専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

もやもやしてしまい、思い切って相談させていただきます。

通勤中に私が自転車、相手が車の事故にあい、軽いものでしたので
打ち身や打撲くらいで済み
全治二週間で医師から診断書もいただき、バイト先にも連絡し一週間やすませていただきました。

しかし二週間目くらいから頭痛がするようになったり、ちまちまと後から痛みを感じる場所が出てきて
一週間くらいのおやすみじゃ無理だ、と判断しバイト先の店長に「あともう一週お休みを頂けないか」と電話ですが連絡を入れました。
すると店長は「人がいない。厳しいのわかってんでしょ?そっちも厳しいだろうけどこっち(お店)も厳しいんで・・・」
とりあえず、動き回る業務ではない仕事をさせてくれるとは言っていましたが。

といわれ仕方なく二週間休めず、出勤するように私も了承しましたが、具合が悪く出勤しませんでした。

頭痛がおさまらないのでまた医師に診断していただいたところ、むちうち(軽い方)を診断され
安静第一と言われたもので、母にも了解を得てバイトを辞める決心をしました。
↑でいうほどお店が厳しいのだったら、私が辞めて新しい方を入れた方がよっぽど迷惑がかからないと思い。

ということでお店に辞める旨を連絡しました。電話ですが。

店長曰く「辞められると困る。辞めると申請して人を入れるのがすごく大変で、絶対治るんだから。
それとも何、やる気無いの?」

その言葉には特に治るまで休んでていいという言葉も一つもありませんし、なんというか・・・・お店本位な気がします。
やる気がなかったらとっくに出勤してません 苦笑

一週間単位でいちいち連絡するのも辛くて、本心はもう辞めてしまいたいです。
事故をして3週間しか経ってませんが1か月位は様子を見たいし、そんな追いつめられるような事ばかり言うようなので休んだ気もしません・・・・・

母がいつの間にか知らなかったのですが、勤めているお店まで出向き診断書まで提出しましたが受け取ってくれなかったようです。

確かに事故以降店長とは面と向かって会っていませんが、とにかく逐一症状は報告しています。
辞めるにせよ、4か月くらいは雇っていただいているので恩義は尽くそうと。

長くなってしまいましたが、店長の態度もぶっちゃけムカつきますし、自分のむちうち症状がどれくらいの期間で治るのかの不安で入り乱れてなんだか休まりません。

叱咤激励かまいません、事故、むちうち等経験された方の仕事のその後などお聞きしたく・・・。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もうあなたの中で答えは出ていると思います。


結論から言えばやめるべきでしょう。
正社員ならともかくバイトなら特段生活に支障が無ければやめて完治に専念したほうがいいでしょう。
仕事のその後・・・という回答には結びつきませんが、背中を後押しするというかたちで。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。こうやって冷静に見直してもちょっと・・・
お店本位というか人間をなんだと思ってんだ?って思う店長ですよ。

この不景気で次の仕事・・・というのも簡単ではないのも承知の上で辞める決意をしました。
後押しありがとうございます。
現にそんなにヘタに首を動かせないので、動かないとはいえ無理して仕事して一生ダメにしたくないので。
電話連絡するつもりですが、すごい口きく店長なので本気で怖いですが。

しっかり治したいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2011/09/05 19:42

後遺症が出ても、バイトだと労災になるかどうか・・・無理やり働かせたわけでは無い・・と言われて終りかも。



安静にして体の治療が一番ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

正社員なら無理しても続ける気がしますが、バイトなので。。。保証がありませんし
「次の人を入れるのがすごく大変」と言っていたのも病んでしまう原因で・・・・

後遺症っていうのもわからないですしね。
事故は怖いです・・・・;軽いと思って甘く見てたら後から後からなので
後から何が症状で出てくるかわかりませんし・・・・

アドバイスのおかげで辞めるように考えたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/09/05 19:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故が原因で会社を退職

先日は、このカテゴリーでお世話になりました。
また、返信を下さった方にお礼を付け忘れてしまい、この場をかりて、改めて御礼申し上げます。

本日は、表題の件で、改めて質問させていただきます。

交通事故の怪我が原因で、会社を退職することになりそうです。
現在も通院・治療中なのですが、首や腰の症状がなかなか良くならない状態の中、営業職なので外回りをしなくてはならないのですが、あまりの激痛で、会社を休むことが多々あり、来週、上司と話し合うことになりました。

もし、退職することになった場合、休業損害を保険会社に請求できるのでしょうか?

ちなみに、症状は、ムチ打ちと腰痛なのですが、他覚所見は出ています。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

個々のケースにより判断が変わる可能性がありますが、一般論としては次のようになります。

・交通事故が原因で会社を「解雇」された場合(会社都合の解雇)
治療終了まで、現在の休業補償を継続する。

・自己都合退職の場合
退職以降休業補償は打切り


その後の就職活動や保障面(雇用保険)を考えると、自己都合退職は極めて不利だと考えます。
「交通事故による休業が原因での会社都合の解雇」であれば、失業給付の給付制限もありませんので、個人的には「解雇される」のが良いと思います。

この理由であれば、後の就職活動にも合理的な説明ができます。

Q交通事故による退職の場合の休業補償

年末に交通事故の被害者となりました。
骨折と脳脊髄液漏出症になり様々な神経症状に現在悩まされています。
事故後休職となり、
「1年就労していないものが3ヶ月以上休職した場合身分喪失となる」
という就業規則により3月いっぱいでいわゆる『事故により退職を余儀なくされた』状態になりました。
そこで質問です。


加害者が任意保険で東京海上日動に入っていたので休業損害はちゃんといただいていたのですが
退職させられた場合の休業損害はどうなるのでしょうか?


調べてみるとだいたいどこでも、
交通事故のせいで退職した場合や就職活動中で事故にあった場合も休業損害は出ると書かれています(もちろん因果関係があるか等の問題はありますが)

私の場合就業規則の内容のコピーや医師の診断もあり、
現在も症状固定はされず通院中なので支払われると思っていたのですが
4月ぶんの補償が振り込まれず弁護士に相談したところ
「あとで賠償請求の際には請求できるが退職したので休業損害としては無理」
と言われました。

働き始めたところだったので雇用保険は適用外ですし、
毎月の事ですので貯蓄でどうにかなるレベルでもなく、なにより治療期間がいつまでかかるかもまだ見通しが経っていません。
弁護士さんからは生活保護でも申請するしかないと言われましたが、
今住んでいるところではまず引越しすらしなくてはいけませんし…

 問・退職後の休業損害、補償されるのでしょうか、されないのでしょうか。

ADRに相談してみたところ事故により退職を余儀なくされた内容の退職願のコピーや
医師の診断があればもらえるので保険会社に連絡してみろとのこと。

そして保険会社さんに話してみたところ
「東京海上日動としては退職されたら払いませんが上司に話は通してみてあげましょう」
とのこと。

交通事故で仕事が出来なくなる事なんてけっこう世の中にあると思いますが
みなさん退職させられた後は休業損害打ち切りで
動かない身体のままホームレスにでもなってるのでしょうか…

年末に交通事故の被害者となりました。
骨折と脳脊髄液漏出症になり様々な神経症状に現在悩まされています。
事故後休職となり、
「1年就労していないものが3ヶ月以上休職した場合身分喪失となる」
という就業規則により3月いっぱいでいわゆる『事故により退職を余儀なくされた』状態になりました。
そこで質問です。


加害者が任意保険で東京海上日動に入っていたので休業損害はちゃんといただいていたのですが
退職させられた場合の休業損害はどうなるのでしょうか?


調べてみるとだいたいどこでも、
交通...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながら多分、弁護士の言う事が一番正しいと思います…。
退職になってしまうとまず休業損害請求の書類も職場で書いて貰えなくなりますから。

せっかく弁護士に相談しているならADRの言った内容で保険会社に請求出来ないか確認してみては?

ちなみに同じ保険会社相手ですが、きちんと休業損害請求の書類に医師の休業が必要であるって診断書も付けて送っても3ヶ月で休業損害も治療も打ち切りにあいそうになり「医師の診断もあるのに支払い出来ない理由を明確に説明しろ」とADRを通して保険会社に連絡して貰った所、症状固定の6ヶ月まで医師の診断通りに認められました。
幸いに職場の理解がありクビにならずに済みましたが。

保険会社は、嫌がります、担当者がADRに連絡した翌日不満そうに「お支払出来ます」って電話してきました。
ADRを通すと記録に残るし、保険会社は、回答義務も発生しますから。
ADRで言われた必要な書類を揃えて送り、それでも払えないと言われたら、ご自分からで保険会社に連絡するのでなく、ADRを通して「支払えない理由を明確に説明してくれ」と保険会社に要求しましょう。
必ず全ての書類は、コピーをとるように保険会社は、よく紛失するそうです。
これでダメなら弁護士から電話して貰うかです。

ちなみに示談提案書の交通費まで未払いなのに支払い済みにして送ってくるような保険会社です。
後遺症残るわ、対応悪いわ、もう散々な目にあったので口を聞くのも嫌になり弁護士に頼みました。
弁護士は、示談提案書を見て「全部アウト!全てこちらで計算し直してから保険会社に請求します」でした。
ご自分の保険に弁護士特約あるなら負担なく使えますし。

うっかり事故にあった時に特約付け忘れてので着手金を自腹で払いましたが、結果約2、5倍になったので着手金と成功報酬払っても弁護士に依頼した価値は、ありました。

必ずコピーを取り、必要書類を送付し、ご自分からでなくADR経由か弁護士から「支払えない理由を明確に説明して欲しい」と連絡入れて貰ってみては?

日本一の訴訟率を誇る保険会社なので、早めから弁護士に依頼する事をお勧めします。
弁護士がいると何より精神的負担も違いますし、全て地裁基準で請求してくれます。
怪我の上に後遺症が残り、更に散々な対応されたのです。
過失なしで「怪我した奴が悪い」かのように遠回しに嫌みまで言われましたから…。

お大事に。

残念ながら多分、弁護士の言う事が一番正しいと思います…。
退職になってしまうとまず休業損害請求の書類も職場で書いて貰えなくなりますから。

せっかく弁護士に相談しているならADRの言った内容で保険会社に請求出来ないか確認してみては?

ちなみに同じ保険会社相手ですが、きちんと休業損害請求の書類に医師の休業が必要であるって診断書も付けて送っても3ヶ月で休業損害も治療も打ち切りにあいそうになり「医師の診断もあるのに支払い出来ない理由を明確に説明しろ」とADRを通して保険会社に...続きを読む

Qむちうちでいつまで静養すればいいのか?

1ヶ月半前に渋滞中でほぼ停車していたところを追突事故にあい、(自車=乗用車、相手=中型貨物トラック)むちうちになりました。事故後すぐは痛みがわからなかったのですが翌日になって首と肩に痛みが出てきて、痺れはありませんがそれから首肩周辺が硬直して動かなくなる時期をへて、静養したため動くようにもなり大分楽になったので油断がでたのか1週間まえに無理をしてしまい肩が異常に硬直して腕があげづらくなりパソコンのマウスが持ちづらく仕事に支障が出たので早退しあまり改善しないので現在まで結局仕事は休んでいるのですが、一体この先どのぐらい仕事を休んでいいものか困っています。(いままで1ヶ月半で正味23日会社を休んでいます。→出ては具合が悪く休むの繰り返しです。)いい遅れましたが、仕事はパソコンを終日使用する事務職で派遣社員です。職場は理解があり、よくなるまで休んでくださいとの言葉もいただいてはいますが・・。治療方法は湿布・カラーを首につけてリハビリ(干渉波・ホットパック)をほぼ毎日受けています。整体は全く通っていません。私と同じような症状のむちうちを経験された方、どのぐらい仕事を休職されましたか?少々つらくても我慢して出勤するべきでしょうか。教えてください。

1ヶ月半前に渋滞中でほぼ停車していたところを追突事故にあい、(自車=乗用車、相手=中型貨物トラック)むちうちになりました。事故後すぐは痛みがわからなかったのですが翌日になって首と肩に痛みが出てきて、痺れはありませんがそれから首肩周辺が硬直して動かなくなる時期をへて、静養したため動くようにもなり大分楽になったので油断がでたのか1週間まえに無理をしてしまい肩が異常に硬直して腕があげづらくなりパソコンのマウスが持ちづらく仕事に支障が出たので早退しあまり改善しないので現在まで結局...続きを読む

Aベストアンサー

頚椎捻挫(むちうち)についてはこれといったガイドラインはありませんが、腰椎捻挫(いわゆるぎっくり腰)の場合は「歩けないなら安静に。歩けるならなるべく動け」というのが最近のトレンドです。ただし、急性腰痛の場合も安静にすべきかそれとも動くべきかは専門医の間でもホットな論争となっていて結論が出ていません。

ただ、今回の件は既に1ヶ月を越えており到底「急性」と呼べる状態ではなく既に「慢性痛」というべき状態です。つまり、安静にしていても今後良くなる可能性は低いと言わざるを得ないでしょう。
では治療についてですが、個人的には首をストレッチするのが一番いいと思います。おそらく現在の状態は首を曲げる(右を向いたり左を向いたり)のが非常に難しい状態だと思います。それなら、やや弱めの力でじんわり伸ばすのが一番だと思います。ただし、整形外科やリハビリ科で行われる頚椎牽引は機械に重りを乗せて引っ張るだけなので効果が低いのが難点です。食べ物が手作りがおいしいのと同じで、リハビリも出来れば人の手で行われるのが理想なんですよね。首の後ろをじんわり手で伸ばすのが効果的と思われます。
ただ問題は「どこに行けばいいか」です。首っつうのはデリケートなところなので施術者にそれなりの経験が必要です。経験のない施術者がわしわしと首を揉むと余計ひどくなります。こういうときって揉んじゃダメなんです。ストレッチがいいんです。それが分かる人に施術してもらえればいいんですけどね。
あくまで個人的意見ですが、干渉波とホットパックしかしないリハビリはずいぶんサービス悪いな、と思いました。せめて頚椎牽引くらいしてくれないんですかね。病院のリハビリですか?まだいい接骨院のほうがサービスしてくれますよ。ただし、接骨院(整骨院)は技術の良し悪しがすごく大きいですが。

頚椎捻挫(むちうち)についてはこれといったガイドラインはありませんが、腰椎捻挫(いわゆるぎっくり腰)の場合は「歩けないなら安静に。歩けるならなるべく動け」というのが最近のトレンドです。ただし、急性腰痛の場合も安静にすべきかそれとも動くべきかは専門医の間でもホットな論争となっていて結論が出ていません。

ただ、今回の件は既に1ヶ月を越えており到底「急性」と呼べる状態ではなく既に「慢性痛」というべき状態です。つまり、安静にしていても今後良くなる可能性は低いと言わざるを得ないでし...続きを読む

Q交通事故 会社から退職を迫られました

交通事故に遭い、休業中でしたがとうとう会社から退職届を書くように通達されてしまいました。
主人の話です。2年半前に当方過失0の交通事故に遭い、半月板の切除手術を受けました。
一旦よくなった為職場復帰したのですが仕事中に悪くなり再度残った半月板を取りました。
しかし3か月後にまた少し残しておいた半月板が切れ、3回目で全切除しました。
リハビリを重ねていくうち、一旦回復したのですが痛みがひどくなったため、慎重に検査した結果切除したあとの組織片が固くなり
関節の間に入り込むようになったとのことでその組織片を切除する手術をしました。
3か月が経過し、また同様の症状が出たため、ようやく担当医が大学病院を紹介してくれ、
そこで初めて元々の事故で靭帯が悪くなっていることがわかり、先月靭帯の再生手術を受けました。
術後は順調でリハビリを頑張っています。仕事は休業して来月で2年です。
今日会社から連絡があり、会社の規定で来月の期日までに完治証明を出してもらわなければもう在籍できないと言われてしまいました。
解雇では会社の体裁が悪くなるのでこちらから一筆書いてもらえないかとの打診でした。
主人は37歳、再就職も厳しい状況です。会社側は経緯から元々の病院が靭帯の損傷を見抜けなかったことが悪いのだから病院を訴えればどうかと言います。
医療ミスとまではいきませんが、確かに病院側ももっと早く気付いてくれていたらとは思います。
もちろん他の病院もいくつかまわりましたが、整形外科では有名な病院で担当医の先生も名前の通った人で、いい先生だから付いて行って間違いないのではと言われ、担当医を変えることはしませんでした。
大きい病院相手に裁判なんてとても考えられませんが、でももう少し早く気付いていれば復帰までに2年もかかることなく、退職させられることまでなかったはずです。むだな手術を3回もしています。病院側に非はないのでしょうか。
残念ながら完治まで3か月はかかるとのことから来月までに職場復帰は無理な話です。現在も他の病院にリハビリ入院中です。
こうしたことを踏まえて、解雇と自主退職では賠償金に差は出るでしょうか。また現在毎月相手の保険会社から給料と同程度の保障をしてもらっていますが、退職後は給料保障を打ち切られる可能性はありますか。
このままでは生活が破たんしそうでとても怖いです。

交通事故に遭い、休業中でしたがとうとう会社から退職届を書くように通達されてしまいました。
主人の話です。2年半前に当方過失0の交通事故に遭い、半月板の切除手術を受けました。
一旦よくなった為職場復帰したのですが仕事中に悪くなり再度残った半月板を取りました。
しかし3か月後にまた少し残しておいた半月板が切れ、3回目で全切除しました。
リハビリを重ねていくうち、一旦回復したのですが痛みがひどくなったため、慎重に検査した結果切除したあとの組織片が固くなり
関節の間に入り込むようになっ...続きを読む

Aベストアンサー

本来ですと、交通事故加害者への賠償の方が先だと思いますが、そちらの
方は別途ということで、職場の話に限定してお答えします。

37歳のご主人だと、当然、職場の例規について、それなりに理解している
はずです。したがって、その内容を確認してもらうことが先決です。

通常、傷病で職場を休むと、半年なり、1年なりは、所定給与の8割とかが
支給されますが、それを過ぎると無給の期間となります。
無給期間も一定の期間とされているのが一般的であり、その後は自動的に
退職となります。

その場合、大別すると、解雇と自主退職に区分されているのが普通であり、
前者の解雇は、人員整理等の会社都合による解雇と懲戒等による解雇に分かれます。
これらの大きな違いは、辞める際の退職金にあります。

通常退職金は、会社都合による解雇>自主退職>懲戒等による解雇

の順になり、懲戒等による場合は、支給されないのがほとんどでしょう。
したがって、あなたの旦那さんの場合では、いかにして会社都合による解雇に
もっていけるかが課題となります。形は自主退職であっても、退職金では
会社都合に準じてもらうといったやり方もあります。しかし、会社の体裁が
悪くなるからといった理由では、自主退職する理由にはなりません。
いずれにしても、会社の例規上では、どのようになっているか確認して下さい。

会社を退職し、相手側からの慰謝料等の保証も受けると、その後は身障者として
届出を行い、年金申請を行うことになるでしょうから、その面の確認も必要です。

なお、医療機関を対象に、戦っても無理を生じ、あなた側が「交通事故ではなく、
医療ミスによる症状であること」を証明するのは困難だと思われます。
したがって、靱帯の損傷云々については、当該交通事故によって惹起されたもので
あるとの考え方を貫いたほうが自然であり、良いでしょう。
医療ミスのようなニュアンスをしますと、交通事故の後遺症としての認定上でも
不利になります。(保険会社は、『被害者が医療ミスだといっており、それによる
後遺症とするには無理がある』というおそれがあるためです。)

本来ですと、交通事故加害者への賠償の方が先だと思いますが、そちらの
方は別途ということで、職場の話に限定してお答えします。

37歳のご主人だと、当然、職場の例規について、それなりに理解している
はずです。したがって、その内容を確認してもらうことが先決です。

通常、傷病で職場を休むと、半年なり、1年なりは、所定給与の8割とかが
支給されますが、それを過ぎると無給の期間となります。
無給期間も一定の期間とされているのが一般的であり、その後は自動的に
退職となります。

その場合、大別する...続きを読む

Q交通事故で解雇されました!

こんばんわ。
こちらでは何度かお世話になっております。
実はとても疑問(というか憤慨)していることがありお知恵をお借りしたくて質問させていただきました。

私は5月上旬に仕事を始めました。仕事内容は公共機関での受付業務(たちっぱなし)です。
就業中は遅刻も無く欠勤も無く、業務態度も「よくやってくれている。毎日来てくれるんだよね?ありがとう」と言われていました。
正直、お昼休憩以外は立ちっぱなしで、動くことも多く体力的にきついなぁと思っていましたが、まぁ頑張ってました。
ところが、仕事をしだしてから2週間くらいで交通事故に遭い、2週間入院する羽目になり、尾てい骨の骨折とめまいの症状等々があるので仕事への復帰時期が明確に伝えられず、何回か会社から連絡があっても、その都度「やる気はありますか?」とか「復帰してからもこの仕事をしようという気持ちはありますか?」という事ばかり言われていました。
正直骨折もすぐにくっつくわけでなく、頭からフロントガラスに突っ込んでいるのでめまいも結構合って動き回る仕事をいつ復帰します!とは言えずにいました。。。
会社としても「今は忙しく、一人、しかも週5の人がかけている中で皆やっています。新しい人を入れようか検討していますが(これは私が入っていた頃から増やそうとは言われていました)、復帰する気持ちはありますか」と言われ、忙しいのは私も承知しているし仕事自体は周りの人から期待されていたこともあり「あります」と答えました。
結局「8月上旬に検査の診断があるので、今後の治療方針も分かると思います。今はまだいつ頃開始できるか具体的な返事は出来ません」というと「じゃあ8月上旬まで待ちます」と言ってくれましたので、安心していました。
それから3,4日後になって「契約書を見直したら7月で契約は一旦終了となっています。今後、いつ復帰できるか分からない人の更新は出来ません。又、良くなったら連絡ください」という事になり困っています。
私としては8月上旬ごろから週何日からか初めていければいいなあと思っていたので寝耳に水、って感じです。
雇用確認書を見ると確かに雇用期間という箇所があり、
”2009年5月○日から2009年7月31日までの週5日程度”(但し、2009年5月○日から2009年5月26日は試用期間とする)尚、この期間は就労者の就労を拘束し、又は会社の解雇を制限する期間ではなく、周期の定めである”
とあります。
確かにこれを読めば7月31日で契約は終了とありますが、交通事故に遭わなければ解雇されることは無かったと思います。
それでも従わなければならないのでしょうか?
会社側は社会保険の手続きも遅れるような会社で(私は加入していませんでした)殆ど何もしてくれてなかったのですが、業務委託という立場上、何も出来ないのでしょうか?

実は、事故から2ヶ月たって初めて休業損害を損保会社に出そうとしていた矢先(書類を送ってから解雇の通知が1週間くらい)だったので、この先どうなるんだろうと思っています。
一応、前に損保会社に聞いたら「そういう書類(事故が理由で解雇する)を書いて貰えば保障できますが。。」という返事でした。

休業損害証明書の一部に”7月末契約終了”とあるのみです。

聞いたところによると、交通事故で解雇をしてはいけないとなっていたと思ったのですが、業務委託で、更新期間が治療中の場合は当てはまりませんか?
雇用保険は2ヶ月間(月を跨いだ形)加入していたことにはなっているみたいです。
お分かりの方がいらしたら、お願いします(T~T)

こんばんわ。
こちらでは何度かお世話になっております。
実はとても疑問(というか憤慨)していることがありお知恵をお借りしたくて質問させていただきました。

私は5月上旬に仕事を始めました。仕事内容は公共機関での受付業務(たちっぱなし)です。
就業中は遅刻も無く欠勤も無く、業務態度も「よくやってくれている。毎日来てくれるんだよね?ありがとう」と言われていました。
正直、お昼休憩以外は立ちっぱなしで、動くことも多く体力的にきついなぁと思っていましたが、まぁ頑張ってました。
とこ...続きを読む

Aベストアンサー

労働基準監督署の回答は予想していたとおりです。
「怪我のために解雇した」という文章を勤務先が作成するとは考えられません。
離職した理由が「怪我のために業務に支障があり、そのため雇用延長を見合わせた。」という内容であるなら勤務先も書いてくれるのではないかと思います。
そうした場合は、治療期間全体の休業損害認定は困難と思いますが、損害賠償として休業損害の支払いは行われなければ不合理です。
ただし、保険会社は「仕事を辞めたのであれば、収入が途絶えるのだから、休業損害自体が発生しない」と抗弁してくることも予想されます。
結論としては、怪我のために離職せざるを得なかったのか、元々予定されていた離職であるのか、その点が判断要素として審査されることになります。
仮に、「怪我のために離職せざるを得なかった」というのであれば、「医学的に就労が制限される時期はいつまでか?」ということになるのです。
その場合に医師からの証明(診断書等)を添える必要もあるでしょう。
せっかく雇用期間以上に認定すると約束してくれても、就労を制限するような医学的な理由がない場合は、否認される可能性もあるということです。
とはいえ、こうした正当な主張をしても保険会社が認定しないのであれば、意味がありません。
最終的には、弁護士に委任して法的に争うような結果になりやすいので、なおさら「就労を制限すべき医学上の理由」を確認しておくことは必要です。

とりあえず、主治医に「医学的な目で見て、就労を制限すべき理由」があるかどうか確認した上で、無料法律相談に掛け合ってみると良いと思います。
その弁護士の回答を開いて保険会社にぶつけてみてはどうでしょう?

労働基準監督署の回答は予想していたとおりです。
「怪我のために解雇した」という文章を勤務先が作成するとは考えられません。
離職した理由が「怪我のために業務に支障があり、そのため雇用延長を見合わせた。」という内容であるなら勤務先も書いてくれるのではないかと思います。
そうした場合は、治療期間全体の休業損害認定は困難と思いますが、損害賠償として休業損害の支払いは行われなければ不合理です。
ただし、保険会社は「仕事を辞めたのであれば、収入が途絶えるのだから、休業損害自体が発生し...続きを読む

Qむち打ちはどのくらいで治りますか?

30代後半男です。
先週の日曜日、事故によりむち打ちになりました。
今日で丁度7日間が経過しました。
自分の感覚としては軽い方だと思います。
しかしながら、良くなる気配がありません。
整骨院に通っていますが、治療した日はいいのですが、
翌日になると、痛いのは元通り。
通わないともっと酷いのでしょうけど、辛いです。

首が痛いままなのと、肩こりです。
日にち薬なのも分かります。

大体どのくらいで完治しますか?

Aベストアンサー

こんにちは

お見舞い申し上げます。

どのくらいでというのは、その人の怪我の度合いにもよりますので
何とも言えません。

今、寒くなり治りにくいとは思いますが、日数が経過すれば必ずしも
よくなるとは限らないのがむち打ちです。

例えば、事務職などで1日同じ姿勢になっていたりすると、段々痛くなります。
首だけでなく背中や腕まで痛くなってくる可能性もあります。

肩こりもそのせいだと思います。

ゆっくり完治するまで焦らないほうがいいと思います。
完治と言っても、梅雨時や天気の悪いときに患部が傷む可能性もありますが・・・。

どうぞお大事になさってくださいね。

ご参考になれば幸いです。

Qすでに退職した会社から、在職時に起こした事故のお金を請求されました

旦那の話なのですが、7月の頭に、1年ほど勤めていた会社を辞めました。
その会社に在職していた際、勤務中に旦那が事故を起こしてしまい、相手の会社の方にケガを負わせてしまいました。
勤務中ということで、会社の方でいろいろ処理されたようです。
その方は2ヶ月ほどの療養で復帰しました。
それから3ヶ月ほどたって、退職したい旨を会社に伝えたところ、
「まだその事故の処理が終わってないから」と拒否されたようで、
こちらとしても負い目があったので、それからまた半年ほど勤めておりました。
給与明細を見ても、特に何も引かれてはいませんでした。
半年ほどたって、ようやく退職届けを受理され、先月の頭に退職する運びとなりました。
辞める際も、事故のことを聞いたのですが、「会社で処理したから大丈夫」というような内容の話をされ、
ほぼ円満退社ということでした。
しかし昨日になって突然会社から、
「事故の件でお金が発生したので、そちらに請求する。書類を送る」という連絡がきました。
まだ書類は受け取ってませんので、詳しい内容は現時点ではわかりません。
こういう場合は、やはり支払わなければならないのでしょうか?
法律にうといもので、とても気になります。

因みに、7月の頭に退職して、8月の1日から新しい所へ就職したのですが、
未だに離職票が出されておらず、今の会社の方も当方も、保険関係などで手続きできず困っています。
何度か前会社へ催促をしてるのですが、「7月の給料(占めまで一週間ほど働いた分があります)の決済(?)がおりるまでうんぬんかんぬん」と誤魔化され続けているようです。
旦那も私も素人なもので、これが普通なのか、私達の行動や考えが行き過ぎているのか、見当もつかず、とても不安です。

どなたかお知恵を貸していただける方がいらっしゃいましたら、
どうぞよろしくお願いします。

旦那の話なのですが、7月の頭に、1年ほど勤めていた会社を辞めました。
その会社に在職していた際、勤務中に旦那が事故を起こしてしまい、相手の会社の方にケガを負わせてしまいました。
勤務中ということで、会社の方でいろいろ処理されたようです。
その方は2ヶ月ほどの療養で復帰しました。
それから3ヶ月ほどたって、退職したい旨を会社に伝えたところ、
「まだその事故の処理が終わってないから」と拒否されたようで、
こちらとしても負い目があったので、それからまた半年ほど勤めておりました。
...続きを読む

Aベストアンサー

 会社からの損害賠償請求についてアドバイス(参考URLのご紹介)したことがあります。
 事例として少し違うので、参考になるかどうかわかりませんが、URLをお知らせします。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3958736.html(類似質問)

 質問者さんのご主人が仕事中に起こしてしまった事故で第三者(相手の会社の方)に損害を与えてしまい、使用者(会社)が負担した費用を労働者(質問者さんのご主人)に求償(請求)できるか、というご質問ですが、その事故について、質問者さんのご主人の過失がどの程度かによるのではないかと思います。
 重過失があれば、一定の負担(故意に事故を起こしたのでなければ全額ということはないと思います。)は避けられないと思いますが、軽過失にとどまるのであれば、損害賠償義務は負わないということになるのではないかと思います。
 法的な考え方では上記のようになっても、会社と話し合って負担割合を決めることが現実的な場合もあると思います。
 まずは会社からの請求内容(項目・算定根拠等)を確認し、請求金額が多額な場合や納得できない内容の場合は、すぐに回答しないで、労働局等に相談し個別労働紛争あっせん制度の利用することや労働審判制度の利用も場合によっては考えられると思います。
 当事者間での話し合いで埒があかない場合に利用される「個別労働紛争あっせん制度」は、簡単に言うと、弁護士や大学教授といった第三者に話し合いを取り持ってもらうもので、「無料・原則1回・半日程度」で実施されています。
 ただし、あっせんの申請をしても、会社が話し合いのテーブルに着かない(拒否)場合や、あっせん案を受け入れない場合は打ち切られます。(裁判のように、出て行かなければ訴えた側の主張が100%認められるというものではありません。)
 話し合いですので、一方の主張のみを100%認めるようなあっせん案(損害賠償0円or全額)ということはないと思います。
 「労働審判制度」は比較的新しい制度で、労働者自身でも手続は可能ですが、3回の審判で結論を出すため、事実関係・主張等の論点整理を適切に行うため弁護士を付けることを裁判所から強く勧められるようです。
 また、法律相談としては自治体の無料法律相談や、自治体の労働相談の1つの形態として無料の弁護士が法律相談に応じているところもあるようです。(特別 労働相談 県・市等で検索できると思います。)
 このほかには、弁護士会の法律相談(30分 5,000円程度)などの利用も考えられると思います。
(労働局や法律相談では、限られた時間の中での相談となると思いますので、「事実関係や会社の説明や対応等を時系列的にまとめたメモ」、「どのような解決を望むか」、「訴訟・労働審判・個別労働紛争あっせん・調停等のメリットとデメリット、時間と費用、手続き、過去の類似事例の解決方法、等の聞きたいこと」を事前にまとめておく等準備しておかれることをお勧めします。)

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/netosoudan/jirei-m/m-16.html(参考:類似質問)
http://www.pref.yamagata.jp/sr/rodoyama/back/consu/consu_0611/consu0611.html(参考:類似質問)
http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-46522/?xeq=%E6%90%8D%E5%AE%B3%E8%B3%A0%E5%84%9F(参考:類似質問)
http://www.e-somu.com/business/qa/backno/2004/06/28(参考:類似質問)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html(労働局総合労働相談コーナー)
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-210/roudousoudan/jirei/jirei29.html(個別労働紛争)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/funsou/index.htm(個別労働紛争)
http://www.roudoukyoku.go.jp/roudou-soudan/about.html(個別労働紛争)
http://www.gifu-roudoukyoku.go.jp/soumu/kikaku/kobetufunnsou.htm(個別労働紛争)
http://www.kagoshima.plb.go.jp/mondai/qa/qa12.html(個別労働紛争)
http://www.aiben.jp/page/frombars/topics2/194roudou.html(労働審判制度)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sihou/hourei/roudousinpan_s.html(労働審判制度)
http://www.yonekawa-lo.com/legal/backnumber1/rodo1.htm(労働審判制度)
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/kijunkyoku/jouken/980804.htm(労働条件相談センター)
http://www.zenkiren.com/center/top.html(労働条件相談センター)
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/f_rousei/smng/rsmg/byrs.html(弁護士による特別労働相談)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A02/BK08/gyoumu/tokubetu.html(弁護士による特別労働相談)
http://www.pref.kyoto.jp/rosei/14600009.html(弁護士による特別労働相談)
http://homepage1.nifty.com/rouben/soudan1.htm(日本労働弁護団(http://homepage1.nifty.com/rouben/))
http://www.nichibenren.or.jp/ja/attorneys_fee/(弁護士費用)
http://www.bengo4.com/estimate2.html(弁護士費用)
http://www.naben.or.jp/bengosisetumei.htm(弁護士費用等)
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/index.html(弁護士費用等)
http://homepage3.nifty.com/miebar/Hiyou/housyuu.htm(弁護士費用等)
http://www.nichibenren.or.jp/ja/link/bar_association.html(弁護士会)

 なお、「『7月の給料(占めまで一週間ほど働いた分があります)の決済(?)がおりるまでうんぬんかんぬん』と誤魔化され続けているようです。」とのことですが、法的には退職した労働者が未払いの賃金を会社に請求すれば、会社は給料日前であっても、7日以内に支払いをしなければならないことになっています。(労働基準法第23条第1項)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei13.html(Q1:退職後の賃金)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1411/C1411.html(退職後の賃金)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200508.html(退職後の賃金)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%98%4a%93%ad%8a%ee%8f%80%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S22HO049&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(労働基準法)
労働基準法第23条第1項(金品の返還)
 使用者は、労働者の死亡又は『退職』の場合において、『権利者の請求があつた場合』においては、7『日以内に賃金を支払い』、積立金、保証金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還しなければならない。
 離職票もハローワークへの提出期限もあります。
 質問者さんのご主人に求償(請求)を承諾させようと、1つのカードとして、手続きを保留しているようにも思えます。(会社側の不適切な対応(一種のいやがらせ?)として、損害賠償の話し合い等の時に逆に材料(税務署やハローワーク、労働基準監督署に連絡・相談)として使えるかもしれませんが・・・。)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2539283.html(離職票・源泉徴収票の不交付)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100017.htm(源泉徴収票不交付の届出手続)

参考URL:http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu10-2.html

 会社からの損害賠償請求についてアドバイス(参考URLのご紹介)したことがあります。
 事例として少し違うので、参考になるかどうかわかりませんが、URLをお知らせします。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3958736.html(類似質問)

 質問者さんのご主人が仕事中に起こしてしまった事故で第三者(相手の会社の方)に損害を与えてしまい、使用者(会社)が負担した費用を労働者(質問者さんのご主人)に求償(請求)できるか、というご質問ですが、その事故について、質問者さんのご主人の過失がどの...続きを読む

Q交通事故で全治二週間・・・仕事復帰。

先日出勤中に事故にあってしまい現在療養中です。
現在仕事を休んで一週間弱です。

幸い軽いものでしたので右半身がちょっと動かなくなってしまったくらいで済み、
全治2週間の診断書をもらい、休んでいます。
最初の一週間はひどくなってしまい、安静状態でしたが
いまは見た目普通、普通の感覚に戻りつつあります。
軽く頭痛とか痛みは走りますが。

そこで相談なのが職場復帰です。
全治二週間ですが1週間休ませていただいてわるいなぁと思いつつも、そんなに簡単に復帰して大丈夫なものなのでしょうか・・・・。

接客・販売系で売り場も広く、立ち仕事なのでちょっと不安がよぎります・・・・
店長とは連絡を取り合ってすぐにでも来てほしいみたいな感じなので、(ましてや人も少ない)
2週間まるまる休めないのかなぁ・・・・とも思いつつも
今のカラダの状態で軽い仕事をさせてくれると言ってはくれていますが、だとしても不安を覚えます。

事故をした方、似た経験のある方アドバイスお願いします・・・

Aベストアンサー

>そんなに簡単に復帰して大丈夫なものなのでしょうか・・・・。

医師も驚くほどの驚異的な回復を遂げた! と自負されるのでしたら
出勤しても構わないと思いますが、
普通は、知識と経験から出された診断書の内容を無視しませんよ。

休業補償とかにも影響が出ますので、自分勝手な行動はしないことをお薦めします。

Q会社を辞めたいのですが

先月の初め、業務中に会社の車で車同士の交通事故を起こしました。
過失は私のほうが大きく、相手方は10日間の怪我を負いました。示談はまだまとまっていません。

以前から4月いっぱいで辞めると決めていて、言おうとした矢先に事故を起こしてしまいました。

事故起きて1ヶ月しかたってないし、示談中に辞表を出すのは非常識な行動でしょうか?
ご回答おねがいします。

Aベストアンサー

会社員としても人間としても示談中に辞めるのは少しおかしいと思います。

自分が起こした問題ですし示談が成立するなり問題が解決してから辞めたほうが
会社も気持ちよくあなたを送り出すことができるでしょうし
あなたも心残りなく辞めることができるのではないでしょうか。

辞めるとはいえお世話になった会社ですので
上司などに相談するなりしてなるべく迷惑のかからない辞め方が良いかと思います。

Q休業損害が支払われるまでの生活費

3月17日に事故にあいました。
過失の割合は10(相手):0(私)です。
現在、ケガの治療中で仕事も休んでおりますが、生活費のやりくりも負担になってきましたので、勤務先に3/17~5/16までの休業損害証明書を書いてもらい、6月のあたまに源泉徴収票と一緒に提出しました。
未だ相手の保険会社からは何の連絡もないのですが、必要書類を提出してから休業損害が支払われるまでには、一体どれくらいの期間を要するものですか?
以前、保険会社の人身担当者は、必要書類がそろっても保険金を支払う支払わないの決定は保険調査会社がするものなので、調査会社の混雑具合によってはいつまでに支払えるとは言えない。
調査会社の決定が出ないと損保会社は支払のしようが無いと言われました。
先の生活の見通しが立てられず、大変困っています。
私は正社員で勤続25年で会社も一部上場企業なのですが、その勤務先が証明した書類でも、保険調査会社がいちいち調査して、金額を決定しないと休業損害さえ払ってもらうことはできないのですか?
私の場合は主人の収入がありますので、切り詰めて何とか生活を維持していますが、一家の大黒柱が事故にあわれたご家庭はどのように生活費を工面しているのでしょうか。
7月から仕事に復帰する予定ですが、7/1~7/31に働いた分のお給料は8/25が支給日になります。
4月の給与以降休職期間の社会保険や厚生年金等が、復帰後の給与から引かれますので、8/25の給与の手取りはゼロだと思われます。
これから給与収入が入る9/25まで、どうやって生活して行ったらいいのか、不安な毎日を送っています。
私のような場合、何をどうすれば良いでしょうか。

3月17日に事故にあいました。
過失の割合は10(相手):0(私)です。
現在、ケガの治療中で仕事も休んでおりますが、生活費のやりくりも負担になってきましたので、勤務先に3/17~5/16までの休業損害証明書を書いてもらい、6月のあたまに源泉徴収票と一緒に提出しました。
未だ相手の保険会社からは何の連絡もないのですが、必要書類を提出してから休業損害が支払われるまでには、一体どれくらいの期間を要するものですか?
以前、保険会社の人身担当者は、必要書類がそろっても保険金を支払う支払わないの決...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社によってだいぶ違いますね。

俺も被害者で休業補償もらっていましたが
保険会社に届くと、金額の確認に電話が入
ってきます。

では、XXXX円お振り込みします。

と言われ、それから中3日くらいでは振り
込まれていました。

しかも給料0円では生活大変でしょうから!
と保険屋に言われ、休業損害報告書は毎月
出していましたよ。その為に会社には毎月書いて
もらいましたが。

それともはじめの一回目をもらうときというのは
日数かかったかな?
少なくても2回目以降は中3日くらいです。

世間では賞与の時期ですから、休んだために減額
された賞与分も「賞与減額報告書」で補償して
もらえますよ。

それとのちのち慰謝料の計算でもめますから
このHPみて参考にしてみてください。

俺も、いくらが妥当なのか無料相談で金額聞きました。
その金額と保険屋が提示した金額が大幅に差があるよ
うなら相談した弁護士さんに依頼して裁判を起こすつ
もりです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング