プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

化学は全くのど素人なので見当はずれだったらすみません。
アルコールて油ですよね・・?なんで水と混ざるのですか・・・・?
 ウイスキーの水割り サラダのドレッシング てんぷら・・・?????なぜアルコールは水と混ざるのですか・・・?

A 回答 (7件)

アルコールは、CH3-OH(メタノール)、C2H5-OH(エタノール)と表すように、ヒドロキシル基(-OH)を持っているため、水(H-OH)と親和性(親水性)があります。

「似たものどうしは溶け合う」ということです。
しかし、炭素(C)の多いアルコールになると、親油性(疎水性)が強くなり、水に溶けにくくなります。

こん感じで、わかるでしょうか?
    • good
    • 10

>アルコールて油ですよね・



油自体に(理化学的に)定義がなく、
国語のように水と混じらないのが
油であれば、油でないということに
なります。

以前、質問したことがあります。
質問:「油」とは何をいうのですか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=561771
    • good
    • 1

飲用のアルコールはエタノールといい、


CH3CH2OHという化学式で表されます。
対して水はH2O (HOH)と表されます。
どちらにもO―H結合があり、この結合を持つ者同士は一般に混じります。
しかし、実はエタノールのCH3CH2-という部分は水には溶けにくい性質を持っているのです。ですが、エタノールを水に溶かす程度ならばこの作用は小さく問題になりませんが、このCH3CH2-の部分がCH3CH2CH2-、CH3CH2CH2CH2-と長くなればなるほど溶けにくくなり、溶けなくなります。
もしお時間があれば高校化学の参考書の立ち読みもなさってみてください。

また、くどいようですが、アルコールは油ではありません。
    • good
    • 2

油とは脂肪酸エステルの事です。


脂肪酸エステルとは、アルコールと脂肪酸が化学的に結合したものの事です。

つまり、アルコールは油では無いって事です。
アルコールはアルコールというものです。
アルコールは水とも油とも混ざる性質があります。
    • good
    • 1

ちなみに「サラダのドレッシング てんぷら・・・」とご質問は主旨が違いますが・・・。

    • good
    • 2

No.1の方の通り、アルコールは「油」ではないでしょうね。



もちっと詳しく書くと、アルコールは親水基(OH)があるので、水と親和性が強く、混ざります。
    • good
    • 0

アルコールは油ではありません。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング