最新閲覧日:

ロザリンド フランクリンという人物について調べていますが、
日本語の文献が見つかりません
彼女の生い立ちや業績などが書かれた本をご存知の方はいらしゃいませんか?
ネットサイトをご存知の方もご協力ください。

A 回答 (4件)

rei00 です。



先の回答で書いた「ノ-ベル賞や DNA 二重らせんの事を書いた書籍」を自宅の書棚から探してみました。次の2つがありましたので書いておきます。

『科学朝日』編「ノーベル賞の光と陰 増補版」(朝日選書)(朝日新聞社)
1300円(本体価格),1987年1月刊,四六判,264頁
 「科学界最高の栄誉ノーベル賞・・・・・・その長い歴史の裏には科学者たちの情熱と野心がうず巻いている。この賞の栄光と悲惨のドラマを通じて「社会の中の科学」のあり方を考える。」とあり,その中の1章をロザリンド・フランクリンに充てています。

ジェームス・D・ワトソン 著,江上不二夫/中村桂子 訳「二重らせん」(講談社文庫)(講談社)
430円,1986年3月刊
 「生命の鍵をにぎるDNAモデルはどのように発見されたのか? 遺伝の基本的物質であるDNAの構造の解明は今世紀の科学界における最大のできことであった。この業績によってのちにノーベル賞を受賞したワトソン博士が、DNAの構造解明に成功するまでの過程をリアルに語った感動のドキュメント」で,いくつかの場所にワトソン博士から見たロザリンド・フランクリンの仕事や人物に関する記述があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご返答、大変参考になりました
自宅の書棚まで探して頂いたことにはとても感謝いたします
ありがとうございました

お礼日時:2001/05/12 02:04

現物を見てませんので,どの程度お役に立つかわかりませんが,次の成書にも何らかの記載があるようです。




「ノーベル・フラウエン 素顔の女性科学者」U.フェルシング 著/田沢 仁・松本友孝 訳
学会出版センタ-/四六判/280頁/本体価格 2427円
ISBN 4-7622-0839-6/96.11刊

「ノーベル賞は男だけのものか.キュリー夫人をはじめ栄冠に輝いた九人の受賞者と,同僚の男性科学者に賞をさらわれた五人の女性たちの光と陰を描き,科学における女性問題を考える.」との内容で,「ノーベル賞受賞者の蔭で」と題した中に「ロザリンド・フランクリン  クリック,ワトソン,ウィルキンス:1962年医学生理学賞」とあります。


ところで目的は何でしょうか。この様なまとまったものでなくてもよければ,ノ-ベル賞や DNA 二重らせんの事を書いた書籍中にも簡単な記載はあると思います。

参考URL:http://www.jssp.co.jp/f_gen_sci/noberu_frau.html
    • good
    • 0

「日本語の文献」の意味が分かりませんが、日本語の総説等をさしているのでしょうか?


ネット検索しましたが、blazeguyさんの回答以外の日本語の成書は見つかりませんでした?
成書ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「サイエンス・ドラマ DNA物語」
NHKに問い合わせれば、日本語版があるのかもしれませんね?

以下のサイトも参考になりますでしょうか?
蛇足で英語ですが、
http://www.sdsc.edu/ScienceWomen/franklin.html
(Pioneer Molecular Biologist)

英語のものであれば検索できますが・・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://hps2.sci.hokudai.ac.jp/~kaken/video/video …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLまで教えていただき
たいへん参考になりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/05/12 02:00

『ロザリンド・フランクリンとDNA』 アン・セイヤー著(訳:深町真理子)、草思社、1979年です

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
たいへん参考になりました。
早速探してみたいと思っています

お礼日時:2001/05/12 01:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報