出産前後の痔にはご注意!

 先日青森県八戸市の友人から「にほんたんぽぽ(かんとうたんぽぽ)」の種を送ってきてくれました。
 ところがその友人も株を移植して育てることは出来ても、種から発芽させようとしてもことごとく失敗するそうです。
 どなたか、種から発芽させ生長させるノウハウをご存じでしたら、ご教授いただけませんでしょうか、よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

私も何度も挑戦しつつ失敗続きだったのがたんぽぽの実生栽培です。


ようやく去年成功したのが、単独で種をまくのではなく、他の苗と一緒に育てることで成功しました。
パセリを種から育てるときに、ついでにその鉢にいっしょにたんぽぽの種をまいたのですが
忘れた頃にひょっこり現れて、2年目の今はすくすくとかなり巨大化しています。
たんぽぽ(私の場合もカントウタンポポ)の発芽率は低いようで、1年目にひとつ、
その翌年の今年になってもうひとつ発芽しました(いくつまいたか覚えていませんが・・・)。

とりあえずは、単独だと水遣りとか忘れてしまうものの、
成長の早い別の植物と一緒に入れておくと水遣りを忘れる心配がないということ。
あるいは、庭があれば初めから地面にまいて発芽してから鉢上げするというので良いのかも。
参考になりますか?

ちなみに、「一緒に植える」という方法で、山から採取したサルナシの種まきも成功しています。
なるべく生育環境が似ているもの同士を一緒に育てるのが良い方法なのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。早速友人にメルで知らせてやります。さぞ喜ぶことでしょう。私も挑戦してみようと思っています。

お礼日時:2011/06/30 22:54

たんぽぽの種は軽くて綿毛がありますので、


土に植えても乾燥した時に飛んでいってしまうことがあります。
また、暑さに弱いので日に当てすぎるとうまくいきません。

1.水につけて綿毛が開かないようにする
2.ハサミやニッパーなどで綿毛をカット
3.種の部分だけむしる
4.豆腐のパックなどの入れ物に発芽用の土かぬれたティッシュや脱脂綿をしいて植える
ティッシュや脱脂綿に根をはると植え替えの時に面倒なので、
発芽したら根を張る前に発芽用の土(栄養が少なくかびにくい土)を
しめらせたものに移すのも良いかもしれません
5.常にしめらせた状態にしておき、乾燥させないようにする
6.暑さに弱いので日陰とひなたが半々ぐらいになるような場所に置く
7.徐々に水の量をへらしていき、植え替えの準備をする
8.本葉が出たら根を傷めないように注意しつつ、土に植え替える
9.夏は休眠する暑さに弱い種類なので、風通しの良い場所に置き水やりは欠かさずに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。mammie267さんのお教えとmimy07-48のお教えを友人に送りました。晴れも来年は成功すると良いですがね。私も挑戦してみます。

お礼日時:2011/06/30 23:01

確か蒲公英は、生命力がとても強い花(雑草種?)だから、普通に種を蒔いて欠かさず水遣りををすれば育つと思います。



参考URL:http://www.hanaippai.com/hanadb/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/30 23:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタンポポを栽培したい

庭にタンポポを増やしたいと思っています。

数株根っこから抜いてきて
植えました。

公園のタンポポに綿毛がたくさんあるので
それを栽培してみたいと思うのですが
綿毛をそのまま土に植えれば
そのうち生えてくるでしょうか?

他に、手早く発芽する方法は無いでしょうか?

Aベストアンサー

タンポポは、とても根が深いので移植が難しいのですが、それ自体は成長が早くとても強い植物なので、前の方々がおっしゃるように種を蒔かれると良いでしょう。来年には花が咲くことでしょう。

でも、せっかくなら在来タンポポを育ててください。在来タンポポは、日本固有のタンポポですが、西洋タンポポが幅を利かせて数が大変少なくなっています。数は少なくなっていますが、郊外なら今も比較的見つけることができます。在来種の花期は決まっているので綿毛を採るのは今のうちです。移入種である西洋タンポポは秋までだらだら咲きます。(花だけ見るなら西洋の方がいいのかもしれませんが・・・)なお、どうしても西洋タンポポの方が良いというのであれば、混ざり気のない西洋タンポポをお勧めします。実は、西洋タンポポとされているものの9割以上は、在来種との交雑したものだということがわかってきました。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HAZENOME/Syokubutu/SeiyouTannpopo.html

Qタンポポの発芽は?

ハーブとしてタンポポ茶を普段飲んでいて、買うには通販しかないようだし、近所に沢山生えているので、育ててみようかと思って種を取ってきました。(あぜ道などのは農薬・除草剤を蒔いているので、採取する気にはなれません)

鉢に蒔いてみようとおもうのですが、もしかしてイチゴなどのように、越冬するのが条件なのかなぁ?と思ったもので、質問させていただきます。

冷蔵庫で冷やしてから蒔いた方がいいものですか?

Aベストアンサー

西洋タンポポと、在来種のタンポポとでは、発芽条件が異なります。

西洋タンポポなら、今蒔いても発芽します。
濡れティッシュにタネを置いておくと発芽してきますので、そっと黒ポットなどに移してやってください。

在来種のタンポポは、暑さで休眠状態にはいってしまうので、乾燥した状態で冷蔵庫の野菜室に保存し、秋に涼しくなってから蒔くか、湿らせたピートバンなどに蒔いて、そのまま乾燥しないようにビニール袋に入れて、冷蔵庫内で約2週間保存後、室温に出してください。
たぶん、これで休眠打破できると思います。

参考URLのページにも、詳しく載ってますよ~。(^^)

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~EP3N-KIZM/digicam/digi09.htm

Q白いタンポポ 殖やしたい

近所の土手で白いタンポポを 何年か前に見つけました 種を取ってまいてみたり 根っこを切って植えて見たり いろいろしてみますが 芽が出ず殖えません どうしたら殖やすことできますか?

Aベストアンサー

シロバナタンポポだね。
挿し木という手段もあるよ。即ち、根っこ少し、葉も少しの状態で植えて、葉からの蒸散作用に対応するため、根を生やさせる、というもの。
まだ芽の段階で移植するという手もある。
いずれも、植え替える場所の土は、元の土、またはそれに近いものを用いること。

Qクローバーを芝生代わりに植える事について

来月、生まれてはじめて自分の庭を持つので
今からガーデニング出来るのを楽しみにしている者です。

いつもこちらには大変お世話になっているのですが、
「芝は手入れが大変」「クローバーの庭もステキ」
などという、過去のいくつかの回答を拝見して、
南の芝生を植える予定だった所に、
クローバーの種をまいてみようかな、と思い始めました。

その方が早く「緑の庭」になりそうだし、
お金も掛からず、手入れが楽かなぁ…という理由からです。

そこで、実際にクローバーを植えられた方に質問なのですが、
(1)クローバーを庭に敷き詰めてよかった事はなんですか?
(2)反対に困った事はありますか?
(3)クローバーにはアブラムシがつくと思いますが、
 他の植物に悪い影響などはありませんか?(他の花も植える予定です)

6歳と3歳の子どもがいて、庭では子ども達を遊ばせる予定です。
(草の汁で服を汚すのはかまわないので…)
アドバイス等ございましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるにはかなり無理が必要です。

思い出してみてください。公園でクローバー(シロツメクサ)が密生していることがありますが、それは「部分的」だったのではないですか?芝生の公園の片隅にあるいは芝生に混ざってシロツメクサが生えることはあっても、シロツメクサだけがグランドカバーとして育っているところはまず無いはずです。

根が浅いために、他の雑草が生育しやすく、タンポポやナズナ、その他いわゆる雑草がどんどん増え、結局は何も手入れをしない空き地と同じ荒れた状態になります。冬には根も枯れる部分が必ず出てきますから、翌年は「部分的なハゲハゲ状態」から出発し、再び除草と殺虫の繰り返しです。

一方芝生は、葉よりも根です。早春や初夏には他の雑草が生えてきますので2週間に1度の芝刈りは必要です。けれども、害虫は皆無と言ってよいほどですから殺虫剤は不要です。

年間の管理は芝刈りと若干の施肥だけですので、トータルとしての管理は非常に少ないのです。一度生育してしまえば、メンテナンス費用は非常に少ないのです。

総じて、芝生で「手間とお金がかかる」とお思いの方なら、他のどの植物でもダメです。芝生が最も安価で手間がかからないからです。

■ガーデニングはトライアンドエラーです。私も現在の芝生にするまでに品種や植え方など4年をかけています。クローバーを試すこともなさってもよいですが、徒労に終わることと、お子さんが緑の絨毯で遊ぶチャンスを逸しないことを願います。

■悪いことは申しません。基本は芝生で、日当たりのよい一部分にクローバーの種をまいておき、春にシロツメクサの花が咲いて花輪を作れる程度にしておくことをお勧めします。

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるには...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qれんげ草の種の蒔き方

れんげ草の種をこの秋蒔きたいと思います。
成功する蒔き方を教えてください。

(1) 田んぼに蒔く時期は?
年配の方に聞いたら、まだ田んぼに水があるうちに(刈り取る前に)蒔かないとダメだ。と言います。
本などで調べると、稲を刈り取った後でも良いと書いてある。(どちらでも良いと書いてあるものもある。)
どちらが良いのか?

(2)また、刈り取り前に蒔くと、稲刈り時にコンバインなどが入り踏み潰す可能性があるが、それでも刈り取り前にまいても良いのか?。

(3) 蒔く土地は耕して蒔いたほうが良いのか?
  耕したほうが良いとなると、(1)の刈り取り前では不可能となる。

質問の要点は、年配の方が経験上語っていることを信じたいが、矛盾点がある。本などと違う点がる。
現在、水稲を栽培している田んぼに、れんげ草を来春咲かす為の工程を教えてください。
なお、栽培地は長野県南部です。
  

Aベストアンサー

#2です。回答の仕方が悪かったですね。

(1)に関して
先ほど書いたように早めが望ましいと思います。地域性を考えると水があるうちでよいかと思います。(秋に乾燥しない、前作の水稲が早期栽培のもので収穫が早いということでしたら、刈り取り後でも良いとは思いますが、一定のリスクはあります)

(2)に関して
コンバインが踏んで良いということはないですが、その程度で生育は阻害されません。

(3)に関して
他の植物同様、本来は耕した後の方が生育が良いと思います。ただ(1)に関する時期の制約があろうかと思いますので、どちらかと言えば時期を優先されるべきかと思います。

Q【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?
あのポットのまま庭に飾ってる人なんていないんですか?

●花屋でポリポット入りの花?を買ったら、家に持ち帰ってズボッと中身を抜いてテラコッタへ移せば完了ですか?
そもそも花屋で買った物は必ず鉢やポットに移し変えるのが常識なんですか?

●栄養のある土(培養土?)ってよく売ってますが、アレってポットやテラコッタを使う人には必要ないですかね?
それとも土をポットなどに敷き詰めてそこへ買ってきた花?を植えるんですか?

以上、宜しくお願いします。

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?...続きを読む

Aベストアンサー

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入れるより、最初からポットに土を入れた方
が作業がはかどり、人件費も少なくなり価格を上乗せする必要も無くな
ります。家庭でも農家でも、最近ではポットに種蒔きをする人が増えて
いるようです。

ポットに入っている物ですが、花の苗であったり野菜の苗だったりしま
す。ほとんどのポットにはラベルが付けられているので、この苗が何の
植物なのかはラベルを見れば分かります。
樹木の苗に使用されている時は、ラベルは幹に付けられています。

先程に説明しましたが、ポットは一時的に使用する仮の鉢なので、この
まま鉢として使うのは出来ません。素材が黒いため太陽光線で得た熱で
鉢内が蒸れて根を痛めてしまうからです。また植物は生長と共に根を張
らせますから、ポットが破けたりして栽培が出来なくなります。

移植する時にはポットを外し、花壇や土が入った鉢に植えれば作業完了
になります。植物の種類によっては土を少し崩してから植え付ける物も
ありますが、普通はポットを外した状態で移植をします。

培養土とは栄養がある土ではありません。培養土の中に最初から肥料が
混ぜられてあれば、その培養土には養分が含まれている事になります。
そうでなければ、培養土に含まれている栄養は微量ですから、肥料を与
える時期には新たに肥料を施さなければいけません。植物を栽培する時
に、栽培する植物に適応するように作られた土と思って下さい。

テラコッタとはイタリア語で、素焼きの土器と言う意味があります。
1000℃から1300℃の温度で焼かれた焼き物の鉢ですから、通常
は培養土を入れて植物を栽培します。ポットに使用されている土の量と
テラコッタの空間を見比べて下さい。ポットの土の量だけで足りると思
いますか。足りませんよね。

ガーデニングには色んな作業があります。超初心者の方に全てを説明す
るのは難しいので、書店に売られている「はじめての」と書いてある本
を購入して、少しづつ勉強されて下さい。始めは難しいかも知れません
が、慣れてくれば楽しくなります。

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入...続きを読む

Q植物はビニール温室で冬が越せますか?

オリヅルランやアロエ、多肉植物などをいつもは家の中へ入れるのですが、
沢山増えてしまいおくところがなかなか有りません。
ネット等で売っている簡単なビニール温室を外において使おうと思うのですが、
これで冬は越せるのでしょうか。
みなさんはどのようにされていますか。
よろしくお願いいたします。 

Aベストアンサー

お住まいの地方にも寄りますが、無理です。
ビニール温室で、電球で保温する物は屋内用です。屋内でどこか空いている所がないと無理です。

それとは別に、アロエが何鉢有るのか判りませんが、アロエを鉢から抜いて土を下ろして新聞紙に包んで茶の間等の部屋の上に置くとか、ぶら下げておけば来年春まで生きています。
(額が飾ってあるならその裏とか、わたしは神棚に上げて置いた事があります)
この方法ですと、アロエの葉が薄くなっても春に植え付ければ又成長しますよ。

Qエノコログサは栽培できますか。

うちの猫が、エノコログサの葉っぱが大好きで、見るとあっという間に丸はげになるくらいにきれいに食べてしまいます。
ですが、道端に生えているのは何がかかっているか(人や犬のお○っことか…)分からないし、心配なので自分で栽培できないか考えています。
これって一般的に「雑草」のように扱われているので、種を売っているのを見たことがないのですが、どうやって増やせるでしょうか?
庭にちょっとは生えているので、それを採ってきて増やすことができればそれでもいいのですが…。

市販の「猫の草」(えんばくなど)も食べることは食べるのですが、エノコログサが一番よく食べるので、好きなときに食べさせてあげたいのです。

増やしたことがある方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エノコログサの穂の部分を、子供が取ってきて、遊んだ後、庭にぽいっと捨てていた時期があったんです。
すると、翌年、えらいことになりました。(~_~;)
つまり、穂の部分からタネが落ちて、雑草林になってしまったというわけで。(^^ゞ

これから夏にかけて、穂が成長する時期なので、ある程度、穂の中の実(タネ)が大きくなったものを採ってきて、しばらく陰干ししていると、茶色くなってタネがこぼれるようになります。
これを、蒔いておけば生えてくると思いますよ~。
ただし、生えてくるのは翌年になるので、手っ取り早くするなら、やはり株ごと引っこ抜いてくるのが良いかと思います。

Qヤマブキの増やし方

家の近所の土手に八重のヤマブキが沢山咲いていてとても綺麗なので、自宅でも増やしたいと思っています。
やはり増やすときは挿し木なのでしょうか?
もし、挿し木をするとして、どのようにすれば増やすことが出来るでしょうか?
(実は同じく土手に咲いている雪柳の挿し木で失敗してしまい枯らしてしまった経験があります)
ご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

山吹や雪柳が群生している土手なんて、なんて素敵なんでしょう!!
どちらも私の大好きな木です。
雪柳は梅雨の季節に、ただ土に挿して置くだけで殆ど 根を出し、その成長は目を見張るばかりです。
さて、我が家では去年迄毎年一重の山吹の花が咲き、切花にして楽しんでいました。
ところが、ある年配の方から『山吹は実がならない木なので、昔から出来れば屋敷の中には植えない方が良いと言われてますよ』とのアドバイスをうけ、今は街路樹の脇に植え替えて楽しんでおります。
植えない方が良いのでは?と言われている木はまだまだ在りますが、老婆心とは思いましたがお知らせ致しました。
すこし根を付けて植えると大丈夫ですよ(*^▽^*)


人気Q&Aランキング