あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

最近テレビを聴くのに家族から音が大きいと言われ 又
レストランや公共の場で声が大きいと言われます
相手の声がよく聞こえないのでついつい大きな声を出してしまっているようです
補聴器を使いたいと思っていますがあまりにも種類(メーカー)が多く
何が良いのか分からず困っています できれば 実際に使用している方の
アドバイスや 専門知識のある方のお勧めなどを頂けたら有り難いと思います
値段も コストパフォーマンスを加味して妥当なところはどうなのか教えてください
宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私の家族が難聴のため、補聴器を使用しています。


最初は会話がかみ合わなくなってきたり、テレビの音が大きかったり・・・というところから始まりましたが、本人も私たち家族もなかなか補聴器を考えるところまではいたりませんでした。
でも、あるとき思いきって聴力検査をしてみて、初めて難聴になっていたことがわかりました。

・眼鏡屋か、耳鼻科か
補聴器は眼鏡屋などでもそのまま買うことができますが、通常は耳鼻科や病院で一度診察をしてもらって、その診断結果をもとに医者から補聴器販売店を紹介してもらって購入する、というパターンが一般的です。
耳鼻科や病院では補聴器を直接販売していませんが、いわゆる「出入りの業者」を紹介されます。

難聴の場合、じつは原因は単純ではなくて、耳の中の外科的な要因だったり、神経などに関連するものだったり、はたまた内臓疾患から来ていたり、心療内科的なことに関係するものだったりすることもあるそうです。
耳というのは人間の体の中でも案外、複雑な部分なのだそうです。
補聴器を使用しなくてもよい場合や、補聴器では解決しない場合も少なくないようです。
なので、少し面倒ですが、できれば耳鼻科を通したほうが安全かもしれません。

・補聴器の種類と値段
補聴器は主に「アナログ式」と「デジタル式」の2つの種類がありますが、アナログは1~5万円、デジタルは5~20万円ぐらいが相場のようです。
デジタルのほうが音はクリアーです。また、音質や音量を個人に合わせて細かく調節することができます。
例えば高音だけを抑えたりとか、ある程度の雑音をカットするということもできます。
アナログ式の場合は細かい調整ができませんので、食器の音が大音量で耳に響いたりとか、日頃気にもしなかったちょっとした雑音が気になったりすることもあり、それがストレスや不調の要因になることもあります。
少し前の補聴器は音の方向感覚が感知できませんでしたが、最近の高い補聴器はどの方向から聞こえる音かを感知できる性能も持つ物が出ています。
個人的な意見をいうと、補聴器は少々高くてもアナログよりもデジタルの物を選ぶことをお勧めします。

補聴器の値段については、補聴器販売店に委ねられている部分が大きいのが実際のところです。
つまり、サービスなどを含めてどれだけ利益を上積みするかは、特に法的な制限は定められていないとのことです。例えば、性能が良くないものを100万円以上の値段で販売していて問題になった横浜の補聴器販売店のテクノスの例にもみられるように、メーカーの意に反してかなり高めで販売されるときもありますから、もしおかしいようでしたら、幾つかの店で比べてみてもよいかもしれません。
正直、あまり高すぎるときは要注意です。

・補聴器のメーカー
昔は、ベルトーン、シーメンス、ワイデックス、オーディコン、ユニトロン、GNリサウンド、バーナフォン、フォナックといった海外メーカーの補聴器が断然良いと云われていましたが、最近では国産の補聴器も格段に性能が良くなっていて、正直な話、海外と日本の差はほとんどなくなっています。
国産の補聴器では、パナソニックかリオンが比較的進んでいるようです。
といっても、高度難聴者のかたでなければ、メーカーではほとんど差がないので、補聴器を買う場合は、むしろ修理や調整などのサービス面を考えて販売店を選んだほうがよいと思います。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

qsxmars様  
早速のご丁寧な御指導を頂き 本当に有難うございました
ご家族が補聴器を使用されておられるとか 装用感などは如何なものなのでしょうか
実は 当方も家内が近頃テレビの音量をかなり大きくしないと聞こえにくくなり
補聴器のお話になろうと思い ここに投稿させていただきました
補聴器メーカーのサイトを見ると300.000~500.000位するものが多くみなさんの知恵を
お借りしようと思いました 国産のものが性能が良くなっているとのこと早速見させてもらいます
貴重なご指導を十分参考にさせていただき メーカー及び販売店を見つけたいと思います
有難うございました  

お礼日時:2012/04/05 20:27

関連の仕事をしております。



既出の回答で、何か間違った回答がされていますが…。

補聴器を購入するのには耳鼻科の診察がなければ購入できないなんて事は全くありません、間違いです。

補聴器は、一般的には、補聴器センター、眼鏡店、一部の電気店等で購入できます。

また、耳鼻科で診察して、補聴器センター等を紹介されることはありますが、補聴器を販売する耳鼻科は恐らくありません。

最近の補聴器は良い物はデジタル化が進んでおり、ご自分が聞こえていない周波数帯だけを増幅出来るようになっていますので雑音が気になりにくくなっています。

一方、アナログ補聴器は全ての周波数帯を増幅するので、聞こえている周波数帯の音まで大きくしてしまい、結果それが雑音となります。

せっかくなら、この際デジタル補聴器の購入を是非お勧めします。

デジタル補聴器を取り扱っている店舗は、殆どの場合、専門員がおり、専門的な機械で聴力を計り、そのデータを元に、質問者さんの耳にあった音を調整してくれますし、殆どの店で視聴も出来ます。

逆に言うと専門員のいない店での購入はやめた方がよいです。

ただし、デジタル補聴器はアナログ補聴器と比べ高価になっています。

アナログ補聴器は1万円程度からあるのに対して、デジタル補聴器は概ね10万円台から50万円台まで。(ともに片耳)

ただ、仕事で会議に出席する必要があるとか、広い講堂である講演会にしょっちゅう出かけたいとかでないなら、50万円もする物が必要だとは必ずしも言えません。

10万円台中盤の物でも充分役にたちますよ。

また、メーカーは、この業界では、ヨーロッパのメーカーがマーケットリーダーです。
間違いなく日本メーカーよりも一日の長があります。

安いものではありませんので、信頼できる店で納得のいく説明を受けられてから購入されることをお勧めします。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

sunchild12様
早速のご丁寧なお答えを頂き有難うございました
アナログでなくデジタルが良いことや10万円台でも十分とのこと
早速 取扱店巡りをしようと思います
専門の店員がいる店舗が良いということですが
何か資格のようなものがあるのでしょうか?
あるとしたらどのように表示(掲示)されているのでしょうか
言われるとうり安いものではないので慎重にお店選びをしたいと思います

お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした
本当に有難うございました

お礼日時:2012/04/05 20:47

補聴器を利用するには、耳鼻科での診察や各種検査を経た上でのみ、利用開始が可能とはなります。



すぐに、診察などナシに補聴器が利用できることは全く皆無ですし、

更には、突発性難聴や慢性難聴などの耳鼻科の医師の診断書がない限りは、補聴器の購入さえ全く出来ません、全国において。

最低でも、補聴器は、片耳で20万円以上の出費は確実視されます。どんな安くでもです、メーカーなど一切問いません。
10万円以下などであるものは、数日~数ヶ月で故障を繰返します、無論、店員などは言いませんが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

nq437様
早速のご丁寧なご回答いただき有難うございます
お礼が遅くなり 申し訳ありませんでした
御指導を十分参考に 耳鼻咽喉のお医者に相談して
慎重に機種選定を進めたいと思います
本当に貴重な御指導をありがとうございました

お礼日時:2012/04/05 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q補聴器の値段はいくらぐらいですか?

知り合いのご老人から相談されました。
私がよく知らないことですので、もしご存知のかたがいたら教えてください。

そのご老人が、少し前に補聴器を買ったときに200万円以上もかかったとおっしゃっていました。横浜駅の近くのビルに入っているお店で買ったそうです。(店名は一応そのご老人から聞いています。)
そのときに少し高すぎないかと思ったそうですが、「デジタル補聴器の相場はそんなもの」と店の人に説明されて、「数が少ないので早く決めないと他の客にまわってしまう」などと決断を急がされて、買うことにしたそうです。
そのご老人の話を聞けば聞くほど、そのお店の人の対応がなんとなく自然ではないような気がするのですが、私が勝手に疑うべきではないのでしょうか…。

デジタル補聴器というのは、一般的にそのぐらいの値段が妥当なのですか?

Aベストアンサー

補聴器の値段は同じ品物でも販売店によって違いますから、そのことをそのまま犯罪の被害と結びつけることはできないでしょう。
アフターサービスの内容についても販売店側の裁量に委ねられていますから、サービスの違いを違法と決めつけることもできないでしょう。

とはいえ、補聴器をめぐる消費者のトラブルは度々報告されていることも事実です。
補聴器販売に関しては、ときには悪質な業者の温床になる場合もあるようです。
それは認定補聴器専門店についても例外ではなく、苦情や相談は実際にあります。
もともと認定補聴器専門店とは、国や県などが認定したわけではありません。老舗の専門店を守るための販売店協会による認定制度です。長い年月の間に経営自体が大きく変質している専門店もありますが、一度認定されれば簡単に取り外されることはないのが現状です。
したがって良い販売店かどうかは、別の次元で見極めるべきだと思います。
一般論になりますが、最終的にはどうしても消費者側に判断力が求められます。

気になったのは、横浜駅の近くの店だということです。
店の名前についてはその人から聞いているということですが、具体的になんという店なのか気になります。
じつは同じようなトラブルが何件か横浜で報告されています。
もし「テク○ス」という販売店だとしたら、関わりを持たないほうがよいと私は思います。
それから今回のことは地方自治体の消費者相談センターなどに、念のため報告しておいたほうがよいと思います。
そして今後も、少しでも怪しいと思った場合は、そのような危険な店や業者とは関わるべきではないでしょう。
何事も注意しすぎても、しすぎることはありません。
そのお知り合いの方に、お伝えいただければ幸いです。

補聴器の値段は同じ品物でも販売店によって違いますから、そのことをそのまま犯罪の被害と結びつけることはできないでしょう。
アフターサービスの内容についても販売店側の裁量に委ねられていますから、サービスの違いを違法と決めつけることもできないでしょう。

とはいえ、補聴器をめぐる消費者のトラブルは度々報告されていることも事実です。
補聴器販売に関しては、ときには悪質な業者の温床になる場合もあるようです。
それは認定補聴器専門店についても例外ではなく、苦情や相談は実際にあります。
もと...続きを読む

Q補聴器の相場ってありますか?

父親が、聞こえが悪く今回農協の方の紹介で補聴器を作ることになりました。片耳36万と聞き、とても高価なので驚いていますが、このくらいが相場なんでしょうか?

Aベストアンサー

片耳36万円ならかなり高価な部類の補聴器です。
相場・・・といわれて困るんですが
片耳10万円くらいから40万円くらい、両耳で16万円くらいから70万円くらいまで様々です。
なぜ困るかといえば、その方の聴こえの具合や使用環境によってもお勧めが変わります。
必要で使いこなせば片耳36万円でも高くないでしょうし、全く使わなければ10万円でも高いでしょう。

片耳で36万円出す気があるなら、両耳で36万円の方が効果が期待できる可能性があります。
そういった提案はありませんでしたか?
また型を採って作る耳穴タイプなら両耳一緒に作ると割引があります。
これはどのメーカーでもそうですよ。

耳鼻科ですが、不安があるなら行った方がよいでしょうが、そこで作ると気軽に調整にいけなくて困る方がいらっしゃいます。
診療時間内でしかもメーカーか販売店の人間がいないと調整できないため。
補聴器は作って終わりではなく、特に始めのうちは繰り返し調整が必要となります。
聞こえを通り一遍に測っただけではわからない装用者の好みや、補聴器を使用する音の環境によっても合わせを変えることが必要だからです。

高い機械は確かにいいです。
これははっきり違います。
ただし、その価値や性能にあった使い方をしなければ宝の持ち腐れですし、販売店にもそれなりのアドバイスを期待し要求すべきです。

片耳36万円ならかなり高価な部類の補聴器です。
相場・・・といわれて困るんですが
片耳10万円くらいから40万円くらい、両耳で16万円くらいから70万円くらいまで様々です。
なぜ困るかといえば、その方の聴こえの具合や使用環境によってもお勧めが変わります。
必要で使いこなせば片耳36万円でも高くないでしょうし、全く使わなければ10万円でも高いでしょう。

片耳で36万円出す気があるなら、両耳で36万円の方が効果が期待できる可能性があります。
そういった提案はありませんでした...続きを読む

Q耳が遠い高齢者に補聴器以外の選択肢は?

耳が遠い80代の伯母について相談させて下さい。
遠方の田舎に一人暮らしをしています。
暮らしぶりはシャッキッとしているのですが、
加齢によりすっかり耳が遠くなってしまいました。
私は遠方に住んでいて普段はFAXでやり取りしています。
耳元で大きく話せばいくらかわかるようですが、
私の声はわかりにくいようで会うときは筆談をします。

補聴器は電池がすぐなくなるし、ワーンワンと響いてしまうから嫌だと使いません。
拾う音域やBGMなどの有無で補聴器も使い方が難しいそうですね。
病院等日常生活は耳元で大きく話してもらうという事でしのいでいるようです。
本当に田舎なのでテレビが唯一の娯楽なのですが、大きな音をたてるのが嫌と普通の音量にして、画面を見ているようです。
音が聞こえず不便でつまらないと言います。
字幕放送は速度についていけず、文字を追えませんでした。

ご家族、お知り合いに老人性難聴の方がいらっしゃる方。
補聴器以外にどんなものをお使いでしょうか?
集音器は補聴器より使いやすいという事は無いのでしょうか。
骨伝導の製品にも関心がありますが進行した難聴には難しいでしょうか。

集音器をお使いの方、手元スピーカーでテレビを楽しんでおられる方。
外出先で、在宅で、お使いの方。おすすめの機種など、どうか使用感をお教え下さい。

*集音器
(パイオニア)フェミミ集音器VMRM30
(エムケー電子)みみもとホンTV  みみもとくん
(TDK)SP-TV24WA-BK
(パイオニア)VMR-M800
*ワイヤレススピーカー
(パナソニックSC-MC10)
*骨伝導の補聴器

検索するといろいろあるようです。
なにせ遠方なのと大きな商業施設が無いので色々試させてあげられません。
失敗を覚悟で購入して試してもらおうと思いますが、
金銭的な事もあり候補をしぼる為どうぞご助言ください。
長文失礼いたしました。

耳が遠い80代の伯母について相談させて下さい。
遠方の田舎に一人暮らしをしています。
暮らしぶりはシャッキッとしているのですが、
加齢によりすっかり耳が遠くなってしまいました。
私は遠方に住んでいて普段はFAXでやり取りしています。
耳元で大きく話せばいくらかわかるようですが、
私の声はわかりにくいようで会うときは筆談をします。

補聴器は電池がすぐなくなるし、ワーンワンと響いてしまうから嫌だと使いません。
拾う音域やBGMなどの有無で補聴器も使い方が難しいそうですね。
病院等日常生活は...続きを読む

Aベストアンサー

pinarioさん、こんばんは。
聴覚障害4級の者です。

カキコミの内容から、伯母さんは50~70dbくらいかな?と感じます。
こんなイメージなので御参考に。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shinsho/shinshou_techou/sintaisyougaininteikijyun.files/toukyuu.pdf
そうすると、伯母さんも6級は確実そうですね。
何を言いたいか、というと、身体障害の認定を受けると補聴器がほぼ公費負担で買ってもらえるんです。
私は1割負担でした。
ただ、もちろん何でも良いわけでは無くて基準(安めです)があります。

列記の集音器ですが、たぶんどれも使わず捨てることになります。
理由。
補聴器と集音器とは似て非なるもの。
集音器って拡声器です。
ウルさくて使えません。
人間の耳って、うまいぐあいに聞きたい音だけ拾っているんですよ。
デジタル式の補聴器は主に会話のボリュームを上げ、騒音などは切り捨てています。
すべて大きくしてしまう集音器にはマネできません。

ピーピーが嫌だとおっしゃっているようですが、以前使ったことがあるんですかね?
隙間から空気が漏れてしまうんです。
補聴器にもいろいろ種類がありますが、耳かけ式や耳穴タイプだと、その方の耳の形に合わせるオーダーメイドです。
耳かけの場合の耳型のイヤーモールド代は片耳で1万円ほどかかりますが、先にご紹介した公費負担なら千円で済みます。
ピーピー音(ハウリング)を防ぐにはオーダーしかありません。
逆に、ハウリングがしなければ伯母さんも使ってくれるんじゃないですか?

耳穴式だと中程度の難聴までです。
それ以上だと耳かけ式。
どこにお住まいかわかりませんが、一度大きな町まで伯母さんを連れて、補聴器専門店で見てもらうわけにはいかないですか?
高価なものなので出張もしてくれると思います。
耳が聞こえないのが補聴器で聞こえるようになると世の中変わりますよ。
確かに電池が高いし長く持ちませんが、普段は装着しなくてもいいんじゃないですか?
ちなみに私は電池だけネットで安いのを購入しています。

私の今使っているメーカーのサイトです。
http://www.oticon.co.jp/ja-JP/products
別にこの会社の回し者ではありませんので(笑)、眺めるだけで結構。
いろいろあるでしょ?
ただし、最新のデジタルなんでめっぽう高いです(泣)。
私のは耳かけ式で片耳22万円(+イヤーモールド代が1万円)。
両耳で2倍。
で、寿命はせいぜい5年だそうな。
悩みますね。

とりあえずお住まいの市町村で、聴覚障害者に補聴器の助成の制度があるか確認されたらいかがですか?
あれば耳鼻科医の診察を受け、身体障害の認定が取れるか確認する。
認定されれば、方耳10万円ならイヤーモールド入れて11万なんで両耳で22万、1割負担で2万2千円。
ほらね、使えない集音器より安いしマシでしょ?

pinarioさん、こんばんは。
聴覚障害4級の者です。

カキコミの内容から、伯母さんは50~70dbくらいかな?と感じます。
こんなイメージなので御参考に。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shinsho/shinshou_techou/sintaisyougaininteikijyun.files/toukyuu.pdf
そうすると、伯母さんも6級は確実そうですね。
何を言いたいか、というと、身体障害の認定を受けると補聴器がほぼ公費負担で買ってもらえるんです。
私は1割負担でした。
ただ、もちろん何でも良いわけでは無くて基準(安めです)があります...続きを読む

Q補聴器は何故高い?

補聴器は安価なものでも4,5万円、高いものだと数十万円しますが、何故こんなに高いのでしょう?
大量に売れるものではない、というのも理由のひとつかも知れませんが、出来れば技術的なことで高い理由をご存知の方、是非教えてください。

Aベストアンサー

 そう思われるのは当然ですよね。実際,高いと思います。理由は,ご想像の通り,販売数の少なさです。また,販売に必要となる人的な手間の多さも原因です。また,ほとんどが外国産という事情もあり,為替差などによる損益を避けるために実際の為替レートより日本の輸入業者にとって有利なレートで計算している場合も多いと思います。
 補聴器自体の製造コストはおそらく定価の25%以下です。近年の補聴器は10年前のパソコンよりも処理能力が高い回路を持っていて,もの自体は本当に良いものになっています。しかし,問題は売る際にかかるコストなのです。補聴器は必ずユーザーさんごとに,その補聴器の調整が必要です。たとえば「電車に乗ったときに,うるさく感じる」とか,「おせんべいをかんだときに頭に音が響く」と言ったようなことをユーザーさんが言います。それに対して,補聴器の調整状態を変更して,補聴器が常時装用できるように調整をしていく必要があります。そのための人的コストが補聴器価格の半分を占めています。
 ですから,新聞広告で買った安い補聴器は,合わなかったら,捨てるだけですが,通常の補聴器販売店で購入した補聴器は,基本的には何度も,何度も,その販売店に通って内部の調整を変えてもらっても,調整料を請求することはないと思います。
 つまり,補聴器とは販売時の一回だけの調整で満足して使用開始できるものではなく,購入後,数年に渡って,その補聴器の調整をするための,聴力検査,補聴器装用閾値検査,語音聴取検査など一連の補聴状態の評価と,さらにその結果による適切な補聴器調整を受けるための費用を含んだものが,価格になっているとご理解いただきたいと思います。
 ですから,一度,補聴器をお買いになったら,何度でも,何回でも販売店に行き,「調子が悪い」とか,「どれどれの音が聞こえにくい」とか,「高い音が響く」とか,苦情を言って,それを解消できるように補聴器を調整してもらう費用も含まれていると考えていただければよいのではないかと思います。 

 そう思われるのは当然ですよね。実際,高いと思います。理由は,ご想像の通り,販売数の少なさです。また,販売に必要となる人的な手間の多さも原因です。また,ほとんどが外国産という事情もあり,為替差などによる損益を避けるために実際の為替レートより日本の輸入業者にとって有利なレートで計算している場合も多いと思います。
 補聴器自体の製造コストはおそらく定価の25%以下です。近年の補聴器は10年前のパソコンよりも処理能力が高い回路を持っていて,もの自体は本当に良いものになっています...続きを読む

Q補聴器は医療費控除の対象外?

高音性難聴で耳がよく聞こえませんので、
補聴器を購入(6万円)しました。

医療器具として、消費税も免除されている
分です。

確定申告時に医療費控除は駄目なんでしょうか?

Aベストアンサー

控除の対象になりますよ
国税庁のHPに書いてありますから

法第73条《医療費控除》関係
(生計を一にする親族に係る医療費)

73-3 次に掲げるもののように、医師、歯科医師、令第207条第4号《医療費の範囲》に規定する施術者又は同条第6号に規定する助産師(以下この項においてこれらを「医師等」という。)による診療、治療、施術又は分べんの介助(以下この項においてこれらを「診療等」という。)を受けるため直接必要な費用は、医療費に含まれるものとする。(平11課所4-25、平14課個2-22、課資3-5、課法8-10、課審3-197、平19課個2-11、課資3-1、課法9-5、課審4-26改正)

(1) 医師等による診療等を受けるための通院費若しくは医師等の送迎費、入院若しくは入所の対価として支払う部屋代、食事代等の費用又は医療用器具等の購入、賃借若しくは使用のための費用で、通常必要なもの

(2) 自己の日常最低限の用をたすために供される義手、義足、松葉づえ、補聴器、義歯等の購入のための費用

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/16/01.htm

控除の対象になりますよ
国税庁のHPに書いてありますから

法第73条《医療費控除》関係
(生計を一にする親族に係る医療費)

73-3 次に掲げるもののように、医師、歯科医師、令第207条第4号《医療費の範囲》に規定する施術者又は同条第6号に規定する助産師(以下この項においてこれらを「医師等」という。)による診療、治療、施術又は分べんの介助(以下この項においてこれらを「診療等」という。)を受けるため直接必要な費用は、医療費に含まれるものとする。(平11課所4-25、平14課個2-22、課資3-5、課...続きを読む

Q補聴器は保険適用、または医療費控除になりますか?

祖母が先日補聴器を買ったのですが、介護認定を受けていると保険適用になる場合があると聞きました。

また医療費控除は適用になるのでしょうか?

詳しい方、どうかアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながら、補聴器はいずれの保険でも適用外です。装具(この場合、補聴器)の交付は身体障害者手帳を持っていることが前提になります。身体障害者手帳をお持ちなら、補装具交付申請書を市区町村役場に提出して下さい。お持ちでない場合は、市区町村役場で指定の診断書用紙を受け取り、指定医に作成してもらって役場に身体障害者手帳を申請してください。
審査が通れば身体障害者手帳が交付されます。身体障害者手帳をもって、補装具交付申請書(役場にある)を提出します。補装具委託業者に補装具委託通知書が交付されます。補聴器は1割負担で業者から渡されます。
ただし、すでに購入した補聴器は対象外です。
brainpool さんの場合すでに購入されていますので、補助の対象外になります。身体障害者手帳は、バスは半額、JRは101キロ以上の運賃が半額なきょzどの優遇措置があります。補聴器は永遠に使えるわけではなく、大体5年くらいに申請により再交付されます。居住地の市区町村役場にご相談されるのが1番でしょう。

Q補聴器購入で医療費控除が受けられるか

補聴器購入で医療費控除が受けられるか教えてください。

障害手帳を持っています。加齢で軽度難聴から重度難聴になり、4年前に再度手帳交付を4級から医師の診断書と一緒に役所に提出し2級の認定で手帳を取得しています。

会社で軽度中度用補聴器では聞こえなくなり、中度重度用の補聴器を今年4月に買いました。
補聴器をしても聞こえない事が多いですが、聞こえる音で何を言っているか判断しています。
医療費控除を受けるには医師の診断書を取得し補聴器の領収書原本で医療費控除をうけられるようです。

疑問に思っているのは
私は障害手帳を取得しています。
医師の診断書を役所に提出して手帳の交付を受けているので、医療費控除を受けるためには、また、新たに診断書を取得しないと認められないのでしょうか?

Aベストアンサー

 補聴器は医療品なので控除対象です。条件は


 医師(耳鼻科医など)の診断や治療をかならずうけていることが条件です。しかもこの医療費控除をうけるうえでここがとても大切だとおもいますがあくまで補聴器の購入をする理由が医師の診断結果、またその処方せんとして補聴器の購入・使用をすすめられる場合のみに医療費控除をうけられるということです。

 

Qデジタル補聴器の値段について

私の母は中~高度難聴で(聴覚障害6級直前くらいです)、
現在、オーティコンというメーカーの耳穴式補聴器を使用しています。
補聴器を何度か買い換えており、今回は8年目で壊れてしまいました。

今回も買い換えることになりましたが、母が使用する補聴器は高額(両耳で約80万円)なので
今回お金を出すと言っていた父親が疑問を持つようになりました。
どうして補聴器が高いかについては補聴器メーカーに問い合わせて納得したようなのですが、
「同じ商品でも、他の店を探せば安い所もあるんじゃないのか」という疑問が残るそうです。
母親が責められているようで気の毒に思い、私も色々とネットで調べてみたものの、あまり良い回答を見つけることが出来ませんでした。それほど差は無いようなのですが…

そこで経験者や販売経験のある方にお伺いします。
補聴器(耳の型を取るオーダーメイドタイプ)の同商品の値段は、お店によって値段の違いに差を感じますか。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

補聴器使用者です
聴力障害4級です
私もぼちぼち買い替えしなければならないのですが
なんせお値段が・・・

補聴器は「値段で決める」ものではないですよ
使っている本人さんの聴力とどれくらいあっているかと
使い心地第一です
ですので
高額なものが良いとは限りませんが
高額なものほど良い面も多いです
安いものは安いなりに・・という面もあります

お店によって・・も
どれだけあとの修理や調整を快く世話してくれるかも
重要視されてください
値段だけで決めるのはよくないです

私は4・5年前に
耳鼻科の紹介でオーダーメイド補聴器(耳穴式)を14万で作りましたが
店舗が遠く
修理や調整などもその耳鼻科まで業者に来てもらうというような調子だったので
とっても不便でした
少し高くても
便利の良いもっと調整などにこまめに行けるお店にすればよかったと後悔してます

Q補聴器の選択教えてください!日本製、外国製どこが?

軽度難聴で会議で人の意見が聞こえなくて困っています。
補聴器を買おうと思っていますが、いろいろあって選択に困っています。
話では、耐用年数は4~5年で、スウエーデン製が一番良くて30万円、その次がドイツ製で15万円、日本製は2~5万円と聞いております。
スウエーデン製が良いのは分かっていますが、耐用年数が4~5年のものにしてはあまりにも高すぎるように思います。
ドイツ製はどうなんでしょうか?
価格的に、日本製を使いたいと思いますが、オムロン、パナソニックがあるそうですが、日本製を使う場合の注意事項としてどんなことがあるのか教えてください。
実用上の選択性について教えてください。

Aベストアンサー

私は昨年前半から補聴器を使い始めました。
実は聴神経鞘腫という良性脳腫瘍のため右耳の聴力は全くなくなり、残った左耳も難聴が進行し、多人数で集まっているときなど、会話が聞き取りにくくなってしまったからです。

補聴器の形状にもいろんな種類があり、耳穴型・耳かけ型・ポケット型などがありましたが、私の場合は、補聴器を使っていることが目立たないようにと耳穴型にしました。
正確には、オーダーメイド式耳穴型補聴器というようです。
今まであまり気にしていなかったのですが、製造業者はデンマークのようです。
販売業者は一つのブランドしか扱っていませんでしたから、特に比較しようとも思わなかったのです。

金額は、24万円でした。左耳しか聞こえませんので、1個だけの金額です。
実際に購入するまでには、最大3ヵ月の試聴期間があり、その間に聞こえ具合の改善等をしてもらい納得してから使用を開始しました。

補聴器の性能として、どのあたりの周波数の音を聴きやすくするかの設定によって、当然金額に変動はあるようです。
購入金額が安いにこしたことはないものの、聞き取りの改善を重視して、最高設定とまではいきませんが、不自由ではないと思われるレベルのものにしました。
日本製がそんなに安いとは初めて知りました。
形状とか性能を比較しないと、私には何とも言えません。

確かにこれまでとは違って、人がしゃべっている内容は随分聞き取れるようになりました。
でも片耳だけですので、後ろから声をかけられたりすると、どっちの方向に人がいるのか分からず、逆の方を振り向いてしまうことも多くあります。

私は昨年前半から補聴器を使い始めました。
実は聴神経鞘腫という良性脳腫瘍のため右耳の聴力は全くなくなり、残った左耳も難聴が進行し、多人数で集まっているときなど、会話が聞き取りにくくなってしまったからです。

補聴器の形状にもいろんな種類があり、耳穴型・耳かけ型・ポケット型などがありましたが、私の場合は、補聴器を使っていることが目立たないようにと耳穴型にしました。
正確には、オーダーメイド式耳穴型補聴器というようです。
今まであまり気にしていなかったのですが、製造業者はデンマーク...続きを読む

Q補聴器と集音器について

老人性の難聴のため、耳がとおくなった父を、耳鼻咽喉科に連れて行きました。
状態をみていただき、補聴器の紹介をしてもらったところ、業者の方が来て説明をしてくれました。

 <父の平均聴力、右55、左60ぐらいで、
  70以下なので保険はきかないそうです。>

「オーダー型から既製品まで様々なタイプがある」ということ、「値段も幅が広い」ということ、「人によっては機具との相性も様々である」ということなどを教えてくれました。
商品の大まかな説明を受けましたが、ほとんど高価な商品を中心に勧められました。(4,5万円~30万円相当)

もちろん多少の出費は考えていますが、購入して相性が悪くて使わなくなるのは避けたいものです。
父は、擬歯などで何度もそういうことを繰り返しています。また、高齢のため記憶力などが低下しているので、スイッチを入れたり消したりということに気をつかうこともできないのではないかと予想されます。

私自身は、補聴器と集音器の違いについて、あまり詳しく分かっていないのですが・・・使用方法や性能部分には、かなり違いがあるのでしょうか。

また、通信販売などで販売している集音器や補聴器では、やはり不具合が多いものでしょうか。

補聴器や集音器をご使用になっている方や、そういう人をよく知っている方などにお尋ねいたします。
貴方の補聴器・集音器にまつわるご経験談などをお聞かせくださいませ。
雑音が入り、偏頭痛になったり、気分がわるくなったりしたことはございませんでしょうか。
お聞きになったことでも結構ですので、いろいろとお話をお聞かせくださいませ。

老人性の難聴のため、耳がとおくなった父を、耳鼻咽喉科に連れて行きました。
状態をみていただき、補聴器の紹介をしてもらったところ、業者の方が来て説明をしてくれました。

 <父の平均聴力、右55、左60ぐらいで、
  70以下なので保険はきかないそうです。>

「オーダー型から既製品まで様々なタイプがある」ということ、「値段も幅が広い」ということ、「人によっては機具との相性も様々である」ということなどを教えてくれました。
商品の大まかな説明を受けましたが、ほとんど高価な商品...続きを読む

Aベストアンサー

聴覚障害4級(両耳の聴力レベル:80デシベル以上)のものです。
補聴器もポケット型(胸ポケットに入れた補聴器本体から片耳イヤホンで聞くタイプ)→耳掛け型(片耳のみ)→耳穴装着型(片耳)と変化して、今は両耳に高価な(両方で70万円です!)耳穴装着タイプを、夜寝るとき以外はズーット付けています。
お父上は、難聴といってもまだ軽度で聴覚障害者には相当しません。
このような場合には、ご本人が聴覚について、ご不便を感じないのであれば 集音器にしても補聴器にしても装着して操作するのがわずらわしくなって、長続きしないものと思います。

それでも、お医者さんへ連れていかれたということは、何らかのご不自由を感じておられると推量いたします。
そのご不自由が何であるのかを確かめるのが大切と考えます。

具体的に、電話の応接なのか、テレビの視聴なのか、それとも座談会・映画鑑賞・音楽会等々なのか、
または ご本人は不自由ではなくても 家族の方が応答がなくて困っているだけなのか。

私の場合は、仕事上 聴覚は不可欠でしたから いろいろ自身で試しました。
それでも電話の応接には苦労しましたが、電話だけなら安価な電話拡声器という製品で かなり問題解決になりましたし、テレビ観賞では、今もワイヤレス・ヘッドフォンのお世話になっています。(両耳に補聴器を付けたままヘッドフォンを付けます。ハウリング防止機能があり快適です)

補聴器は、聴覚障害者にとって不可欠で、各個人の耳穴形状にあわせるだけではなく 障害者の聴覚特性に合わせて補聴器の音響特性を補正し、雑音・大音声・ハウリング抑制機能とか、電池切れ警報とか 様々な機能が付加されて、医療機器として公認されたものですから、大変高価なものとなります。
一方集音器は、音の周波数特性も一定不変で 単に音声を拡大するだけのものが ほとんどですから、補聴器に比べると極めて安価です。

お父上の感じ方により 何か器具を一日中付けていることは 多分その方がイヤに思われるのではないかと危惧しますので、この点 よくご相談されたうえで決められるのが良いと思います。
その上で装着しても良いと言われるのであれば、今のところは集音器で十分ではないかと思います。
その場合でも、一度で快適なものを入手できると思わないで何回か試行錯誤も必要かと思います。

聴覚障害4級(両耳の聴力レベル:80デシベル以上)のものです。
補聴器もポケット型(胸ポケットに入れた補聴器本体から片耳イヤホンで聞くタイプ)→耳掛け型(片耳のみ)→耳穴装着型(片耳)と変化して、今は両耳に高価な(両方で70万円です!)耳穴装着タイプを、夜寝るとき以外はズーット付けています。
お父上は、難聴といってもまだ軽度で聴覚障害者には相当しません。
このような場合には、ご本人が聴覚について、ご不便を感じないのであれば 集音器にしても補聴器にしても装着して操作するのがわずらわ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング