ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

塩化カルシウムは、強塩基と強酸の化合物、なのに中性ではなくアルカリ性を示すのでしょう?

Ca(OH)2+2HCl→CaCl2+2H2O

A 回答 (2件)

Ca^2+は、次のようにOH^-と錯体を作る性質が少しあります。


Ca^2+ + OH^- ⇔ [Ca(OH)]^+ ;平衡定数 K=20

よって極僅かに加水分解を起こす事により、極めて弱い酸性を示すかも知れません。
Ca^2+ + H2O ⇔ [Ca(OH)]^+ + H^+ ; 平衡定数 Kw*K=2*10^(-13)

だから塩基性を示す事は考え難いですが、弱~い酸性を示す可能性はあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明有り難うございました。

お礼日時:2008/07/12 18:56

>強塩基と強酸の化合物、なのに中性ではなくアルカリ性を示すのでしょう…


一般に塩化カルシウムは「化学屋」の間では「酸性」を示す可能性が高いと信じられています。
ですので、塩基の乾燥には使いません。
もちろん酸の乾燥には使えません。不揮発酸と混ずるとHClガスを発生する方へ平衡がずれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実はあるHPの塩化カルシウムの取扱いの注意で、塩カルは微アルカリ性と書かれてまして、疑問に思い調べたのですが良く解らなかったので投稿しました。
そのHPは:http://www.osumi.or.jp/filton/cacl2/cacl2.htm
解答有り難うございました。

お礼日時:2008/07/12 18:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭酸ナトリウムを水に溶かした時の最大Phは?

炭酸ナトリウムを入浴剤用に購入しようと思い、その安全性について調べているのですが、もし、出来るだけ多くの炭酸ナトリウムを水に溶かした時に、その水溶液のPhはどのくらいになるのでしょうか?

ちなみに私は化学はまるで素人なので、出来ましたら、計算式等と共に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 なんでこう、化学に関して素人だと仰る方の質問に対して、数値が知
りたいという問いにちゃんと計算して応えることの出来ない人がこうも
多いんだろうね? 迷惑だよ。

 私が所望の計算を致します。他の方々のコメントがなくても済むよう
にお答えしますね。必要な知識は、高校の化学の教科書や参考書にある
平衡定数の考え方です。
 炭酸ナトリウム水溶液の濃度が仮に 0.1 mol/L(=10.6 g/L)である
として、その pH を計算してみます。考え方は、参考 URL にある「酢酸
ナトリウム水溶液の加水分解」と同じです。

 炭酸は2段階電離をしますが、その第2段階の電離定数を Ka、水のイ
オン積を Kw、炭酸水素イオンの電離の逆反応の平衡定数を K とします。
簡単な計算から、K = Kw/Ka であることが分かります。
 水溶液中で、炭酸ナトリウムはほぼ完全に電離し、生じた炭酸イオン
の一部が炭酸水素イオンに戻ろうとしますが、その割合を x とし、便宜
上 C = 0.1 (mol/L) と置くと、x が 1 より充分小さいという近似の下
で x = √(C/K) となります。
 水酸化物イオン濃度 [OH^-] の値が [OH^-] = Cx 、水素イオン濃度
[H^+] が [H^+] = Kw/[OH^-] ですから、以上を用いて
[H^+] = √(Ka・Kw/C)
...となります。さて、pH は常用対数 log を用いて
pH = log(1/[H^+])
と定義されますから、あとは数値を放り込んで計算するだけです。
 代入すべき数値は、
Ka = 4.7×10^{-11} (mol/L) ;炭酸の第2段階電離定数
Kw = 1.0×10^{-14} (mol^2/L^2) ;水のイオン積
...と上記の C = 0.1 (mol/L) です。これらを用いて、求める値は
pH = -1/2・log(Ka・Kw/C) = 11.7(有効数字3桁)
です。常温(25℃)での中性だと pH = 7.0 、人間の体液における
値の典型値が pH = 7.4 だから、かなり強い塩基性ですね。
 濃度を C = 0.001 mol/L(上記の 1/100)にすると、pH = 10.7
くらいになります。

 参考までに、白馬八方温泉の温泉水の値で、pH = 11.3 くらいだそう
です。かなり強いアルカリ性の温泉も存在します。
http://www.goryukan.jp/spa/index.html
 入浴剤として使う場合の注意としては、強アルカリ性の温泉に入浴す
るときの注意点と同じです。当該の温泉地に問い合わせてみては如何で
しょうか?

参考URL:http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter3/lecture5/lect3052.html

 なんでこう、化学に関して素人だと仰る方の質問に対して、数値が知
りたいという問いにちゃんと計算して応えることの出来ない人がこうも
多いんだろうね? 迷惑だよ。

 私が所望の計算を致します。他の方々のコメントがなくても済むよう
にお答えしますね。必要な知識は、高校の化学の教科書や参考書にある
平衡定数の考え方です。
 炭酸ナトリウム水溶液の濃度が仮に 0.1 mol/L(=10.6 g/L)である
として、その pH を計算してみます。考え方は、参考 URL にある「酢酸
ナトリウム水溶液の加水分...続きを読む

Q至急です。塩化カルシウム?について

家庭用の吸湿剤を倒してしまいタンクの中に高濃度?の塩化カルシウム水溶液?がフローリングにおぼれてしまいました。つい、水の感覚でふき取ろうとしてもふき取れず、常にじめっと床に浮いているようです。手は荒れてしまうし、どうしたらふき取れるんでしょうか。

Aベストアンサー

防虫剤と吸湿剤とが組み合わさったものということですが
塩化カルシウムは気にする必要はありません。濃い食塩水と同じようなものと思って頂けたらいいと思います。少量なら口に入っても大丈夫です。道路の融雪剤に使っているものです。テニスコートの加湿剤にも使っています。食品添加物にもなっています。
べたべたするのは濃い食塩水でも同じような感じです。扱い方も同じです。濡れたぞうきんでていねいに拭きとることになります。
塩化カルシウムに重曹を加えても反応は起こりません。床を余分に汚すだけになります。
防虫剤の方には注意が要るでしょう。これは口に入ったり、食器に付いたりすると良くありません。種類や量が分かりませんのでこれ以上は何とも言えません。でも元々除湿が主で防虫は付加的なものであると思いますので量は少ないでしょう。

Q融雪剤の塩害

塩カリなどの凍結防止剤が、
及ぼす塩害、特に水質にどのような影響を及ぼすのかが、
知りたいのです。
なにを調べればいいのかだけでもよいので、
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先ず持って、「何のために知りたい」のかが不明で、回答
に困ってしまいました。
例えば、tunkeさんが地方公共団体等におつとめで、自分
の地域に融雪剤散布をしているのだが、これの害の有無を
事前に予測したい等々なら、有る程度明確な事も書けるの
ですが......。
といいますのも、広範囲に散布される融雪剤の塩害は非
常に難しい問題でして、限られた紙面では書き切れ無い
ほどの事柄です。
そこで、アウトラインだけを列記してみます。

まずは、基本的なことを。
現在、融雪剤(凍結防止剤)には、一般的に塩化ナトリ
ウム、塩化カルシウム、塩化マグネシウム、岩塩などが
主流で、一部には大理石加工品も入っているようです。
で、これらは、当然ながら散布された後は土中に浸潤する
こととなりますし、土中水分の塩濃度を変えますから
地下水等のpH、電気伝導度、硬度を変化させる可能性が
あります。

次に塩害発生の側面の一部を。
融雪剤が溶解した水そのもの(非濃縮水とでも呼びまし
ょう)で発生する場合と、それらが濃縮して発生する
場合の二つに分けて想像することができます。
また、被害が発生する対象物も、自然物(例えばメダカ
など)と、人工物・栽培物(例えば建造物や水田等)に
分けられるでしょう。
それらを分けて考えた場合
 1.非濃縮水が自然物に与える影響
  生物中で、比較的鋭敏なものが短期で影響を
  受ける可能性があります。 例えば、藻類の一部は
  あるpHが有る一定範囲を逸脱すると二酸化炭素の
  吸収が出来なくなりますから、当然、発育にも影響
  しますし、そうなるとそれらを補食しているメダカ
  等の小型生物にも影響が考えられます。
 2.非濃縮水が人工物に与える影響
  鉄筋コンクリートに塩類が浸潤した場合、鉄筋の
  腐食(発錆)により強度が低下します。
 3.濃縮系の自然物に与える影響
  ため池等で強烈な濃縮が発生した場合は、その池
  の生物相が(劇的に)変化する可能性があります。
 4.濃縮系の人工物に対する影響
  非濃縮系に同じ

で、これがやっかいなのですが、融雪剤の塩害を確実に
把握する事は困難なんですね。
と言いますのも、工場排水などと違い、散布域が広く
散布量も一定ではないでしょうから、影響の出方が
解らない(地域性に紛れる可能性もある)、塩害によって
生物相が若干変化している可能性もありますが、水田
等の農薬の影響も関係してくるでしょうから、一概に
塩害とは言いづらい、結果として、実証面からは把握
できませんから、勢い実験ベースで評価せざるを得ない
ことになります。
しかし、実験ベースで評価すると、それこそ害(影響)
が膨大な量になり収集がつきません。


総括して。
もう少し目的をハッキリとお書きいただけたたら、それに
ポイントを絞って回答できると思います。

先ず持って、「何のために知りたい」のかが不明で、回答
に困ってしまいました。
例えば、tunkeさんが地方公共団体等におつとめで、自分
の地域に融雪剤散布をしているのだが、これの害の有無を
事前に予測したい等々なら、有る程度明確な事も書けるの
ですが......。
といいますのも、広範囲に散布される融雪剤の塩害は非
常に難しい問題でして、限られた紙面では書き切れ無い
ほどの事柄です。
そこで、アウトラインだけを列記してみます。

まずは、基本的なことを。
現在、融雪剤(凍結防止剤)に...続きを読む

Q水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

まず、2%水酸化ナトリウム水溶液とは、2%の水酸化ナトリウムの入った水溶液でよろしいんですよね?
4gの水酸化ナトリウムの入った水溶液のpH値はpH10ということは分かったのですが、
計算すると0.4%水酸化ナトリウム水溶液ということでいいのでしょうか?

またさらにこれを水(pH7とした場合)で薄めた場合のpH値の計算方法も教えてください。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いすることもあります。

例えば、
> 水酸化ナトリウムは40g/molなので、4gだと0.1mol。  …1
> mol濃度は0.1/1で0.1。 …2
> pOH=log(1/mol濃度)で1  …3
> pH=14-pOHで13.0  …4

2行目で計算しているのは何のモル濃度でしょうか?また単位は何ですか?
3行目でpOHを計算しているところを見ると、2行目ではOH-のモル濃度を
計算しているようですが、そうすると、一つ重要なことを書き忘れています。
水酸化ナトリウムのモル濃度とOH-のモル濃度は一致するのでしょうか、
ということです。
また3行目の式で、(1/mol濃度)と表記していますが、自分は初見では
1/molという単位に換算した濃度と読めてしまい、これは何を意味しているのだろう?
と思ってしまいました。実際にはモル濃度の逆数のことを意味しているのでしょうけれど、
式の中に言葉があるのは不自然です。そしてこれについては(1/x)として
式の外に(x…OH-のモル濃度)と記したほうが読む方の勘違いは少なくなりますよね。

・この問題の有効数字はいくつですか?

log2なりlog5なりを電卓で出せば、数字は何桁か出てきます。
でもそこまでの桁数で表記しなければならないものなのでしょうか。
逆に、pH=13.69897と書いていますが、最後の桁の数字まで信憑性のある
数字なのでしょうか?時間があれば、そのあたりも考えてはいかがでしょうか。

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いす...続きを読む

Q塩化ストロンチウム水溶液の属性

塩化ストロンチウム水溶液についてですが、アルカリ性か中性かで判断できず悩んでいます。
お詳しい方ならすぐにお分かりになると思うのですが、回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

中性です。
水溶液が中性以外になるのは、塩に H+ や OH- が含まれているとき、加水分解を起こすとき、沈殿が出来て H+ や OH- が失われるときだと思います。
塩化ストロンチウムはいずれにもあてはまりません。

(NaOH濃厚溶液中などでは、 Sr2+ + 2OH- → Sr(OH)2 の反応が起こりますので、厳密に言えば、水溶液中でもOH- が消費されて H+ が出来るような加水分解が起こっているかもしれません。しかし、Sr(OH)2 は水に溶けますので、加水分解の効果は無視してよいでしょう。)

Q教えてください。これらの物質が酸性なのか?中性なのか塩基性なのかわかりません。

硝酸カリウム・塩化アンモニウム・酢酸ナトリウム・塩化ナトリウム・炭酸カリウムをそれぞれ水に溶かしたとき、その水溶液は酸性なのか、中性なのか?塩基性なのか?どのようにすればわかるのでしょうか?
できれば、中学生でもわかるように詳しく教えていただけるようお願い申し上げます。

Aベストアンサー

基本的には、
(1)強酸と強塩基の塩は中性。
(2)弱酸と弱塩基の塩は中性。
(3)強酸と弱塩基の塩は酸性。
(4)弱酸と強塩基の塩は塩基性。
要するに、酸にしろ塩基にしろ、強い方が勝つということです。
強酸の代表例は、塩酸、硫酸、硝酸であり、
弱酸の代表例は、酢酸、炭酸であり、
強塩基の代表例は、水酸化カリウム、水酸化ナトリウムであり、
弱塩基の代表例は、アンモニアです。

塩は、酸と塩基の中和によって生じますから、あとは、それぞれの塩の元になった酸と塩基を特定して、上記の規則を当てはめれば良いことになります。
硝酸カリウム:硝酸+水酸化ナトリウム→中性
塩化アンモニウム:塩酸+アンモニア→酸性
酢酸ナトリウム:酢酸+水酸化ナトリウム→塩基性
塩化ナトリウム:塩酸+水酸化ナトリウム→中性
炭酸カリウム:炭酸+水酸化カリウム→塩基性

Q融雪剤として使われる塩化ナトリウムと塩化カルシウムの違いは??

よく道路にまかれているこの薬剤について、違いは何なんでしょうか。
お分かりになる方教えてください。

Aベストアンサー

塩化ナトリウムは食塩です、水によく溶け中性です。
氷点降下が高いです、凍結防止剤ですね。
塩化カルシュウムは水に溶けるとアルカリ性です、
発熱もします、だから融雪剤です。
どちらもある程度同じ効果があります。

QKCl溶液のpHって計算可能ですか?

KCl溶液などプロトンを持たない溶質が溶けた水溶液のpHって計算可能なのでしょうか?
例えば1 M KClのpHの計算の仕方を教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

KClは水酸化カリウムと塩酸の中和反応でできる塩です。水酸化カリウムは強塩基で、塩酸は強酸なので、できる塩は中性のはずです。なので、KClはいくら溶かしてもpHは7だと思います。

Q塩化マグネシウムは何故、酸性?

塩化マグネシウムは何故、酸性?

塩化マグネシウムの水溶液も硫酸マグネシウムの
水溶液もは酸性を示します。
何故なんでしょう?
水素イオンは持ってないのに。
配位水が電離するのでしょうか?・・H+とOH-に。
電離しても、OH-も同数発生しないんでしょうか。

Aベストアンサー

#4です。

1価のイオンの場合、水和イオンの形は
[M(H2O)n]^(+)
の形になります。
この水和水の1つがOH^(ー)に変わったとすると
[M(OH)(H2O)n-1]は電荷をもたなくなります。これは水酸化物として凝集、沈澱するときの形です。分子でない限り、この形で水の中に分散しているということはできないのです。
したがって水に溶けて分散している限り、[M(H2O)n]^(+)の形でしか存在できないと考えられます。

Q硝酸銀水溶液について・・・おねがいいたします。

中学1年です。

 理科の水溶液の勉強で「硝酸銀水溶液」というのがあるのですが、わたしの中ではその水溶液がなんなのか分かりません。
 辞書で調べると、「硝酸」とまでしか載っていなく、パソコンで調べると、内容が今一分からず結局なんなのか分かっていません。

 どなたか、中1でもわかるような説明で、「硝酸銀水溶液」の説明をしていただけないでしょうか。
 よろしくお願いいたします。 

Aベストアンサー

まずは元素の理解ですね。元素と原子、あと単体をきちんと区別して理解するのが化学の最初の課題かと思います。
 他の方のご回答にもあるように、
「硝酸」とは、化学式HNO3で表される酸性の物質です。一方で、化学式NO3-(一価の陰イオン)で表される「硝酸イオン」と呼ばれるものもあったりと慣れないうちは何がどうなんだかさっぱりな気持ちはよく分かります。これから関心を持ちつつ勉強してゆけば、自然に身につきますから焦らないでね。

本題ですが、「硝酸銀」とは、先の「硝酸」の水溶液に銀(Ag)を投げ込んだ時に出来る化合物のことです。決して投げ込まないでね。

Ag+ + NO3- → AgNO3となります。これが、「硝酸」の水溶液に銀を入れた時の変化です。何となくでもお解りいただければ幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング