シガーライターにぶっ挿すタイプのシフトタイミングランプは
どう言う原理で動いているのでしょうか?
なんで無配線で回転数が分かるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

自動車用の発電機にはオルタネーターと言う3相交流発電機が使用されています。

もちろん自動車の電源は直流ですから内蔵されたレクティファイアー(整流器)により整流し直流出力を得ていますが、整流しても微弱ではありますがリップル(交流を整流した時に出る電圧の変化)を含んでいます。これは、オルタネーターの回転数に同期しているので、クランクプーリーとオルタネータープーリーの比率を考慮することでエンジン回転数を割り出すことが出来ます。この原理を利用した機器は他にも結構あり、一部の外車ではタコメーターに利用したり、後付けのアクセサリーでもエンジンが稼動中かどうかの検出に利用しているものがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・シガーライターのソケットは単なる電源でなく、それ自体に
信号を含んでいたんですね。謎が解けました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/09 21:14

ありゃりゃん


そういう説明をメーカーから貰った僕って?はめられたん?(^^)
パルスのお話は知っておりますが
そのような(僕の説明を貰った機械)ものは
そんなもんだと思っておりました
適切なは御指摘感謝致します
全部では無いと?やっぱりはめられた??
まさか昔はそうで今はって事じゃないですよね??
・・・俺が質問してどうする?
う~ん・・・
    • good
    • 0

shonanboyさんへ、単純に電圧での検出は出来ません。

それではライトやエアコンなどの電気負荷の状態でシフトタイミングが大きく狂ってしまいますし、無負荷時ではせいぜいエンジン回転で2000rpmも回せば、規定の電圧(13.8V~14.5V)に達してしまいます。車種によってはアイドリング時でも十分に発電量が足りていて回転の変化と電圧の変化が一致しないものも多いのです。特に最近の車種では大容量のオルタネーターを装備したものが多く電気的な負荷が小さいときにはアイドリング時であっても14V以上を示すものがかなりあり、この場合エンジン回転をあげてもボルテージレギュレーターの働きにより電圧の変化はありません。また、多数とはいえませんが電気的な負荷が小さいとき、オルタネーターの発生電圧を低めに制限する機能(オルタネーター駆動のためのエンジンに対する負荷の軽減のため)を備えた車種もあります。これらの車種では電圧を検出してもまったく無意味です。エンジン回転に対してリニアな信号で電源(シガーライタプラグ)から検出できる信号としてはオルタネーターのリップル以外にスパークノイズ(イグニッションノイズ)も確かにありますが、現在、ほとんどの車種がポイントレス(半導体スイッチによる方式)であり、ディストリビューターレス(ダイレクトイグニッション)も珍しくないので、電源ラインにスパークノイズが乗ることは珍しい事例となっています。また、エンジン制御の電子化もあり、スパークノイズのようなピークの高いパルスノイズは現在の車では鬼門であり、その抑制には十分な対策が講じられています。
    • good
    • 0

単純に電圧の高さでの計測ですよ


回転数に対しての電圧の変化を読みとっている
だけだと思いますけど
回転数の上昇=有る程度の電圧の上昇ですから
基本的にアイドリング状態で12Vちょっと
車によって違いますがレッドゾーン手前まで回すと
約13Vちょっとになります
その変化でランプの点灯をしているのではないですか?
僕もそのシフトタイミングランプって見た事無いですけど
レーダー探知機などの車両停止時や低速走行時の
音量のミュートはその原理を使っていますよ
    • good
    • 0

シフトタイミングランプなるものを知りませんが、元電気屋の当て推量で。


車の直流系統には大きく分けて3つの電圧が重なっています。
バッテリーの(発電器も含む)直流分と発電器の脈動とノイズです。ノイズの中で一番大きいのが点火プラグのスパークノイズです。
バイクが近くを通るとテレビの画像に点々模様が入るのがそれですね。
シガーライターから点火プラグのスパークノイズをうまく取り出して数え、気筒数×2で割ればエンジンの回転数がでると思うのですが。外していたらごめんなさい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイヤフラムポンプとファンの流量の違い

一般的に売られている
ダイヤフラムのエアポンプの流量は
1から大きくても100L/min程度ですが、
ファンはどんなに小さくても0.1m3/min=100L/min以上です。
この差はどうしてでしょうか。

換気を目的としているのならばファンの方が良い?
流量が稼げないダイヤフラムポンプの利点って何なのでしょうか。

Aベストアンサー

ダイヤフラムは、ピストンの代わりにゴム等の膜を利用し、その膜と弁によって、空気・液体等を送り出すものです。
ダイヤフラムタイプの利点は、その動作原理から、確実に、一定量の空気を送り込める所にあります。
これに比してファンの場合は、量は多いですが、動作始め、終わり等どうしても確実性に欠けますし、少しだけ、ということも不可能です。
確実性を求めるため、ダイヤフラムを使うということです。

Qアイラインつけスモールランプの配線から電源とりますが、配線部?がどこかにあたりヒューズが切れるのです

アイラインつけスモールランプの配線から電源とりますが、配線部?がどこかにあたりヒューズが切れるのですが、アイラインの配線部分が金属の所にあたるとダメなのでしょうか?。対策としてはなにかありますか? 車用のテープでプラスチック?のとこなどに配線を固定しフラフラしないようにするとかはどうですか

ちなみに、なんでショートするのですか?。なんのでもそうですが、中の導線?部分は直に外に出ていなく黒色などのチューブに覆われていますが、なぜチューブに覆われててもショートするのですか?

Aベストアンサー

>アイラインを根元から外し配線部を外に出して(つまり何もつけてない通常と同じ) ヒューズ交換してやってもスモールランプつけた瞬間にパチッと切れます、、、。
>ちなみに、フィットハイブリッドGP1でスモールランプは80WのLEDに変えてあります

スモールランプの線って細いので、精々、20〜30Wが限界だと思います。
スモールランプだと最終(スモールランプから出ている線)では3〜5Aぐらいの線だと思います。
元の辺り(ヒューズの近く)で10〜20Aの線じゃないかと思います。
80Wだとヘッドライト並の電力量ですから、アイラインから10Aぐらいの線じゃないと線が焼けて被覆が燃えます。

多分「スモールランプ〜太い線に繋がるまで」のどこかで焼けてショートしてる可能性が有ると思います。

ソレに元々アイラインから出てる線よりも細い線には上記が理由で繋げられません。
アイラインの線よりも細い線に繋いで居ませんでしか?
それ(つまり何もつけてない通常と同じ)で切れる訳ですから、どこかで焼けてる可能性が高いですから、ディーラーで修理しないと成りません。

単純に80Wで80w/12v=6.6Aが常時流れる訳ですから、10Aぐらいの余裕の有る線で無いと成りません。

>アイラインを根元から外し配線部を外に出して(つまり何もつけてない通常と同じ) ヒューズ交換してやってもスモールランプつけた瞬間にパチッと切れます、、、。
>ちなみに、フィットハイブリッドGP1でスモールランプは80WのLEDに変えてあります

スモールランプの線って細いので、精々、20〜30Wが限界だと思います。
スモールランプだと最終(スモールランプから出ている線)では3〜5Aぐらいの線だと思います。
元の辺り(ヒューズの近く)で10〜20Aの線じゃないかと思います。
80Wだとヘッド...続きを読む

Qスピーカーダイヤフラムの凹み 音へ影響

スピーカーのダイヤフラムが凹んでいるスピーカーは音にどのような影響があるのでしょうか?
ツイーターとウーハーで影響は違ってきますでしょうか?
また、通常使用の範囲で凹むことはあるのでしょうか?
つまりダイヤフラム部分が凹んでいるものは内部も駄目になっている可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

「英語 diaphragm圧力の作用に応じ、変位を生じる膜のこと」
医学用語としては横隔膜だったり、ダイビングの場合は圧力に応じて調整する薄膜弁を言う場合も在ります。

スピーカー関連では、オオザッパに「振動板」を意味する事が多く、特にドーム型やホーン型の振動板を指し示す事が多いでしょう。

コーン型ユニットのセンターキャップも、特別な意味を持たせて中高域放射を狙った場合は、ダイヤフラムと呼称する事も在ります。
小型の中高域用、ドーム型やホーン型の場合はその物ズバリ、振動板を意味する事が多いですね。

御質問文から察しますと、2ウエイ、ウーファー側はセンターキャップのようですし、高域側は振動板自体の事と解釈が出来ます。

ウーファー側の場合、音響的な目的が在る事もありえますが、多くの場合は見た目優先の「ダストキャップ」と言う事が多い。何も無いと磁気回路の隙間にホコリが入ったりするので、それを防ぐのが主な役割。こういう場合は、コーン紙の変形をともなう程の変形でもない限りは、音響的には問題無しと考えて良いでしょう。

高域側のセンターキャップ、あるいはドーム型の場合、高域の放射特性に影響が出て来ます。
主に指向特性として、影響が大きいのですが、実用面では室内反射音も一緒に聞いているため、わずかな指向特性の変化は在っても、総出力エネルギーに大きな変化は無く、音としてもほとんど気にならない事が少なく在りません。
ただし、これは「わずかな凹み」の場合です。

ヴォイスコイルを接合する外周部まで、あるいはドーム内の空間が大きく変わってしまう、と言う様な凹みは、音にも大きく影響が出てくる事が在ります。
もっとも、このような場合は、「凹んだ」と言わず「潰れた」と言うのが一般的でしょう。
潰れた場合は、ダイヤフラム交換、あるいはサスペンション系や駆動系まで交換が必用な場合も在るので、よほどの理由が無ければ、通常修理せずに廃棄します。

凹む理由は、物理的に押された事が90%くらいでしょう。
一部の素材の中には、経年劣化で変形したり破損し易く成る場合も在ります。
ごくごく稀ですが、瞬間的な過大入力のショックなどでの変形、という可能性も否定は出来ません。

振動板の変形は可能な限り避けたい所です。
影響が出て来易いのは、ヴォイスコイルの取り付け部や、外周等のサスペンション系まで変形や応力が及んでいないかどうか、この部分のダメージが無さそうなら、一応は使えると考えて良いと思われます。
(本当は、実物の音を確認し、ビビリや異音が無いか、角度に依って極端な音の変化が無いか、大音量時、微小音量時などでも正常か?という聴感チェックをしておきたい所です。)

はじめまして♪

「英語 diaphragm圧力の作用に応じ、変位を生じる膜のこと」
医学用語としては横隔膜だったり、ダイビングの場合は圧力に応じて調整する薄膜弁を言う場合も在ります。

スピーカー関連では、オオザッパに「振動板」を意味する事が多く、特にドーム型やホーン型の振動板を指し示す事が多いでしょう。

コーン型ユニットのセンターキャップも、特別な意味を持たせて中高域放射を狙った場合は、ダイヤフラムと呼称する事も在ります。
小型の中高域用、ドーム型やホーン型の場合はその物ズバリ、振動板...続きを読む

Qシガーライターの種類

シガーライターから電源を取るナビを購入しようと思っているのですがシガーライターについて教えてください 以前シガーライターを使って装飾品を付けようと思ったのですがしっくりはまらず通電しませんでした 当方の車は90年式Audi 2,3Eアバントなんですがシガーライターには種類があるのですか?そうであれば外車のシガーライターを普通に使うように変換器みたいなものがあるのですか? みなさん宜しくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

私もドイツ車はシガーライターが日本車よりも太くて浅い気がします。
3メーカー乗りましたが日本の規格?のプラグを挿すといつもゆるくて
振動で通電しなくなったりします。

自動車用品店では変換アダプターみたいな物は売っていないですが
微妙な差なので横の出っ張りをちょっと引っ張り出すとか、少しハンダ
を載せて盛り上げれば大丈夫な場合もありますし、駄目ならダッシュ
ボード裏から分岐を掛けるのが楽です。

ディーラーやヨーロッパ方面に旅行して、本国でのプラグから電気を取
るアクセサリーが手に入れば、そのプラグだけを切り取って繋げると言う
方法も考えられますが...

やはり一番良いのは、電源ラインに噛ませてシガーライターソケットを増
設する物が用品店に販売されていますのでそれを購入して自分で分岐
するか、分からなければお店で取り付けてもらえばそのままで、カーナビ
他の物を挿せると思います。

Qダイヤフラムポンプについて

ダイヤフラムポンプについて質問させて頂きます。
手首式の血圧計等で使用されている小型のダイヤフラムポンプでビニール袋に空気を注入させた場合、袋内の圧力が徐々に高まり、ある圧力に達するとこれ以上注入できるなくなると思いますが、この状態でポンプを動作させ続けても、ポンプに問題はないのでしょうか(過電流が流れる等)?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「補足」は通知しない設定にしている人が多いと思います。(私もそうです)。ご承知ください。

モーターは停止しません。空気が出口を失い、圧力が高まった中で無駄にダイヤフラムを動かしているだけです。
そしてダイヤフラムが吸い込み位置に戻っても負圧が生じないので吸い込まないのです。
http://www.mohno-pump.co.jp/learning/manabiya/a_class/a1b.html

圧力スイッチを空気流路にかませばスイッチでモーターを止められるようになりますが。
http://www.airbrushtool.com/iwata/is-850.html
モーターやダイヤフラムの負荷をなるべく減らすためには前記のレギュレーターでも有効だと思います。

ダイヤフラムがパンクしないか。→私のは今の所していませんが。まあまめにスイッチを切ってはいます。

Qシガーライターソケットがない

ザッツを新古車で購入したのですが、シガーライターソケットがついていませんでした(泣)
ザッツに取り付けるにはどのような方法がありますでしょうか?
また、購入した店舗で頼むとすれば、価格はいくら位でしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
えっと、シガーソケットが欲しいんですよね?
でしたらNo.3,4氏の仰るとおりメクラ蓋のところにソケットがついていると思います。
シガーライターは、文字通りタバコに火をつけるためのものです。シガーソケットで充電し、熱線で火をつけるものです。これは単純にソケットに挿すだけで、取り付けとか仰々しいものではないです。
何か勘違いされてませんかね?

Qダイヤフラムポンプとアキュームレータ

今,ダイヤフラムポンプを使用しているのですが,脈動がでて困っています.アキュームレータを使用すればいいとのことですが,どれくらいの大きさのアキュームレータを使用すればよいのでしょうか?またそのつくりはどのようなのがよいのでしょうか?
 現在私が使用しています,ダイヤフラムポンプは最大流量25L/min,それをバルブで1L/minまで抑えています.
ご存知の方,お願い致します.

Aベストアンサー

送っているのは(水、油)?また圧力はどのくらいなのでしょうか?
必要な流量は1L/minとしてこの圧力はどれくらいでしょうか。
アキュームレータは電気部品のコンデンサーに相当します。
前に油圧のアキュームレータを使った機械を取り扱ったことがあります。
アキュームレータの中にはガスが入っていてこのガスが急激な圧力を吸収してくれます。(ダイヤフラムがありガスと圧力媒体が分かれている。)
アキュームレータの仕様は使用する圧力(二次側)と容量、それに脈動(圧力変化)をどこまでに抑えるかによります。脈動につては一次側の最高圧力と最低圧力と時間的な変化等が必要になると思います。
もしこういうのでよければ参考に・・・。
ダイヤフラムポンプの吐出側から出たものを一時タンクに入れます。このタンクから管径をを2段ぐらいに絞り現在の管径にします。これでもかなりの脈動が減ると思います・・。

選定はかなり難しいのでメーカーに問い合わせた方が無難です。

Qシガーライターソケット 極性

車にシガーライターソケットを取り付けようと思っています。
ケーブル付き(バッテリーから直接引くタイプ)のものではなく、既存のシガーライターソケットに挿して増設するタイプのもので、その線を切って既存のシガーライターソケットからではなくバッテリーから直接電気を取りたいと考えています。
一般的にはマイナス側は白の線が引かれていると思いますが、それは増設タイプの場合でもそうなのでしょうか?
もし目印がない場合は、どちらがマイナスでどちらがプラスと見分ける方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

増設タイプでも基本的には同じと思いますが、確認なら、ソケット中心部の端子がプラスで外側がマイナスなので、コードの接続先を見ればよいです。

ちなみにプラスマイナスが逆になってもシガーライターならそのまま使えますが、発光ダイオードを使う機器では極性を間違うと動作しません。

Qダイヤフラム式クラッチについて

初歩的な質問で申し訳ありません。
マニュアル車において
ダイヤフラム式クラッチで クラッチが 繋がっていない状態では
フライホイールと一緒に回転しているのは どれとどれなのでしょうか?
 プレッシャープレート
 クラッチレリーズベアリング
 ダイヤフラムスプリング
 クラッチカバー

学校の試験の問題みたいな感じで申し訳ありませんが、よろしくご教授下さい。
 
  

Aベストアンサー

こんにちは。

え~と、本当に学校の試験問題みたいですね~・・・(苦笑)

クラッチレリーズベアリングについては、解釈が難しいですが・・・(汗)

クラッチを切っている(繋がっていない)状態では、クラッチレリーズベアリング以外は、すべてフライホイールと共に回転しています。

と言うか、クラッチが繋がっていようがいまいが、これらの部品は全てフライホイールと共に回転しています。

なぜなら、プレッシャープレート&ダイヤフラムスプリングはクラッチカバーに組み込まれており(非分解)、なおかつクラッチカバーはフライホイールにボルト止めされているからです。

レリーズベアリングに関しては、ベアリングとして作動はしています。

レリーズベアリングを取り付けているスリーブ自体は絶対回転しませんので、スリーブに圧入されているレリーズベアリング自体も、どのような状態でも回転しません。

ただ、クラッチペダルを踏むと(クラッチを切ると)、レリーズベアリングの接触部がダイヤフラムスプリングのリップに接触しますので、接触部はダイヤフラムと共に回転しますから、そう言う意味ではベアリングはフライホイールと共に回転していると言えないことはありません。

ただ・・・

ベアリングの本来の働きから考えると、作動していると言う方が正しいと思いますけど・・・

では!

こんにちは。

え~と、本当に学校の試験問題みたいですね~・・・(苦笑)

クラッチレリーズベアリングについては、解釈が難しいですが・・・(汗)

クラッチを切っている(繋がっていない)状態では、クラッチレリーズベアリング以外は、すべてフライホイールと共に回転しています。

と言うか、クラッチが繋がっていようがいまいが、これらの部品は全てフライホイールと共に回転しています。

なぜなら、プレッシャープレート&ダイヤフラムスプリングはクラッチカバーに組み込まれており(非分解...続きを読む

Qオーディオ電源をシガーライターから取るには

純正テレビが標準装備のため新たに1DINのMDプレーヤーを付けます。
テレビに繋いでいる電源から分岐させるのはヤバイという事なのでシガーライターから取りたいと思います。
けどシガーライターは「ACC」と「マイナス」ですよね?
「常時+」はどこからとればいいのでしょうか?

ちなみに聞くだけで時計などのバックアップはいりません。

Aベストアンサー

  #2です
 ヒューズが切れるのは、ショートかヒューズのアンペア数(電流量)を超える電流が流れるためです。
 規定数以上のヒューズに換えると切れなくなりますが、配線の発熱等で危険なのでオススメはできません。
 シガーライターから両方の電源を取ってもMDプレーヤー位なら切れないと思いますが。

 もしリレーの知識があるのなら、常電はバッテリーからヒューズを介して直接取る事をオススメします。(もし解らない場合教えてあげたいのですが残念ながらここでは、説明しきれません)
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報