プロが教えるわが家の防犯対策術!

新築して一年が過ぎました。
今日まで本当に沢山の太陽光の営業が訪れてきました。

で、最近訪れた営業マンの話なんですが…

条件が合えば初期費用は0円で太陽光を設置する。
毎月の売電から太陽光のお金を返していく。

そのような説明がありました。
なので設置して欲しいと…

条件とはパネルの乗る枚数とかなので条件は満たしていますが…
なんか引っ掛かります。

実際、太陽光ってどうなんでしょうか?
メリットばかり耳にしますが、デメリットはないのですか?
付けといて損はない物なのでしょうか?

旦那の知り合いの太陽光の業者は言います。
元を取る前に壊れますよ。って。

太陽光をつけるならパナソニックを考えてますがどうですか?

太陽光に詳しい方や太陽光を設置してある方、色々教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

ぶっちゃけ、真実をお話します。


ID消されないか心配ですが(笑)

業界人で、全うな商売をしています。
365日、太陽光発電の事を考えない日はありません。
ですので、本当は意外に良い物なんだと分かって欲しい思いも込めて書きます。

 >条件が合えば初期費用は0円で太陽光を設置する。
 >毎月の売電から太陽光のお金を返していく。

この条件というのは、まずは設置条件になります。
メーカーの基準がありまして、パッと見では付きそうでも、
屋根材やその下地の問題で付かない場合もあります。
例えば希望されているパナソニックは、野地板が杉で、
カラーベスト、金属屋根などなら設置不可です。
(杉でも瓦の場合は、補強で付けられる場合があります)

また、電気を昼間にあまり使っていないことも条件になるでしょう。
割高に売れる売電を見越して、それを収入として考えるんですからね。
4kW程度の設置の場合、昼間に500Wくらいが望ましいでしょう。
冷蔵庫、照明、テレビ程度ですかね。エアコンガンガンの人は不向きです。

あとはローンが借りられるかですが、
家のローンと車のローンは問題ないです。
消費者金融に手を出していたら、即日返していても多分アウトです。
住宅や車のローンのせいで、もし太陽光のローンが借りられないような人は、
「生活大丈夫ですか?」ってくらい苦しいと思うので、まず無いでしょうが。


ローンでも元が取れるという話、騙されないよう気をつけてください。
おそらく15年ローンの返済額と、月々のメリットを提示してくるでしょう。
肝心なのは、10年目以降は、高い単価で買い取ってくれるかどうかは分からないのです。
分からないところを、お茶を濁してというかうまく騙して、契約を迫るのです。
訪問販売のやり口は、こういうパターンです。

実際は、業界的には10年目以降も恐らく買い取って貰えるが、
高い単価で買い取って貰える制度が出来る前の単価、
すなわち買っている単価と同じであろうというものです。
もしかしたら、全く買い取らないかもしれませんが、
さすがにそれでは暴動が起こりますので、おそらく安くはなるでしょう。
ただし、電気代が高くなっていれば24円/kWhよりも高くなっているかも知れません。

国の補助金は来年度はおそらく3万円~3万5千円/kW程度に下がります。
売電の単価も42円/kWhから36~37円/kWhではないかと言われています。
国の補助金も、今後2年間くらいの財源は決定しましたし、
補助を出している機関、J-PECの建物を借りている契約もあと2年らしいので、
補助金は2年後にはおそらく無くなります。

全量買取制度の結果を待って・・・という書き込みをされている方も居たようですが、
住宅用は全量の対象になりません。あくまで住宅用は余剰電力の買取です。
これは経済産業省のHPにある資料にも書かれていますし、以前から言われてきたことです。

では、今付けるのが得か。
これは何とも言えませんが、昨年付けた人はラッキーでした。
投機的な目的で付けた方も多く知っています。
そして、今年はシステムの価格は若干下がった(メーカーが下げてくれた)が、
やはり比較すると昨年の方が良かったというのが事実です。
来年度はもっと条件は悪くなるでしょう。

しかし、借り入れとなると、イニシャルコスト(初期費用)が安いほうが、
負担が少なくなりますので、将来補助金が無くなり、売電も24円/KWhくらいになっても、
より効率の良い物がKW単価あたり安くなれば、それなりに買うメリットもあると思います。
ただ、それなりです。安かろう、悪かろうになる可能性も高いです。

ローンをされるのであれば、補助金費用×2倍くらいの費用を頭金にして、
12年か13年ローンにして採算が合うようであれば、導入しても良いと思います。

さて、実際のシステムについては、パナソニックなら、
今は215Wのシステムがおすすめです。多分230Wと比べて随分安いはずです。
ただ、カラーモニタは1年保証になりますので、これは仕方ないですが・・・不安はありますね。

後のデメリットとしては、例えばスイッチが勝手に落ちていて、
売電が1ヶ月無かったなどの場合でも補填はありません。

また、隣に太陽光発電が付いていたり、変電所、工場が近い場合、
電圧抑制により、期待したほど十分に売電(発電)出来ない場合があります。

太陽光発電パネルの出力は、年数と共に劣化するものであって、
10年以内に最大出力の90%の90%、すなわち80%近くに落ちたら保証されるのですが、
10%程度の低下では保証対象にならないこと。
まあ、パナソニックなんかは、その分も見越してシミュレーションしているでしょうけどね。

地域にもよりますが、パネル1kWあたり1000kWh~1300kWhの
年間発電量でシミュレーションされているはずです。
隣に建物や電柱などがあって影になる場合は、その分を割り引いて計算しているか気をつけてください。
稀に節電率と称して、自宅の消費電力を節約した「場合」の算定をシミュレーションに入れますが、
5%程度なら分かりますが、10%、20%とか、大きな数字になっていないか、
気をつけてください。買っている電力を低めに設定して計算し、元を取るのが早い様に装います。

色々書きましたが、正直お得かどうかは何とも言えないですが、
例えば車を買った場合に、そのコスト分本当に役に立っているか、
買った服は、その値打ち分くらいに元を取っているか考えてみれば、どうでしょうか?

太陽光発電は条件によってメリットが出るものですので、
付けて半分もメリットが出ないようであれば、その説明は詐欺になります。
太陽光発電のある生活、使っている電気が見えるなどのメリットを考えると、
トータルではまずメリットがあるという方も多いのかと思います。

ただ、私が推奨するのはHITでも4kW以上は必要ですし、
おそらくパナソニックでも税込みでもkWあたり50万円は切っていないと厳しいのではないかと思います。
215Wなら、そんな業者も探せばあるでしょうから。

15年ローンは、まずやめておいた方が無難です。
あとローン金利は固定が良いです。今月は普通の取扱業者なら2.85%くらいでしょうか。

ご参考になれば。
    • good
    • 31

>条件が合えば初期費用は0円で太陽光を設置する。


毎月の売電から太陽光のお金を返していく。

そんな好条件の旨い話があるのですね。

私の少ない知識からしても、毎月の売電から太陽光のお金を返していく事はほとんど無理に近いと思います。
風力も太陽光も天候に左右されるので安定した電力が作れないのが問題です。

>旦那の知り合いの太陽光の業者は言います。
元を取る前に壊れますよ。って。

私も同意見です。

今後、さらに画期的に効率の良い太陽光セルが開発されたら、いつになるか分かりませんが一口乗せてもらうつもりです。
    • good
    • 10

私の居た食品会社には10畳程度の広さの冷凍庫が有りました。


これは電気を使わずに250ccの単気筒エンジンで冷凍機を駆動していました。
燃料は東京ガスの都市ガスです。
庫内の温度が少し上がると、エンジンが自動的に動き出して冷凍機を駆動するのです。

空冷エンジンでしたから廃熱は全て捨てていましたが、もしも水冷エンジンにして
排気管の熱も回収するようにすると、エンジンから動力を取り出しながらお湯が大量に沸かせてしまうのです。

家庭用コージェネレーションは、燃料電池が発する電気と熱を両方利用しようというものですが、燃料電池などという高価なものを使わなくても、普通のピストンエンジンで十分なのです。
ほとんどの自動車はお湯を沸かしながら走っているようなものです。
そして、そのお湯を冷やしながら走っています。
何と勿体無いことでしょう。しかし自動車は走るので仕方が無いのです。

では、走らない定置型エンジンならどうでしょう。
どこの家庭でもお風呂を沸かしますよね。
ですから、水冷エンジンにお湯を沸かさせて、エンジンの動力で発電するともの凄く大きな電力が取り出せるわけです。
100 KWなんて簡単です。
太陽光発電ですと、屋根一面にパネルを貼り付けても太陽光が一番良く当たるときで3 KWとかそんなものでしょう。
100 KWと3 KWでは大人と子供以上の違いです。

これが、超格安の家庭用コージェネレーションです。場所はほとんど取らない。
どこの家でも風呂は沸かす。だから燃料代は只に近い。故障はほとんどしない。
故障しても簡単に直せる。・・・などなどメリットだらけです。

これが普及したら太陽光発電なんて何処かに飛んで行ってしまいます。
残ったのは莫大な借金だけみたいな。
    • good
    • 12

新築して1年ですか。


住宅ローンはまだまだ残ってるんですよね?
貯金はありますか?
もし太陽光発電の設置を検討中なら、ローンなど組まずに一括で支払えるくらいに余裕があるならやるべきでしょう。
売電を充てにしてローンを組むならやめておいたほうが無難です。
営業マンのうまい話には罠があります。
結局は全額ローンを組ませて売電料金から払えば0¥って事でしょうが、そううまくはいきません。
そういう話に乗ると結果的に損をします。

後乗せは見栄えが悪いし、他の回答者が言ってるようにパネル裏面の屋根が傷みます。
どうせやるなら新築時に屋根と一体型になったパネルを乗せるべきです。
しかも発電効率の良い単結晶型というタイプは非常に能力が高いです。
質問者さんが言ってるパナソニックの製品は、サンヨーの単結晶パネルを採用しています。
元々の価格が高価な事などもあり、飛込みでの怪しげな会社の営業マンはサンヨー製パネルを嫌います。

単結晶パネルは多結晶パネルがまだ発電できないような薄暗い早朝から発電をします。
当然夕方も遅くまで発電しますし、曇りや雨の日も発電します。
日中の発電量にはそれほど差はでませんが、一日トータルでの発電量は明らかな差が出ます。
その分高額なわけなんですが、設備投資した分だけ売電料金に差が出ます。

元を取る前に壊れると言われたとありますが、根本的に元を取りたいのなら初めから付けない方がいいです。
多結晶パネルは壊れやすいと聞いた事もありますが、その根拠も科学的に証明されているわけでもないですし、そもそも壊れるなら先ずはパワコンが先だと思います。
それに壊れるかどうかは壊れてみなければわかりません。
初めからいつか壊れると思ってればがっかりしません。
少しでも長持ちさせたいのなら定期的にメンテナンスする事です。

結論を言えば、初めに高額な設備投資をしてもせいぜい15年から20年程で挽回できるかな? 程度であって、けして儲かるような代物ではありません。
今は高額な住宅ローンを支払ってる最中でしょうから、これ以上無駄な出費を増やさないようにする事の方が必ず儲かります。

ちなみに我が家は昨年新築時にパナソニック製の屋根瓦一体型のタイプを約5KW乗せ、毎月の売電料金は約2万円です。
太陽光発電部分のみの設備投資は400万超。
オール電化とセットなら確実に光熱費は下がります。
    • good
    • 13

本格的に取り入れた 人口島の様子


http://gigazine.net/news/20080623_mega_solar/

無限動力がこの世に無いことを学習すべきです。

たとえあってもそのリスク
製造過程での価格との折り合い

風力にせよ 
潮流を利用した海中で回すプロペラにせよ
潮の上下運動を利用するエネルギー
もちろん太陽光も・・・
原子力にしても・・・

その開発に如何ほどの労力と資源とエネルギーが使われたか・・・

1Kw 44円のお話も政府が決めた値段であって
何処かにその負担は強いられているのです 確かにその値段だ私は買ってはいません。

例えば極端な話
太陽光エネルギーをむやみやたらに地球上のすべての場所で
設置して人間が使うとなれば、 地球の温度は完全に冷めててしまうはずです。

その為に太陽光発電で得たエネルギーを暖房に使えば また別な問題も出てきます。

海温と地温の温度差による気象変化も当然起こるでしょう。
使い切った廃棄物は再利用するにしても また無駄なエネルギーが必要です。

あの 津波による原発事故が最も象徴していると思います
どうするのですか?
誰も30年以上待ってくれません。

政府はお金を用意しても
現に仮置きする場所すらない状態 
何処か遠くの島に投棄すれば海洋汚染も甚だしいことになるのは間違いないことです。

使用済み燃料を地下に埋める話も確か聞いたことがあります。
実際それが出来ているのか その場所はあるのか・・・
地震列島の我が国の地下はそこまで安定しているとは言い切れないでしょう。

国債を発行して その場しのぎになっている12兆円もの復興費
すべてが原発関係では無いにしろ いつの間にか我々の財布から吐き出されるものです

90兆円とも100兆円ともいわれる我が国の予算
歳入は僅かに3-40兆円しかないのです

後は 国債という名のもとに 万人から金利を少しだけ多くして かき集めているお金です。
その利子も馬鹿になりません、もしかしたら血税の半分が利子に回っているかも・・・。

お年玉をもらった我が子から 少し増やしてあげると言いながら 取り込んでしまう親の姿そのものです。 

エコに補助金を出してどうするのですか?
良かったら 補助金など要りません誰でも設置します。
温暖化阻止の名のもとに使われる 余分な費用

この国の沈没は すでに目に見えています
ギリシャの二の舞にならないように・・・。

やがてやってくるインフレに備えて 金(きん)だけは手放さないようにしたいものです。

海外で大見栄を切ってくる誰かさんがいる限り
庶民はそのたびに真綿で首を絞められているのです。


したがって
答えは 絶対に設置しない です
    • good
    • 11

ご検討のための情報を提供します。



・何で見ず知らずの訪問販売員と高額な商品契約をするのか疑問です。
 どうしても欲しければ、よく知っている人か、店舗を構えた信用できる店(会社)から買うべきでしょう。
 訪問販売なんて、これまでいい話を聞いたことが無い。

・次に元が取れるか、儲かるかという点

太陽光発電は1kWの能力でだいたい1000kWh/年の発電をします。
(地域によって1割り前後増減します)
とするといくら発電するか。。

半分を電力会社に44円で売って半分を自分で使うと
500×44円+500×25円=22000+12500=34500円
44円買取は10年ですので
10年で34万5千円、20年で34万5千円+25万円=59万5千円

新しい法律が通りましたので仮に10年間全量を44円で買い取ってもらえれば
10年で
 1000×44円=44000円
20年で
 44000+1000×25円=690000円

見積もり提示された額を発電kWで割ってみてください。
何年で元が取れるかわかります。
良心的な価格提示で15年から20年くらいで元が取れる感じでしょうか。

太陽光パネルは20~30年くらい使えます。
直流から交流に変換するパワコンは15年くらいですか。
前の回答でもある通り、パネルの下の屋根のメンテはできません。

以上総合して判断されるのがよろしいかと思います。
    • good
    • 5

>太陽光発電。

本当のところ。

本当のところ、営業マンが一軒一軒訪問販売しないと売れない代物です。

いまや、大画面テレビだって、自動車だって、消費者の方が店に行って買う時代なのに、です。

人件費の高い昨今、個別訪問販売や個別電話セールで売るのは、怪しげなネズミ講みたいのか、”賃貸マンション経営しませんか”、みたいな物だけでしょ。

消費者は賢いものですから、費用対効果が確実なら、国道沿いのホームセンター当たりで量販しても、皆が買いに行くようになりますよ。
    • good
    • 7

仕事で太陽光発電も住宅・不動産も手掛けてたことがありますが、


太陽光発電は、家の屋根程度の広さでやるものではないですね。
日本の狭小住宅では、元が取れる可能性はそれほど高くないでしょう。
でも、中国産なら多少の可能性はありますね…(サニックスとか)

ただ、新築住宅でモジュール設置のために天井に穴をあけると、
施工の10年保証は「消滅します」。
だって、施工が完成させた後に改造したことになりますから。
それを嫌って「シャープ」は穴をあけない施工方法がありますよ。
パナソニック(旧サンヨー)は不明ですが、築10年未満の建物にしか施工しないとか…。

理想形はハウスメーカーが最初から取り付け工事をしたうえで、
保証を付けてもらうのがベスト。今更つけるものではないでしょう。

ただ、今の売電価格42円は、原子力発電に比べ、約5倍程度の高額で買い取っているのが実情です。
売電効果が高いと営業が謳うのはここにあり、
昼間電力を消費する人がいなければ、高くで電力会社に電気を押し付けることが可能で、
逆に朝・夕の消費する時間帯は電力会社の安い電気を買うと意外に減価償却ができるものになります。

なので賃貸のアパートなどを所有されているオーナーさんは今が考えどころです。
10kw発電が出来るようなら、投資額を10年未満で回収できる試算を立てたことがあります。
家賃収入に売電収入の効果がでると、収益効果がかなり高いですし、
国からの補助金もあるので、やる価値は結構あります。

ヨーロッパで太陽光発電への投資が盛んなのは、この売電価格にあるんですよ。
    • good
    • 5

太陽光発電。

本当のところ。

まともな会社の太陽光発電設備の初期投資費用、機器の故障・
寿命に伴う交換費用を考慮すれば月々の売電で少しくらい儲け
があってもトータルでプラスには絶対なりません。
 屋根の角度、設置面積(出力)、日照時間や昼夜の電気を極力
節電するなどの条件が重なって改善の余地はありますけどね。
初期費用0円って何かからくりがありますね。太陽光パネルは
安くありません。また、太陽光発電はパネルで直流の電力を発
電し、それを三相交流に変換しなくては使い物になりません。
その変換器が高額で、寿命が10年程度と言われています。
なので、10年くらいで元が取れそうになってきても変換器の交
換時期になるため、また出費がかさむので元は取れないと思い
ます。
 まあ、太陽光ブームで値段が下がってくればもちろん改善の
余地があります。

そもそも、太陽光発電を導入する目的は発電して電気代を減らし
たいということです。きれいな表現としては化石燃料の消費を減ら
して地球環境に貢献したい!なんてこともあると思いますが、パ
ネルと変換器等の設備を作るのに相当の電気を消費しCO2を
出しているのも事実なんですけどね。ハイブリッドカーも同じで、
エコのためにハイブリッドに一斉に買い換えるのは、一見良いこと
ですが、その生産のために地球全体ではCO2は増え続けてい
ます。エコは商売用語のようなものですね。

巷で話の出るメガソーラーは太陽光発電所のことですがスケール
メリットとソフトバンクの社長が政府と作った自然エネルギー買取
法案のお蔭で、高い金額で電気を電力会社に全部買い取らせる
ことが可能になったので事業として利益が出るようです。

結論から言って、太陽光発電を導入するより、少しでも無駄を省き
節電に心がけることが一番だと考えます。
    • good
    • 7

意見はでつくしていますが



付けといて損はない物なのでしょうか?

という意味では、長い目で見て、元がひけるかどうかぎりぎり、というのが今の技術水準です。
環境を考えてということで言えば悪くないですが、金銭的なメリットという意味では
過度な期待はしないほうがいいでしょう。
最初に大きなお金をはらってしまって、後は安いよ、というのも精神衛生上は悪くないですけどね。

できれば家を建てるときにやったほうがいいでしょうね。


これからまだまだ伸びる技術です。
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽光発電なぜ元が取れるのに付けないのでしょうか?

タイトルの通りなのですが、当時は元が取れる
といっても本当なのか嘘なのか解らない状態で
したので、ローンしてまで取り付けるなら電気
代で払っていた方がローンがない分気が楽だと
思っていました。

でも、
1)本当に元も取れるし(日中の発電量は電力
  会社のお墨付き)
2)メンテナンスも無し(消耗品は交流を直流
  に変える機械だか?で1万程度)
3)パネルは永久物
4)月々の支払いも年間通しては収支トントン
  ローンであれば15年で元が取れる計算です。
  (現金払いでは11年)
5)しかも発電時間は朝10時から15時までで計算
  されているから実際は計算上より早く元がと
  れる。
との説明を受けたので疑心暗鬼ながらも契約し
ました。

とはいってもなかなか太陽光発電って進みませ
んよね。なぜなのでしょう?
電気代払っているつもりになれば購入した方が
お得じゃないですか?
さらに電気代ってガソリンなどと違って使わな
い分は電力会社に売れるし。
だから太陽光発電も地域で設置できる戸数は決
まっているみたいです。(みんなが太陽光発電
にしたら電力会社が儲からないので)

これだけ良い条件なのになぜか普及が進まない
原因ってなんなのでしょう?契約しながらも
ちょっと不安な面もあるので質問してみました。

タイトルの通りなのですが、当時は元が取れる
といっても本当なのか嘘なのか解らない状態で
したので、ローンしてまで取り付けるなら電気
代で払っていた方がローンがない分気が楽だと
思っていました。

でも、
1)本当に元も取れるし(日中の発電量は電力
  会社のお墨付き)
2)メンテナンスも無し(消耗品は交流を直流
  に変える機械だか?で1万程度)
3)パネルは永久物
4)月々の支払いも年間通しては収支トントン
  ローンであれば15年で元が取れる計算です。
  (現金払いで...続きを読む

Aベストアンサー

去年、新築時にオール電化&太陽光発電(3kWタイプ)にしました。

現在までに、東京電力から9回ほど入金がありました。
合計で約52000円です。
月ごとの発電差を無視して計算すると1年で約7万円となります。
約200万円の設備投資なので、このシステムのみの損益分岐点は30年弱です。
ただ、オール電化にしてから、ガスや石油を使わなくなり、これらをかんがみると20年程度で投資回収される計算になります。
昼間の電力使用が少ない家庭ではもっと早く回収できるかもしれません。
(時間帯による単価の違いによる)
うちの場合も電気代(消費分)は半分近くになっていますし。

ちなみに太陽光発電では、「メンテナンス」は不要です。風力発電やガスコージェネでは稼動部や熱疲労パーツが存在するのでメンテナンス(定期メンテ)は避けられないでしょう。
インバータは「メンテ」ではなく故障時の補修ですから、故障すれば修理する必要がありますが、故障しなければ発生しない費用です。

また、太陽光パネルは強化ガラス(合わせガラスでない自動車のガラスと同等)なので、よほど大きな雹などに当たらない限りは割れることはないでしょう。ちなみに重量も磁器瓦などよりもはるかに軽量です。

太陽光の話になると実際に設置している人と机上の理論の人で大きなギャップがありますから、情報をよく吟味して検討する事をお勧めします。

設置される場合でも、業者の選択も重要です。飛び込みのような業者だと、かなり高額な請求になっている場合もあります。
キロワットあたり70万程度を目安に(SANYOのHITは高効率なので高めなので設置面積が限られる場合には有効)すればよいと思います。

いずれにせよ、壊れれば修理費が発生することになりますから、「絶対に元をとりたい!」との考えであれば、再検討する必要はあります。

0913さんの「一戸建て(持ち家)と賃貸」の例えはうなずけます。

去年、新築時にオール電化&太陽光発電(3kWタイプ)にしました。

現在までに、東京電力から9回ほど入金がありました。
合計で約52000円です。
月ごとの発電差を無視して計算すると1年で約7万円となります。
約200万円の設備投資なので、このシステムのみの損益分岐点は30年弱です。
ただ、オール電化にしてから、ガスや石油を使わなくなり、これらをかんがみると20年程度で投資回収される計算になります。
昼間の電力使用が少ない家庭ではもっと早く回収できるかもしれません。
(時間帯...続きを読む

Q太陽光パネル、つけるべきでしょうか?

いつもお世話になっております。

兵庫県南部に新築戸建を建設することになりました。
土地の特徴としては、北東、東、南東が道路6メートルに面しており、
南~南西に同じ二階建ての家が隣接、西~北に同じ二階建ての家が隣接している
といった感じです(わかりづらいかな。。。午前~14時ころまで陽当たりがいいかなと。)
屋根は、ストレート切り妻1面・寄棟だそうです。(決まっています)
今から作るので、太陽光パネルを将来乗せることができるようにしてください!と
1級建築士にお願いする予定です。

売り主さんによると、建築とともにパネルをつけると隠蔽工事で綺麗に設置できると。
2キロで年間7.4万程度うくので、年間電気ガスで月平均1.4万程度かかっている
我が家としては、オール電化にして月々1万程度以下くらいに平均がなればいいかな
と安易に考えています。床暖房はつけません!極寒地でもないし、要らない価値観なので。
出力保障25年、システム保障、工事保障、物損保障10年がつくそうです。
2キロだとしても、儲けよう!ではなく、月々の光熱費を下げれる程度でいいかなと
これまた、ばっくり考えています。
 以下相談事項です!

(1)建築とともにつけると、設計士さんがパネルを付ける位置をきめてくれるそうなのですが
 建築士さんがそもそもわかるんでしょうか?(業者と相談するのだとおもうのですが)

(2)2キロで110万以下ではつけれるといわれましたが、高い?

(3)後付けした場合、何かデメリットありますか?

(4)メンテナンス費用とか、パネル自体の寿命もあると思うのですが、
 みなさんはどこのメーカーのものを採用しましたか?
 それを選んだ理由とともに教えていただけると、見積もり複数したいので
 参考になります。

(5)売り主さんところですると、シャープサンビスタ、サンテック(中国)高島株式会社のス マイルソーラーから選ぶようですが、使われている方、どうでしょう?


以上、どれかでもかまいませんので、教えていただけたらと思います。

 

いつもお世話になっております。

兵庫県南部に新築戸建を建設することになりました。
土地の特徴としては、北東、東、南東が道路6メートルに面しており、
南~南西に同じ二階建ての家が隣接、西~北に同じ二階建ての家が隣接している
といった感じです(わかりづらいかな。。。午前~14時ころまで陽当たりがいいかなと。)
屋根は、ストレート切り妻1面・寄棟だそうです。(決まっています)
今から作るので、太陽光パネルを将来乗せることができるようにしてください!と
1級建築士にお願いする予定です。

...続きを読む

Aベストアンサー

太陽光発電の販売・卸に携わっている者です。

私の個人的な意見ですが、2kW程度だと太陽光の設置はお勧めしません。
パネル以外の設置工事費等が相対的に割高になってしまいます。
設置容量が 3kW以上であればお勧めするのですが…。

(1)設計士でも工務店でも同じです。
 うちのような販売会社又は各メーカーが
 メーカー毎に売電シミュレーションをして見積と一緒に渡してくれます。
(2)パネルメーカーにもよりますが、妥当な範囲かと思います。
(3)足場代等が別途必要になるため割高になります。
(4)うちでは、京セラ、パナソニック、三菱をお勧めしています。
  シャープは訪問販売業者が取り扱うことが多いと思います。
  海外メーカーは安いですがメンテナンス等に不安があります。
  ※個人的な感想です。
(5)上に同じ。

ちなみに、今年度から国の補助金は無くなりました。
地方自治体で、補助金を出すところはまだありますので調べてみてください。
売電価格も年々下がるので、設置するのでしたら早い方が良いです。

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q建売と注文住宅どっちがイイかな・・・

漠然とした質問なのですが、建売と注文住宅のメリット、デメリットが知りたいです。

建売のほうが若干安いような気がします。

私はコレといって変わった家にしたい訳ではないのですが、材料の質がやっすいのとかはイヤなんです・・・。

建売ってコスト削減のためにと聞いたことがあるのですが、そんなものばかりなんでしょうか?

分かる方や、建売に住まわれた方の意見よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

建売は完成品なのでその土地の上にその建物しかありません。間取りも仕様も選べません。(洋服ならプレタポルテ・吊るしみたいです)

売り建ては着工前の建売でキッチン・バス・洗面所・玄関ドア・クロスなど決まった中から選べたり、間取りも(設計)多少変えたりすることもできます。(イージーオーダ―ですかね)

建売業者の中には売り建てを「注文住宅です」なんて言う者もいます。

注文住宅は全てにおいて「オーダーメード」です。


建売は当然ローコストです。(若干どころではありません)

最近はレベルを上げてはきていますが、会社によってです。キッチンや洗面台その他を同じものを何台も(色や配置は違いますが)何軒分も使う事によって仕入れ単価を落としているのです。

また、設計図どおりで追加工事などもでないので時間もかかりません。

建売工事を行っている工務店に「建売と同じ仕様で」と言ったら普通の注文住宅より安くはできるでしょう。

但し、床材・キッチン・バス・洗面所・クロス・外壁・玄関ドアなど決まった中からしか形や色は選べませんけど。

最近は新興住宅地などでは大手の住宅メーカーが建売をしています。やはり見た目はいいですね(やはり高いですが)

建売住宅の設計は無駄を無くし、坪数以内に収める事で万人向けの設計ですが、面白みに欠けます。また、使い勝ってまではあまり考えないでしょう。

造作は職人さん次第なので一概には・・・
建売でも注文でも上手な人は上手で、下手は下手ですから。

昔から、「本当に満足する家は3回建てないと解らない」なんて事も言われますが、最近は個性派の設計士さんもいますので相性のいい人に当たればいい家ができますよ。

ちなみの私の親は大工で2回家を建て替えましたが、私は建売をやっている不動産会社で現場やお客さんとの打ち合わせをしていました。
始めの家は建売を買い、今は自分で間取りや仕様など考え設計士に頼み工務店に発注した家に住んでます。(やはり材料は違いますね)

棚ひとつでも、テレビの置き場所でも使い勝っては最高です。

建売は完成品なのでその土地の上にその建物しかありません。間取りも仕様も選べません。(洋服ならプレタポルテ・吊るしみたいです)

売り建ては着工前の建売でキッチン・バス・洗面所・玄関ドア・クロスなど決まった中から選べたり、間取りも(設計)多少変えたりすることもできます。(イージーオーダ―ですかね)

建売業者の中には売り建てを「注文住宅です」なんて言う者もいます。

注文住宅は全てにおいて「オーダーメード」です。


建売は当然ローコストです。(若干どころではありません)

...続きを読む

Q注文住宅、総額いくらかかりましたか?教えてください。

注文住宅で家を建てられた方、総額いくらかかかりましたか?
漠然としていて、叱られそうなのですが・・・。
もちろん、上を見ればきりがないし、タ○ホームなどの基本通り
で建てた方などは安く建てられたと思います。
つまり平均が知りたいのです。
建て方も、坪数も、もちろん皆さん違うと思うので一概に「いくら」
が平均とはいえないのも解ります。
ハウスメーカー、工務店、大工、それでも変わってくるのも解ります。

実は、新築を考える中で、主人と私の家に対する金額が500万ほど
違うので意見が分れて困るのです。
総床面積40から45で、主人は2000万あれば建てられるといい
私は2500万はすると思っています。
参考意見として、是非家にいくら使ったのか教えていただけると
助かります。

Aベストアンサー

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー天井の全面収納棚、と1方向の対面収納、1畳の階段下収納、2箇所の床下収納、ウォークインクローゼットは4箇所、6畳小屋裏収納、小屋裏収納拡張のための屋根裏出入り口付、床下収納2箇所、南側全面幅12m×2mのビルトインバルコニー暴風雨補強対策付、戸外の水栓2箇所、戸外コンセント5箇所、耐震強度も自分で再計算し、余裕の補強をしてもらっています。庭に電気を引いた1.5坪ログハウス物置も付いて、標準装備や希望オプションは全て入れました。築3年を経過しましたが、不具合はもちろん何もなく快適です。

「これでどうしてそんなに安いの」とよく言われますが、特に節約を意識せず普通に建てました。40坪で2500万円という価格は標準的なもののようですが「何でそんなに高いの?」と正直思います。

要するに「お任せ」では高くなりますし、手抜きや無駄な施工をさせないようよく勉強して必要な部分に必要なお金をかけていけば十分安い家が建つということです。その勉強が半端ではありません。

有名メーカーではありませんが、床面積60坪の8LD+DKで2400万円でした。タ○ホームのようなローコスト建売まがいの住宅ではありません100%注文住宅です。私自身が間取りや仕様、主な材料製品をリストにして「これで2400万円で作ってください」と直接談判しました。

地盤調査にベタ基礎、次世代省エネ高気密住宅で全て断熱ペアガラスシャッター雨戸、トイレ洗面2箇所、6箇所給湯、本格和室と掘り炬燵、和室南側の縁側、出窓4箇所、1.2坪のバスルーム、キッチンは8畳で長さ2700のシステムキッチンと2方向の床ー...続きを読む

Q1000万で家を建てた方。快適さはどうですか?

いつか家を建てたいので今勉強中です。
ですがこの先何があるか分からないのであまり無謀なローンは組みたくので1000万くらいの家を建てようと思ってます。
家は安いのは安かろう悪かろうと良く聞きますがすべてがそうとは限らないと思うのですがどうなんでしょうか?
大手のハウスメーカーではなく地元の工務店にお願いしてみようと考えています。
家の外観や設備にはあまりこだわりはありませんが自然素材で作りたいです。
あまり便利な機能はつけるつもりはありません。ごくシンプルな家を目指しており足りない部分はDIYなどに挑戦してみたいです(大変だと思いますが)
子供が2人います。最初は1部屋で大きくなったら2人部屋に分けるような作りにします。
土地の広さや建てる場所はまだ決まってないので何とも言えないのですが1000万から1500万くらいで建てられた方住み心地はどうでしょうか?
工夫されたことを教えて頂きたいです。
建てる場所の候補は静岡、神奈川あたりに考えています。
良かったこと、後悔したことどんなことでも結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 1000万じゃないんですが、いいですか?

 我が家は1200万でした。4SLDKです。リビングダイニングの広さは16畳位。
 一階はLDKと水回り和室、二階に三部屋(クローセット付)と納戸があり、ベランダもあります。
 
 他に犬用にガーデンルームを別工事でとりつけました。

 子供は二人、男女ですから分けました。もう大きいしね。
 ツレとは別室ですから、もしも仮に客が来たら和室を空ける予定ですが、今は私が和室を占有しています。
 四人で四部屋です。
 リビングの一角に書斎のような仕事スペースを作りました。いまそこでこれを書き込んでいます。
 
 脱衣所も普通の広さ、お風呂は広いくらい。
 二階にもトイレがあるし、廊下も広い。
 二階でこだわったのは将来大きい部屋として使えるようにと、壁ではなく開けられるような間仕切りにしたこと。
 和室の収納を確保するために畳下を収納スペースにしたこと。これも別料金でしたが、小上がり風になり四畳半のスペースがそのまま収納になります。二畳は板間、床の間というか仏壇スペースと一間の押入れがあります。

 住み心地はいいですよ。特に遜色なく住んでいます。
 キッチンもそれなりに広いし、
 玄関アプローチもしっかりしているし。

 細かいところでは、各部屋のドアがストッパーがあり、トレイにはペーパーホルダーが二個用のもので上に物が置けるような板があるところもいいかんじ。洗面所の床下収納は便利です。台所にもあります。普通のシステムキッチンですが別に困ることはありません。

 実は警戒区域からの避難民なので、これで家は三軒目です。
 よって、どこにお金がかかってどこを削れるのかが分かるからかもしれませんが、満足ですよ。

 書いていいのかな…・・建設会社の名前は・・・・一文字です。〇建設。
 一度は手抜き工事で告発された経緯があるので、今はしっかりしていますよ。

 定期点検もしてもらえるし、無料だからこれもOK

 フラット35を使ったのでエアコンや照明分は手出しになったことがネックかな。でもまあ自己資金があるならこれもOK。


 土地はそれなりに500万位のところです。
 電車の駅から徒歩四分。
 少し歩くと河川敷。増水の心配はなし。あっても対岸なので・・・これもOK.

 新興住宅地なので近辺に10件建っています。他は古い住宅。でも少し行くとまた新しい家が沢山ならんでいるような地区です。学校までも遠くない距離。

 壁紙もそれなり。

 最初は張り切るでしょうけれど、住んでいるうちに何とかなるし、リフォームも必要になる時期が絶対に来るから、あまりにもこだわりすぎたりしないで、お仕着せでも十分だと思いまして・・・・・。

 1200万の家。いいですよ~。

 1000万じゃないんですが、いいですか?

 我が家は1200万でした。4SLDKです。リビングダイニングの広さは16畳位。
 一階はLDKと水回り和室、二階に三部屋(クローセット付)と納戸があり、ベランダもあります。
 
 他に犬用にガーデンルームを別工事でとりつけました。

 子供は二人、男女ですから分けました。もう大きいしね。
 ツレとは別室ですから、もしも仮に客が来たら和室を空ける予定ですが、今は私が和室を占有しています。
 四人で四部屋です。
 リビングの一角に書斎のよ...続きを読む

Q太陽光発電のメリットや将来性

1年くらいのうちに新築一戸建てを施行開始できるよう考えております。
初めは太陽光発電に全く興味なく設置するつもりは無かったのですが、最近になりたまたま目にする太陽光発電の情報から、そのメリットの大きさに、これは設置しない方がおかしいと思えてしまいます。しかしまだ太陽光発電に関して無知なので、きっと何かデメリットがあるのだと思えて仕方なりません。
既に設置利用されている方には、実情からのご意見ご感想を聞けたらと思います。専門家など詳しい方にも意見をお聞きしたいです。

具体的に聞きたいのは、

(1)メリット、デメリット

(2)皆さんの設置価格、売電価格

(3)行政の補助について

(4)将来性や今後の展開(例えば来年は売電価格が下がるとか20年後には必要なくなるとか)

(5)総合的に太陽光発電の設置を勧めますか?

その他、余談でもなんでも情報ありましたらお聞かせください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これから住宅の新築をお考えとの事で、一緒に太陽光発電装置設置の検討をされているようですね。
質問文には太陽光発電によるメリットの大きさとありますが、質問者さんが感じたメリットとはどの程度のものでしょうか?
2014年度の余剰電力買取価格は1KWhあたり32円になると言われています。
確かに装置価格は下がってはきてはいますが、誰しもが購入価格に見合ったものとして返ってくるとは言い難いものです。

太陽光発電装置はオール電化住宅における年間の光熱費をゼロにするための道具です。
ローンで装置を購入し、毎月の売電料金をローン支払いの充てに計算して考えるようなものではありません。
年間を通じてほぼ一定の発電量が得られるわけではないので、売電による収入は月々で大きく変わります。
また家族構成や生活習慣などでも電力消費量は違いますし、日中に自家発から自己消費してしまうようでは売電に大きな影響を与えます。

太陽光発電は現金で購入して支払えるくらいに経済的に余裕のあるところでやるべきものです。
定期的なメンテナンスや突発的なトラブルが発生しうる事も事前に考慮し、そのような際にも資金的に問題なく対処できなくては太陽光発電によるメリットは全く生まれません。
もちろん装置を乗せる住宅側も、重量物を屋根面に乗せる事により強度が落ちる事を前提に耐震強度を高く設計するなどが必要になります。

(1)メリット、デメリット

太陽光発電装置導入に対してかかった費用を先行投資などと考えず、毎月の光熱費をゼロにする道具を購入したのだと思え、長期的に先行投資を回収するとかを考えないのであればメリットは大きい道具です。
我が家では年間25万円程度の売電収入になり、年間に使用する電気料金の20万円超を上回ります。
高額な道具を購入した事により、万が一の際を考慮し風雪害や地震などでも保険がきくものに入るとすれば、それなりに高額な保険料金になります。
滅多にある事ではありませんが、災害などで長時間の停電になっても、日中に発電さえしてくれていればそこそこの電力を使用できます。
ただし屋内配線は使えませんので、可搬型の家電製品のみに限ります。
太陽光発電装置の設置を検討しているお宅とは直接関係なく、その周辺のお宅の日中の電力消費量や電力会社の配電線設備との問題で、発電した電力全てを問題なく売電できるとは限りません。
装置の性能や信頼性が大きく関わってくる部分でもありますし、もちろん価格に左右されるところでもあります。
特に電力会社の配電線設備が脆弱なところでは、太陽光発電装置導入に伴う売電契約時に電力会社から購入を拒否される事もありますし、売電のために配電線設備改善に伴う負担金が発生する事もあります。

(2)皆さんの設置価格、売電価格

2010年に家を建て替えるのを機にパナソニック製のHITを5KW設置しました。
もちろん太陽光発電装置を設置する事を前提とした住宅の設計を重視しました。
屋根瓦一体型のものを選択しましたので、価格は装置だけで350万円程でした。
ですが当時の売電契約料金は1KWhあたり48円ですので、現在とは比べ物にならないほどの売電収入になります。

(3)行政の補助について

どこの自治体でも太陽光補助金はあります。
当然我が家も設置容量と購入価格に合わせた補助金を頂きました。

(4)将来性や今後の展開(例えば来年は売電価格が下がるとか20年後には必要なくなるとか)

確かに装置単体の価格は3年前に比べると大きく下がってきています。
ローンを組んでも購入しやすくなってきたといえばその通りではありますが、儲かるものでもないものに出費するせいで余計に家計を圧迫するのなら、その分家の断熱性にお金をかけるとか、低消費電力家電製品や照明器具にお金をかけた方が暮らしの面では確実に快適になると思います。
売電価格は2014年度は現在の36円から32円に下がります。
高額なものを購入して長期間かけて返済しただけという愚かな事にならないようにする事です。

(5)総合的に太陽光発電の設置を勧めますか?

経済的に余裕のあるところなら日本家電メーカー製の単結晶パネルでの設置を勧めます。
装置設置時の目先の購入資金くらいは現金で出せるというのなら安価な海外製パネルを勧めます。
ローンを組んで購入するというのなら設置は勧めません。


私は電気工事会社を経営する者で、家を建て替えるのに2年間構想を練ってから着手しました。
様々なものを考慮するのに時間を要したのですが、太陽光発電は最初から導入する予定で家を設計しました。
引き渡しを受けたのは2010年末で、すぐさまあの震災で4日間停電しました。
家の内外共に耐震性や強度をとても高く造りましたので、家にはヒビひとつ入りませんでした。
太陽光発電があるおかげで日中はパワコンから電源が取れるので、あの数日間は我が家の玄関ホールは町内の炊き出しのための調理場と化していたそうです。
震災当日から災害復旧のために数日間は帰宅できませんでしたが、先ずもってこういう事態を想定して設置した太陽光発電装置やその他もろもろが大いに役に立ちました。
高額な太陽光発電装置はこういった明確な使途があるからこそ導入する意義のある道具です。
そのような道具を購入するのに元を取る計算をするくらいなら初めから手を出すべきではないと思います。

これから住宅の新築をお考えとの事で、一緒に太陽光発電装置設置の検討をされているようですね。
質問文には太陽光発電によるメリットの大きさとありますが、質問者さんが感じたメリットとはどの程度のものでしょうか?
2014年度の余剰電力買取価格は1KWhあたり32円になると言われています。
確かに装置価格は下がってはきてはいますが、誰しもが購入価格に見合ったものとして返ってくるとは言い難いものです。

太陽光発電装置はオール電化住宅における年間の光熱費をゼロにするための道具です。
ローンで装置を...続きを読む

Q固定資産税いくら??

友人が新築の家を建てたのですが、固定資産税を年間で7万程度といわれたらしいのですが(営業マンに)親からはけっこうするよとかいわれて、不安に思ってるみたいです。いったいどのくらいかおしえてください。ちなみに土地は60坪、約1000万 建物 約2000万したそうです。その他詳しいことはわかりませんが・・。大体で結構ですので、おしえてください。

Aベストアンサー

1.住宅用地は200平方メートル以下の部分を「小規模住宅用地」といい課税標準額が6分の1に軽減されます。60坪は約198平方メートル、固定資産評価は公示価格の7割を目途としていますので
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin27.html

1000万×0.7×1/6×1.4%=16,333円

2.新築の建物は120平方メートルまでの部分に対して一般の住宅は当初の3年間は固定資産税が2分の1になります。建物は固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。仮に固定資産税評価を時価の6割程度とした場合、
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin28.html

2000万×0.6×1/2×1.4%=84,000

以上から土地・建物合計で10万程度になると思います。(以上に加えて市街地の場合には都市計画税が0.3%課税されます。)

Q太陽光発電は本当に得なのか?

去年、家を建ててからちょこちょこ太陽光発電の業者さんが営業で来ます。
私の家の周りには7件の家があるのですが最初から設置済みの家が2件
建てたあとに営業が来て取り付けた家が3件あります。
ウチはつける気はないから・・・とお断りしても、また違うメーカーから来るという感じです。
で、実際問題太陽光発電で設置した料金分は発電した電気の売電で元がとれるのでしょうか?
くわしくは知りませんが5年・10年単位で部品を交換したりメンテナンス等で
結局得にならないのでは?と勘ぐっています。

それにそんなに良いものならば一般家庭よりも多く電力が必要な工場や会社の屋根になぜ太陽光がついてないのでしょうか?公共施設には極稀についているのは見かけますね。

結局、設置したほうが得なのか損なのか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

経済的に損得を考えると損になると思います。

今の太陽光発電買取り制度(価格)も10年の期限があり以降はどう
なるか分かりません。

設備の補助制度や余剰電力買取制度は地球温暖化政策の一環であり
一般家庭に推進することによりエネルギー自給率の向上や環境関連
産業の成長といったねらいがあります。

工場や会社に少ないのは企業が売電に参入するには色々ハードルが
あり、採算があわないので浸透していません。

個人が導入するにあたっては地球にやさしい活動をしているのだと
言う社会貢献の気持ちが重要です。

営業は営利目的なのでどんどんきますが損得で導入すると後悔が残
ります。

エコポイント制度もそうですが政府のやり方にはいつも疑問が出てき
ます。

Q太陽光パネルを設置した屋根のメンテナンス工事

戸建て住宅に太陽光パネルを設置した場合の屋根のメンテナンス工事についての質問です。

・太陽光パネル自体は50年以上もつものらしいですが、屋根材は15年ぐらいで貼りかえるスレートやら30年以上持つ瓦やらいろいろです。太陽光パネルの下の屋根材は張替えない前提で設置するのでしょうか?
⇒屋根材には日が当たらないわけだから、もし張替えないですんだら価値がありますね。

・もしも屋根を20年ぐらいで貼りかえる必要がある場合にはその上のパネルも一度はずして再設置です。パネルの取り外し&再設置によってどのくらいの工事費増になるのでしょうか(例えば4kW分の面積だと)?
⇒売電収入超えたら馬鹿馬鹿しいですよね。


・太陽光パネルを屋根一面にすきま無く貼ってもいいものでしょうか?

⇒すきま無く張ればその下の屋根材は痛まなさそうですが、真ん中あたりのパネルが交換になった場合に足場が無くてたどり着けないので困りますね。空中屋根足場を組まないといけない。それに屋根下地が50年ももたない気がするので、やはりメンテナンス工事に金がかかりそうですね。屋根材とパネルはがして工事なんて大変すぎ。

以上を踏まえて数十年間のコストやリスクを考えると屋根材に何を選んで、どのように設置するのがもっとも効率的なのでしょうか?

戸建て住宅に太陽光パネルを設置した場合の屋根のメンテナンス工事についての質問です。

・太陽光パネル自体は50年以上もつものらしいですが、屋根材は15年ぐらいで貼りかえるスレートやら30年以上持つ瓦やらいろいろです。太陽光パネルの下の屋根材は張替えない前提で設置するのでしょうか?
⇒屋根材には日が当たらないわけだから、もし張替えないですんだら価値がありますね。

・もしも屋根を20年ぐらいで貼りかえる必要がある場合にはその上のパネルも一度はずして再設置です。パネルの取り外し&再設置によ...続きを読む

Aベストアンサー

当方、パネルメーカー勤務を経て、
販売会社として独立しているものです。

早速解答いたします。

一番上の質問
 屋根材は張替えない前提で設置するのではなく、
 パネルメーカーは屋根の葺替えを考慮しておりません。
 そこまで考えてないだけです。

 しかしながら実際はパネルの耐久年数が長いため、
 パネルの下になる屋根材は劣化が遅くなるので
 15~20年で葺替える必要は無いと予測されます。
 
 屋根を葺替える場合は、パネルを外して葺替えます。
 パネルを外して復旧させる料金が発生します。
 金額はおそらく8万~15万で可能だと思います。
 
真ん中の質問
 ですので売電収入を超えることはないです。
 また4kwを30年接地した場合だと、
 屋根葺替え工事代金を支払ってもまだまだ売電収入分は残るでしょう。

 屋根葺き替え 80万円 + パネル撤去復帰12万 =92万

 92万 / 太陽光による経済メリット0.6万 = 12年
 ※太陽光による経済メリット0.6万は、10年目以降買取価格24円を想定。
 12年で屋根葺替えがただで出来る計算になります。
 (大雑把な計算ですのであしからず) 

 減価償却が10年で終われば、
 その後12年で屋根葺替え代金を稼ぎます。非常にお徳です!!
  

一番下の質問
 隙間なくパネルを接地することは出来ません。
 パネル周囲に30~40cmの作業スペースが必要です。

 また中央部のパネル交換時は、
 周りのパネルの上を歩いて目的パネルにたどり着きます。
 メーカーによっては順番に外さないと、
 真ん中だけ外すことができない組み立て方をしています。

 よくパネルの上を歩いたなどとクレームがを言う方がいますが、
 対加重的に全く問題ございません。
 また、パネルに傷はつきません。(強化ガラスです。海外メーカーは違うかも。。)


長文スミマセン。

この分野は専門ですので、
追加質問あればお気軽にどーぞ

当方、パネルメーカー勤務を経て、
販売会社として独立しているものです。

早速解答いたします。

一番上の質問
 屋根材は張替えない前提で設置するのではなく、
 パネルメーカーは屋根の葺替えを考慮しておりません。
 そこまで考えてないだけです。

 しかしながら実際はパネルの耐久年数が長いため、
 パネルの下になる屋根材は劣化が遅くなるので
 15~20年で葺替える必要は無いと予測されます。
 
 屋根を葺替える場合は、パネルを外して葺替えます。
 パネルを外して復旧させる料金が発生します。...続きを読む


人気Q&Aランキング