自分でウッドチップを作りたいです。

機械は高いので買えませんが、田舎に住んでいますので
木材は手に入りやすい環境です。

自作する場合のアドバイスをお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

燻製用? ガーデニング用?農作業用?



燻製用なら、鉈などで細かく削ったり砕いたりするほか、フォスナービット+ドリルよかカンナやトリマー、チェンソーなどの機械加工した切りくずを使うことができます。※食用なので、道具に付着している鉱物油など混じらないように配慮必要。

農園芸用の場合、装飾兼マルチング用の大きめのもの(~数センチ大)から細かいもの(数ミリ~10数ミリまで?)まで、希望サイズによって最適な方法が異なるでしょう。雑草や乾燥防止のためのマルチング用途なら、数センチ以上と厚めに敷くほど効果が大きくなります。
マルチング目的であれば、直径20~30mm程度までの枝をガーデンシュレッダーでチップ化するってのが最も簡単です。レンタルも利用できるでしょうし、ガーデニング用の小型電動のものなら通販でも2万円前後から買えちゃいますね(レンタルでも刃は購入かも)。30mm超の太い枝を相手にするとか、処理量が多いようならエンジン式の方が良いです。
なお、竹などは繊維が強いのでガーデンシュレッダーでチップ化するのはちょっと厳しいです。丸ノコの刃を重ねて使い、竹をパウダー状の切粉にしてマルチングや土壌改良に使っている方もおられるようですが、これも少々初期コストが掛かりますね。
機械式の場合は騒音も相当のものですが、田舎なら近隣への配慮もいらないかな。

手で頑張る場合、小枝中心なら束ねて押切りや刈り込み鋏など使って小口切りしていくこともできなくはないですし、丸太を希望サイズの厚みに輪切りにしておいて切断面に鉈等をあて、別の木で叩くなどして小割りしていくってのも簡単です。が、はっきり言って労働の割に単位時間の処理量が知れてますから、私なら避けたいです(^^;

機械で処理する場合は生木が、手で処理する場合は乾燥木の方が作業が容易でしょうね。


機械にせよ、刃物にせよ、怪我しないようにご注意を。
特に機械式は取説を読んで適切な設定で使用し、内部構造に触れる際は必ずコンセントを抜いたりエンジンをカットすることが必須です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

遅くなりました。
ガーデニング用です。
機械はちょっと扱えそうもないので刃物でやってみました。
汚くなってしまい、ダメでした。
もっと勉強します。

お礼日時:2012/04/04 15:57

少し小さくしてから、家庭用の木材破砕機で細かくする。


かんなで削って細かくする。
ハンマーで叩き潰す。
丸ノコで引いておがくずにする。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事遅くなりました。
さっそくハンマーでやってみました。
汚くて使えそうもありません。
ショック!

お礼日時:2012/04/04 15:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木のチップはそのまま肥料になるって本当ですか

木材の木の皮などを細かく破砕したもの(チップ)は、そのまま、山の肥料と撒くとよいと言われたのですが、本当に肥料になるのでしょうか?チップを肥料として、販売すると言っているのですが。ありえることなのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 砕いただけでは木の皮は肥料ではありません。肥料とは、作物の生育に必要な窒素、リン、カリや微量要素を含み、生育を阻害するものではありません。生のチップを畑に埋め込めば、微生物の分解作用が起きると同時に、微生物が周囲の窒素を利用するため、作物が窒素不足になり生育が阻害されます。これを「窒素飢餓」と言い、肥料や堆肥とは逆の作用になります。
http://leio.lin.go.jp/taihi/seyou_gijyutu/seyou_gijyutu02.html
 通常、木の皮は難分解性のリグニンを多く含むため、易分解性の炭水化物を安価に供給する豚の糞を5~10%混合し、半年から1年かけ、切り返しを何度も行い、「バーク堆肥」として土壌の通気性改良用に市販されています。しかし、不完全な醗酵の商品は、あいかわらず「窒素飢餓」を起こしますので、安易には利用しにくい土壌改良資材です。

一般論として、木の皮を粉砕したままで売るには、
(1)ボロ隠し用:建売住宅の外装に植木など飾り付けるとき、土の悪さ、石の多さなどを隠すため土の表面に5cm程度敷きます。
(2)マルチ用:雑草が繁茂しないよう、木の根元に数センチ敷きます。数年後緩やかに分解しますが、当分の間、マルチとしての役に立ちます。

前回答者の意見は、数十年単位の話で、たちまちは「肥料」や「土壌改良資材」としての販売は許可されませんし、利用もお勧めできません。

ダム建設に伴い大量の立ち木や木の皮が処分されますが、利用者はバーク堆肥製造業者だけで、無料で持ち帰っております。何らかの処理をしなければ、流通は無理です。
参考に
 視点をかえれば、技術開発により商品になるのですが
http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=3725

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A5%E6%96%99

 砕いただけでは木の皮は肥料ではありません。肥料とは、作物の生育に必要な窒素、リン、カリや微量要素を含み、生育を阻害するものではありません。生のチップを畑に埋め込めば、微生物の分解作用が起きると同時に、微生物が周囲の窒素を利用するため、作物が窒素不足になり生育が阻害されます。これを「窒素飢餓」と言い、肥料や堆肥とは逆の作用になります。
http://leio.lin.go.jp/taihi/seyou_gijyutu/seyou_gijyutu02.html
 通常、木の皮は難分解性のリグニンを多く含むため、易分解性の炭水化物を安価...続きを読む

Qウッドチップを自作したいのですが・・・

ウッドチップ「もどき」で構いませんので切った細木を使って作ってみたいのですが、作り方がどうもピンと来ません。ちなみに使用用途は通路です。見栄えはあまり気にしません。どちらかというと切った細木のリサイクルが目的です。アドバイスの程、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

選定した枝をチップ化してくれる製品があります。
下記のURLを参考にして下さい。

参考URL:http://www.honko.co.jp/seihin/engei/engei1.html

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q【庭】ウッドチップの下は土と砂利どちらが良いでしょうか。

庭にウッドチップを敷こうと思っています。
庭は日当たり・風当たりの強い場所です。

現在の庭は駐車場のように、大きめのゴロ石を敷き詰めそれを
上から押し固めて、その上に小さな砂利を敷いたようなカタチになっています。
雑草防止にとこの庭にしましたが月日が経つにつれて下から土が出てきて、
風の強い日には砂が舞うようになり、雑草も生えるようになりました。
石が多いので雑草は抜きにくいし、砂も大変なのでこの状態を
何とかしたいと思っています。
そこで、ウッドチップを敷こうと考えたのですが(ペットも居るので)
この砂利や石を取り除いて、土の状態に戻してからチップを敷いた方が良いのか、
それともこの砂利の上にチップを敷いた方が良いのか迷っています。
チップは高価なものではなく、木片のような安値なものを使う予定です。

どう思われますか? 意見お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

私も庭では苦労しました。今もですが。
昨日、家の後ろの砂利の場所の草むしりをしました。
5年前多くの砂利を入れて貰ったのですが、年々雑草が増えてきました。
砂利が有るので、根まで取れないせいです。
南側の庭は、最初砂利を入れましたが、年々少なくなり草は生えるは、土が剥き出しになったところが、ぬかるんだりで業者さんに芝生を張って貰いましたが、手入れが大変なうえ、雑草だか芝生だか分らなくなり、結局レンガを自分で敷きました。楽になりました。
花壇とスロープの間はウッドチップを敷きましたが、変色して汚くなったり、ウッドチップの下に虫が湧いたり、土に潜ってしまい、現在は化粧砂利を敷いていますが、3年目の今は色も汚くなってきて、雑草も生え大分少なくなってしまっています。
ウッドチップは砂利より始末が悪いですね。
鶏のことを考慮に入れないなら、レンガを敷くのが一番ですね。
周囲に花壇を作り、木や花を植えて風除けや花々を楽しんでいます。
全てを同じ仕様にしないのも一考です。
ベンチを置いたり、しゃれたトレリスやアーチ、オベリスク等にツルモノを絡ませるだけでも、落ち着きます。
でも鶏がいる所はやはり土ですね。
良いアドバイスが出来なくてごめんなさい。

私も庭では苦労しました。今もですが。
昨日、家の後ろの砂利の場所の草むしりをしました。
5年前多くの砂利を入れて貰ったのですが、年々雑草が増えてきました。
砂利が有るので、根まで取れないせいです。
南側の庭は、最初砂利を入れましたが、年々少なくなり草は生えるは、土が剥き出しになったところが、ぬかるんだりで業者さんに芝生を張って貰いましたが、手入れが大変なうえ、雑草だか芝生だか分らなくなり、結局レンガを自分で敷きました。楽になりました。
花壇とスロープの間はウッドチップを敷...続きを読む

Q伐採した樹木の根を枯らしたい

伐採した樹木の根を枯らしたい

お世話になります...<(_ _)>
地盤が固いため こぶしの根が浅く 庭の草木が育たないため
根もと近くの幹直径30cm程のこぶしの木を伐採しました
切り株に穴を開け 除草剤を入れて枯らそうと思います
今現在も 幹から水分があふれてくる状態ですが
どんな除草剤を どれくらい入れたらいいのか 
土壌にどのような影響が出るのか知りたいです
根っこはいずれ 掘り出さなければいけないのでしょうか?

ご伝授下さい

Aベストアンサー

薬剤使用を間違うと樹木は薬害を起こして枯れますが、この方法を利用
すれば短期間で枯らす事が出来ます。

まず現在は拳大の穴を開けられていますが、この穴は無視して下さい。
電気ドリルに木工用のドリルの刃を付け、5センチ程度の穴を開けて下
さい。現在の切り株でしたら、3~4ヶ所で十分です。
この穴に薬剤を注入するのですが、使用する薬剤は除草剤ではなく害虫
駆除に使用する農薬です。家庭にスミチオン乳剤やマラソン乳剤があれ
ば、それを使用されて下さい。なければホームセンターで一番容器の小
さい物を1つと、スポイトを購入して下さい。

スポイトで農薬の原液を穴に注入し、穴を粘土やガムテープで止めて下
さい。要は薬剤が気化しないようにするためと、謝って動物がなめない
ようにするためです。このまま1週間から10日放置をし、再び薬剤を
注入します。2~3回程度繰り返せば、後は薬害により枯れるのを待つ
だけです。一気に枯らす事は出来ませんが、この方法だとシロアリ発生
防止にもなりますし、枯れた時点で根はスカスカになるので、撤去する
時は楽です。

除草剤では液が流れ出て地面に浸透した部分は、除草剤の成分が消える
までは何も育たなくなります。除草剤は使用しない方がいいですね。

農薬は外に流れ出ないようにするのがポイントで、ドリルで穴を開けて
から薬剤が流れ出るようなら、その穴は使用しないで別に穴を開けるよ
うにします。

薬剤使用を間違うと樹木は薬害を起こして枯れますが、この方法を利用
すれば短期間で枯らす事が出来ます。

まず現在は拳大の穴を開けられていますが、この穴は無視して下さい。
電気ドリルに木工用のドリルの刃を付け、5センチ程度の穴を開けて下
さい。現在の切り株でしたら、3~4ヶ所で十分です。
この穴に薬剤を注入するのですが、使用する薬剤は除草剤ではなく害虫
駆除に使用する農薬です。家庭にスミチオン乳剤やマラソン乳剤があれ
ば、それを使用されて下さい。なければホームセンターで一番容器の小
...続きを読む

Qウッドチップ舗装について

自宅の庭にウッドチップ舗装を考えています。
(1)自然な風合いが楽しめる
(2)虫がつきにくそう
を利点として考えています。
コストや水はけの良否などがよくわからないです。
他の利点、欠点も含めてお教えください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。山梨の小淵沢という所の別荘で使用している者です(既に5年以上)。

仰る通り、自然な風合いがとても素敵です。標準の使用量でも雑草を大部分抑えられます。
私は「レッドチップ」という耐久性の高いレッドウッド(堅木)のチップを20m2程に使用していますが、初期の費用は平米あたり4~5千円でしょうか。濃い目の色調ですが、その他にヒノキのチップなどがあるようで、この場合は明るい目となるようです。

「舗装」と書かれていますが、アプローチ等にお考えでしょうか?私も施工してみて分かったのですが、ウッドチップは「歩く」場所にはあまり向いていません。
(1)やはり柔らかく、ずれるので歩きづらい
(2)踏まれると、厚いところ薄いところが出て雑草が入り込み易い
(3)雨に濡れると靴に付き易い などの理由です。

飛び石(丸太の輪切りがオススメ)をステップとして配置すれば見た目も実用も万全だと思います。

あと、良い材料を使えば補充は思った程必要ではありませが、
(1)風が強い地域では飛ばされてしまう
(2)霜、凍結のある地域では解けた後に踏み込むと土とグチャグチャになってしまう、
ので相応の補充が必要です(私はいずれも該当する為、年間で1万円分程の補充をしています)

以上を参考にして検討してください。虫は特に付かないと思いますし、水はけは砂利には及びませんが実用十分だと思いますよ。

こんにちは。山梨の小淵沢という所の別荘で使用している者です(既に5年以上)。

仰る通り、自然な風合いがとても素敵です。標準の使用量でも雑草を大部分抑えられます。
私は「レッドチップ」という耐久性の高いレッドウッド(堅木)のチップを20m2程に使用していますが、初期の費用は平米あたり4~5千円でしょうか。濃い目の色調ですが、その他にヒノキのチップなどがあるようで、この場合は明るい目となるようです。

「舗装」と書かれていますが、アプローチ等にお考えでしょうか?私も施工してみて分...続きを読む

Q生の草を堆肥にすると?

土壌改良のために、草を刈って堆肥にするよういそしんでいます。
ふつうのセオリー通り、刈り草は2~3日おいて乾かしてから、10センチ程に刻んで、適宜水を与えつつ、囲いの中に踏み込みながら積んでいきます。こめヌカがあれば振りながら、積んでいます。
これで、調子のいいときは70度ぐらいになります。

ところで、草は乾かした方が軽くなるので、集め易いのでいいのですが、これを刈ってすぐに積み込んだらどうなるのでしょうか?
刈ってすぐなら、水分があるので、水掛けの手間が省けるかもしれません。(水分度はなかなか微妙なものですが)

「乾かしてから積み込んだ方が、堆肥化が早い」とは、一般的な定説のようですが、とにかく、生のまま積むと、嫌気性分解し始めるとか、どうとか、不具合なことがあるのでしょうか?

どなたかご経験や心当たりのある方、お聞かせくださいませ。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

含水率の高い草をそのまま積んでおけば、発熱を伴う好気的な発酵が抑制され堆肥にはなかなかなりません。半年程度で堆肥を作るポイントは、(1)発酵菌が活動しやすいよう含水率を70%程度に、(2)発酵に必要なエネルギーを持たせ、(3)切り替え(上下を入れ替える)で好気的な発酵で温度が上げることです。野草の含水率は時として90%以上ですから、予乾(水分を下げる)が望ましいわけです。空気の混入を促すため、大雑把に切断することも必要です。あなたの作業は米ぬかを混合することも含め理想的ですが、出来れば切り返しを行うこと、雨を避ける工夫をすること、労力が問題であれば大きなポリ袋を使うなどで小分けして堆肥化させる、鶏糞も使い肥料的な要素をも付け加える、等々工夫してはいかがですか。稲ワラ以外では堆肥化の過程で加水することはあまり意味の無いことと思います。含水率は見た目や持った感覚で多いか判断することで十分です。野生の発酵菌が十分付着しているので、わざわざ添加する必要はありません。


Q庭のササ(笹)を無くす良い方法を教えてください

現在新築住宅を建築中で、8月に入居(引越し)予定です。
庭には植木や芝生を植えて、家庭菜園もやりたいと思っています。
ところが、現在は笹やどくだみがたくさん生えています。
入居までには笹やどくだみを完全に無くしたいのですが良い方法はないでしょうか?
シャベルで30cm程度掘ってみましたが、根が深くはっていて、完全には除去できませんでした。
過去の質問からラウンドアップという除草剤が良いとのことらしいのですが
散布後の植木や芝生、家庭菜園への影響が気になっています。
入居までにはまだ3ヶ月程度あるので、今散布すれば8月頃には無害化してますでしょうか?

参考までに土は粘土質で、雨で塗れると粘着性で、乾くとカチカチに硬くなります。
広さはタタミ6畳分ぐらいです。(頑張って掘り起こせばやってやれない広さではない!?)

Aベストアンサー

>地下茎と根は違うものなのですか?
>見た目で判断できますか?
早い話が、地中の茎。根よりも太く瑞々しい。
節があって、節の部分から根や脇芽が出てくる。
先端には、小さなミョウガ状の生長点がある。

>シャベルで30cm程度掘ってみましたが、根が深くはっていて
経験上考えられないが、伏土をして、埋まっている可能性もありますね・・

>広さはタタミ6畳分ぐらいです
1日2~3時間がんばって、座布団ぐらいしかできないので、1か月仕事になりそう・・

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q庭の太い1本の木の切り方

隣の高齢なおばあさんから頼まれました。
一人身のため、やってあげようか思いますが
不安です。
木が1本で上のほうが広がって建物(2F建)に
ぶつかってしまってます。
木は下のほうの1~2mまでは、体の胴体のような
太さのため、キレるか心配です。上の1~2m上からは
枝分かれているし、枯れた枝でほぼ細いところばかり
のため、切れそうです。
さて、この木は切れるでしょうか?
また切るには道具はのこぎりで大丈夫でしょうか?
1回きりになるため、チェイソー?のようなものは
買えません。

Aベストアンサー

建物に隣接していて、伏木するスペースはないものとして回答します。
この場合、刃渡り50cm程度の生木剪定用のこぎり(大きな刃)と、はしご脚立があれば2~4日仕事です。
大工作業用の両刃ノコなんかじゃ時間かかるわ弱いわで、お話になりません。

下の方から枝を落とすところか始め、徐々に上の枝を落としていきます。
普通の人はこの枝を落とし&まとめるだけでも、1日分体力使うでしょう(そして翌日筋肉痛・・・)。

あとは先端から1~3mずつ、運べる重さになるように切り落としていきます。樹高さが高い場合、建屋に向かって落ちないようにロープで縛っておいてから切り落とします。

なお伏木するスペースがあり、そちらに木の重心がかけられるのなら最初に切り倒してしまってもいい。
まずは腰高さでもいいから、作業性のよい高さで切ると良いですね。
ノコ刃が挟まれない様にするには、5cm程度の太さの枝を斜めに切って楔とし、切り口に叩き込んでやります。
同じく楔とロープを使えば、倒す方向もある程度コントロールできます。

http://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/anzen/Notchcut.html

倒した後は、廃棄状態(運べる重さ)に玉切りしていきます。

~~~
チェンソーはレンタルもあります。
エンジンより振動が小さいですが、電動はコードが邪魔になることも。
いずれにしても怪我に結びつく可能性があるので、未経験者にはお勧めできませんが、あれば1日もかからず伏木から玉切りまでの作業が終わりますから、その差は歴然です。

建物に隣接していて、伏木するスペースはないものとして回答します。
この場合、刃渡り50cm程度の生木剪定用のこぎり(大きな刃)と、はしご脚立があれば2~4日仕事です。
大工作業用の両刃ノコなんかじゃ時間かかるわ弱いわで、お話になりません。

下の方から枝を落とすところか始め、徐々に上の枝を落としていきます。
普通の人はこの枝を落とし&まとめるだけでも、1日分体力使うでしょう(そして翌日筋肉痛・・・)。

あとは先端から1~3mずつ、運べる重さになるように切り落としていきます。樹高さが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報