検出限界値が2Bq/kgとなっていた場合、2Bq以上被曝している食品は検出されないということですか?

その場合魚25BqはNDとなりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

放射線の測定は秤で重さを量るのとは違って、一定の確率だけどランダムに出てくる放射線を検知し、さらにエネルギーレベルから核種を同定し、自然界にたくさん存在するバックグラウンドの影響を差し引くという複雑な手順が必要です。

そのため、出てくる値は厳密なデジタル値に見えますが、実際は幅を持った確率変数となります。
検出限界とは、実際にはないものをあると判断してしまう(またはその逆)可能性が十分に低いという値です。検出限界2Bq/kgで、測定値が3Bq/kgであれば「汚染がある」ことだけは判断できます。ただし、その量までは分かりません。
測定の精度にはもう一つ「定量下限」というものがあります(「上限」もある)。これは、その値より少ないものをその値以上と誤認してしまう(またはその逆)可能性が十分に低いという値です。当然ながら、検出限界よりもずっと大きな値になります。
ある食品の基準値を50Bq/kgと定め、それ以上に汚染されたものを検査で見つけるためには「定量下限」が50Bq/kg以上の装置と手順が必要です。「検出限界」が50Bq/kgの装置では、基準をぎりぎり超えるようなものであればほぼ半分の確率ですり抜けてしまいます。

自治体や民間の検査会社が導入しているような100~200万円程度のNaIシンチレーション式の検出器では、食品の測定での定量下限は条件にもよりますがせいぜい100~200Bq/kg程度でしょう。カタログスペックでは10Bq/kgなどという定量下限を謳ったものもありますが、これはバックグラウンドがない状態で単核種を測定するという状態での値です。足し算や引き算をした結果の精度は、当然ながら一番悪い精度に引きずられます。シンチレーション式では高価な物でも40Bq/kg程度が限界だと思います。それ以上の精度が必要なら、1千万円以上のゲルマニウム半導体検出器で訓練された人が十分な時間を掛けて測定する必要があります。

市販の測定器は組込みの解析ソフトのできが悪く、特に放射性カリウムの影響を正しく評価できていないものがかなり出回っていることが明らかになりつつあります。市民の自主的な測定でとんでもない値が出たりするのは多くの場合誤検出です。原発事故までは、こうした装置を扱うのは組込みソフトに頼らず自分でスペクトルを読めるような専門家がほとんどだったのであまり問題にならなかったのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
とても詳しく教えていただき勉強になりました。幅があるんですね。
ご回答についていけるほどの知識が足りないようで、勉強しなおして、またご回答参考にさせて頂きます。

お礼日時:2011/12/25 02:13

大きな勘違いがあります



1:ベクレルは 被爆量ではありません 放射線の発生量です 1ベクレルは 1秒間に1個の原子核が崩壊して発生する放射線量です
 つまり 2Bq/kg とは 対象物体が 1kg あるときに 1秒間に2個の原子核が崩壊して放射線を発生していることです 10kg あれば20個の原子核崩壊です

2:検出限界とは、それ以下では検出できないことを意味します(測定器や、前処理方法に依存します)

>その場合魚25BqはNDとなりますか ?

その魚が 13kg以上であれば ND  2kgならば 50Bqになります

このようなことは、いわゆる公害物質についても同じです

検出限界に近づくほど検出は難しくなり、誤差も大きくなります
これは測定の基本です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
被曝量でなく発生量だったんですね、勉強になりました。
まだ理解できるほどの知識が足りなかったです。
勉強し直して、またご回答参考にさせて頂きます。

お礼日時:2011/12/25 02:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1,放射能の「検出限界値」(ND)は、検査機関の

測定器の精度によって、それぞれ異なるのですか?

2,食品の放射能検査で一応NDと出ていたため当該食品を子供が食べ続けた場合、放射性ヨウ素を原因とする甲状腺がんや放射能を由来とする何らかの疾患に罹る確率も、少なからずあるってことですか?

Aベストアンサー

測定精度は同じ測定器であってもバックグラウンドレベルが変われば毎回変わります。食品ではありませんが、私が災害支援業務で福島第一から20km地点で空気中のダスト、ヨウ素のサンプリングを行った際は、計測精度を少しでも上げる(バックグラウンドレベルを下げる)ため、20km地点で取ったサンプルを50km以上離れたベースキャンプまで持って帰って計測するという面倒くさいことをやってました。
なお、食品検査は基準値に対して十分な精度のある測定器、測定条件で行いますので、基準値以上のものをNDとすることはありません。ただし、ほとんどの食品で全数検査はやっていない(出来ない)ため、サンプル検査をすり抜けたものが流通する可能性はあります。
低線量放射線のように1回の摂取(被ばく)が問題ではなく、累積が問題となるようなリスクの場合は全数検査の必要性は低く、サンプル検査で十分と考えられます。その理由は、個人が摂取する平均値は統計的に全流通量の平均値に近づき、その値は規制値よりずっと低くなるからです。平均値が規制値ぎりぎりであれば、サンプル調査をすれば約半分が規制値を超えることになります。実際には規制値を超えるのは数%以下でしょう。
このことから、サンプル検査をすり抜けて規制値を超えて汚染した食品が少量流通したとしても、一定期間(数ヶ月など)の累積摂取量は規制値が想定する量より十分低くなります。ただし、規制値そのものはある程度恣意的に定められており、規制値以下であれば絶対に問題がないかといえばもちろんそんなことは分かりません。
現在日本人の2人に1人が癌に罹ります。被ばくした人が将来癌になったとして、放射線被ばくの影響があったかどうかを判断するのはまず不可能です。過去の知見からは、今回の事故による「統計上有意な」癌の増加はないと考えられています。

測定精度は同じ測定器であってもバックグラウンドレベルが変われば毎回変わります。食品ではありませんが、私が災害支援業務で福島第一から20km地点で空気中のダスト、ヨウ素のサンプリングを行った際は、計測精度を少しでも上げる(バックグラウンドレベルを下げる)ため、20km地点で取ったサンプルを50km以上離れたベースキャンプまで持って帰って計測するという面倒くさいことをやってました。
なお、食品検査は基準値に対して十分な精度のある測定器、測定条件で行いますので、基準値以上のものをNDとすること...続きを読む

Q東京都は水道水の検査20Bq/kg以下を切り捨て?

下記の様に東京都は公式サイトで浄水場での水道水の放射性物質含有量の結果を対象放射性元素毎に20Bq/kg以下を不検出として発表し細かい数値を知らせないようにしています。
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tp_first.pdf

それに対して東京都健康安全研究センターのサイトでは0.01Bq/kgの単位まで発表してくれています。
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/emergency/monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/w-past_data.html

まずなぜ東京都は公式では20Bq/kg以下を不検出と記載し注釈を読まない限り事実誤認させるような発表をしているのでしょうか?また東京都健康安全研究センターはおそらく東京都の一機関だと思うのですが、こちらでは細かい数値まで記載しているのはなぜなのでしょうか?

風評被害とか声高に言う前に、こういった点が不安を抱かせ、拠り所である数値の信頼性さえ疑わせます。

Aベストアンサー

公式サイトに答えが出ましたね。
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tp.html

○ 水道水の放射能測定値の公表については、これまで速報性を重視してきましたが、放射能濃度が低い状態が続いていること及びお客さまからより詳細なデータを知りたいとの要望が多数寄せられたことを受け、4月15日からは速報性を損なわない範囲で測定時間を延長(従来の約1.5倍)して、より低い濃度まで測定することとしました。
 これに伴い、これまで一律に「不検出≦20Bq/kg」と表記してきた方式を、「検出限界値」を用いた新たな方式に変更しました。

参考URL:http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tp.html

Q放射線量の被曝量そろそろやばくないですか?

放射線量の被曝量そろそろやばくないですか?

放射線量のただちにがそろそろ、10日経過
1つめの質問

よく放射線量の安全性を言うときに、
1年間浴び続けるのを引き合いに出しますが
そろそろ原発問題が発生してから10日くらいたちますよね?
いったいいつまで被曝し続けないといけないのでしょうか。

解決ができないまま
その1年間にちゃくちゃくと近づいてますよね?

単純に考えて1時間あたり0.05マイクロシーベルトとして1日で
0.05x24=1.2マイクロシーベルト被曝してます。

10日だとして12マイクロシーベルトを被曝してますよね?
あと10日たつと、東北から関東までの人がレントゲン1回撮られたのと同じ量被曝しますよね?

昨日の東京の放射線量は平均0.13マイクロシーベルトなので昨日1日だけで3.12マイクロシーベルト被曝してます。

東京新宿の放射線量↓
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/emergency/monitoring.tokyo-eiken.go.jp/report/report_table.do.html

被曝した野菜や水を摂取するとそれにさらに追加されて、もうすでに東北から関東の人はレントゲン1回量被曝してませんか?


2つめ

被曝した放射線は体内からどのくらいの期間で排出されるんですか?
たとえばこのまま4月30日まで被曝し続けたとして、そこまでに蓄積された放射性物質はどのくらいの期間で体から排出されるんですか?

あと40日間被曝し続けると1年間の6分の1被曝したことになりますよね?

1年間浴び続けると体に影響がでるのなら、その6分の1も浴びてしまえば、癌になるリスクがあがったりしますよね?
それとも完全に体からその放射線物質は排出されて、リンパ腺などは完全に回復するのでしょうか?

外国の援助隊が原発問題発生直後に総撤退し、外国人が関東からいなくなっているのがその危険性の裏づけになっていませんか?

放射線量の被曝量そろそろやばくないですか?

放射線量のただちにがそろそろ、10日経過
1つめの質問

よく放射線量の安全性を言うときに、
1年間浴び続けるのを引き合いに出しますが
そろそろ原発問題が発生してから10日くらいたちますよね?
いったいいつまで被曝し続けないといけないのでしょうか。

解決ができないまま
その1年間にちゃくちゃくと近づいてますよね?

単純に考えて1時間あたり0.05マイクロシーベルトとして1日で
0.05x24=1.2マイクロシーベルト被曝してます。

10日だとして...続きを読む

Aベストアンサー

 なるほど、国民が“パニック”に陥ることを防止するために敢えて危険性を割り引いて説明しているのかもしれず、外国人が退避していっていることから明らかなように、事態(癌の発生のおそれなど)は実際にはかなり深刻である可能性が考えられますね。

 でも、“事実”が分かれば適切な予防策を取ったはずなのに、“安全”と言われ続けたので何ら策を取らずに現地に住み続けることにより、人体への悪影響が許容レベルを越えて増大していくこともかなり考えられますね。

 ということは、社会全体(パニックの防止)を見て、個人の健康を切り捨てることにもつながる気がしますね。

Qなんで西日本は被曝しないの? 政府の嘘ですか?

質問なんですが
チェルノブイリでは、1500キロ近く離れたフランスでも高濃度汚染地域が出たのに
どうして日本の今回の事故では、西日本は安全だと言われているのでしょうか?
1500キロに当てはめると、日本全国、当てはまりますよね?
政府が都合が悪いから隠しているのでしょうか?

Aベストアンサー

私はチェルノブイリ事故をドイツで体験しました。
原子力事故は何処の国でも、国家機密にされることが多いです。

他の方たちが書いている様に、風向きで被害は出ます。 

事故後、2千キロ離れたドイツにも死の灰が降りました。 政府は一斉にラジオやTVを通じて、国民に屋内退避、ほうれん草(時期的にそれしかなかった)の出荷停止、フレッシュなミルクを飲まない、野生のイチゴやきのこは採ったり食べたりしないよう勧告しました。

その後、IPPNWと言うドイツの医師グループは被害調査をはじめ5年に一度世界に向けてレポートを公表しています。http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/04/blog-post_17.html
報告にあるよう、南ドイツではダウン症の子供が増えました。また、甲状腺の病気は「ドイツ人の国民病」と言われるほど多いです。

福島の事故前にもドイツの森に生えるきのこや野生のいのししから高度のセシュウム137が検出されたので食べないようにとのニュースがありました。

さて、本題の関西の汚染のことですが、今、福島では高濃度の汚染水処理が進まず、海に汚染水を流したいと東電は言い、近隣漁民がそれに反対しているそうです。 また、2号機建屋の湿度が高いので、室内空気を外に出したいと簡単に言っています。 その外に出したい空気は高濃度汚染の空気です。 

東電はメルトスルーとすでに公表していますが、おそらく、それは燃料が格納容器から出ていて地下にもぐりこんでいて、すでに簡単に冷やせない状態で、もう誰も手の施しようがなく、ただ、それでも水を掛けているので、放射線濃度は上がる一方、汚水の放射線濃度、空気中の汚染濃度も上がる一方なのだと思います。http://www.youtube.com/user/seriousmoon2008?blend=21&ob=5#p/u/3/kxDG4mjmEN8 

2~3日前の原子力安全委員会の発表では、3月11~16日の間に77京ベクレルの放射性物質が大気中に放出されたと発表がありました。それは、チェルノブイリの2倍の量に当たるそうです。 それから、ず~っと、放水による汚水やプールからの水蒸気からも放射性物質は出続けています。濃度を増しながら、ですから、台風が福島を通過した後は西日本にも放射性物質は雨風に混じり、其のうち海水や地下水に混じって汚染するのは時間の問題かと思われます。
http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110403/1301791651
http://www.youtube.com/watch?v=irxnGbPD88E&feature=watch_response

私はチェルノブイリ事故をドイツで体験しました。
原子力事故は何処の国でも、国家機密にされることが多いです。

他の方たちが書いている様に、風向きで被害は出ます。 

事故後、2千キロ離れたドイツにも死の灰が降りました。 政府は一斉にラジオやTVを通じて、国民に屋内退避、ほうれん草(時期的にそれしかなかった)の出荷停止、フレッシュなミルクを飲まない、野生のイチゴやきのこは採ったり食べたりしないよう勧告しました。

その後、IPPNWと言うドイツの医師グループは被害調査をはじめ5年に一...続きを読む

Q千葉の早場米、放射性物質検出されず

千葉の早場米、放射性物質検出されず (朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0809/TKY201108090479.html

 千葉県は9日、同県多古町の水田で玄米を検査した結果、放射性物質は検出されなかったと発表した。同町は早場米の産地として知られ、各地に先んじて国の検査方針に沿った検査を4日に実施していた。
 国は収穫前の予備検査と収穫後の本検査の2段階でコメの検査を実施する方針を示している。今回の検査は収穫の1週間~10日前に実施する予備検査で、県が町内の5地点の水田で実施。セシウム濃度が玄米1キロあたり200ベクレルを上回ったら本検査で重点調査区域となるが、いずれの地点の玄米も放射性物質は検出されなかったという。



水田で5か所もサンプルとって検査したのでしょ?

これで国民全員が安心して千葉のお米を食べることができるのですね?

Aベストアンサー

予備検査の国の指針は
 1.土壌の放射性セシウム濃度が1キロあたり1千ベクレル
 2.空間放射線量が毎時0・1マイクロシーベルト
 をいずれも超えないこと
調査方法は旧市町村ごとに1地点、それ以外は各市町1地点で行うように指示
>水田で5か所もサンプルとって検査したのでしょ?
 ・国の指針は前述・・・違います

千葉県は国の指針を元に調査しているわけですから、そういう意味では問題は無いことになります
国の指針がおなしいと思うなら・・安心できないなら・・購入はしないこと(遠く離れた九州の新米はもう出回っているのでそちらを)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報