今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

上記のような音を録音したいと思っています
ICレコーダーと書きましたが候補なだけで他にもあれば媒体は問いません
一般にノイズ、ヒスノイズ、ホワイトノイズ、空気の音(こすれる音)、サーという音は邪魔者とされカットされたり抑えられたりしてしまいますが、これらの音を良く録れる機械を教えて下さい
つまり、「このICレコーダーノイズばっかり拾うなぁ;」っていう機械です
「空気の音拾ってて全然クリアじゃないな…」っていう機械です
そういった音を何もカットしたり抑えたりしない機械です

現時点での候補は以下
DIPLY ICR-PS501RM
V-51
V-75
V-85
R-09


用途は森、山、川、海、朝の公園などでの自然音の録音です

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>> 用途は森、山、川、海、朝の公園などでの自然音の録音 //



要するに、「空気感」をしっかり録音したい、ということですね?

ホワイトノイズというのは「人工的に作った雑音」なので自然界には存在しません。俗に「サー」という音をホワイトノイズと呼ぶこともありますが、多くは機器内部の自己ノイズなので、「ない方が高性能」です。すなわち、そういう雑音がない方が「より忠実に収音できる」ということになります。

また、ヒスノイズというのは「磁気テープの磁性体の不均一な分布から生じる雑音」なので、デジタルレコーダーでは問題になりません。これも「サー」とか「シー」とか聞こえますが、やはり「ない方が高性能」です。

「空気のこすれる音」というのは、ちょっと分かりません。マイクの「吹かれ」のことでしょうか?
これも、マイクが「音波以外の影響」を受けている状態なので、吹かれに弱いマイクほど低性能ということになります。

従って、そういう音を意図して録音したいのであれば、「可能な限り安物」を使うのが良いと言えます。有名メーカーの製品ではなくて、メーカー名さえ分からないような製品が良いでしょう。

しかし、質問の意図はそうではないと思います。

「空気感をしっかり捉える」のと「ノイズが多い」のとは、全く異なります。「空気感」を捉えられるレコーダーというのは、極めてノイズレベルが低く、録音物と実際の音との間に差が少ないレコーダーです。また、マイクも、ノイズレベルが低く(マイクも電子部品である以上ノイズを発します)、固有の音色を持たないことが必要です。

そういったレコーダーやマイクというのは、非常に高価です。しかも、マイキング(マイクの使いこなし)にも高度な技術と経験が求められます。

SANYOやOLYMPUSのICレコーダーは、会議用レコーダーとしてはともかく、そういった用途には適さないと思います。会議用レコーダーは、まさしく「ホワイトノイズ」などが大きく、マイクの性能も良くありません。自然音の録音には向いていません。

R-09(生産終了して久しいですが、後継機のR-09HRもカタログ落ちしているので、現行機種ならR-05でしょうか)も、まあ使えないではありませんが、ノイズレベルは必ずしも低くありません。

個人的には、単体で行くならZOOM H4n、TASCAM DR-100、SONY PCM-D50辺りを考えたいところです。マイク内蔵のポータブルレコーダーとしては、これらが事実上のフラッグシップモデルですが、それでも「内蔵マイクで録った割には良い」レベルです。

本格的にやるなら、これらにコンデンサマイクを繋げることになるでしょう。野鳥の鳴き声などであればショットガンマイク、環境音ならステレオマイクといった感じになると思いますが、5万円くらいが1つの目安でしょうか。

要は、予算と求める音質次第ですが、「空気感」を追求し始めるとベラボーにお金がかかる可能性があります。2万円くらいの(音楽用)レコーダーでも実用に堪える音質ですが、やはり上を見ると不満がありますから。いずれにせよ、「空気感を求めるなら低ノイズ」ということが基本になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/11/28 11:28

そうなると、マイクの性能次第ですね。



外部マイクを使えば、目的は達成出来ると思います。

そういった、余分な音を拾うのは、安価なコンデンサーマイク形が多いですね。

生録用は別ですが、一般的な「高性能」と書かれた、比較的安いマイクならば、そういった音も録音出来ると思います。

録音に使う機械では、一切の制限を掛けずに高いビットレートの設定で録音されればいいでしょう。

機械単体じゃ、しんどいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/11/28 11:29

はじめまして♪



御質問の趣旨が少々解りにくいのですけれど、、、、

いわゆる機器が出すノイズ(雑音)では無くて、実際の空間音としての周辺ノイズも録音したいという意味でしょうか??

目的の音以外も全て記録したいと考えた場合、レコーダーの自動音量調整は使えません。
つまり、全てマニュアル操作で、録音が行い易い機種が適している事になります。

最大音時に俊敏にコントロールする為にはきめ細かいレベルメーターと高度なモニタリングが必要でしょうし、何よりも経験と知識の積み重ねでしょうね。

手っ取り早いのは、高ビット録音でレベルをかなり低めに設定して、後からPCのマスタリングソフト等で微調整でしょう。(私はこの種で対処する方向です。)

録音時の空間と言いますか周辺音も良く取り込む為には、マイクの性能が一番影響します。
マイクの感度が高ければ其の分、周囲の環境音も克明に拾ってくれます。
しかし、感度が良いと、機器の動作音や録音時の自分の動きの音も克明に拾ってしまうし、風による極低域雑音や機材に触れたときの爆音ノイズにも悩まされがちです。

大きなウインドスクリーンと、マイクスタンドを用意して、マイクから離れた場所で録音するマニアには、それなりの理由があるんですね。

子供の頃は父につれられて山里へ行き、ラジカセとパラボラ集音マイクや、超指向性のガンママイク等でウグイスの録音につき合わされました。
今は、パソコンとオーディオインターフェース、其の先にミキサーとマイクと、、、もう何年も自然音の録音していないなぁ、、、いつの間にかボーカル用マイクだけは本数が増えてる。。。

風に弱いコンデンサーマイクよりも、バウンダリーマイクを一度は使ってみたいと思ってましたが、御質問を読ませていただいて、アドバイスを書きながら試してみたく成って来ましたよぉ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/11/28 11:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音声を録音するとき、「サー」という音が入っていたのですが、対処方法を教

音声を録音するとき、「サー」という音が入っていたのですが、対処方法を教えてください。
貸スタジオでナレーション・朗読を録音しようとして、SHUREのマイクにミキサーを通してCD-Rデッキにて録音してみました。
無音の状態から「サー」という音が入ってしまっていたのですが、入力レベルを上げすぎたのでしょうか?または他に原因があるのでしょうか。

入力レベルは店員さんに教えてもらったように、レッドゾーンにいかないように調節しました。
それでも無音状態から「サー」という音が入っています。

そこで入力レベルを下げてみると「サー」音は聞こえなくなった気がしましたが、音量が小さいので、録音後の編集で音量を上げると、やはり「サー」音が聞こえてきました。

対処の方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

マイクからミキサー、録音機、、
どの部分でも音が崩れるレッドゾーンは回避したいものです。

さて、ミキサーがどのような機種か判りませんが、一般的には入力のトリム、入力フェーダー、マスターフェーダーと言う「ボリューム調整」が3カ所程度は通ってきます。

どの部分でもレッドゾーンは避けたい事は同じですが、レッドゾーンに達しない範囲で出来るだけ音量を稼ぐ(ゲインを稼ぐ)ように調整します。

何処かが極端に絞っていたら、その後で高増幅よなるため、必ず前のノイズも増幅して、聞こえなくて良いハズのノイズが聞こえてしまいます。


録音作業の前に確認しながら全体のバランスを取るべきでした。


さて、録音して終わってからですと、ノイズが気にならない様に効果音やBGMを入れるという方法もあります。

ノイズが「有るか無いか」は、変える事が不可能ではないけれど、かなり難しい物です。

風邪の音、雨の音、小鳥の声や小川の水音、波の音等自然音の効果音源を使ったり、静かだけれど音が途切れないバオリンやピアノ、その他のBGMをミックスすうるという手法は、一般的に使われて、映画やドラマ等でも、効果音が無い部分でジックリ聞き込むとノイズが聴き取れたりする事も多い物です。

録音のやり直しが出来るなら、モニターでキッチリ確認しながら調整を、録音した物だけからの対処でしたら、他の音を重ねる方向で ノイズが気にならない様にしてください。

がんばってください♪

はじめまして♪

マイクからミキサー、録音機、、
どの部分でも音が崩れるレッドゾーンは回避したいものです。

さて、ミキサーがどのような機種か判りませんが、一般的には入力のトリム、入力フェーダー、マスターフェーダーと言う「ボリューム調整」が3カ所程度は通ってきます。

どの部分でもレッドゾーンは避けたい事は同じですが、レッドゾーンに達しない範囲で出来るだけ音量を稼ぐ(ゲインを稼ぐ)ように調整します。

何処かが極端に絞っていたら、その後で高増幅よなるため、必ず前のノイズも増幅して、...続きを読む

Qホワイトノイズの原因と対策を教えてください。

現在,お気に入りの4ΩのSPを駆動するために,
ミニコンポをCD,MDプレーヤー,プリアンプとし,LINE OUT端子がないため,ヘッドホンジャックからパワーアンプにつないでいるのですが,ホワイトノイズが耳につきます。
CD,MD再生時に,ポーズにすると変わらずホワイトノイズが耳につくのですが,
無入力状態にすると聞こえないので,パワーアンプではなくミニコンポ側に問題があるように思います。
ミニコンポ附属のSP,ヘッドホンで聴いても,ホワイトノイズは聞こえません。
その他に,CDのポーズ時にボリュームをあげていくと,心臓の鼓動のようなパルス音も聞こえてきます。
こちらの方はミニコンポ附属のSPやヘッドホンにも出てくるので,
対応のしようがないように思うのですが,原因はなんなのでしょうか? 
パルス音はともかく,ホワイトノイズは何とかしたいと思いますので,
詳しい方,是非とも原因と対策を教えてください。

Aベストアンサー

ミニコンポのSP出力・ヘッドホン出力とも、ボリュームの大小に関わらず、常に一定のノイズ(ホワイトノイズ)が出力されています。

通常のSPやヘッドフォンで聴く場合は、ノイズ信号よりも音楽信号の方が遥かに大きいので、ノイズは聞こえません。
しかし質問者様のように、更にパワーアンプを接続した場合、ヘッドホン出力端子における音楽信号が通常時よりも小さくなっていて、相対的にノイズが大きく聞こえるのです。
(音楽信号はボリュームを絞ると小さくなるが、ノイズレベルはボリュームを絞っても小さくならないため)

パワーアンプ接続時のミニコンポのボリュームは、通常SPやヘッドホンで聴く時よりも低くなっていますよね? 要は、それが原因なのです。

解決法は、ミニコンポのボリュームを上げる(=上げられるようにする)こと。
手っ取り早いのは、No.1氏の回答の通り、抵抗入りの接続ケーブルを使うことです。
またハンダ付けOKなら、ご自分で固定アッテネーターを作っても良いでしょう。ヘッドホン出力の信号線とアースの間を2本(LRで計4本)の抵抗で接続し、抵抗の中点とアースから線を延ばしてパワーアンプに接続します。減衰比(≒2本の抵抗値の比)は1/10~1/20程度、抵抗値の合計は20~100Ωくらいになるようにすれば、市販の抵抗入りケーブルよりはずっと質の良いものが出来ます。
(但し、最低限押さえるべき箇所というかコツがあるので、若干の知識は必要です。難しくはないけれど・・・)

> 私は,ヘッドホンジャックには,ミニコンポ内のプリアンプ部を出た信号が出てくるのかと思っていました

違います。
ヘッドフォン出力は、小さいとはいえ「電力出力」が必要です。プリアンプは「電圧出力」で、電流は取れません。
また、プリアンプの方が圧倒的にノイズが少ないです。次にパワーアンプでもう1度増幅されるのが前提ですから、その分ノイズも小さいのです。

> ミニコンポのヘッドホンジャックのインピーダンスを実測してみますと,55KΩくらいでした。

これは、いわゆる「出力インピーダンス」ではなくて、単なる直流抵抗値ですね。
出力インピーダンスは間違いなく1Ω以下(多分0.1Ω以下)のはずです。もちろん、テスターでは測定出来ません。

> 普段聞く音量での,電圧は30~50mVでしたから,抵抗付きのコードを使うのはどうかなという気がしております。

「普段」というのが、どの接続状態(パワーアンプ有・無)の、どの出力(ヘッドフォン・通常SP・パワーアンプSP)なのかが分かりませんが。
レベルを合わせるための抵抗ではなくて、ノイズを減衰させるための抵抗と考えて下さい。

> でも,,貧乏なのです(恥)。

動作保証のない中古品なら、5000円位でかなり良いものが買えますが・・・無理ですかね?

ミニコンポのSP出力・ヘッドホン出力とも、ボリュームの大小に関わらず、常に一定のノイズ(ホワイトノイズ)が出力されています。

通常のSPやヘッドフォンで聴く場合は、ノイズ信号よりも音楽信号の方が遥かに大きいので、ノイズは聞こえません。
しかし質問者様のように、更にパワーアンプを接続した場合、ヘッドホン出力端子における音楽信号が通常時よりも小さくなっていて、相対的にノイズが大きく聞こえるのです。
(音楽信号はボリュームを絞ると小さくなるが、ノイズレベルはボリュームを絞っても小...続きを読む


人気Q&Aランキング