昨今、選挙などでよく耳にする「過半数」という言葉ですが、
この言葉のあとに来る言葉の正しい使用方法を知りたいです。

「過半数」つまり、「半数」を「過ぎた(超えた)」数、ということですが、
新聞等では、「過半数を超えたため可決」といった表現を目にします。
私が思ったことは、この表現だと「半数を超えた数を超える」というふうに、
表現がだぶってしまい、おかしいのではないか、とうことなのです。

そこで、私の考えなのですが、「過半数に達する」とか「得票が過半数である」
「半数を超える」といった表現を使うべきなのではないかなーと。

例えば100の過半数について。52票を獲得した場合、
A:51を過半数と捉えて、51を超えたとして「過半数を超えた」のか、
B:51~100票を過半数と捉えて、52で「過半数に達している」のか。

つまりは、「過半数」が、「半数よりも次に大きい数」を指すのか、
「半数よりも次に大きい数~上限」を指すのか、ここに論点があるのかもしれません。

書いているうちに自分でも両方良いような気もしてきてしまいましたが(^^;)、
私の国語力ではどうも、結論を出しかねてしまいまして。
言語に詳しい方、よろしければご回答よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Aの用法は,もともと一種の議会用語として使われていたもののようです。



日本国憲法第56条の「出席議員の過半数でこれを決し」はもちろんBの意味。明治憲法第47条「議事ハ過半数ヲ以テ決ス」も同じですね。
ところが,一方で「過半数となる最小の数」=「半数を越え最も小さい自然数」の意味で使われることもあるのです。
たとえば,2000年の4月5日の衆議院本会議で森首相が選出された時の議事録から引用しますと,

○議長(伊藤宗一郎君) 投票総数四百八十八。名刺の数もこれと符合しております。
 本投票の過半数は二百四十五であります。
 投票の結果を事務総長から報告させます。

という用例が見られます。(先日の国会で小泉首相が選出された時も同じような言い方をしていましたが,議事録がまだできていません)
どこまでさかのぼれるかというと,現在インターネット上で検索できる最も古い国会の議事録は1947年の第1回国会のものですが,5月21日の衆議院本会議で「○事務総長(大池眞君) 投票総数四百十五、名刺の数もこれと符合いたしております。本投票の過半数は二百八であります。」という用例が見られます。おそらく戦前から同様の言い回しとして定着していたものでしょう。
というわけで,マスコミの記者をやりだまにあげるのであれば,その前に国会における日本語の乱れを問うべきかもしれません。(私は一種の業界用語で認めてもいいのではないかと思っていますが。)

また,たとえば,「午後2時過ぎ」と言った場合,「午後2時を少し過ぎた時刻」を指しますよね。具体的には,午後2時は過ぎているけれど午後3時にはなっていない,たぶん午後2時半にもなっていないであろう,というニュアンスではないでしょうか。
午後5時とか午後11時も確かに「午後2時を過ぎた時刻」ではありますが,そんな頃になって午後2時すぎとはふつう言わないですよね。
それと同様に,「過半数」も「半数を少し(0.5票or1票)過ぎた数」と考えれば,許容範囲ではないかと思います。
辞書を引いていても,「1. (一般的な意味) 2.特に,(××において)○○をいう。」みたいなことって時々ありますよね(と言いつつ良い例が思い浮かばないのですが)。「過半数」もその類と考えることもできそうです。
「2.特に,(議会・選挙において)半数を越える最低限の数をいう」みたいな感じかな。
自分の国語感覚も怪しいので,自信はナシにしておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございます!
憲法の条文や議事録を引用する等、例えを出して回答していただいたので、とても理解しやすくて助かりました。
国会においても日本語が乱れているとは、思ってもみませんでした。
おっしゃるとおり、過半数の件もたしかに許容範囲として認識することかもしれないですね。

余談ですが、なぜ私がこの件について疑問を抱くことになったかと言うと、
小学校時代に、学級会において、担任の先生に「過半数」の使い方を正された記憶があったからなのでした。
児童議長が、「過半数を超えたので・・・」といった表現を使った際、
担任の先生に「過半数は、半数を超えていることを言うから、それを超えるとは言わないのだよ」といった具合でした。
ちょうど、私が質問文に書いたものと同じですね。
つまり、当時の記憶がそっくりそのまま私の考えとして根付いていたわけです(^^;)
ここで、「その考えは間違っている!」と否定されても先生の立場が無くて私も悲しいですが、
今のところいただいたご回答には、そのようなものがないようなので、一安心しているところです(笑)

あなたの考えを聞けて、とてもためになりました。

お礼日時:2001/05/09 06:47

過半数の意味が分かり、報道内容が理解出来るのであれば、表現方法はいろいろあるので拘る必要もなさそうですが。

報道(特にテレビ)用語は乱れています。一国の総理大臣に経験の浅い20代の記者が番記者としてつき、生半可な知識と言葉使いで質問を繰り返す時代です。

本題に戻ります。
「過半数を超えたため」という表現はたしかにおかしいですね。しかし、この種の表現は日常茶飯事です。(馬から落馬して大怪我したはその代表)
100の半数は50、過半数(全体の半分を超える数)は51

51の時・・・過半数に達した、を制した、を獲得、など
52以上・・・過半数を制した、を獲得、など

先の誤った表現、過半数を超えたため、も絶対に間違いといえないかもしれません。相手が、過半数とは半分を超えた数ということだ。その数を超えたと言って何故悪いと反論したらどう答えますか?漢字は短く表現するのに適していますが、我々は漢字を意識してしゃべっておらず、縄文時代から続く日本語(やまとことば)として話すので、このようなことは日常頻繁に起こるわけです。今日でもライスとご飯を区別したり、アパートとマンションは違うとか、もっとスピーディに迅速に決めろ、とか外来語の用法は混乱しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございます!
報道用語って、一見信用しがちですが、意外に乱れているものなのですね。

実は、この投稿をするだいぶ前に、同じような内容の質問を我が家で購読している新聞社宛てにメールで聞いたことがありました。
そのときは、「半数とはちょうど50%を指し、過半数とは50%をわずかでも上回る数値を指す」との返事をいただきました。
また、過去の掲載記事において○○大学の××教授も使っている表現である、とのことも書かれていました。
しかし、今回のような難しいニュアンスの問題ですので、大学教授といえど正しいとは限らないと思って、ここに投稿させていただいたのです。

報道用語に限らず、日本語が柔軟な性格であるためもあって、様々な場面で様々な使われ方がなされているようですね。数学の問題のようにコレといった答えが1つだけある、わけでなく、柔軟に捉える必要があるみたいですね。
あなたの意見を聞くことができて、とてもためになりました。

お礼日時:2001/05/09 06:29

いままでずっとBの意味・用法で捉えていました。


この質問を見て、辞書で確認したところやはり
Bの意味・用法になっていました。

Aは新聞用語(?)か、あるいは誤用の定着したもの
なのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます!
私自身も、手元の辞書で調べてみると、Bととれる意味・用法になっていました。
しかし、その意味・用法自体も、柔軟に考えるとAともとれそうにも思えたりするのです(^^;)
む、難しいです・・・。

お礼日時:2001/05/09 06:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過半数の意味は

過半数の意味ついて教えてください。
10名のうちの過半数とは5名でしょうか、6名でしょうか?おそらく、5名+1名だとは思うのですが。確認したいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「半数を過ぎる」ことが「過半数」ですから、10名のうち5名では「半数」です。
半数を過ぎるためには6名である必要があるでしょう。

Q2進数の減算について 10進数48-52を2進数にして減算する場合、48の2進数+52の2の補数とな

2進数の減算について

10進数48-52を2進数にして減算する場合、48の2進数+52の2の補数となり結果11111100になるというところまでは分かったのですが、その後で最上位桁が1で負数になっている(2の補数表現)ので各桁を反転し+1して00000100=4。符号をつけて-4とあるのがよく分かりません。

1.なぜ最上位桁が1で負数を表していると2の補数表現なのですか?

2.2の補数表現ではなぜいけないのでしょうか?

3.2の補数表現を正すプロセスが2進数→1の補数→2の補数と同じですが、なぜですか?

4.最終的な結果として得られた00000100=4に勝手に「符号をつけて」-4としても良いのですか?この「符号をつけて」の発想は変換前の11111100が負数であったことから来ているのですか?

Aベストアンサー

> 1. 2の補数表現した値+2の補数表現した値=2の補数表現した値とありますが48-52を2進数で計算する際に2の補数になるのは-52だけではないんですか?
> 3の質問に対して解説されているように-52を2の補数にすると自動的に48も2の補数として考えるのでしょうか?

「補数表現」と「補数」を混同しないようにしましょう。

補数表現は、
 正の値→ そのまま
 負の値→ 絶対値の補数
という変換をかけて、全てを「正の値」とて扱おうとするものです。
逆に、補数表現したものは
 元の値のまま使われている値→そのまま正の値に
 補数を使った値→ その補数から元の絶対値を求め、-1 倍する
という方法で元に戻ります。

48は2進で 00110000
52は2進で 00110100
00110000 - 00110100
= 00110000 + (-00110100)
 これを「補数表現」を使うと
00110000 は正だからそのまま
  -00110100 は負だから、 絶対値 00110100 の補数をとって 11001100
→ 00110000 + 11001100
= 11111100
 ここで、 11111100 は負の値を「補数表現」したものだから 元の値を求めます。
※ なぜ 11111100 が負の値なのか、はそうなるように決めたから。
 11111100 の補数 は 00000100 なので、これを -1 倍した
-00000100
となります。これは、10進数での -4 になります。

> 3.この式にのとって考えると2進数11111100=a 00000011=a' 00000100=Cという関係ですか?

違います。
2進8桁での2の補数ならば、 C=100000000 (2^8) です。
a=11111100 ならば、
a'=C-a
a'=100000000-11111100
a'=00000100
です。


さて。
・ビットを反転させる
ことは
・同桁の 111...1 から値を引く
ことと同じ、ということは理解できてますか? 2進8桁なら
a のビット反転 = 11111111 - a
です。

また、
11..1 (2進m桁) = 100..0(2進m+1桁) -1
つまり
11..1(2進m桁) = 2^m -1
であり、上で2の補数を求めるのに使ったCを使うと
11..1(2進m桁) = C -1
になります。
以上を合せると
a のビット反転 = (C-1) - a
となります。

aの2の補数を求める式は
C-a
です。これを
C-1 - a +1 = ((C-1) -a ) +1
と変形すれば「 a を反転( (C-1) -a ) してから +1 する」 となります。
C-1 - a +1 = (C-1) -(a -1)
と変形すれば「 a から1引いてから反転する」 となります。
※ 反転と +1/-1の順番に注意。「反転して-1」「+1してから反転」は別なものになります。

反転して+1とか、-1して反転とかは、計算するためのテクニックでしかありません。
10進数でも
9 +5 = 9+1 + 5-1 = 10 +4
とかいったテクニックがありますよね?

> 1. 2の補数表現した値+2の補数表現した値=2の補数表現した値とありますが48-52を2進数で計算する際に2の補数になるのは-52だけではないんですか?
> 3の質問に対して解説されているように-52を2の補数にすると自動的に48も2の補数として考えるのでしょうか?

「補数表現」と「補数」を混同しないようにしましょう。

補数表現は、
 正の値→ そのまま
 負の値→ 絶対値の補数
という変換をかけて、全てを「正の値」とて扱おうとするものです。
逆に、補数表現したものは
 元の値のまま使われている値→そのまま...続きを読む

Q「過半数を超える」はおかしくないですか。

選挙の時などに,テレビのニュース番組で,「過半数を超える(以上の)議席数」という言葉をよく耳にします。過半数というのは,それだけで,半数を超えているという幅のある意味が正しい使い方だと思います。「過半数」を「半数を超える最小の数字」という意味に使っているのだと思いますが,すでにこちらが正用法になっているのでしょうか。

Aベストアンサー

過半数という言葉は、「全体の半分以上の数。大半。過半」という意味をもっており、この言葉だけで、半分以上であるということは明らかです。
なので、【越える(ある程度以上になる。基準を上回る)】という言葉を使うと、二十重複になってしまいます。なので、ニュースなどで聞くこの言葉は、誤りであるといえます。
選挙などの当選結果などで、【過半数を超える】という言葉を聞くこともありますが、これは、【過半数を占める(占めるは範囲が及ぶ。割合をとるの意味)】という言葉が正しいとされます。

Q広い視野で物事を捉える

社会や組織全体といった広い視野から的確に問題点を発見し…
より広い視野で課題をとらえ、解決する能力を…

などと広い視野で物事を見る能力が大切と言われるのですがいまいちどういうことなのかわかりません。
わかりやすく解説していただけないでしょうか。

Aベストアンサー

色々ありますが…

ポイントとしては、「自分と反対の立場、異なる立場から物事を考えてみる」というのが第一歩でしょうか。社会は、政党や宗教団体とは異なり、多様な価値観や利害関係のある人達が混在しています。そうすると、
・あなたが正しいと思っていることが、間違っていると思う人はいくらでもいる
・あなたにとって利益のあることが、別の人にとっては不利益となる
・あなたが当たり前、と思っていることを、「なんで?」と思う人もいる
等々のことは、社会にはそれこそいくらでもあります。

例えば
・夫婦別姓
・在日外国人の参政権
・子ども手当
・地方空港の開設
全てそうでしょう? 

あなたが、「夫婦は同姓が当たり前だ」と考えて、反対の意見に耳を傾けなければ、「どうしてそれを求めるのか」「背景には何があるのか」ということを考える機会を持つことはありませんよね。つまり、背景にある社会の問題点を発見することはできなくなるわけです。

また一般に、視野が狭い人というのは自分の考えに凝り固まり、その意見と同じ人の意見にしか耳を傾けません。同じ意見の書かれたWebを熱心に探す、同じ意見の書かれた本ばかりを読む、等々。で、「自分はこれだけ勉強しているんだ」とやり出すわけです。そして異なる(反対側の)意見は最初から否定の対象(つまりマイナスのバイアスがかかる)としか見ることができなくなります。

これは別に日本人だけではなく世界共通らしく、アメリカでこれを証明した社会調査の研究論文があるくらいです。ネット上の履歴と読書傾向をウェビングしていくと、見事に特定集団毎の島ができて、接点が無くなる。これって要するに「メタ認知」能力(自分を客観的に見る能力)が低いということで、それ自体研究の対象として面白いだろうなと思っているくらいです。閑話休題。

まずは「知る」こと。次に「自分の意見を持つこと」。そして「自分とは異なる意見を持つ人の言葉に素直に耳を傾けること」。これが広い視野で物事を捉える第一歩だと思いますよ。

色々ありますが…

ポイントとしては、「自分と反対の立場、異なる立場から物事を考えてみる」というのが第一歩でしょうか。社会は、政党や宗教団体とは異なり、多様な価値観や利害関係のある人達が混在しています。そうすると、
・あなたが正しいと思っていることが、間違っていると思う人はいくらでもいる
・あなたにとって利益のあることが、別の人にとっては不利益となる
・あなたが当たり前、と思っていることを、「なんで?」と思う人もいる
等々のことは、社会にはそれこそいくらでもあります。

例えば
・夫...続きを読む

Q「過半数を超える」という表現

よく、選挙報道で、「過半数を超える」という表現があります。普通に考えると、「過半数=半数を超えた状態」なので、「過半数を超える」という表現は、「アタマが頭痛」や、「おなかが腹痛」のように言葉がダブっているのではないかと思っていました。しかし、NHKでもこの表現が使用されていました。どうやら政治用語で「過半数」とは、「半数を超えた状態」ではなく、「(議員定数などの)半数を超える最小の整数(=人数)」という意味のようです。
1)このような政治用語の使われ方について、専門家の方のご意見を聞かせてください。
2)この例以外に、「一般的な用語」と「政治用語」で意味が大きく異なる例がありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

専門家という指定がありますが過半数は日常使う言葉なので素人の意見も聞いてください。

過半数を越えるが果たして「頭が頭痛」と同じ用法でしょうか?
過半が半分以上を指し、それに「数」をつけることにより「半分以上の数」という名詞に過ぎないと思います。英語ではmajorityですね。意味がダブるように見えるのは「過」をすぎるという動詞として理解するからではないでしょうか。漢語の解釈は分かりませんが、日本語としては名詞であり「過半数」を「半数を超える」という文章として理解するのは無理があると思います。

過去に類似の質問がありますので参考URLを見てください。私も回答していますが、今読み返してみると、私自身すこし混乱した回答をしていました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=71745

Q人間の脳をハードディスク(HDD)と捉えると何ギガバイトぐらいの記憶容量があるんでしょうか?

人間は一生の間に大脳のほんの一部分しか記憶に使わない、と聞いたことがあります。
あのアインシュタインでさえ数パーセントの使用量だったそうです。
ではもし全部使うことが可能なら、いったいどれくらいの記憶容量があるんでしょうか。

できれば根拠もお願いします。

(たくさんご回答いただいて点数差し上げられない方が出てしまった場合は許してね。) (^^)/~~~

Aベストアンサー

↓参考になりませんでしょうか?

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/yamamura/pupil/pr/smz/s-2.html

Q過半数割れしていても野党は一人でも多いほうがいいの

過半数割れしていても野党は一人でも多いほうがいいのですか?それとも過半数割れしている野党議員の人数は問題ではないのですか?

民主党は負けると思いますが。来年の経済情勢から考えて年内解散した方が民主党にとっては少し優位になります。

そこで疑問に思ったのが野党議員の人数です。野党議員は当然過半数割れしていますが、過半数以下の野党にとって少しでも多いことに何か意味があるのでしょうか?それとも野党は野党ということで人数は関係ないのでしょうか?。

お詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

自民党政権だった頃、過半数に足りていませんでした。
しかし少ない公明党の数を足すと過半数を超える為に自民+公明の自公連立が行われ、公明党はとても大きな存在となりました。
こうして公明党の金券ばら撒き政策が安易に行われたこともありました。
少ない党も、過半数割れした与党にとっては魅力的です。
逆に言えば少ない党も、力をもつことが出来るのです。
でも、少なすぎては足しても過半数を超えないために、魅力的な党にはなれません。
やはり1人でも多い方が力はあるのです。

大阪の橋本が維新の会を結成しました。
党として認められるには最低5人の国会議員が必要ですが、実際には7人の国会議員が集まりました。
もし5人しか居なければ、1人の議員も辞められては困ります。
しかし7人もいれば2人まで辞めてもらっても大丈夫なので党首としては、党としての方針を1人の国会議員に左右されずに進めやすくなります。
実際に議員団が「党の方針は議員団で決めるべき」とマスコミに発言しましたが、橋本さんは「党の方針に従えないなら、維新の会に入らなければ良い。議員団の政策力より私のほうが長けています」と発言したら、議員団はおとなしくなりました。
2人まで辞めてもらって構わないからです。それだけじゃないでしょうが・・。

自民党政権だった頃、過半数に足りていませんでした。
しかし少ない公明党の数を足すと過半数を超える為に自民+公明の自公連立が行われ、公明党はとても大きな存在となりました。
こうして公明党の金券ばら撒き政策が安易に行われたこともありました。
少ない党も、過半数割れした与党にとっては魅力的です。
逆に言えば少ない党も、力をもつことが出来るのです。
でも、少なすぎては足しても過半数を超えないために、魅力的な党にはなれません。
やはり1人でも多い方が力はあるのです。

大阪の橋本が維新の会を...続きを読む

Q母親の父親。つまり私のおじいちゃんが亡くなった。 おじいちゃんは会社を経営しており会社の規模は大き

母親の父親。つまり私のおじいちゃんが亡くなった。

おじいちゃんは会社を経営しており会社の規模は大きい。

兄弟は4人で会社以外にも財産の貯金があった。

祖母はすでに亡くなっている。

このとき、会社の価値+財産の貯金が兄弟4人で均等に割られて母親には多額のお金が遺産として入ると思っていた。

税理士が資産を調べて母親に支払った額はどう考えても会社を4分割しか額には到底思えない低い金額だった。

どうも会社の資産は配分されずに、財産の貯金部分だけ4等分されて母親の手には思ったより少ない相続がなされたと思う。

母親は1人女で、他の3人で会社を経営していた。

母親は嫁いだので、会社の資産を4等分して母親に渡したくなかったのだと思う。

こんな遺産分配とか出来るんですか?

遺書はありません。

普通は4等分されるんですよね?

母親は3人の男兄弟に騙された?

どういう仕組みですか?

会社の資産は配分されないのですか?

Aベストアンサー

会社は資産ではありません。
個人の資産として、おじいさまが亡くなった際に解体されてお金として残るなら別ですが(自営業など)。
社長が亡くなったからと言って、会社の価値がお子さんに持って行かれたら、従業員はたまったもんじゃないですよね。
会社の価値、と言うのが何を示しているのか分かりませんが、会社の土地なら会社の資産だし、会社の売り上げならそれも会社のものです。
遺産を四等分するということはあってますが、お母さまはその大元の「遺産」に何が該当するかを間違えて考えていたんだと思います。

Q選挙以外のニュースで「過半数を上(下)回る」

以下のサイトは参考にしています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1274301.html

先日、雇用のニュースで「…である企業は約40%と過半数を下回り…」という文言を耳にしました。
選挙などのニュースで「半数」と「過半数」を区別しなければならない場合に於いては
仮に「過半数を上回る」などの重複表現であっても意味があることは理解しているつもりですが、
今回の場合は「過」をつけずに「半数を下回る」と表現する方が適切だと思いますが如何なものでしょうか?

Aベストアンサー

ラテ局民放の現役アナウンサーです。

ご指摘の通り「半数を下回る」が正しい表現です。
ただ、「過半数を上回る」というのはやっぱり重複表現なので
避けるべきです。確かに「過半数」という言葉が重要な
時もあります。議会の議決や選挙などがそうですね。
もhし「過半数」という言葉に重きを置くのであれば
「過半数に達して…」とか「過半数を占め」
という表現がもっともスマートですね。敢えて重複表現をしなくても
視聴者には十分伝わります。

ニュース原稿が100%正しいかと言えばそうではありません。NHKでも
疑問に思う表現がありますし、NHKの放送文化研究所での見解も
全部が全部ニュースの原稿に反映されていません。若い記者が
増えているのと、記者はそれほど言葉に敏感ではないからです。
当然アナウンサーでも言葉にうるさい方と、無関心な方がいます。

つまり、その雇用のニュースの場合 「過半数」という言葉のゴロが
「半数」という言葉よりが良いしちょっとかっこいいニュアンス
もあるため、敢えて深い意味も考えず使ってしまったという
程度ではないかと思います。よくある間違いのひとつですよ。

ラテ局民放の現役アナウンサーです。

ご指摘の通り「半数を下回る」が正しい表現です。
ただ、「過半数を上回る」というのはやっぱり重複表現なので
避けるべきです。確かに「過半数」という言葉が重要な
時もあります。議会の議決や選挙などがそうですね。
もhし「過半数」という言葉に重きを置くのであれば
「過半数に達して…」とか「過半数を占め」
という表現がもっともスマートですね。敢えて重複表現をしなくても
視聴者には十分伝わります。

ニュース原稿が100%正しいかと言えばそうではあり...続きを読む

Qエリア51ってなに?

エリア51とは何のことですか?
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

タブロイド紙によって報じられたアメリカ空軍の地球外生物専門の研究機関
の事でしょうか。
エリアとは空軍基地を表し、その51番目の基地をエリア51と呼び、
アメリカは認めていない架空の秘密基地です。
実際には存在していない物ですがね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報