gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

「あり」「ある」が動詞なのに、「なし」「ない」が形容詞なのはなぜですか?教えて下さい。

A 回答 (4件)

直接の回答にならないかもしれませんが。



言葉を組み合わせて、一つの文やひとまとまりの談話が作られていくとき、そこにどんな規則性・法則性があるかを明らかにしようとする学問が「文法論」です。

「文法論」には、例えば
山田文法(山田孝雄〈やまだよしお〉の文法論)、
松下文法(松下大三郎の文法論)
橋本文法(橋本進吉の文法論)
時枝文法(時枝誠記〈ときえだもとき〉の文法論)
など呼ばれているように、研究者の考え方や視点の違いに応じて、さまざまな、「文法論」があります。小学校や中学・高校で教わる、いわゆる「学校文法」は、そんなさまざまな「文法論」の中の一つにすぎないということをまずご理解ください。

さて「あり」と「なし」についてです。一般には「あり」は動詞、「なし」は形容詞と扱われますが、「あり」を形容詞の仲間と考える文法論がありますので紹介いたします。

江戸時代の国学者で、本居宣長の門人だった人に鈴木朖(すずきあきら、1764~1837年)という人がいます。この人は『言語四種論(げんぎょししゅろん)』を著して、語を以下の四種に分類しました。
1、体ノ詞(たいのことば)
2、作用ノ詞(しわざのことば)
3、形状ノ詞(ありかたのことば)
4、テニヲハ
「作用ノ詞」は、現在の用言のうち終止形がuで終わるもの、つまりラ変動詞以外の動詞です。「形状ノ詞」は、現在の用言のうち終止形がiで終わるもの、つまり現在の形容詞とラ変動詞です。鈴木朖は「あり」を形容詞の仲間と考えたわけです。

石垣謙二(1914~1947年)という人は、鈴木朖の影響を受けたのでしょう、用言を「作用性用言」と「形状性用言」に分けます(『助詞の歴史的研究』所収「作用性用言反発の法則」)。そして「形状性用言」には、「意義上からは事物の形状を表すもの」ということで、以下の語が所属します。
1、形容詞(ク活用、シク活用)
2、動詞(ラ行変格活用、見ゆ、聞こゆ、思ほゆ、侍ふ、候ふ、おはす、といふ、になる)
3、助動詞(形容詞型活用の助動詞、ラ変型活用の助動詞、き、じ、ず、む、らむ、けむ)
やはり、「あり」は形容詞の仲間になっているわけです。

「形状(状態)を表す」ということで、「あり」を形容詞の仲間にするという考え方は、ある意味で合理的・魅力的な考え方だとお感じになりませんか?

ちなみに「山田文法」では、「あり」をはじめとするラ変型の活用語は「存在詞」と位置付けられています。
    • good
    • 1

あらず、ありたり、あり、あるとき、あれば、あれ


=動詞・ラ行変格活用

あらない(?)、あります、ある、あるとき、あれば、あろう=動詞・ラ行五段活用

ない&なし=形容詞・ク活用

文法なんて、しょせん、すでに存在していた言葉を法則化したものですから、民衆の力で文法が事実上破壊されてる場合も多々ありますよね。「れる」「られる」なんかは、そうですよね。
    • good
    • 0

> 「あり」「ある」が動詞なのに、「なし」「ない」が形容詞なのはなぜですか?



そうだったんですか。おもしろいですね。質問者に点数を付けられるになら 20 点差し上げていたのですが。
    • good
    • 0

難しい質問ですね。


言葉というものは、文法にもとづいてできたのではなく、今まで使っていた言葉に規則性があることに気づいた人が、その言葉を分類したらこうなった、ということでしょうか。
つまり活用があって「し」「い」で終わるという規則を発見して、これを「形容詞」と名づけ、同じく「ウ段の音」で終わるものを「動詞」と名づけたに過ぎないのだと思います。
で、たまたま「なし(い)」が前者、「あり(る)」が後者に分類されたのでしょう。
文語文法では「あり」は「ラ行変格活用」というなんだかものものしい名前がつけられていますが、それも、「動詞」のカテゴリに分類しようとした結果「これ特殊だよね」という感じで名づけたのではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング