知り合いの赤ちゃん(一ヶ月児)が貧血と診断されて
鉄剤を飲んでたんですが、
2週間してまた血液検査をしたところ
赤血球の数自体少ないと言われました。
低出生体重だったこともあって体重増加に
血液の製造が追いつかないってことなんでしょうか?
それと、ミルクの飲みがすごく良いんですけど
このことであんまりミルクの量を増やさない方が
いいのでは、と言う人やら
増やしていっていいと言う人やらいるみたいなんですけど
どうしたもんでしょうか。
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

未熟児貧血ですね。


未熟児で生まれた子には珍しくないですよ。うちの娘もそうでした。
鉄材の服用や輸血で対応します。
成長するにつれて自然に治ることが多いので心配ないと思います。

ミルクの量については医師から制限するように言われたいないのなら、普通に飲ませて大丈夫です。
確かに未熟児は小さなうちは飲む量を制限されます。onionさんがおっしゃっている通り、あまり体が急に大きくなってしまうと血液の製造が追いつかなくなってしまう為です。
知り合いのお子さんが在胎何週で何グラムで生まれたかわからないので何とも言えませんが、主治医の先生に特に注意を受けていないのなら大丈夫だと思いますよ。

ただ小さく生まれた子は普通に生まれた子に比べていろいろな面で明らかに高いリスクを持っているのは確かです。決められた薬はきっちり飲み、定期的にいろいろな検査を受けることは忘れないで下さいね。
病気や欠陥を持っていたとすれば、出来るだけ早く見つけてやって対処してやることが大切ですから。

未熟児貧血については下記サイトを参考にして下さい。

参考URL:http://www5.vis.ne.jp/~chake/kiki.htm
    • good
    • 0

私の知り合いに、やはり貧血症の子供さんを持った人がいて、


(母乳を飲ませていたのですが)1ヶ月検診の時に母乳では
貧血の解消にならないと、ミルクに切り替えるように言われたそうです。
全く参考にならなくて申し訳有りませんが、その人は、普通に月齢に会わせた
補乳量(ミルクのふたに書いてあることが多い)を与えたそうです。
約1年で解消したそうですが、赤血球の数自体が少ないとなれば、
お医者さんの方で、きちんとしたアドバイスをなさるのではないかと思います。
ミルクののみがいいからと言って、あげすぎるのは普通の子供さんでも、
肥満の怖れがあるので、気を付けてあげた方がいいですよね。

私の経験から、信頼できる小児科の先生をお持ちになって何でも相談できる環境を作られることが一番だと思います。
早く、問題が解決できるといいですね。
    • good
    • 0

ミルクの量については、調べたのですが、分からないですね。


直接の回答ではありませんが、子育てでちょっと不安なときはこんなところで相談されたらいかがですか。
メールで相談できます。

子育て119
http://www.kosodate119.com/

育児相談 Q and Ahttp://www.minc.ne.jp/n.same/ad200-2.htm

ようこそかわむら こども クリニックHOME PAGE ヘ
http://www.kodomo-clinic.or.jp/

下村洋子の育児相談http://www.interq.or.jp/silver/simomura/
    • good
    • 0

貧血


下記のページの中程に、乳幼児の貧血について書かれています。
貧血には2種類有ります。
http://www.nakagami.or.jp/~tamanaha/byouki1.htm


乳幼児の貧血にご注意
参考URLをご覧ください。

牛乳は飲ませていませんか。
牛乳の飲み過ぎも貧血に/牛乳が鉄吸収を妨げるのです。
下記のページに「乳幼児期の鉄欠乏性貧血」が有りますからお読みください。
http://www.biwa.ne.jp/~mccshiga/anemia1.html

参考URL:http://www.web-sanin.co.jp/or/matsueh/consult/ke …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生理的なものということですかね。
ありがとうございました。

だれかミルクの量についてわかりませんかね。

お礼日時:2001/05/04 13:20

 まさか、与えているのが「牛乳」ではないでしょうね。


「人工乳」を与えてください。

参考URL:http://www.asm.ne.jp/~milk/qa/rinyu.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普通の粉ミルクです。まだ一ヶ月ですし。
まあそういう方も世の中いらっしゃるようですけどね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/04 13:17

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「悪性貧血」
このページで特に「原因と危険因子」「治療」と関連リンク先を参考にして下さい。
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(貧血)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(ヘモグロブリン)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(赤血球数)
これらのページで特に「異常値の意味」と関連リンク先を参考にして下さい。

さらに
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
このページで特に「使用法」と関連リンク先を参考にして下さい。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
・・・ちょっと難しそうですけど。

お礼日時:2001/05/04 13:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血液検査で精密検査が必要と言われました。

血液検査で精密検査が必要と言われました。

赤血球と白血球と血小板の数値が低かっただけで、それ以外は別に異常はなかったのですが、それでも再検査で新たな病気の可能性はありますか?

ちなみにそうなった心当たりで分かるのは、ケーキ工場のオーブンで働いていて、非常に熱い環境なので汗かいたり喉が渇いたりしてポカリスエット等を飲む機会が多いのと、疲れを取るために毎日社食でケーキを一切れ食べたりしてる事。

他に20年以上精神薬(テグレトール20年、レキソタン20年、コントミン14年、デプロメール7年)を服用してる副作用が考えられます。

Aベストアンサー

>赤血球と白血球と血小板の数値が低かっただけで、それ以外は別に異常はなかったのですが、それでも再検査で新たな病気の可能性はありますか?

それ以外にどんな検査をしたのかが不明なのでなんとも言えませんが、MDSやAMLなどの骨髄疾患は鑑別診断にはいります。

QRh(-)の血液がないと言われました。

血液型がB型のRh(-)の知人が手術を受ける事になりました。
その手術は輸血が必要なになる手術らしいのですが、病院の方からその血液がないので「探してくれ」と言われたそうです。(直接聞いたわけではないので表現は違うと思います。)
私がお聞きしたいのは、
(1)病院が患者に「血液を探させる」ものなのか
(2)もし患者側が探さなければならないのであれば、どのように探せばよいのか
この二つを教えてください。
簡易な文章ですみません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No2です。

先ほど参考urlで示したページでは

>日本赤十字社では、24時間体制で全国の医療機関に輸血用血液の供給を行っております。血液型別・種類別の過不足などが生じた場合においても、全国の日本赤十字社の血液センター間で血液の需給調整を行っており、その必要量を可及的速やかに供給する体制を整えております。

――とも書かれています。

ですから、ご質問については
(1)病院が患者に「血液を探させる」ものなのか
(2)もし患者側が探さなければならないのであれば、どのように探せばよいのか

――ともに、「ありえない」――と思います。念のため。

Q血液透析の事で質問なんですが。。。

血液透析の事で質問なんですが、ダイアライザー内部で透析液による逆ろ過という現象が起きますが、それはおきても良いのでしょうか?起きてはあまり良くないのでしょうか?内部濾過促進型のダイアライザーが出ているのでおきても良いと考えてはいるのですが、具体的にどのようにからだにいいのでしょうか?教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

清浄化された透析液を置換液としたon-lineHDFやpush/pull HDFなど、大量濾過をともなう治療が考案され、一部臨床応用されています
透析と濾過を同時に行なうため大きな分子量の物質(手根管症候群の原因になるβ2ミクログロブリン除去など)の除去に有利です

しかし、こうした治療を行うには専用装置や大量の置換液が必要であり通常の施設での実施は難しいものがあります

このような状況から内部濾過促進型血液透析の概念が提唱されており、学会報告でも大きな分子の除去に優位性を示す報告が多くあります

ただし透析液が血液内に大量に入るため、使用される透析液の清浄度は非常に高い必要があります
無菌である事はもちろんですが、細菌から出るエンドトキシンの濃度についても十分な管理をしている施設である必要があります

ちなみに内部濾過を促進する方法としてダイアライザー内中空糸内径の狭小化・中空糸有効長の長尺化や中空糸充填率(ダイアライザーのモジュール内に中空糸がどれくらい詰まっているか)の増加を行なっています

Q白血球が高い、腹痛、赤い発疹教えて下さい

1ヶ月前、主人がのどが痛いとのことで近くの内科医でみてもらい、扁桃腺ということで薬をもらいました。しばらくすると痛みもほとんどなくなってきたので薬をやめたのですがまた数日後に痛み出し、そのころから腹痛も始まりました。腹痛が次第にひどくなりそのころから足に赤い発疹がでてました。総合病院に受診したところ、腸炎だろうということでしたが念のためいろいろ検査をしてもらいました。CT・エコー・血液検査をしたところ腸の炎症がかなりひどく白血球が18000ありました。そこで入院させてもらいました。1週間点滴およびおかゆなどで腸を休ませ再検査しましたがまだ13000あるとのことでもう1週間後に検査(まだ少し痛みがあった)ということになったのですが5日後くらいに再び強い痛みに襲われすぐにCT・エコー・レントゲン・血液検査が行われ、白血球が2万に増えていました。主治医に聞くと始め炎症がひどかったところはほとんど完治しているが今度は小腸のほうが炎症をおこしているということでした。24時間点滴になり3日後13000まで下がりました。しかし今度は足の発疹がかなりひどくなったので皮膚科にもかかりましたが今の処置を続けていてくださいとのことでした。それから主治医がステロイドの投与をはじめたところ痛みもおさまり赤い発疹もほぼなくなりました。そして1週間後採血をしましたがやはりまだ13000ありました。主治医がいうにはその薬は白血球が高くなる傾向があるからだろうとのことで、だんだん薬の量をへらしているので終わってすこししたらさがるだろうということでした。主治医はほんとうによくして下さっているので疑うわけではないのですが1ヶ月近く入院しているのでだんだん心配になってきました。子供がなるような病気で溶連菌ではないとのことです。だれかこのような病について知っているかた、どんなことでもかまいませんので教えてください。

1ヶ月前、主人がのどが痛いとのことで近くの内科医でみてもらい、扁桃腺ということで薬をもらいました。しばらくすると痛みもほとんどなくなってきたので薬をやめたのですがまた数日後に痛み出し、そのころから腹痛も始まりました。腹痛が次第にひどくなりそのころから足に赤い発疹がでてました。総合病院に受診したところ、腸炎だろうということでしたが念のためいろいろ検査をしてもらいました。CT・エコー・血液検査をしたところ腸の炎症がかなりひどく白血球が18000ありました。そこで入院させてもらいました...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは、tyoenさん
kiasama@医療人です

ご主人の具合はいかがですか?
早く症状が良くなることを祈ります。

わたしは病院勤務をしているものです。
ちょっと気になることがあるので書き込ませていただきました。
参考程度に聞いて欲しいのですが・・・

主治医はただの「腸炎」としか言ってないのでしょうか?
腸炎にもいろいろ種類があるのですが。

白血球が一時20000まで上がったということですが、白血球の何が上がったのか分かりませんでしょうか?
それによって、私が考えるものと同じかどうか判断がつけやすいのですが・・・

私が知っている(今治療を実際にも行っています)のは「顆粒球」が上昇することにより起きる「潰瘍性大腸炎」という疾患です
症状としては、下痢、粘血便、発熱が主で、症状の緩解と再発を繰り返します
治療法としては、ステロイド剤の投与を主に行いますが、外科的治療を行う場合もあります

この病気は若い人(30歳ぐらいまで)が罹りやすく、原因不明です

ただ、この疾患は「大腸」限定なのでご主人の症例に合致するかは疑問です。

知っていることのみなので、参考にもならないかもしれませんが、書き込みさせていただきました。

お役に立てなくて申し訳ありません

参考URL:http://www6.ocn.ne.jp/~ibd/

こんばんは、tyoenさん
kiasama@医療人です

ご主人の具合はいかがですか?
早く症状が良くなることを祈ります。

わたしは病院勤務をしているものです。
ちょっと気になることがあるので書き込ませていただきました。
参考程度に聞いて欲しいのですが・・・

主治医はただの「腸炎」としか言ってないのでしょうか?
腸炎にもいろいろ種類があるのですが。

白血球が一時20000まで上がったということですが、白血球の何が上がったのか分かりませんでしょうか?
それによって、私が考える...続きを読む

Q血液型について

何かの本で、輸血(?)をした後に血液型が変わったみたいな事を書いてあるのを見たと、知り合いから聞きました。そのような事は本当にあるのでしょうか?
また、RHプラスとかマイナスとかは、どのような意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問は二つに分けたほうがいいぞ。
ABO式の血液型が変わることはありうる。骨髄移植するとなるね。吉井令ってアイドルがそんな本を出していたような。輸血じゃ変わらないね。

Rh-の人に+を輸血すると血が固まったり、ぶっこわれたりする(赤血球が壊れる)ことがある。
また、-の女性が+の子を妊娠すると流産の原因になることがあるね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報