「垣間覗う」という表現を聞いたことがあるような気がするのですが、自分で文を書いていてこの用法と漢字が正しいのかどうか自信なく、こちらで質問させていただきます。使用する場面としては、初対面の相手の身のこなし等から育ちのよさを「垣間見る」ことができた、というような文章を、もう少しへりくだって丁寧な言葉遣いができればと思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

垣間見るとは字のごとく「垣根の間からちらっと見る」或いは「見てはならないものをちらっと見る」ことです。

あまり行儀のよい仕草ではありません。(盗み見るほどではないにせよ)また行動の主体者は自分であり、謙譲語や丁寧語を使うべき相手がありません。

単なる言い換えなら、「育ちのよさが窺われた、覗われた」(顔色をうかがうのように、ひそかに探ったり、察知すること)または「育ちの良さが偲ばれた」(人柄が偲ばれる、のように本来見えないところを推し量ること)などではないでしょうか。
    • good
    • 0

育ちの良さが「しのばれる」。



なんていいますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q「旧仮名遣い」→「新仮名遣い」へ移行した年は?

旧仮名遣いはいつ、どのような考えで新仮名遣いに変更されたのでしょうか。また新仮名遣いを使わなければならないといったような規則or法律(?)が存在するのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLによると,昭和21年11月16日の内閣訓令第八号および内閣告示第三十三号によって
現代かなずかいが奨励されています.
またこの訓令および告示は昭和61年7月1日の訓令および告示によって廃止され,
新たな現代仮名遣いが例示されていますが,強制ではありません.
http://www.asahi-net.or.jp/~lf4a-okjm/genkan61.htm

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~lf4a-okjm/genkan21.htm

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Qもう少し?もっと?違いますよね?

広告の作成をしています。
先日私が不在の時、電話を受け方が

メモで ロゴマークを「もう少し」小さくしてください と、お客様が言っていました。
とメモが私の机においてありました。

その子は念のためメールでも ロゴマークを「もっと」小さくしてください。
と言っていましたと、メールがありました。

私は不思議に思い「もう少し?」「もっと?」どっちなの?と聞いたら、
「同じですけど」と言われてしまい、

私の中では 現在の大きさ>もう少し小さく>もっと小さく だと思っていたので
ネットの辞書で調べましたが、もう少しの関連語でもっと などしか回答が出てこなかったので、
皆様に質問させていただきます。

正確な答え、ニュアンスなど色々とご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

おはようございます、素人です。

>もう‐すこし【もう少し】
>[副]もうちょっと。いま少し。もすこし。「―顔を上げてくれ」
>「―で完成する」

>もっ‐と
>[副]事物の程度や状態が、さらにその度を強めるさま。いっそう。
>「八月になると―暑くなる」「―こっちへ寄りなさい



言葉的には

現在の大きさ>もう少し小さく>もっと小さく 

になりますね。ですから「同じですけど」というのは正確には誤りだと
思います(神経質に取られるかもしれませんが、プロとしてのこだわり
だと私は受け取りました)

ただ肝心なのはクライアントの言葉だと思います。「もっと」と言って
る以上、「もっと」にするのが正しいと思います。

(デザイン関係は修正してもイメージと違うというパターンが多々あり
ますので、私の仕事ではそういう曖昧な言葉は「具体的にどれくらいで
すか?」と数値で聞くようにしています。ま、実際は聞けない事が多々
ありますので1回は常識の範疇で対応し、それでもNGが出る場合は、
もっと細かく指示下さい、と依頼しています)

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q比較することのよさ

よく「もののよさ(便利さ)を知るには、何か別のものと比較をする必要がある」と聞きます。
確かに何かと比較することで物事の特徴は的確に捉えられる気がするのですが。
でも、どうしてなのでしょう。
何か学術的な論証はされているのでしょうか。
気になります。

Aベストアンサー

「良さ」とか「便利さ」は絶対的な価値ではなく、相対的な概念に基づきますよね。
「悪い」に対して「良い」があり、「不便」に対して「便利」があるのです。
だから他のものと比較するのです。

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Q頭のよさは遺伝?

ほとんど勉強しないのに、勉強がすごくできたり、ものすごく暗記力が良くて、単語などを一発で覚えたりする人がいますよね。

私の周りにも一日1時間ほどしか勉強していないのに東大に現役合格した友達がいます。親は医者です。

頭のよさは遺伝でしょうか?環境でしょうか?

Aベストアンサー

 
 青髭と赤髭 ~ どっちに診てもらいたいか ~
 
 頭のよさは、もちろん遺伝ですが、親の世代で発現しない例もあり、
突然変異との区別がむずかしいようです。
 環境説は、実験や追跡が困難なので、確実な証拠はありません。
 
 カメラもテープ・レコーダーも、パソコンやケータイがない時代には、
すでに誰かが知っていることを記憶する能力は、とても重要でしたが、
パソコンやケータイの出現で、もはや威力を失っています。
 
 これまでの入学試験や司法試験が、記憶力を偏重しただけで、彼らが
無条件に優れているわけではありません。
 IQ(知能指数)が高くても、試験以外では役に立たないのです。
 
 東大医学部に現役で合格した医者が、その記憶力にものをいわせて、
出世する可能性は残されていますが、世界中の症例や、研究成果を日々
収集しなければ、古い知識をふりまわすだけの老医師になるでしょう。
 
 古い知識の青ひげと、新しい知識の赤ひげが居たとして、あなたなら
どちらの医師に身を任せますか?
(どっちの医者がトクか、という質問でないことを祈って)
 

 
 青髭と赤髭 ~ どっちに診てもらいたいか ~
 
 頭のよさは、もちろん遺伝ですが、親の世代で発現しない例もあり、
突然変異との区別がむずかしいようです。
 環境説は、実験や追跡が困難なので、確実な証拠はありません。
 
 カメラもテープ・レコーダーも、パソコンやケータイがない時代には、
すでに誰かが知っていることを記憶する能力は、とても重要でしたが、
パソコンやケータイの出現で、もはや威力を失っています。
 
 これまでの入学試験や司法試験が、記憶力を偏重しただけで...続きを読む

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q学力(頭のよさ)は遺伝するか、それとも、しないのかについて。

学力(頭のよさ)は遺伝するか、それとも、しないのかについて。

http://toyojie.jugem.jp/?eid=3024

高濱正伸氏によれば数学センスは遺伝すると言っています。

お金を学習に費やせるとか、親が大学を目標にさせるからとかで、学力(頭の良さ)は遺伝しないのですか?
確かに、最初から勉強することを投げてしまっている家庭、勉強することに高い価値をおいている家庭の子どもたちの学力は違ってくると思いますが。

顔や体型は当然遺伝します。
その中で、太りやすい体質や禿げやすい体質というのも遺伝します。
肉体的遺伝は存在するのであり、例えば筋肉のつきやすい体質であったらスポーツにおいて、生まれつき有利な素質があると言えるでしょう。
ここまでは異論を唱える人はいないと思います。

しかし何故、体質においては遺伝を認めるのに、知能に関しては遺伝を認めないのでしょうか。
体質だって知能(または脳の構造)だって、人間を形成する一要素であることは同じです。
外見や肉体的形質は勿論のこと、性格までもが遺伝するというのに、知能だけは都合よく遺伝しないのでしょうか。

遺伝というのは両親だけではなく、祖父母やそれ以前の先祖から受け継いできているものなので、「あの子は天才だけど、両親は凡人。だから遺伝なんて関係ない」とは言えません。

肉体と違って知能というものは無形のものであるから、言い訳がしやすいのだと思います。
「遺伝なんて関係ない。頑張れば皆できる」と思っていたい気持ちが、このような風潮を生み出すのだと思います。おそらく、遺伝しない、という人の殆どがそうではないですか。
遺伝が関係ないというのなら、「人には向き不向きがあります」なんて言葉は真っ向から否定しなければなりません。
学力(頭の良さ)が全く遺伝せずに本人の努力次第でしか変わらないなら、極論を言えばチンパンジーが努力すれば人よりも勉強できるようになる事になると思います。そんなことはないですよね。東大は努力次第で誰でも、誰でも行けるんですか?
遺伝はそういう事ですよね?
僕は高校生です。雨の日に学校に来られるみんなの親を見ればどんな(変な言い方)パターンの親なのか僕は知っています。

最後に聞きますが、全て、学力も、才能など認めず、努力オンリー。努力した人が偉いのよ。遺伝は認めない。
家系も認めない。お客様(労働者)は神様よ。

こんな事やってたら、日本はどうなると思いますかね?

学力(頭のよさ)は遺伝するか、それとも、しないのかについて。

http://toyojie.jugem.jp/?eid=3024

高濱正伸氏によれば数学センスは遺伝すると言っています。

お金を学習に費やせるとか、親が大学を目標にさせるからとかで、学力(頭の良さ)は遺伝しないのですか?
確かに、最初から勉強することを投げてしまっている家庭、勉強することに高い価値をおいている家庭の子どもたちの学力は違ってくると思いますが。

顔や体型は当然遺伝します。
その中で、太りやすい体質や禿げやすい体質というのも遺...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。
 少なくとも、知能にある程度の遺伝があることは間違いないでしょう。(私の経験上。たとえば、私にとっては簡単に理解できることが同じ年齢の他の方にとっては難しい場合が色々ありました。ただし、勿論逆もあります)たとえば、ガウスさんやアーベルさんなどの「数学の天才」と呼ばれるような人達と私とでは「数学」において圧倒的な差があります。
 では、なぜそのことが取り沙汰されないのか。それは、知能「自体」ではなくて、知能の「方向性」が人によって違うからです。たとえば、ある人は「数学」が得意で、「英語」が苦手。またある人は「語学系」が得意なのに「数学や物理」は大嫌い。
 ちなみに、運動や芸能も知能に入ります。なぜなら、それらも脳の働きです。運動能力も脳が操っています。(運動神経があります)また、ピアノなどの芸術分野も脳が司っています。
 ですので、「知能」は実は曖昧な定義であって、「知能」=「脳の力」と考えてしまうと、実は差がほぼ無いんですね。
 失礼ながら今の東大は誰でも行けます。私が学生だった頃よりも問題がはるかに簡単になっています。しかも、参考書は私の頃よりも遥かに優れています。ですので、極端な話「金とやる気さえあれば」誰でも行けてしまうでしょう。全ての科目に於いて家庭教師を雇った上で一生懸命勉強すれば間違いなく「誰でも」東大へは行けるでしょう。
 補足 もしやる気が十分にあるのなら、アメリカの「ハーバード大学」へ行ってはいかがですか? 世界最高の科学雑誌は英語で書かれています。貴方の文章から察するに、貴方は学問の才能がかなりあるのではないでしょうか。その頭脳を活かして、日本を代表する科学者になるという手もあります。
 東大をこき下ろしてしまい、大変すみませんでした。気に触った方もいらっしゃるでしょう。本当にすみませんでした。参考にしてください。

 こんばんは。
 少なくとも、知能にある程度の遺伝があることは間違いないでしょう。(私の経験上。たとえば、私にとっては簡単に理解できることが同じ年齢の他の方にとっては難しい場合が色々ありました。ただし、勿論逆もあります)たとえば、ガウスさんやアーベルさんなどの「数学の天才」と呼ばれるような人達と私とでは「数学」において圧倒的な差があります。
 では、なぜそのことが取り沙汰されないのか。それは、知能「自体」ではなくて、知能の「方向性」が人によって違うからです。たとえば、ある...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報