『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

お尋ねいたします

栄養士になるためには専門学校などを卒業しなくてはならず、私には費用の面でかなわない夢となりました。
そこで、資格は得られずとも独学で栄養士の専門知識を学びたいと考えています。先日、通信教育の食育講座も始めましたが…
揃えておきたい学校で使用する教科書、参考書を教えていただけませんか?宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

栄養士の知識が欲しいなら理系の基礎知識(化学・生物)が必須になります。


化学は栄養素などの物質の構造や性質を考えたり、反応を考えたりする上で必要であり、生物は物質が生体内でどのように機能するかなどの理解に必要となります。
これらの知識は高校レベルで十分なので、高校の参考書などでの勉強を強くお勧めします。(この基礎が理解できていないと応用である生理学、栄養学、生化学の理解は無理です。)
今はmanaveeというネット上で無料で講義を受けれるサイトなどもあるので、それらを利用するといいかもしれません。
本題ですが、私は栄養士の知識というと生理学、生化学、栄養学、分子生物学といった分野の知識だと理解しています。
上記の分野の知識は医療系の学校なんかで習うのですが、一般の方にとってもとても生活に役立つ知識であるといえると思います。
私は薬学部所属ですが、栄養学部に通っている友達がいてよく話を聞くのですが、薬学部も栄養学部も1~2年は同じようなことを勉強していたりします。(薬学部は栄養学部の知識を範囲をさらに医療寄りにしたものといってもいいかもしれません)
さきほど挙げた教科について説明すると、
生理学…人の体の正常の機能について学ぶ(マクロな視点)
生化学…物質の体内での挙動について学ぶ(ミクロな視点)
栄養学…生化学の中の一分野であり、生化学の栄養素の部分に着目したもの。
分子生物学…生物学の分野で遺伝子や老化などの細胞に着目した生物学。
ざっくり説明するとこのような感じです。
勉強のアドバイスとしては、理解することが大切です。(理系の「理」は理解の「理」と思ってくださいw)
理解せずに覚えたことはすぐに忘れてしまいます。
自分が学んだことを人に教える、というのがもっともいい方法なのですが、それが難しい場合には教科書などを切りのいいところまで読んだ後に目を閉じて今読んだところを思い出しながら頭の中でまとめるのがおすすめです。
そして何度も同じ本を読み込んでください。
具体的な勉強法は、入門書を2、3回通読する→専門的な本を読むという感じで進めていくといいです。
初学者の方は入門書を読むだけでもかなりの知識が手に入りますし、入門書を理解しないと専門書は読めません。
あとは問題集を買ったり管理栄養士や看護師、薬剤師の国家試験問題なんかを解いてみるとより一層知識の定着がよくなります。(今はスマホのアプリで無料で国家試験問題が見れる)
正直な話、栄養士は国家試験はなく、学年を上がれるだけの単位がとれればなれます。
ですので、質問者さんが詳しい専門書を読めば栄養士さんの知識を超えることは可能です。
ですが、管理栄養士は国家試験があり、その合格率も低く難易度も高いので独学で同等の知識を得ることは非常に難しいと思います。
もし、質問者さんがそれほど高度な知識を求めていないとしたら入門書を読むだけでもテレビなどのメディアが垂れ流している嘘健康情報や疑似科学を見分けることが出来ると思います。
ここからは自分が読んだ中でのオススメの入門書と専門書を紹介していきます。

~生物学~
理系なら知っておきたい生物の基本ノート 生化学・分子生物学編
理解しやすい生物I・II
http://manavee.com/teachers/profile?teacher_id=359
これはmanaveeの生物の講座ですがこの先生はとてもわかりやすく、この講座を一通り受けるだけで生物は現役の受験生に負けないほどの知識が得られます。

~化学~
チャート式シリーズ化学I・II
化学I・II基礎問題精講
重要問題集
下の二つは問題集ですが、化学は問題を解いて理解することが大切です。
化学は教科書で現象を一通り理解した後に問題演習を行って理解を深めていくやり方でお願いします。

~生理学~
入門
http://pinchiozisan.web.fc2.com/room/nasindex.html
このサイトは看護学部向けで生理学の初歩の初歩ですが、初学者にはちょうどいいと思います。

