると言ってました。
 
私はウソの証言をしていません。
そして知...続きを読む

Aベストアンサー

裁判が行われ判決が確定した後で、同一事件について再度裁判で争う
ことはできません。
ただし、民訴法338条1項各号で規定されている再審事由に該当する場合
は、再審請求ができ、確定判決の取消と事件の再審判を求めることがで
きます。

再審事由は下記の通りです。

民訴法第338条 
 次に掲げる事由がある場合には、確定した終局判決に対し、再審の訴
えをもって、不服を申し立てることができる。ただし、当事者が控訴若
しくは上告によりその事由を主張したとき、又はこれを知りながら主張
しなかったときは、この限りでない。
1.法律に従って判決裁判所を構成しなかったこと
2.法律により判決に関与することができない裁判官が判決に関与した
 こと
3.法定代理権、訴訟代理権又は代理人が訴訟行為をするのに必要な授
 権を欠いたこと
4.判決に関与した裁判官が事件について職務に関する罪を犯したこと
5.刑事上罰すべき他人の行為により、自白をするに至ったこと又は判
 決に影響を及ぼすべき攻撃若しくは防御の方法を提出することを妨げ
 られたこと
6.判決の証拠となった文書その他の物件が偽造又は変造されたもので
 あったこと
7.証人、鑑定人、通訳人又は宣誓した当事者若しくは法定代理人の虚
 偽の陳述が判決の証拠となったこと
8.判決の基礎となった民事若しくは刑事の判決その他の裁判又は行政
 処分が後の裁判又は行政処分により変更されたこと
9.判決に影響を及ぼすべき重要な事項について判断の遺脱があったこと
10.不服の申立てに係る判決が前に確定した判決と抵触すること

ご質問内容からして、相手方の主張は第7号に該当する可能性はありま
す。しかし、相手方は貴方の陳述が虚偽であったことを証拠を提示して
立証しなければなりませんので、貴方が仰るように証拠がないのであれ
ば、再審請求が認められることはないでしょう。

再審請求の期間については、再審事由が代理権不存在、既判力抵触の
場合については制限がありませんが、その他の再審事由については、
その事由が判決確定前に発生した場合は、確定後その事由を知って
から30日以内で、かつ判決確定から5年以内です。
要するに、判決確定から5年以内であれば請求できますが、5年以内で
あっても、再審事由があることを知った日から30日を経過すると請求
できないということです。

ご質問内容を見る限り、心配する必要はないように思います。

裁判が行われ判決が確定した後で、同一事件について再度裁判で争う
ことはできません。
ただし、民訴法338条1項各号で規定されている再審事由に該当する場合
は、再審請求ができ、確定判決の取消と事件の再審判を求めることがで
きます。

再審事由は下記の通りです。

民訴法第338条 
 次に掲げる事由がある場合には、確定した終局判決に対し、再審の訴
えをもって、不服を申し立てることができる。ただし、当事者が控訴若
しくは上告によりその事由を主張したとき、又はこれを知りながら主張
しな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報