プロが教えるわが家の防犯対策術!

主人が今度ボクシング(プロ)の試合をします。
計量まであと17日で、減量はあと-4キロぐらいです。

減量のペースは順調です。
今まで6回ほど減量してるので大体の感じは分かっているのですが、疲れを最小限に抑えつつ減量メニューを出したいので、なにかお薦めのメニューがありましたら教えてください。

歳も36歳で、流石に日々疲れがちです。まあ、減量中は毎回そうなんですが。
ちなみに今は、鶏肉ササミや魚の塩焼き、サラダてんこ盛り、いりこ、肉は一度茹でて出す、プロテイン等々・・・

ダイエット成功のメニューとかは、内容が違うらしいのでご遠慮下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

  代理猫



 うわ、プロフ見られるとは;;

 でグレープフルーツジュースがいいのは訳があります 運動後とかにもよく筋肉をほぐす効果があり、

 筋肉が硬くならないため、試合中にも効果があります では^^
    • good
    • 4
この回答へのお礼

代理猫様

再度のご回答感謝します!

>でグレープフルーツジュースがいいのは訳があります 運動後とかにもよく筋肉をほぐす効果があり、

 筋肉が硬くならないため、試合中にも効果があります では^^

ナルホド!!しかも手軽に準備できるのがいいですね♪

代理猫様のお話、大変参考になりました。
本当に再度のご回答、ありがとうございました!

お礼日時:2011/11/02 21:47

  代理猫



 未だに1日一食なんですが、、、WWW クセになってしまったんです

 減量にあたり、リンゴ二個 グレープフルーツ100% 1リッター これだけで

 やってきました、いささか食事も取らないで練習が当たり前(食事が面倒なのもある)

 力が衰えず、筋肉を増やさないメニューメインでした いよいよ落ちきらなくなったら

 上記メニューで あと、プロティンですが、種類により筋肉を太くし、減量の妨げに

 なるのもあります 私は摂取していません 変り種なのでいささか回答にはならないでしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

代理猫様

いつもは気にかけないのですが、あまりの猫の可愛さに自己紹介を拝見しました。

ウオオオオっと!!すごい人からのご回答!!ご姉弟そろって凄いんですね~。
お姉さまも女呂布って。凄すぎです。

減量中でもないのに一日一食とは・・・((( ;゜Д゜)))・・・
こんな凄い経歴の方でも、やはり最後の方はご回答のようなメニューなのですね。

>グレープフルーツ100% 1リッター
これは栄養・効能(ビタミンCやクエン酸)の事を考えてグレープフルーツを選んでるのでしょうか?

グレープフルーツ、明日にでも買います。

大変な経歴の方からのご回答、感謝します!!
ありがとうございました!!
 

お礼日時:2011/11/02 18:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q打撃系格闘技の当日の食事の質問。

打撃系格闘技の当日の食事の質問。

 初めてグローブ空手の試合出場するのですが、当日食事は試合前の何時間前に終えておくのがベストか?腹が打たれ弱くなる食事は何を食べるとNGか、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

アマチュアボクシングをやっていました。

試合当日に計量し、1~2時間後には初戦ということが多かったので、計量後におにぎりなどの炭水化物と水分を少量取るだけでした。
減量で胃が小さくなっているので、あまり食べることはできませんでした。
食べ物によってボディが弱くなることはありませんが、未消化の物が胃に残っていると嘔吐してしまうことがあるので、胃では完全に消化された状態で臨むのがいいと思います。
少なくとも2時間くらいは開けた方がいいと思います。

計量がない場合は、時間に余裕を持ってしっかり食べておくのがいいと思います。
パスタなどの消化のよい炭水化物を中心に食べるがよいと言われていますが、あまり神経質になってピリピリするよりは、リラックスして自分の好きなものを食べることも大切です。
何時間前がいいというのは一概には言えませんが、普段から自分の胃腸の状態を確認しておくのがいいと思います。
私なら3時間前くらいかな…。

それから、格闘技に限らず、持久系のスポーツ全般で行われている食事方法で、カーボローディングというものがあります。
それは試合の数日前に一切の炭水化物を断って、身体を一種の飢餓状態にしておき、試合直前に多量の炭水化物を摂取するという方法です。
これにより、大量のエネルギーを体内に蓄積することができ、スタミナがアップすると考えられています。
マラソン選手がしばしば使う方法です。
格闘技では、1980年代に活躍したプロボクシングの渡辺二郎選手がこの方法を採用していたと言われています。

ご参考まで。

アマチュアボクシングをやっていました。

試合当日に計量し、1~2時間後には初戦ということが多かったので、計量後におにぎりなどの炭水化物と水分を少量取るだけでした。
減量で胃が小さくなっているので、あまり食べることはできませんでした。
食べ物によってボディが弱くなることはありませんが、未消化の物が胃に残っていると嘔吐してしまうことがあるので、胃では完全に消化された状態で臨むのがいいと思います。
少なくとも2時間くらいは開けた方がいいと思います。

計量がない場合は、時間に余裕を持...続きを読む

Q格闘技の試合の異常なバテ

初めまして、afrancです。
少し長文になりますが宜しくお願いします。

私はキックボクシングを趣味でおこなっているのですが、つい先日に7・8年ぶりの試合に
出場しました。

減量は5~6キロで、3週間を500キロカロリーにし、最後の一週間を塩抜きし、体重を
落としました。前日には、やや余裕もありましたので、200グラムのパスタを夕飯に食べ、
当日も同じ量を食べました。
計量が終わってからはコンビニのカルボナーラとチョコレートを一枚食べました。

その一時間後に一試合目があったのですが、30秒程で失速をし、体が全くいうことを聞かず
酷い内容の試合になってしまいました。
私は練習ではプロのランカーを相手にしても負けず、「優勝して当たり前」と言われていま
したが、相手はキックを初めて5か月という素人なのにヘロヘロの状態で試合が終わった
後は一時間半程起き上がれなくなってしまい、どっちが勝ったのかわからない程になって
しまいました。

その二時間後の二試合目でも、最初からガス欠が目の前にある状態で、なにも出来ずに
負けてしまいました。

悔しくて、その後色々調べてみたら、30~1時間前に血糖が低かった体にチョコのような
ブドウ糖が高いものを入れると低血糖状態に陥ると言う話を発見しました。

質問したいのはそこなのですが、一試合目はこの話の通り、低血糖が引き起こしたものな
のでしょうか?
また、二試合目もこの事が原因で動けなかったのでしょうか?

弱いからという回答は勘弁してください、それは自分が一番わかっています。
次に失敗しない為にも是非ともよい回答をお待ちしています。

初めまして、afrancです。
少し長文になりますが宜しくお願いします。

私はキックボクシングを趣味でおこなっているのですが、つい先日に7・8年ぶりの試合に
出場しました。

減量は5~6キロで、3週間を500キロカロリーにし、最後の一週間を塩抜きし、体重を
落としました。前日には、やや余裕もありましたので、200グラムのパスタを夕飯に食べ、
当日も同じ量を食べました。
計量が終わってからはコンビニのカルボナーラとチョコレートを一枚食べました。

その一時間後に一試合目があったのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。
成人男性は一般人でも2000カロリー強は1日必要です。
激しい運動をされているなら尚更必要です。
オリンピックの競技をされている方は、皆さん、よく食べます。
中にはそれがつらいとコメントしている人もいるくらいです。
そうでないとエネルギーを補充できないからです。
エネルギーが足りないと筋肉から糖新生といってエネルギーを作り出すので、それではトレーニングで作った体を消費していることになってしまいます。

下記に貼られたURLを見ました。
一見正しいことを書いてあるように見えますが、違います。
そういうインスリンをうまく使えないのは糖尿病などの人です。
一般の人ならそこまでインスリンの過剰反応は起こりません。

#4(#5)の書かれていることももちろん正しいと思います。
(私自身も格闘技で選手をやっていました)
実際、私も質問者さんの練習も試合もみていませんし、確実なことは分かりませんが。
ただ、質問者さんの意図は低血糖を心配されていたのでその点をまず私は否定しています。

もちろん酸欠もあるでしょう。
自分のリズムで動ける練習と、相手がいる状態は違いますし、またいいボディーを効かされて一気に動けないというのもあります。ただ、そういう場合はたいていは「あれが効いた」など印象があると思います。
それに仮りに酸欠だけなら、それなら2試合目には回復しているでしょう。
逆に回復しない点が減量ミスと思いますね。

実のところ、運動生理学とエネルギーというのはまだ正解の出ていない部分も多いです。
試合前に激しいアップをして体をいったんピークにもっていくことを推奨する人もいます。
ところがそれではせっかくのグリコーゲンを消費するとまったく否定する人もいます。
なかなか難しいのが本当です。

ただ、直前に一気に減量なんて、もしきちんとした試合なら戦う前にドクターストップになりかねませんよ。
塩分制限も塩分=水分として制限されたのでしょう。でもスポーツでぽかりなどが推奨されるようにナトリウムやカリウムが低くても疲労感や倦怠感、筋肉異常などが起こります。

#3です。
成人男性は一般人でも2000カロリー強は1日必要です。
激しい運動をされているなら尚更必要です。
オリンピックの競技をされている方は、皆さん、よく食べます。
中にはそれがつらいとコメントしている人もいるくらいです。
そうでないとエネルギーを補充できないからです。
エネルギーが足りないと筋肉から糖新生といってエネルギーを作り出すので、それではトレーニングで作った体を消費していることになってしまいます。

下記に貼られたURLを見ました。
一見正しいことを書いてあるように見えます...続きを読む

Q減量中にいい食べ物

ボクシング(アマ)をやっている友達がいるのですが、試合を控えて減量中です。

今回は階級をひとつ下げたので、だいぶ苦しんでいるようなのですが毎日カロリーメイトやウィダーしか食べていないのを見るとかわいそうですし、パワーも出ないと言っています。

何か作ってあげたいと思うのですが、体重をあまり増やすことなく、満足感のあるメニューはありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

減量は厳しいですよね、特に普通に友人と食事せねばならない時など、友人側も申し訳なさそうでした。

さてカロリーメイトとはあまり賢くない選択かと。アレはエネルギーが多い割りに量が少ないため非効率的だと思います。まあ練習直前に食べて燃焼するならいいんでしょうが。
私的経験では普通の食事の場合はサラダやお粥で満足感を得ました。いずれも量に比べカロリーは低いですし、消化・エネルギーの面からもいいのでは。とりわけ減量中は疲労がたまりやすいのでビタミンB系の摂取にもサラダは必要かと思います。

これらはコンビニでも購入可能で楽です。調理ならばたとえばコンニャクを刻んだものを混ぜてボリュームを増やすとか、歯ごたえのあるものを混ぜて噛む回数を増やし満腹中枢を刺激してあげられるメニューがいいですね。イカなんかの海鮮物はいいかもしれません。調理法は茹でたり煮たり網焼きなどがいいでしょうね。くれぐれも味付けが濃くならないように。

Qボクシングなどで試合前に食べるとエネルギーになるもの

アマチュアでキックボクシングの試合に出ることになりました。
初試合です。

そこでただいま減量中なのですが、けっこう厳しく当日まであまりものを食べれない状況です。
そこで計量が終わってから試合までの間(1時間くらい)に食べて体力を回復させようと思うのですが何かお勧めの食べ物はありますか?
(以前、TVで試合直前のボクサーがバナナは良いと言っていることがありましたがどうなのでしょうか?)

何かご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか?おねがいします。是非とも経験者さまのご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

カロリーが高いものがよいですが、油ものは消化によくないので、炭水化物がよいでしょう。
単純に言えば砂糖がよいです。でも、砂糖水は飲みにくいので、炭酸を抜いたコーラとか、スポーツドリンクもいいでしょう。
あと、可能であれば、ビタミンBのサプリメントを併せて摂るといいみたいです。

固形分だと、おにぎり、汗もかいているはずなので、塩おにぎりか、梅干し入りもよいかと。
でなければ、うどんもよいです。ただし、素うどんで具は無しです。

Qボクサーの凄い減量について

普段10キロとかそれ以上減量しているボクサーっていますけどあれってどうおもいますか?

ファイティング原田は15キロほどフライ級時代は減量してたそうです。

160cmで普段は65キロあったそうですし。でもこの身長で65キロってあまりにも太りすぎてますよね?

過酷な減量といいますけどこの人の場合は普段から節制してないからそんなに減量しなくちゃいけないだけだったとおもいます。

それを渡辺二郎氏も指摘しておりました。減量とかしちゃうとどうしてもドカ食いしちゃうもんなんでしょうかね?

以前 ユーリ海老原も似たようなこといってました。10キロ以上も減量するのはナンセンスだし自殺行為だと。

ユーリって現役時代はせいぜい減量は3~5キロくらいしかしなくて練習を普通にして食べすぎなければ自然と契約体重まで落ちるっていってました。

他にも試合ないときはブタみたいに太ってる選手いますよね。普段から何故節制しないのか不思議でなりません。節制ととけば減量も楽だろうに。

Aベストアンサー

ファイティング原田の時代の実態はわかりませんが

現代では通常体重から3~5キロの減量で試合するボクサーってそんないないと思いますよ。

以前は当日計量が当たり前でしたが、今は殆どの場合、前日計量です。
筋肉量が大変多いので、計量時には体脂肪も水分も落ちてカリカリの状態、翌日の試合時には計量時プラス5キロは当たり前、中量級なら10キロくらい戻すというのがトレンドのようです。

つまり、フライ級なら通常は165センチ60キロの選手が、計量時50キロまで落として、その後、食事や水分補給などで試合までに55キロ超みたいな感じです。

体調を崩さずに2~3日で5キロ位落としたり翌日に戻したり、最近はできるようです。
落とし方も戻し方もジムのノウハウなので具体的には教えてくれませんが、知人のプロ選手から聞きました。

Q走る以外のスタミナ強化法

ボクシングする予定なのですが、

ランニング以外でスタミナを強化する

トレーニングはあるのでしょうか??

ロープスキッピングとランニングは結構しています。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4ラウンド程度です。

ところがボクシングにおいては日本ランカー程度でも6R、8R。
かつては世界戦などは15ラウンドという「異常な」長さの時間での試合をしていました。

これにはボクシングとキック&空手がそこに蹴りという攻撃があるかどうかが、もちろん最大の理由になるのですが、それ以外にも空手においてはグローブを使用していないなども理由になります。
(パンチにグローブを使用するかどうかだけで、その違いを詳しく説明すると、この回答欄ひとつを字数越えしてしまいます)

ボクシングとキック&空手にはパンチの打ち方や、ディフェンスまで多くの違いが生まれるのですが、それにともない先ほど話した、持久力の必要度合いも大きな違いを生みます。

極端な言い方をすれば、キック&空手に比較し、ボクシングでは純粋なパンチ力やテクニックの優劣よりも、持久力の方がウエイトが大きいと言っても過言でない側面があると、私は思っています。

パンチ力よりも持久力のウエイトが高いというのは、例えば試合前半の早いラウンドでの勢いのあるパンチでは倒れない選手が、後半のお互いフラフラになった状態のパンチでKOを生むなんて状況をみても分かると思います。

さて前置きが長くなってしまいましたが、そのような性質を持つボクシングにおいては、持久力をつけるランニングという訓練が極めて大きな重要性を持っています。

ただ勘違いしてはいけないのは、あくまでもボクシングの選手が必要としているのは「ボクシングにおける持久力」であって、それが決して「長距離選手の持久力」とは同じでないということです。

これは当たり前に思えるかもしれませんが、意外に両者の違いをはっきりと認識している人は少なかったりします。

以前私は、トライアスロンのトップ選手が・・・・あの「持久力の専門家」とでもいえるトライアスロンの日本トップクラスの選手がです!・・・テレビの企画で小学生たちの剣道合宿に参加し、一緒に剣道の素振りや切り返し(止まった竹刀を打ち込む動作)をしているうちに、あっと言う間にヘトヘトになってしまうという現実を見て、改めて「専門性」というものに驚いたことがあります。

ボクシングも同じことです。
ランニングやロープって言うのは、あくまでも持久力養成の「補助種目」であって、ボクシングにおける体力のメイン養成種目ではないと認識すべきです。

ボクシングの世界チャンピオンは、マラソンの金メダルは取れないのです。
そしてもっと大事なのは、マラソンの金メダリストはサンドバッグを3ラウンドも打てばヘトヘトになるということです。

そこでボクシングのスタミナ作りには、ランニングはもちろんですが、それに加えサンドバッグへの打ち込みを多くこなすべきです。
この思い物体への打ち込みという訓練は、パンチが「腕とコブシ」という物体を相手にぶつけるという動作であり、その腕とコブシがその軽い質量から、単に速く相手に当たるだけでは充分な打撃力を生まないという性質からも求められる必須トレーニングです。
※注1.蹴りは重さも筋力も大きいことから、有る程度足がスムーズに上がるというだけで充分な破壊力を生みますが、パンチは速く打てるだけでは足りないのです。
※注2.ただし空手のように素手でなく、グローブを使用することから、グローブの質量が加わり、空手ほどには「打ち込む」という要素は求められません

また実際に試合でのスタミナでは、ランニングのように同じペースでダラダラと長く動くという要素よりも、坂道ダッシュや階段ダッシュのようなメリハリのある動きの方が必要とされていると思います。

特にラウンド後半のラッシュなどには、ある程度ヘバった状態でのラッシュ必要となります。
そこで通常のサンドバッグ練習の後半20秒程度にラッシュをかけるとか、ランニング後半でのスピード走、坂道走などは重要です。

追記1.ランニングに比較してのスピード走の生む効果。
主にその減量効果の高さや、最大酸素摂取量の増大については「フィットネス&ダイエット」のカテに詳しい回答者が居ます。

追記2.これは少々余計なことかもしれませんが、質問者さんは回答者に一言でもお礼コメントをしたほうがいいです。
と言うのは、実は私は今まで何度かあなたの質問に回答できると思ったのですが、あなたのプロフィールを見て全然「お礼」が無いことから、あなたが質問投げっぱなしのいい加減な人だと推測して回答しないできました。
今回あなたがきちんとポイント出して閉めていると分かって(=真剣な気持ちと推測して)、それで回答する気になりました。
先日の「打たれ強いボディの作り方」などお教えしたいことが沢山あったのですが。

ボクシング経験者で、顔面パンチ有りの空手の元指導員です。
ボクシングには詳しいようなので、今さらのようにも感じるかもしれませんが回答します。

ボクシングは同じ打撃系の格闘技の中でも、空手やキックとは大きな違いをその特徴としています。
それはボクシングが非常に持久力を必須とする要素が大きいという性質です。

空手においては顔面パンチ有りの流派であろうと、顔面パンチ無しの流派であろうとに関わらず、一般的に一試合は3分程度です。
キックにおいても世界タイトルクラスの試合でも4...続きを読む

Q計量後の暴食で。

およそ、試合にむけて10キロ以上の減量をし、計量が無事通過したら、
暴飲暴食をしてしまいました。
自分の場合、つぎの日の試合は、身体がおもかったのですが、
暴食をした場合、試合で腹打たれたら吐きそうだなと、感じたりしますか?

Aベストアンサー

私の経験をお話しますと、
昔試合前の軽量を終わらせた後力を付けるため焼肉を腹いっぱい食べました。
ところが翌日の試合では体が重く疲れやすくなっておりとても苦戦してしまいました。
後でジムの会長に聞いたところ、焼肉等は吸収しエネルギーや筋肉に変換されるまで時間が掛かる上に消化するのにかなりカロリーを使ってしまうとの事。
試合前の食事はあまり食べすぎず炭水化物や甘い物を食べる方がエネルギーに変換されやすいとの事でした。
私は空手もやっておりましたのでボディーは打たれ強かった。
グローブを付けたパンチでボディーを聞かされた事はありません。
以上参考になれば幸いです。

Qボクシングの減量、水分摂取について

お世話になります。
ボクサーが減量する際の水分摂取について質問です。
よくボクシングの漫画などで、ボクサーが減量でかなりきつい水分摂取制限をしているのをみますが、実際ああいうものなのでしょうか?
マラソンなど長距離走では、ウオーターローディングといって、むしろ水分は積極的にとるべきだとされています。
ボクシングでも、あまり水分摂取制限すると、持久力もなくなり、体に良くないように思うのですが。
でもマラソンと違い、体重制限もあるし、減量の為にはしかたのない事なのかもしれませんけれども。
それとも体の水分をしぼっても長時間戦えるように、トレーニングでできるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

普段から水分を摂らないのではなく
もう少しの追い込み部分で水抜きです。
ジムでの練習でも汗で2~3キロ体重は落ちます。
確かに健康には良くないでしょうけどほんの数日間喉がカラカラなだけです。
空腹(水分も含めて)の方が心身共に研ぎ澄まされた気になります。
結論、水不足で長期トレーニングは厳しいですが
一日だけの12Rなら戦えます。

あと下の回答ですが、そういう方もおられるでしょうが
筋肥大などそう簡単にするものでもなく
筋肥大しない筋トレもあるので私は筋トレしていました。

Q筋トレと減量と増量とボクサーとプロレスラーの違い

筋トレについて調べていくとどんどん混乱の深みにはまり訳がわからなくなってきています。

私の目標は、これが細マッチョというかわかりませんが下の画像のようになることです。

現在170cmちょい、体重64キロ体脂肪率20%30代です。

経過を話すと、1月に69キロあり、お腹も顔もパンパンになりずぼんにお腹がのり、トランクスの上にも余裕でお腹がのっかっていたので、ダイエットを徐々に開始、

月に2キロずつ減り、70日で5キロ減らしました。
2月10日くらいから、腹筋、背筋、腕立て、10回ずつを朝昼晩にやります。自重だけですがスローでやるので終わるとヘトヘトになります。

夕方1時間ウォーキング

3月に入って大豆プロテインを開始、1週間ごとに7g→14g→21g→28gと増やしていますが、28gで一応頭打ちにしようと思っています。

さあこのまま続けようかと思っていましたが、色々雑念が起こり、筋トレなどについて調べていくと、
見識者ごとの矛盾や、様々な意見や質問の回答を頂き、訳がわからなくなってきました。

1つ1つ整理したいので、回答をいただけるものだけでも教えてください。

私のプランでは、大豆プロテインを飲みながら、筋トレとウォーキングで筋肉をつけながら、脂肪を燃焼し、筋肉は増え続け、脂肪は減り続けていき、お腹は凹みながら、腹筋が浮き出てきて、腕の脂肪は減りながら、筋肉がもりあがってきて、顎の下のたるみはなくなっていく。

体重は、61,2キロ位で止まり、体型だけがどんどん変化していく。
ちょうど今の脂肪が筋肉と入れ替わり、筋肉が立体的になっていき、画像のような細マッチョになっていけると。

こんな事を想像していました。

しかし、調べるとなんか事情が違うみたいです。

脂肪を落とすと筋肉が落ちると。

なんかこのままやっていくと、脂肪はどんどん燃焼して、細くなっていき、筋肉は回復が遅くパワー自体がついてこない?ただ、脂肪が燃えていき、筋肉は今のまま、もしくはそれ以下まで落ちていってしまい、細まっちょではなく、細い人になってしまう?

一般的には、画像のような体型になるには私はどういうプランでいけばいいんでしょうか?

大豆プロテインは中止して、ホエイとカゼインを飲んで筋トレを行い、有酸素運動は中止して体重を今よりさらに増やしていく、ある一定の筋肉量に行った所で筋肉を落とさないようにしながら減量していく。
これが近道ですか?

大豆プロテインを飲み始めて1ヶ月程なんですが、効果は感じていて、疲れにくい、回復が早い、身体が温かい、等です。筋トレの影響か大豆プロテインかわかりませんが、とにかくお腹が減りまくってます。空腹を満たす程度に食べています。しかし、食べても食べても空腹で、体重は減っていくので不思議な感覚です。あと、トイレの量がかなり増えました。お腹も凹んできていて、腕と胸に筋肉がついてきました。腹筋も大分硬くなってきていて、太ももも硬くなってきていて、肉離れをしにくくなりました。

まさしくここまでは順調な感じなんです。
しかし、ここからがとても怖いんです。

このまま痩せて行って、今の筋肉が落ちたらどうしようかとか、ホエイとカゼインに変えるべきなのかとかです。

大豆プロテインというのがクセモノなのかと疑問になっています。ホエイやカゼインは筋肉を巨大化させるので取れば体重か筋肉が増えるので筋肉にとってはプラスにしか作用しませんよね?しかし、大豆プロテインはなんか矛盾みたいな作用があり、摂ると新陳代謝が上がり脂肪をどんどん燃焼させるようで、取れば摂るほど代謝しちゃうと、筋肉にとってはマイナス?タンパク質が80%あっても脂肪を代謝させちゃったらプラマイでマイナスになってしまうのではないか?大豆プロテインをとるくらいなら採らないほうが筋肉が増えていくのではないか?

大豆プロテインの対象者も、ダイエット目的の女性、マラソン、トライアスロン選手、等みたいです。

マラソンランナーやボクサー、サッカー選手の写真を見ましたが、胸板が薄い人が多く、腕や腹筋も結構小さくみえます。せめて画像の左の人くらいの胸板と腕の太さはほしいです。

この画像の身体に近づくには、大豆プロテインで筋トレしながら痩せて行って、ある程度減らしたら、ホエイとカゼインに変えて筋肉と体重を増やしていくのがいいのか?

それとも、今の少しぽっちゃりした状態からホエイとカゼインを飲んで筋肉と体重を増やしていき、そこから大豆プロテインに変えて脂肪を落としていくのがいいのか?どちらなんでしょうか?

今ホエイとカゼインにして、もしも体重が太っていくとしたら、ぽっちゃりの脂肪の下に筋肉がついていって、プロレスラーのようになっていくようなきがします。体重が太れば腰痛になったり膝が痛くなったりするきもしますし。
逆に、このまま大豆プロテインで脂肪がどんどん燃焼して、さらに筋肉まで落ちて行ってしまったら、マラソンランナーやモスキートン級のボクサーみたいながりがり体型になっていってしまうかもしれません。

でぶぽっちゃりもやだし、がりがりうすい身体も嫌です。
どうしたらいいのでしょうか?

筋トレについて調べていくとどんどん混乱の深みにはまり訳がわからなくなってきています。

私の目標は、これが細マッチョというかわかりませんが下の画像のようになることです。

現在170cmちょい、体重64キロ体脂肪率20%30代です。

経過を話すと、1月に69キロあり、お腹も顔もパンパンになりずぼんにお腹がのり、トランクスの上にも余裕でお腹がのっかっていたので、ダイエットを徐々に開始、

月に2キロずつ減り、70日で5キロ減らしました。
2月10日くらいから、腹筋、背筋、腕立て、1...続きを読む

Aベストアンサー

シンプルに言えば、とりあえず今日から運動内容を見直し、全般的に運動強度を上げるように心がけるといいと思います。

普通、頑張って痩せたり気を抜いて太ったりとリバウンドを繰り返すのは、ダイエットする人にとって最も愚かなこと。でも、筋トレしながらそれをやるとどうなるか?

痩せていくにしても、筋トレできていれば筋肉があまり減らず脂肪が良く落ちるようになります。太るときも、より筋肉肥大して贅肉の増量は比較的抑えることができます。どんどん体型は引き締まり、写真のような体型に近づいていきます。本当は冬場に増量して、露出度が高くなる夏に向けて減量するのがいいと思います。本当は冬場に増量して、露出度が高くなる夏に向けて減量するのがいいと思いますけれど。

たとえ食べ過ぎたとしても筋トレの内容さえ確かならマイナスにはならないわけで、とても気分が楽になると思います。筋トレの内容がよければですが。


トレーニングには過負荷の原則というのがあって、普段の活動水準以上の負荷で鍛えなければ効果的に筋肥大できないとされています。また漸進性の原則というのもあって、筋力の向上に合わせて漸進的に負荷を上げ続けていかなければ筋トレ効果が出なくなります。
多少筋トレして筋力が付いた時点で、その筋トレは普段の水準の負荷になってしまっているので、その筋力に合わせて負荷をあげないと効果はなくなるんです。スポーツ生理学のテキストにも載ってる原則です。

あたりまえですが、筋肉質な体型というのは筋肉が多くて脂肪が少ない体の事。そして筋肉が太いのは、強い筋力を得るためです。強い力を出す運動をすることで、必要に迫られ、筋肉は太くなろうとします。
いくらへとへとになるまで回数を稼いでも、今以上の筋力を必要としないため、筋肉の減少を効果的に食い止めたり、筋肥大したりという効果は望めません。

自重の筋トレが効くのは最初の数週間程度。負荷を上げ続けることはできないし、むしろ体重が落ちた負荷は落ちて行ってます。

器具を揃えるかジムに行くかして、だいたい10回前後でゼエゼエ言うような負荷に調節してみるか、試行錯誤が必要です。スローでどこまで不足した負荷を補えるかはわかりません。

ロードワークに関しても、できればウォーキングではなく坂ダッシュ数歩とか、スプリント系の内容に変えると良いですよ。やはり同様に、筋肉を維持し、一方で脂質の代謝を上げる働きがあります。短距離選手の体を検索してみればわかると思いますが、長距離ランナーと比較して明らかに筋肉質で太いのに、皮下脂肪は薄いのがわかると思います。

一般的に軽い有酸素運動がすすめられるのは、疲労せずに長時間運動して消費カロリーを稼げるからにすぎません。脂肪が燃えやすいというのはウソで、体脂肪率を下げる場合、運動強度が高いほど効率が上がるし、運動強度が低いほど非効率になります。マラソンランナーが細いのは筋肉量も著しく低いためで、実際に体脂肪率は15%ぐらいあります。一方でスプリンターの体脂肪率は10%前後です。


ところで写真の人の体型ですが、仮に172cmだとするとだいたい68~70kgあるかもしれませんね。

それと、

>逆に、このまま大豆プロテインで脂肪がどんどん燃焼して、さらに筋肉まで落ちて行ってしまったら、

大豆プロテインに脂肪を燃焼するような効果はありませんよ。ホエイやカゼインとの違いは吸収の早さだけです。吸収が遅ければ脂肪が付きにくいとか早ければ脂肪が付きやすいなんてことはありません。
吸収がよければ速やかにアミノ酸に分解されてトレ中、トレ後の筋肥大しやすい時に合わせて飲めるとされていますし、一方で吸収が遅ければ安定的にアミノ酸を供給出来て、食事をとれない睡眠中の筋肥大にも効果的、などとされています。そのシビアな違いは、わからないと思います。筋トレの質やほ3食の食事内容など、成果を大きく左右する要素は他にもたくさんあり、同条件で比較できるものではありません。

タンパク質は1日に体重×0.2gは摂ったほうが良いとされています。質問者さんの場合は140gぐらいですね。プロテインを飲むと言っても、28g足したぐらいでは普段の食生活の中でも簡単に賄えてしまう量です。さらに効果は感じにくいと思います。

シンプルに言えば、とりあえず今日から運動内容を見直し、全般的に運動強度を上げるように心がけるといいと思います。

普通、頑張って痩せたり気を抜いて太ったりとリバウンドを繰り返すのは、ダイエットする人にとって最も愚かなこと。でも、筋トレしながらそれをやるとどうなるか?

痩せていくにしても、筋トレできていれば筋肉があまり減らず脂肪が良く落ちるようになります。太るときも、より筋肉肥大して贅肉の増量は比較的抑えることができます。どんどん体型は引き締まり、写真のような体型に近づいてい...続きを読む

Qカロリーと食べ物の重さ。

こんにちは。疑問があるので教えてください。

今日朝昼兼用で野菜をたーっぷり食べました。ドレッシングはカロリーが気になるのでノンオイルのもを少し。
夜は春雨サラダを小皿1杯、グレープフルーツ半分。
水分もたくさん飲んだと思います。(ジュースではなくお茶と水)

すると朝より2kg体重が増えていました…。
多分1週間ほど食べ物を制限しないと減らないと思います。

しかし朝・昼を普通に食べて夜に重量の軽いケーキを食べても逆に体重が減りますし数日たっても増えることはありません。水分はあまりとってなかった。

本当に高カロリーのものって太るのでしょうか?
私は高カロリーでも重さが軽いと太らないような気がしますしカロリーが0でも水やお茶をがぶがぶ飲んでたら逆に体重は増えていくような気がします…。
なので最近ではお茶を寝る前に飲んだりするのが気が引けてしまいます。

脱水だと血液がドロドロになって体に悪いので飲みます。

Aベストアンサー

 日々の体重変動のほとんどの要因は体水分量の変動によります。個人差はありますが、体水分量の変動は1日の中で2kgくらいはあります。多くの場合、体重は朝に最少になって夜に最大になります(2kgくらい違うわけです)が、それは体水分量の変動によるもので、太ったとか痩せたという肥満の程度(体脂肪の増減)ではありません。

 飲み物はもちろん食べ物も、大半は水分で構成されています。ですからカロリーに関係なく、たくさん食べると体水分量が通常よりも増えて体重が増えます。この増えた体水分は、数日ほどで徐々に抜けていきます。1日や2日ではなかなか元に戻りません。でも体水分で単に体重が増減しているわけなので、肥満とは関係ありません。

 太るか痩せるかは、食べた物のカロリーがどれだけかによります。飲み食いした物の量(重さ)ではありませんよ。きのこ、コンニャク、トコロテン、海草、もやし、野菜などカロリーが非常に低いものは、思いっきり食べて体重が2kgくらい増えても肥満には関係ありません。それで増えた体水分は自然と抜けていきます。

 重量の軽いケーキを100g食べたほうがきのこを1kg食べるより、はるかに肥満に直行します。

 日々の体重変動のほとんどの要因は体水分量の変動によります。個人差はありますが、体水分量の変動は1日の中で2kgくらいはあります。多くの場合、体重は朝に最少になって夜に最大になります(2kgくらい違うわけです)が、それは体水分量の変動によるもので、太ったとか痩せたという肥満の程度(体脂肪の増減)ではありません。

 飲み物はもちろん食べ物も、大半は水分で構成されています。ですからカロリーに関係なく、たくさん食べると体水分量が通常よりも増えて体重が増えます。この増えた体水分は、数日...続きを読む


人気Q&Aランキング