出産前後の痔にはご注意!

台湾は親日の人が多いと聞きます。尖閣の問題も大事ですが、私としては今後、台湾との関係をいまよりも深め、もし可能なら、台湾と連邦国家を形成してもよいのではないかと考えています。台湾の人の中には、いまでも日本と一緒になりたいと考える人が多いそうです。連邦国家なら、台湾の人も、戦前の植民地と違い、対等な立場と民族自決を保ちながらで日本人と生活できます。みなさんどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

台湾人の『台湾民政府』が日本との連邦化を求めているそうです。


個人的には賛成ですが、中・韓などの反対で国としては動けないだろうと思っています。

そのかわりに日本に併合を求めた事があるパラオなど親日国同士で自発的に旧日本連邦を形成してもらえれば、太平洋の島々にまで進出している中国をけん制できるのではないかと思います。
    • good
    • 3

企業レベルでは日本と台湾はかなり親密な関係です。


現在、デジタルカメラの世界市場では日本ブランドが70%のシェアを占めているそうです。
しかし、生産しているのは台湾企業で中国の工場で作っています。
それなら日本企業が中国に直接行き、生産すればいいようにも思えますが、それではうまくいかないらしいです。

カメラに限らず日本メーカーの多くが台湾企業に発注して製品を作ってもらっています。
もう日本メーカーは台湾なしではやっていけないような状況です。

まずは企業、民間レベルで親密な関係を築くのが先決だと思います。
国と国とはまだまだ相当、時間がかかります。
    • good
    • 1

いささか事実誤認が酷いです。

戦前、台湾は日本の植民地だったわけではありません。台湾は下関条約で清が日本に割譲した。朝鮮は日韓併合条約で日本の統治下に入った。南樺太はポーツマス条約で日本の統治下に入った。南洋諸島は第一次世界大戦後の日本の委任統治領になった。千島列島は樺太千島交換条約で日本の統治下に入った。それぞれ日本領になった時期は違うものの日本は台湾、朝鮮、南樺太、南洋諸島、千島列島を植民地としたわけではありませんん。戦前、日本はそれらの地域を地域事情に応じて統治した。それだけです。太平洋戦争の敗北で日本はそれらの地域を手放さざるを得なかった。
沿海州は1860年の北京条約で清がロシアに割譲した外満州といわれた地域です。ロシアは今も沿海州を統治しています。その沿海州はロシアの植民地などとはいわれていない。なのになぜ日本は台湾を植民地にしていたといわれなければならないのか。今、現在も統治しているかいないかの違いしかありません。沿海州は清がロシアに割譲した。台湾は清が日本に割譲した。どちらも同じじゃないですか。それがなぜ、一方が当たり前のように領土と認められ、一方が植民地といわれなければならないのか。台湾出身の張 星賢選手は、日本選手団の一員として、1932年のロサンゼルスオリンピック、1936年のベルリンオリンピックに選出され、早稲田大学に進み、南満州鉄道に就職しました。戦後は台湾に戻り、台湾省合作金庫に就職しながら、台湾の陸上競技界でも活躍しました。日本は戦前、台湾も朝鮮も南樺太も南洋諸島も千島列島も本土と差別したわけでもないのです。それぞれの出身者を適材適所に活躍の場を公平に与えた。台湾の人達は、戦前の日本の統治は公平だったと評価してくれている。だから親日なのです。それに対し、朝鮮は戦前の歴史を歪曲しています。戦前日本は北海道大学に続いて1924年に京城帝国大学、1928年に台北帝国大学を設立しました。これって1931年の大阪帝国大学や1939年の名古屋帝国大学より早いんですよ。では大阪は日本の植民地だったのですか?名古屋はどうですか?そんなわけないじゃないですか。戦前は日本も遅れていて、いぢどに全部の帝国大学を設立できなかった。資金もないし、教授陣も揃わないし、生徒も居ない。だから段階的に帝国大学を整備していった。それだけの話なんです。戦後の歴史教育も戦前の歴史を歪曲して教えている。だから戦前の歴史を知らない人が多い。

明治14年(1881年)ハワイ国王カラカウア1世が来日し明治天皇と会談し、日本とハワイの連邦などのいくつかの提案をされました。その背景には明治維新以来の日本の近代化政策やハワイへの日系移民の勤勉性が評価されたということと、このままではハワイはアメリカ人移民に乗っ取られてしまうという危機意識もあったのでしょう。しかし当時の日本はアメリカ人、イギリス人などのお雇い外国人に手取り足取り指導してもらってよちよち歩きの時代なのです。日本発の電力会社である東京電燈もまだ開業していない。もし日本とハワイが連邦すれば、アメリカの対日感情は悪化して、支援を打ち切られてしまうだろう。そう考えた明治天皇は丁重にカラカウア1世の提案を断るほか無かった。

今、例え台湾国会が全会一致で日本と台湾の連邦を決議したところで、日本は中国の対日感情悪化を恐れて拒否することになるでしょう。
そもそも中国は一つだという論理は、国共内戦に敗れた蒋介石が中華人民共和国の国連加盟を妨害するために唱えた論理なのです。一つの中国の代表が中華民国政府であり、中華人民共和国は地方政権に過ぎないという論理です。日本は一貫して、その論理を認めていた。今は中国の代表が中華民国政府から中華人民共和国政府に交代しただけだというのです。その論理を日本だけでなく国際社会が一致して認めている。そうであるから、日本は日本と台湾の連邦を認めるわけにもいかないのです。従来、日本が認めていた論理と整合しない自己矛盾だからです。中華人民共和国が中国は一つだと主張しているのでなく、元は蒋介石が主張したことであり、それを国際社会も認めてきた歴史があるのです。日本もその論理を認めて、代表の交代も認めてきました。

そうであるからには日本と台湾の連邦はありえない話なのです。いまや中華人民共和国は日本の最大の輸出相手国です。日本にとっては台湾との関係も重要だけれども、それ以上に中華人民共和国との関係も重要なのです。それは日本の事情。

一方、台湾にも日本と台湾の連邦を求める事情は存在しません。かつてのハワイ王国のような事情は台湾にはありません。

以上であります。
    • good
    • 3

日本と連邦にするのに反対ではありませんが、まずは台湾が名実ともに中華民国として独立を勝ち得る支援するべきです。



アジアにおける民主主義国家の一つである台湾が共産党独裁国家に吸収される事態は避けなければいけません。
一国家二制度などとう詭弁を弄して民主国家の上に独裁構造を構築するのが共産主義者の考えです。

現在、台湾を(中華民国を)独立国家として承認している国は以下の通りだそうです。

[オセニア] パラオ、ツバル、マーシャル諸島、ソロモン群島、キリバス、ナウル。

[中南米] セントルシア、グアテマラ、パラグアイ、ベリーズ、エルサドバズル、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、ハイチ、ニカラグア、ドミニカ、ホンジュラス、パナマ、セントクリストファー・ネーヴィス。

[アフリカ] ブルキナファン、サントメ・プリンシベ、スワジランド王国、ガンビア。

[ヨーロッパ] バチカン市国。

現状では、先進8か国やその他のアジア主要国家が中国の経済力や軍事力の前にひれ伏し、民主主義の大義を忘れているのでしょう。
ここような状況で、先進国、経済大国、平和国家、民主国家の日本が台湾を(中華民国を)国家として承認する国に加わることは、共産主義勢力の拡大に歯止めをかけると同時に、世界の民主勢力から一目置かれるリーダーシップです。

日本の政治家に、打算以上の理想に燃えた人物がいるのかどうかが、問題ですね。

台湾の独立が実現した日、日本がどれだけ独立を支援したかを省みて、台湾人は日本を連邦の対象とするか、それとも遠いご先祖様のノスタルジーにとどめるか、決めるでしょう。
    • good
    • 1

残念ながら国家間に対等な立場などありません。


ということで、対等な立場と民族自決いうのは美辞麗句にすぎない。
チベット・中国だって対等な立場と民族自決を保ってます。
近隣の友好的な国として台湾を見たほうがお互いのためです。
    • good
    • 1

台湾は親日が多いのですが、反日も結構


居ますよ。
それにあそこは、民族差別が在ったりも
します。

外省人、内省人、昔から台湾に住んでいる人
て具合ですね。かなり差別がヒドイです。

それはともかく、連邦国家樹立には賛成です。
地政学的には、あそこは重要ですし、電子部品
を世界中に輸出している台湾と組むことは
経済的にもメリットが多いでしょう。

しかし、最大の問題は中国ですね。
中国は、台湾は中国の一部、と明言しており
武力での統合も辞さないと公言しています。

中国人に聞いてみました。
「中国で一番大きな島は何ですか」
 海南島ですか?」
「違います。台湾です」

台湾と連邦国家を樹立する、なんてことを
やろうものなら、戦争になる可能性が高いです。

私はもっと広く、米国を背景に、インドネシアや、インドまで
を含んだ、アジア版NATOを設立すべきだと
思っております。
台湾との連邦はその一環としてやるべきでしょう。
    • good
    • 0

台湾人は親日が多数ですが、台湾政府は必ずしも常に親日というわけではありません。


李登輝氏と陳水扁氏が政権を握っていたときは親日でしたが、他は...

ちなみに現政権は親中であり親日でも反日でもないというスタンスです。そもそも国民党というのは李登輝氏以外は親日ではありません。また、現総統の馬英九氏は台北市長時代はかなり過激な反日活動家でした(特に尖閣への野心は凄いです)。
そのような政権が成り立つ国なので連邦国家は無理です。

当然ながら台湾では対大陸との関係が最大の感心事で、おそらく我々が考えている以上にドライかつ冷静に国家関係(対中関係。対日関係)を考えていると思います。
    • good
    • 1

20年近く前,李登輝政権の頃,同じようなことを考えていました。


・カナダに見られるように公用語を2つにすることは可能
・日本人も台湾人も計算は早いので,通用通貨を2種類にしても生活上の買い物なども対応できるはず

ただ,今台湾の市民は依然として親日的ではありますが,国民党指導部は新たな国共合作,すなわち大陸との相互提携に目を移しています。
実際に,相互に「承認」していない敵性国家だったはずですが,実利を重んじる国民性から,台湾から大陸への投資・工場移転などがすでになされています。
私は,「外から見た日本の魅力」が急落する一方で,台湾が日本を選んでくれるだろうか?むしろ大陸との平和協定の方向に進むのでは?と考えています。

日本を見ると,孫文の三民主義のうち,「民権」はしばしば蔑ろにされており,何よりも「民生」がロスジェネ・非正規雇用など極めてお寒い現状です。
台湾側が「昔と違って日本の価値は下がった」として断ってきそうな情勢と見ています。いっそ日本を吸収合併してくれないかとさえ思ってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。わたしは、本当の中国はまだまだ問題だらけであり、そのことを台湾の人は意識していると思います。一見発展しているように見える中国ですが、地方農家の貧困は大変なものがあります。たしかに、台湾も今は、中国をかなり評価し、提携も考えているでしょう。私が、問題にしたいのは、私たち日本人が、台湾の独立をどう考えるかです。彼らが、中国と統合したいのなら、それでいいと思います。しかし、もし、台湾の人が自主独立を求めるなら、日本人になにができるかを考えるべきだと思います。

お礼日時:2011/11/28 05:51

 中国が黙ってないでしょう。



 中国は台湾の独立を認めていませんから、独立国家としての動きは断固として阻止してくると思います(おそらく武力行使も辞さない)。

 日本も台湾も、中国との貿易は重要ですから、中国を刺激しないようにギリギリの所で舵取りしてるのが現状です。 

 まず台湾の独立が先で、その後にFTAなど結ぶのが現実的かと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。もちろん、いますぐの話ではありません。でも、もし、台湾の方が本当に望むなら、私たち日本人はその実現にむけて最大限の努力をすべきです。太平洋戦争中、多くの台湾の人が日本軍と一緒に戦いました。台湾のひとは、なのにどうして日本は台湾を戦後見捨てるのか、と嘆く人が
多かったようです。韓国と違い、台湾の日本の統治は良かったみたいです。
今後、台湾の人たちが自主独立をするためなら、たとえ中国と緊張状態になっても私たち日本人は支援すべきです。それが、せめてもの戦中の罪滅ぼしになるのではないでしょうか?もし、そうすれば、きっと日本人自身も今とは違った国民になると思います。私の考えに同調する人を今後集めて行こうと思います。いまのままでは、台湾がかわいそうです。これは、日本人が歴史的に負う責任だと思います。

お礼日時:2011/11/28 05:17

凄く個人的な意見になりますが、台湾と連邦国家は希望します。


私自身、凄く台湾が好きなので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。もし、台湾の方にお知り合いがいたら、ぜひ、意見を聞かせてください。

お礼日時:2011/11/28 05:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国があるのですか

先日、テレビでパラオは、過去の戦争で日本軍がいたのですが、すごい親日国だということを知りました。
過去の戦争で日本軍がいた他の東南アジアの国でも親日的な人は、結構多いと聞いたことがあるような気がします。

韓国や中国は、反日的ですが、過去に日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国と分かれるのでしょうか?

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>過去の戦争で日本軍がいた他の東南アジアの国でも親日的な人は、結構多いと聞いたことがあるような気がします。
>韓国や中国は、反日的ですが、過去に日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国と分かれるのでしょうか?

回答:反日の国は、国民に嘘を教えているからです。

軍隊がいた=反日 というのは無知から来る短絡思考です。
日本には米軍基地がありますが、日本人は反米なのでしょうか。

この類の質問は何度もでていますが、日本を非難する方は何故か資料を出さずに、主観的な推測を語る方が多いようです。


まず、東南アジア諸国についてですが、日本は植民地にはしていません。
大東亜共栄圏構想は、欧米から独立してアジア諸国による民族自決を目指したものです。
当時のアジア諸国の国力は日本だけが飛びぬけていた為に、日本の主導になっていたことは事実ですが、「日本によるアジア支配」という解釈は歪曲です。
日本は、白人を排除した後に大東亜会議を開いて、彼等の自治を認めています。

【大東亜会議】
http://www.youtube.com/watch?v=3mvHRVlrFUU

アジア諸国は「日本の戦争は侵略ではない」という認識から、連合国が認めた賠償請求権を放棄してくれています。(しかし、日本はそれに対しても「準賠償」という名目で経済援助をしています)

【日本が支払った戦争賠償金】(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=euNuLLDSWTI


ソムアン・サラサス(タイ側交渉団)は終戦後の訪日時に、↓のように語っています。

「日本国民は餓死寸前でありました。日本中が焼野原でした。
そして、皇族も華族もいなくなり、有力な軍人と賢明な役人と高潔な政治家は牢に叩き込まれて誰もいません。
アメリカはそっくり返って威張っている。団員は口々に“こんな気の毒な日本を見ていられるか”と言いましたよ」
「(こんな値引きに応じて)“国へ帰ったら、殺されるかな”とフッと思った。
けれど、“まあいいや、友邦日本は悲惨な状態なんだから”と自分に言いきかせました。団員も同じ気持ちだったのです」

大東亜戦争中、日本はタイから20億バール(当時の10億ドル以上)の借金をしていました。
タイはそれを2500万ドルに値引きしてくれています。


フィリピンについてですが、
私は、戦争がなくてもフィリピンが(タダで)独立できたか については疑問があります。

オランダはインドネシアの独立の時に60億$を請求しています。
他にも、インドネシアにオランダ人が所有している土地財産の保全と、スマトラ油田の開発費用の弁済を要求しています。(独立戦争をしてすら、このような要求をされています)

実は、フィリピン国民は「フィリピンの独立記念日」は1898年だと思っています。
フィリピンは元々スペインの植民地でしたが、スペインがアメリカと戦争したとき、アメリカは独立を条件にフィリピンを味方に付けました。
戦争はアメリカが勝利し、フィリピンは独立を宣言しました。
しかし、アメリカはスペインからフィリピン統治権を買い取り、新たな宗主国としてフィリピンを統治しました。

日本は占領後の1943年にすぐ軍政を撤廃し、「フィリピン共和国」として独立させています。

その後日本の敗戦により、日本に亡命したラウレル大統領によって「フィリピン共和国」は解散されます。
その後、1946年にアメリカ統治下での選挙で当選したロハスによって、「現在のフィリピン共和国」が独立します。


台湾とパラオについてですが、
【植民地】というものについては、欧米の支配の実態から誤解されていますが、
植民地の本来の目的は、宗主国の国民を入植させつつ遅れた地域を開発し発展させることです。
台湾とパラオが親日なのは、その通りの事をして、それらを評価しているからです。
(それらの領有の経緯と是非については、質問されていないと判断しました)

【日本とパラオ ~歴史を越えた友情~】
http://www.youtube.com/watch?v=cTRfPNEPR-A

【日本と台湾は一心同体】
http://www.youtube.com/watch?v=gwPwOrmdlMs

反日の台湾人の多くは、中国大陸で共産党との権力闘争に敗れて台湾に逃れてきた国民党(蒋介石)の人たちです。
どちらも日本とは戦っていたので、反日でした。


韓国と北朝鮮ですが、
無知な人は日本が朝鮮を侵略して植民地にしたと思い込んでいますが、
日本は、失政で破綻した朝鮮の要請を受け入れて併合したのであって、侵略してはいません。
世界も併合は両国の合意に基づく平和的なものであることを認めています。
併合とは、一つの国になることで、他国を一方的に支配する植民地とは全く違うものです。
そして、日本は併合した朝鮮地方に対して、植民地である台湾やパラオより優遇しています。
(当然差別や虐待などはなく、強制連行や、従軍慰安婦や、創氏改名の強制は、事実ではありません。)

今の韓国が、反日である理由は、独立後の教育が原因です。
今の韓国の政府のルーツは、併合で特権を失った貴族や、外国(中露)から支援を受けて反日運動をしていた者達が、上海で名乗っていた自称亡命政府です。
戦前の彼らは、世界中が併合の正当性を認めていた為に孤立していました。(犯罪で資金稼ぎをしていた事も原因です。)

その後、WWIIの終戦で朝鮮は日本から独立しました。
終戦時の朝鮮には、日本の教育を受けた者しかいなかった為に、連合国は影響力を行使する為に、その亡命政府を独立した韓国の代表に選びました。
功績も無く他国の都合によるタナボタで権力を得た彼等は、日本の統治の方が良かったと国民に言われることを恐れました。(実際、日本の方が遥かにマシでした)

それを逃れる為に、新政府は朝鮮が独立できたのは、戦前・戦中からの我々の抗日運動の成果である。
朝鮮は昔から日本より優れていたが、日本が卑怯な方法で侵略して、韓国の富を奪って行った。
今現在韓国の発展が遅れているのは、それが原因であると、事実と違う捏造教育をし続けました。

このように、自分達の失政への批判を、日本という敵を作ることでそらし続けてきた結果、反日が韓国人に定着してしまい、今更、教えた歴史が嘘でしたとは言えない状態になってしまっています。
今、それをした場合、韓国人のアイデンティティは崩壊して、国そのものが危うくなってしまうでしょう。

北朝鮮の反日も↑の自国の政府の正当性を、「日本と戦っていたこと」に拠っているからです。


中国の反日も、韓国と同じです。
彼らも日本の侵略を戦って撃退したと言っていますが、事実は全く逆です、
日中戦争は、中国が朝鮮(当時は併合で日本領)を侵略したのが原因です。

当時の中国ですが、清国が滅亡し複数の政権(馬賊や地方軍閥など)が争っている内乱状態でした。
彼らは大陸の日本領内にも侵入して、破壊活動やテロなどの挑発を行っており、現場の緊張は極限状態に達していました。
日本は、条約や協定による平和的な解決を試みましたが、彼等にはまともな行政・司法・警察等の能力は無く、国際条約の知識や理解も薄く、それらの遵守は期待できませんでした。(実際何度も一方的に破棄されています。)

当然治安も悪く、テロも多発しており、日本人の大尉が中国兵に惨殺される事件も起きています。
これらの結果、現地の部隊が暴発し、独断行動による戦闘が発生してしまい、それが満州事変に発展します。

これによる満州国の建国を、侵略によるものだという意見もありますが、満州国という地域を確保しないと当時日本が所有していた、満州鉄道へのテロを防止できませんでした。

その後の満州国は、日本が治安を維持した為に各地から人口が流入し繁栄した為に、再びそれを狙った中国によるテロ活動が起りました。
日本軍は前回と同様、領土内で対応していましたが、そうすると彼らは中国内に逃げて、その後また侵入して同じ事を繰り返しました。
日本は中国奥地にある彼等の本拠地(南京、重慶)を叩かなければ、根本的な解決にならないと判断し、中国領内に攻めていきました。
これが日中戦争に発展します。

私は、これらの経緯を日本の一方的な侵略と断定できる人の知能と国籍を疑います。

http://www.youtube.com/watch?v=Kiz7N4z7c3M

>過去の戦争で日本軍がいた他の東南アジアの国でも親日的な人は、結構多いと聞いたことがあるような気がします。
>韓国や中国は、反日的ですが、過去に日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国と分かれるのでしょうか?

回答:反日の国は、国民に嘘を教えているからです。

軍隊がいた=反日 というのは無知から来る短絡思考です。
日本には米軍基地がありますが、日本人は反米なのでしょうか。

この類の質問は何度もでていますが、日本を非難する方は何故か資料を出さずに、主観的な推測を語る方が多いようで...続きを読む

Q世界28ヶ国の王家の中では、天皇家が世界一の格上ですか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E5%AE%A4
世界には、日本・イギリス・ベルギー・スペイン・タイ・カンボジア・
サウジアラビア・スウェーデン等28ヶ国に王制が存在しています。
これらの国王の中でも序列というか「格の違い」ってあるのでしょうか?

例えば、「世界の王室が集まった時、天皇が最も上座に座る」と聞いた事が
ありますが、それは天皇家の格によるものでしょうか?
その理由は、この2つです。
・天皇家は世界で最も歴史のある王室である事。
・「King」よりも格上とされる「Emperor」であるから。
 歴史的に言えば「King」よりも「Emperor」の方が格上。「Emperor」は世界でただ一人。

世界的には、「差別や格差はいけない事だ」みたいな風潮がありますが、
そんな事を言ってしまえば王室の存在が崩壊してしまいます。
王族の世界とは歴然とした格差社会であり、格とか身分の差を公認する
社会だそうです。
彼ら王族は「王族の何たるか」という教育を受けているため、天皇家の
格の高さをちゃんと認識しているため上座を譲りますが、天皇家の権威を
よく知らないのは、もしかすると我々日本人かもしれませんね。

さて、世界の王室において、「格の違い」は存在していますか?
日本の天皇家は最も格が上というのは本当でしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E5%AE%A4
世界には、日本・イギリス・ベルギー・スペイン・タイ・カンボジア・
サウジアラビア・スウェーデン等28ヶ国に王制が存在しています。
これらの国王の中でも序列というか「格の違い」ってあるのでしょうか?

例えば、「世界の王室が集まった時、天皇が最も上座に座る」と聞いた事が
ありますが、それは天皇家の格によるものでしょうか?
その理由は、この2つです。
・天皇家は世界で最も歴史のある王室である事。
・「King」よりも格上とされる「Empe...続きを読む

Aベストアンサー

私も以前考察しました。
その結果、多国間での「格の違い」は存在しません。

>>日本の天皇家は最も格が上というのは本当でしょうか?
ガセネタです。

まずタイ国王即位60周年記念式典での写真をご覧下さい。
http://www.thaiembassy.jp/photo%20gallery/60th/Albums/Album3/Source/Best_Wish_Expression_116.htm
天皇皇后両陛下はスウェーデン・ブルネイ両国王王妃より下座です。なぜなら、国の公式行事で複数の元首が並ぶときは、即位(就任)順で席順が決まります。ただしカトリックを国教とする国ではローマ教皇を自国元首よりも上座に位置させる国も存在するようです。

ただし、国(公的)ではなく王室(皇室)の行事、つまり私的な席では元首同士、国同士でのつきあいの深さによって、席次が決まることもあります。

ですから国家間では格に違いはない、国の規模、王家の歴史、称号の違いなどは関係なく、また元首が王であろうと大統領であろうとすべて平等です。

 西欧社会のEmperor、Kingの関係と、中華文化圏の皇帝(天皇)と王の関係を混同させて「天皇はKingよりも格上である。なぜならEmperorだからだ」というのはむちゃくちゃな理論です。
 ヨーロッパにおけるEmperorと、中華文化圏の皇帝(天皇)はまったく異なる政治概念です。ただ、似たような意義が含まれるから皇帝(天皇)をEmperorと翻訳に当てただけにすぎません(King・Queenを王・女王と訳すのも同様です)。また近代以降ではEmperor、King、皇帝、王と、どのように名乗るのも勝手でした。

だから明治になって天皇の訳語にEmperorを当てたに過ぎません。

参照
ヨーロッパにおける「皇帝」
http://kyoto.cool.ne.jp/rekiken/data/2002/020628c.html

ヤマトの王が天皇を名乗った理由
http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup/CU20050413A/?FM=cukj&GS=book

より詳しい回答が教えてgooにもあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3952917.html
No.3氏の良回答をご覧下さい。

また、
http://q.hatena.ne.jp/1145697267
の3番目の回答者さんもご覧下さい。

さらに重要なことは三大権威とか、天皇はKingよりも格上などというものは、ネットで、しかもなんら確たる証拠も提示しない掲示板やブログの書き込みでしか見あたらないということです。この時点で眉唾物です。
そういったものが公的に認められているのであれば、その条文なり、条約なりを提示すればいいのにしない。「不文律なんだ」「世間では隠されているのだ」とすれば、それほどのものがだれが書いたとも分からぬ掲示板ごときに流れること自体がおかしいでしょう。

誤解無きようにいえば、わたし自身は毎朝、神仏に天皇家の繁栄を祈り、皇室に敬意を持っています。
だからこそ、このようなデマにすがりつく必要はない。なぜなら、天皇は「日本の天皇」だから敬意を持っているのです。ほかの国よりも偉いから敬意を持っているのではないのです。
正直、この手のデマにすがりつく人って、天皇を敬うフリをしながら、正直天皇に敬意など持ち合わせていない。天皇の権威が分からない。だからこんな恥ずかしい理屈にすがりつかなければ、「天皇への敬意」が表現できないのではと思えます。
また、この手のデマにすがりつくサイトは、天皇への敬意、敬愛の念よりも、「俺さまの天皇は偉いんだぞ!! お前らなんか…」といった他国への憎悪、罵倒が表立っています。正直、他国を見下すダシに皇室を利用しているのではとしか思えません。

わたしは日本の天皇だから敬意を持っています。決して他国より偉いから、他国を見下したいからではありません。

私も以前考察しました。
その結果、多国間での「格の違い」は存在しません。

>>日本の天皇家は最も格が上というのは本当でしょうか?
ガセネタです。

まずタイ国王即位60周年記念式典での写真をご覧下さい。
http://www.thaiembassy.jp/photo%20gallery/60th/Albums/Album3/Source/Best_Wish_Expression_116.htm
天皇皇后両陛下はスウェーデン・ブルネイ両国王王妃より下座です。なぜなら、国の公式行事で複数の元首が並ぶときは、即位(就任)順で席順が決まります。ただしカトリックを国教とする国...続きを読む

Qなぜどの国も北朝鮮を空爆しないのか?

核開発を進めるなど、北朝鮮は危険なことばかりしていますがなぜどの国も北朝鮮をほっとくのでしょうか?アメリカはイランのことばかりだし。バックに中国がいたとしてもアメリカの戦力なら北朝鮮くらい占領できるんじゃないですか?
正直将来日本が滅ぼされないか不安です。

Aベストアンサー

 将来、日本が北朝鮮に滅ぼされることはありません。

 日本が北朝鮮から受ける可能性のある最大の被害は、北朝鮮崩壊による難民が日本に押し寄せた場合と、北朝鮮の原子炉がメルトダウンして、(北朝鮮の原子炉は、チェルノブイリと同じ黒鉛炉)原子炉内の核物質がばら撒かれ、ジェット気流に乗って日本海や日本にばら撒かれることです。

 <核開発を進めるなど、北朝鮮は危険なことばかりしていますがなぜどの国も北朝鮮をほっとくのでしょうか?>
 現状では、金正日が死んで状況が変わることのほうが、空爆などで手を出すより、ことが上手く解決する可能性が高いからです。

<解説>
 中国が自給自足経済の毛沢東路線を取って、アメリカ・ソ連と対立していた頃、北朝鮮はアメリカ軍の駐留する韓国と中国の間にあって、中国の友好国で、中国と国益を同じくしていました。

 ところが、1979年の中越戦争(中国とベトナムとの間の戦争)で、アメリカとの間の長い戦争を経験したばかりのベトナム軍に、中国は事実上の敗北を喫したのです。(人海戦術で、ベトナム軍の何倍もの兵員を投入し圧勝のつもりが、侵攻はしたもののベトナム軍の何倍もの損害を出して、予定していた目的地のはるか手前で軍需物資が底をつき、結局撤退せざるをえませんでした。)
中越戦争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%B6%8A%E6%88%A6%E4%BA%89
 この戦争で、中国の人民解放軍は「毛沢東路線=自給自足経済」では近代戦は戦えないという結論を出し、毛沢東路線から鄧小平路線へ、完全に支持を変えました。

 この後、ベルリンの壁崩壊・ソ連崩壊・東西冷戦終結となり、中国も鄧小平の改革開放経済のもとで経済を資本主義化し、急激な経済発展とを遂げ、貿易で大儲けするに至りました。(人民解放軍も軍事予算が急増し、急速に近代化しました。)
 
 この過程で、北朝鮮は「中国の唯一の友好国」から「中国のお荷物」へと変わってしまいました。

 豊かになっていった中国は、貧しいままの北朝鮮へ援助増やし続けるよりも(豊かな国と貧しい国が国境を接していれば、貧しい国が不法入国や犯罪の温床となります。お互いの貧富の差が大きいほど、この傾向は大きくなるので、援助をして貧富の差を少なくする必要が出てきます。)アメリカと日本のように、中国と歩調を合わせて国力を増して通常兵器を大量に買ってくれる国になってもらいたいのです。
 また、現在のように食糧不作の年に、食糧援助がなくなれば国民の2割、500万人が餓死するような状態では、いつ独裁政権が崩壊して政治的混乱が起き、数百万という大量の難民が中国に流れ込むか分かりません。これを確実に回避するには、北朝鮮を豊かにするしかありません。

 ところが、過去の歴史を見れば、「国民が豊かになると、民主化要求が強くなり、独裁者は政権を追われる」という法則があります。
 つまり中国の希望は、「北朝鮮を集団指導体制で豊かにしてもらいたい。(=中国の現在の政治体制)世襲は認めないが、金正日が生きている間の独裁は認める。」ということなのです。

 更に、中国の経済発展・対外貿易拡大は、アメリカと中国の関係緊密化をもたらしました。
 今や、アメリカの貿易相手国第一位は中国で、中国の貿易相手国第一位もアメリカとなりました。
 中国は2007年にはアメリカとの貿易で、15兆円以上を儲けており、そのお金で軍備拡張をしていると言ってもいいくらいです。更に中国はアメリカの国債を70兆円以上も持っており、買い増ししています。
 ですから、北朝鮮とアメリカが戦争する事態になれば、中国は北朝鮮を見捨てます。アメリカと戦争すれば、中国は借金を踏み倒され毎年の大儲けも吹っ飛んで、経済が崩壊しますから。

 ただし、アメリカと北朝鮮の戦争で北朝鮮から数百万の難民が流れ込むのは、経済崩壊よりましではあるものの大迷惑です。
 そこで、北朝鮮にアメリカを刺激することはやめろと言っているのですが、金正日がなかなかうんといわないのです。

 金正日は、父親の金日成から政権を引き継ぐために、北朝鮮の謀略部隊の指揮官として実績作りをし、政権強化・財政確保のため国際的な違法行為に手を染めました。
 具体的には、大韓航空機爆破テロ(=アメリカ人も死亡)・アメリカドル偽造・覚せい剤密造などです。
 アメリカ政府は、金正日を拘束しさえすれば、いつでもアメリカ国内法で裁いて、刑事罰を執行することができるのです。
 アメリカ政府は、過去に外国の独裁者に対して、軍事作戦を何度となく計画したことがあり、(キューバのカストロ将軍、リビアのカダフィ大佐など…)実際に成功例もあります。

パナマ侵攻=ノリエガ将軍逮捕→フロリダ刑務所に収監
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%83%9E%E4%BE%B5%E6%94%BB

 アメリカが北朝鮮に電撃侵攻し、金正日を拉致した後に、北朝鮮に親中国の集団指導体制政権が成立するというシナリオがありうるのです。

 これに対して、中国に頼れなくなった金正日は、国民の餓死を無視し、空軍・海軍の在来兵器の更新を中止して防衛力を崩壊させてまでも、核兵器開発・在日米軍を攻撃できるノドンの実戦配備・長距離ミサイルの開発に力を集中しています。

 アメリカも、余命が知れている金正日を拉致をした結果、沖縄の米軍基地にノドンの集中攻撃を受け、在日米軍将兵に多数の死傷者が出るのは得策でないと判断していると思われます。

 また、金正日と少数のその取り巻きの生存のための核兵器開発であり、北朝鮮からの先制攻撃は自分たちの破滅を意味しますから、(アメリカは、攻められれば徹底的に反撃するのが国是)現在のところ、ほとんどありえないとアメリカは見ています。

 将来、日本が北朝鮮に滅ぼされることはありません。

 日本が北朝鮮から受ける可能性のある最大の被害は、北朝鮮崩壊による難民が日本に押し寄せた場合と、北朝鮮の原子炉がメルトダウンして、(北朝鮮の原子炉は、チェルノブイリと同じ黒鉛炉)原子炉内の核物質がばら撒かれ、ジェット気流に乗って日本海や日本にばら撒かれることです。

 <核開発を進めるなど、北朝鮮は危険なことばかりしていますがなぜどの国も北朝鮮をほっとくのでしょうか?>
 現状では、金正日が死んで状況が変わることのほう...続きを読む

Q日本が分断国家されなかったのは?

前の大戦の敗戦で日本が分断国家にされなかったのは、世界的に見ても奇跡だったといえると思っているのですが、実のところ、なぜ分断されずに至ったのかを知らないのです。

どのような経緯から分断されずに済んだのでしょうか?

おしえてください。

Aベストアンサー

>どのような経緯から分断されずに済んだのでしょうか?

ポツダム宣言では、戦勝国(米・英・ソ・中)で日本分割統治が決まっていました。

北海道・東北地区=ソビエト連邦
関東・甲信越・中部・北陸=アメリカ
四国=中華民国
中国・九州=イギリス
近畿=アメリカ+中華民国
東京=アメリカ・イギリス・ソビエト連邦・中華民国
沖縄・小笠原=アメリカ直接統治

日本の占領がアメリカによる事実上の単独占領として行われた結果,アメリカの対日方針が連合国の方針の名のもとに貫徹されることとなったのです。
GHQの直接統治は沖縄だけでしたが、沖縄を除く統治はGHQが日本政府を統治する間接統治を行ないました。
この結果、GHQの指示のもと形式上は分断統治が無かったのです。
アメリカとしては「対日戦争で中心的な役割を担ったのに、全く無関係の他国が統治に加わるのに反対」だったのが現実でしようね。
既に、米ソ冷戦が始まっていましたし・・・。

まぁ、敗戦後の早い段階で「米軍が日本に進行し、支配下に置いた」事ですね。
一日でも遅ければ、中国・ソ連が進行し分断国家が誕生していたでしよう。
中国。ソ連は「猛反発」しています。
北方4島は、占拠を続けていますし、「サンフランシスコ講和条約」に加盟していません。
実質的に中華民国と終戦になったのは、1952年の日華平和友好条約締結です。(中華人民共和国とは、1972年の日中平和友好条約締結です)
ソ連(現ロシア)とは、未だに平和条約はありません。

質問にある「日本の分断国家」という意味では、琉球政府(1945年から1972年)があった沖縄だけですね。
琉球政府は司法、立法、行政の三権が分立した、一国並の政府でした。

>どのような経緯から分断されずに済んだのでしょうか?

ポツダム宣言では、戦勝国(米・英・ソ・中)で日本分割統治が決まっていました。

北海道・東北地区=ソビエト連邦
関東・甲信越・中部・北陸=アメリカ
四国=中華民国
中国・九州=イギリス
近畿=アメリカ+中華民国
東京=アメリカ・イギリス・ソビエト連邦・中華民国
沖縄・小笠原=アメリカ直接統治

日本の占領がアメリカによる事実上の単独占領として行われた結果,アメリカの対日方針が連合国の方針の名のもとに貫徹されることとな...続きを読む

Q北朝鮮は中国、ロシアにより分割併合されるのでは?

北朝鮮が近い将来消滅するのは間違いないと思います。
各国の本音は「金は出したくない。」は共通ですが、それ以外では以下で間違い無いと思います。

韓国、中国=土地は欲しいが人はいらない。
ロシア=日本海側が中国領になるのはいやだ。
日本、アメリカ=どこでもよいから早く併合してほしい。

韓国はジレンマで最後まで動けず、結局中国が内戦を誘発し、人口を大幅に減らした上で大部分を併合することになると思います。
しかし日本海側はロシアが取りに行き、韓国も中国とだけ国境を接するより、中ロと接する方が良いのでロシアは漁夫の利を得ることになるのでは?

以上が私が思う北朝鮮の将来像ですが、皆さんはどう思われますか?

Aベストアンサー

>北朝鮮が近い将来消滅するのは間違いないと思います。

1994年の金日成死去に際し、殆んどのメディア・専門家は数年以内の金正日体制崩壊を予測しましたが、悉く外れ現在に至ります。
その点を踏まえれば、短いスパンに於ける現体制崩壊の可能性は50%程度かと。

但し金正日体制と金正恩体制を比較すれば、政権を維持出来る絶対条件は後者の方が格段に悪い事は確か。
そもそも権力委譲に到る金日成に依る後見期間が長かった金正日に対し、殆んどそれを持たなかった金正恩、しかもその間人民軍の幹部も世代交代が顕著で、金家に対する忠誠心の有無は全くの不明であり、質問者様が仰る事の可能性は否定出来ない。

但し政権転覆と国家の消滅は全く別次元の話、その点を考慮すれば、北朝鮮の近い将来に於いて考えられるシナリオは以下の3通り。

(1)金正恩体制が予想に反して継続する。

(2)北朝鮮人民軍に依るクーデターが勃発・成功して金王朝が崩壊し、自立再建を意図したレジーム・チェンジが行われる。尚この際事実上の政権首班は、かつての韓国・朴正煕政権或いはミャンマーに於けるものと同様、軍部のトップになるものと。

(3)クーデター勃発・成功に依り、朝鮮半島の統一の機運が一挙に高まる。

尚周辺諸国の共通した思惑として、(3)のシナリオは恐らく最も避けたいはず、即ち難民の流失や統一に掛かるコストの負担は、御免蒙りたいというのが本音でしょう。

北朝鮮を自国領とするメリットは殆んど無いと断言しても良いものと思われます、何しろ有する資源も産出量不明のレア・メタルのみ、その一方で2000万人を数える食うや食わずの貧困層を包含する事の、マイナスの経済効果は計り知れない、そして地政学上も殆んど見るべき点が無い、以上が北朝鮮の独立がそして金王朝の継続が担保されてきた理由の1つでもあります。

以下、私が考える周辺諸国及び関与国(6ヵ国協議当事国)の利害・思惑。

(韓国)
簡単に統一できるものであれば、当然併合したいのでしょうが、第2次朝鮮戦争の可能性は回避したい事、更には20倍はあろうかという経済格差の問題。
正直申し上げて韓国経済のファンダメンタルズは現在すこぶる悪い、依って当面自国の事で手一杯、自らの生活レベルを下げるリスクを冒してまで、2000万人に及ぶ北朝鮮の同胞を助ける余裕もその意志も無い事は明らかであり、朝鮮民族統一という悲願は、目下のところスローガンに過ぎない。

(中国)
アメリカ軍が駐留する韓国と、或いは韓国主導で統一された朝鮮半島の新生国家と、直接国境を接する事態は避けたいというのが本音。

(ロシア)
ほぼ中国の思惑と合致する。

(アメリカ)
目下のところアメリカの関心は、欧州と産油国を中心とした中東に限定され極東はその埒外、戦争のリスクを冒してまで、極東のパワー・バランスにコミットするとは考え難い。

(日本)
南北朝鮮統一で予想される一連の混乱、例えば難民の流失・統一に関わるコスト負担等は出来るだけ避けたい。

以上を総括した際中国の思惑としては、北朝鮮に無用な混乱を招き、新たな親米政権の樹立・東北3省に存する数百万人と言われる朝鮮族への影響・コスト負担の可能性を顧慮すれば、現政権に対する資金援助・物質的援助の方が、より現実的な選択肢として考えられるのではないでしょうか?

一方のロシアは、旧ソビエト連邦構成国を中核とした域内連合、即ち経済のブロック化を模索しつつあり、目下朝鮮半島情勢に就いては傍観者の立場、自国に大きなデメリットがない限り、積極的な関与は現実的ではないものと思われます。

以上、長くなりました。

>北朝鮮が近い将来消滅するのは間違いないと思います。

1994年の金日成死去に際し、殆んどのメディア・専門家は数年以内の金正日体制崩壊を予測しましたが、悉く外れ現在に至ります。
その点を踏まえれば、短いスパンに於ける現体制崩壊の可能性は50%程度かと。

但し金正日体制と金正恩体制を比較すれば、政権を維持出来る絶対条件は後者の方が格段に悪い事は確か。
そもそも権力委譲に到る金日成に依る後見期間が長かった金正日に対し、殆んどそれを持たなかった金正恩、しかもその間人民軍の幹部も世...続きを読む

Q今の政党を右派と左派に分類して下さい

今ある以下の18の政党を右派なものから左派なものに順に並べてください

(A)民主党
(B)自民党
(C)みんなの党
(D)国民の生活が第一
(E)国民新党
(F)公明党
(G)日本共産党
(H)社民党
(I)日本維新の会
(J)新党大地真民主
(K)減税日本
(L)新党改革
(M)新党日本
(N)沖縄社会大衆党
(O)みどりの風
(P)改革の志士
(Q)反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党
(R)幸福実現党

Aベストアンサー

右派
いない

中道右派
B、C、

中道左派
F、P

左派
G、H、N

支離滅裂
A、I、J、Q、R

不明(というか一人か二人だけしかいないし)
L、M、P

Q【北朝鮮】何故、内乱が起きないのか?

ご覧いただきありごとうこざいます。

最近テレビで「脱北者が増えている」という特集番組を目にしました。
そこで疑問に思ったのが、

●何故、政府に対抗し反乱しようとする人が出ないのか?

ということです。
皆様はどのようにお考えですか?


※歴史・社会的に常識なことかも知れませんが、何せ知識が浅いので、それも踏まえてお答えいただきたいです。

Aベストアンサー

内乱を起こすには、それなりの準備と武器・そして通信手段などが必要です。

北朝鮮は先軍政治と呼ばれる特殊な形態で、軍を政治の重要部局に当てるようにしています。つまりへ移民である文官よりも権力が強く、軍は直接的に「将軍様」と呼ばれる金書記長に忠誠を誓っています。
逆をいえば、これが代々の金王朝の権力の源であって、金日成・金正日・金正恩と3代に渡って権力と国家を維持できている理由です。

つまり金将軍は、各地を統括する軍上層部に、それなりの権力をあたえ、軍部がうまい汁を吸えるようにすることで、軍によるクーデターを抑えているのです。

内乱はクーデターの形を取ることが多いのですが、うまくそれを押さえ、また逆に金王朝が何らかの原因によって倒れることがあれば、いままでうまい汁を吸っていた軍上層部も共倒れになる構造にすることで、軍部が必死になって、内部(たとえば理想に燃える青年将校とか)クーデターや庶民による内乱を抑えることになるわけです。

ちなみに、この形は戦前の日本の統帥権を参考にし、さらに2.26事件とか5.15事件なども参考にしている、と言われています。北朝鮮が核実験を強行したりミサイルを飛ばしたりするのは、軍部のガス抜きが時々必要になるからだとも言われています。


また、内乱というか革命は市民から起きることも多くあります。北朝鮮についていえば、隅々まで軍部の目が光っていること、庶民が連帯するところまで資金や武器などがそろえられないことが大きいでしょう。また、他の方が書くように優秀な人はピョンヤンに集められていますので、地方に住む住人は家畜同然に監視されているので、革命を起こすのはむずかしいでしょう。

またピョンヤンに住むエリートは軍上部と同様、不自由のない生活をしていますので、革命を起こしてわざわざ自分たちの身分を不安定にすることは望まないのです。

さらに、大きな枠組みを見てみると北朝鮮をとりまく周辺国はどこも「北朝鮮が革命やクーデターで不安手になることを望まない」という事情があります。これにより、北朝鮮国内にあるであろう政治の不満分子に援助や協力が行なわれないことになります。

韓国では、統一はしたいもののクーデターが起きたり革命が起きたりするのは困ります。それが朝鮮半島全体に広がるような内戦に発展する可能性も高いですし、鎮圧に中国が乗り出してきたら韓国の命運も危うくなるからです。

また中国やロシアも困ります。韓国というアメリカと同盟を結んでいる国と「北朝鮮」という緩衝地帯を挟んでつながることで、ここに軍事力などを集中しないですんでいるのに、内乱が起きて統一朝鮮が生まれそれがアメリカと同盟を結べば、国境警備に力を入れざるを得なくなるからです。

またアメリカや日本もまったく同じで、北朝鮮があるから中国やロシアと一定の距離を保って監視ができるのです。統一朝鮮ができれば、中露と国境を接して、韓米日の集団自衛権が発動されることになりかねませんし、逆に統一朝鮮が中国またはロシアが後ろ盾になる国家となれば、日本海は一気に緊張することになるからです。
そうなると、竹島も尖閣もライター並に火がつきやすくなってしまいます。

ですから6カ国協議に参加している国々は、それぞれの思惑が違っても「今のままの状態で問題を起こさずに北朝鮮がしばらく存続する」ほうがいいのです。
そのため、北朝鮮国内に革命グループがあっても援助がないので革命実行まで至らないのです。

もっとも、庶民が不満を爆発されて行なわれる暴動などはニュースにならないだけで、結構起きている、と言われています。

内乱を起こすには、それなりの準備と武器・そして通信手段などが必要です。

北朝鮮は先軍政治と呼ばれる特殊な形態で、軍を政治の重要部局に当てるようにしています。つまりへ移民である文官よりも権力が強く、軍は直接的に「将軍様」と呼ばれる金書記長に忠誠を誓っています。
逆をいえば、これが代々の金王朝の権力の源であって、金日成・金正日・金正恩と3代に渡って権力と国家を維持できている理由です。

つまり金将軍は、各地を統括する軍上層部に、それなりの権力をあたえ、軍部がうまい汁を吸えるように...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Qもしハルノートを受諾し、大日本帝国が続いていたら?

今日の夜9:00~NHK真珠湾スペシャルを見ましたが・・・

ハルノート原案では、日本軍全面撤退と引き換えに20億ドルの対日借款が盛り込まれていた。
それが国務省内で練り直され、対日強硬派の言い分が通り、借款の項目は削られた・・云々


なかなか興味深い番組でしたね。


でも

当時の日本政府・軍部の主流派から見て、ハルノートは受け入れられない。それどころか対英米戦は既定路線・・・・かな。


さて、今回、あくまで IF ですが

日米戦争を回避でき、大日本帝国も明治憲法もそっくりそのままで今日この21世紀のIT社会に至ったらどうなったことでしょう?

若者が茶髪でスマホに熱中し前を見ずに道歩き、少女がローライズでパンツ半分見せながら道歩いて、それでも大日本帝国存続中だとしたら。

いったいどんな日本社会になっていることでしょうね?

テクノロジーは今の現実そのままの社会で、国体は大日本帝国。

つまり往時(1941時点で)、あと数年を待たずして、台頭する巨大な軍事大国ソ連、蒋介石を追い出し中国の覇権を握った中国共産党。米国はこれらと対峙するために、日本を利用せざるを得なくなるのです。良い悪いはこのさい別として。

尚、連合国による対独・対伊 の戦争はあり、歴史通り連合国の勝利に終わったとします。日本だけがそのまま。


今どんな日本社会になってますか?あくまで IF です。

今日の夜9:00~NHK真珠湾スペシャルを見ましたが・・・

ハルノート原案では、日本軍全面撤退と引き換えに20億ドルの対日借款が盛り込まれていた。
それが国務省内で練り直され、対日強硬派の言い分が通り、借款の項目は削られた・・云々


なかなか興味深い番組でしたね。


でも

当時の日本政府・軍部の主流派から見て、ハルノートは受け入れられない。それどころか対英米戦は既定路線・・・・かな。


さて、今回、あくまで IF ですが

日米戦争を回避でき、大日本帝国も明治憲法もそっくりそのまま...続きを読む

Aベストアンサー

afv2012さんの回答に対する意見です。

>>そして、軍事以外でも20世紀の主要な産業において、エネルギーや資源の問題は深刻です。
>> けっきょく、何らかの形で海外から資源やエネルギーを得るすべがなければ、資源の乏しい日本は衰退せざる得ません。

>>もし、こうして資源もなく、確固とした産業を持たないままでは…

日本が資源を海外に頼らざるを得ない状況はメタンハイドレートや核融合発電を実用化してみせない限りどこに転んでも変わりませんよ。戦争を回避した仮想の大日本帝国でも、実際の戦後日本でも。

勿論、戦中の相手であったアメリカと比べては凄く物足りなかったような気がしますが、戦前日本の産業基盤がそんなに貧弱な訳じゃありませんでしたよ。

もしかして此れが「確固とした産業を持たない」とされている戦前日本の姿(?)でしょうか。
これは戦中の敵国であった日本を出来るだけ嘲笑する為に日本を今の朝鮮、中共みたいにポンコツしか作れない産業未開国のように酷く描写している連合国側のプロパガンダアニメです。

第二次世界大戦中のポパイのアニメ(反大日本帝国)
jp.youtube.com/watch?v=NzRgvt_0Trg

Tokyo Jokyo
jp.youtube.com/watch?v=QGbQjyrHjF8

しかし実際はどうだったんですか。
ご存知の通り戦中には歴史上最大の戦艦である大和級戦艦を、しかも3隻も建造したのですよ。(大和、武蔵、信濃。ただし、信濃は途中で空母改装)

それ以前に有色人種が白人国家の技術力に頼らずに独自設計で独自に建造した世界最初の近代艦船の「薩摩」もあったし、戦後連合軍側は鹵獲した旧日本軍の航空機に適用された技術力を高く評価しました。

(軍事兵器しか評価しなかったような気がしますが、そもそも軍事技術というものはその国の工業技術力の尺度を表すのですからね。)

既に戦前からそれなりの技術力と工業力を持っていた日本を 確固とした産業を持たないと評価するには無理があると思います。

>>… 国内での国民の不平不満はかなりの高さで暴動や革命思想へと容易に誘導される不安定な不穏な状態が続くでしょう。

>>ちょうど南米の共産主義国家が歩んだ道筋に似た感じになるのではないかと想像されますが、日本はアメリカから遠いので、より共産主義国家の影響力が高くなる可能性は強く、共産主義革命が成功してしまう可能性もありえます。

戦争を回避した帝国より、寧ろ実際の戦後のドサクサの中の暫くの間に未だ自衛隊も編成出来ずになんの軍事力も無かった時、そして60~70年代の高度成長期に団塊世代の青年(今はジジババですけどね…)どもが火炎瓶と石投げたり竹槍振るったりする暴力的な共産主義闘争を繰り広げた時代のほうがもっと共産主義革命が成功しやすかった環境だと思いませんか。
スパイを丸腰に容認してしまってた実際の戦後の方がもっとやばかったんじゃないですかね。

そして南米の国家は、土着文明を破壊して占領してきたスペイン、ポルトガルの植民地だった地域が独立したばかり、国家としての基盤が非常に軟弱な地域でした。
当然、この隙が共産主義勢力を安易に許してしまう結果となり、これが直ぐに南米社会主義政権の誕生に直結したのです。

それに対して日本は王家が途中で断絶するなどインディオ民族としてのアイデンティティを相当失ってしまった南米地域とは違い、長い時皇室を断切なく継続的に維持しながら昔から地道にソフト、ハード的なものを積み上げる等、長い時にかけて大和民族とその国家としての基盤とアイデンティティを確立することが出来ました。

国家としての基盤とアイデンティティの丈夫さがガン並みに違うのに、南米と同じく呆気なく共産化する、というのは無いじゃないんですか。

物理的にソ連からの距離は日本が南米より近いからソ連からの風当たりそのものは南米へのより遥かに強いかもしれません。
しかし、民族としてのアイデンティティと国家としての基盤が既に確立した日本がそんなに共産主義の波に安易に巻き込まれるはずがないんでしょう。

更に「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す、恙なきや」中華秩序からの離脱を告げるこの文章が書かれた以来、日本は決して中華勢力の侵入を許した事が無かったんです。依然として中国からの文物は受け続けながらですね。
中華大陸とシルクロードを全て制覇して更には東ヨーロッパにまで飲み込もうとしたモンゴル帝国の侵略も食い止めたんじゃないんですか。

大陸からの侵略にずっと立ち向かってた歴史、経験があるから日本が又大陸勢力であるソ連の侵略を簡単に許す訳にはいかないと思います。

(実際にはハルノートを日本が拒否したのも、ある意味ではそれまで大陸からの侵略に屈服してなかった伝統の続きでないのか、と私はそう思っています。ただ、その時は日本としては始めての海洋勢力からの脅威で、その始めての海洋勢力との全面衝突には負けて今に至る…んじゃないんですかね。)

>> この惨状の日本をソ連が黙ってみているとは思えず、何らかの形で冷戦時代初期に良くあったように、武装革命を影で援助し、武器を供給したりされる可能性は高いと思えます。

しかし実際の戦後日本でもないのに、此れをただ見ているわけでもないですね。日本の方もソ連のやり方を黙ってみているだけじゃ居られませんよ。

こんな共産主義勢力が余計な真似をしないようにした法律がありました。「治安維持法」。
勿論、この法律が真っ当な国民まで些細な理由で無闇に捕まってしまうなど、立憲主義に違背し国民の権利を一部侵害した負の側面もありましたが、
共産主義勢力、無政府主義勢力等の国家の治安に害悪を及ぼす諸勢力が帝国内外部からの混乱を煽るのを食い止める事には相当に役が立ちました。

そもそも帝国がずっと存続していたならこの治安維持法を国民の権利を侵害しない、ながらももっと有効に国家の安全を脅かす勢力を食い止めれる方向へ何回も改正されてる筈でしたね。

(もしかして、実際今の日本に一番必要なのはこの治安維持法かも知れません。ただ、前述のように立憲主義に違背されるように要素は改正する必要はあるんですけど…)

今更やっと日本版NSCだね、特定秘密保護法だ、スパイ防止法だ、と急いで対内外諜報対策が用意されてるのが救いなんだけど、とにかく戦後日本が敵性国家のスパイを丸腰で許して来たたのはご存知の通りですね。
しかし、戦後GHQによって旧帝国の各機関が解体される前は日本にも一応諜報機関が存在して、その能力はかなり優秀だったと要られます。

もしソ連が密かに武器を配るなど日本内部から革命を煽ろうとしても、それが日本側の諜報機関によって食い止められるのは間違いないでしょう。



…取り敢えずハルノートを受け入れるのはとにかくアメリカをはじめとする連合国側の下に入るというのだから、この点では史実の敗戦後の日本がアメリカの同盟国になったのとあんまり差が無いと思います。
大陸共産勢力の中蘇からの脅威に対応するために日米が連合するのは…

多分、こうなったら南米のようになるのではなく、他ならぬ実際の今の日本と似ている情勢になったんじゃないのかと思います。
はい、今の「第二次安倍政権の日本」みたいにですよ。
今年2013年度の安倍政権は憲法9条を解釈改憲して集団的自衛権を容認しようとしたり、日本版NSC,秘密保護法などの安保対策を用意する等、アメリカとの連帯を強めて中共からの脅威を含む様々な安全保障的なリスクに対応しようとしていましたね。

ハルノートを受け入れた大日本帝国はデブ将軍が率いる独裁国家北鮮でも、社会主義革命が成功してしまった南米のようにでもなるわけは無いです。
多分今の安倍率いる自民党政権が目指す国家の姿に似ているではないかと思います。(安倍晋三が敢えて始めてからハルノートを受け入れて戦争を回避した帝国を想像してあんな政策を推進するわけではないですけどね。)

ただ、旧帝国なら朝日、毎日新聞はあるけど9条も日教組も共産党もないから一部偏向報道するマスコミは処分して立憲主義、国民の権利を侵害し得る憲法、法律の「穴」を適切に改正してアメリカとの関係を改善しただけで良いでしょう。

又の長文、駄文申し訳ございません。

afv2012さんの回答に対する意見です。

>>そして、軍事以外でも20世紀の主要な産業において、エネルギーや資源の問題は深刻です。
>> けっきょく、何らかの形で海外から資源やエネルギーを得るすべがなければ、資源の乏しい日本は衰退せざる得ません。

>>もし、こうして資源もなく、確固とした産業を持たないままでは…

日本が資源を海外に頼らざるを得ない状況はメタンハイドレートや核融合発電を実用化してみせない限りどこに転んでも変わりませんよ。戦争を回避した仮想の大日本帝国でも、実際の戦後日本で...続きを読む

Q韓国人が一発で黙る歴史の真実

東アジアでは昔から「王」は「皇帝」の家来です。
従って朝鮮王と名のることは中国皇帝の家来ですと宣言することです。(日本は天皇がいた。)
このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、李氏朝鮮は明や清に朝貢、冊封していた事は認めています。
もし、そう言う認識が韓国に無いのならばこのドラマを作った監督は韓国マスコミや民衆に袋叩きになっていると思います。

中国に対しても韓国5000年の歴史と大統領が発言したりして中国より歴史があると言ったりしています。歴史観でほんの少しでも日本寄りの発言をすると韓国メディアや国民から袋叩きにあって社会的に抹殺されます。
それがソウル大学の教授でもですよ!
まだ、社会的な抹殺で殺人でないだけ良いですが…
(添付YouTubeを見てください)

韓国の有識者は日本併合(植民地)時代の本当の歴史等を知っているとは思いますが全体としては臨時政府などと言い方を変えたり、テロリストを反日であれば英雄にしてしまうように都合のいい歴史観にしています。
考古学的に何の検証もしていない神話レベルの話で韓国5000年の歴史と大統領が発言してもはばからない国です。
現在は日本は、歴史は歴史で神話とは別というのが日本人の共通認識のはずですが韓国人がどこまで区別しているのか、全く分かりません。

何せ、韓国では日本は悪でなくてはならない国であり、韓国は常に正義であり善であると教えている国です。
今の韓国には日本人が何を言っても逆なでする事はあっても肯定する人はなく無駄な気がします。
多少の隠れ親日派は作れるかもしれませんが公に口にする人はいないと思います。
韓国で権威のある歴史学者、大学の教授の発言でも親日でなくとも日本を少しでも擁護する内容であれば叩かれます。

李氏朝鮮末期の記録は欧米の記録や写真などが多少なりとも存在しています。
そう言った物、資料を直視する韓国人は少ないのです。
今の韓国と日本で歴史観を埋めようとしても一方的に韓国の歴史観を押し付けられるだけです。
今のうちに、そう言った客観的な資料を集めておくとか、日本、中国の文献を集めておくとか準備しておくくらいしかないと思います。
あまり人の事を言える立場では無いですが慰安婦問題なら「韓国軍のベトナム人大虐殺」「米軍慰安婦」とかで対応するしかない。

添付YouTubeでも言っているように
韓国とは暫く距離を置いて付き合うのが無難だと思います。

【日韓問題】 韓国人から見ても異常な…韓国人ブロガー・シンシアリー氏 .
↓↓(YouTube)

https://www.youtube.com/watch?v=cluHbI5i7gU

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、...続きを読む


人気Q&Aランキング