図解入門 よくわかる生理学の基本としくみ

中級
機能形態学 (ベーシック薬学教科書シリーズ)
薬学部の生理学(機能形態学)指定教科書ですが、とてもわかりやすかったので・・・
Clinical 生体機能学

専門(少し詳しすぎるかも・・・)
コスタンゾ明快生理学
ギャノング生理学

~生化学~
入門
理系なら知っておきたい生物の基本ノート 生化学・分子生物学編

中級
Essential細胞生物学

専門(栄養学を詳しく学びたいなら1つくらいは揃えておいて損は無いです。)
イラストレイテッド・ハーパー生化学
ストライヤー生化学

~栄養学~
入門
図解入門 よくわかる生理学の基本としくみ

専門
イラストレイテッド・ハーパー生化学
ストライヤー生化学

~分子生物学~
入門
図解入門 よくわかる分子生物学の基本としくみ
分子生物学講義中継Part0~3

専門
The Cell
ワトソン遺伝子の分子生物学

ざっとこんな感じです。
入門書は必ず隅から隅まで読み込んでくださいね。
専門書を通読するのは結構骨が折れるので、入門書で気になったところや、普段の生活などで気になったことなどを調べていって少しづつ知識を増やしていってもらえたらと思います。

もし英語を身につけて海外の学術論文を読んで理解できるレベルになれたら質問者さんは学部生をこえちゃうかもしれませんね。

私は知識は将来の自分への投資だと考えています。
質問者さんもぜひ頑張って沢山の知識を身に着けていってくださいね。
    • good
    • 3

 栄養士関係で、国家試験のあるものは、管理栄養士です。


管理栄養士用のテキストがシリーズで売られています。高いのですが、系統的に学べると想います。知識は、ジクソーパズルのワンピースのようなものですから、全体は理解できません。教科書で学ぶのが良いと思います。厚生労働省の指針(=迷惑至極ご指導)があり、基礎から応用へ体系的に学べる、ことになっています。
 本学でも、基本的には、そのシリーズを使っています。いくつかの出版社のものがあり、ご自身に有ったものを選んで下さい。私は、他人の本の解説なんぞはする気がないので、使っていませんが。
 
 教科書を読むだけでは、実力は確認できませんのて、国家試験問題を解いてはどうでしょうか。間違った問題は、教科書に戻ってチェックすれば、理解度が分かります。
 また、似たような資格の試験もありますので、力試しをするのも良いかもしれません。

 栄養士・管理栄養士の業務は、名称独占といって、「栄養士」「管理栄養士」と名乗らなければ、一般の人が行っても法律違反にはなりません。ただ、一般人から、「よく知っている」と言われても、「資格は無い」と言えば、信用が薄らぐでしょうが。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q栄養学を独学で学びたいのですが

何かお勧めの本はありませんか?
ある程度専門的なものでも大丈夫だとは思います。

Aベストアンサー

必要に追われてではなく趣味で勉強するのなら、食品や料理とからめて勉強したほうが有意義だと思います。

簡単な読み物を中心におすすめしますが、
●「豊かさの栄養学」シリーズ(全3巻)・丸元淑夫
●その他の丸元淑夫の本(古本屋にある?)
●「まちがい栄養学」・川島四郎(古本屋にある?)
●「ビタミン・バイブル」・アールミンデル
●本屋にある厚めの「料理栄養百科」みたいなやつ
●本屋にあるビタミン関係の本を全般的に

おすすめのホームページは、
http://www.page.sannet.ne.jp/hirasho/food/
http://plaza.harmonix.ne.jp/~lifeplus/top.html
http://www2q.biglobe.ne.jp/~kazu920/

これらを見ると、栄養学の実践面や全体像が見えてきます。ただし、これらの情報の中には間違いも結構あり、それに対する反論もインターネット上にあります。とくに日本では、栄養に関する考え方はさまざまで、諸説入り交じった状態です。ものごとを勉強するときの基本ですが、一方的な視点で物事を見ていると思ったら、それに対する反論を探し、バランスを取りましょう。そうしないと、間違った視点で解説された専門書を苦労して読むことになり、無駄骨どころか有害です。まずは栄養素に関する全体的な視野を獲得してください。その後で、どの部分を掘り下げて勉強すればよいかを考えるのがいいでしょう。

必要に追われてではなく趣味で勉強するのなら、食品や料理とからめて勉強したほうが有意義だと思います。

簡単な読み物を中心におすすめしますが、
●「豊かさの栄養学」シリーズ(全3巻)・丸元淑夫
●その他の丸元淑夫の本(古本屋にある?)
●「まちがい栄養学」・川島四郎(古本屋にある?)
●「ビタミン・バイブル」・アールミンデル
●本屋にある厚めの「料理栄養百科」みたいなやつ
●本屋にあるビタミン関係の本を全般的に

おすすめのホームページは、
http://www.page.sannet.ne.jp/hirasho/fo...続きを読む

Q独学で栄養士になりたい。

ずばりどうなんでしょうか?
現在25歳。
4年生大学を出ていますが、そういう仕事とは全く関係ない大学でした。最近、いろんな本や周りの人の話を聞いて、栄養士になりたいと思うようになりました。
栄養士は独学で取れるものなのですか?
正直、これから大学や専門学校に通うようなお金もないです。
でも、独学では無理なのでしたら、行ってみようかとも思ってます。
どうなんでしょうか?
教えて下さい、お願いします。
はっきり教えていただいたほうがいいので、無理なら「無理!」「厳しい!」と言って下さい。お願いします。

Aベストアンサー

栄養士は、医師や薬剤師と同様に、独学では無理です。

 資格なので、栄養士を養成する大学か専門学校の卒業証明が無い限り、申請できません。栄養士は、国家試験のある管理栄養士と異なり、学校の卒業証明があれば資格を取得できます。
 保健所に申請しますが、「これだけの知識がある」と主張してもね認められません。「医師の国家試験を自分で解いてみて、満点だった」と主張しても駄目なのと同じです。

 ちなみに、養成施設は、厚生労働省に科目毎に、授業科目の項目についての詳細な御指導を頂けます。
 新しいカリキュラムでは、教室は専用のもので、40人以内と決められています。同じ授業を、80人が定員の大学だと2回、200人が定員の大学では5回せねばならず、実際に行わないと届け出を受け取ってもらえません。 
 

Q栄養指導、食事指導の書籍でオススメを教えてください!!

数年前に管理栄養士の資格を取得しました。
その後、関係のない職業についたのですが、
最近栄養指導のシゴトを始めました。ただ、栄養士がひとりなので
どのように指導をすすめたらよいのかわからず困っています。
業務内容は、お客様の健診結果や数日分の食事日記をみて
対面や電話で食事指導するというシゴトです。
栄養指導の流れ、必ずチェックすべき指標・・・等、私のような初心者でもわかりやすい本がありましたら、ご教授くださいますよう
お願いいたします。本でなくても、実体験等ありましたら、
ご教授ください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

健診結果に基づいて栄養指導しなければならいのでしたら、
私もある程度臨床栄養(病態栄養)は把握しておいた方がよいと思います。
医療機関や介護施設並みの栄養マネジメントは要求されないと思いますが
個人指導になるとカウンセリングやコミニュケーション技術も必要とされます。
南江堂から出版されている国立栄養研監修の健康・栄養学シリーズで
応用栄養学、臨床栄養学は参考になると思います。

食事指導では、食事内容を見るとある程度の問題点はつかめると思います。
まず2005年に改正された食事摂取基準を把握しておくこと(2010年にはまた改正になると思います)
食事バランスガイドを利用してわかりやすく説明することも重要に思います。
細かなことは栄養士必携が参考になります。
法令法規が改正されてもすべての施設に通知がくるわけではないので
厚生労働省のHPのチェックも必要です。

食事指導では対象者の年齢や身体状況に応じた指導が必要になりますが、
最近は多種多様のサプリメント、健康食品を摂取されている方も多いです。
本当に必要なものか薬服用者には相互作用がないかなどの知識も必要になります。
自治体や保健センターの栄養士は、不特定多数の人に栄養指導をしているので相談してみるとよいかと思います。

健診結果に基づいて栄養指導しなければならいのでしたら、
私もある程度臨床栄養(病態栄養)は把握しておいた方がよいと思います。
医療機関や介護施設並みの栄養マネジメントは要求されないと思いますが
個人指導になるとカウンセリングやコミニュケーション技術も必要とされます。
南江堂から出版されている国立栄養研監修の健康・栄養学シリーズで
応用栄養学、臨床栄養学は参考になると思います。

食事指導では、食事内容を見るとある程度の問題点はつかめると思います。
まず2005年に改正された食...続きを読む

Q栄養士の再学習

栄養士の再学習
18年前に短大の食物栄養学科を卒業し栄養士の資格を取得しましたが、それ以来一度も関連の仕事にはついておらず、すっかり栄養士だということも忘れかけていました。
現在、結婚し3人の子育て中です。
家族の健康を日々考えながら生活しているうち、もう一度きちんと栄養士の勉強をやり直し、なんとか仕事として生かせるレベルまで知識をとりもどしたいと思うようになりました。
今更なんですが、何か良い方法があれば教えて下さい。
もう一度、専門などに通うべきか、それともいっそ管理栄養士の勉強をしてみるか…
できれば、将来的に管理栄養士にチャレンジし、人と接するのが好きなので、栄養指導のお仕事ができるようなレベルまで行けたらと思っています。

Aベストアンサー

・日本女子大学家政学部食物学科通信教育課程
http://www.jwu.ac.jp/ccde/unv_curriculum/food_science.html

・女子栄養大学栄養学部保健栄養学科夜間部通学コース(東京・駒込キャンパス)
http://www.eiyo.ac.jp/edhn/

はいかがでしょうか?

・どちらの学校も、短大・専門学校卒業者を対象とした2・3年次編入制度があります。

・栄養系科目のほか、教育系科目(教育実習を含む)も勉強すれば、
中学と高校の家庭科教員免許を取得することも出来ます。

・※厚生労働省は
「栄養士や管理栄養士の養成学校は、通学の昼間部に限る。
夜間や通信は一切認めない」
と規定しています。

そのため、
以上の2校で学んでも、管理栄養士国家試験受験資格を取得することは出来ません。

>それともいっそ管理栄養士の勉強をしてみるか…

管理栄養士国家試験対策講座では、

「指定期間以上の実務経験を終え、管理栄養士国家試験受験資格のある方が対象」

といった受講制限をしている場合もありますので、
今のpiyopiyobooさんの状況では、受講を断られるかもしれません。

・日本女子大学家政学部食物学科通信教育課程
http://www.jwu.ac.jp/ccde/unv_curriculum/food_science.html

・女子栄養大学栄養学部保健栄養学科夜間部通学コース(東京・駒込キャンパス)
http://www.eiyo.ac.jp/edhn/

はいかがでしょうか?

・どちらの学校も、短大・専門学校卒業者を対象とした2・3年次編入制度があります。

・栄養系科目のほか、教育系科目(教育実習を含む)も勉強すれば、
中学と高校の家庭科教員免許を取得することも出来ます。

・※厚生労働省は
「栄養士や管理栄養士の養成学校は、通...続きを読む

Q卒業から10年、資格を活かすのは無理?

2000年に専門学校を卒業し、栄養士の資格を取得しました。
その後栄養士としての実務経験はほぼ0のため、管理栄養士の受験資格もありません。

現在は、派遣で事務をしています。
しかし、離婚してシングルマザーとなったこともあり、せっかくの資格を活かして(今すぐは無理でも)正社員として仕事が出来ないかと考えています。

まずは管理栄養士の受験資格を得るためにも、来年の4月以降に、経験不問の派遣などで経験を積もうと思っていますが、これだけブランクがあるといくら経験不問でも厳しいでしょうか?

また、勉強した内容もすっかり抜け落ちてしまっているので、今から勉強しなおしたいのですが、オススメのテキストや講座等あるでしょうか?

もちろん、思うほど簡単じゃないのはわかっています。

私のように長いブランクから栄養士になられた方、現在栄養士としてお仕事をされている方など、いろんな方からアドバイスがいただけると助かります。

長い質問文をお読みくださってありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>また、勉強した内容もすっかり抜け落ちてしまっているので、今から勉強しなおしたいのですが、オススメのテキストや講座等あるでしょうか?

ユーキャンなどの「管理栄養士国家試験対策通信講座」は、
すでに管理栄養士国家試験受験資格のある方のみが対象なので、
pukumochiさんの場合は、受講出来ないかもしれません。

ですが、
・日本女子大学家政学部通信教育課程食物学科
・女子栄養大学栄養学部二部保健栄養学科(夜間部)
・・・という選択肢があります。

以上の2校であれば、

「基礎栄養学(←昔の「栄養学総論」)」「応用栄養学(←昔の「栄養学各論」)」
「解剖生理学」「臨床栄養学」「生化学」「調理学」「食品学」
「食品衛生学」「食品学実験」「調理実習」

など、栄養について1通り学べます。

専門学校卒業者であれば、2年生や3年生としての中途入学も可能です。
以上の2校を卒業すれば、当然、大学の卒業証書は、もれなくついてきます。

さらに、栄養系科目のほか、
教育系科目(教育実習なども含む)と、家政系科目(裁縫・ミシン実習なども含む)も履修すれば、
中学や高校の家庭科教員免許の取得も可能です。

ただし、栄養士資格や管理栄養士資格を管理している厚生労働省が、
「栄養士や管理栄養士の養成学校は、通学の昼間部に限る。
通信や夜間は、一切認めない」
と規定しているため、

以上の2校で、栄養について学んでも、
管理栄養士国家試験受験資格の取得は出来ません。

参考URL:http://www.jwu.ac.jp/ccde/unv_curriculum/food_science.html

>また、勉強した内容もすっかり抜け落ちてしまっているので、今から勉強しなおしたいのですが、オススメのテキストや講座等あるでしょうか?

ユーキャンなどの「管理栄養士国家試験対策通信講座」は、
すでに管理栄養士国家試験受験資格のある方のみが対象なので、
pukumochiさんの場合は、受講出来ないかもしれません。

ですが、
・日本女子大学家政学部通信教育課程食物学科
・女子栄養大学栄養学部二部保健栄養学科(夜間部)
・・・という選択肢があります。

以上の2校であれば、

「基礎栄養...続きを読む

Q栄養比率について

栄養素摂取量から求め、給食などを作るときに役立つ。自分が本などで調べた結果はこんなものでした・・・。もう少し、詳しい意味が知りたいです。
栄養比率の定義?を教えてください。

Aベストアンサー

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないとダメなのですが、注意しなければならないのは総エネルギー量です。この総エネルギー量が適正であることが基本条件です。
たとえば、脂質エネルギー比は1~17歳は25~30%、18歳以上は20~25%であることと日本人の栄養所要量食事摂取基準ではいわれていますが、こんな場合はどうでしょう。
総エネルギーが必要量の半分しかとれていないのに、脂質エネルギー比が40%だったら。たぶん、脂質量は適正です。その他のたんぱく質や炭水化物量がきっと不足しています。それらを適正量にすれば、脂質エネルギー比は範囲内に入るはずです。つまり、総エネルギー量とそのバランスをトータルに考えなければならないのです。

2.穀物エネルギー比率
以前は、日本人は「米ばっかり食」のことが多かったので、穀物だけでなく、もっといろいろなものを食べなければ栄養バランスがとれないということを考える目安とされてきました。
摂取した穀物のエネルギー量を合計し、総エネルギー量で割って100をかけます。50%程度が望ましいといわれています。でも、若い女性はもっと低いです。これは低すぎてもダメです。やはり、脂質エネルギー比の過剰につながるからです。

3.動物性たんぱく質比率
通称、動たん比とよんでいます。総たんぱく質量に占める動物性たんぱく質の割合です。
動物性たんぱく質量(g)/総たんぱく質量(g)×100で求めます。
アミノ酸組成のよい動物性たんぱく質はとても大切。特に、成長期には50%は摂りたいものです。

4.ほかにもいろいろ。。。
動物性脂質比率とか、
飽和脂肪酸(S):一価不飽和脂肪酸(M):多価不飽和脂肪酸(P)=3:4:3とか、
n-6系多価不飽和脂肪酸:n-3系多価不飽和脂肪酸=4:1とか、
まだ他にもあるかも。

いずれも、献立を作成したり、栄養診断する際に活用されます。

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないと...続きを読む

Q生化学ってどうやって勉強すれば・・・

私は看護の専門学校に通ってるんですけど、生化学の授業があるんですが何も理解できません。どうやって勉強したらいいのかも分かりません。何かよい勉強方法ってあったら教えてください。あと分かりやすい参考書とかあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1です。
お使いになっている教科書は医学書院の「系統看護学講座・・・生化学」という本でしょうか? (他にもあるようですが。。。)
A4判で280ページほどの本でした。
もしかしたらお使いになっているのはこの本と違うかもしれませんが、いずれにしても看護学校の生化学の教科書は、それほど大差はないと思いますので、この本について感じたことをいくつか挙げてみます。

まず内容ですが、当然のことながら、大学の理学部・農学部などで学ぶ生化学と比べても、カバーする範囲は、さほど変わりません。植物の光合成・炭酸同化のように明らかに医学と関連のない分野は除いてありますが、他は大体同じようなものです。
大学の教科書に比べてページ数は少ないですが、だからと言って内容が簡単なわけではなく、説明が簡略すぎて、かえって難しくなっているように私には感じられました。
これをどのくらいの時間をかけて学ぶのでしょうか?
もし仮に、週2時間で半年で学ぶとしたら、かなりきついのではないでしょうか。

しかし、そうなると、当然「ここが重要」というポイントがあるはずです。それは授業の中で先生が力を入れて説明されると思います。とりあえず学校での試験を乗り切るには、授業の内容(ノート)を理解することでしょうね。試験の過去問を先輩に聞いてみるのもよいと思います。そして、重要なところを理解するために必要な部分の説明を教科書で読んで補うというのが、とりあえず有効かと思います。

重点はやはり代謝ですね。解糖・クエン酸回路などはそのなかの最重要項目の一つでしょう。
しかし考えてみると、生化学を職業としている人でも、クエン酸回路を本を見ないで全部すらすら書けるという人がどれほどいるか、あやしいものです。これが専門という人は別として、その他の多くの人は、ごく大雑把に覚えている程度だと思います。

例えば解糖・クエン酸回路で何が重要なのか?

解糖は、主要な栄養源であるグルコース(ブドウ糖)をピルビン酸にまで分解し、その過程で発生したエネルギーをATPとして蓄えます。ここまでは酸素を必要としません。地球上に酸素が乏しかった頃に現れた原始的な生物(嫌気性細菌)でも解糖系の酵素は持っています。

しかし、酸素を強力な酸化剤として利用できるように進化した生物はピルビン酸をさらに完全に酸化して、CO2とH2Oに変えることができるようになりました。これによって、解糖系だけの場合に比べて、はるかに多くのエネルギーを生産することができるようになりました。
解糖系だけで生産されるATPの量と、解糖系 + クエン酸回路で生産されるATPの量を比較すれば、そのことがはっきり理解できると思います。

反応そのものについてですが、ピルビン酸は補酵素A(CoASN)と反応してアセチルCoAとなり、これがオキサロ酢酸と反応してクエン酸になります。ここから回路が1回転して、オキサロ酢酸→クエン酸に戻ります。
いま私が名前を挙げた物質は最低限覚えるべきものだと思います。途中は省略して、いま名前を挙げた物質だけで代謝の図を描いてみてください。それで最低限クエン酸回路の意味はわかると思います。
これ以上どこまで詳しく覚えなければいけないかは、教える先生しだいだと思います。

参考書に関してですが、教科書とか参考書というような、「硬い」本だけでなく、例えば講談社ブルーバックスのように、素人(+α)程度の人を対象として書かれた本が、たくさんあります。物語風に書かれているので、割りに抵抗なく読めると思います。この「抵抗なく読める」ということが重要なのです。生化学は難しいと言う心理的なバリアー(実際難しいのですが)を除くことがまず先決ですから。
素人相手の本でも、案外バカにならないですよ。
私も専門外のことについて、手っ取り早く勉強したいときは、こういう本をよく読んでいます。

生化学ではいくつかの約束ごとのようなものがあって、例えば、リン酸化反応は、物質にエネルギーを蓄える(活性化する)反応で、逆にリン酸を放出した物質はそれによってエネルギーを他の物質に与えます。(つまり活性化する。)
こういうことを覚えるだけでも、かなり話の流れが読めるようになります。

>何も理解できません。

ということですが、お気持ちはわかりますが、これだとアドバイスするのが難しいです。
具体的に、例えばDNAについてとか、酵素について、こういうところがわからないと具体的に問題を絞って質問していただけると、もう少しお役に立てるかと思うのですが。。。

また質問があれば、私のわかる範囲でしたら回答します。
がんばってください!

No.1です。
お使いになっている教科書は医学書院の「系統看護学講座・・・生化学」という本でしょうか? (他にもあるようですが。。。)
A4判で280ページほどの本でした。
もしかしたらお使いになっているのはこの本と違うかもしれませんが、いずれにしても看護学校の生化学の教科書は、それほど大差はないと思いますので、この本について感じたことをいくつか挙げてみます。

まず内容ですが、当然のことながら、大学の理学部・農学部などで学ぶ生化学と比べても、カバーする範囲は、さほど変わりません。...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q車の車検は1年?2年?3年?でしたっけ??

えと、確認の意味を込めてですが、車の車検年数について教えて下さい。

<普通自動車>
新車の場合・・・最初は3年後、その後2年置きに車検
中古車の場合・・・2年置きに車検

<軽自動車>
新車、中古車問わず・・・2年置きに車検

で、よろしかったでしょうか?

確か以前は、10年経過した車は1年置きに車検だったように記憶していますが、今もそうでしょうか?

あと、外国車(ディーラ物、並行輸入物)も同様でしょうか?

Aベストアンサー

<普通自動車 3ナンバー・5ナンバー>
昭和63年07月01日以降登録車において、
新規登録から初回3年、以降2年おきに車検です。
中古車であっても新規登録から半年しか経っていないなど、初回車検がまだである場合は
新規登録から3年で初回車検となります。

なお、中古車であっても、新たに輸入した場合は
初回3年車検、以後2年車検となります。

昭和63年06月30日までに新規登録の場合、
初回2年、以後2年、但し、新規登録から10年を超えて車検となる時以降、1年車検となります。

<軽自動車>
4ナンバー車は初回2年、以降も2年
5ナンバー車は初回3年、以降2年
但し、昭和63年06月30日までに新規登録の場合、
4ナンバー・5ナンバー共に
初回2年、以後2年、但し、新規登録から10年を超えて車検となる時以降、1年車検となります。

ではどうぞご参考下さい。

Q栄養士の資格を持っているけど栄養士として就職しなかった人

私は現在、栄養士の資格が取れる短大に在学中の者です。
栄養士の資格を持っているけど、栄養士として
就職しなかった方いますか?
後悔しませんでしたか?
もし良かったら理由などを聞かせてください。

Aベストアンサー

私は栄養士の資格が取れる短大を卒業後、食品会社で実験をしている栄養士です。
私の事ではないのですが、実は短大の頃の友人で栄養士として働いているの私だけなんです。
私も栄養士として働いているのか今でもわかりませんが^^;
他の5人は、店員・事務・医療事務2人・介護士さんです。
この中の2人はもう結婚してママです。
5人全員が集まることはめったにないですが、
後悔のお話を聞いた覚えは、私が管理の試験を受ける時に唯一働いて実務経験だけでも取得しておけばよかったかなぁと聞いた位です。
栄養士さんはお給料と労働時間が割に合わなかったり、遅番早番とかで
そう簡単に勤まる仕事ではないと研修の時と求人票のお給料で学びました。
栄養士だからってみんながみんな献立をうまく立てられるわけではないと思うし、お料理もみんながみんな上手なわけではないけれど、資格を持っているだけで評判が良いんですよね。
私は頭が良くないので人よりちょっとだけ知識があるという程度です。大切な人に健康でいてもらえれば私はそれだけで卒業して良かったと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング