電子分極について、水素原子の分極率を教えて下さい。
ただし、モデルとして、水素原子とは、大きさの無視できる原子核(+e)のまわりの半径aの球内に全体で-eの負電荷が一様に分布しているものとする。
外部より、電界Eが印加されたとき、この水素原子に生じる双極子モーメントPを求めたとき、分極率はP/Eで定義される。

A 回答 (1件)

方針を書いてみます。



まず、原子核が原点に
半径 a の負電荷の球の中心が (0,0,z) にあるとします。
(電界Eは -z 方向に印加されたということですね。)
ただし、z<a です。
ここで、z という値がどのように決まるかというと
1.負電荷球が電界Eから受ける力
2.負電荷球と原子核の間に働くクーロン力
の二つの力の大きさが等しいという条件からです。

1番目のほうは eE です。
2番目のほうは原子核が負電荷球の中にあるので、
Gaussの法則を用いて計算すると、zに比例することがわかります。
これらを等しいとおいた式と、双極子モーメントの式 P = ez から
分極率 P/E が出てきます。

レポート等でなければ回答を書いても良いのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもていねいな回答をありがとうございました。
よく理解できました。

お礼日時:2001/05/08 20:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校物理の電気の分野について質問です。静電気力(クーロン力)Fと点電荷による電界Eと点電荷によ

高校物理の電気の分野について質問です。
静電気力(クーロン力)Fと
点電荷による電界Eと
点電荷による電位Vは
どれがベクトルでどれがスカラーか教えてください!

Aベストアンサー

「点電荷が作る電界E」は、その中に「電荷」を置けば、「点電荷方向の力(引き合う力のとき)」か「点電荷と逆方向の力(反発力のとき)」のように、「方向」があります。従って「ベクトル」。

上のように「静電気力(クーロン力)F」は、近くに置かれた電荷や電界によって方向が変わります。「方向」があるので、従って「ベクトル」。

「点電荷による電位V」は、点電荷の周りに球状にできて、同じ半径なら同じ値です。「方向」はありません。従って「スカラー」。

電気の世界を、地面の山谷・アップダウンで考えましょう。
地面の山谷によって、場所によって坂の方向や勾配が異なります。その場所場所での坂の勾配の大きさが「電界」です。
そこにボールを置けば、坂の下に転がろうとします。その力が「クーロンりょく(力)」です。
「電位」は、地図の「海抜○○m」の「等高線」です。「海面からの高さ」だけを表わしていて、どっち向きの坂かは表わしていません。(標高が高いほど「電位が高い」、標高の高低差が「電位差」)

こんな説明で分かるかな?

Q原子分極率について

こんにちは、

 原子分極について、教えて下さい。
1.下記HPを見ますと、Na,Kが原子分極を起こしております。
これは、Na、Kの単体での結果でしょうか?

http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/tnlect/elemag/elemagnotes6.pdf#search='原子分極率'


2.Hの原子分極率は式(2.6)によって求められていますが、他の原子についても、式によって原子分極率を求めることは可能でしょうか?


3.金属例えばウランでも、原子分極は起こるのでしょうか?
下記HPを見ると(全文は読めないですが)、分極しているようです。(?)
http://prl.aps.org/abstract/PRL/v72/i6/p828_1

Aベストアンサー

> 1.下記HPを見ますと、Na,Kが原子分極を起こしております。
> これは、Na、Kの単体での結果でしょうか?

原子分極率というくらいだから、Na原子などの話ではないでしょうか?

> 金属例えばウランでも、原子分極は起こるのでしょうか?
下記HPを見ると(全文は読めないですが)、分極しているようです。(?)
http://prl.aps.org/abstract/PRL/v72/i6/p828_1

よく読んでいませんが、これもウラン原子の話ではないでしょうか?

> 2.Hの原子分極率は式(2.6)によって求められていますが、他の原子についても、式によって原子分極率を求めることは可能でしょうか?

これは物理学を学ぶ上で重要なことですが
「なんだって式で表すことができます。しかし、その結果がどのくらいの精度があるかは場合によりけりです。そもそも近似を使わない物理学なんて非常に少数の例を除いてありえません。」

Q一様磁場内に静止している荷電粒子に時間変化する電場を印加

どうしても解けない問題があるので、質問します。
カーテシアン座標のz軸に一様な磁場Bがかかっている。その原点に質量m、電荷qの荷電粒子が静止している。
x軸方向にEsinωtで時間変化する電場を印加したとき、荷電粒子の運動はどうなるか。

というような感じの問題なのですが・・・
僕は次のように考えました。
m(dv^→/dt)=q(E^→+v^→×B^→)
(^→はベクトルという意味)
という関係がありますから、
v^→=(v_x,v_y,_v_z)
B^→=(0,0,B_0)
E^→=(Esinωt,0,0)
と成分表示することで
m(dv_x/dt)=qEsinωt+qv_yB_0
m(dv_y/dt)=-qv_xB_0
m(dv_z/dt)=0
という運動方程式が立てられるではないか?と
そして、それを解こう!っとしたんです。
ところが・・・
v_yについての微分方程式を導くと
駆動項を持つ2階の微分方程式?となり解くのにものすごく時間がかかる!

考え方は合っているでしょうか?
もし間違っているなら、訂正してほしいです・・・
それを解けば答えが導けるというなら意地でもやって見せますが、なかなか式を目の前にして、合っている自信がなく、解くまでに至らないのです。

よろしくおねがいします!

どうしても解けない問題があるので、質問します。
カーテシアン座標のz軸に一様な磁場Bがかかっている。その原点に質量m、電荷qの荷電粒子が静止している。
x軸方向にEsinωtで時間変化する電場を印加したとき、荷電粒子の運動はどうなるか。

というような感じの問題なのですが・・・
僕は次のように考えました。
m(dv^→/dt)=q(E^→+v^→×B^→)
(^→はベクトルという意味)
という関係がありますから、
v^→=(v_x,v_y,_v_z)
B^→=(0,0,B_0)
E^→=(Esinωt,0,0)
と成分表示することで
m(dv_x/dt)=qEsinωt+qv_yB...続きを読む

Aベストアンサー

合っていると思います。

解析的な解はわかりませんが,数値積分しての運動の特徴は

 電場と磁場の比で形が決まる楕円軌道の大きさが
 電場の振動によって変調を受けるような軌道を描く

といった感じです。

適当な値をとった軌道の例を添付します。t=0からある時間に描く軌道の前半と後半を示しました。実際には条件によって形は様々に変化するようです。また,共振状態も存在し,その場合は軌道が一方的に拡大します。添付した例は共振に近い状態で「うなり」が生じている場合です。共振から離れた条件では,卵形のような軌道になります。振動が遅いとにょろにょろとうねった楕円になります。

Q金属に電圧を印加すれば原子核は変形するのでしょうか?

こんにちは、

金属の場合、結合している力は、数100MeV以下のはずなので、それに該当する電圧を印加させれば、少しだけ原子核は変形するのでしょうか?
それとも、電子が流れるだけで、電子核は格子振動が増し変形はしないのでしょうか?

Aベストアンサー

すみません。重水素だと陽子がひとつなのでシールドにはなりませんね。
申し訳ありません。でもご興味がありましたら、もっとも簡単な例として
何が起こるか考えてみても良いかもしれません。

Q水素原子の原子構造因子

電子密度がn(r)=(πa0^3)^(-1)exp(-2r/a0)のとき、構造因子は

∮4πr^2n(r)exp(-iGr)dr

で正しいですか?また正しい場合、計算のヒントをおしえていただけると助かります。

Aベストアンサー

正しくないです.
以下,ベクトルと大きさを区別する必要があるのでベクトルは↑で指定します.矢印のついていないものは大きさです.

方位角がG↑・r↑の内積に入っているのでこの分の積分が必要です.
ここでのr↑は考えている原子の原子核の位置を原点とする位置ベクトルで,r↑とG↑のなす角をθとすれば

G↑・r↑ = G r cosθ

したがって,密度分布関数を球対称と仮定して原子散乱因子を極座標で積分すれば

f = ∫n(r) e^{-i G r cosθ} r^2 sinθ drdθdφ

以下,θ,φについて積分を実行すると

f = ∫ n(r) r^2 [ sin Gr / Gr ]


人気Q&Aランキング

おすすめ情報