中和滴定の原理を教えてください。宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

中和滴定とは、酸塩基滴定ともいわれ、酸と塩基の定量的な中和反応を利用する滴定です。


 酸あるいは、塩基の試料に塩基あるいは酸の標準液を滴下していき、その消費量から、試料の濃度を求めます。
 このとき、中和反応は、理論的には、当量点において終結するわけですが、それを検出する手段として通常、酸塩基指示薬が用いられます。
 指示薬によって検出される反応の終点は、滴定終点ともいわれ、当量点とは区別されます。
 指示薬としてはできるだけ反応の終点近くのpHで鋭敏に色調の変化するものを選びます。
 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。こんなに早く返答を頂けてすごく助かりました。本当にありがとうございます。

お礼日時:2003/10/31 23:34

理科か化学の教科書を調べよう。


すぐみつかるはず。
水素イオンと水酸化物イオンの反応のことですよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。早速高校の時の教科書を引っ張りだして調べてみようと思います。

お礼日時:2003/10/31 23:35

酸性とかアルカリ性の液体があるとして、そこには酸性かアルカリ性なら色のでる何かが入っていて、そこにピペットでちょつとづつ反対性の液体を入れていくと、中和されて中性になったとき色が消える。


もともとの液体の量と、入れた液体の量と強さがわかれば、もともとの液体の強さがわかる。

 これではないでしょうか。
中学校か高校で習いました。あれから40年も経っているけど覚えていました。
人生で一度も役立ったことのない知識でした、私の場合。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

迅速な回答どうもありがとうございます☆参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/10/31 23:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中和滴定曲線の形を決定する要素

高校範囲です

中和滴定曲線の形を決定する要素は何があるのですか?

(1)純物質の酸と純物質の塩基の中和ならば
一価の酸と一価の塩基で中和滴定を行った場合の概形は単純なhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Titration-HCl-NaOH.jpgとなりますよね。

しかし多価の酸と一価の塩基 一価の酸と多価の塩基 多価の酸と多価の塩基
などで滴定した場合はどうなるのでしょうか

(2)↑さらに混合水溶液の場合などはどうなるのでしょうか?
 



(3)純物質の酸と純物質の塩基の中和ならば
中和滴定曲線の左端と右端の高さは滴定する物質とされる物質によって決定されると考えて
よろしいでしょうか?
例:強酸を強塩基で滴定するならば中和滴定曲線左端は低く 中和滴定曲線右端は高い
例:強酸を弱塩基で滴定するならば中和滴定曲線左端は低く 中和滴定曲線右端はやや高い

(4)↑ならばどちらかが混合物だったらどうなるのでしょうか?






(5)純物質の酸と純物質の塩基の中和ならば、中和点の高低は生成される塩によって
決定されると考えていいでしょうか?(加水分解により)

(6)↑しかしどちらかが混合物だった場合はどうなるのでしょうか?
例:水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合物を塩酸で滴定

高校範囲です

中和滴定曲線の形を決定する要素は何があるのですか?

(1)純物質の酸と純物質の塩基の中和ならば
一価の酸と一価の塩基で中和滴定を行った場合の概形は単純なhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Titration-HCl-NaOH.jpgとなりますよね。

しかし多価の酸と一価の塩基 一価の酸と多価の塩基 多価の酸と多価の塩基
などで滴定した場合はどうなるのでしょうか

(2)↑さらに混合水溶液の場合などはどうなるのでしょうか?
 



(3)純物質の酸と純物質の塩基の中和な...続きを読む

Aベストアンサー

要するに酸塩基平衡の問題で、それぞれの時点でのpHは溶液の構成成分の解離度等によって決まります。

すなわち、それぞれの酸には酸解離定数Kaというものがあり、その構成成分の水溶液における解離は式で表されます。それを全ての成分について調べて、連立方程式を立て、それを解けばそれぞれの時点でのpHを計算することはできます。2価や3価の酸、塩基であればそれぞれの解離段階に応じて複数の酸解離定数を有していますので、式の数が増えます。
結局はそういった要因が折り合いを付けることができる点はどこかという話になるわけです。

ちなみに、片方が2価というのであれば2段の滴定曲線になります。3価であれば3段になるでしょう。両方が2価であればどうなるかは知りませんけど、その組み合わせによりけりじゃないですか。上述のように計算すればわかるはずですけど、面倒そうであることは明らかなので計算する気にはなりません。

混合物であれば、大ざっぱな話として、強い酸や塩基の方が優先して中和されることになりますけど、酸性度が接近している場合には完全にそうなるとは限りません。


http://ja.wikipedia.org/wiki/中和滴定曲線

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/酸解離定数

要するに酸塩基平衡の問題で、それぞれの時点でのpHは溶液の構成成分の解離度等によって決まります。

すなわち、それぞれの酸には酸解離定数Kaというものがあり、その構成成分の水溶液における解離は式で表されます。それを全ての成分について調べて、連立方程式を立て、それを解けばそれぞれの時点でのpHを計算することはできます。2価や3価の酸、塩基であればそれぞれの解離段階に応じて複数の酸解離定数を有していますので、式の数が増えます。
結局はそういった要因が折り合いを付けることができる点はどこ...続きを読む

Qどうして中和滴定と酸化還元滴定は計算方法が違うのですか?

よろしくお願いします。

問題は、0.252gのシュウ酸の結晶を水にとかして正確に100mlとし、その中から、25.0mlをとり、硫酸で酸性にした。これを暖めながら0.010mol/lの過マンガン酸カリウム水溶液を少量ずつ加えて反応をちょうど完了させた。この滴定で、過マンガン酸カリウム水溶液は何ml必要か?という問題です。

私は、中和滴定と同じ方法で、シュウ酸の濃度*25/1000*2(シュウ酸の価数)=x/1000*0.01
としました。過マンガン酸カリウムの価数は?でした。

が間違っていました。解答は、判反応式を用いてまったく別の方法でした。

そこで質問なのですが、まず、

○同じようなことをしているのに、計算方法が違うのはどうしてですか?

○問題文中からそれが中和滴定か酸化還元反応のどちらかだと決める決め手はなんですか?

○中和滴定の場合、中和点でH+の濃度とOH-の濃度が等しくなっているので、それを元に立式しますが、酸化還元滴定の場合は反応が完了したときというのは、中和している、つまりH+の濃度とOH-の濃度が等しくなっているのでしょうか?

勉強不足の結果ですが、どなたかアドバイスをお願いします。!

よろしくお願いします。

問題は、0.252gのシュウ酸の結晶を水にとかして正確に100mlとし、その中から、25.0mlをとり、硫酸で酸性にした。これを暖めながら0.010mol/lの過マンガン酸カリウム水溶液を少量ずつ加えて反応をちょうど完了させた。この滴定で、過マンガン酸カリウム水溶液は何ml必要か?という問題です。

私は、中和滴定と同じ方法で、シュウ酸の濃度*25/1000*2(シュウ酸の価数)=x/1000*0.01
としました。過マンガン酸カリウムの価数は?でした。

が間違っていました。解答は、判反応式を用...続きを読む

Aベストアンサー

NO3です。

流れを断ってしまって申し訳ないのですが、
中和反応について少しだけ発言させてください。

質問者様は、
>中和点でH+の濃度とOH-の濃度が等しくなっているので
といわれていますが、中和の意味を正しく理解されておられますか?

水のイオン積というものがあります。(ご存知でしたら申し訳ありません。)
[H+][OH-]=1.0×10^(-14) (at 20℃)
とH+の濃度とOH-の濃度の積は常に一定になっているのですね。

もしも「[H+]=[OH-]が中和点」と考えてしまいますと
[H+]=[OH-]=10^-7 すなわち pH=-log[H+]=7(中性)
が中和点ということになってしまいます。



たとえば酢酸(弱酸)と水酸化ナトリウム(強塩基)の中和反応式は
CH3COOH + NaOH → CH3COONa + H2O
であります。

この反応で生成する酢酸ナトリウムCH3COONaは
これ自体が水の中で弱塩基性を示す物質ですから
上記の中和反応が過不足なく起きたとき溶液は弱塩基性を示します。

中和反応が過不足なく・・・というのが中和点の定義そのものですから
この反応の中和点はアルカリ性にずれ込みます。
すなわち中和点では[H^+]<[OH-]となっているのです。



“反応する物質が放出できる”という意味で
「H+の濃度とOH-の濃度が等しくなる」
とおおせなのだとは思いますが、
試験などではそこまでは汲み取ってもらえません。

物事の定義を厳密には理解できていなくても、
“己の考え方”の範囲ならばそれで構わないのです。

ただ、その範囲を超えたとき(テストなどでは)
思わぬ痛手をくうことになりますので(経験あり^^;)
ご注意ください。


お節介すぎかもしれませんが
どうしても気になりましたのでご指摘申し上げました。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E3%81%A8%E5%A1%A9%E5%9F%BA#.E4.B8.AD.E5.92.8C.E3.81.A8.E5.A1.A9

NO3です。

流れを断ってしまって申し訳ないのですが、
中和反応について少しだけ発言させてください。

質問者様は、
>中和点でH+の濃度とOH-の濃度が等しくなっているので
といわれていますが、中和の意味を正しく理解されておられますか?

水のイオン積というものがあります。(ご存知でしたら申し訳ありません。)
[H+][OH-]=1.0×10^(-14) (at 20℃)
とH+の濃度とOH-の濃度の積は常に一定になっているのですね。

もしも「[H+]=[OH-]が中和点」と考えてしまいますと
[H+]=[OH-]=10^-7 すな...続きを読む

Q中和滴定

中和滴定

アンモニア水の濃度(%)を中和滴定で測りなさいと言う問題を出題されましたがどう計算したら良いのでしょうか?

N/10塩酸 f=1.0238   試料 0.45(g)  滴定量 18.5(ml) でした。

Aベストアンサー

中和するのに必要な塩酸のモル数は1/10*1.0238*18.5/1000=1.89*10^-3 molです。

アンモニアはNH3で分子量が15なので、15*1.89*10^-3=0.02835gのアンモニアが含まれているとわかります。

後は、試料の量で割って0.02835/0.45*100=6.34wt%と出ます。

Q中和滴定 中和当量点

約0.1M水酸化ナトリウム溶液を0.1MHCl標準溶液10mlで中和滴呈した時の中和当量点でのPHってどうやって求めるんですか?

Aベストアンサー

それはpHメーターでも使わないと求まりません。
そもそも問題提起が変です。
>0.1MHCl標準溶液10ml
って決まっているのはなぜ?
相手は、
>「約」0.1M水酸化ナトリウム溶液
なのに。
逆に、塩酸標準液を水酸化ナトリウム水溶液でフェノールフタレインを指示薬として滴定するのならごく普通ですが。
なお、その中和点のpHも「分かりません」。なぜならフェノールフタレインってpH8以上で着色するから。
指示薬は当量点を「通り過ぎた後」で発色する物を使わないと役に立たないんです。

Q中和滴定(再)

CH3COOH+C2H5OH→CH3COOC2H5+H2O
        ←

この可逆反応で混合物中の酢酸を中和滴定で
求めることが出来ると書かれてる本があります。

C2H5OH,CH3COOC2H5,H2Oは中性だと私は思ったので
混合物中の酸はCH3COOHだけだから
その濃度を求めれば中和滴定可能と思いました。

ですが、下の欄に
逆反応が生反応に比べて遅く無視できるので
中和滴定可能であると書かれてあり、その意味が
よく解らないです。


そしてここで質問した際、

中和滴定すると酢酸が中和され、
平衡を保とうと逆反応側へ促進されますが、
その速度が遅いので可能。
反応速度が早いとどんどん酢酸エチルから
酢酸が生成され、平衡状態の酢酸濃度は測れない。



と1度回答を受け質問を締め切ったのですが


正反応と逆反応どちらも早い場合、
時間をかなりおけば平衡状態になり
濃度一定になるので中和滴定可能にならないのか?
と思い再び質問を出しました。

すみませんが回答よろしくお願いします。

CH3COOH+C2H5OH→CH3COOC2H5+H2O
        ←

この可逆反応で混合物中の酢酸を中和滴定で
求めることが出来ると書かれてる本があります。

C2H5OH,CH3COOC2H5,H2Oは中性だと私は思ったので
混合物中の酸はCH3COOHだけだから
その濃度を求めれば中和滴定可能と思いました。

ですが、下の欄に
逆反応が生反応に比べて遅く無視できるので
中和滴定可能であると書かれてあり、その意味が
よく解らないです。


そしてここで質問した際、

中和滴定すると酢酸が中和され、
平衡を保とう...続きを読む

Aベストアンサー

>正反応と逆反応どちらも早い場合、
時間をかなりおけば平衡状態になり
濃度一定になるので中和滴定可能にならないのか?
と思い再び質問を出しました。

そもそもの議論は、はじめ(中和滴定開始前)の反応系の平衡に対するもののはずです。しかるに中和滴定でNaOHを加えればその平衡は移動します。そうはいいながらも、酢酸エチルの加水分解速度が遅いので、中和滴定の最中の平衡の移動は無視できると言うことです。
ところが、正逆両方の反応(というより酢酸エチルの加水分解)が速かったとすれば、滴定の最中にも酢酸エチルの加水分解がどんどん進み、最終的にはすべて酢酸(あるいはそれが中和された酢酸ナトリウム)になってしまいます。したがって滴定結果は酢酸と酢酸エチルの量の合計を表すことになります。求めたい結果がそれであるならばよいのですが、そうではありませんよね?そこが問題なんじゃないですか?

Q中和滴定と中和点と指示薬

メチルオレンジの変色域は3.2~4.4
フェノールフタレインの変色域は8.3~10.0

強酸+弱塩基は中和するとほとんど中性で中和点は7くらい


として、この実験でメチルオレンジの変色域をつかうとすれば、
 ・ そもそも、メチルオレンジは3.2未満では赤色をしていて、4.4より上では黄色、その間では黄~赤へと徐々に変化する、ということなんですか?
 ・ 中和点は7くらいのはずなのに、変色域の上限が4.4ではどうすれば中和した、と分かるんですか? 中和滴定曲線では、変色域より上の7あたりに中和点があるので。(pHジャンプなので、黄色になった瞬間から中和点に一気にいくから、と思ったけど、細かく見れば垂直ではなく若干斜めなので違うかな、と。入れる量が0.1ミリリットルくらいなので、曲線がそもそもアバウトなので、中和点も結構アバウトなのかな、と。)
 ・ 逆にフェノールフタレインではどうなるんですか

Aベストアンサー

まあ、ご自分で結論を得られていたのに……
「pHジャンプなので、黄色になった瞬間から中和点に一気にいくから」
これが正解です。

ところで、強酸と弱塩基の中和だと、中和点は7よりは小さいですね

以下説明
中和点付近では滴下量に対するpHの変化が非常に大きいから。
中和滴定開始直後は0.1mLの滴下量でおこるpH変化は0.1も無いけれど、
中和点付近では0.1mLの滴下量でもpHは2とか3とか一気に変化することも起こりうる。
だから、pHが4.4を過ぎてるの滴下量と、pHが5や6であるときの滴下量にほとんど差がない。

中和点付近を変色域とする指示薬が中和滴定に利用できるのはそういった理由による。

フェノールフタレインだと、中和点を過ぎてしまい再びpHの変化が緩やかになってしまい、
フェノールフタレインの変色するころの滴下量と中和点での滴下量に大幅な差があるので使用できない。

Q中和滴定曲線

中和滴定曲線についてですが、なぜ中和点での水溶液は必ずしもph7にならないんですか?中和滴定って中和の時はいつか調べるやつじゃないんですか?

同様に、中和点が2こあるやつもわかりません。

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

簡単に説明すると、
中和反応では酸と塩基の反応により、水と塩が出来ます。
このうち塩は大抵水に溶けてイオンの状態になっています。
この時、用いた溶液が弱酸(酢酸など)、強塩基(水酸化ナトリウムなど)だったりすると、
出てきた弱酸のイオンは、ほとんどが水からH+を奪ってもとの弱酸に戻ります。
その結果、中和点でも水中にはOH-が多く残ることになります。
pHが示しているのは酸や塩基の量ではなく、あくまで水中のH+の濃度ですから、
OH-が多くなっている状態だと、pH7より大きくなります。

これが中和点でもpH7にならない理由です。

ちなみに中和滴定は中和の時はいつかを調べる、という目的より
濃度がわからない酸(塩基)の濃度を、濃度がわかっている塩基(酸)で調べる目的でよく使われます。

中和点が2個あるものは、2価以上の酸(塩基)だと、H+の数で弱酸か強酸かが変わるため、
中和点が2個できてしまいます。(H2SO4など)

Q中和滴定曲線についてですが図のように10mlぴったり入れると中和するけど10mlぴったり入れるのは難

中和滴定曲線についてですが図のように10mlぴったり入れると中和するけど10mlぴったり入れるのは難しい。
少しの滴下量のずれで急激にphが変化するので大体水溶液がph2.5からph7までであれば中和したとみなす。
よって変色域がph3.1からph4.4のメチルオレンジを使うことにする。
滴下していったときにメチルオレンジが変色すれば水溶液のphはph3.1からph4.4であるから中和したと考えることができる。
この考えで大丈夫ですか?回答お願いいたします!

Aベストアンサー

強酸と弱塩基の中和滴定の時メチルオレンジ、
弱酸と強塩基の中和滴定のときフェノールフタレイン
を用いる。
強酸と強塩基の中和滴定なら、どちらを用いてもよい。

なのでしょうか。記憶をたよりに答えています。

Q弱酸の中和滴定で終点が分かりにくい理由

シュウ酸の定量において、弱酸の終点は分かりにくいのでNaOHとの中和滴定よりもKMnO4との酸化還元滴定の方が一般的なのでしょうか??
また、弱酸の中和滴定の終点が分かりにくい理由・弱塩基の場合も分かりにくいのかどうかを教えて下さい。

Aベストアンサー

強酸や強塩基なら濃度や共存する酸・塩基濃度に関係なく100%電離しています。この組み合わせでは中和点はpH7であると考えて良く、中和点はシャープな一点になります。

電離度が低い弱酸(あるいは弱塩基)は、分子の一部しか電離しません。電離している割合は濃度が低ければ高く、高ければ低くなります。また、弱酸(弱塩基)は塩基(酸)が共存するとその量に応じて電離する割合が多くなります。

弱酸を強塩基であるNaOHで中和した場合、中和点のpHは塩基性側に寄りpH7になるとは限りません。等当量の弱酸と強塩基を混ぜた場合、強塩基は100%電離するのに対し、弱酸の一部は未電離状態であるためです。
また、弱酸と強塩基の塩で作る緩衝液を考えてもらうと良いのですが、中和点付近では強塩基を滴定していってもpHが変化しない緩衝域があります。塩基が増えていった分だけ未電離だった弱酸が電離するためpHが変化しないのです。こうなると、一点の中和点はわかりにくいということになります。

Q中和滴定~食酢の滴定~

高1生です。
中和滴定の実験のレポートをまとめなければならないのですが、
わからない点があります...
中和滴定の実験を行う際に、
フェノールフタレインを使用するのは何故ですか?
中和曲線の3つのグラフを使って説明せよ。
となっているのですが、
根本的によくわかりません><;
教えて下さい!!
宜しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

中和曲線のグラフは三つ
強酸-強塩基(アルカリ):急激なpH変化
弱酸-強塩基:酸側がなだらか
強酸-弱塩基:アルカリ側がなだらか
フェノールフタレンの発色はちょっとアルカリ側にずれています。
だからアルカリで滴定するとき酸側がなだらかでアルカリ側が急に立ち上がる滴定に向いています。
逆に酸側にずれている指示薬を使うと酸側がなだらかなためどこが終点か分りません。
このことは教科書には書いていないと思います。


人気Q&Aランキング