痔になりやすい生活習慣とは?

化学の化学反応式の覚え方についてなんですが、例えばプロパンが完全燃焼して、二酸化炭素と水ができるという問題があった場合、答えは3CO2+4H2Oですが、こういうのは答え自体を
暗記して覚える勉強法でいいんでしょうか?何でそうなるかを考えるより3CO2+4H2O自体を
覚えて勉強する勉強法で合ってるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一応今、とある企業で化学を生業としていますが、プロパンの燃焼の反応式なんて覚えてません。

誘導は当然できます。化学は結構覚えるべきことが多いので、考えて判ることまで覚えていると大変ですよ。#1さんがおっしゃる通り、この場合覚えるべきことは
・プロパンはC3H8
・プロパンが燃えると生成するのはCO2とH2O(これも覚えなくていいかも)
だけで、あとはとりあえず
C3H8 + □O2 → □CO2 + □H2O
と係数抜きの反応式を書いて、
左辺の炭素原子が三つなので右辺のCO2も三つ
左辺の水素原子が8個あるので右辺も同数、よってH2Oは4個
すると右辺の酸素原子は10個なので左辺のO2は5個
とかんがえることにより
C3H8 + 5O2 → 3CO2 + 4H2O
となります。場合によってはこの段階で係数が分数になることがあるのであとは両辺に適当な和をかけて係数を整数にします。

この回答への補足

ちょっと質問したいのですが、右辺の酸素原子は10個と書いてありますが何処が10個なのですか?

補足日時:2011/06/05 02:37
    • good
    • 2

#2さんの説明通りですが、



C3H8 + □O2 → □CO2 + □H2O・・・(1)
C3H8 + □O2 → 3CO2 + □H2O・・・(2) 炭素原子の数を合わせる
C3H8 + □O2 → 3CO2 + 4H2O・・・(3) 水素原子の数を合わせる
C3H8 + 5O2 → 3CO2 + 4H2O・・・(4) 酸素原子の数を合わせる

(3)の時点で右辺のO(酸素原子)は、3×2+4×1=10です。
これを左辺とあわせると10/2=5で(4)となります。
    • good
    • 0

覚えるのは、プロパンなど物質の分子式を覚えて、


あとは燃焼で二酸化炭素に変わった炭素の数を合わせていくと考えたほうが、
応用が利きます。
考える癖をつけておかないと、有機化合物の反応出てくると分からなくなりますよ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乙種4類、モル計算

乙種4類を受けますが、モル計算を教えて下さい。

設問は

プロパン(C3H8)88gに含まれる炭素原子の物質量(mol)量は?
6molになるのですが、式が分かりません。

Aベストアンサー

こんにちは。

分子量がNの物質がNグラムあるとき、その中には1モルの分子があります。

C3H8 の分子量は、 12×3+1×8=44

ということは、44グラムで、C3H8 が1モルです。

88グラムあるので、C3H8 が2モルです。
(88÷44=2)

C3H8 の分子1つ当たり炭素原子が3つあるので、
答えは、2モル×3=6モル です。

Q乙種・第4類の試験が5回目なんです。

危険物取扱者の乙種・第4類の試験を受けるのが今回で5回目なんですが、以前に4回試験に落ちました。
僕自身、年齢も44歳で、学歴が中学卒業で、計算が大の苦手です。
やはり物理・化学などが苦手です。
試験前には、受験準備講習会などは参加しています。
受験準備講習会で使用しているテキスト類は、
【法令編危険物取扱者必携】
【平成23年度版・乙種第4類 危険物取扱者 受験テキストの物理・化学危険物の性質・消火】
【平成23年度版・危険物取扱者試験の例題集 乙種第4類】
の3冊で受験準備講習会で使用しました。
あと、インターネットから購入した教科書、向学院が出版している教科書で、赤い表紙の
【乙4類危険物取扱者受験教科書】も合わせて受験勉強を進めていますが、僕自身が勉強不足と言うか、物覚えが悪いと言うかで試験に4回落ちました。
何とかして、この乙種・第4類の免状を取得したいのですが、簡単に合格できる方法無いでしょうか?。
この危険物取扱者の乙種・第4類の試験を受験された方で、皆さんは大体何回目の受験で合格されていますか?。
皆さんのご意見・アドバイスを頂ければ有り難く思います。
宜しくお願いします。

危険物取扱者の乙種・第4類の試験を受けるのが今回で5回目なんですが、以前に4回試験に落ちました。
僕自身、年齢も44歳で、学歴が中学卒業で、計算が大の苦手です。
やはり物理・化学などが苦手です。
試験前には、受験準備講習会などは参加しています。
受験準備講習会で使用しているテキスト類は、
【法令編危険物取扱者必携】
【平成23年度版・乙種第4類 危険物取扱者 受験テキストの物理・化学危険物の性質・消火】
【平成23年度版・危険物取扱者試験の例題集 乙種第4類】
の3冊で受験準備講...続きを読む

Aベストアンサー

以前回答させて頂いたものです。
私が受講した受験準備講習会で使用したテキストは質問文にある向学院の
【乙4類危険物取扱者受験教科書】でしたよ。以前の回答で話したように
『このテキストの問題を3回解けば合格できる』みたいな事が表紙をめくった裏面に
書いてあったような気がします。
私が乙4類受験の時は向学院の【乙4類危険物取扱者受験教科書】のみでしたよ。

私の場合、乙4類取得前は危険物の試験というと乙2類ばっかりで過去に6回受験して
6回とも落ちました。その後4年位受験はお休みして、講習会受講を機に乙4類に
切り替えて1回目で合格、他の類は科目免除の特典を活用して1,2,5,6類は全て1回で
合格でした。ただ、3類だけは2回目でしたね。

先の回答にある
『全35問の6割以上の21問の正解を目指す。また苦手な物理と化学は、
4問さえとればよい。』ですが、これは誤りです。注意して下さい。

危険物に関する法令:15問
基礎的な物理学及び基礎的な化学:10問
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問

上記の3科目それぞれで60%以上の正解率で初めて合格となります。

>何とかして、この乙種4類の免状を取得したいのですが、簡単に合格できる方法
>無いでしょうか?。

私も同世代(43歳)で年上の方には言い難いですが、はっきり言ってありません。
危険物の試験は合格させる為の試験ではなく、落とす為の試験だと私は思います。
文字通り危険物を取り扱う為の資格です。正しい知識を身につけて試験に合格して
初めて取り扱えるわけすから、そんなに甘くはありません。

>僕自身が勉強不足と言うか、物覚えが悪いと言うかで試験に4回落ちました。

1.試験勉強に集中出来る環境で勉強をしていますか?
2.重要なポイントはリストアップできていますか?

私の例ですと、1については仕事先から帰宅して寝るまでの間の時間で1時間程度、
休日は集中的に3,4時間、終日予定がない時は午前、午後とも3時間ずつで夜はやらない。
こんな感じでしたね。
2については、教科書の一言一句を覚えようとすると、頭がパンクしそうになるので、
教科書の中でポイントになりそうなのを見つけてマーキング、後はマーキングした物を
一覧表形式にしてそれで覚える。分からない時は教科書を見て確認する。
2までクリアして初めて、教科書の後ろにある模擬問題を解く。答え合わせをして、
3科目とも60%以上の正解率になれば合格です。
私は向学院の【乙4類危険物取扱者受験教科書】1冊のみをこの方法で勉強して
乙種4類の免状を取得できました。頑張ってください。
あと講習会で、講師の方が
「この部分は良く試験に出ますよ!マーキングして下さいね(アンダーライン引いてよ)。」
って教えてくれる筈ですが?

以前回答させて頂いたものです。
私が受講した受験準備講習会で使用したテキストは質問文にある向学院の
【乙4類危険物取扱者受験教科書】でしたよ。以前の回答で話したように
『このテキストの問題を3回解けば合格できる』みたいな事が表紙をめくった裏面に
書いてあったような気がします。
私が乙4類受験の時は向学院の【乙4類危険物取扱者受験教科書】のみでしたよ。

私の場合、乙4類取得前は危険物の試験というと乙2類ばっかりで過去に6回受験して
6回とも落ちました。その後4年位受験はお休みして、講習会...続きを読む

Q燃焼熱から生成熱を求めるとき

炭素・水素・メタンの燃焼熱から、メタンの生成熱を求めるとき、「メタンの生成熱=炭素の燃焼熱+水素の燃焼熱ーメタンの燃焼熱」で答えが導き出せるようなのですが、どうしてこのようにしてメタンの生成熱が求まるのかがわかりません。
炭素の燃焼熱=二酸化炭素の生成熱、水素の燃焼熱=水の生成熱だということは分かります。

これは、(反応熱)=(生成物の生成熱の和)-(反応物の生成熱の和)という式と何か関係があるのでしょうか。

また、基礎的なことなのですが、生成物はどういったもので、反応物はどういったものだという理解ができていません。簡単に言うと、生成物とは何で、反応物とは何なのでしょうか。

教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>簡単に言うと、生成物とは何で、反応物とは何なのでしょうか。
読んで字のごとくです。そのままです。日本語の問題です。
生成物とは生成する物で、反応物とは反応する物です。
反応物が反応して、生成物が生成します。化学反応式では
 反応物 → 生成物
です。

>どうしてこのようにしてメタンの生成熱が求まるのかがわかりません。
ヘスの法則(総熱量保存の法則)は理解していますか?
反応熱の総量を考える場合、どんな道筋をたどろうと、最初と最後の物質で決まると言うものです。
この法則より、炭素や水素を燃やしてしまうときの反応熱(1)と、炭素と水素からメタンを一旦作る反応熱+メタンを燃やしてしまうときの反応熱(2)は等しくなるはずです。つまり、
Cの燃焼熱+H2の燃焼熱(2mol分)=メタンの生成熱+メタンの燃焼熱

なお、
>(反応熱)=(生成物の生成熱の和)-(反応物の生成熱の和)という式
を知っているのならできないはずがないと思います。
メタンの燃焼の熱化学方程式
 CH4 + 2 O2 = 2 CO2 + 2 H2O + Q
をそのままその式に当てはめればよいのです。
 反応熱Q=(CO2とH2Oの生成熱の総和)-(CH4とO2の生成熱の総和)
生成熱は、(最も安定な)単体から作るときの反応熱なのは当然理解していますよね。
ではO2の生成熱が0となることも自明ですよね。

>簡単に言うと、生成物とは何で、反応物とは何なのでしょうか。
読んで字のごとくです。そのままです。日本語の問題です。
生成物とは生成する物で、反応物とは反応する物です。
反応物が反応して、生成物が生成します。化学反応式では
 反応物 → 生成物
です。

>どうしてこのようにしてメタンの生成熱が求まるのかがわかりません。
ヘスの法則(総熱量保存の法則)は理解していますか?
反応熱の総量を考える場合、どんな道筋をたどろうと、最初と最後の物質で決まると言うものです。
この法則より、...続きを読む

Q1モルを燃焼させるとき必要な酸素

次の物質1モルを完全燃焼させるとき、最も多量に酸素を必要とするのは次のうちどれか?
1)CH4
2)C2H6
3)C2H4
4)C2H2
5)C2H5OH

お願いばかりしてて申し訳ないです

Aベストアンサー

炭素をすべてCO2に、水素をすべてH2Oに変化させるのに必要な酸素のモル数を比較してください。

例えば、
1)CH4+nO2→CO2+2H2O n=2
2)C2H6+nO2→2CO2+3H2O n=7/2
・・
5)C2H5OH+nO2→2CO2+3H2O n=3

同様にして、nを求めた時に一番大きくなるのが答えになります。

Q熱化学方程式からエタンC2H6の生成熱を求めよ。

熱化学方程式からエタンC2H6の生成熱を求めよ。
C2H6(気)+7/2O2(気)=2CO2(気)+3H2O(液)+1560KJ・・(1)

C(黒鉛)+O2(気)=CO2(気)+393.5KJ・・(2)

H2(気)+1/2O2(気)=H2O(液)+285.8KJ・・(3)

を教えてください!!!
Oはゼロじゃないです!!!

お願いします!!

Aベストアンサー

2C(黒鉛)+3H2(気)=C2H6(気)+Q
という形の熱化学方程式ができればいいわけです。従って(2)の2倍と(3)の3倍を加え、そこから(1)を引くといいので、
2C(黒鉛)+2O2(気)=2CO2(気)+393.5KJ*2
3H2(気)+3/2O2(気)=3H2O(液)+285.8KJ*3
2CO2(気)+3H2O(液)=C2H6(気)+7/2O2(気)-1560KJ
辺々加えるとO2とH2OとCO2が消えて
2C(黒鉛)+3H2(気)=C2H6(気)+84.4KJ
となります。

Q化学式の覚え方。

中学2年の頃(13年ほど前です)に勉強したのですが、化学式の覚え方をある先生から習いました。
そのやり方を忘れてしまって・・
どなたかお分かりの方、教えて下さい!

まず元素記号(酸素は0とか)を覚えたあと、化学式を習いました。
沢山ある元素記号のうち、3~5種類は「腕」が2本で、マイナス(あやふやですが、"OH"などだったような…)。
他はプラスで腕が1本だ!というような説明を受けました。

そして化学式の答えを出す際、例えば腕が2本の元素記号が式のどちらかにに含まれていた場合、2本のうち1本を片方に移動して…
などという事をやりながら、答えを出すというものでした。

この説明で、化学式がとても簡単に出来たのを覚えています。
このような方法を教わった方、いらしたら是非、教えて下さい!
お願いいたします。

Aベストアンサー

 No1さんへの補足に対しての回答をいたします。

注)これは典型元素の例で、遷移元素は少し難しくなります。

0本:周期表で18属(一番右)に属するもの
   →ヘリウム、ネオン、アルゴンなど

1本:周期表で1属(一番左)に属するもの
   →水素、ナトリウム、カリウムなど
  周期表で17属(右から二つ目)に属するもの
   →フッ素、塩素、ヨウ素など

2本:周期表で2属(左から二つ目)に属するもの
   →マグネシウム、カルシウム、バリウムなど
  周期表で16属(右から三つ目)に属するもの
   →酸素、硫黄など

3本:周期表で15属(右から四つ目)に属するもの
   →窒素、リン


典型元素ではこういった感じですが、遷移元素については複雑で、同じ属でも手の数が違いますし、ややこしいことに同じ元素でも手の数を変えてしまうこともあります。
例えば、銅は1本のときもあれば2本のときもあります。同様に、鉄は2本のときもあれば3本のときもあります。

この「手」は化学式では、「価標」(下の図で示す短い線のこと)としてあらわれます。一つの手をつなぐと「―」、二つで「=」と表します。

例1)水:H2O

H-O-H

例2)水酸化ナトリウム:NaOH

Na-O-H

例3)酸素:O2

O=O

例4)酢酸:CH3COOH

  H
  |
H-C-C=O
  | |
  H O-H


詳しくは、高校化学関連の資料を探すと見つかると思います。

こういった感じでいかがでしょうか?

 No1さんへの補足に対しての回答をいたします。

注)これは典型元素の例で、遷移元素は少し難しくなります。

0本:周期表で18属(一番右)に属するもの
   →ヘリウム、ネオン、アルゴンなど

1本:周期表で1属(一番左)に属するもの
   →水素、ナトリウム、カリウムなど
  周期表で17属(右から二つ目)に属するもの
   →フッ素、塩素、ヨウ素など

2本:周期表で2属(左から二つ目)に属するもの
   →マグネシウム、カルシウム、バリウムなど
  周期表で16属(右か...続きを読む

Q元素記号の簡単な覚え方を教えてください。

中学生なんですが

明日元素記号のテストです。

いい覚え方とかありますか?

やっぱり語呂合わせとかですかね・・・

よろしくお願いします

Aベストアンサー

必要なのだけひたすら書いて覚えた後、口で言えるように何回も声にだしたらいいと思います。
それかあきらめる!!

Q危険物取扱者 乙4の勉強のしかた 乙種の合格率

危険物取扱者の乙4を来月受験するために勉強中です。
ですが、法律、物性値など、覚えなければならないことが非常に多く、苦戦しています。
全部覚えようとしたらかなりきついと思いますが、出題される可能性が高い/低いなどポイントを絞りこんだ効率的な勉強方法はあるのでしょうか?。

消防署で受験対策の講習をやっているというようなことを耳にしますが、それって役に立ちますか?。お金はかかるのでしょうか?。どうやって申し込んだらいいのでしょうか?。

また、乙種の合格率ですが、4類は約30%であるのに対し、1、2、3、5、6類は約60%ですが、どうしてこれほど合格率が違うのでしょうか?。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全部覚えようとしたらかなりきついと思いますが、出題される可能性が高い/低いなどポイントを絞りこんだ効率的な勉強方法はあるのでしょうか
危険物安全協会の問題集を読み込めばOKだと思います¥も安いですし!
実務編&法令編、乙四の問題集の3冊に別れていますが、すでに勉強をされている(参考書をお持ちのようですでので)乙四の問題集だけで十分です!!
消防署で受験対策の講習をやっているというようなことを耳にしますが、それって役に立ちますか?。お金はかかるのでしょうか?。どうやって申し込んだらいいのでしょうか
申し込みは、消防署に出向いて、その旨を伝えればOKです、たしか 1日で
¥6000円ぐらいだと思いましたが!
その他に、書籍代として¥4000程(上記の3冊の購入を勧められます)
時間と¥に余裕が有るので有ればお勧めしますが、個人的には?です
合格率に着いては 乙四は基本的に入門者向け?ガソリンや灯油と云う身近な物ですが、1-6は実務者向けなのでは無いでしょうか?
ちなみに1類も持っていますが、1時間(試験当日の電車の中)で受かりましたよ!
合格率に関しては 如何に勉強せずに受験されている方が(実務者にしても)多いかと云う事ですよね!

参考URL:http://www.zenkikyo.or.jp/text/index.html

全部覚えようとしたらかなりきついと思いますが、出題される可能性が高い/低いなどポイントを絞りこんだ効率的な勉強方法はあるのでしょうか
危険物安全協会の問題集を読み込めばOKだと思います¥も安いですし!
実務編&法令編、乙四の問題集の3冊に別れていますが、すでに勉強をされている(参考書をお持ちのようですでので)乙四の問題集だけで十分です!!
消防署で受験対策の講習をやっているというようなことを耳にしますが、それって役に立ちますか?。お金はかかるのでしょうか?。どうやって申し込ん...続きを読む

Q2級ボイラー技士の難易度はどの程度ですか?危険物乙種4類より難しいですか?

タイトルの通りなんですが、
2級ボイラー技士の難易度ってどのくらいのものなのでしょうか?
内容が違うので比較は難しいと思いますが、
危険物乙種4類と比べてどちらが難しいですか?
毎日何時間何日勉強すれば合格できそうでしょうか?
ちなみにボイラーや機械の知識は全くありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そうですね~。
レベルは大差ないと思います。
私は両方持ってますが、機械の構造的なものがあったためか幾分、ボイラーの方が取り易かったです。
勉強していて面白く、飽きないのはボイラーの方だと思いますよ。
危険物の方は、似た様な内容が多く、変化に乏しく勉強し難い感じを憶えました。

試験勉強は問題集中心で効率よく覚える事が重要ですが、教本の良し悪しで合格を左右される場合もありますので、しっかり選んだほうがいいですよ。
私は弘文社の本で数種類の資格を合格しています。
ここの本は、お薦め出来ると思います。

受験のアドバイスとしては、書き込み等は鉛筆を用い、消しゴムで消せないような物は使わない事です。
覚えてから消そうとしても消せません。

参考書をざっと流して一度読み、問題集を解きます。
分からないところを徹底的に調べます。
これの繰り返しです。
何度も解いていると出る箇所がわかってきます。
とにかく、問題集がボロボロになるまで解く事です。
毎日2時間の勉強で、1~2ヶ月もあれば合格できるレベルになるでしょう。
2級ボイラーは実務経験が無ければ、講習を受けなければなりませんが、分かってますよね_?

そうですね~。
レベルは大差ないと思います。
私は両方持ってますが、機械の構造的なものがあったためか幾分、ボイラーの方が取り易かったです。
勉強していて面白く、飽きないのはボイラーの方だと思いますよ。
危険物の方は、似た様な内容が多く、変化に乏しく勉強し難い感じを憶えました。

試験勉強は問題集中心で効率よく覚える事が重要ですが、教本の良し悪しで合格を左右される場合もありますので、しっかり選んだほうがいいですよ。
私は弘文社の本で数種類の資格を合格しています。
ここの本は...続きを読む

Q危険物取扱乙4類の試験ってかなり難しいんでしょうか。合格率ってどれくら

危険物取扱乙4類の試験ってかなり難しいんでしょうか。合格率ってどれくらいですか。

Aベストアンサー

一般的には言えません。
あなたがどういう環境にある人かが分かりません。

高校生でしょうか、大学生でしょうか。
社会人でしょうか。化学系の仕事についておられる方でしょうか、全く化学には関係のない仕事についておられるのでしょうか。

レベル的には高等学校の化学、物理の基礎がわかっていれば十分です。
でも合格率は低いです。
高校生を相手にしていましたがほとんど勉強せずに受けに行っています。資格があれば就職に有利になるかもしれない、バイトで有利になるかもしれないというぐらいの動機がほとんどでした。彼らがまず受けるのが第4類です。合格率は低いです。1桁台だろうと思います。

#2にあるように乙全体での合格率が38%、乙4類で32%、その他の類で50%です。この数字から乙4類の受験者の数は他の類(1、2、3、5、6)全体の受験者の数の2倍であるということがわかります。第4類は液体状の可燃物(油、その他)ですから火災に一番イメージがつながりやすいです。とにかく受けてみようという人は皆第4類を受けています。他の類はその物質が関係するような環境にある人が主に受けます。第4類でも仕事で必要という人の場合、他の類と似た合格率だろうと思います。(第4類を持っていて他の類を受ける場合は試験が一部免除になります。合格率が高くなる理由の1つかも知れません。)

仕事に必要であるという方は気持ちの持ち方が違うだろうと思います。何度も行くわけには行きませんから受けるからには通るつもりで行くということになります。テキストを手に入れて勉強して、ある程度勉強が進んで、これならいけそうだと思ってから受験申し込みをやるでしょう。でも、まず申し込んで、試験まで後何日となってからテキストを読み始める高校生が結構います。通るわけがありません。

一般的な化学系の資格ではありません。消防庁の資格です。火災の原因になるかもしれないという物質についてのものです。普通の辞典には載っていない特殊な物質でも、どこかの事業所でその物質が原因の事故が起これば危険物の指定に入ってくるという場合もあります。そういう物質は解説本ごとに構造が異なるというようなことも起こってしまいます。名前しかわからないので構造は推定になってしまうのです。
中学レベルだと思われる内容に特殊な内容が混ざっていると思うような項目もあります。
そういうレベルの違いには一切無頓着に、ただ覚えて済まそうとしている人もかなりいます。そういう人は試験が済んでしまうとややこしいことと一緒に簡単なことも忘れてしまいます。

私はガソリンも灯油もアルコールも生徒の目の前で燃やして見せています。どうやったら消えるかもやっています。火のついたテンプラ油に水をかけるとどうなるかというのも見せています。
危険物の資格を持っている人でもガソリンを燃やして、消したという経験のある方はあまり多くはないだろうと思っています。
でも就職やバイトで有利になるかもしれないというのは「何らかの責任を問われることもある」ということです。資格は取ったら終わりというものではありません。

一般的には言えません。
あなたがどういう環境にある人かが分かりません。

高校生でしょうか、大学生でしょうか。
社会人でしょうか。化学系の仕事についておられる方でしょうか、全く化学には関係のない仕事についておられるのでしょうか。

レベル的には高等学校の化学、物理の基礎がわかっていれば十分です。
でも合格率は低いです。
高校生を相手にしていましたがほとんど勉強せずに受けに行っています。資格があれば就職に有利になるかもしれない、バイトで有利になるかもしれないというぐらいの動...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング