プロが教えるわが家の防犯対策術!

数学で式を簡略化する方法ってありますか?
ABCD+BEFD+BEGH+IJFD+KEFD+KEGH
という式があったとして
これ以上簡略してかくことはできないでしょうか?

もしできるのであれば考え方なども教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.7*3.5*0.3*24+3.5*0.55*0.45*24+3.5*0.55*1.05*17+1.6*0.65*0.45*24+1.4*0.55*0.45*24+1.4*0.55*1.05*17


のミスプリですよね?
計算を済ませてしまえば、数値を真値とみて 131.28375、数値を近似値みて 131 になり。
かなり短く書けます。
値ではなく、式の成り立ちを書こうというのであれば、式変形はしないほうがよいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

放置してもうしわけありませんでした。

遅くなりましたが 回答ありがとうございました。
>値ではなく、式の成り立ちを書こうというのであれば、式変形はしないほうがよいです。

その通りでした。。

お礼日時:2012/02/16 18:07

出てくる変数の総数をなるべく小さくすることが簡略化というのなら


  A*B*C*D + B*E*F*D + B*E*G*H + I*J*F*D + K*E*F*D + K*E*G*H
  = E*( B + K )*( F*D + G*H )+ D*( A*B*C + I*J*F )
が14個になります(元は24個)。もっと少なくなる変形例はあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

放置してもうしわけありませんでした。

遅くなりましたが 回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2012/02/16 18:06

全て変数(xのようなもの)で、全部独立していると考えていいのでしょうか?



でしたら、因数分解できる所はありますよ。

ABCD+BEFD+BEGH+IJFD+KEGF

=ABCD+BDEF+BEGH+DFIJ+EFGK

 #こういうところでは、「アルファベット順」に並べておいたほうが後々楽です。

=B(ACD+DEF+EGH)+F(DIJ+EGK) や

=D(ABC+BDF+FIJ)+E(BGH+FGK) 。

ほかにも

=BD(AC+EF)+F(DIJ+EGK)+BEGH なんてのもあります。

m(_ _)m

この回答への補足

>全部独立していると考えていいのでしょうか?
説明不足でもうしわけありませんでした;
実際のところ
1.7*3.5*0.3*24+3.5*0.55*0.45*24+3.5*0.55*1.05*17+1.6*0.65*0.45*24+1.4*0.55*0.45*24*+1.4*0.55*1.05*17
という式があるのですが
それをA4のレポートに見やすく簡略化しないと文字がおさまらないで質問させていただきました。
現在
1.7*3.5*0.3*24+(3.5*0.55+1.6*0.65+1.4*0.55)(0.45*24)+0.55(3.5+1.4)(1.05*17)
という風に直してますが未だに文字数が多いのでどうにかしたいのですが・・・
解だけかければいいのですが;

さっそくの回答ありがとうございました。
もう一度挑戦してみます。

補足日時:2011/08/19 16:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

数学 式」に関するQ&A: 数学の√の計算式

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qlogとln

logとln
logとlnの違いは何ですか??
底が10かeかということでいいのでしょうか?
大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??
解説お願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。

>>>logとlnの違いは何ですか??

「自然対数」は、natural logarithm の訳語です。
「ln」というのは、「logarithm 。ただし、natural の。」ということで、つまり「自然対数」という意味です。
一方、log というのは、底がeなのか10なのかがはっきりしません。


>>>大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??

数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。
一方、log は、数学以外であれば不明確な場合があります。

私の大学時代と仕事の経験から言いますと・・・

【eを用いるケース】
・数学全般(log と書きます)
・電子回路の信号遅延の計算(ln と書く人が多いです)
・放射能、および、放射性物質の減衰(log とも ln とも書きます。ただし、eではなく2を使うこともあります。)

【10を用いるケース】(log または log10 と書きます)
・一般に、実験データや工業のデータを片対数や両対数の方眼紙でまとめるとき(挙げると切りがないほど例が多い)
・pH(水溶液の水素イオン指数・・・酸性・中性・アルカリ性)
・デシベル(回路のゲイン、音圧レベル、画面のちらつきなど)

ご参考になれば。

こんにちは。

>>>logとlnの違いは何ですか??

「自然対数」は、natural logarithm の訳語です。
「ln」というのは、「logarithm 。ただし、natural の。」ということで、つまり「自然対数」という意味です。
一方、log というのは、底がeなのか10なのかがはっきりしません。


>>>大学の数学のテストでlogが出てきた場合は底が10と解釈してよいのでしょうか??

数学であれば、底がeの対数(自然対数)です。底が10の対数(常用対数)ではありません。
一方、log は、数学以外であれば不明確な場...続きを読む


人気Q&Aランキング