昨今、選挙などでよく耳にする「過半数」という言葉ですが、
この言葉のあとに来る言葉の正しい使用方法を知りたいです。

「過半数」つまり、「半数」を「過ぎた(超えた)」数、ということですが、
新聞等では、「過半数を超えたため可決」といった表現を目にします。
私が思ったことは、この表現だと「半数を超えた数を超える」というふうに、
表現がだぶってしまい、おかしいのではないか、とうことなのです。

そこで、私の考えなのですが、「過半数に達する」とか「得票が過半数である」
「半数を超える」といった表現を使うべきなのではないかなーと。

例えば100の過半数について。52票を獲得した場合、
A:51を過半数と捉えて、51を超えたとして「過半数を超えた」のか、
B:51~100票を過半数と捉えて、52で「過半数に達している」のか。

つまりは、「過半数」が、「半数よりも次に大きい数」を指すのか、
「半数よりも次に大きい数~上限」を指すのか、ここに論点があるのかもしれません。

書いているうちに自分でも両方良いような気もしてきてしまいましたが(^^;)、
私の国語力ではどうも、結論を出しかねてしまいまして。
言語に詳しい方、よろしければご回答よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Aの用法は,もともと一種の議会用語として使われていたもののようです。



日本国憲法第56条の「出席議員の過半数でこれを決し」はもちろんBの意味。明治憲法第47条「議事ハ過半数ヲ以テ決ス」も同じですね。
ところが,一方で「過半数となる最小の数」=「半数を越え最も小さい自然数」の意味で使われることもあるのです。
たとえば,2000年の4月5日の衆議院本会議で森首相が選出された時の議事録から引用しますと,

○議長(伊藤宗一郎君) 投票総数四百八十八。名刺の数もこれと符合しております。
 本投票の過半数は二百四十五であります。
 投票の結果を事務総長から報告させます。

という用例が見られます。(先日の国会で小泉首相が選出された時も同じような言い方をしていましたが,議事録がまだできていません)
どこまでさかのぼれるかというと,現在インターネット上で検索できる最も古い国会の議事録は1947年の第1回国会のものですが,5月21日の衆議院本会議で「○事務総長(大池眞君) 投票総数四百十五、名刺の数もこれと符合いたしております。本投票の過半数は二百八であります。」という用例が見られます。おそらく戦前から同様の言い回しとして定着していたものでしょう。
というわけで,マスコミの記者をやりだまにあげるのであれば,その前に国会における日本語の乱れを問うべきかもしれません。(私は一種の業界用語で認めてもいいのではないかと思っていますが。)

また,たとえば,「午後2時過ぎ」と言った場合,「午後2時を少し過ぎた時刻」を指しますよね。具体的には,午後2時は過ぎているけれど午後3時にはなっていない,たぶん午後2時半にもなっていないであろう,というニュアンスではないでしょうか。
午後5時とか午後11時も確かに「午後2時を過ぎた時刻」ではありますが,そんな頃になって午後2時すぎとはふつう言わないですよね。
それと同様に,「過半数」も「半数を少し(0.5票or1票)過ぎた数」と考えれば,許容範囲ではないかと思います。
辞書を引いていても,「1. (一般的な意味) 2.特に,(××において)○○をいう。」みたいなことって時々ありますよね(と言いつつ良い例が思い浮かばないのですが)。「過半数」もその類と考えることもできそうです。
「2.特に,(議会・選挙において)半数を越える最低限の数をいう」みたいな感じかな。
自分の国語感覚も怪しいので,自信はナシにしておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございます!
憲法の条文や議事録を引用する等、例えを出して回答していただいたので、とても理解しやすくて助かりました。
国会においても日本語が乱れているとは、思ってもみませんでした。
おっしゃるとおり、過半数の件もたしかに許容範囲として認識することかもしれないですね。

余談ですが、なぜ私がこの件について疑問を抱くことになったかと言うと、
小学校時代に、学級会において、担任の先生に「過半数」の使い方を正された記憶があったからなのでした。
児童議長が、「過半数を超えたので・・・」といった表現を使った際、
担任の先生に「過半数は、半数を超えていることを言うから、それを超えるとは言わないのだよ」といった具合でした。
ちょうど、私が質問文に書いたものと同じですね。
つまり、当時の記憶がそっくりそのまま私の考えとして根付いていたわけです(^^;)
ここで、「その考えは間違っている!」と否定されても先生の立場が無くて私も悲しいですが、
今のところいただいたご回答には、そのようなものがないようなので、一安心しているところです(笑)

あなたの考えを聞けて、とてもためになりました。

お礼日時:2001/05/09 06:47

過半数の意味が分かり、報道内容が理解出来るのであれば、表現方法はいろいろあるので拘る必要もなさそうですが。

報道(特にテレビ)用語は乱れています。一国の総理大臣に経験の浅い20代の記者が番記者としてつき、生半可な知識と言葉使いで質問を繰り返す時代です。

本題に戻ります。
「過半数を超えたため」という表現はたしかにおかしいですね。しかし、この種の表現は日常茶飯事です。(馬から落馬して大怪我したはその代表)
100の半数は50、過半数(全体の半分を超える数)は51

51の時・・・過半数に達した、を制した、を獲得、など
52以上・・・過半数を制した、を獲得、など

先の誤った表現、過半数を超えたため、も絶対に間違いといえないかもしれません。相手が、過半数とは半分を超えた数ということだ。その数を超えたと言って何故悪いと反論したらどう答えますか?漢字は短く表現するのに適していますが、我々は漢字を意識してしゃべっておらず、縄文時代から続く日本語(やまとことば)として話すので、このようなことは日常頻繁に起こるわけです。今日でもライスとご飯を区別したり、アパートとマンションは違うとか、もっとスピーディに迅速に決めろ、とか外来語の用法は混乱しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございます!
報道用語って、一見信用しがちですが、意外に乱れているものなのですね。

実は、この投稿をするだいぶ前に、同じような内容の質問を我が家で購読している新聞社宛てにメールで聞いたことがありました。
そのときは、「半数とはちょうど50%を指し、過半数とは50%をわずかでも上回る数値を指す」との返事をいただきました。
また、過去の掲載記事において○○大学の××教授も使っている表現である、とのことも書かれていました。
しかし、今回のような難しいニュアンスの問題ですので、大学教授といえど正しいとは限らないと思って、ここに投稿させていただいたのです。

報道用語に限らず、日本語が柔軟な性格であるためもあって、様々な場面で様々な使われ方がなされているようですね。数学の問題のようにコレといった答えが1つだけある、わけでなく、柔軟に捉える必要があるみたいですね。
あなたの意見を聞くことができて、とてもためになりました。

お礼日時:2001/05/09 06:29

いままでずっとBの意味・用法で捉えていました。


この質問を見て、辞書で確認したところやはり
Bの意味・用法になっていました。

Aは新聞用語(?)か、あるいは誤用の定着したもの
なのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます!
私自身も、手元の辞書で調べてみると、Bととれる意味・用法になっていました。
しかし、その意味・用法自体も、柔軟に考えるとAともとれそうにも思えたりするのです(^^;)
む、難しいです・・・。

お礼日時:2001/05/09 06:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過半数の意味は

過半数の意味ついて教えてください。
10名のうちの過半数とは5名でしょうか、6名でしょうか?おそらく、5名+1名だとは思うのですが。確認したいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「半数を過ぎる」ことが「過半数」ですから、10名のうち5名では「半数」です。
半数を過ぎるためには6名である必要があるでしょう。

Q「過半数を超える」はおかしくないですか。

選挙の時などに,テレビのニュース番組で,「過半数を超える(以上の)議席数」という言葉をよく耳にします。過半数というのは,それだけで,半数を超えているという幅のある意味が正しい使い方だと思います。「過半数」を「半数を超える最小の数字」という意味に使っているのだと思いますが,すでにこちらが正用法になっているのでしょうか。

Aベストアンサー

過半数という言葉は、「全体の半分以上の数。大半。過半」という意味をもっており、この言葉だけで、半分以上であるということは明らかです。
なので、【越える(ある程度以上になる。基準を上回る)】という言葉を使うと、二十重複になってしまいます。なので、ニュースなどで聞くこの言葉は、誤りであるといえます。
選挙などの当選結果などで、【過半数を超える】という言葉を聞くこともありますが、これは、【過半数を占める(占めるは範囲が及ぶ。割合をとるの意味)】という言葉が正しいとされます。

Q法的な過半数とは

六法全書などで過半数をこえていると言う場合
2分の1は過半数超えに当てはまるのでしょうか?

Aベストアンサー

11人の時は、 過半数は6人   半数は5.5人
10人の時も      6人        5人

Q選挙のとき、白紙票をカウントさせられないでしょうか?

選挙のとき、白紙票をカウントさせられないでしょうか?

近年、選挙で白紙投票をすることが多いです。
政治に関心はあるつもりですし、参加もしたいのですが、
どうにも投票したい党や個人が絞りきれないためです。
もちろん自己満足で、結果にはなんの意味もないことはわかっています。
行かなくてもよいのですが……

せっかく税金を使って政府が行う選挙ですから、
白紙票を、政治に対する不審の度合いという意味をもたせて、
政治家に認識させてやりたいわけです。
投票所に行く程度の参加意識はあるわけですから、
タダの冷やかしよりはマシでしょう。
自分たちの基盤となる選挙なら、マスコミの支持率は気にしない政治家も、
少しは思い知ると思うのです。

この形式なら、現行の選挙システムはなにも変える必要はないし、費用もまったく変わりません。
集計する人に多少負担をかけますが、文字を読むわけではなく、
白紙を選別するだけなのだから、それほど大きくはないでしょう。
有効投票数を政治への期待値、
白紙投票数を政治への不信値、
投票していない数を政治への無関心、とわかりやすくしたいわけです。
政治家は期待値を上げるように活動すればよい。単純明快でしょう。

投票率も少しは上がると思います。むしろ、第一の目的はこれです。
まず投票するきっかけとして、自分の票の結果がきちんと数字で示されれば、
少しは参加意識が生まれるのではないでしょうか。
有効票が減るかもしれませんが、それは不審を抱かせた政治家の責任でしょう。
組織票は強くなるかもしれません。これは潜在的な問題ですね。別の解決法が必要だと思います。
政治への参加意識が強くなり、政治不信が解消されれば、少しはマシになるでしょうか。

可能であれば一歩進めて、白紙の総数に応じて任期期間を決定してほしいものです。
少ないほど長く、多いほど短く、という具合に。
政治が信用されていない時期の選挙結果は短く反映され、
政治が信用されているなら長く政権が維持できる、ということになります。
こちらは選挙間隔が短くなるため、その分費用がかかりますが、
任期が短くなると思えば政治家もまじめに働くかもしれません。
きちんと評価されれば、次の選挙では白票が減り、任期が長くなるわけですから。
個人的には、首相の首をすげ替えて続けられるよりはマシだと思います。

とりあえず白票のカウントだけでもなんとかならないかなと。
賛否の意見や問題点など思いついたら教えてくださいませ。

選挙のとき、白紙票をカウントさせられないでしょうか?

近年、選挙で白紙投票をすることが多いです。
政治に関心はあるつもりですし、参加もしたいのですが、
どうにも投票したい党や個人が絞りきれないためです。
もちろん自己満足で、結果にはなんの意味もないことはわかっています。
行かなくてもよいのですが……

せっかく税金を使って政府が行う選挙ですから、
白紙票を、政治に対する不審の度合いという意味をもたせて、
政治家に認識させてやりたいわけです。
投票所に行く程度の参加意識はあるわけですか...続きを読む

Aベストアンサー

 1 白票に意味がない

 法的には、白票には政治効果は見出せませんが、政治原則としては白票には以下のような論理的意味があると考えられます。(例外的に自治体条例による住民投票では白票の間接的意味を見出せる)

 (1)投票行動する→投票環境を支持する(=投票の有効性を認める)
 (2)所与の選択肢から信託できるものがない
 
 白票は有効投票率に含まれませんが、投票率に含まれます。一般的(諸外国)に憲法改正における国民投票においては、過半数を判定する際の分母が問題になり、有権者総数・投票総数・有効投票数の三つの分母が考えられています。
 白票は、有効投票数にはなりませんが、投票総数になることの意味は諸外国の制度は有意になるとは言えます。(ただし、日本国では住民投票を除けば無意味です)

 2 補足的意見として

 意見表明として、白票と棄権が異なることを考慮してください。
 例えば、選挙制度に対する批判ならば、白票ではなく、棄権が政治的に意味があります。
 白票は投票制度を支持するからこそ、投票所に行き、所与の選択肢がないことから白票と判断される余地がありますから。それは信託できる政治家が居ない、という政治的主張とは解釈しえます。
 棄権は、純粋に行く気がない棄権と、選挙制度不信に対する批判の意味があります。

 質問者の主張文面を読むに白票が一番妥当な投票方法だと思いますが、是非に選挙制度の是非を踏まえて判断してもらたいと思います。
 かくいう私は、国政は参議院の比例代表以外は、すべて用紙を受け取って棄権の意思を選挙管理委員会に伝えています(投票率にカウントできる棄権という特異な方法です)。参議院の比例代表は白票です。

 3.賛否に関して

 普通選挙は自由選挙制度であり、個人の投票の自由を否定するものではありません。
「投票する自由〕と共に「投票を強制されない自由」があるのは、法的自由原則の常識です。
 ただし、白票の有効性を認めることの妥当性について一定の留保があることには理由付けがあります。
 
所与の選挙に対して、多くの有権者が政治意志を示さない状態が続けば選挙が成立しなくなります。そうすると、投票した人の政治意志が無為になってしまうから、投票した人の政治意志を尊重するべき、というのが現代の選挙制度において白票の意味を認めない理屈です。
 有効投票率などの概念によって白票・棄権については配慮が求められていますが、白票に関する見方によって制度設計が異なります。

 白票・棄権が、委任状と考えるケースでは、
白票・棄権は投票に対する無言の委任であって投票者の政治意志が全てと看做す

 白票・棄権に、政治的意味があると看做すケースでは
白票・棄権は投票権に対して何らの抵抗要素を見出しており、投票・制度の不備・もしくは所与の選択肢への批判が内在すると考える

 なお、以前、タイでは、圧倒的な白票投票によって、当選者・制度の正当性が揺らいだ事例があります。
http://blog.radionikkei.jp/channel/125.html
 ちなみに、諸外国では、”有権者総数に対し”・”投票総数に対し”X%の得票を当選要件にする選挙が多く、日本でも一部では採用されています。
 
 私個人は、選挙速報では、質問者さんのような人がいらっしゃることを知っていますので、投票率と有効投票数の差異を気にしています。ただ、白票は書き損じの無効票と同じ扱いなので区別できないのが辛いところです。同じように、棄権も制度批判の棄権と、選挙権行使の意思のない棄権は区別できない問題があります。

 白票をカウントする方法については、無効投票を消滅させる方法、もしくは、白票(支持候補なしの選択肢)を設ける方法で可能ですが、選挙経費の問題で難しいでしょう。
 ただ、電子投票制度が一定の安全性を確立すれば、棄権と同じく白票が明示できるようになると思います

 
 4 追記

 個人的には、消極的になんとなくこの人に投票する、という消去法による消極的信託投票の是非について、有権者に考えてもらいたいと思います。
 日本国憲法前文・政治原則でも自明の理であるように、主権者たる有権者は、厳粛に政治信託を行うのであって、それは極めて責任あるものです。
 その責任とは、よく考えず、責任も考えず、選択したものが適切とは言えないでしょう。
逆に、厳粛に考える人の白票・棄権の方が、その正当性があるのは明白でしょう。
 なにより、投票を強制されない・投票しない権利は、否定できないのが法理ですから


質問者の主張とその投票行為には、法的な意味は制限されますが、何ら政治原則的に明確な違法性はありませんし、むしろ合理的だと思います。おしむらくは、政治の現状だと思います。

 1 白票に意味がない

 法的には、白票には政治効果は見出せませんが、政治原則としては白票には以下のような論理的意味があると考えられます。(例外的に自治体条例による住民投票では白票の間接的意味を見出せる)

 (1)投票行動する→投票環境を支持する(=投票の有効性を認める)
 (2)所与の選択肢から信託できるものがない
 
 白票は有効投票率に含まれませんが、投票率に含まれます。一般的(諸外国)に憲法改正における国民投票においては、過半数を判定する際の分母が問題になり、有権者総数・投...続きを読む

Q「過半数を超える」という表現

よく、選挙報道で、「過半数を超える」という表現があります。普通に考えると、「過半数=半数を超えた状態」なので、「過半数を超える」という表現は、「アタマが頭痛」や、「おなかが腹痛」のように言葉がダブっているのではないかと思っていました。しかし、NHKでもこの表現が使用されていました。どうやら政治用語で「過半数」とは、「半数を超えた状態」ではなく、「(議員定数などの)半数を超える最小の整数(=人数)」という意味のようです。
1)このような政治用語の使われ方について、専門家の方のご意見を聞かせてください。
2)この例以外に、「一般的な用語」と「政治用語」で意味が大きく異なる例がありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

専門家という指定がありますが過半数は日常使う言葉なので素人の意見も聞いてください。

過半数を越えるが果たして「頭が頭痛」と同じ用法でしょうか?
過半が半分以上を指し、それに「数」をつけることにより「半分以上の数」という名詞に過ぎないと思います。英語ではmajorityですね。意味がダブるように見えるのは「過」をすぎるという動詞として理解するからではないでしょうか。漢語の解釈は分かりませんが、日本語としては名詞であり「過半数」を「半数を超える」という文章として理解するのは無理があると思います。

過去に類似の質問がありますので参考URLを見てください。私も回答していますが、今読み返してみると、私自身すこし混乱した回答をしていました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=71745

Q半数以上と過半数の違い?

カテ違いでしたら、お許し下さい。
会議等で”過半数以上”で開催有効とか・・”半数以上”の出席で定足数を満たしたなど言われますが、では
10の過半数は→6・・だと思いますが。
では
10の”半数以上”は→5ですか6ですか・・お尋ねします。

Aベストアンサー

No.1とNo.2の回答者さんの仰るとおりに間違いありません。

再質問にある
>確認させて頂きますが、期間等でよく10日以内は10日も含み、
10日以上は11日からですね、その辺はどうなのでしょうか?

いや、そうではありません。「10日以上」なら10日を含みますよ。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング