色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

金利が国債のほうがいいので、国債にするばかりなんでしょうか?
うちの親に、国債を勧められました。

gooドクター

A 回答 (5件)

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Contr …

10年物なら1%なので、選択肢かもしれませんが3年だと0.17%となっているので、多少上がったとしてもこれはちょっと。
ネット銀行の通常金利(3年)0.2%に負けてますし、キャンペーンの1年0.3%よりもっと低いですから。
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i300301CT

SBI証券を使っているので、たまたま一例に挙げましたが、条件付きの定期や、一部のキャンペーンだと、1%くらいの定期預金もありますので、短期で国債を買う理由はないでしょう。
長期なら国債もいいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/10/12 18:28

ANo.1です。



他の方からご指摘(> 先の方が挙げたSBI証券のページは、SoftBankの社債募集ページ。)があり、私のリンクがSoftBankの社債?になっていたとのことで失礼しました。

私はSBI証券の、円貨建債券のページの上(日本国債)にリンクをしたつもりでしたが、申し訳ありませんでした。

正しくは
http://www.sbisec.co.jp/
トップページから債権をクリック、円貨建債券をクリック、
そこに出てくる
第17回 個人向け国債(固定3年)
利付国庫債券(2年)(第309回)
利付国庫債券(10年)(第318回)

の事を書こうと思っていました。

なお、SBI証券は普段利用しているので例として金利を書くためにあげただけで、特に推奨している訳では有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/10/12 18:29

個人10年国債は元本100円は100円のままで半年で利息が付きますので国の半年定期です。

長期金利に連動するから2年以上ならおすすめ。普通の10年国債はギリシャと同じに15%となると元本100円は大暴落です。100円を100万円に置き換えると解りやすいでしょう。私は円の賞味期限は長いとはおもてません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/10/12 18:29

定期預金と国債はまったく別のものですから。



商品内容とそれぞれ固有のリスクを理解できていない状況で、
金利のみを見て選択するのは、危うい行動に思われます。

資産運用の目的と性向、リスク許容度によって振り分けるというならまだしも、
国債だけにするというのはいかがなものか。

親兄弟や友人がそんなことを言ってきたら、再考するよう提案するでしょう。
あくまで「再考」。国債が悪いというわけではないので「やめろ」ではない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/10/12 18:30

悪くはないです。

銀行はとにかく集めた資金を日銀に無利子で預けるか国債を買うかしかしません。
会社宛ての融資はとにかく回収。住宅ローンも国が買い取るフラット35しか請けない。ひたすら国債ばかり買います。
ただ、国債は満期迄持てば国が元利保証しますが、中途換金はその時の時価で売却します(売却価格は手数料を差し引いた後の価格を提示)。
後、国債以外にも社債と言われるものが一般に売られています。
これは上場企業が発行するもので、会社の信用度合いにより金利が変わります。
先の方が挙げたSBI証券のページは、SoftBankの社債募集ページ。
SoftBankは格付けがBBB-(投資適格としては最低ライン、BBに落ちたら投資で無く投機)だから金利が高いのです。でも人気はあるから自社系証券会社での予約販売で売り切れる。
社債は市場が余り発達していない為上場企業でも転売は困難で、その為会社が満期迄存続しそうかが問題に。
以前は電力会社の債券は有利な運用先でしたが、震災以降有利なとは言えなくなりました。倒産リスクが出て来たのです。
ただ、国も倒産リスクがあります。ギリシャ等がその例で、ギリシャの国債は2年ものの実効利回りが年利60%。ユーロでの返済だから今ユーロを離脱しても支払いだけはユーロで払う必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/10/12 18:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング