外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

「あり」「ある」が動詞なのに、「なし」「ない」が形容詞なのはなぜですか?教えて下さい。

A 回答 (4件)

直接の回答にならないかもしれませんが。



言葉を組み合わせて、一つの文やひとまとまりの談話が作られていくとき、そこにどんな規則性・法則性があるかを明らかにしようとする学問が「文法論」です。

「文法論」には、例えば
山田文法(山田孝雄〈やまだよしお〉の文法論)、
松下文法(松下大三郎の文法論)
橋本文法(橋本進吉の文法論)
時枝文法(時枝誠記〈ときえだもとき〉の文法論)
など呼ばれているように、研究者の考え方や視点の違いに応じて、さまざまな、「文法論」があります。小学校や中学・高校で教わる、いわゆる「学校文法」は、そんなさまざまな「文法論」の中の一つにすぎないということをまずご理解ください。

さて「あり」と「なし」についてです。一般には「あり」は動詞、「なし」は形容詞と扱われますが、「あり」を形容詞の仲間と考える文法論がありますので紹介いたします。

江戸時代の国学者で、本居宣長の門人だった人に鈴木朖(すずきあきら、1764~1837年)という人がいます。この人は『言語四種論(げんぎょししゅろん)』を著して、語を以下の四種に分類しました。
1、体ノ詞(たいのことば)
2、作用ノ詞(しわざのことば)
3、形状ノ詞(ありかたのことば)
4、テニヲハ
「作用ノ詞」は、現在の用言のうち終止形がuで終わるもの、つまりラ変動詞以外の動詞です。「形状ノ詞」は、現在の用言のうち終止形がiで終わるもの、つまり現在の形容詞とラ変動詞です。鈴木朖は「あり」を形容詞の仲間と考えたわけです。

石垣謙二(1914~1947年)という人は、鈴木朖の影響を受けたのでしょう、用言を「作用性用言」と「形状性用言」に分けます(『助詞の歴史的研究』所収「作用性用言反発の法則」)。そして「形状性用言」には、「意義上からは事物の形状を表すもの」ということで、以下の語が所属します。
1、形容詞(ク活用、シク活用)
2、動詞(ラ行変格活用、見ゆ、聞こゆ、思ほゆ、侍ふ、候ふ、おはす、といふ、になる)
3、助動詞(形容詞型活用の助動詞、ラ変型活用の助動詞、き、じ、ず、む、らむ、けむ)
やはり、「あり」は形容詞の仲間になっているわけです。

「形状(状態)を表す」ということで、「あり」を形容詞の仲間にするという考え方は、ある意味で合理的・魅力的な考え方だとお感じになりませんか?

ちなみに「山田文法」では、「あり」をはじめとするラ変型の活用語は「存在詞」と位置付けられています。
    • good
    • 1

あらず、ありたり、あり、あるとき、あれば、あれ


=動詞・ラ行変格活用

あらない(?)、あります、ある、あるとき、あれば、あろう=動詞・ラ行五段活用

ない&なし=形容詞・ク活用

文法なんて、しょせん、すでに存在していた言葉を法則化したものですから、民衆の力で文法が事実上破壊されてる場合も多々ありますよね。「れる」「られる」なんかは、そうですよね。
    • good
    • 0

> 「あり」「ある」が動詞なのに、「なし」「ない」が形容詞なのはなぜですか?



そうだったんですか。おもしろいですね。質問者に点数を付けられるになら 20 点差し上げていたのですが。
    • good
    • 0

難しい質問ですね。


言葉というものは、文法にもとづいてできたのではなく、今まで使っていた言葉に規則性があることに気づいた人が、その言葉を分類したらこうなった、ということでしょうか。
つまり活用があって「し」「い」で終わるという規則を発見して、これを「形容詞」と名づけ、同じく「ウ段の音」で終わるものを「動詞」と名づけたに過ぎないのだと思います。
で、たまたま「なし(い)」が前者、「あり(る)」が後者に分類されたのでしょう。
文語文法では「あり」は「ラ行変格活用」というなんだかものものしい名前がつけられていますが、それも、「動詞」のカテゴリに分類しようとした結果「これ特殊だよね」という感じで名づけたのではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「無し」の品詞を教えてください。

「無し」の品詞を教えてください。
「なし」の品詞の候補としては、名詞、文語体助動詞「なし」の活用形、口語体助動詞「ない」の活用形の変形?、形容詞などが考えられます。次の例文の場合の品詞は何になるのでしょうか。全部同じ品詞でしょうか。名詞以外の場合はその活用形も教えてください。
1)彼はろくでなしだ。
2)そこには何もなし。
3)昼からの仕事はなし。
4)借金なしで済ました。
5)その話はなしではない。
6)借金をなしにする。

Aベストアンサー

同義語や反対語は、できれば同じ品詞がよいのですが、不幸にして日本語では「ある」が動詞、「ない」が形容詞なので、やっかいな問題となることがあります。しかたがありません。
1)4)5)6)は、文語時代に形容詞「なし」から派生した名詞がそのまま口語時代に生き残っているものです。2)3)は、文語の形容詞のまま現代の口語の中にしぶとく生き残っているものです。

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Qquite a fewは何故「相当数の」?

quite a fewを辞書で引くと、「かなりの数の」「相当数の」という訳が出てきます。
しかしquiteとa fewという組み合わせでこのような解釈になる理由というか、イメージがよくわかりません。
何も知らずに訳したら「かなり少ない」となってしまいますよね?

曖昧な質問かも知れませんが、「quite a few」のイメージを何となくでも良いのでお教えください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/bitと言ういかにも少ないと感じる量が最大限の数値になるわけです。

これは、すでに多いと言うフィーリングをもつ、many/a lotにしても同じことなのです。 これもいくら多いと言ってもはっきりした数値は分かりませんね。 これを最大限にもっていく、と言うことは、very manyと言うことにもなるわけです。

ではこれは数だけのことを言うかと言うとそうでもありません。 He is a guy.と言えば単に「男性だ」と言っているわけですね。 これを、He is quite a guy.と言う表現に変えて、男性は男性だけど男性としての最大限の価値を持つ男性、と言うことになり、なかなかの奴だよ、と言うフィーリングになるわけです。

また、not quite finishedと言うような表現としても使い、終わっていないといえる最大限の状況、つまり、日本語に直すと、まだ終了したとは言えない、もう少しで終わるところ、と言う言い方とマッチするわけです。

もう少し例を出しましょうね。 quite a while agoと言うと言う表現がありますね。 ただのa while agoと言うあいまいとも言えるフィーリングの最大限に伸ばした、「かなり」昔のことだけど、と言うフィーリングを出すことができるわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/b...続きを読む

Q連体詞と形容(動)詞の違いが見抜けません

タイトルの通りです。

例えば、「小さな花」の場合、「小さな」は連体詞だそうですが、形容詞と捉えてしまいます。

ご指導ください。

Aベストアンサー

 まず連体詞と形容詞(形容動詞)の違いとして
・形容詞:(自立語であり、活用できて、言い切る形が「い」で終わる)性質、状態を表す。
・形容動詞:(自立語であり、活用できて、言い切る形が「だ・です」で終わる)性質、状態を表す。
・連体詞:(自立語であり、活用できず、修飾語になれる)体言のみを修飾する(=連体修飾語)
(連用修飾語すなわち用言を修飾するときは副詞になる)
…です。

 連体詞と形容詞の大きな違いとして、「活用」があります。形容(動)詞は語形が後の言葉によって変化しますが(=活用できる)、連体詞は変化しません。

  形容詞だと必ず語形が「かろ、かっ、く、う、い、い、けれ、○」(順に未然形、連用形、連用形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形)になります。紛らわしいときは上の法則に当てはまれば形容詞、と分かりますね。

 festival-tさんが例に挙げた「小さな」だと、形容詞の「かろ、かっ、く、う、い、い、けれ、○」の語形に当てはまりませんね。ですから連体詞となります。

 また、連体詞については種類が少ないので、以下のパターンを覚えるのが理屈云々より手っ取り早いかと思います…。
「~の」タイプ:この、その、あの、どの、例の、など
「~な」タイプ:大きな、小さな、おかしな、など
「~た(だ)」タイプ:たいした、とんだ、など
「~る」タイプ:ある、さる、きたる、いわゆる、など
「~が」タイプ:我が、など

 最後に練習問題です。次の文の()は連体詞、形容詞のどちらでしょう。
(1)景色は(美しかっ)た。
(2)(おかしな)話を聞いた。
(3)(大きな)仏像だ。
(4)(大きい)仏像だ。
(5)(例の)ブツはどこだ。

答えは(1)形容詞 (2)連体詞 (3)連体詞 (4)形容詞 (5)連体詞 です。(1)(4)は形容詞の活用法に当てはまりますね。(2)(3)は連体詞の「~な」タイプ、(5)は「~の」タイプです。

 …大分見えてきたでしょうか。ご参考になれば幸いです。

 まず連体詞と形容詞(形容動詞)の違いとして
・形容詞:(自立語であり、活用できて、言い切る形が「い」で終わる)性質、状態を表す。
・形容動詞:(自立語であり、活用できて、言い切る形が「だ・です」で終わる)性質、状態を表す。
・連体詞:(自立語であり、活用できず、修飾語になれる)体言のみを修飾する(=連体修飾語)
(連用修飾語すなわち用言を修飾するときは副詞になる)
…です。

 連体詞と形容詞の大きな違いとして、「活用」があります。形容(動)詞は語形が後の言葉によって変化し...続きを読む

Q連体詞と形容詞の見分け方

大きなかばん → 連体詞
このケーキは大きい → 形容詞


おかしいそぶり → 形容詞
おかしなはなし → 連体詞


この見分けを理解できません。
「な」で終わるのが連体詞の一つの特徴だとあります。

ですが、例えば、「おかしいそぶり」だって、「おかしなそぶり」に変えられるし、
「おおきなかばん」は、「大きいかばん」にも変えられそうです。

・・・ といった混乱をしているのですが、形容詞と連体詞のうまい見分け方を、ご存じの方がいましたら、教えてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5253443.html
が参考になると思います


人気Q&Aランキング