『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

体育とか陸上競技関係に詳しい方がいたらお聞きしたいんですけど、短距離って鍛えると速くなるんですか?

僕は中学の頃陸上部に入ろうとしたんですけど、周囲に反対されてやめました。足の速さなんか他の運動部に入ったって同じだから意味がないと言われたんです。

結局中学時代は100m13秒ぐらいの物足りない記録で終わってしまって後悔しています。もし陸上部に入ってたらもっと速くなってたんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中学生に陸上指導をしています。


結論を言うと、陸上部で専門の先生にきちんと指導を受けたなら速くなるのは間違いありません。

誤解しないでほしいのは100M走のタイムが良くなるという意味です。

多少のフォームの矯正とスタートダッシュの仕方、加速領域の走り方を指導するだけで、タイムは驚くほど縮まります。

質問者さんがどれほどのフォームか見れないのでなんともいえませんが、私が教えている生徒は1年生のときは13秒74だったのが、3年生では11秒96までいきました。かなり伸びた部類です。

この生徒は入学当初は走り方がメチャメチャだったですし、体の成長が他の生徒より早かったので、これほど伸びたのですが、野球部にいるよりは速くなります。

でも高校で、陸上を始めても全く遅くないですよ。あなたはまだまだ伸びしろたっぷりということです。

それから中学生にはほとんど筋トレをさせていません。サーキットくらいです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。ご意見は大いに参考になりました。

お礼日時:2012/02/09 10:32

私は体育の先生でもなんでもなくてただ陸上の短距離が好きなものです。



一言で言ってしまえば速くなります。
陸上部の人と陸上部に入ってない人を比べたら何か走り方が違いますよね?
陸上部に入れば足の上げ方とか手の振り方などを教わるというかちゃんとしたのをおしえてもらえると
思うんです。
そうすると自然に速くなるのと同時にタイムも速くなりますよね。

陸上部じゃない部活に入ったら足が速くなる確率は低いち思います。
体力はついても。

なので、
もし陸上部に入っていたらもちろん速くなっていたと思いますよ。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。やっぱり僕もそう思います。だから正直ちょっと後悔しています。

お礼日時:2012/02/09 10:29

ストレッチ、筋トレ、フォームの改善などで早くなれると思います。


でなきゃ、陸上競技にコーチは必要ないということになってしまいますよね?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。おっしゃる通りだと思います。

お礼日時:2012/02/09 10:27

速くなっていたとおもいますよ。


僕は、中学1年生ですけど、陸上部の友達もタイムがあがってきています。

他の部活に入っているなら、その部活の思いでもあったはずです。
今更悔やんでもしょうがないと思うので、その部活のことも思い出すといいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。ほんとその通りだと思います。

お礼日時:2012/02/09 10:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校から陸上部ってどうなんでしょうか?

質問といいつつも、大半が不安と悩みで占めると思います。
長くなりますが、お付き合いしていただけると嬉しいです。
私は中1の時、誰よりも上手くなってやると意気込んで野球部に入部しました。しかしその意気込みも束の間、入部当初に足を痛め、サボり、同級生からもからかわれ、秋には退部しました。そして、それから卒業まで、どの部活動にも所属しませんでした。つまり、ここ3年間運動無縁で過ごしてきました。
私は、部活動に所属していなかったため、友達といえる友達もできず、つまらない中学生活を過ごしてきました。3年間棒に振って、卒業しても未だに後悔しています…
その反省から、高校では部活をやりたいと考えています。
そこで、部活をやるなら運動部に所属したいなと思い、やるとしたら何がいいかと悩んだところ、元々走ることは大好きだったので、陸上部に所属してみようかと考えています。しかし、私が進学する学校の陸上部の顧問、一昨年、陸上部が強い中学から異動されてきた先生らしく...ここも不安要素です。そして、その先生を追ってその高校に進学する同級生(全中で結果残してたりだとか)もいて…これも不安要素です。また不安が。走ることが好きという理由だけで、陸上部に入ることが許されるのか。3年間も運動してこなかった奴がついて行けるのか。また、3年間部活を続けてきた人に比べ嫌なことから逃げ続けてきた奴がついて行けるのか。
また、陸上部に入るとしたら種目を決めなければなりません。その際、何が自分にとって向いているのでしょうか?
入るなら一生懸命頑張るつもりです!
一応記録を載せておきます...
50m:7.1秒
1500m:6.25
50mH:10.1秒
走高跳:110cm
※全て体育の授業での測定。

まとめますと、
(1)3年間運動無縁でも、ついて行けるのか。(自分の悩み)
(2)自分と3年間様々なこと(競技を通して学んだこと)を積み重ねてきた人との差を実感するのが怖い。(自分の悩み)
(3)走ることが好きという軽い理由だけで陸上部に入っていいのか。(自分の悩み)
(4)先輩や同級生であってじぶ自分とは差がある同級生との対人関係がうまくできるか。(自分の悩み)
(5)入るとしたら、種目は何がいいのか。理由も。また、その練習など。(疑問)

質問になっていなくて申し訳ありません。
相談できる人が周りにいなくて…

長々と申し訳ありませんでした。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。アドバイスお願いします。

質問といいつつも、大半が不安と悩みで占めると思います。
長くなりますが、お付き合いしていただけると嬉しいです。
私は中1の時、誰よりも上手くなってやると意気込んで野球部に入部しました。しかしその意気込みも束の間、入部当初に足を痛め、サボり、同級生からもからかわれ、秋には退部しました。そして、それから卒業まで、どの部活動にも所属しませんでした。つまり、ここ3年間運動無縁で過ごしてきました。
私は、部活動に所属していなかったため、友達といえる友達もできず、つまらない中学生活を過ごし...続きを読む

Aベストアンサー

No.2・4・6です。
お礼を拝見させて頂きました。

>質問なのですが、軽いジョギングとは大体の目安などってありますか?
>今のところ、毎日4km程ジョギングしているのですが、やはり少ないでしょうか?
>あと、流しをする意義って何かあるのでしょうか?流しって感覚で何割程度で走ればいいのでしょうか?

毎日4Kmで十分です。(短距離であれば)
瞬発系の筋肉と持久系の筋肉は使うところが違います。
ここで瞬発系の筋肉を鍛える訳でなく、速筋に刺激を与える意味があります。
感覚は6~7割程度です。


>短距離希望が無難でしょうか?
>ただ、同級生よりダントツで遅いのに、希望することが許されるのでしょうか。
>ダントツで遅いのに「短距離希望です!」なんて言ってみんなに変な目で見られないでしょうか?
>胸張って言えないのです。
>言えれば、自分の中では短距離で決まりなのですが。
>これは私の心情の問題なのです。

短距離は質問者さんの希望であり、長けているかは分かりません。
顧問の先生が質問者さんの走りを見て短距離よりも結果を出せる種目があると
判断されれば、先生と質問者さんとの話し合いとなると思います。

ダントツで遅いので許されるかどうかは、先生の方針次第です。
変な目で見られるかどうかは分かりません。
今は無理でも練習して1年後を目指すのも良いかと思います。
頑張るつもりでいるなら、胸張って言ってください。
言えないならスタート前に負けてます。

>合宿は分からないのですが、中学で陸上部所属だった同級生は
>すでに練習に参加しているようです。
>どんどん、差が開いて置いてかれている気がして、気持ちばかりが焦ります。(悩み)

今更仕方ない事です。
質問者さんは初心者なので、入部と同時に何事も頑張る気持ちで挑んで下さい。
気持ちの焦りは空回りします。
人それぞれの流れがあります。
差が開いて置いてかれても仕方ない事です。
焦りから無茶をし怪我をしたら半年から1年棒に振ります。
入部時の1ヵ月なんて微々たるものです。

>とりあえず、見学してみたいと思います。
>その際、自分に向いてそうだな等に注目しながら見学すればいいのでしょうか?

そう言う事です。
部全体の雰囲気を見て、各種目別の練習風景を見ればいいと思います。
自分が入部してやっていけるか判断してください。

No.2・4・6です。
お礼を拝見させて頂きました。

>質問なのですが、軽いジョギングとは大体の目安などってありますか?
>今のところ、毎日4km程ジョギングしているのですが、やはり少ないでしょうか?
>あと、流しをする意義って何かあるのでしょうか?流しって感覚で何割程度で走ればいいのでしょうか?

毎日4Kmで十分です。(短距離であれば)
瞬発系の筋肉と持久系の筋肉は使うところが違います。
ここで瞬発系の筋肉を鍛える訳でなく、速筋に刺激を与える意味があります。
感覚は6~7割程度です。

...続きを読む

Q自分だけ伸びていない・・・・

今高校1年生です。
陸上は短距離をやっていて中学生からやっています。
1年生は5人いて経験者が僕を含めて3人いて入学当時は僕が1番速くて中学の実績も良かったです。
しかし夏くらいになって他の経験者に100mで負けてしまいました。
そこでとても悔しかったので毎日の練習を本気で取り組むようになりました。
それからは練習では夏に負けた人には全く負けず少し力を抜いてても勝ってるくらいでした。
だからその人にも試合で勝つ自信はあったし、自己ベストを出す自信がありました。
しかし大会本番は1年生全員に負けてしまいました。
その記録はベストよりほど遠かったです。
自分の組だけ向かい風が強かったのもあるんですが負けは負けだと思いました。
このことが今何週間か頭に残っていて今練習する気力がほとんどありません。
何故僕は負けてしまったのでしょうか?
自分が負けたのは努力が足りないからと何回も思い努力を繰り返してきました。
それでもいつまでたっても状況は変わりません。
あと1回大会があるんですけど100mは出ずに中学のときに入賞してた高跳びに出ようと思っています。
次に100mに出ればリベンジするチャンスがあります。
でもここでまた負けてしまうのが本当に怖いです。
この負けの連鎖から抜け出したいです。
勝ってみんなを見返したいです。
これから僕はどうすればいいですか?

今高校1年生です。
陸上は短距離をやっていて中学生からやっています。
1年生は5人いて経験者が僕を含めて3人いて入学当時は僕が1番速くて中学の実績も良かったです。
しかし夏くらいになって他の経験者に100mで負けてしまいました。
そこでとても悔しかったので毎日の練習を本気で取り組むようになりました。
それからは練習では夏に負けた人には全く負けず少し力を抜いてても勝ってるくらいでした。
だからその人にも試合で勝つ自信はあったし、自己ベストを出す自信がありました。
しかし大会本番は1年...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
勝てない原因は、自分に向き合っていないからだと思います。

例えば、塚原さんだとか高平さんだとか、一流のアスリートの場合を想像してみて下さい。
彼らはいつも、自分の走り方だとか、軸や重心の位置だとか体のバランスなど、自分の体をどのように動かせばどのように走れるのかをいつも考えています。

質問者さんは、問いの内容を見ると、タイムがよくなれば練習では「力を抜いて」走り、
同級生に勝っているから「試合でも勝つ自信」がある、と言います。

練習で力を抜いていて、勝つ自信は実に根拠のないものです。せいぜい「調子が戻った」くらいのものだと思います。

夏になって負けてから「悔しくて」練習を始めた。
夏が終わって同級生に負けたので何週間も練習に身が入らない、ということは
実際に真剣に練習に取り組んだのは1か月くらいでしょうか。
それで努力を「繰り返した」と思っている。

同級生は、春の入部のときからずっと同じ努力をしているはずです。
あなたは、上記のように考えると、夏休みの間くらいしか努力していないはずですが(まだ今は10月ですから)

全中チャンピオンだって、高校に入ればランキングに入るには大変です。走り高跳びだって中学のベストを跳べるようになるにはさらに長い練習期間と努力が必要です。
試合で勝てないのは経験不足だからです。練習を「力を抜いて」やっている人間が、本番でそれ以上の力が出せるはずがありません。練習で120%できて、試合で100%の力を出せるのが陸上という種目です。

負けてしまうのが怖いということは、「負ける」と自分でわかっているからです。
ならば、負ける原因にも自分で心あたりがあるのではないでしょうか。

スタートラインに立ったら、過去の実績など関係ありません。
吐くまで走りこんだ、足がちぎれるほど走りこんだ、自分を支えるのは毎日の厳しい練習だけです。中学の頃よりも、今の方が走りこんでいると言えますか?中学の頃よりも走りこんでいないのに、今の方が速く走れるとなぜ言えますか?

陸上の世界で勝ちたいのなら、誰よりも一生懸命練習することです。それでも素質のある人間には勝てないのが陸上です。人一倍練習してようやく素質のある奴と同じスタートラインです。やるだけのことはやりました。俺に勝った相手はもっと努力してました。あいつはすごい奴です。

そう言えるくらいまで練習して下さい。それでも結果がついてくるのは冬の走りこみのあと、来年のインターハイ予選に間に合えばラッキーだと思います。陸上経験者なら、半年走り込みをしたかしないかでどれだけの差がつくのかくらいはわかるはずです。今年の前半を取り返すには、この冬、努力している人の倍、努力しなければならない、ということです。

質問者さんはもう気が付いているはずです。気がつくというのはとても大切なことです。早く気がつけば、それだけ早く取り返すことができます。悔しい気持ちを持てることも大切なことです。それを自分にぶつけて下さい。
どうか頑張って下さい。

こんばんは。
勝てない原因は、自分に向き合っていないからだと思います。

例えば、塚原さんだとか高平さんだとか、一流のアスリートの場合を想像してみて下さい。
彼らはいつも、自分の走り方だとか、軸や重心の位置だとか体のバランスなど、自分の体をどのように動かせばどのように走れるのかをいつも考えています。

質問者さんは、問いの内容を見ると、タイムがよくなれば練習では「力を抜いて」走り、
同級生に勝っているから「試合でも勝つ自信」がある、と言います。

練習で力を抜いていて、勝...続きを読む

Q練習しても短距離が速くなりません! 私は中学1年生から陸上をやっています。 (小学校は運動嫌いの帰

練習しても短距離が速くなりません!

私は中学1年生から陸上をやっています。
(小学校は運動嫌いの帰宅部50m10-11秒)

春に陸上を始めてから秋の記録会ごろで16秒後半→16秒前半-15秒後半になりました。
これはきっと今まで走っていなくて全く筋肉と体力がなかった分伸びたのだと思います。
それでも部活の中ではビリです。

1年の冬に入り冬季トレーニングが始まると、
200mを中心としたリレーや、脚の補強などを行っています。体力はついた実感はありました。

そして、2年の春になって初めての記録会の時100mで16秒後半が出ました。
シーズン初めての記録会だったので200mばかり走っていた分スピードが出ずに他の子も良い記録は出ていなくてその時は安心していました。
ですが、何度も記録会を重ねてもタイムが一向に伸びないどころか落ちています。
(ストライドが大きいのでピッチを速くしろと言われたものの、体力が持たず失速してしまうので足を速く回転させられません。)

そのまま2年の冬に入ったのですがタイムが全く変わりません。今年の冬季トレーニングも去年と内容が同じような物なので効果に差はないはずなのですが…周りのみんなが記録を出していくのを見て不安になります。
今でも走りはビリです。走っているとおしりではなく太ももが疲れます。
肺活量も増えてる気がしません。
(私の学校の練習はハードです朝は5人で200mリレー3本、休日は200m3本2セットなど…2人で回す時もあります。)

しかも、最近気づいたのが夏から体重が3-4kg増えてるということです。食生活は変わっていないのでどうしていいかわかりません。私は体重が増えると足につくタイプで足が重く感じます。
脚やせのサイトを見ても筋トレが多く、筋肉をつけたいのではなく肉を落としたいのにいい情報が見つかりません。ちなみに、浮腫みで太いわけではないと思います。
やはり、小学校帰宅部が良くなかったのでしょうか…あと半年で引退なので最後はベストタイムで終わりたいのでよろしくお願いします!


まとまらないのですが、質問は

1.どうしたらピッチが速くなりますか

2.太ももの肉を落とす方法を教えてください

3.ふくらはぎの筋肉を付ける方法

4.200mで太ももだけが異常に疲れるのはおかしいですか?

5.陸上をやる上でおすすめなグッズや食べ物、トレーニングを教えてください!

6.肺活量を鍛える方法を教えてください

練習しても短距離が速くなりません!

私は中学1年生から陸上をやっています。
(小学校は運動嫌いの帰宅部50m10-11秒)

春に陸上を始めてから秋の記録会ごろで16秒後半→16秒前半-15秒後半になりました。
これはきっと今まで走っていなくて全く筋肉と体力がなかった分伸びたのだと思います。
それでも部活の中ではビリです。

1年の冬に入り冬季トレーニングが始まると、
200mを中心としたリレーや、脚の補強などを行っています。体力はついた実感はありました。

そして、2年の春になって初めての記録会の時100mで...続きを読む

Aベストアンサー

わたしも中2の陸上部で短距離と跳躍をしています。
今は同じ冬季練習で限られた場所と限られた時間の中で毎日練習しています。
私は、市内大会で自己ベストは更新したものの部活の中でも普通の普通です。
ストライドが大きいのでピッチを早くするということなら、早い動きを練習に取り入れてみてはどうでしょうか?
速筋をつければピッチが速くなると思います。
体重が増えたということは、身長が伸びたとか筋肉が増えたとかではないでしょうか?
ふくらはぎの筋肉は、短距離の練習をしていればつくと思います。
200mで太ももが疲れるのは普通ですよ。
体幹を鍛えて体の軸をブラさずに走るといいと思います。
肺活量を鍛えるには走るしかありません。インターバルトレーニングなどはどーしでしょーか?
お互い、あと引退まで半年ですね。冬季練習は必ず結果に繋がると信じています。
春に向けがんばりましょう。

Q50M走、100M走をもっと速くしたいです。練習方法を教えて下さい

僕は50M走、100M走を中心に練習しています。

陸上部へ入ったのが3ヶ月前で、それまでは足がかなり遅かったのですが、
50M走:6秒5
100M走:12秒98
が最高記録です。
また先生に3ヶ月で大分進歩したと言われましたが・・・最近練習不足なのかタイムが伸びようともしません。
これからの目標は・・・
50M走:5秒8~6秒2
100M走:11秒98~12秒20

今日も大会ありましたが、スタート遅れで100Mが13秒12という最悪なタイムになってしまいました。
陸上部入部前の100Mタイムは確か14秒後半から15秒台だったと思います。

何かいい練習メニューがありましたら是非教えて欲しいです。他にはスタート遅れ(ピストルタイミング遅れ)がよくあるので改善方法を教えて頂きたいです。また練習は部活だけではいけないですよね?
最後の大会が7月夏休み前です。

Aベストアンサー

質問者様がまず何歳なのかをおしえてほしいんですが?
とりあえずそういうものを無視したアドバイスを欠いておきます。

ちなみに今私は31歳で足を故障した17歳まで(両膝半月板損傷)陸上をやっていました。

100のタイムは最終で11.3くらい200が22.8ぐらいだったかな?400の選手だったのでいささか忘れました。

陸上一年生と考えて基本的なことですが

1.腿を上げる練習(腿上げ)
基礎ですが重要です
2.腕の振りを大きく力強く
感覚としては脇は締め気味で手のひらが目の前で交互にクロスするような感じ。
腕の振りや上半身の力は重要です、足だけで走るのはばらつきがありからだのバランスやタイミングがずれたり波が大きいです。 有名選手の走りに力強さを感じるのは上半身が下半身を引っ張って動かしているような運動をしているからです。
手の動きと足の動き一連の動作なので腕のフォームは重要です。
3
2を実行するため上半身の筋トレは自宅でするなど心がけてください、ただ成長期ですので無理な運動は骨などに悪いですからあくまで無理のない毎日つづけられる回数で。
4.一番効果的なのは自分の走りを見ることです。
人のフォームは目で確認できますが自分はどのような走りをしているかまったくわかりません。
記録会や練習でビデオカメラなどで撮影し自分で自分の走りを見ることはかなりの進歩につながります。
5.自分より実力がはるかに上の先輩などの練習メニューについていったりまたアドバイスをもらうことです。 弟子のような形になれば一番理想です。
私の中学の時のそういう存在だった人は今も実業団で現役です。

短距離走はスタートが肝心ですね、ただ現役時代スタートが苦手でした、だから変にスタートを意識せず集中して音を確認してからなるべく瞬時にスタートができるようこころがけていました、あまりよくばりますと失敗も多いしタイムもばらつくので。

コツはよ~い!で一番安定してかつスタートしやすいスターティングブロックの調整をお勧めします、ふらつかないようにいっぱいいっぱいの姿勢ではちょっと。

能力や適正に個人差がありますし長所や短所も違いますのであまり技術的なことやふみこんだことはかけませんが効率的に一人で出来る基礎トレーニングの積み重ねが一番の練習だと思います。

11秒台への突入はそこが一番の壁ですから、あせらずくじけずじっくり経験をつんでいくように心がけてください。

最後になりましたが絶対に体を完全に休める日を週に一日は絶対とってください、オーバーワークはなんの意味もないし逆効果なので。
柔軟体操やアップラン、ダウンランは丁寧にもこころがけてください。

最後の大会迫ってますがあせってどうなるものでもないので2ヶ月とちょっと集中してくいのないような練習をしてがんばってください。

補足などで追記していただけたら何度でも私なりなアドバイスは出来る範囲でいたしますので遠慮せずにいってくださいね、もちろん回答の意味がわかりにくい場合も遠慮なく補足してくださいね!

質問者様がまず何歳なのかをおしえてほしいんですが?
とりあえずそういうものを無視したアドバイスを欠いておきます。

ちなみに今私は31歳で足を故障した17歳まで(両膝半月板損傷)陸上をやっていました。

100のタイムは最終で11.3くらい200が22.8ぐらいだったかな?400の選手だったのでいささか忘れました。

陸上一年生と考えて基本的なことですが

1.腿を上げる練習(腿上げ)
基礎ですが重要です
2.腕の振りを大きく力強く
感覚としては脇は締め気味で手のひらが目の前で交互にクロスするよう...続きを読む

Q一度遅くなった足を元の速さに戻すには・・・

自慢ではないのですが、1年前まで結構足が速いほうでした。
それが部活を途中でやめてしまい周りは運動しているので当然、
運動していない私は徐々に遅くなっていると思います。
そこで質問なのですが、一度遅くなってしまった足の速さを
戻すことは可能でしょうか?
また、それにはどんなことをすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

一度遅くなってしまった足の速さを戻すことは、ほぼ可能です。それどころか、大学生くらいまでであれば、より早くなるのも可能です。筋肉のバランスがよくなるからです。体験上、50歳くらいでも、かなり戻すことが出来ると思います。しかし、昔のイメージを思い出して急に走る練習をすると、怪我をすることすらあります。特に昔早かった人、時間が経過した人に多い傾向です。
そのため、小学校では子供の運動会で出る父親が転倒したり肉離れしたりする例も見かけ苦笑します。肉離れで太ももの裏側を切ると、非常に痛いですし、1ヶ月くらい歩くのも苦労します。注意してください。
人間は走るとき、頭(実際には小脳・脊髄)と筋肉を使っています。しかし、走らなくなると、走るときに使っていた筋肉が大幅に退化します。人間の体は、常に効率的に動くように変化しています。走らなくなったら、筋肉の場合は、普段使用している力の90%の力が出せるまでに退化します。
しかし、走るための頭脳(センス)は退化しません、しばらくすると完全復活し、時間経過とともに、より研ぎ澄まされていきます。このギャップが怪我を招くのです。
頭の回復が早いことに注意してください。足を早くするには、昔の自分を考えて走らずに、我慢して少しずつ筋肉を戻すことです。すこしずつ全力を出していき、自分の体の筋肉が感覚的に、昔の筋肉に戻ったと感じるようになったら、そのとき以前並みに走れるはずです。あせる必要はありません。

一度遅くなってしまった足の速さを戻すことは、ほぼ可能です。それどころか、大学生くらいまでであれば、より早くなるのも可能です。筋肉のバランスがよくなるからです。体験上、50歳くらいでも、かなり戻すことが出来ると思います。しかし、昔のイメージを思い出して急に走る練習をすると、怪我をすることすらあります。特に昔早かった人、時間が経過した人に多い傾向です。
そのため、小学校では子供の運動会で出る父親が転倒したり肉離れしたりする例も見かけ苦笑します。肉離れで太ももの裏側を切ると、非常...続きを読む

Q長距離を走ると短距離は遅くなる?

中学生女子です。小学校のときからスポーツクラブで陸上をやっていました。中学でも部活で短距離をやっています。今部活は陸上専門の先生がいません。新入生の親が元陸上選手だそうで
「長距離を走ると短距離が遅くなる」と顧問に言ったので今年度から冬場の走りこみがなくなりました。
今までの顧問の先生やスポーツクラブでは「冬場の走りこみが次のシーズンのタイムを決める」といわれていて、今まで一生懸命やってきました。先日も試合で元顧問に
この冬がんばって走りこめば来年はずっと速くなるからがんばれ  といわれたばかりですが、いままでやってきたことは無駄だったのでしょうか?二人とも陸上を専門的にやってきた人なのでどちらを信じたらいいのかわかりません。本当に長距離を走ると短距離が遅くなってしまうのでしょうか?絶対速くなりたいので、走りこみが必要なら部活の後走りこみたいと思っています。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

中学で陸上を指導しています。大学時代400hでインカレ5位になったことがあります。

結論から言うと走りこみは必要(重要)です。
確かにゆっくりばかり走っていると速筋が衰えますし、神経反射といって、効率的に短時間に筋出力を発揮する生体回路が機能しにくくなります。

ではどうするか?ですが、
短距離選手でも冬場は週2~3回は走りこみ(中学生女子なら4キロから5キロ)を行います。

しかし長い距離を走った後は必ず「流し」や「快調走」などで、スピード刺激と、小さくなった動きの改善および神経回路の劣化防止に努めなければなりません。これは長距離走の選手でも優秀な指導者がいる学校は必ず行います。陸上競技の練習では、長い距離を走って「はい終わり」はないと思ってください。

長距離選手と違うのは、ジョグの日数が少ないここと、その変わりにダッシュやスキッピングやスタート練習などが入ることです。

上記を守れば短距離走が遅くなることはありません。
ではなぜ短距離選手に走り込みが必要か?ですが、短距離選手でも有酸素持久力を身に付けていないと、シーズンインしてから本格的な短距離練習をはじめると直ぐにばててしまい、追い込めないのは当然です。それから、これは非常に重要ですが、無酸素持久力(レース後半のスピード維持)とは有酸素持久力という土台の上に成立するものです。

有酸素持久力という土台が小さい選手は、その上には大きな有酸素持久力という武器を載せることはできません。

がんばってください!

中学で陸上を指導しています。大学時代400hでインカレ5位になったことがあります。

結論から言うと走りこみは必要(重要)です。
確かにゆっくりばかり走っていると速筋が衰えますし、神経反射といって、効率的に短時間に筋出力を発揮する生体回路が機能しにくくなります。

ではどうするか?ですが、
短距離選手でも冬場は週2~3回は走りこみ(中学生女子なら4キロから5キロ)を行います。

しかし長い距離を走った後は必ず「流し」や「快調走」などで、スピード刺激と、小さくなった動きの改善および...続きを読む

Q陸上リレー走者の順番の決め方

陸上競技400mリレーの走者4人の順番の決め方について
教えてください。

1.バトンの受け渡し技術に差のない場合
タイムの早いものから どのように配置したらよい という
常識?通説?はあるのでしょうか。
知り合いは(タイムの早い順に1234とした場合)
3142の順だと教えてくれました。
正しいですか。 また、その根拠は。

2.バトン技術に差がある場合
やはり「渡すのが下手な者を最後に」とか
「受け取るのが苦手なので最初に」とか はありですか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

100m x 4リレーでは、走る順番によって、次のような条件の差があります。

第一走者:唯一スタートがある。
⇔第二・三・四走者は、バトンを受け取る前に助走が取れる。
トップスピードに乗るまでに時間がかかるランナー(後半追い込み型)は、第一走者以外にする。

第二・四走者:ほぼ直線を走る。
第三走者:コーナー(カーブ)を走る。
カーブでスピードに乗れる選手を第三走者にする。

上記のような選手の得意・不得意を考慮に入れて走る順番を決めるのがよろしいかと思います。

バトン渡しは、走る順番を固定して、受け渡しをする二人の間で何回も練習して下さい。
どのタイミングで次走者がスタートするのか、どこでバトンを渡すのか等、二人の間の決め事に依存する部分が大きいです。

Q中学校生活最後にかけてます!!!(陸上の短距離です)長文ですが・・・お願いします!!!

私は中学1年から陸上部に入っている、中3女子です。 私の種目は短距離で100m・200mで大会に出ます。
 今まで(1、2年生の時)は私の学校では冬は長距離の練習をするのですが、それが終わると、私の100mのタイムはグンと上がっていました。
 しかし今年はなぜか、冬の練習が終わっても100mのタイムは上がるどころか逆に落ちていました。これは精神的にかなりショックでした。今まで(タイムが)勝っていた友達にも最近はずっと負けています。
 
今年で中学校生活最後の一年なのに、今のままじゃ絶対に後悔すると思うんです!! 一年生の頃から一応速い方だったし、2年の時も好調だったのに、3年の一番重要な時期に・・・これからは普通の地域の大会もあれば、とても重要な大会もたくさんあります。

私は今、本当にタイムを上げたいんです!!!今までの最高タイムは13秒41でしたが・・・今年は12秒台で走りたいんです!!

私は体が固い方なのですが、どなたか、家の近所や練習の合間にできる自主トレを教えてください!!!何でもいいです!!速くなりたいと強く願ってます!!
よろしくお願いします。

私は中学1年から陸上部に入っている、中3女子です。 私の種目は短距離で100m・200mで大会に出ます。
 今まで(1、2年生の時)は私の学校では冬は長距離の練習をするのですが、それが終わると、私の100mのタイムはグンと上がっていました。
 しかし今年はなぜか、冬の練習が終わっても100mのタイムは上がるどころか逆に落ちていました。これは精神的にかなりショックでした。今まで(タイムが)勝っていた友達にも最近はずっと負けています。
 
今年で中学校生活最後の一年なのに、今...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。
中・高と短距離をやっていたものです。参考になりますかどうか。
色々とメニューをこなされていると思いますが、短距離は、瞬発力ですので、ウエイトトレーニングをやって記録が伸びたことがあります。一見、関係ないようでも、腹筋、背筋、腕力(重要)等を鍛えられては如何ですか。ダンベル、腹筋、シットアップ、全て自宅でできます。とりわけ、腕の筋肉がつけば、腕の振りで推進力がつきますので、しっかり鍛えられれば如何でしょう。以上、ご参考まで。

Q短距離のフォームを直したい

私は陸上部の中2なんですけど
中1のころからずっとフォーム
について注意されてます

直そうとしてるんですが
なかなか直りません。

もう注意されたくないんです

なのでフォームの改善する練習
などあれば教えて下さい。


ちなみによく言われるのは
・腰が下がってる
・うでふりが横になってる
です

あと、身長が160あって
その身長を生かせとか
言われたんですが
よくわかりません

教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。中学生を指導しています。

(1)腰が下がってる
(2)うでふりが横になってる
(3)身長を生かせとか

他の指導者の悪口を言いたくはありませんが、最低の指導者です。
どのようにすれば上記のことが出来るようになるか教えるのが指導者の仕事です。言うだけなら誰にでも出来ます。はっきり言って指導者の資格はありません。
しかし、この事はあなたの心の中だけに止め、決して他人に言ってはいけません。もちろん親兄弟にもです。詳しい理由は長くなるので述べませんが、あなたに取って100害あって1利なしだからです。
いいですか、あなたのために決してなりませんから心してください。

本題に移ります。尊敬する先輩に教わった方法を述べます。

基本姿勢を作る方法なのですが、両手のひらを両腰に当てます。指先が下を向くように置くのですが、置く位置は指先がお尻の上部に掛かるくらいの場所です。
どうですか、自然と胸が張れて腰が軽く反った姿勢になるでしょう?
これが走るための基本姿勢です。
大事なことですが、胸が張れて腰が軽く反った姿勢になるのは「勝手に」なるのであって、意識的に胸を張ったり、腰を反らせてはいけません。

この状態で歩いてみます。きっと美しい姿勢で歩けているはずです。
次に膝をほとんど折らないようにして歩きます。脚を前方に振り出す時に「ポーン、ポーン」とイメージし、決して無理やりに歩こうとはしないことです。

200m~400mくらいこれで歩いてください。そしてジョッグに移行します。もちろんジョッグは膝を曲げない意識は捨てて普通に走ります。これで200mくらい走ったら、少しだけスピードを上げ400mくらい走ったら、腰に当てた手を離し自然に腕を振ってください。どうでしょう?腕を振れることのありがたみを感じるはずです。ただし、このときに真っ直ぐ腕を振ろうとしてはいけません。自然に振ってください。福島千里選手は腕を真っ直ぐ振っていますか?違うでしょう?いわゆる「女の子走り」みたいで、教科書的ではありません。腕振りには個性がありますので、私は真っ直ぐ振れとは指導しませんし、また福島選手のように振れとも言いません。ただ、私の知っている優秀な高校の先生は、真っ直ぐ振ることを推奨されますし、そのような動作が出来るように指導もされます。指導を受けた生徒はきれいいに真っ直ぐ振れるようになりますが、数ヶ月から1年はかかります。ですから、ここで文章で表現することはできません。先生に真っ直ぐ振れと言われたら、こういってください。

「整体の先生に、キミは真っ直ぐ振りにくい骨格だと言われました」と言ってください。うそも方便です。高校でよい指導者にめぐり合ってから変えればいいのです。決していま口答えしてはいけません。くどいですが、あなたにはマイナスになります。

姿勢が良くなれば効果的に腕も触れますし、ダイナミックな動きも出てきます。
おそらくいまは、猫背気味で走っているため、ランニング中は長身に見えないのでしょう。
姿勢とはとても大事なものです。
普段の歩行から気をつけてください。

流しやバウンディングなども腰高フォームを作るのにも有効ですし、縄跳びも優れた方法です。
恐らく今は地面からの跳ね返りをもらえない状態で走っているんだと思います。膝や太ももで衝撃を吸収しすぎているのでしょう。この事を「少しだけ」意識して流しやバウンディングをしてください。

こんばんは。中学生を指導しています。

(1)腰が下がってる
(2)うでふりが横になってる
(3)身長を生かせとか

他の指導者の悪口を言いたくはありませんが、最低の指導者です。
どのようにすれば上記のことが出来るようになるか教えるのが指導者の仕事です。言うだけなら誰にでも出来ます。はっきり言って指導者の資格はありません。
しかし、この事はあなたの心の中だけに止め、決して他人に言ってはいけません。もちろん親兄弟にもです。詳しい理由は長くなるので述べませんが、あなたに取って100害...続きを読む

Q陸上競技(短距離・長距離)の練習メニュー

今年度から全くド素人なのですが,陸上部の顧問になりました。練習場所も十分無く,近くの空き地か,浜辺くらいです。あとは運動場の隅っこ…
このような環境の中,どのように練習メニューを組み立てたらよいのか真剣に悩んでいます。書籍類も「コレ」というのが見当たらないし,詳しい体育教師もいません。ネットで検索しても文字だけの説明では実際にどんな動きになっているのか分から無いものが多いです。
選手は,100(女子),200(男子),800(女子),1500(男子)と幅跳び(男子)です。共通の練習メニュー,種目別の練習メニューについてアドバイスいただけないでしょうか?できればド素人の私でも理解できる用語で説明していただけると大変助かります。

Aベストアンサー

運動部の顧問ということで何かと大変かと思います。私は現在高校で陸上部の顧問をする傍ら、現役選手としても活動しております。参考になれば幸いです。

ポイントは、スポーツクラブではなく部活動を指導するということを念頭に入れて活動されると教育的効果が高い部活動となると思います。

部活動の方針としては、まず部員全員に顧問の指導方針を説明し理解してもらわなければなりません。特に守らせたいことは、「部活を休まない」「勉強もしっかりする」「基本的生活習慣(挨拶片づけなど)ができるようにする」といったことをキチンと守らせるといいと思います。
その上で、部活動指導をされると生徒一人ひとりが自立できる部活動づくりになると思います。また、顧問の先生も指導がやりやすくなると思います。

まず、部活動を行う際に、活動時間と活動場所、使用できる用具を確認しなければなりません。

活動時間は管理職と事前に協議しておかないと保護者等とのトラブルが起きます。最低でも2時間確保しましょう。
次に活動場所ですが、体育館や校庭、近くの空き地など、どこがいつ使えるかを確認しておくと練習メニューを考える際に役立ちます。短距離・跳躍・長距離選手がいるということなので、短距離ならば直線で60m程度とれる場所、学校の外周を確保できるかどうか、砂場の使用が常時可能かどうかなどを体育主任や他の運動部活動顧問と協議されるといいと思います。
用具では、絶対に必要な道具として、ストップウォッチ2個とメジャーがないと練習に支障が出ます。100円ショップでもストップウォッチが売っていますので、いい物でなくても確保しておくといいです。もし予算があれば、スターティングブロック2台、メディシンボール2個、ピストル、ハードル5台などがあると練習にバリエーションが出ます。徐々に道具はそろえていけばいいと思います。また体育科と話し合えば貸してもらえるかもしれません。

練習メニューですが、週6日練習(月~金2時間練習、土3時間練習)として例をあげてみます。活動できる場所は、校庭60m、外周1km、砂場、鉄棒、浜辺が活動できるとして例を作成します。

練習のポイントは、「基礎体力を高める練習」「専門的体力を高める練習」「専門的技術を高める練習」を基本に考えるといいと思います。また、適時タイム等の記録を取り、選手にフィードバックさせることも必要です。

月「基礎体力」共通メニュー
火「専門体力」種目別メニュー
水「基礎体力」共通メニュー *浜辺
木「専門技術」種目別メニュー
金「基礎体力」共通メニュー *浜辺
土「専門体力」+「専門技術」種目別メニュー
日 休み

基礎体力では、運動に基本となる走・跳躍・投の運動を行うといいでしょう。アップを長めにして、ロングジョッグ20分(外周5周以上)+体操・ストレッチ+流し60m×10+スパイク流し60m×6を必ず行うようにします。そうすると、基本的な筋持久力+全身持久力が練習を積み重ねていくにつれて向上してきます。ロングジョッグでは全員で走るようにしたり、リレーをふまえてバトンパスをさせながらと応用もできます。

アップ後は、筋持久力を高めるサーキットトレーニングや砂場を利用したバウンディングや段跳び、シャトルランやタイヤ引きなどをバリエーションを考えて行うといいでしょう。

浜辺が使えるということなので、とにかく浜辺で走らせることを勧めます。ダッシュや100m、200m、300mなどをセットを入れて行うとかなり効果的です。末続選手を輩出した東海大学は年間通して浜辺で練習を行っています。砂では地面を蹴る動作を意識しすぎると砂に埋まってしまいます。どうすれば速く走ることができるかをつかませるにはもってこいの練習環境ですから、毎日行ってもいいのではないでしょうか。

種目別の練習メニューですが、専門体力向上には、走種目はできるだけ浜辺を活動してみるといいかと思います。コーンを立ててシャトルランをしたり、助走をつけた加速走やスタートダッシュなどを行いながら走る動作を作っていきます。長距離選手も浜辺でペース走やビルドアップ走などを3000m程度行うと効果が出てきます。
浜辺での練習の成果を、学校や競技場でタイム測定をしながら練習効果と今後の計画修正をされるといいと思います。

跳躍選手の専門体力練習は、走練習+地面反力(地面の衝撃によって反発を生み出す)を生かした練習が必要になります。ジャンプ動作をハードル・段跳び・バスケのランニングジャンプなどをしながら練習を行うことが必要です。
接地時間を短くジャンプする練習を常に意識して行うことが大切です。

専門技術練習は、基本的には試合と同様な内容(タイム走、跳躍試技)を行います。試合で記録が出なければ練習の効果は否定されてしまいます。試合の流れを作る練習をしてください。スターティングブロックの使い方、スタートダッシュ、コーナー走や直線走、加速走などを集中して質の高い練習を行います。長距離は、実践を考えてトライアルをされてもいいと思います。1500mの選手であれば、800mと2000mとかを行うとある程度記録の読みができてきます。
跳躍選手は、流れを作ることが大切です。助走→踏み切り→空中動作→着地という流れを作れないと試合ではファウルをします。流れの中で最も意識すべきところを見つけておけば、試合の技術ポイントとなります。

あとは選手とよく話をしながら、選手本人の感覚を大切にすることが必要です。また、中体連・高体連主催の練習会で専門家からの指導を仰ぐのもコーチングのポイントです。
大会ではできるだけ選手の近くで競技の様子を見るだけでも練習時と試合時の差やポイントが見えてきます。陸上経験者でなくてもすばらしい指導者はたくさんいます。逆に素人だからこそ専門家にわからない視点で見ることができることもたくさんあります。何かの縁だと思って、がんばってください。

運動部の顧問ということで何かと大変かと思います。私は現在高校で陸上部の顧問をする傍ら、現役選手としても活動しております。参考になれば幸いです。

ポイントは、スポーツクラブではなく部活動を指導するということを念頭に入れて活動されると教育的効果が高い部活動となると思います。

部活動の方針としては、まず部員全員に顧問の指導方針を説明し理解してもらわなければなりません。特に守らせたいことは、「部活を休まない」「勉強もしっかりする」「基本的生活習慣(挨拶片づけなど)ができるよう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング